フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月30日 (金)

危機一髪の帰りの信号

001  昨日までの雨も近畿では明け、今日は蒸し暑い。

 もちろん自転車は、ロード・ビアンキ。ランドナーもいいが、ビアンキがやはり体に合体してきた。

 しかし出発は、少なくとも5分は遅れたので、職場に着いたのも8時50分だった。

 今日の仕事は、ほとんど明日からの2日間の学習会の準備で追われた。

 しかし昼休憩時間で食事のため外に出たときは暑かった。

 今日夜は4回目のエントリーのパソコンセミナーの日だ。

 5時半になって、梅田に向けて自転車を走らせる。

 何回通っても四ツ橋筋を走るのは怖い。前からは逆走自転車の嵐、後ろからは3列の自動車の群れ。とにかく怖い。

 この前回と同じように自転車を阪神百貨店前の有料駐輪場に置いて、阪急ターミナルビルまで歩く。

 セミナーでは、右も左もほとんど女性。自分の課題に集中したが、今日は予習していったので、理解しやすかった。

002  帰りは大阪駅を横切って駐輪場に戻る。

 ハービスオオサカ地域を通り抜け、福島から海老江に向かう。

 足はよく回る。

 尼崎に入って杭瀬で加速しながら信号をクリアしようとする時、いきなり左から横断歩道に入ってくる自転車一台。

 おもわずその自転車にニアミスしかけたが、、頭は冷静でその瞬間「ああ、ぶつかるのかな?保険入っていないけどな。覚悟するかな」と本当に考えた。 

 しかし間一髪、大きく右に弧を描いて回避できた。

 「ばかやろう。赤信号やろ」と回避した瞬間叫んでいた。

 ただ歩道の信号を見るとその段階では青になっていたから、こちらも見落としか。

 まあ、接触しないでよかった。

 ただ、青になる前に渡ってくる自転車は多いので、気をつけているが、最悪のタイミングだった。

 夜は人も車も少ないが、無謀運転が逆に多いので気をつけないといけない。

2010年7月29日 (木)

ひさびさの雨にうたれて

001  天気予報では近畿地方は雨だと言っていたが、みごとに当たった。

 昨日からひさびさの雨だ。これで地面は自然の力で少し冷やされた。

 打ち水の比ではない。

 実際今日の2号線の温度は25度だった。

 歌島橋交差点はクリアして次の信号で停止していると、なんとサッシーがやってきた。

 彼はいつものようにレインウェアなど着ていない。

 002

 自転車は、シングルギアタイプだ。きわめてシンプルな自転車だ。

 今日は僕はランドナーで彼にスピードを合わせるスキルはないが、僕が先導して、淀川大橋を渡り、海老江交差点を過ぎた。

 野田阪神ではいつものようにお互いの安全を祈って「気つけて」と言葉を交わして別れた。

 大粒の雨の日は、前のつばのおおきいブリジストン帽子が役に立つ。

 それにしても職場には8時45分に着いてしまった。

 仕事は、あさっての一泊での学習会の準備で忙殺される。午後は昨日の会議の報告でパソコン三昧だった。

 帰りの時間は雨は止んでいたが、空はどんよりしていた。

003  レインウェアは着ず、イエロージャージで帰る。

 尼崎に入って市バスと競争になった。競争と言ってもスピードは勝てるわけがないが、停留所にとまるたびにこちらが追い抜く。

 それからまた抜かれる。

 しかし南警察西出張所まえで2段階右折するため停止しているときは、すでに2台のバスを抜いていた。

 ランドナーもそれなりにスピードを出せるようになってきたかもしれない。

 家についてしばらくすると外は大雨になっていた。

 

2010年7月28日 (水)

あまりも幸運だった信号のタイミング

001  休養ばっちり、朝出る前に、忘れていたゴミ袋を見つけ、ちょっと家を出るタイミングが遅くなった。

 庭のまわりの木々にセミの脱皮跡が例年に比べ多い。

 家を出て、最初の山手幹線信号はタイミングよくすぐ青に。

 七松線に移動して、JR踏切はやや停止。しかしすぐ踏切のポールが上がった。

 2号線に合流する信号もすぐ青に。

 やや曇りの道は、この前に比べて直射日光がなく疲れは少ない。ただ湿気が多いような気がする。

 クロスバイク仕様の通勤者が何人か見たが、こちらが、追い抜くばかりだった。

 海老江交差点、野田阪神交差点は停止することなく順調に進む。

 「よしここからはハンドルの下段を握って、加速するぞ!」と遊び心で走る。

 そのうち進行方向に見覚えのあるツーキニストが見えた。

 「ゆっちだ!」

 彼女は、片足ペダリングで走っている。こちらは37km/hぐらいで走っていて、減速するわけにもいかず、手をあげて彼女にすれつがいざまに「おはよう!」と言ったまま過ぎ去ってしまった。

 今日会ったのは瞬間だった。

 しかしよく練習している。 

 そのあともぼくも理想のペダリングめざして、踏み込まず、クランクを回す。

 理論的には、右足踏み込み、後ろから踏み上げの繰り返しで、右踏み込みのときに、左踏み上げと、それを一定の同じ回転速度で回す。

 足先はいろいろな踏みかたがあるが、最近は足先を落として踏み込む。こまかい部分で言えば、足指の中で小指は靴の中で、開きぎみにしている。

 ただ足だけで漕いでいるというより、腰、腕の支えが微妙に関係しているように思う。

 手の持ち方も微妙だ。渋滞の中を走るときは、指三本でブレーキレバー上段を持つが、上り坂、加速時は指2本でレバーを持つ。

 ちょっと走行技術に話が移ってしまったが、とにかく今日は信号にひっかからず、職場には8時40分ごろ着いていた。

 仕事は午後から会議なので、午前中その会議と、明日の会議のテレコで準備。ちょっと焦った。

 002 帰りは、今日ノー残業デーで5時過ぎには帰る準備。

 まあ、今日の仕事を終えたという満足感で走る。

 向かい風の中を姿勢を倒して、無理はせずペダルを回す。

 行きも帰りも快調だ。

 尼崎に入り、JR立花バイパス前で信号待ちしたが、水浴び用ボトルの中の水をほかす。

 ちょっとかっこつけて、車体を軽くした感じで、坂を登る。

 ときどきパラパラと雨が空から落ち始めた。

 バイパスを下って、コープ立花に立ち寄る。

 今日のメニューは決めていた。昨日テレビで案内していたミ二トマトと鶏胸肉を混ぜたゴーヤチャンプル。

 まよわず食材を買った。004

 店の前に置いたオレンジのハンドルバーが目立っている。

 ちょっと満足。

2010年7月27日 (火)

尼子騒兵衛の家発見!

