フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 雨の日の自転車はランドナーで | トップページ | イアリアに送る荷物が21KGになっちゃった! »

2009年11月12日 (木)

MOVI 反撃!蟹工船を見る

001  今日は週末まであと1日あるが、自分としては、明日休暇を取ったので、事実上今日が週末だ。

 しかし体の具合がどうもすぐれない。この間だから通勤での無理な走りがあったのか、風邪をこじらしているのかわからないが、肩が変にこっているし、体のシャキッ度が低い。ぼーっとしている。

 しかし事務局会議があるし、明日休みを取っているので、何がなんでもいかないといけない。

 夜の予定は映画鑑賞。

 なんとかがんばって夕方まで経過した。

 職場の仲間といっしょに行くため、今日も通勤は電車にした。しかし電車通勤も辛かった。

 映画は「反撃。蟹工船」。小林多喜二の小説の映画化の現代リメーク版だ。

 内容が戦争前の蟹を取って船内で加工する船の中の奴隷動労の話なので暗さは変えられないが、戦後すぐに映画化された作品は、労働者は団結すべきが前面で出るが、現代版は、現代の非正規労働の中にいる青年や普通の青年によびかける。

 自分のしたいことを自覚し、突き進んでいくべき。来世でなく、今をしっかり見つめることなど、会話の端々に出てくる。

 いわば前作はグロスで人のいとなみを表現しているが、今回は一人ひとりの生き方のあり方としてテーセを投げかけている。

 そして一度船内で松田龍平をリーダーにして立ち上がり、軍隊の出動と松田の銃殺で弾圧されるが、最後の場面で誰がいいだすでもなく、同時に立ち上がって、旗をあげて監督の部屋に向かう場面はいい。

 現実にはありえないが、これからの運動のあるべき姿かもしれないと思った。一人ひとりが自分の意思で、考えで立ち上がる。なかなかいい表現の姿だと思った。

 監督・脚本のSABUさんの今後に期待したい。

« 雨の日の自転車はランドナーで | トップページ | イアリアに送る荷物が21KGになっちゃった! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の日の自転車はランドナーで | トップページ | イアリアに送る荷物が21KGになっちゃった! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30