フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 朝は体感予想で温度を当てる ぴったし8度! | トップページ | 体調は必ずしもよくなく、しかし通勤は快調という怪奇? »

2009年12月 8日 (火)

何故か疲れの出た朝の通勤

001  何故か昨日に比べ、体が熱い。

 それで朝家を出たときは、あまり寒さを感じなかった。

 しかし、大阪に入って淀川大橋をわたっている最中、疲れを感じた。「おや???」という感じだ。

 まあしかし淀川大橋をくだり、海老江交差点で信号停止したが、そのあとは一機に野田阪神交差点をクリアし、JR野田高架下信号まちから調子は戻ってきた。

 ただ大阪本町付近に入っていくと何故か寒い。

 つまり高いビルが多く、日の差す面積が少ないためだろうと思う。

 はっきり寒い。

 職場には8時47分到着した。

 今日は仕事の課題は少なく、資料にじっくり目を通す。

 それでもちょこちょこ対応すべき場があり、それなりに対応した。

003  帰りの道では、まさにイチョウのじゅうたんがなにわ筋の道路橋を彩っている。

 まさにイエロービアンキが溶け込む。

 そんなこんなでやはり帰りの走りには開放感がある。

 002 ところで、今日も夜のニュースを見ていると、普天間問題で、アメリカのアーミテイジ(暴力団のボスの様相)や、他の日本大使だか、なんだかシンポジウムを東京でやっている状況を報道していた。

 趣旨は、日米合意を守る、つまり普天間の移転先を辺野古にもっていくという内容を日本にキャンペーンするためのようなもので、いわば日本人からすれば屈辱的な企画だ。

 だいたいアメリカは本国でも事情もあって、すでにグアム基地に海兵隊の施設の大部分を移転しているというのに、なぜ普天間基地を敢えてまた沖縄に別のところに配置しないといけないのか。

 しかもアーミテージは、「日米合意どおりしなければ、日本人は安心して夜寝られないですよ」とほだいた。

 ずうずうしいにもほどがある。

 オバマが大統領になってだいぶ雰囲気は変わるだろうと思ったが、ブッシュ時代の役人が生き残っている。期待はずれだ。

 だいたい沖縄では、安心して今寝られないのが今の現実だ。

 アメリカから日米安保を破棄したければ好都合だ。日本から出て行ってもらいたい。

 かって自民党政府は10年間にアメリカ軍への思いやり予算で累計5兆円も支払ったと聞いた。

 日本の今の雇用不安も医療の貧困財政もアメリカ軍と自衛隊に使う軍事費に手をつければ解消する問題がいっぱいあるという。

 そういう意味で日本は本当に平和というか、安心して暮らせる国になっているのか、アメリカのいうとおりにしていたら、安全で安心な社会が来るのか、きわめて疑問だ。

 腹が立ってとまらなくなってきたのでここらでストップ。

 とにかく平和は軍事で守られているとういう詭弁などこれからはなりたたない社会になってほしい。

 鉄砲のないところ、武器のないところ それで命は奪われないのだ。

« 朝は体感予想で温度を当てる ぴったし8度! | トップページ | 体調は必ずしもよくなく、しかし通勤は快調という怪奇? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝は体感予想で温度を当てる ぴったし8度! | トップページ | 体調は必ずしもよくなく、しかし通勤は快調という怪奇? »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30