006  今日は休みを取った。

  昨日朝の通勤と会議への移動でかなりバテていたので、ちょうどよかったような気がする。

 それで朝は、イタリアから帰ってきた3男に尼崎築地の温泉、戎湯を体験させようと一緒に車で行った。

 マイカー・日産プレーリーは、すでに年式が23年を超えている。エアコンは今日のような異常な暑さになると、エアコンが限界を超えて効かなくなる。

 それもいいもののようでなかなかおもしろい。

 道路はいたるところで工事が多く、渋滞しきりだ。

 それでも30分ぐらいで風呂に着いた。10時の開始時間に入っていた人が多いようで、脱衣場に人が多い。

 しかし浴場は2,3人だった。

 地方の温泉に来たような錯覚を感じる。

 004

 風呂から上がって、番台の奥さんに、思い切ってこの近所とわかっていた漫画家、尼子騒兵衛の家が近くにあるかどうか聞いてみた。

 やはり地元の情報ほどたしかなものはない。

「ええ、この先の保育所のとなりにありますよ」と教えてくれた。

 案外近いところにその家があった。ただその漫画家名の表札は確認できないので、100%の確証はないが、どうもこの家しか考えられない。

 ちょっと子供っぽく納得した。

 007

 ところでこの築地という土地は江戸時代に廓があった場所と記憶している。ちょうど尼崎城(現在は中央図書館)からまっすぐ南の埋め立て地になっている。

 それが阪神大震災のとき災いし、地域は液状化にあっって、大変だった。

 今は住居、店すべてそれ以後建てられたものばかりだ。

 満足して、家に向かう。さっき書いたように、帰りの暑さでエアコンは稼働しない。

 窓を開けると、涼しい気分になった。

 家では、今日はずっと中にいるので、熱中症対策を意識する。

 それで朝8時前に、前の道路に水を撒き、庭の木々に思いっきり水を撒き、家の中はエアコン設備がないので、すべての開口部は開け放ち、こないだ工事した玄関と台所勝手口の網戸が役に立っている。 

 午後は、しばらく読書。すぐ眠気が来るかと思ったが、読んでいる青柳いじみこ著「ピアニストが見たピアニスト」が面白い。

 今紹介されているピアニストは女性でアルゲリッチ。まったく知らなかったが、多くのコンテストに優勝していて、それも課題曲を数日前に初めてみて、演奏してしまうという超人。

 それでも異常なぐらい演奏前のプレッシャーがあって、キャンセルも数多くあるという。

 4時になり、やはり昼寝時間に入った。

 そのあと目が覚めて、夕食のメニューを考えるのが、何故か今日は億劫になる。

 しかし作らざるを得ない。

 それで、昼に開封してしまったつけ麺をまた準備し、ゴーヤと冷凍豚肉が冷蔵庫にあるのを思い出し、ゴーヤチャンプルを作ることにした。

 ただ、是非ほしい豆腐だけがない。今日は近くのオウジスーパが休みなので、JR立花近くのコープ立花までそれだけを買いに行った。

 まあ、それも気分転換だし、よしとしよう。

 買い物を済まして、夕方また道路に水を撒いた。はたして温度は下がるのか?

 まあ、しかし今日を振り返ってみるとそんなに異常な暑さの不快感はない。

 夏もまたよしか!

2010年7月26日 (月)

今日の40km走行は辛かった

100726  今日は高いモチベーションで家を出た。中2日の休養は十分だ。

 それに、昨日ハンドルテープを新しいオレンジ色デローサに変えたこともある。

 それに、昨日ツール・ド・フランスが終わったが、そのレースを十分映像で観戦して頭にこびりつういていることもある。 

 ただいつも必ず携帯しているッデジカメを持つのを忘れてしまった。

 そんなときにかぎって、ひさびさにイケッチに遭遇した。たしか左門橋南詰だったと思う。

 さきを走ったが、次の歌島橋交差点はクリアはまず無理なタイミングになってしまった。

 ここでは待機したくなかった。というのは炎天下の影なしの空間だ。

 次の交差点まではイケッチの先導で走る。彼をこの暑さの中、先週は6日か、走りつづけたらしい。 

 その後は無理はしたくなかったが、淀川大橋は30km/h以上で並走する。そのまま野田阪神まで走ったが、残念ながらここでも停止になった。

 水浴び水筒を首と腕にかける。「よし」

 それから彼が先頭ばかりでは悪いので、加速して先頭交代した。ここで40km/hは出ていたが「そんなに疲れはないな?」と感じつつ先を走る。

 船津橋北詰で停止し、また先頭交代し、さきを急ぐ。

 本町通りで声をかけあい別れる。

 あとはマイペースで走ったが、職場について、濡れタオルで体を拭いても汗はどんどんあふれ出てくる。 

 やはりちょっと今日は堪えた。

 仕事では、午前中デスクワーク、午後は京橋での会議参加。

100726_2  帰りは、まず長堀のM銀行ATMで住宅ローンの入金をし、四ツ橋筋を北に進み、本町通りで左折し、中央市場を通り、野田阪神に出て、いつもの道から帰る。 

 途中結構自信ありげな女性クロスバイカーに遭遇。しかしヘルメットはかぶっていない。

 信号を無視するのもいただけない。 

 走るのがほんとにすきになったなら、靴もそれなりに、またヘルメットはかぶって、信号は守って走ってほしい。

 帰りは向かい風だったが、それなりに走れる。最近ペダリングの感覚をつかんできたように思う。

 今日も寄り道したコープたちばなで、顔見知りになったお母さんレジウーマンと顔を合わせた。

 今日は夕食は妻が休みで家にいた。これならいいのになあ!と思っていた鰻丼を作ってくれていた。

 風呂に直行したが、のどの渇きは尋常ではない。

 風呂あがりにラガービールを飲む。これがあるから自転車通勤はやめられないのだ。

2010年7月25日 (日)

