フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 4日ぶりの自転車 帰りは強風なのになぜか楽しい! | トップページ | 腹の立つことの多い今日このごろ »

2009年12月15日 (火)

阪神間自転車通勤友の会 HJTカンパニーなんてものを想像してみよう

002  阪神間を通勤で走る仲間が僕にはいるが、毎日か、一定の曜日を走りつづけるものにとって、そのルートの改善は、意見を言える唯一の存在ではないかと、職場でお腹を壊し、トイレに座っているときに思いついた。

 これだけエコが叫ばれ、自転車が普及しているのに、道路はまったく変わっていない。

 むしろ歌島交差点のように一般自転車と歩行者を地下においやり、わざわざ地下に降りなければ横断できなくされている。

 しかし道路は決して車だけが走る権利があると思ったら大間違いだ。

 それはこの30年ぐらい前から自動車というものがどんどん販売され、国民は踊らされて買わされ、道路にあふれ出した顛末が今の状況だろう。

 ぼくはほとんど毎日尼崎から大阪なんばまで自転車で走り続けて、車中心の道路構造がほとんど変わっていないことに憤りを感じている。

 問題は多々ある。

 たとえば交差点で信号が青になったとき、横断歩道を歩行車、自転車が進みと同時に左折する車が進むこと自体、事故の引き金だと思っている。

 歩行者・自転車に対し車が近づかないようにすることが根本だ。

 すべての交差点をスクランブルにすべきだと思っている。

 だからそんなことを考えながら、たとえばその自転車通勤する人で、今の道路の欠陥はどこにあるか、2号線を例にとり、改善箇所を調べ、関係官庁に訴えていく、そんな活動ができないかと思いついた。

 それは僕一人でもいいのだ。それをこのブログや独自のホームページで配信していく。

 これはなかなか面白い構想だ。

 そんなことをしても無駄という意見は聞いておこう。

 しかしたとえば単純な発想だが、僕たち自転車通勤者を車から発見して、「カッコいいな!」とか「ぼくも、私もできるかしら」とか、思わせたらこっちのものだ。

 そうして実際車から自転車に通勤を変更する人が増えると、必然的に道路は、車が減り、面積をとらない自転車が増えるだけ。

 だから友の会会員はただかっこいい姿と、かっこいい自転車と、かっこいい走り方と、かっこいいマナーだけ実践すれば活動になるのだ。

 んん。これはいい!(自己満足)

 同感できる人、やってみようと思う人この指集れ。

 しかし今日もいたがロードバイクに乗って、競争するのはやめよう。通勤はレースではない。しかし変にこちらが追い越すとムキになるバーカーがいるから困る。

 最初は後ろにつけていて、チャンスを見て、追い越していくやからがいるし、信号まちで無理やり信号無視して、追いぬいていこうとするやからもいる。これは最悪だ。

 もっと通勤を楽しみ、かっこよくマイペースで走ろう。

 本当にHJT友の会を立ち上げてみたい。

« 4日ぶりの自転車 帰りは強風なのになぜか楽しい! | トップページ | 腹の立つことの多い今日このごろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4日ぶりの自転車 帰りは強風なのになぜか楽しい! | トップページ | 腹の立つことの多い今日このごろ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30