フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

たった一人の夕食タイム

002  今日は7月31日金曜日。7月最後の日であり、週末だ。

 明日も仕事はあるが、自転車は今週は今日が最後にしようと、週末定番ピンクウェアで行くことにした。おまけにレーサーパンツは、昨日から履いているブルー。

 この組み合わせは結構目立つようで、ときどき視線を感じる。

 しかし暗い色より、派手なほうが、気持ちも明るく、他人からもいいだろう。

 

 それにしても昨日に比べ、今日は暑い。朝走行中、2回日陰のない交差点でとまったが、これは辛い。

 途中本格的オレンジのユニホームロードマンが追い抜いていったが、彼は珍しく淀川大橋下りの誰でも渡ってしまいそうな信号待ちで止まっていた。ちょっと見直した。

 ただぼくより通勤経験は少ないのか、かなり危険な渋滞中の路肩をスピードを落とさず、ぼくから見ると危険な進みかたをしていた。

 無理な割り込みは危険だ。

 その前の西淀川区直進を40km/kでついていったせいで、やはりあと疲れが出てきた。

 それでも土佐堀、阿波座付近を36km/hを維持し走る。

 しかしいつも思っているが、自転車は信号を守ってほしい。危険きわまりない。 

 仕事は、面談・来週の会議の資料作り・夕方は苦情処理など、それなりに忙しい。

 しかし今日は家に帰っても、家族自分を除いた3人はみんな夕食をいらないということで、一人残り物をかき集め食べる。それでちょっと食べ過ぎた。

 そのあと洗濯ものの取り入れと畳む作業を終えて、気が抜ける。

 しばらく9時からはじまった映画「魔女の宅急便」を見てボーっとする。

 明日は朝は採用応募者の面接、午後は会議といそがしい。

 その会議を終えたら、まあ温泉の銭湯「蓬莱湯」に行こうと思う。ただ帰りがうまく家に移動するため、行きも阪神尼崎まで自転車で行き、そこから阪神なんば線でなんばまで乗る。

 帰りは逆コースで阪神尼崎まで乗り、そこから自転車に乗り換え、2駅を走り、温泉に行く。帰りはその自転車で帰ると、結構早く帰れる。

 明日は、この方法をためす日だ。

2009年7月30日 (木)

天気良好、気温良好、走りやすい1日だ!

002_2  なぜか今日は朝起きた段階から過ごしやすい。

 仕事は結構重責のスケジュールだが、朝の走りは、この気持ちよさに助けられた。

 それに一昨日サンワサイクルで買った青のレーサーパンツを履いて走っているが、それも気持ちがいい。

 信号待ちでのあの暑さによる苦痛は、今日はなにもない。

 走っている最中は仕事のことはまったく忘れている。左門衛橋を出る手前の信号で、レモン青年が、おそらく国道43号線から来たのだと思われるが、先に見えた。

 あとは歌島交差点を通過し、淀川大橋を超え、野田阪神交差点を超え、やっとレモン青年に合流。およそ40km/hは出ていた。

 「おはよう」と挨拶をし、前を走る。次の信号で一度会話をする。ツール・ド・フランスはネットでしっかり見ていたらしい。「やっぱりコンタドールですね(2年前から出場したロングレースをすべて総合優勝した)」と共感しあって、信号が変わり、先を走った。

 土佐堀交差点で別れた。

 001

このパンツはパールイズミ制だ。

 それで職場には、8時40分ごろ到着した。 

 昼からは、職員全員の会議。その前に最近募集した職員採用の面接。

 朝もバタバタしていた。

 なんとか午後の会議は5時前に終わり、ただあとからどうも疲れがどどーと出てきたが、5時20分ごろ職場を出た。

 朝同様天気は晴れ。西に落ちる太陽がまずしくこちらを照らす。この現象で面白いのは、走っていて太陽の光がまともに正面やや低い角度から自分に当たるため、後ろを振り返ると、長い影がついてくる。

003 この季節特有の現象だ。気分も明るくなってくる。ただ帰り中は、風向きは逆風。

 途中結構ゆっくり走ってるバイクおじいさんをターゲットにして、後ろをひたすら着いていく。

 これで風をかなりさけることができる。ただ慣れたロードバイカーの後ろを走るのとは、ルズムが違うのだ。

 渋滞の横を抜けるとき、バイクは幅があるので、抜けきれないのだろう。急に減速される。 

 まあしかし、しばらくそのまま走ったので、かなり得をした。

 ところで、昨日マウンテンバイクのリム交換で組み付けを途中までやってしまい、遅くなったが、12時前からついNHKハンビジョンにチャンネルをあわすと、アメリカのスルートレイルといって、ニューヨークから南に3,000km6ヶ月かけて歩きつづける人たちを描いていた。取り上げられた人に共通しているのは、いずれも戦争に従軍し、その後遺症をひきずった人たちだということだ。

 アメリカ社会の特徴を良くあらわしている。何世代も戦争にかかわってきた人たちが多いのだ。

 他にも仕事をリストラされた30代の若者もいた。

 みんな悩みつつ歩き、その中から何かを掴み取ろうとしていた。

 寝るのは、1時前になってしまったが、いい番組を見た気がした。だからか、少ない時間だったが、朝はすっきりおきれたからふしぎだ。

2009年7月29日 (水)

暑さでひさしぶりにバテた朝

001_2  昨日帰りに自転車前方向ランプが急につかなくなった。

 帰って電池を替えたが、まったく反応しない。どうも壊れたらしい。

 さて、今日はやっと晴れ間の空が見えるが、逆に走れば走るほど足の筋肉が疲れを感じてきた。

 できるだけ赤信号で停止する交差点では、できるだけ日陰に入るようにしたが、歌島交差点でひっかかり、まったく影がない。3分ほど炎天下でがまんした。

 この分なら、もう1本、体にかけるボトルをもってくればよかった。

 しかしなんとか職場近くまで、やってきた。途中通ったスーパー玉出横の公園では、一瞬涼しさを感じた。

 職場の更衣室では、水に浸したタオルで体を拭いた。

 半袖ワイシャツに着替え、ネクタイを締め、マイデスクに向かう。

 今日は会議などないので、明日の全体会議の準備に専念できる。しかし昼休み息行き付けの喫茶キャビンで本を読んでいると数分で別の世界にまどろんでしまう。 

 やはり疲れが残っているのだろう。

 今日はノー残業デー。5時を合図に片付けにはいる。

005  淀川を渡るときは、少し涼しさを感じる。それにしても帰りの走りは、やはり気分がいい。

 ただ、信号無視をする自転車の多いのには、ちょっと閉口している。反対方向から信号を無視してこちらに走ってくる自転車にはすべてにらんでいる。

 帰りに今日はコープ立花に寄った。

 いっけん労働者風の人、主婦などが、そのコープの横の宝くじ売り場で券を注文しているのが、どうもむなしさを感じる。

 公営賭博としか思えない。ただ他人がしていることにどうこういうつもりはない。富を求めるは自然のことなのだが、みんな汗をかいて、働き、世の中を帰るほうに力をそそいだほうが気持ちがいいだろう。自分ひとり儲けるというのはどうも性に合わない。

 とかなんとか、いつも思いながらその横を通っている。せめてコープの横に店を出すはやめてほしい。相互扶助の008組織であるはずだ。

 せめて今日のウェアはめったに着ないやつだが、明るい色のものを着た。

 ただ、体に密着するぐらいの大きさで、やたら暑い。

 なんとか6時40分ごろ家に着いたら、2男がさきに帰っていて、料理を作っている。

 自主的にごはんの用意をしてくれるのは、とても助かる。

 ただ、今日買ってきた肉や野菜、餃子は残ったので、明日の食材にしよう。 

 

2009年7月28日 (火)

タイヤ空気を入れなおして

090728  昨日夜ビアンキのタイヤ空気圧を高めた。ちょっと空気の減りが早いのが気になる。

 朝タイヤを見たが異常はなかった。

 今日も空模様は不安定な様相を帯びている。それでいつ濡れてもいいように、パンツと靴下は予備をデイパックに入れた。

 家から最小の信号山手幹線を横断するとき大分手前から信号が青に替わってしまったので、次の名神高速下と道意線の交差点では、信号を通過できないだろうとあきらめていたが、ちょっと時間差があるのか、辛うじて間に合った。

 あとは、急ぐ気もなく、マイペースで走る。今日も2号線に合流する手前から見える勝本モーターでは、ベテラン整備士の人が会社のまわりをかなり広い範囲で掃除している。さすがだなと思う。掃除は一番若いものにやらせるというよりも自ら判をしめす。あるべき姿だ。

 2号線に入り、ひたすら走る。そんなに暑くはない。快適でもない。しかし、今日も単純に走るのは楽しい。

 職場には8時47分タイムカード前に。

 今日は仕事では、3つも会議の報告書を書かないといけないので、大変だったが、文書を書くのは、どうもブログで訓練されてきたのか、まずキーボードを見なくても8割方打てるので、苦にはならない。ただ途中いろいろ業者が来るので、すべて完了できるか、気が気でない。

 まあなんとか自分に課したノルマはやり終えてホッとする。

 帰りは、家に妻が今日は休みでいるので、気が楽だ。

 それで、尼崎に入って、サンワサイクルにより、レーサーパンツと夏用グローブを買うことにした。少し値がはったが、パンツ2枚で12000円払った。

 ロードコーナーは2階で、1階がマウンテンと折りたたみ自転車専門だが、2階でマウンテンのリムのみ販売しているますかと聞いてみて、「あるだろう」と言われ、下の店員に指示してもらったので、あとちょっと倉庫で探してもらって時間が10分ほどかかっているようだったが、3個も出してきてくれた。

 しかし昨日WEBの通販商品を探したが、ホイールセットごとしか売っていない。あげくのはては、やっと見つけたリムのみの商品に注文を入れると、しばらくして、商品が入らないということでメールで販売の方からキャンセルの連絡が入ったのだ。

 それで今日はすぐ商品を出してきてくれて嬉しかった。3個ものうちマビックのものを買った。値段は4000円だ。090728_3

 それを肩に担いで、自転車に乗り、家に向かった。

 ところで、だいぶ前、大阪本町にできたトレック専門店にはじめて入って、グローブの値段を見たが、かなり高いものしか売っていない。

 サンワサイクルで今日値段を見てみると、2000円台が主流だ。

 ご主人とその話をすると、大阪では、土地の値段がだいぶ高いので、値段を下げれないのではないか?と言われた。

 言われてみればそうかもしれないと思う。

 ひさしぶりに自転車用品を買うとうれしい気分になる。

 今度の休みは、マウンテンバイクの前輪組み付け作業が課題だ。楽しみだ。

 