暑さ対策全開

001  今日も暑くなりそうだ。朝は、風呂の残り湯を、10杯分、家の前の道路に撒いた。これで多少温度は下がるのだろうか。

 思いたって、妻は乗り気でなかたが、仕事に行っているので、玄関の網戸を工事する目的で、ロイヤルホームセンター車(プレーリー)で出かけた。

 ただエアコンはつけない。

 数日前に台所勝手口の改造に成功したが、その材料を展示していたところに直行した。

 今日はなぜか、その場所に客多い。この暑さで考えることは案外同じなんだなと思う。ただ若い奥さんが店員に問い合わせていた。 

 ぼくも玄関では、幅120cmあって、適応する長さがない。しばらく考えて、あきらめるつもりだったが、よくパンフを調べると、ドアと横のポスト壁間につけられる「突っ張支柱」という優れものが別売されていることがわかった。

 しかも製造はすべて「川口技研」と書いてある。店員にも聞いてみた。

 最初あきらめていたが、「んん!これ!」と思って、レジに移動する。

 ただ両方で3万円を超えた。ちょっと驚く。

 ついでに朝NHK趣味の園芸でみたブルーベリーの助言で、2種類幹がないと実がならないということで、今家に鉢植しているブルーベリーにその心当たりあり、一株買って帰った。

 004 移動の車は決してエアコンをつけなかったので、家に帰ると、涼しく感じた。

 さっそく11時から作業にかかる。

 突っ張り支柱、網戸など、やはり家のサイズに合わせ、金ノコで切断する作業が結構手間がかかった。

 汗はだくだくだ。

 昼ごはんは10分で済まして、終わったのは午後2時40分ぐらいだったか。

 なかば放心状態だったが、残ったゴミを片付けて、すぐ風呂でシャワーを浴びる。

 アイスキャンデーをしゃぶりながら、本を読む。一番暑い時間だった。

 ひろしきり読書して4時半ごろから昼寝にする。

 5時に目を覚まし、買ってきたブルーベリーを植えかえ、今家にあるブルーベリーの鉢と並べた。

005  そのあとイキオイでマイビアンキのハンドルバーの張り替えをした。

 これは案外簡単だ。

 こんどはオランダの色、オレンジにした。

 これで明日の通勤が楽しみだ。

 ところで、昨日のツールもレースが終わるまで見ていた。

 シュレックはかなり気合を入れて迫ったが、コンタドールの精神力というか、後半の走りはがまんの走りだった。

 レース後涙を流していた。

 それにしても完走するすべての選手に敬意を表する。

 こんな過酷で、洗練されたスポーツが他にあるだろうか。昨日の覇者、カンチェラーラの記者会見はサプライズだった。

 最初フランス語、そのあと英語、そしてイタリア後、ドイツ後とそれぞれに記者の質問にその言語で対応していたのだ。

 やはりただ走っているだけではない。語学力も相当だ。

 ちょっとびっくりした。

 

2010年7月24日 (土)

カレー作りに勤しむ

002 昨日は、帰るのが遅くなったが、ブロクも更新し、ツールも最後まで見た。

 最後のゴール争いはダントツのスピードで頭一つ飛び出した選手?がゴールを決めた。

 そしてコンタドールとシュレックの総合タイム差は8秒だという。

 今日のタイムトライヤルが決定的になるらしい。

 それで寝たのは1時手前だった。

 今日は、昨日までの3日連続の夜を用事を終えて、何も目的はない。しいて言えば、この猛暑の1日をいかにやり過ごすかだろう。

 ただ畳んでいない洗濯物が山積みになっていて、それを済ますのが、アイロンかけも入れて、午前11時までかかってしまった。

 それですぐ思いたって、スーパー銭湯「やまとの湯」に行った。移動中も暑い。

 しかし温泉は気持ちいい。施設のとなりは芦原市民プールがあるが、たくさん自転車が止まっていた。

 温泉をあがって、ついでに阪急「塚口」駅近くの熱帯魚屋に行った。ちょっと遠回りで、汗がしたたり落ちる。

 水草をたくさん買った。

 家に帰って、そばをすする。

 腰が重くなったが、すぐ熱帯魚の水槽の水替えをし、器具の掃除し、最後に水草を植えた。 

 これだけでも涼しい感じになる。

 後、読書を試みるが、あっという間に眠気が襲い、4時まで昼寝した。この時間は動かないことが懸命だと思った。

 目が覚めて、それから読書し、5時には買い物に行く。

 005 今日はやる気満々でカレー作りにとりかかる。

 ごはんを炊き、風呂を掃除し、玉ねぎ、人参、じゃがいも、トマト、なすび、リンゴなど細かく切り、圧力釜で料理に入る。

007 いっしょに買い物でさざえを4匹買ったので、本来は七輪で焼きたいところだが、ガスレンジでなんとか焼いた。

 こんな暑い季節は、食欲がわいて、栄養もいっぱいあるものがいいだろう。

 その点カレーライスはいい。

 夜はこれからツールのタイムトライヤル観戦に集中する。

やっと週末 夜は宴会に

001  予定どおり今日は電車でいった。

 しかし今日も記録的な暑さを覚悟しないといけない。

 午前中は秋のイベントの広告のタイトな掲載の連絡の駆け引きというか、タイムリミットの中での掲載になった。

 また31日からの一泊学習会の準備、資料の参加役員への郵送の準備、講師との打ち合わせなど

ひんぱんに作業がある。

しかしこの暑さ、実際精神的にへばっている。

 夕方になり、6時までの電話当番を終えて、今日予定の懇親会場にむかう。

 しかし宗門衛町界隈は人が多い。

 目的の沖縄料理の居酒屋をさがしあてる。

 もうすでに宴会は始まっているが、遅れて参加し、2回目の乾杯を生ビールでした。

 8時からは沖縄音楽のライブ。

 012 どういうわけか、曲をリクエストしたばっかりに、前に座って一緒に「花」を歌うことになってしまった。

まあ一応アマだが、プライドを持っている。

 酒の勢いではあるが、それなりに歌った。

 知らない客からも拍手を受けて、そんなつもりはなかったが、ちょっと気持ちはよかった。

 ただ沖縄というと見過ごせない気持ちになる。

 できれば花を沖縄普天間基地の前で歌ってみたい。

 013

 夏川りみと一緒に。

2010年7月22日 (木)

サッシーになんとかついていった!

