フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 研修の一日 | トップページ | ロードバイクほど楽しいスポーツアイテムはない »

2009年11月17日 (火)

悪戦苦闘の朝の通勤 ランドナーチェーン位置が不具合

001  日曜日にランドナーのチューンを交換して試乗もしたのだが、今日雨になり、意気揚々と出かけたのだが、ペダルをまわしたとたんどうもおかしい。

 「カチャン、カチャン」と安定しないチェーンの動きをする。

 「いっかい試乗してんけどな~」

 と思いながらも後もどりできない。

 しかたなしに2号線に入り、頭の中で調整の仕方を考える。

 しかし止まってじっくり調整はできないので、信号まちで感でリアディレーラーの調整ねじをまわす。

 また走るが、よけいに悪るなったり、何回も信号待ちごとに心みた。

 途中、メッセンジャー・サッシーくんにも会った。

 そのうち長堀近くでゆうやくチェーンは落ちついた。

 こんなこともあるものだ。

 職場には、8時55分になってしまった。

 仕事は昨日に続いて一日学習会。朝は講演を聴いて、午後は分散会だ。

 昨日書いたこれからの日本のあり方の問題で、思い出し発言したが、沖縄の普天間基地の移転問題は本当に腹が立つ。

 無料で外国に土地を貸し、思いやり予算でその基地をしようしている国があたりまえ払うべき費用を、数年間から兆に達す金額を日本が使っている。

 社会保障の費用を何年も2200億年づつ減らしてきたことや、非正規労働が増えていることを見逃してきたというか進んでしてきた日本のあり方とは何なのか。

 普天間基地にかぎっては、講師が言っていたように、「たかが沖縄の集会で2万人が抗議しただけ」と痛くもかゆくもない感じという。

 これは本土に日本人が100万人ぐらいの抗議集会を開ければきっと出て行くに違いない。

 と思ったりしている。たしかに本土の人間は現実感がない。しかし外国に利用されるだけ利用されて、しかもその基地からイラクやアフガニスタンに宣戦し、沢山の兵士自身が心を病んで帰ってくる。これでいいのかという感じだ。

 民主連立政権しっかりせよ!

 とかブログを更新している最中、テレビニュースで、あの「エコカー激突」の著者、館内 端さんが電気自動車で東京ー大阪間551kmを電池補充なしで走りきったという。

 やるなあ!と興奮した。

002 003  ところで夕食は寒いので、湯豆腐にした。家族3人でつつきながら会話に花が咲いた。

« 研修の一日 | トップページ | ロードバイクほど楽しいスポーツアイテムはない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 研修の一日 | トップページ | ロードバイクほど楽しいスポーツアイテムはない »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30