2009年7月27日 (月)

雨の中をビアンキで走る

001 昨日の真夜中、大雨が急に降ってきた。家中の窓を開けていたので、びっくりして締めた。

 テレビでは、いよいよツール最終日の中継をJスポーツプラスでやっていた。シャンンゼリゼ周回コースに入って、自分は寝ぼけていたが、なんと別府史之がアタック。

 世界に発進される画面に大写しになっていた。相当の覚悟でこの最終コースに望んだのだろう。

 歴代初出場で途中時間オーバーでリタイヤした今中大介も相当おどろいていた。

 何がここまでさせたのだろう。個人の卓越した能力がまちがいないが、日本のレース界の蓄積が後押ししているのだろうか。

 とにかく世界のロードレースに通用する2人選手が明らかになった。

 さて、今日になって自分は、そんな余韻を日が変わって引きずりながら、雨の中を通勤で走る。ひさしぶりにzuieくんが前を走っているのを発見。なんとか追いついて会話する。 

 彼も赤ビアンキの青年と話を交わしたという。zuieくんのブログも赤ビアンキ青年は見ていたらしく、その影響でロードバイクを買おうと思ったということを聞いたらしい。

 とにかく自転車通勤仲間に会うのはうれしい。

 左門衛橋から分かれた。

 あとまた雨が少し強くなったが、体は濡れるしかない。それでも8時47分にタイムカードを押した。

 仕事は、スケジュールいっぱい。余裕なしだ。夕方、尼崎の義村たまちゃんより、先日のピースインライブの総括会議をするということで、メールが入った。OKの返事をした。

 帰りは全体の様子をみて、5時40分ごろ事務所を出る。002

   どうも追い風でペダルが予想以上に回る。

 今日は夕食は自分に仕事だが、材料は冷蔵庫のもので間に合いそうなので、コープによらず、家に直行した。

 というのは、7時以降に昨日用意した星空映画会のアナウンス原稿を少年団にMさんが取りに来るかもしれないのだ。 

 家について、すぐ精米、炊飯、風呂の用意をし、先に風呂に入り、7時には風呂から上がった。

 結構急いだ。そのあと食事作りをゆっくりした。

 しかし今日はMさんは来ないようだ。

 テレビで月曜日は楽しみにしている「鶴瓶の家族に乾杯」を見た。大杉 蓮さんが先週からゲストで、徳島の映画館「オンデコ座」などと周辺を回る。彼は思ってたより気さくで、言葉が関西弁なので、イメージが違っていて新鮮だ。

 まあ、そんなこんなで今日からツールは見なくてもよくなった。またその特集番組が8月になってあるようなので、楽しみにしよう。

2009年7月26日 (日)

妻は今日も保育研究集会へ 自分はスーパー銭湯ヘ

002  この2,3日急にお腹が痛くなることがある。

 昨日は夕食で脂っこいものばかりを食べたせいか、夜トイレに急行した。まあそれで普通にもどったが、どうも調子がよくないようだ。 

 今日はそれで、熱帯魚の水草を補充するため、熱帯魚屋に行きたいこともあって、阪急「塚口」から北にあるつかしん「湯の華廊」のスーパー銭湯にいくことにした。

 それで、最近あまり乗っていないGIOSのマウンテンバイクで出発した。最初調子ゆかったが、途中からどうも前輪がカタカタという音がしだし、だんだん顕著になってきた。

 途中止まって、ブレーキシューの位置が悪いのだろうと、タイヤ位置の調整をして、また走ったが、改善がない。とにかく銭湯には、そのまま出かけ、風呂に浸かり、また帰りの道を走った。

 005 途中塚口駅前の熱帯魚屋さんによる。水槽に青い幕ができることも相談した。

 まあ、それは水槽全部を洗い尽くさないといけないようだが、それは大変なので、水替えを頻繁にすることにした。

 それから家に帰るまでは、ますますタイヤがおかしくなり、かなり漕ぐものつらい。

 そのまま「豆珈房」でコーヒー豆を買い、家に帰った。

 ちょうど昼になっていたが、先に自転車の原因を調べることにした。

 まず汚れを取るため、洗車した。それから前輪の調整にかかろうと、自転車自体をさかさまにし、前輪を見てみると、なんとリムが横に裂けているではないか。

 それでさっきの走行中での不調の原因がはっきり分かった。

 それにしてもリムが裂けたのは、ビアンキロード以来だ。ビアンキは数万キロ以上走っていて、リム側面が薄くなっていることは理解できたが、マウンテンは年数は10年ぐらいだが、走行距離はそれほどでもないと思っていた。

 それで、インターネットで自転車部品を探し、ホイール完成品はあったが、それでは2万円以上する。

 ハブもまだ新しいし、組み付けは自分でできるので、さらにリムだけの商品を探した。

 すると通販カナガキで2400円ほどで32本穴の26×1.5のちょうど条件のあるものがあった。それで会員に登録し、注文した。

 さてツール・ド・フランスは総合優勝は昨日の20ステージを終えてコンタドールに決まる。ランス・アームストロングはなんと総合3位、日本人選手2人はフランス、シャンデレゼに戻ってくる。これも快挙だ。歴史に残る大会になりそうだ。

2009年7月25日 (土)

休みを楽しみたい

003  それにしても昨日のツールのゴール前の攻防は、「ええ~~」と口が開いてしまった。

 別府史之選手がトップ選手から7番目でゴール。それもスプリント争いの末だ。

 レースも最終番に近づいてきて、この姿は日本にとっては記念すべき記録だ。

 解説の栗本氏もぼく以上に感動していた。

 今日の夜も目が離せない。

話は変わって、日本での大相撲の方だが、ずっと見ているわけではないが、琴欧州がひさびさに元気で応援したくなる。昨日は白鵬に敗れたが、今日は朝青龍に圧勝。なぜかサプライズがおこりそうな気がする。

 さて、自分的には、今週の疲れを取りたくて、何もしないことにした。しかしなぜか早朝に目覚め、無理やり寝たが、6時30分には布団から出た。

 それで朝のトイレ、洗面、朝食をしっかりこなし、歯を磨き、NHK連続小説「つばさ」をしっかり見た。

 そして「日本釣りの旅」「週間ブックレビュー」を見た。いずれもNHKBS2だ。

 ところで、朝台所を片付けていると、圧力釜のおもりの部品が出てきた。先週にコープの担当者の人に取り扱いがあるか、探してもらっていたが、取り扱いしていないという返事だっが。

 ただ、5年ほど前にそのコープで買ったので、取り扱っていないというのはおかしいと思うのだが、まあ自力で解決した。

 昼前、妻が保育の全国集会に行くことになっていたが、急激な大雨がやってきた。それでJR立花まで車で送っていくことにした。それを済ましたあと、2号線まで出て、みずほ銀行により、それから帰ったが、超どしゃぶりで、道路によっては川になっている。

 我が家のうれしいところは、地下駐車場から家に入るまで、まったく雨に遭遇しないということだ。

 家についてからカレーを食べ、すぐ後から読書に入った。

 001

 あと少しで読み終わる「甲子園ホテル物語」は、残り2ページ。

 すぐ読み終えた。

 続いて時速300km以上でる電気自動車を開発した慶応大学教授、清水 浩さんの「脱『ひとり勝つ』文明論」を読む。

 これは期待した。

 電気自動車と太陽光発電が世界を帰ると断言している。ただちょっとちがうと思ったのは、人間は、つねに楽をすることを追求する生き物であり、2足歩行によって早く移動する能力を失ったという考え方だ。

 科学の進歩で、歴史を昔に戻さなくても、今の環境問題、エネルギー問題を解決できるということは意義がないが、車社会を見直さなくてこいいということは同意できないし、車社会による運動不足と現代病の進行など指摘していない。

 人間自身の力を発達させていくことが、同時にこれからの課題だと思う。CO2問題が解決しても、人間の移動手段は、見直す必要がある。つまり、自転車の普及も「クリーンだから」ということが最大の利点だけではない。

 人間の力で、道具を使ってスピードも出し、遠い距離も移動できる。これは注目すべき移動手段だ。

 というようなことを考えながら読み続けたら、4時間ですべて読み終えた。

 それでもう夕方になり、食事の準備をはじめる。

 今日は買い物に出なくても、冷蔵庫のストック材料でこなした。

 庭では、今日マンション中の選定を業者さんがやっていたが、最後にうちの庭は6時ごろ作業がおこなわれた。

 じっくり読書ができた今日だった。

2009年7月24日 (金)

やっと週末、疲れがピースに

004 今週は4日しか働いていないというのに、疲れが最近感じたことがないくらい増してきた。

 職員採用募集、試験、会議の連続、夜の会議など凝縮された一週間だった。それに先週日曜日が一世一代の一人舞台での演奏とかなりプレッシャーがかかっていた。

 ただし自転車で通勤しているときなふしぎに行きにしろ帰りにしろ疲れは感じない。

 きょうも行きは、結構早いロードバイカーが先を走っていたが【彼はヘルメットをかぶっていない】、野田阪神あたりでこちらが抜いてしまった。

 結構ぼくを意識しているのか前半飛ばしていくバイカーがいるのだが、スピードが続かないらしく、なぜかスピードが落ちてきて、追いついてしまう。

 001_2

 それにしても、今日はすでに学校は夏休みに入っているだろう、子どもたちが手ぶらでぶらぶらしている。

 十間交差点では、逆に人の動き、車の動きが多い。

 職場には、最近では遅いほうで、8時50分にタイムカードを押した。

 昨日に続き、午前も午後も会議。しかし、希望は週末ということだ。明日は予定なく休める。

 しかし午後の会議では進行役であるにもかかわらず、睡魔が襲う。

 これはいけないと思いつつ、時間をつなぐ。

 4時半に会議は終わり、あともろもろあり、なんとか5時半に帰る支度をする。

 金曜日は、ウェアをピンクとある程度決めている。ちょっと目立ちすぎだが、帰りも見せびらかしで帰る。それに夕食はできるだけ、カレーライスと決めている。

 002_3

 それで今日は3日ぶりの夕食担当だが、帰りにコープ立花店に立ち寄る。

 たまねぎ、ニンジン、じゃがいも、肉、カレー粉などを買う。

 今日は、コープ500円券があり、50円券もあり、それを使ったので、現金は少なくて済んだ。

 家に着いて、誰も帰っていないが、ホっとする。

 しばらくして3男が帰ってきた。彼は昨日、イタリアの専門学校に受験したことに対し、合格の返事がきた。

 来年2月かららしいが、いよいよまた海外生活となる。

 小型精米器での精米、炊飯、カレーづくり。カレーにはちょっと自信がある。ただし4日ぐらい前に作って冷凍庫に保存していたカレーも思い切って混ぜる。

 明日と明後日が休みだと思うとホっとしている。

 ツールもいよいよ佳境に入ってきた。それにしても7月も一ヶ月が過ぎるのが早い。

 我が家はいやしという意味ではまさるものはない。 

2009年7月23日 (木)