001  本当は電車通勤を考えていたが、今日走らないと、本当は今週は1日しか自転車に乗らなくなる。

 まあ、今日はパソコンNセンターに行く日だが、まあオルエーテーリングなので、話を聞くだけだろうと自転車で通勤することにした。

 すると2号線をまがったところで、またサッシーに出会うことができた。

 まあ今日は今週2日目の走行だし、会話をしたいので、なんとか彼についていく。運よく風向きは追い風だ。

 「今日はちょっとゆっくり走ってんのんちがう」と聞くと「いえ、大将が調子いいんでしょう」と言われた。

 ぼくの方は会話をしたりないので、なんと付いて行ってるだけだ。

 しかし彼は、通勤後が自転車の仕事なので、この炎天下恐れ入る。

 気心の合う仲間と並走するのは楽しいものだ。 

 仕事はちょうど職員の全体の会議なので、プレッシャーをもったままの通勤なのだが、そんなことは通勤時忘れてしまう。 

 職場には8時44分到着だ。

 午後からは会議を無事終え、夜はNセンターのオリエーテーリングに行く。

 現地は梅田なので、四ツ橋筋を北へ進む。この道を走るのは緊張する。

 こともあろうに、この道を逆走してくる自転車が多い。日本の自転車マナーはまだまだ先か。

 阪神百貨店前の有料駐輪場にビアンキを預ける。

 大阪駅東横断歩道の喧騒の中を阪急ターミナルビルに向かう。

 オリエーテーリングでは、転職志向の受講者、就活にむけて資格をスキルにするため受講している人、音楽事務所で働いている人など様々の自己紹介があった。

 ぼくは当然趣味が自転車でブログを立つあげていることを紹介した。

 終わったのは午後8時40分ごろ。

 駐輪場まで歩いて移動し、料金機械に出場の入力をすると、なんと100円で済んだ。

 帰りの走行は、車がだいぶ減って、気兼ねなく走れる。

 やっぱり自転車は気楽だ。

2010年7月21日 (水)

今週自転車通勤がやばい!

Photo_0720  今週は、パソコンセミナー関連の日が今日と明日続き、あさっても飲む会で自転車に乗れない。

 なにせパソコンセミナーは梅田阪急ターミナルビル。へんなところにわがビアンキは止められないのだ。

 ただちょっと遠いが阪神百貨店前に有料駐輪場があるので、明日は無理してそこに止めることで、自転車通勤しようと思う。

 さてツールは毎日CSのJスポーツでライブを見ているが、さすがにゴールまで見ると毎日午前1時になる。

 それで12時まえには時間切れにし、寝ることにしている。おとといの15ステージはコンタドールにピッタリシュルクがついていたが、あとコンタドールが引き離したらしい。

 どちらかというとコンタドールを応援したくなる。新しいスターだろう。

201016 昨日16ステージは山岳コースだが、アームストロングがアタックをかけたのが印象的だ。いくらなんでも絶頂期の精細はないが、それでもがんばる姿はすばらしい。

 しかし顔はちょっと怖くなってきた。

 それにしても世界的に北半球はどこの国も猛暑だというが

ツールを走る選手たちは、3週間以上、ほとんど毎日長距離で、しかの最近は山岳コースを走り続けるのだから、超人たちだ。

 日本では普通の人が熱中症で倒れているのに、ツールの選手が熱中症で倒れたというニュースは聞いたことがない。それだけみんな体調管理もプロなんだなと思う。

 先日は日本で、兵庫県温泉町での自転車レースでは熱中症で一人死んでいる。

 さて僕は今日は電車で行ったわけだが、こんな日に限って、朝出る前のニュースでJR吹田駅で人身事故があり、大阪ー京都が大幅に遅れている言っていた。

 それで少し早く家を出たわけだが、東西線もあおりを受けて30分ほど遅れていた。

 職場には9時すれすれに着いた。電車でのゆっくりもしていられない。

 せちがない世の中だ。

 夜は、パソコンセミナーに行く。いつも金曜日に行っていたので、サポートの講師がちがう人で質問しにくかったが、一度だけ聞いてみた。しかし神経を使った。90分はあっという間だった。

 家に帰っても今日はツールが休養日でレースがなかった。

2010年7月20日 (火)

週明け、本格的夏がやってきた!

