フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 箱館山ログハウスに行く | トップページ | 右も左も危険がいっぱい 朝の通勤 »

2009年9月 6日 (日)

デイサービスセンターへ演奏ボランティア

001_2  尼崎医療生協病院の関連のデイケアセンターよりうたう会の依頼があり、昼すぎから、JR立花で、協力のアコーディオニストをひらい、施設に向かった。

 本番まで40分ほど時間があったので、控え室で練習した。

 午後2時から会場に向かったが、その前に誕生日会があって、12人の今月誕生日の人を祝っていた。

 いよいよ本番だが、マイク設備があるわけでもなく、1本の有線マイクのみということだった。

 すべて観客は車椅子の高齢者ばかり。いつもの場とは、勝手が違う。

 3曲のわが「おやじーズ」の演奏をし、そのあと里の秋やあかとんぼなど日本唱歌中心に進めた。

 反応よく歌ってくれるわけではないが、まわりの職員の人たちが、手拍子、雰囲気作りに一役かってくれた。

 30分ほどのリードで持ち時間は終わり、お礼を言われる中、その場を去った。あとの時間はフラダンスの披露があったようだ。

 デイサービス施設での演奏はまったくはじめてだったので、司会役のTさんも戸惑っていたようだ。まあそれでも音楽はきっと頭にやきつけてもらっただろう。

 それにしても朝は2時間ぐらい練習していったが、結局、うたう会では3曲ぐらいで終わらざるを得なかったので、前奏の練習は7曲ほどは使わなかった。

 家に帰って、妻は仕事でパソコンに向かっている最中。楽器などの片づけをし、少し早いが、風呂の支度をし、4時ごろからゆっくり入った。

 そのあとリビングでカキ氷のアイスを冷蔵庫から取り出し、NHKハイビジョンの小沢征邇特集を見た。最後の長野でのサイトウキネンオーケストラの生演奏で締めくくったが、ブラームス“交響曲第2番”は、はじめて聞く曲ではあるが、指揮者とオーケストラのすばらしい気迫が伝わってくる。その練習風景も先に伝えていたので、よけいに思った。

 テレビでは、拍手がなりやまず、小沢さんは、指揮者の権威をひけちらかすどころか、演奏者一人ひとりと握手していた。

 なにか気持ちが晴れやかになって、すでに6時を過ぎていたが、妻は食事の用意にかかる様子がないし、あえて妻に頼むのも、仕事が佳境にはいっていることがわかるので、何も言わず用意にかかった。

 003 買い物はせず、冷蔵庫のストックから適当に料理内容をイメージし、何とか満足いくものができた。

 テレビの鉄腕ダッシュ村を見ながら、made in 韓国の「ぐぐっと生」というビールもどきを飲み、食材にほうばる。

 しかしこの発泡酒は、ビールの味がしない。

 ダッシュ村では、パイナップルの生育の数ヶ月を取り上げていた。トキオの面々がいつも思うがうらやましい。仕事でありながら、いろいろな経験をし、発見し、自家製のいろんな食材を食べる。

 まあ見ているだけでも楽しい。 

006_2 2,3男たちは静岡に野外コンサートに行っていたが、ついさっき帰ってきた。向こうのサイクルセンターでのコンサートで3箇所の舞台があったという。結構疲れ手入るようだが、満足げに帰ってきた。

« 箱館山ログハウスに行く | トップページ | 右も左も危険がいっぱい 朝の通勤 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱館山ログハウスに行く | トップページ | 右も左も危険がいっぱい 朝の通勤 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30