暑いけど気持ちのいい今日の走り

001  今日はいよいよ採用試験の立会い、それに午後は会議と忙しい。

 それでプレシャーのある出勤だが、軽く軽くを心がけて走る。

 それがおもしろいことに、職場には、8時41分に着いてしまった。

 採用試験の催しは、午前10時から午前12時までだ。

 試験にエントリーする人は、それなりに精神的には大変だと思うが、同情的になってしまう。

 午後は会議。あっという間に夕方5時になり、今日は6時まで電話当番なので、1時間残っていた。

 そのあとは集まりがあり、出かけたが、まもなく7時近くになり、ロードバイクに乗り換えて、家をめざす。

 やっと緊張から逃れたという感じだ。

 頭を切り替えて、ペダルをいかにうまく回せるかを考えて走る。

 外はにわかに暗くなってきた。

 2号線で、大阪市の境界線を越えたところにホームセンター・コーナンがある。3男の自転車のカギと妻の自転車のかごの網を買った。 

 ついでにさらに家に近づいたところで、コンビニにより、ビールを6本買った。

003

 うれしい瞬間だ。

 明日は週末。まあまあ嬉しくもある。ちょっとゆっくりしてみたい。

2009年7月22日 (水)

皆既日食は見なかった!!

001  もう2ヶ月も前から今日7月22日が皆既日食だということを、カレンダーに書いていたが、実際にその瞬間を見過ごしてしまった。

 職場でもしっかり見た人もいた。三日月型に見えたという。

 ただ、インターネットのNHKのサイトではライブで見た。

 まあ、今テレビの報道ステーションでその問題を取り上げているのを見ると、人工衛星からは月の影が地球に写っている姿を映していた。

太陽も月も地球も本当に関係しあっているのだなと、あらためて確認できたことは収穫だ。

 さて、曇り空の朝、いつもより早く家を出た。その前に庭のジャンボレモンの木を観察すると、一つだけ大きくなっていた。「よしよし」と満足して、家を出る。

 この曇り空で、皆既日食が見えるのかと思いつつ、走る。

002  野田阪神手前交差点の空も曇り空だ。

 そのあと一瞬だが、晴れ間が見えた。

 まあ、そんな若干の変化だけだったが、職場に着くと、8時44分だった。

 一時皆既日食のことは忘れていたが、10時半ごろ、そこここで、そのことを話しあっている声を聞いて「そうだ。もうすぐ40年に一度の歴史的瞬間が見えるかも」と、屋上のカギを預かって、非常階段から上に上がってみた。

 雲しか見えない。

 あきらめて職場に戻った。

 外に出ていた人は見たらしい。

 しかたがないので、インターネットで見た。しかしなんと言うことはない。感動がない。

 夜報道ステーションであらためて各地に様子を見ると、いろんなところでフィーバーしてので、やはり歴史的事件だったんだなと思った。

 さて、今日は仕事が終わっても夜はひさびさのOM九条の会の世話人会がある。

 出勤は自転車なので、その姿で、堺筋本町の民医連事務所めざし、四ツ橋筋を北に走る。本町、中央大通りを右折し、堺筋をめざす。しかしその間15分しかかからない。

 交差点の地下鉄降り口手前で自転車を止め、地下に降りて、食堂街を回り、一つの店に入る。003

 ざるそばと刺身の定食を頼む。何も考えずに入ったが、この料理がなかなかうまい。店の中を見渡すと、そば粉を作り機械があり、手打ちの道具も見せている。

 黒板があって、店主がうまいそばの食べ方を伝授した文章がある。

 たかが、地下鉄横の食堂街とはあなどれない。店の名を「独活庵(うどあん)」という。

 いい店に入ったと、満足して店を出る。店のBGMにジャズがかかっているのもいい。

 そこから地上に上がり、すぐ近くにある民医連のあるビルの一階の駐輪場にビアンキを止めたが、どうも向かいのビルが気になってその非常階段を写す。004

 ビルの名前は分からないが、昭和初期の建築らしいことは分かる。

 ニューヨークのビルを写しているような錯覚が感じる。

 そのあと2階の会議室に入ったが、ひさびさの会議は、それはそれで心地いい。

 会議は8時ぐらいに終わり、

帰りはそこから本町通りを西に向かい、新なにわ筋まで直進する。

 デイパックには、今日食堂でもらったトマトと先週履いていたズボンを入れているので、かなり重い。

 まあしかし8時過ぎの道路は車が少ない。

 一機に尼崎に着き、家に着く。

 

2009年7月21日 (火)

梅雨はいつ明けるのだ!

001_3  土曜日からずっと鬱陶しい天気が続いているが、とくに今日は朝から湿気が多く、気分がよくない。

 雨は降っていなかったが、雨のあとという感じだ。ランドナーで行くか、ロードで行くか、まよったが、時間的にいつもより準備が遅れたので、ロードで行くことにした。

 家を出て、5分ほどしてから、雨がパラパラ落ちてきた。それで、名神高速下をすぎ、七松線に入ったところで、止まって、デイパックに携帯している防水カバーをかぶせた。

 「よし、これで安心」goodという感じで先を走る。

 踏み切りでは、もう仕方がないとあきらめ、濡れることを覚悟した。

 2号線に入り、左門衛橋にさしかかったあたりで、赤ビアンキ長身青年が追い越していった。しかし走行は慎重だ。雨をかなり気にしているようだ。

 信号でおいついて、歌島交差点までの道は、僕が先行し、ずっと先を走り続ける。JR野田高架下信号から、彼が先を走ったが、前にレモン青年がいて、彼に挨拶し、追い越していった。土佐堀交差点からは、ビアンキ青年と併走したが、本町あたりで別れた。

 後はぬれっぱなしで職場に着く。

 ただし、濡れても、もともとアンダーは着替えるし、パンツと靴下は、雨を想定して着替えを持っていっていたので、それで着替えてしまうと、濡れているのは髪の毛だけだ。

 エアコンが気もちよかったが、2時間ほどすると寒く感じるようになってきた。というのは、4台天井から出ているエアコンのうち、一台が自分のすぐ上にあるので、ダイレクトな冷風があたる。当然その機械だ温度を上げた。

 仕事は理事会後の残務と、録音テープ、ICデータの郵送の用意。採用試験の論文テストの準備、ホームページの部分改定依頼などいそがしい。

 帰りは午後5時半。まだ雨は少し降っているようだ。

 002

 雨のぬれないようにビアンキは、屋根のある壁の下に置いたが、遠くから見ると、正面からイエローのハンドルと同色のタイヤが実にいい。

 帰りはいつもゆっくり帰ろうと思っているのだが、ついつい足が余分に回ってしまうから止められない。

 走りはじめたころ携帯電話に着信が入る。一回目は間に合わず、不在着信に変わる。

 2回目はポケットに入れていたので、応答すると、2男から「きょう俺早いから夕食つくっとこか」という、ありがたい電話。

「ああ、作っといて」と返答する。

 それでますますゆっくり走ろうという気になるが、風は追い風。後ろから押される感じだ。

003 あっという間に尼崎に入り、繁華街を通過し、南警察西出張所交差点で止まり、北に走り、JR立花バイパスを登り、下る。

およそ45km/hは出ていたか。ちょっと降り口交差点が怖い。

 ナンバサイクルの前で左折し、挨拶して帰ろうと思ったが、中で忙しそうなので、素通りして帰る。

 6時半には家に着く。あと食事の用意がないと楽だ。

 洗濯物の取り入れを早くにする。ちょっと完全渇きにはなっていないが、まあ取り入れたほうがいいだろう。

 今日は、衆議院解散を発令した日だ。BS2では、各党幹部一人づつの特別番組をやっていた。実はBS2にチャンネルしたのは、7時30分からの「つばさ」を見ようと思っていたためだが、8時45分に変更になっている。

 夕食を食べながら、2男、3男と政治談議。民主党が自衛隊のインド洋沖空輸に反対のはずだったのだ、最近認めたことを2男は不信をもっていた。ぼくは民主党が以前アメリカの対日安全保障政策を批判したことで、小沢のスキャンダルが出されてきたという説があることを紹介する。その点やや脆弱な体質があるのだろう。

 それでも今国民の多数は「チェンジ」を求めている。

 アメリカの民主党勝利の流れもきっと影響しているだろうと思う。

 ぼくはとにかく高速道路の無料化を支持する。番組の中で岡田副委員長?が細田自民元官房長官がやたら、民主を批判する中で、高速道路問題は、無料化すると2兆円の収入がなくなると主張に対し、もうこれ以上無駄な道路を作らなければいい、と言ったが、この発言には多いに賛成だ。

 これ以上道路を作らなければいい。車も増やさければいい。交通手段を転換しよう。市街地のよけいな高速道路を撤廃すればいい。維持費も経る。景観もよくなる。観光価値がとくに大阪などは上がる。

 そして西横堀川を復活し、長堀を復活し、四ツ橋を復活し、心斎橋の橋を復活し、長堀と西横堀に船を浮かべよう。

 そんなことを考えると日本は閉塞していない。きっと突破口がある。もちろん雇用を充実させ、社会保障をもっと完備し、国民の暮らしをよくしてもらわないと困る。

 ただ、自民、公明政権が倒れることはいいことだ。

 8月30日を歴史的な日にしよう!