001  連休が開け、本格的夏がやってきた。先週の曇り空がうそのようだ。 

 こういうメリハリのある季節の変化は気持がいい。おもいっきり澄み切った海でシュノーケリングしたい衝動に駆られる。

 ただ今日はさすがにボトルケースをもう1つ取りつけて、飲むためでない水を入れたボトルを刺した。

 2号線に合流する通りで、今日もサッシーを発見。信号が代わって左折すると次の信号で停止していた。

 「おはよう」と元気に声をかける。今日は彼はシングルギアーではなく、ロードバイクを使っていた。

 「今日はついていけへんで」

 「調子悪いんですか」

と返されるが、わかってくれ。無理すると後から疲れるのだ。

 今日はさすがに彼は早い。しかしこの暑さ、マイペースで走ったほうが疲れがない。

 だいぶ離されて、今年初めてボトルの水を腕と首にかけてみた。

 信号が代わり走りだすと、これ以上ない気持よさ。

 「気持いい~~~!」

 と恍惚の気分になる。

 この暑さのメリハリがいい。

 それほど疲れることもなく、職場には8時45分到着した。

 仕事はまだ週明けのため、モチベーションが上がらない。ただ重要な展示会での出演依頼の件できわどいやり取りのした。

 今日は帰りに半年に1回の歯の定期検診にいく。歯科医院に5時半。場所は中央区で、四ツ橋筋を北へ進む。しかしかなりタイトな時間割だ。

 5時25分に医院に着いた。今日は少なかったが、北向き一方通行路を逆行してくる自転車がかならずいる。

「お前らなに考えてんね」と言いたい。

 それにしての自転車での交通ルールを守ることはまだまだ遅れている。というか、知らない人との出会いでは、何をしてもいいのか。社会性という意味で見識のない人が多い。

 002 健診を終えて、また四ツ橋筋を北に進む。

 大阪の中心部だが、自転車は、はっきりいって危険だ。

 2号線との合流手で、間違えてまっすぐ北に進んでしまった。それでJR大阪駅をくぐり、駅北側を左折する。

 途中見た中央郵便局は、いよいよ解体前を言った感じでもう使用されていない。

 淀川大橋手前で結構スピードを出すロードマンに出会う。しかし歌島手前で右折するため、信号で止まっていた。

 そのあとかなり蟹またでペダルを漕ぐローダーがいたが、何回を追い抜いて、また信号無視で抜かれて、そのうち見えなくなった。

 まあ、今日も結構自転車通勤者はいた。

 明日はパソコンセミナーのため、電車で通勤する。

2010年7月19日 (月)

連休2日はありがたい!

014_2  連休2日目。昨日はとことんツールド・フランスを見る。

 フランス選手が32歳だったか、優勝にむけて頑張った。

 コンタドールとシュルツはほとんど同時にゴールした。

 そんなこんなで朝はなんと8時20分まで目が覚めなかった。

 今日は特にスケジュールは決まっていない。

 とりあえず、髪を染めることと、昨日突然たおれて二つに割れた扇風機を新しく買う必要がある。それに春から懸案のびわの木の網を取り除くことなど、考えるとノルマはある。

 とりあえず朝はパジャマのままで洗面所で髪を染めた。

 そしてそのまま時間を開けて、風呂でシャンプーとシャワーを浴びたが、これは気持ちいい。 

 その状態ですぐ、電化製品量販店コジマに歩いてむかう。

 もちろん目的は扇風機だが、ついでに今パソコンセミナーで学んでいるパワーポイントのソフトを買おうと思って探したが、今や2010年度版が販売されていて、しかも取り寄せになるということで注文は止めた。

 扇風機売り場に行く前に、キーボードコーナーで電気ピアノを触ってみた。ちょっと遊んでいた。

 それから扇風機を見てまわったが、1000円台から17000円までピンキリだ。

 結局メーカー名にウエイトを置いて、サンヨーの目がとまった商品に込めた。エコポイントもあるのか、定価は6000円台だったが、実際は3980円だった。

 家に帰ると昼まえ。妻の提案で昼食は外食することにした。

 阪急武庫之荘駅近くを探す。小奇麗だが、やたらイタリアレストランが多いのが、ちょっと安っぽく感じる、なぜドイツレストラン、インドレストランがないのか、不満はあるが、イタリアレストランに入った。

 料金はどこも1000円前後のランチセット料金だった。

 妻と3男と3人、パスタのランチを食べる。それにしてもその店は、ちょっと見栄を張ったようなオシャレした客が多い。

 まさに武庫之荘は格差社会の縮図か?と思ってしまった。だって南の築地では、銭湯に刺青のおじさんが堂々と利用しているし、出屋敷では体を売る女性が公然と商売をしている。

 ちょっと面白い地域だ。

 食事の後、駅前に最近できたTUTAYA(レンタルCD屋) にはいって見た。というのはウークマンにレンタルCDを入れ込むことを考えていて、それを実行したかったのだ。

 探していたのは、アメリカのキャロル・キングのものだ。しかしない!

 それで忌野清志郎のものを4庫とジャズギターの神様、ジムホールのものを1つ借りた。

 これで1000円だから割り安だ。

018  家に帰ってさっそくウークマンに挿入した。その間本を読む。その間妻は同じリビングでダウンして昼寝の最中だ。

 5本全部だから1時間かかったがその間本を読めたので、一石二鳥だ。

 リヒテルのことを詳しく書かれているが、天才的ピアニストもかなり努力しながら演奏活動いしていることが分かる。

 ほどなくCDのすべての入力を終了し、妻も目が覚める

 「今日の夕食は作るで」と善意に口走ってしまい、すぐ炊飯の準備にかかる。

 ただ、それが終わって5時半ごろだったが、課題の一つ、路地のびわの木の網を外すことを実行した。

019  およそ30分。3本のびわの木にかぶせていた網をすべて取った。

 それにしても夕方だというのに暑い。

 まあしかし懸案だった一つだから、やり終えた満足感がある。

そのあと夕食準備の作業だが、ウークマンのスピーカーで忌野清志郎を聞きながら作業にかかる。

 妻と相談し、夕食場所をちょっとリビングから移動して、ベランダに移すことにした。

020_2 今日はたまたま4人がいたので、ひさしぶりの家族4人団らんとなった。

 庭でのビールと夕食は一味ちがう。

 幸せの時間かもしれない。

 8月のお盆休みはこのメンバーとシンガポールの娘を加えて、バリ島に旅行する。

 いよいよ夏本番だ。

2010年7月18日 (日)

連休初日慌てず、日曜大工に励む

001_2  やっとやってきた日曜日、それも月曜日まで含めた連休だ。

 朝は実にここちよく目覚めたが、まだ6時まえだった。

 昨日パンを作るのを忘れていて、一番近いコンビニに買いに行った。

 朝食はゆっくり時間を使う。 

 それにしても今年はみごとに季節の変わりがやってきた。

 一昨日までのじめじめした空気はどこにいったのだろう。

 朝おもいついて、あまりの日差しを避けるため、ベランダのひさしすべてにスダレをつけた。

 そんなこんなで、今日とくにやっておこないといけない目的もないので、長い間の懸案だった台所の勝手口の網戸を取り替えるため、ホームセンアーに出かけることを思いついた。

 妻を無理やり誘う。

 買うに荷物の大きさを考えて、マイカー・プレーリーで出掛けた。

 自分も車に乗っているわけだが、日曜日の朝の山幹線は実際車が多い。

 ロイヤルホームセンターは家から10分ほど。 目当ての網戸のところでスタッフの女性に問い合わせてみた。

 笑顔で「ええ、自分で金ノコを切って設置できますよ」と言われ、「んん、やっぱり」と安心して、商品を買う。

 家に帰って、あまりの暑さで疲れもあって、昼食をとり、西村京太郎のドラマを見て、午後3時から改造にかかる。

 今つけている網戸をはずし、取り扱い説明書にしたがって慎重に取り付けていく。

 ただホームセンターでは誰でも付けれるような軽い返事だったが、アルミ金具の切断はかなり労力を使ったし、取りつけも理解するまで時間がかかった。

 ただ取り詰め作業を頼むと5000円取られるらしいので、止むを得ない。 

 3時間かかってなんとか取りつけ完了! 

