フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 隙間のない土曜日 つかの間にスーパー銭湯 | トップページ | コンサートを終えて、休息の一日 »

2009年7月20日 (月)

地元ピース・イン・ライブに明け暮れた1日

007  いよいよ今日は、地域のピース・イン・ライブで出演の日だ。しかもいつも3人で演奏しているが、一人でやらないといけない。

 一応一週間まえにリハーサルをやり、水曜日も家で、本番なみの練習をしたので、不安は少ない。

 今日の荷物の搬入は何時にいいのか聞こうと思っていたのだが、10時ごろ携帯電話に着信が入り、リハーサルをするので、すぐ来るようにという連絡が入った。

 あわてて、荷物を用意し、車に積んで出かけた。

 会場は、家から車で15分。劇団「かすがい」の練習場兼舞台だ。

 すでにピースファイブというグループが練習をしていた。

 それで、荷物を降ろして一度家に帰ることにした。

 しかし、また会場にもどり、12時前慌ててリハーサルをやらしてもらった。そうこうするうち2時になり、いよいよ開場時間になった。

 いったいどれくらい来場があるのか不安だったが、ゆかりの人で結構集まってきた。

 ぼくの出番はトップバッターで、30分を7曲でこなす。

 こんな経験はめったにない。曲目は、「時代は変わる」「大統領殿」「生まれてくる子へ」「桃子」「戦争しない誓い」「瞳をとじて」「親父の願い(虹を求めて)」だ。

 まあなんとかあまりあせることもなく、演奏できた。

 005 

 ほどなくもう一つのグループ「ピース・ファイブ」の演奏も終わり、出演者で記念写真を撮った。

 市会議員、民主商工会職員と友人、そして自分という構成だが、なかなかさまになるものだ。それに劇団「かすがい」の協力もある。

 しかし今回の設定は、4年前にライブ出演中、とつぜん倒れ、帰らぬ人になった山口泰徳さんの追悼がメインだ。

 コンサートは4時半ごろ終わったが、5時半から追悼の会があり、9時に最終的に終わった。しかし雨が降り続く中、それから場所を変えて3次会ということになって、結局12時すぎまで会は続いた。

 とにかく一日仕事ということであったが、音楽はすばらしい。疲れ方が違う。発散するものがある。

« 隙間のない土曜日 つかの間にスーパー銭湯 | トップページ | コンサートを終えて、休息の一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隙間のない土曜日 つかの間にスーパー銭湯 | トップページ | コンサートを終えて、休息の一日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30