フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 歴史は後世になるほど真実が明らかになるのか | トップページ | いよいよカウントダウンの日々 »

2009年12月24日 (木)

クリスマスイブだというのに仕事は超多忙

001  休み明けではあるが、すでに夕方までびっちりの仕事スケジュールを覚悟していた。

 そんな気持ちで朝家を出る。

 ちょっと寒さが和らいだか。

 2号線にはいると流れに乗れるので、オートメーシュンのように車の流れにある程度のって走る。

 杭瀬交差点で停止していると、うしろからメッセンジャー・サッシーくんがやってきた。

 「今日は体がだるくてゆっくりいきます」というので「ぼくもお腹の調子が悪いんで、マイペースでいくよ」と答える

「やっぱり走っていて、自分の調子ってわかりますよね」というので「おお、わかる。わかる」

 やっぱりみんな同じ体験をしているんだなとちょっと安心した。

 そのまま一列で野田阪神まで一緒に走る。

 ちょっと調子が戻ってきた。

 そのままセーブして上船津橋交差点まで進んだが、その信号はクリアできた。また信号が青に変わって走り始めだが、そのあとも信号のタイミングが変わっていて、西区新町まで進んでしまった。

 職場について、緊張の中を5課題ぐらい数えながら、終えていくのを数えていた。

 夕方妻から珍しく妻からCメールが入って「ケーキ買って帰る」という。

 それで夕食も作ってくれるのだろうと判断して、帰路を寄り道することに決めた。

 というのは、せっかくのクリスマスイブだ。御堂筋界隈でイルミネーションをしているのを思い出し、四ツ橋筋を北に進み、肥後橋で右折し、御堂筋に移動した。

004  沢山の人が歩道にいっぱい来ていて、それなりにぎわっていたが、ぼくは内側の道路を南に進んだ。

 ちょっと幻想的な雰囲気の中を走ると、何か別世界に入り込んだ気分になった。

 006 ほどなく本町にもどり、右折して本町通りを帰路に進む。

 

 あとそのまままっすぐ西に進むと西区川口に来たので、川口協会は何をしているか見たくなり、寄り道してみた。

 すると協会の入り口で、関係者が集まっていたが、結構質素だった。スポットライトもイスミネーションもない。009

 ただ協会の窓のステンドグラスだけがなんともいえない

 これでいいんだ。本当のクリスマスはこんなものかもしれない。

 まさにここが本物だ。

 とかなんとか感動しながら、それからは寄り道なしで帰る。

 今日も帰りにうかつにも行きには来ていた中のセーラーを忘れてきた。おまけに頭にかぶっていたレーサーキャップもつけずにいたのを思い出した。

 ちょっとあぶない。認知症の兆候か。疲れが作用しているかも。なにせ昼休憩も取れなかった。

 しかし家に帰ると妻が予想どおり食事を用意していて、昨日夕食で話していた「トマト鍋」を作っているではないか。

 風呂を先にし、出てから新しいエビスビールを飲みながら、トマト鍋を食する。

「うう~~~ん!!! うまい」

 トマトのすっぱさがなんとも言えない。ビールの味がなんとも言えない。今日の仕事の達成感がなんとも言えない。

 とか考えながら舌鼓を打った。

« 歴史は後世になるほど真実が明らかになるのか | トップページ | いよいよカウントダウンの日々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史は後世になるほど真実が明らかになるのか | トップページ | いよいよカウントダウンの日々 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30