フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 週末の朝の雨は耐えられる | トップページ | 日本酒の酒蔵見学の1日 »

2010年4月 3日 (土)

六甲ヒルクライム挑戦! かなり苦しかった

008  予告どおり今日はとりあえず六甲方面に足を伸ばすことにした。

 ルートは少し違う行き方をした。

 家から武庫川に出て、西宮側サイクリングロードを北に進み、仁川ぞいに水道橋まで行き、そこから激坂をのぼり、甲山裾野道を進み、神呪寺前を通って、北山貯水地からジュウ林寺交差点を北へ。

 盤滝口信号を左折し、六甲をめざした。

 今回は何が何でもということではなく、弱気に行けるところまで行こうと思っていた。

 休憩なしで行くことをめざした。

 自転車は異例だが、なぜかランドナーで行った。というのはフロントギアがトリプルなので、結構楽に登れるかと思ったのだ。

 盤滝口からかなり進んだところまではなんとか休みだしで行けたが、途中からフロント最小、リア最大歯数にしても、足は前に出なくなった。

 それで燃料補給でバナナを食べるため休憩した。

 そこで結構年配そうなロードバイカーが抜いていった。

013_2  2分ほど休憩した後、先を進んだが、ちょっとランドナーで来たのを後悔してきた。

 そのあとも最軽数のギアでも重い。

 6回ぐらい走っては休憩し、芦有道路、宝殿ドライブインからは、なんとか休まず、走り続け、なんとか鳥居茶屋跡の鳥居が見えてきた。

 「よし、ゴール近し!!」と元気が出た。

 途中何回もUターンして帰ろうと思ったが、なんとか最高峰まで来ることができた。

 016 家を9時15分に出発して、一軒茶屋には、11時30分に着いた。

 ジュウ林寺交差点からは1時間半はかかっているだろう。

 一軒茶屋で月見うどんをたべた(480円)。

 茶屋を出たあとトイレを利用したが、ロードバイクで反対から登ってきていた男性としばらく話を交わした。彼もランドナーを持っているらしい。

 それから別れて午後12時ごろ一軒茶屋を出発。来た道を戻ることにした。

 結構寒い。

 しかし下りは得意の分野だ。ただ下ってみてわかるが斜度はだいぶある。ブレーキレバーを握る手が痛い。

 017 帰りの経路は何か所かあるが、元来た道をそのまま帰るのがもっとも安全と考え、その方向で走った。

 それでまた甲山裾野を走り、途中古墳のある丘で休憩。しだれ桜がきれいだ。

018

 021

 あとはここの住宅街の激坂を下り、仁川ぞいにほとんど下り坂を走る。

 家には午後1時10分に着いた。

 今回当面の目標の六甲山頂付近までのヒルクライムは実行したが、課題も残した。

 今度はビアンキで行こう。

 ただ通勤とは違う操縦性を体験できるのが、おもしろい。

 ただ通勤での走行で毎日走っていると疲れも残っているのだろうか。

 今年はせめて毎月登ってみたい。 

« 週末の朝の雨は耐えられる | トップページ | 日本酒の酒蔵見学の1日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末の朝の雨は耐えられる | トップページ | 日本酒の酒蔵見学の1日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30