 終わってみると満足感いっぱいだ。

 ことあるごとに台所に行って、その網戸を見て、満足する。なにせ15年ぐらいちょっと不満を持ちながら使っていたので、すっとした気持ちだ。ハンドメイド・リホームだ。

 一日はこれで終わった。

 風呂にはいって、夕食は銀河高原ビールで妻と乾杯し、後昨日飲んだフランスワイン・シックスマインドを飲む。妻の口が饒舌になり、仕事の話で盛り上がる。

 003 まあ休みは一つのことをまり終えたらいいだろう。

2010年7月17日 (土)

今日の土曜日は朝からの出勤、ピンクジャージで行く

100717  今日は土曜日だというのに、朝から出勤当番だった。

 それで、土曜日の朝を自転車で行くことにしたが、本当にすいている。

 週末の定番ジャージ、ピンクの上着で走る。これは確実に目立つ。

 それにしてもビアンキ(ロードバイク)で走るのはひさしぶりだ。

 今日は通勤ではないだろうが、ロードバイクで走る人をたくさん見た。

 ただ、ハンドルの持ち方でその人の経験年数が分かるようにな気がする。

 だいたい初心者の場合、前傾姿勢で長時間維持するのは、慣れていないのよくわかる。だからハンドルの曲がり角を持っている姿が見える。

 反対に熟練の場合は、ペダルの回し方も含め、様になっている。

 しかしぎこちない人の方が多いから、それだけ新しく普及していることがよくわかる。

 職場には8時50分についた。

 仕事は午前中、午後から会議資料のコピーで楽勝と思っていたが、ハプニングは突然起こった。 

 2台あるコピー機が両方おかしくなった。

 それで午前中目いっぱいコピー機と悪戦苦闘だった。

 まあ、会議まではなんとか間に合ってよかったが、昼休みはゆっくり取れなかった。

 ただ午後からの会議はことのほか発言も多く、活発に行われたので、まあよかった。

 会議は、比較的多く終わって、職場を出るのは5時を過ぎていたが、ちょっと楽しみにしてい帰りのスーパー銭湯利用は実行した。

 100717_2 2号線をひたすら走り、藻川ぞいを南下する。まもなく蓬莱湯に到着。

 すでに6時を過ぎていた。

 しかし400円と石鹸代

30円を払って脱衣場に。

 服を脱いで、浴槽に一目散。

 「ああ~、気持いい~」

 来てよかった。という感じだ。

 蓬莱湯を出て、藻側を北上し、家に向かう。

 

 夜は流れ星少年団の父母会がある。

 家に帰ると、家族全員食事中だった。それに加わり思わず銀河高原ビールを飲む。

 あまり時間がなかったが、そのあと会議上へ。

 001 9時過ぎには会議は終わったが、家に帰ってたまらず冷蔵庫に冷やしていたワインを飲む。銘柄はフランス産、シックスセンス。

 行事をやりあえたあとのワインは最高だ!

 緊張からりラックス。

 まさに今日がそうだった!

 

2010年7月16日 (金)

ツールも折り返し、梅雨もまもなく終了か?

Photo_0716_01 ツールも自分の予想どおりの展開を迎えている。

 アンディー・シュレクとコンタドールの一騎打ちになりつつある。

 これからの展開は目が離せない。ただバッソもちょっと応援しているので、がんばってほしい。 

 それにしても機材はどんどん進化しているのを見るのは楽しい。

 

 今日は金曜日で、夕方からパソコンセミナー2日目だ。

 それで通勤は電車にした。

 ひさしぶりの電車だったが、ずっと本に目を向けていて、人の顔はほとんど見なかった。

 仕事の用事で午後本町まで内装3段の職場の自転車で移動したが、ON ROADモードで車道を走ったのであっという間に目的地に着いた。

 ただ、完全な自転車専用道路を市内中に作ればどれだけいいかわかならいと思う。

 いまだに自動車が我が物顔で走っている。或る意味ちょっと遅れた都市だ。

 夕方はNセンターのある梅田に移動。1時間半ほどパソコンに集中した。

 帰りは8時ごろだったが、阪急梅田駅の下の紀伊国屋書店前では、ビールの立ち飲み場があった。

 ちょっと寄ってきたいところだが、やはり家に直行しようと誘惑にまけず、改札に向かう。

 阪急武庫之荘駅で降りると、かろうじて雨は降っていなかった。

2010年7月15日 (木)

ランドナーフル活動、やっぱり自転車通勤はいい!

003  朝は結構晴れ間も出ていた。しかし天気予報は、雨が上がるとは言っていないので、今日もランドナーが無難だと思った。

 しかしレインウェアを着ないほうが圧倒的に身軽だし、気持がいい。

 今日は2号線で、尼崎すべての交差点で警官が出ていた。

「御苦労さま」と言いたいところだがこころのなかで言った。

 それにしても自転車レーサーはまったく見当たらない。

 朝起きたとき体が絶好調と思ったが、走るだすときわめて足がだるい。淀川大橋の登りはちょっと疲れを感じるぐらいだ。 

 大阪に入って、追い風に変わったので、助かった。

 職場には8時48分ごろ着く。

 今日は会議を運営する仕事があるので、プレッシャーがある。

 昼休みは、喫茶キャビンで読書だが、今日からはじめて「ビアニストからみたピアニスト」を読む。これはなかなか面白い。作曲家の作品の違いによって、椅子の高さを変えたほうがいいという話があった。これは聞きづてならない。

 しかし正味20分ほどの読書時間なのであっと言うまに終了になってしまう。

 午後からは会議本番。役員のO先生は、今日来る前、新聞でもニュースで掲載されていた昨日の湾岸線の交通事故死の生後3カ月の子どもの検死をしてきたという。今までではじめて涙が出たと言っておられた。

