フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 流れ星少年団クリスマス会参加と演奏! | トップページ | 温度が1℃上がって暖かいんだ! »

2009年12月21日 (月)

自転車通勤ワンクッションの日

002  今日はすでに12月21日。当たり前だが、客観的に考えると、もう年の瀬だ。

 昨日少年団の忘年会に行く前にマイロード・ビアンキの前後タイヤ交換を試みて中途半端に作業を中断し、しかもチューブを2個ともだめにしてしまった。

 それで夜も作業はせず、今日チューブを手に入れることにし、あきらめていた。

 今日はそれで、ランドナーで行くのでなく、電車通勤に気持ち的に切り替えた。

 まあ、寒さもある。

 明日まで自転車はおあずけにしようと決断したのだ。

 完璧にぬくい格好をし、朝駅まで歩いて出かけた。

 電車通勤では定番のJR東西線から地下鉄千日前線に乗り換え、職場に着く。

 今日ちょっと呆れたのは、地下鉄の到着駅「桜川」で、プラットホームから階段を上がろうとしたとき、20歳前後と思しき男性が、エレベーターに乗ろうとして、すぐ上に上がってしまったのを見て、階段に切り替えたが、エレベーターに乗りたかったようだ。

「お前何歳やねん」と心でやじった。

 普通駅のエレベーターというのは老人か、乳母車を押すお母さんか、大きな荷物を持つ人のためだろう。

 なんとなさけない若者だ。

 まあ事実上、誰が乗ってもいいのだが、自制せよ!

 それにしても今のは極端としても、やたらエスカレーターしか利用しない人が多い。しかもそのエスカレーターを歩くのだから、それなら階段をあるけよ、という感じだ。

 電車通勤でもいろんなことが見えてくる。

 日常的の中に、体を鍛える条件がいくらでもあるのに樂をしようとする。いや怠惰になるというべきか。人間の体は使わないといくらでも退化するようになっているらしい。

 脳もそうだろう。

 毎日を楽しく行きたければ、苦を惜しんではいけないのだ。

 話は代わって、今日もとくに寒かったわけだが、帰りの電車でも電車の中では、ダウンコートを脱がず、思いっきり体に熱を蓄えて外に出る。

 帰りは予定どおり、梅田に行って、ギャレのモンベル店に行った。ちょうどタイミングよく知り合いのKくんが店にいた。

 チューブの種類を聞き、勧めてくれたとおりの商品を4個買った。

 レジでは、その男性が「ロードですか」と聞いてきた。

 「通勤です。この店のKくんは知り合いです」

 「彼は(Kくん)、いつもはマウンテンなんですけど、通勤はロードなんです。ぼくもマウンテン乗ってます」とうれしそうに話してくれた。

 ちょっとうれしい。

 家に帰って夕食づくりをし、風呂に入り、食事をし、洗濯物をたたみ、整理し、やっと昨日からほっておいたロードバイクの前輪タイヤのはめ込み作業にいそしむ。

 買ってきたドイツSCHWALBE社(なんと読むのか?)のタイヤチューブをつける。言っていたとおり耐久性がありそうだ。

 よしこれでよし。明日はビアンキで出発だ。

 新品のビットリアのイエロータイヤが庭の暗闇の中で輝いているようだ。

« 流れ星少年団クリスマス会参加と演奏! | トップページ | 温度が1℃上がって暖かいんだ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 流れ星少年団クリスマス会参加と演奏! | トップページ | 温度が1℃上がって暖かいんだ! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30