2009年7月20日 (月)

コンサートを終えて、休息の一日

001_2 

それにしても、昨日深夜は、雷雨が激しく吹き荒れ、暴れまわっていた。 

 そんな中ブログを打っていて、寝たのが、午前2時前だった。

 それで朝は、めずらしく午前9時に目が覚めた。

 今日は特に予定がないのだが、昨日のコンサートの後始末はまだ残っていて、午後1時の集合を約束して、自分の楽器類も会場に置いたままにしていて、取りに行くことがある。

朝はあっという間に過ぎて、妻の作ってくれた冷やしうどんを食べて、家を出た。もちろん日産プレーリーで行く。

 ガソリンが減っていて、スタンドで補給してから、会場に出かけた。

 劇団の人がすでに来ていたが、主催者のWさんはまだ来ていなかった。

 とりあえず、自分の荷物を車に積み、そのあと舞台につるされたり、張られている看板、布を撤去する作業にかかった。そのうちWさんが来た。

 昨日は僕は、12時過ぎに帰ったが、残っていた人は、3時までいたらしい。

 約1時間そんなこんなでかかった。

 一応作業を終えて、やっとこのイベン009トの作業は全部終えて、そのまま車でロイヤルホームセンターというホームセンターに寄った。そこから5分ほどで着く。

 010 やっとのんびりした気分になり、ホームセンター内をくまなく回って、目的でないものをいろいろ見た。

 結局、新しい鉢、亀のえさなどを買って、帰路に着いた。

 家に帰って、もって帰った楽器、アンプを地下収納庫にしまう。

 それで汗をかいたが、ちょっと休憩。冷蔵庫からアイスクリームを取り出して食べた。

 妻は人形劇も練習で出かけていたので、今日は早い目に夕食作りすることにし、近くのオウジスーパーに買い物に出かけた。物色したのはカレーの材料。ビールも買った。

 それにしても湿気が多い。家のドアというドア、窓という窓は開け、風を入れている。

 早速カレーの準備だ。5時45分ぐらいに作業を終え、風呂に入り、ヘアーカラーで髪を染めた。

 しかし今日の祭日はありがたい。やはり、一仕事あった後は、休日があるか、ないかで精神的にも大きな違いだ。

 まあ昨日のコンサートは自分自身にとっては、仕事も大変な中で、時間の合間をぬって、演奏の練習を集中的してきた。

 その方法は、つまり自分の演奏をテープに取り、他人になったつもりでどの箇所が未完成か、確かめる。そしてその部分を意識して練習する。

 これは効果的だ。

 まあ、嫌いな作業ては決してないので、その過程、過程が自分でも楽しい。

 それに一つのグループの一人ひとりと知り合いになれて、刺激にもなった。それにこの劇団「かすがい」の劇場があることを知ったことは収穫だった。

 006 この劇場を拠点にして、アマチュア音楽、演劇などの発進の場になれば、これはおもしろいかもしれない。地域文化の拠点になる。

 それを知ったことはちょっとうれしい。

地元ピース・イン・ライブに明け暮れた1日

007  いよいよ今日は、地域のピース・イン・ライブで出演の日だ。しかもいつも3人で演奏しているが、一人でやらないといけない。

 一応一週間まえにリハーサルをやり、水曜日も家で、本番なみの練習をしたので、不安は少ない。

 今日の荷物の搬入は何時にいいのか聞こうと思っていたのだが、10時ごろ携帯電話に着信が入り、リハーサルをするので、すぐ来るようにという連絡が入った。

 あわてて、荷物を用意し、車に積んで出かけた。

 会場は、家から車で15分。劇団「かすがい」の練習場兼舞台だ。

 すでにピースファイブというグループが練習をしていた。

 それで、荷物を降ろして一度家に帰ることにした。

 しかし、また会場にもどり、12時前慌ててリハーサルをやらしてもらった。そうこうするうち2時になり、いよいよ開場時間になった。

 いったいどれくらい来場があるのか不安だったが、ゆかりの人で結構集まってきた。

 ぼくの出番はトップバッターで、30分を7曲でこなす。

 こんな経験はめったにない。曲目は、「時代は変わる」「大統領殿」「生まれてくる子へ」「桃子」「戦争しない誓い」「瞳をとじて」「親父の願い(虹を求めて)」だ。

 まあなんとかあまりあせることもなく、演奏できた。

 005 

 ほどなくもう一つのグループ「ピース・ファイブ」の演奏も終わり、出演者で記念写真を撮った。

 市会議員、民主商工会職員と友人、そして自分という構成だが、なかなかさまになるものだ。それに劇団「かすがい」の協力もある。

 しかし今回の設定は、4年前にライブ出演中、とつぜん倒れ、帰らぬ人になった山口泰徳さんの追悼がメインだ。

 コンサートは4時半ごろ終わったが、5時半から追悼の会があり、9時に最終的に終わった。しかし雨が降り続く中、それから場所を変えて3次会ということになって、結局12時すぎまで会は続いた。

 とにかく一日仕事ということであったが、音楽はすばらしい。疲れ方が違う。発散するものがある。

2009年7月18日 (土)

隙間のない土曜日 つかの間にスーパー銭湯

001_2   自分の当番ということもあるが、今日は、午後からの理事会にプラスして朝はカギを開けるため、朝9時から出勤する。

 こんなときは、自分の時間が極端にないが、その間を縫って、楽しみという考え方でいくしかない。

 それで仕事は、電車で行くことにし、じっくり読書することにした。

 仕事は土曜日の朝というのに結構デスクに座りっぱなしというわけにはいかない。

 郵便局は郵送物をもってくる。午後からの資料を大量にコピーする。そのため、紙が切れるごとに補給しないといけない。

 掃除もこの機会に、事務所ドア、接待用テーブルなどする。

 あっという間に昼になり、食事は今日はコンビニで弁当を買ってきたが、そのあと休憩時間30分で5階会議室にあるアップライトピアノで明日演奏するための曲を練習した。

 それでちょっと充実した気分。

 午後からの会議は、5時前に終わったが、急いで家路に向かう。そのあとダビングしていたこの前の自前録音をICレコーダーで聞きながら帰る。

 なかなかいい。ちょっと自信が出てきた。

 そのあと今日はチャンスとJR立花に着いて、駐輪場に止めていたマウンテンで「尼崎やまとの湯」に向かう。

 5時50分ごろ到着した。

 土曜日の夕方は、先日水曜日の朝より入浴客は多い。まあ、しかし源泉とかかれた浴槽にしばし浸かる。やっぱり温泉はいい。

 6時20分ごろ銭湯を出る。

 家には途中コンビニによったりしたので、6時45分ごろ着いた。

 ちょうど妻が帰ったところだが、妻の自転車の前輪にかご用網がからまったと言われ、さっそく復旧作業。5分も掛からなかった。

 夜は7時半より流れ星少年団の父母会があるので、その間夕食をとり、妻とともに阪急武庫之荘駅前の西富松会館に行く。

 数ヶ月の出席だったせいで、その間内部がルホームされているのにびっくりした。市から補助金が一度に出たのかもしれない。

 9時半ごろ会議は終わる。議題のメインは8月29日の「星空映画会」の準備のこと。

 当日は、午後から夕方まで参加できないことを告げる。もう13年間音響やプロジェクター操作をまかされていたので、大変だが、これも引継ぎの機会かもしれない。

 会議を終えてやっと自分の時間となった。

 しかし家に帰っても洗濯物が山のように詰まれている。これを畳む作業で時間を使う。

 明日のコンサートの最後の練習は、明日午前中に集中するしかない。

 テレビで放映されている「夜の大捜査線」を見ながら、ブログを更新している。

2009年7月17日 (金)

暑い日の雨はレインウェアはいらない

001   昨日までの暑さで庭のぶどうはいよいよ巨峰らしい紫色に変化してみた。

 ただ昨日その色の分を一つもぎって食べてみたがすっぱかった。

 朝は、天気予報どおりか、細かい雨が降っている。

 それでどういう形で走るか、ちょっと考えたが、この気温の中、レインウェアはいらない。そのかわりぬれても職場で着替えれるように、パンツと靴下の予備をもっていった。

 自転車自体は、ロードでなく、ランドナーで行くことにした。というのは路面に水溜りがあることを想定して、泥除けがあると、お尻はぬれない。それに、最近ランドナーでも結構ス

ピードを無理しなくても出るようになった。

 それで躊躇なくミヤタ・ランドナーにボトルをつける。

                                     ランドナーがスピードが出るようになったというのは、ハンドルステムをいっぱいに下げて、サドルを一定度上げたのだ。                    002

 それで、ビアンキ(ロードバイク)に近い姿勢になった。

 朝の走行では、尼崎から大阪の境界線の信号で、メッセンジャーA田くんが後ろからやってきた。

 「先に行ってな」と言ったが、もう少しなのでということで、後ろをついてきてくれた。

 そんなこんなで、職場には8時48分ごろ到着した。

 仕事では朝重大な面談をしたが、人間というものは、本当に素直で裏表ない人と、その逆の人がいるのかなという思いを持った。

 ぼくはすべての人が裏表なく純粋人間関係ができたらいいのにと、そんなことを考えてしまう。

 午後は明日の理事会に向けてその資料作りでバタバタと時間が過ぎていく。

 5時になり、チャイムがなったが、それから予定があって、共産党の集会に行く。中ノ島公会堂がその場所なので、職場から自転車で、30分もかからない。

 やや雨模様だが、そのまま走った。Photo

 公会堂には、5時50分ごろ着いた。電車で来る2人と会場前で待ち合わせいているため、携帯電話でやりとりしながら、なんとか合流し、会場のいい席を押さえた。

 集会では、もう総選挙後に政権交代は確実視されていて、その中でも共産党の役割が大事という話であったようだ。

 とにかく今や、自公政権が終焉を迎えることはまちがいない。歴史的な転換点といえる。

 民主党に支持が広がっているというよりも、自民党の60年以上の政治にNOをつきつけているということだ。

 僕的な見解では、世界の流れも影響していると思う。欧米から見ても日本の社会福祉の遅れは顕著だ。それにアメリカ自体がオバマ大統領という、いままでになかった人材を採用した。