 交通事故は日常茶飯事だが、まさに交通戦争という言葉は死んでいないはずだ。

 死がすぐそこにあるし、いつ自分が遭遇するわからないのだ。

 会議を終えて、その報告書をすぐ作り、欠席の役員に資料を送る段どりをするともう5時だ。

 雨が再開してきて、パラパラと降っている。 

004  帰りの走行をスタートするとき、デイパックカバーだけは、先に用意した。

 予想どおり雨が強くなってきた。ただ経験則上、強い雨はせいぜい5分ぐらいで止む。

 それでレインウェアはバッグに入れていたが、「このまま行こう」と、そのまままの格好で走った。

 ところが、淀川大橋を通過するとき、もっとも強烈な雨で、サングラスをしていても、無視してダイレクトに瞼に雨水がしたたる。

 ちょっとやばい状態だった。

 が、やはり短時間で、雨の勢いは収まった。

 すると不思議と完全に雨に濡れたウェアが気にならない。それにお尻がロードバイクだと完全に水びたしになるが、ランドナーは泥除けの効用で気持悪さがない。

 そのまま雨がほぼ止んだ中を走ると反対にウェアが渇いてくる。

 005 今日もコープ立花に立ち寄る。

 レジでまた息子さんがときどき大阪まで走っているという職員のおばさんに出くわす。お互い顔を覚えていて

「今日も自転車ですか?」と聞かれて

「もちろんです」と自信たっぷりに答えた。ただ店内はさすがに冷房が効いていて、ちょっとやばいというか寒さを感じる状態だった。

 家に帰るとなんとひさびさに妻がすでに帰っていた。夕食の準備はすでにしていた。

 ちょっと気が楽になる。それにひさしぶりに2男、3男、妻、自分の4人の食事ができた。

 夕食後、NHKハイビジョン「プレミアム8」で今年5月に亡くなった免疫学者で、脳梗塞での半身マヒの闘病生活を続けてきた多田富雄さんの特集をやっていた。

 つい見入ってしまったが、「むむ・・・・・・・・」と唸ってしまった。闘病後の多田さんの生き方は人間的に一皮むけているというか、言うことが奥深い。

 すばらしい人間の生きざまを知った。ただ僕は「ダウンタウンに魅せられて」と言う本を最近読んでいて、多田さんのことを再認識していたが、今日の番組はさらによかった。

 ぼくもそれだけ親近感を持つ歳に到達してきたから共感できるのかもしれない。

 いい番組だった。

2010年7月14日 (水)

まさに雨の中を走る! しかし全国で大雨被害が!

001  今週は雨続きを覚悟していたが、今日の朝は一番本格的だ。

 いつもならブルーのレーサーキップを被るのだが、どこかに隠れてしまった。

 よむなくナンバシクルでもらったブリジストンの帽子を被っていく。

 これはピンクで目立っていいかもだ。

 ツバも長くて雨対策にはちょうどいい。

 さすがに今日はロングライドの通勤自転車は皆無だ。

 しかし今週は3日続けてミヤタランドナーが役に立っている。結構よく走る。ただ職場に着く時間は、ビアンキより5分から10分は遅れる。まあしかしランドナーのおかげで危ない場面はまったくない。??と思う。過信は禁物だ。

 仕事は明日の会議のための資料準備の念押し。もともと午後から休んで、3男を関空に迎えにいくことも想定していて、昨日ある程度仕上げていた。

 仕事はやればやるほどやり残しが見えてくる。

 夕方はノー残業デーを実践するため、5時過ぎにタイムカードを押す。非常会階段に干してあるはずのウェアとレインウェアは、びしゃびしゃだ。ほとんど乾いていない。

 しかし自転車で走る分には問題ない。

 それにしても追い風時は、ランドナーも快走しているように感じる。

003  帰りに、南警察西出張所東向かいのマクドナルドの店の前で停止していたが、ガラスに自分の姿が映るので、シャッターチャンス。

 そのあと今日もコープ立花に立ち寄る。

 今日は、3男が帰ってきた翌日なので、タイの頭と胴体をわけたパックを2皿買った。

 梅雨はじめじめして嫌な面もあるが、この季節独特の味わいがあるような気がする。

 1週間ランドナー1本というのもめったいないだろう。ランドナー週間だ。

2010年7月13日 (火)

3男Y二郎がイタリアから帰ってきた! 自分はブレーキが不能に!

003  今日も朝は雨は降っていないが、今にも降りそうな天気だ。

 当然ランドナーで出発する。

 ただウェアは上にレインを着ていない。しかし今日は朝起きた時、どうも体調が悪い。といういつも6時まえには目が覚めているのだが、6時半ぎりぎりに目が覚めた。

 しかし起きるしかない。

 なぜ疲れるかトイレの中で考えてみた。しかしわからない。

ただ昨日の行きの向かい風のきつさが影響しているかもしれない。

 蒸し暑い中を家を出る。

 まあ自転車に乗ってしまえば疲れなど気にならないから不思議だ。

 2号線手前の信号で信号が変わるのを待っていると何人かサイクリストを見たが、サッシーが通過するのが見えた。しかし信号が青になるのはだいぶ後だったので、会うことはできなだろうとあきらめながら走る。

 稲川橋手前で思いもyらないハプニングが起こる。

001  「パチッ」という音がして前輪ブレーキが壊れた。というか冷静に観察すると、ブレーキの部品でワイヤーを留めている部分が外れたらしい。

 その部品を思わず拾う。

 しかしそれを締めなおす工具がないので、前輪ブレーキが不能になったまま走らざるをえない。

 しかしこんな不安なことはない。しかも雨は若干降っている。後輪ブレーキだけの制御能力はしれている。

 恐る恐る走る。

 なんとか交差点手前は徐行し、走り続ける。これは初めての経験だ。だいだいいつもブレーキ命という感覚で走っている。

 ただなんとか職場またどり着いた。飛行機にあてはめると片肺飛行だ。

 それで昼休み、JRなんば駅横のホームセンター「ダイキ」でアーレンキー(六角レンジ2mm)を探す。ただ2mmと言ったが、予測でしかない。

 それでアーレンキーセット698円を買う。

 ただ予測は当たっていて、夕方前輪ブレーキを修復した。今度はきっちり占めた。

 仕事では、重要課題が二転三転いい方向に進んでちょっと有頂天というか、うれしくなった。というのは展示会で出演してもらう有名ミュージッシャンが結果として予約できたのだ。

