フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 中国街道尼崎後半を歩く | トップページ | 軽いペダリングで8時39分職場に »

2010年6月 7日 (月)

月曜日は力を抜いて走りたかったが

001  昨日までは、連続通勤6日で昨日もウオーキングと軽いサイクリングをしたあとなので、足を使いっぱなしだ。

 今日は朝の通勤は力を入れず走ることを自分に課した。

 ところが、2号線に合流し、前を見たとき、水色のメッセンジャーバッグをもった自転車乗りの人が前にいる。

 あれはサッシーだ!

 とりあえず追いつこうとペダルに力を入れる。

杭瀬あたりでなんとか信号待ちで追いついた。

 そのあとは、今日決意したユックリズムは早くも崩れ、彼にできるならついていこうと、時速38kmペースの彼についていった。

 途中左折車によって徐行せざるを得なかったが、またなんとか残っている力で追いついた。

 淀川大橋登りは、33kmペース。

 なんとかついていって、途中ペースを落としたので、後ろにつくばかりでは申し訳ないと、先頭交代を申し出たが、淀川大橋を下って、前を走るが、次の海老江交差点は、すでに赤信号。あまり力にならなかった。

 一度通勤仲間4人で、遠出したとき先行交代サイクリングしてみたい。

 野田阪神にさしかかって、お互いの無事と次の出会いを期待して別れた。

 今日は当初のゆっくり走行は吹っ飛んでしまったが、結果的になんとか彼についていけたので、気持は充実している。

 あとは惰性で職場についた。8時42分だった。

 職場についてダメージはある。ただ脈拍は回復力が早いのが自分でも不思議だった。

 仕事は、重要な課題、面談などもない。それで講演のテープおこしの校正で時間を使った。

 湯浅誠さんの日本の貧困状況についての話は毅然として、また資料に基づいて説得力がある。日本はヨーロッパに比べ、文化、価値観、生き方、コミュイティーの認識など数段遅れていると再認識する。

 まじめな国民性が総うつ病化するかもしれないほど、生き方の余裕がない人が多い。

 それは何回も書いている信号まちでの対応を見るとよくわかる。貧困認識も目に見える貧しさしかそう思わない。ヨーロッパではもっと高い生活レベルをもてないと「相対的貧困」という。

 そんな問題を今日は復習した。湯浅さんはさすがに考え方に共感できる。

 そんなこんなで夕方になり、5時半過ぎ職場を出た。

 004

今日はバネシトウェアで走っているが、今や過去のチームウェアだが、ツールド・フランスで5連覇したインデユラインのいたチームウェアだ。

 月曜日にはよく似合うと自分で勝手に思っている。

 帰りもゆっくり走ることを自分に課したが、なぜか足が動いてしまう。

 まあいいか。

 自然にまかせて走るしかない。

 005

 尼崎、立花についてナンバサイクル前を通り、挨拶して帰ろうと思ったが、表にいなかったので、そこを右折して家に直行した。

 その前にコープのリカーショップでエビス熟成季節限定ビール4本を買った。

 夕食で妻とひたりでその味を味わう。

 やっぱり発泡酒より麦芽入りビールが自分には最低の条件だ。

« 中国街道尼崎後半を歩く | トップページ | 軽いペダリングで8時39分職場に »

コメント

帰りはボクがサッシーとバトルでした(笑)

それはそれはおめでとう!

いい感じに撮れてますね!

ナンバシイクルジュニアさん
コメントありがとう。
迷惑コメントチェック中、コメント入っているのを見つめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国街道尼崎後半を歩く | トップページ | 軽いペダリングで8時39分職場に »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30