 日本はこのままでは大きく世界の流れから遅れてしまう。それはいろんな形で危機感になっているのではないかと思う。

 そして集会は終わり、帰りは8時45分ごろだったが、それにしても時間が遅くなるほど道路は無法地帯だ。

 赤信号での交差点でもその交差点をちっきるバイクを見た。ぼくは大きく叫んだ。「信号無視やぞ~~~!」ちょっと聞こえたようで少しひるんだ。

 あとも自転車の信号無視はあまりにも多い。あきれてしまう。

 いやな思いをもちつつ走るが、自分だけは自分のモラルで行こう。ただそれだけを自分に言い聞かせて、帰りの道をひた走る。

 家に帰る手前で、最近あまり利用しなかった福住公園近くのコンビニでビール6本と無添加ワインを1本買って家路とした。 

2009年7月16日 (木)

暑さは少し和らいだようだが

001_2  天気予報では、昨日の暑さより若干和らぐと言っていたが、朝はたしかにやや涼しいし、不快指数も低いようだ。

 アルカイックホテル前から見る空は、綿雲が浮かんでいる。

 尼崎を越える手前の信号待ちで、グレッグレモン車を愛するAくんがやってきた。

 彼はまだそのレモン車が修理が終わっていないのか、別のホワイト色ロードに乗っていた。ただハンドルにDHバーをつけているのが、目立つ。

 ぼくが先行して土佐堀まで走った。ただ無意識だが、ちょっと無理したか、分かれた後疲れが出てきた。

 ちょっといつもと違うこととして、ボトルに麦茶でなく、浄水の水に蜂蜜が入れてもってきた。

 どうもこれがよくなかったかもしれない。職場についてそれは飲むのを止め、ペットボトルの「おーいお茶」を飲むとお腹のへんな具合がなくなった。

 仕事では、新聞切り抜きから、資料の作成、職員募集で応募してきた履歴書の書類選考、その他面談と結構時間が経過していく。

 それで帰りは5時半になったが、帰りの走行に写る。

 できるだけ帰りだからゆっくり走ろうといつも思うのだが、走れば走るほど調子ずいてきて、ペダルが回る。

 なぜか時々歩道から注目されているような錯覚を覚える。野田阪神信号待ちで、お母さんの自転車の前で小さな男の子がこちらを見つめるので、手を振ってあげると、照れていた。おかあさんからは無視された。

 そんなこんなで尼崎に入り、発車寸前のバスの後ろで、そのスピードに追いつこうと走るが、すぐ次のバス停が来て、左ウインカーを出し、徐行、停止した。

 しかたがないので、追い越す。

 002_2 そのまま七松線に右折し、コープ立花を目指す。

 コープでは、ビール、三田肉冷凍ハンバーグ、アイスクリーム、セロリ、レタスなどを買った。

 家に帰るともう7時。

「うーん」とうなる。

 すぐ精米、風呂の水の洗濯機への移し変え、手洗い、うがい、食事作りといそがしい。

 NHK連続小説「つばさ」は見たような、見過ごしたような感じで作業が進む。

 支度が終わり、風呂で頭を浴槽の後ろにもたせ掛けてゆっくり浸かる。

 それで風呂から上がって、今日もビール350ml一缶を飲んでしまった。

 テレビのアンビリーバブルでは、余命4ヶ月といわれた海の好きな男性が、沖縄に引越し、海岸でゴミ拾いが縁で親しくなった小学生たちとのつながりから、イルカや亀のラジコンロボットの製作の没頭し、一度金銭の枯渇で沖縄を離れるが、4年後にそれを完成させて、沖縄に、戻ってくる。

 そしてがんの進行があきらかに止まってしまったという話で、生きる力とは、がんを克服する力とは、感動してしまう。

 とにかく人間は他人を裏切らず、裏表もなく、前向きに生きるということだろうと思う。

 そんなことを考えながら、今ブログ更新に向かっている。

2009年7月15日 (水)

今日は休日。足にも仕事的にもありがたい一日

003_2  今日は以前の休日出勤の代休にとっていた日程だ。

 直前までそんなモードではなかったが、結果的にはありがたい。

 というのは、寝冷えのせいか、お腹の調子が先週から不調だ。

 それで今日は絶対治癒をかねてスーパー銭湯に行くぞと、昨日考えた。

 しかし今日もかなり暑くなりそうだということは、覚悟していたが、朝おもいきって、ベランダの下にしまっていたすだれを出して、ベランダの5個、西側窓に2個取り付けた。

 ということで朝は結構いそがしい。

 しかし効果抜群。これでだいぶ暑さをしのげる。

 ところで今日休みになったのをチャンスにもう一つ、19日のコンサートにむけて、午前中銭湯に行く前に練習することを予定に入れた。

 それで、リビング横の和室に音響設備を取り付け、マイクとスタンドを用意し、一通り演奏し、録音した。数曲は納得できるものだったが、数曲は部分的の問題があることが良く分かる。

 それにキーボードをセットして、マイクをスタンドから歌える位置に置いたとき、楽器と歌をうまく両方扱えるか、やってみた。

 手ごたえあり。本番なみにやるとよくわかる。結局30分、7曲歌う予定だ。

 全部セットするのに時間がかかるが、演奏を終ええまた元の位置に直すのも大変だ。それに演奏中は窓を締めないといけないので、汗だくだ。

 時間は午前11時過ぎ。急いでタオルを用意して家を出る。

 外は大分温度が上がっているようだが、それほど気にならない。

 15分ほどで、尼崎市役所西側の「やまとの湯」に着いた。平日は680円になっている。

 源泉とかかれた内湯にゆっくり入る。至極の時間の気がする。この前来たとき、スチームサウナの前に塩の入れ物があったが、今日はなくなっていた。

 そのままスチームに、そして露天風呂に。精神的にもかなりリラックスしてきた。

 一仕事した後なので、気も楽だ。帰りに家に一番近いコンビニで弁当を買った。

 午後はゆっくりしてしまったが、雑誌BE-PALを読んだり、今読書継続中の「甲子園ホテル物語」を読んだりした。005_2

  ところで、昨日夜ツールドフランス第10ステージを見ていたが、解説者の栗村さんは、選手の体型のよさについて、それなりの月間距離を走っていることがそれを作ると言っていたが、またその中で、背筋の発達について語る部分が気になった。

 つまり日本でもロード選手の阿部選手の背中を見たとき左右の背筋の発達で、背骨が谷間になっていると言っていた。

 それで今日シャワーをするついでに自分の背中を鏡で見てみると、同じように真ん中が谷間になっていた。

 むむ。僕は通勤時だけの乗車だし、月間600kmぐらいの走行なので、たいしたことはないと思っていたが、やはり背筋は発達しているのか、大腿部はいつも見えているが、今日はじめて発見した。

 夕方はだいぶ涼しくなってきた。

 夕食は今日は息子2人と、妻と4人で、おしゃべりに花が咲いて楽しい瞬間だった。

2009年7月14日 (火)

真夏なみの気温を体感

001  なんという暑さだろう。すでに走りだしてから、左門衛橋手前の温度表示は30℃になっている。

 今日は予感がして、体にかけるための水道水を入れたボトルをもっていった。これが正解だった。途中水を被らずには終えない感じになってきたので、腕と頭というか首筋に水をかける。

 一年ぶりのこの感覚。

 このまま9月中旬まで、夏日が続くことを想像すると、ぞっとする。

 

 職場について、すぐタオルを水に浸し、更衣室で着替えるとき、上半身をしっかり拭く。

 服を着替え、すっきりした気持ちで仕事に向かう。

 今日も財務点検、面談、打ち合わせといそがしい。夕方には、ある意味放心状態だった。

 とにかく明日は休暇を取っているので、今日をしておくことで不足は無いか、チェックして帰る。

 帰りは、明日が休みということもあって、ちょっと気分はいい。

 帰りにロードバイクに乗る初心者と見受けられる男性が尼崎に入る手前でやってきたが、ちょっとカチンとくる走りかたをしてくる。

 まず、なにも言わず信号待ちで僕のすぐ横に停止する。そのあとぼくが少し遅れてスタートしたが、前を走りながら、やたら信号を無視して走っていく。

 尼崎繁華街に入って、追い抜いた。

 ただ、進路の前を大型トラックがふさぐ場面で、スタンディング状態で待機していると、左から無理やり前に出ていった。

 「無謀でしょう」

 しかもヘルメットは被っていない。

 そのあとスタートし、一機に追い抜いた。

 その人は向かい風が続く中、辛そうだ。

 まあ、しかし初心者でも、安全運転と交通ルールの遵守はしっかり実践してほしい。

 ぼく自身も、向かい風が強い中を長時間30km/hで走ったせいで、JR立花に近づいたところから疲れてきた。002

 ところで、日が暮れるのが遅いこの時期、帰りの時間は、西日が強く体を照らす。

 その分、自分の影は後ろに長く実在しているのがおもしろい。

2009年7月13日 (月)

異常に暑い7月13日

001_2  今日はまだ梅雨が明けていないはずだが、異常に暑い。

 それでいい影響をしたのは、庭に実る巨峰だ。もうまもなく、色づいてきそうだ。

 その実りぶりに満足しながら家を出る。

 それにしても走り続けないと暑い。もう本当なら水を浴びるボトルをもう一本もっていけばよかった。

 ただ、風向きは追い向き。風にに乗って走る。

 それであまり足を使わず走れたせいで、思ったより汗をかかずに済んだ。

 職場のエアコンが気持ちいい。

 ところで、東京都議会議員選挙はみごとの民主党の大勝になった。ひょっとすると、ひょっとする。国政は大きく変わるかもしれない。それが国民全体の願いであるような気がする。

 「とにかく民主党に」というのがそれに繋がるかもしれない。

 自民党はガタガタだ。

 仕事はそれなりに重要項目が多かった。

 夕方はあっという間にやってきて、5時半に職場を退社する。

 思ったとおり向かい風。だいたい朝の風向きが夕方も尾を引くのが常だ。

 しかしなんとか30km/hに近いスピードが出ている。こんなときは「さすがロードバイク」と自己満足してしまう。

 003

 尼崎に入るとなぜかホッとする。今日も帰り道で途中下車し、コープ立花店で家で切らしてるシャンプー詰め替えや、玉が切れたドーナツ型蛍光灯の代え、くだもの、ビールを買った。

 家に帰って食事をし、テレビで「たけしのテレビタックル」を見たが、昨日の都議選の結果を論議したので、この番組が生放送なんだと、はじめて気づいた。

2009年7月12日 (日)

ピースコンサートにむけてリハーサルの一日

001  来週19日(日)に4年前に突然倒れてなくなったYさんの追悼4周年と、平和祈願を兼ねて、「ピースコンサート」を開くことになったのだが、今日はその演奏メンバーのリハーサルと顔見せということになった。

