フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« OM九条の会で舞鶴軍事施設見学バスツアー参加 | トップページ | ひさしぶりだよ 自転車通勤 朝気温5℃ »

2010年1月25日 (月)

沖縄、名護市長選挙で普天間移設反対の審判

Photo  昨日ちょうど舞鶴で自衛隊の基地と軍艦を見てきたところだが、その間も沖縄名護市では、市長選挙の投票真っ最中だったわけだ。

 今日朝起きて新聞を見ると、トップ記事で「普天間反対派が初当選」(神戸新聞)となっている。

 結局日本に軍事基地が存在する理由は、Photo_2中国、北朝鮮の脅威とも言う場合もあるが、一番の今の理由は、世界のテロと戦うと、オバマ大統領言っているし、それが理由らしい。

 ただ僕が不思議に思うのは、果たして国際的テロ組織「アルカイダ」というものは存在するのかという疑問だ。

 今回もオバマ大統領へのテロ未遂事件で、昨日かわざわざ音声だけで「オサラビン・ラディンらしい」声明が出たと報道されたが、そもそもビン・ラディンは、以前はアメリカの手下だったのだ。それにアフガニスタンでブッシィ時代彼を捕まえるといいながら、まったくつかまらない。

 9.11事件では、アメリカによって仕組まれたものという意見もかなり有力に世界にある。

 今テロ対策といえばお題目のように通る現実があり、空港の検閲、自衛隊の兵器の増強など大きな抗議もなく進んでいる。

 実際イラクでもアフガニスタンでも自爆攻撃などが耐えないのは、アメリカなどの外国軍隊がその国の人々に弾圧を加えたり、不当に命をうばったりしているからではないのか、といいたい。抵抗運動もすべてテロという色でわけられてはいないか。

 結局何事も戦争では解決できないし、むしろ戦争をすることで儲けることを狙っている人々をのさばらせてないことだ。

 これだけエコが叫ばれ、地球環境を守っていくことが急務になっているのに、最大の悪弊である兵器などは、いつか世界から廃棄するべきだ。

 ということで、普天間基地は無条件で出て行ってもらうしかないと思う。日本が移設地を心配する必要があるのか。大体日米合意より何より、あの基地はアメリカが国際法を無視して日本人を追い出して、作った基地だと聞く。年間がまんできないくらい海兵隊による事件が日常化しているらしい。

 ジョン・レノンのイマジンノの世界をぼくは支持する。世界の人たちがみんな国境もなく、握手する日がいつか来ることを。  

« OM九条の会で舞鶴軍事施設見学バスツアー参加 | トップページ | ひさしぶりだよ 自転車通勤 朝気温5℃ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OM九条の会で舞鶴軍事施設見学バスツアー参加 | トップページ | ひさしぶりだよ 自転車通勤 朝気温5℃ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30