 それで朝起きて、気が落ち着かないが、朝食は、妻の作ったコーヒーと自家製パンを食した。

 9時半すぎになって、午後からのリハーサルにむけて、地下収納庫で練習にはげんだ。

 なにせ自分の出番は、一人演奏なのだから好きなようにできるが、自分以外いないので、誰も頼れない。

 ほどなく、昼食を食べ、12時過ぎからマイカー・プレーリーで会場へ向かう。

 会場はAQホールというが、普段は劇団かすがいの練習場兼、劇場だ。

 ただ、一般の公的ホールとは違い、普通の作業場、倉庫を改造した作りで、手作り風だ。それがなかなか新鮮だ。

 今回は、コンサートが終わって遅くない時期に劇が開催されるので、舞台は、ずっと昔欽ちゃんのテレビ番組で居間風のセットがあったが、そのイメージで和室のセットの状態の中を演奏する。

 ぼくは7曲を用意した。自作4曲、その他ボブディラン、平井 堅などの曲を演奏する。

 1時過より一番手でリハーサルさせてもらう。聞いているのは本命の1グループというか主催者たちだ。

 結構あがることもなく、すべて演奏した。しかし制限時間の30分はオーバーしそうだ。

 やれやれといった感じで演奏を終え、続いてファイブ・ピースという名のグループの演奏を聴いた。一部Y・たまみさん(市会議員)がそのグループに加わった。森山良子の「さそうきび畑」をカットなしで演奏していた。

 ううん。なかなかいい。もっと自信をもって歌ったらいいと思う。

 あとファイブ・ピースの3人が独自の演奏をしたので、聞いた。それぞれ実力があるので、今後期待できる。リーダーと思われるYTさんは、なくなったYさんと演奏をよくしていたということだが、あと2人は20代で若い。

 一通り繰り返しも入れて、演奏を聴いた。そのあとまたリクエストに答えて、自分の曲ももう一度歌わせてもらったりして、だいたい終わったのは、5時過ぎだった。

 しかしひさしぶりの音楽づけだった。他のグループの演奏を、しかも練習の時間で聞くのは、とても勉強になる。

 ほとんど一日リハーサルに費やされた感じだが、結構さわやかな気分で家に帰った。

 やはり自分はとことん音楽が好きなのだなあと再確認できた。

 今日も缶ビールを飲んでしまった。まあいいか。 

2009年7月11日 (土)

ビヤガーデンは中止になったが

001  昨日は仲間どおりで、ビヤガーデンでいっぱいという予定だったが、朝からどうも不安定な空模様。

 夕方もついに雨が降ってきて、会場はキャンセルになった。

 とにかくそのことがあって、ひさびさの電車通勤で仕事へ出かけた。

 仕事は週末の金曜日だというのに、業者面談、商談が4件も立て続けにアポイントが入った。

 さすがにしゃべるだけでも疲れた。

 夕方はそれでも、会場を代えて、飲む会にしようということになり、道頓堀界隈の居酒屋に入った。ビールで乾杯。続いてふぐのひれ酒を二杯。この会場にチャージは1時間半だが、30分は延長してくれた。

 そのあとは例のごとく、カラオケボックスに。

 実は、もう一つの会合が尼崎であったのだが、ついにこちらに入り浸りになってしまった。そちらのY女史とはメールでやりとりし、了承してもらった。

 すでに9時半は過ぎていたが、帰りのJRの電車では最後駅を乗り越してしまい、甲子園駅で気がついた。

 ちどり足でなんとか家に着いたが、もうすでに何かする力は残っていなかったので、ブログはついに更新できなかった。

 しかしツールは最後までしっかり見た。

 002

さて日が変わって、今日は、昨日の宿題というか、洗濯物を畳む作業があり、また気になっていた熱帯魚の水槽の青い幕をなんとかしようととりくんだ。

 水槽の水替えはかなり辛い作業だ。それにガラスの内側や、水草にその青い幕が覆っている。とにかく根気よくその幕を剥がしていった。

 ただ、もう二日酔いの兆候はない。

 昼まであまった時間は、19日のピースコンサートのための演奏曲を練習した。なにせ30分を一人で歌わないといけない。ただある程度新しいアイデアも浮かんできた。

 昼食のあと、しばらくテレビを見ながらうとうとし、2時過ぎから妻といっしょに8月29日開催の「星空映画会」のチラシの印刷に出かけた。

 車でひさびさに出かけたが、2号線の西宮付近では、道路工事のオンパレードでやたら渋滞していた。本当に必要な工事なのかどうか疑う。

 今、読書は「甲子園ホテル」という異色の本を読んでいるが、そのホテルは、今日は通った2号線で、武庫川大橋を渡ったする北側に見えている。

 ちょっと感動している。何せ本を読んではじめて知ったが、昭和のはじめから15年しか営業していないのだが、その構想は、東京の帝国ホテルに対抗して、京阪神の真ん中にホテルを作ったという。しかも甲子園球場が、武庫川という川の支流を埋め立てて作られた経過と繋がっている。つまり同じ地域を「鳴尾」というのだが、大正モダンの匂いがする。

 そんなことを考えながら、帰りもその近くを通る。

 家に帰ってから、折りたたみ自転車でJR立花近くの「マサゴ楽器」にマイギター・オーベオションの新しい弦を買いにいった。小さな店だが、「こんにちわ」と声をかけると、2階からはじめて見る若者が降りてきた。聞いてみると息子さんだという。

 やはり息子さんもあとを引き継いでいくのか。頼もしいというか、羨ましい。

 自分はサラリーマンなので、子どもに残してやる施設はない。ただ存在で、生き方を見てもらうしかない。まあ、それもいいか。

 家に帰って、自転車を庭になおすときなにげなく、ブラックンベリーの方をみると、真っ黒に熟した実がたくさん生っているではないか。

 またまた感動! 一つ食べると熟しきっていてあまい。またまた感動だ!

 そんなこんなで夜になり、テレビで最終回のMr.ブレインを見た。 

 そのあとブログ更新中だが、Jスポーツプラスのツールド・フランスにチャンネルを替えた。どこまで視聴にたえれるかが問題だ。

2009年7月 9日 (木)

暑い暑い朝、雲行きが怪しい夕方

001  庭の巨峰がいよいよ色を変えてきた。

 庭にぶどうが生るのはうれしいことだ。

 よこて今日も進みすぎる柱時計にだまされて、8時50分すぎに家を出る。

 しかし今日の朝はとくに蒸し暑い。走っているときだけがなんとか気持ちよさを感じるが、止まったときは、目の上から眉毛を通り過ぎて、汗がしたたりおちる。

 ただ気をつけていることは、安全走行だ。

 この前の突然のコンビに進入のための左折車との間一髪の接触回避。

 とにかく横に近づく車には最大の注意をはらう。また大型トラック、バスが近づいてくるとき、場合によっては歩道に非難することもある。

 しかし速度は30km/hを維持しつつ、前に向かって走る。

 この分だと朝パンクのアクシデントでも遅刻はしないだろう。

 003

 大阪の西区、南堀江を通過して職場に着く。

  それで職場には8時43分に到着した。

 仕事では今日は、昨日から難題になっていたコピー機からスキャナーできる設定に取り来る。専門業者からの助言を受け、成功、解決する。

 午後からはまさに会議。

 夕方は、依頼されていた会合をエスケープし、家に向かう。

 帰りは、このところ4日続きの天気模様だが、嫌な曇り方をしている。

 しかも昨日と同じように向かい風だ。リアのギアーは同じまま変えず、姿勢を前に落として空気抵抗をできるだけ回避する。

 今日は途中コープによる必要はないと判断。そのまま家に帰るつもりだったが、冷蔵庫にビールがあと1本しか入っていないことを思い出し、家に一番近くて今年できたばかりのコンビニで買うことにした。

005 ここまで来ると家はすぐそこなので、ほっとする。仕事を終えて帰ってきたことを自覚する。

 今週4日連続走行を実行した。

 まあ最近はとくに筋肉が疲労を感じるということもない。左手の打撲後の痛みも2ヶ月を過ぎやっと気にしなくてもいいようになってきた。

 いまやクロスバイク、ロードバイクが異常に人気が出てきているようだ。

 手前味噌だが、自分が手をつけたことが、人気があとから出てくることが多い。自転車通勤も8年前はまだ、変わり者の域をでていなかったが、今や会社ごと推進しているところもある。

 その他昼通う店も最初客が少ないところばかりだったが、なぜか客が増えてくるのだ。

 登山も自分的には20年以上になるが、いまや中高年のメッカの場所になっている。だから最近はちょっと引いているぐらいだ。

 まあこれは思い込みだが、思い込みでもいいだろう。今実行している自転車通勤に自信がもてる。

 明日はビアガーデン会とそのあとの地域の会議があるので、通勤は電車だ。

 また来週も走るのが楽しみだ。

2009年7月 8日 (水)

タイヤチューブを替えて、空気圧最高!

001  庭のジャンボレモンの花が散って、あとたくさん実が育ってきた。

 ところで、最初に実がなった房には、実がなくなっている。おそらく鳥が食べたのだろうと思っていたが、このブログを更新している最中夕食中の妻が、その真相を語る。

 朝、庭にホースで水をまいてるとき、そのホースの勢いは、ジャット噴射だが、直接その実を直撃したらしい。

 さて、朝は7時50分過ぎに出発したはずだが、ちょっといつもより早いので余裕があると感じつつ、軽いペダルで走る。

 しかし朝はどうも追い風だ。自然足は回る。

 ただ、いつもよく一回で通過している歌島交差点は、その直前の道に左折する車が立て込んで、時間オーバー。交差点は赤に変わってしまった。

 「まあ、いいか」

 あとは、追い風にまかせて、淀川大橋を通過し、海老江、野田阪神を通過。

 土佐堀から先は40km/hで走る。まああとはいつものとおりだ。

 それでなんと職場のタイムカード前には8時38分に到着した。

 トイレで持っていったタオルを水にぬらし、更衣室で上半身を拭く。これで結構気持ちがいい。

 電車で通勤する人は、それなりに汗だくになると思うが、着替えないので、その方が気持ちがわるいだろう。その点自転車通勤の方が、運動で汗を出し、よく拭いて着替えるので、すっきりする。

 仕事は、個人面談2件、商談1件、スキャナー機能の可動のための作業で手間取ったりと時間が過ぎる。

 それで今日はノー残業デー。管理職であっても率先して早く帰る。

 002

 帰りの空は雲だらけ。

 その上向かい風。

 しかし悪条件ではあるが、どうも後輪タイヤのチューブの交換と空気圧を調整したせいか、やたらよく走る。

 向かい風の中、30km/hペースで進んでいく。 

 やはり微妙な調整がかなりの効果を果たすことを感じる。

 それもまた自転車を毎日利用する上での面白さの一つだ。

003  尼崎南警察西出張所前信号で一旦停止、北向きに進路を帰る。

 今日はそのままJR立花バイパスを超えて、コープ立花店に向かう。

 それでも家には、6時半に到着。 

 夕食作りはお手の物。

 今日もビールを飲んでしまった。

2009年7月 7日 (火)

ロードバイク・ビアンキタイヤに異常なし

002_2  昨日帰ってからロードバイクのパンクを修理したおかげで、朝は後輪は正常に戻っている。

 しかし、家の中も外も今日の朝は暑い。

 道路に出ても文字通り温度表示は29℃になっていて、真夏並みだ。

 とにかく走っている間は向かってくる風が気持ちよくしてくれる。しかし、信号待ちで止まって、とくに炎天下で止まっていると、「いよいよこの辛さがやってきたな」という感じだ。

 ところで、家のリビングの時計は、月日の流れとともに、徐所に実際の時間より先を進むのだが、今や7分ぐらい先を進んでいる。しかしその週間で朝流れているので、直すことはしていない。

 そのせいで、今日は7時55分ほどに家を出たつもりだが、実際は50分ぐらいだったのか、そのまま職場に向かった。

 おまけに今日は信号と踏み切りのタイミングがよく、おもなところはどこも停止なしで、走っていけた。

 それで職場には、今世紀最速? 8時39分ぐらいに到着した。

 この時期になると、職場でエアコンを可動させているので、気持ちがいい。

 仕事は午前中管理職会議をし、午後は電気コンロの故障復旧立会い、エクセルデータの入力、業者来訪応対など時間が過ぎていった。

 帰りは5時半ごろだが、追い風のせいで、なぜか異常にペダルが回転する。そに分途中でしんどくなってきた。004

 そんなころ空はいよいよ雨まじかという雰囲気。

 まあ、帰りだから濡れてもいいが、途中でデイパックにカバーをかぶせるのが面倒くさい。

 しかしなんとか家まで雨に降られずに帰れた。

 それにしてもやはりロードバイクがいい。ビアンキがいい。

 

 ツールの方は昨日午前12時過ぎまで見ていたが、さすがにそれ以上は仕事に差し支えるので、あきらめて寝た。

 今日確認したら、昨日は別府選手が8位ということを知って、二人の日本人に活躍は今のところ期待できそうだ。

2009年7月 6日 (月)

ツールド・フランスの報道が今年は違う

001_3  今日は週明け、さっそうと朝家を出ようとしたら、どうもビアンキの後輪がおかしい。触ってみるとやらかい。

 これはパンクだ。とすばやく判断し、出発はミヤタ・ランドナーで行くことにした。

 2号線に出て、今日もメッセンジャーA田くんが尼崎付近で後ろからやってきた。

 ツールの話を出したが、テレビは見れないそうだ。

 信号が変わり、先を進んでもらうように言った。なにせランドナーでは30km/hを維持するのが、自分では難しい。それでも結構スピードは出ているように思う。

 そのあと歌島交差点付近ぐらいから、ときどきマウンテンバイクで高速で走っていく長身の青年が、今日はロードバイクで走っていた。次の信号で追いついて、声をかけ、ちょっとそのバイクを写真に取らせてもらった。

 なんと赤い車体のビアンキではないか! しかもトップチューブとダウンチューブが曲線を描いている。まさにヨーロピアンスタイルだ。

 その後彼には追いつかないが、結構大事そうに乗っているように見える。

 003

さて今日乗っていったビアンキはミヤタという日本メーカーだが、ランドナーでは老舗だ。

 自分なりにかなり性能アップしたつもりだが、前によりよく走るようになったような気がしている。

 職場へは8時50分に到着した。

 仕事は、相談あり、来客あり、求人広告を出したための問い合わせあり、会議の準備ありで、あっという前に夕方だ。

 今日は夕食は3男が作る約束になっていたので、帰る時間のプレッシャーがない。

 天気予報は今日は大きく崩れると思っていたが、帰りの空はオレンジ色に輝いている。002_2

帰る途中、サンワサイクルに寄った。

 というのは、今日の朝のビアンキのパンクを知ったため、予備チューブを買っておく必要があった。

 ほどなく550円の42mmの分を2個買った。

 夕日の中を帰る。

 2号線から七松線に右折し、まっすぐ走っていくが、この前の金曜日はこの道を蓬莱湯から歩いて帰った。

 自転車のスピードのありがたさをこんなときに思い出した。

 家に帰ると、なんと妻が昼から帰ってきたということで夕食を作っていた。それでその間にただちにパンク修理にかかる。およそ15分。ただ、パンクしたチューブの原因を調べてみた。小さな穴があって水につけると泡が小さく出てくる。

 しかしそんなに古くないチューブだが、ちょっと品質が悪い。

 たしかそれはパナソニックだったか。

 しかし同じチューブのもう一つを取り付けた。このチューブも早くにパンクすると、品質に問題ありということがはっきりする。

 まあなんとか処理を終え、風呂に入る。今日は風呂上りにビールを飲んだ。

 あとはブログを更新して、ツールド・フランスを見るだけだ。

2009年7月 5日 (日)

兵庫選挙投票日

009  朝はゆっくり起きたと思ってトイレに入り、洗面を済ませ、リビングにやってきたらまだ7時前だった。

 妻はすでに朝2時ごろ目が覚めてしまって、そのまま起きていたという。そのせいで自分も途中何回か目画覚めていた。

 まあそれで朝はゆっくり洗濯物干しなどは余裕でできた。

 妻は兵庫保育の集会で出かけた。

 ときどき見るNHK教育、「日曜美術館」は、無名の画家という前おきで、犬塚 勉氏の特集だ。驚いたのは、登山にのめりこみながら、自然の中のすべての命に価値を見出していったということ。つまりそれに到達した絵として、ただ山の草原と森を描いているだけだが、一つひとつの草にその命を描こうとしたような書体が、不思議な生命力をかもちだしている。

 この番組は丁寧に作られているし、意外な作者が特集される場合もある。自分としては評価が高い。

 それから今日は、マンションで年に一回の配管清掃、火災感知器点検があるので、家を出られない。

 ほどなく10時過ぎに作業が行われた。

 昼食までにはまだ時間があるが、外へ出て行くのもタイミング悪いので、地下収納庫に降りて、19日に出演することになっているコンサートの練習をすることにした。

 一通り、カセットテープにぶっつけ本番で録音しまくった。7曲ぐらいしたか。

 とりあえず12時を過ぎたようなので、残り物で昼食にする。

 そのあとコーヒーを飲みながらしばしテレビを見た。BS日テレだったか、ハワイの旅番組をやっていた。

 午後からまた録音しきれていない曲の楽譜を探す。一つは、4年ぐらい前から作りかけていて未完成の「おやじの願い」という曲を無理やり、完成させようとその作業にとりかかった。ついでに自作曲、といってもすでに20年以上前に作ったものを見直し、補足したりした。

 そのうち夕方5時になり、妻から電話があった。買い物をしてきてもらうとして、そのあとで一緒に知事選挙の投票にいくことにした。帰ってくるまで、炊飯器でご飯に用意、風呂の準備をした。

 ほどなく6時ごろから近くの立花西少学校に投票にいった。今回候補者は2人。もちろん僕たちは現職には投票しない。田中耕太郎氏と書いた。ただ当選する見込みは、1%もないかもしれない。

 息子たち2人もそれぞれ自分で投票に行った。

 しかしこれを更新している午後9時すぎ、もう現職、井戸氏が当確とニュース速報が出ていた。宮崎県のように前知事の不正が表面化した後の選挙は話題性があるが、今回はもりあがらない。

 ただ今の県知事では問題が多いようだ。ただ自分自身もよくその辺が把握できていなのではずかしい。

 Cnn20090705 まあ今楽しみはやはりツール・ド・フランスだ。今日はNHK朝のニュースで大きく取り上げられていた。なにせ世界20億人だったかが、テレビ・インターネットなどを通して見ているというとてつもないイベントなのだから、日本人2人もエントリーしたというのは、歴史的な事件だ。それに以前はじめて参加した選手は1人、今中大介氏がいるが、それでもアシストの仕事の大変さで14ステージだったか、時間オーバーで退場させられた。

 今回2人でもパリのシャンデリゼまで戻ってきたとしたら快挙だ。最下位でもいい。完走してほしい。ただ途中見せ場も作ってくれたら最高だ。

 今後の日本の自転車ロードレースへの注目度のアップと、ロードバイクの普及が期待できるだろう。ただ一緒に交通ルール遵守の普及も高まるといい。ぼくもそのために貢献しよう。

2009年7月 4日 (土)

ツールド・フラrンス2009 いよいよ今日から始まる!

002_4   いよいよ今日からツールド・フランス2009が始まる。それでなんと言っても今年に限って楽しみなのは、日本人選手が2人エントリーすることになったことだ。

 別府史之、新城○○選手の2人。

 これは快挙だ。

 やはり日本から選手が参戦しているかどうかでツールへの興味は違ってくる。

 それに去年まではわが家では、スカパーでしかJスポーツ3が見れなくて、雨が降ると画像が出なくなるなど、安定しなかったが、今年春からベイコミュニケーションのケーブルテレビをデジタル放送にグレードアップしたので、有料が同じだが、すぐ見れるようになった。

 やはり新しい使用に自転車がたくさん見れることと、花形選手の動向も見過ごせない。

 今ブログ更新しているのが、午後8時で、そのツールが放映開始時間だが、残念ながら、妻のくびったけ番組、ミスター・ブレインがバッテングしているので、今その番組を見ている。

 001_2

ところで今日のスケジュールは、午前はやっと休み、午後は定例会議だ。

 それで、その会議のための出勤手段は、電車にした。

 というのは、足を休めるためと、帰りに阪神なんば線を利用し、尼崎センタープール前駅近くの「蓬莱湯」へ行くことにしたためだ。

 会議は予想より早く4時15分ほどに終わり、4時半には職場を出た。5時すぎにその駅に着き、家までの帰りは市バスしかないので、バス停で時刻表を見たが、1時間後にしか来ないことが分かった。

 まあとりあえず、温泉に入湯したが、うっかり石鹸セットをまちがって化粧水のセットを持っていってしまって、体が洗えないことがわかり、湯船に浸かるだけにした。

 風呂を出て、もう一度バス停時刻表を確認しるが、歩いて帰るしかない。ただ途中で気がついたが、その前の競艇場からJR立花駅までの送迎用貸切バスが走っているのを見た。それに乗れるなら、ラッキーだったのだが、すでに遅し。半分ぐらいは歩いたあとだ。

 家までは結局4分ぐらいかかったが、裏町を大分発見した。

 003   

  家に帰って再度風呂に入り、今度は頭と体を正しく洗った。

 夕食はカレーだが、朝に支度をしておいたので、夜は大分楽になった。

 あとはツールを見るだけだ。

2009年7月 3日 (金)

行きはレースモード、帰りはバイクで風除け走行。楽し通勤だった。

001  とにもかくにも今日は金曜日だ。

 定番のピンクジャージで出発だ。

 2合線に合流するとき、先を走るレモン車A君を見た。追いつくのは難しいと思ったが、ようやく信号で追いつき、そのまま後を併走する。

 これは楽だ。あきらかに力をためことができる。申し訳ないので、西淀川に入り、歌島交差点を通過する前に先頭交替をして、先頭を走る。

 なんとか歌島交差点をクリアーした。そのあと別のロードバイカーが追い抜いていくではないか。まあ、それはそれとして、今度は野田阪神からの直線をA君に引いてもらう。

「ちょっと飛ばしますよ」とうれしそうに言う。後をついていくと、確かに最高時42km/hの早さだ。

 その先頭交替がなかなかおもしろい。土佐堀を過ぎて、別れる。

 003_2

  その後、今日初めて遭遇したロードバイカーを一度抜いて中央大通り交差点で停止。こんどは彼が高速運転で先を行くが、ぼくはここからペースを落とす。

 それにしても自転車通勤者はめまぐるしくデビューしてくるが、かなり増えているように思う。

 ただ、競争はやめよう。だってこちらは毎日走っているのだから。毎日100%の走行はしたくない。

 今日もそのあと職場には8時45分ごろ到着した。

 仕事は今日はいそがしくないはずだったが、午後からは今日急なアポイント依頼もあり、3件の面談になってしまった。とくのこの時期なぜか各銀行の担当者交替が多い。

 あと、仕事のあとは半年に一回の歯の定期健診の予約を、これも今日のアポイントだが、取れて、5時を過ぎ、慌てて着替え、職場を後にし、四ツ橋筋を北に向かう。

 およそ15分ほどで、中央区のN歯科に到着。半年たつと結構歯も色が変わってくる部分もあり、あらたにフッ素も塗ってもらって、気持ちよく終了した。

 005 その歯医者に行くときからそうだったが、健診を終えて、帰るころも雨が降っていた。

 四ツ橋筋をさらに北に向かうが、路面はぬれていて、車も一方通行だが、多く危険を感じる。

 慎重に大阪駅方面に向かう。

 それで手前2号線交差点を左折し、いつもの道に合流する。

 淀川大橋を走るときから、前を結構ゆっくりなバイクが走っていたが、25km/hぐらいのスピードなので、おもいきって抜く。

 歌島交差点で停止し、また前をそのバイクが走っているのだが、信号が青に変わって、もうそのバイクのあとをついていくことにした。

 途中、ペダルを踏まなくてもピッタリバイクについていける。

 「どこまで行くんだろう」と思いながら、ずっと後ろを走る。尼崎繁華街に入ったあたりから、バイクが左に入っていった。

 この間大分力を蓄えることができた。

 やっと一人になって、ようやくマイペースを保つ。

 ああ、自転車通勤は楽しい!!!!

行きはレースモード、帰りはバイク

2009年7月 2日 (木)

ひさびさに雨のない一日だった

001  ふしぎにカレンダーを7月にめくると、周辺も様相が変わってきたように感じる。

 6月中は、7月という夏の季節はずっと先に感じるのだが、いざ、7月に突入すると、7月、8月の予定が見えてきて、いろんな行事が目の間に見えてくる。 

 そんなことを考えながら2日を迎えた。

 まだ梅雨後半本番だが、今日は4日ぶりに雨のない日を過ごした。

 行きの通勤では、今日は自転車仲間には誰も会わなかった。代わりに知らないトレック・クロスバイクの若者が接近してきた。ただ彼は、きちんと信号を守っていたので、好感がもてる。ただクロスバイクであってもかなり高速で走れるようだ。

002  信号で前に出られて、先を走っていったが、かなり速い。

 野田阪神では、ぼくは、車道左折側と直進車線の間で待機するので、青での発進では、前に出たが、40km/h出したが、着いてくる。

 阿波座でまた前に出られて、そのまま猛スピードで走っていった。

 まあ信号をきっちり守っているので、好感度は高い。

 「信号まもろうねクラブ」会長としては、合格点をあげたい。

 そのまま職場には8時44分に到着した。

 今日はさし迫った仕事が何もない。モチベーションは下がるかに思えたが、それなりに仕事が舞い込んで来るか面白い。

 ただ時間があったので、複合機のスキャナ機能の完全マニュアルを作ってみた。しかし職場のパソコンはすべてWindows XPのOSばかりだが、ウイルスソフトやオフィースのバージョンが2種類混在していることがわかり、業者の方に手伝ってもらって、何とか2種類に対応したマニュアルを完成できた。明日はそれを実証してみよう。

 昼食時、食堂のおばさんが「今日、近くに歌舞伎役者10人ぐらい来るらしいわ」とそのチラシを見せてもらった。蜷川幸雄のシャイクスピア歌舞伎の出演者のキャンペーンらしい。

 それで夕方写真にとろうと、タイムカードをいち早く押して、着替え、事務所を出て、自転車ですぐ近くの湊町リバープレイス桟橋の方に行ってみたが、すでに一行は、道頓堀川を東に移動したらしい。

 あきらめて帰ることにした。

 003

 帰りはちょっと向かい風。慌てずゆっくり走る。

 昨日そうだったように、尼崎繁華街近くで、前のバスを風除けにして着いていこうとしたが、すぐ信号で止まったり、あとついていけなかったり、失敗した。

 そのまま、またコープ立花に立ち寄る。

 食材を買って帰ろうと自転車置き場で帰る支度をしてて、ふとコープ横を見ると、以前書いた宝くじ売り場が気になった。10人ぐらい並んでいる。そうみても一般庶民風に人ばかり。

 鳴らしている音を聞くと、スクラッチの販売らしい。

005  はたしてどれだけの金額が捨て金になっているのだろう。そのお金を世界のまずしい人のために使われたら、と思ってしまう。

 それは反論する人も多いだろう。

 ぼくから言わせると公営ギャンブル中毒社会だ。

 それもコープが手助けするようなことをしないでもいいではないかと、これを見るごとに腹が立つ。

 おそらく定額給付金もそれに使われたりしているのだろう。

 ああ、いやだ。いやだ。 すみません。きわめて独断的考えですが。

 まあ、そんなことは忘れて、家に帰る。

 6時半には家に着いた。

 夜NHKBSハイビジュンにチャンネルをあわせると、オランダの元労働組合連合代表、ロデバイク・デワールさんの話とその中でオランダの奇跡といわれる「フレキシブリティー」と「セキュリティー」の合意というか、労使が雇用形態の自由化と、社会保障の充実をあわせ実行した経験が語られていた。

 いわゆる派遣労働者はいるが、社会保障は充実され、派遣で働きつつ、その会社負担で職業訓練を受けられるということ、パート労働者の賃金は完全にフルタイム労働者と計算基礎は同じにしているということ。

 今オランダはそのことによって消費が伸び、経済が発展しているという。

 日本の貧困を考えさせられるし、自分に職場のあり方も考えさえられた。

 きっと日本も経済の打開策と安心できる暮らしの実現は不可能ではないのだろう。

 いい番組を見た。

2009年7月 1日 (水)

3日連続濡れ状態、帰りの自転車通勤

  001_2

 朝の天気はむしろ晴れ。しかし天気予報は大荒れという予想。

 まあ、気持よく朝は走る。ちょっと洗濯物干しが朝あったので、遅れて出発。またA田くんに会うかもと思いつつ走っていたが、予想どおり、左門橋で後ろから声をかけられた。

 今日はビアンキ・ロードバイクなので「先に走ってや」とは言えない。

 先を引っ張り調子よく走る。

最近あの六甲トレッキング以降、自分の体にちょっと自信をもってきた。それに「自転車で健康になる」本を読んでから、自転車通勤の幾多の点での優位性に感じているので、自信いっぱいの走行がこの2,3日の走り方だ。

 上の写真は西淀川に入った佃付近だ。

 それで職場には、8時45分ごろ到着だ。

 仕事は課題が5つほどあったが、やり方によっては、午後2時ごろノルマは終わることが予想できるスケジュールだ。

 夕方はそれを終えて、ひたすらホームページのあり方をほかの例を見ながら考えていた。

 それで終了は、今日ノー残業デーと指定しているので、5時すぎ帰る支度をする。レーサーウェアを干している非常階段から空を見ると、今にも雨が降ってきそうだ。

 それでより急いで帰りの支度をする。

 帰りの走行は、その空の暗さを上に見ながら、その予兆の強い向かい風をかわしつつ、走る。004

 帰りの稲川橋付近から空を映す。ますますやばいよ!

 しかしデイパックにカバーをつけずそのまま走る。

 北向きに向きを帰る道意線にさしかかると大粒の雨が降ってきた。

 まあコープ立花に行くまで5分もないので、そのまま走る。

 やっとコープに着いて、ゴーヤチャンプルを作るためゴーヤ、豚肉など買い求める。

 コープからの帰り道は本番の雨。ほんの5,6分だが、大粒のシャワーをまともに受けた。

 006

玄関でシャッターを押したが、ずぶぬれ。カメラのレンズも水をうけ、写った写真も曇っていた。

 それで食事を作る前に急いで風呂に入り、シャワーをした。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30