 なんか運命というのはおもしろい。

 002 帰りの走行はそれで安心して走った。昨日の疲れが気になって、できるだけ無理せず走る。尼崎に入って小雨になってきたが、デイパックだけ防水カバーで防衛する。

 ウェアもカバーも指あきグローブも全部レッド。これは偶然だが、赤一色だ。

 帰りは途中今日もコープ立花に立ち寄る。

 今日の料理は「肉じゃが」に決めた。

 肉と糸こんにゃくなどを買う。

 買い物というのは、ある意味充足感がある。満足して家に向かう。

 家に着くとすぐ食事の用意。ひょっとして3男がイタリアから今日帰ってくるかも。という予感もあり、皿にはもらない肉じゃががいい。

 午後7時半を過ぎ、2男と2人で食事していたが、誰かが入口に入った気配。妻が帰ってきたのだろうと思っていたが、なんと3男、Y二朗ではないか。9か月ぶりの帰還だというのに、顔を合わすと、昨日いたような感覚になる。

 実は明日帰ってくるものと思い、ひょっとすると明日は午後から半休をとるかもと思っていたので、びっくりした。

 聞くとイタリアからトルコを経由して18時間かかったという。

 まあ無事に帰ってきたのでホッとする。

004  まあ夕食は肉じゃがで正解だった。

2010年7月12日 (月)

雨の月曜日 ランドナー新ブレーキ試験運転

002  今週は一週間雨を覚悟してしたが、今日の朝は予想どおり大雨だった。

 もちろんランドナーで行くしかないが、先週前輪を新ブレーキシステムに交換したところなので、ちょっと不安な中を出発した。

 ちょっと制御力が前より劣るように思う。急ブレーキの場面に遭遇しないことを祈りつつペダルを進める。

 2号線に入ってから雨は小降りになった。それでリムは乾いてきてブレーキは普通に効くようになってきた。

 大阪に入ってまた雨。しかしレインウェアでの完全装備で問題ない。NO PROBLEMだ。

 職場に着くとレインウェアを入口で脱いで4階事務所にあがる。タイムカードを押したのは8時55分だった。

 まあランドナーはなかなあよく走る。

 ただ雨とともに風が強く淀川大橋は右斜めからの向かい風でかなり辛かった。

 職場では開口一番参議院選挙の話になる。共産党は議席を減らした。みんなの党が9議席を取るのは不思議だが、自民党も各地方選挙区では、ほとんど1議席という小選挙区に近く、民主党か自民党しか取れないので、どちらかに傾く。

 結局今回の争点は何だったのか、よくわからないが、圧倒的に社会の閉塞感をなんとかしてほしいという願いはずっとあるだろう。

 ただ自分の一票が正直重いものだということを自覚してほしい。結局40数パーセントの国民は意思を示していないわけだから、本当に民意を反映した選挙結果といえるか疑問も残る。

 まあ大阪での清水ただしも捲土重来に期待しよう。政治は数年で変化する。

 003 帰りの走行時は晴れていた。

 選挙とワールドサッカーは同時に通り過ぎていった。

 道頓堀川では難波神社の船渡ぎょがおこなわれていた。

 いよいよ来週から本格的夏がやってくるのだろう。

2号線を走っていると、西前方の太陽がまぶしく、自分の体の後ろに長い影を写しだす。

006 まあ晴れ晴れとして気分になってくる。

 ランドナーのブレーキも心配ない。ペダルを漕ぐのも楽だ。

 自転車通勤を体験できることに感謝を感じる瞬間だ。

 たかが自転車通勤、されど自転車通勤か?

 精神的にもとてもいい。

 誰に気兼ねすることもなく、密集する空間とはほど遠く、風を味わい、汗をかき、生きているという自覚はある。

 今読んでいる「ちょっと怠けるヒント」的にも、決していそぐこともなく、機械に追われることもなく、人間の本来のありように近い。その本にも都市は大通りではなく、路地が見直され、新しいものと再認識されてくると書いていたが、自転車も共通点がある。

 自動車に比べると古い乗り物であるにも関わらず、今見直されてきて、新しいアイテムになってきている。本来の人間のありようが求められているのだろう。

 帰りは今日もコープ立花に寄る。

007 008_2

2010年7月11日 (日)

参議院選挙投票日 粛々と雨が降る

003 001_2   今日は参議院議員選挙投票日。

 朝起きて、出来ることなら早いうちに投票は済ませておきたい。ただ、朝のうちに8月に開催する星空映画会のチラシを印刷に西宮まで行くことになっていた。 

 それでも朝起きる時間は7時40分ごろだった。

 朝の用事を済ませ、食事をしながらテレビでアニメ新三銃士を見る。

 ところで、庭の外側に咲くヂュランタがきれいだ。

 10時過ぎから妻を乗せ、マイプレーリーで印刷場所に向かった。雨は降ったり止んだり安定しない。

 1時間あまりかかったが、うまくいった。

 家に帰るとすでに12時まえ。昨日の残りのカレーライスを食べる。

 そのまま今読書中の松山 巌著「ちょっと怠けるヒント」を読む。

 2時を過ぎ、妻に声をかけ、ホームセンターに行くことにした。本命は、可能性は低いが、ランドナーのフロントキャリアの切断で部分に合うねじの反対側の部品に合うものを見つけることだ。

 ただ結果的にはなかった。

 妻は衝動買いが多いが、今日はベランダにマッチしそう004なテーブルとイスセットがあって、それを買おうというので、押しに負けた。

 ただ家に帰ってベランダに置いてみると、これがなかなかピッタリ合う。

 「まあいいか」という感じだ。

 次いでに買った一般自転車用の片足スタンドを2男用の自転車に付け替えた。

 これもなかなかいい。

 夕方からはまた読書に入ろうとしたが、ちょっと生け垣が気になって、ロングハサミで上にん伸びた枝をかなり刈った。

 そのまえに殺虫剤を全般に撒いた。というのは、「イラガ」とい毛虫が大量にいるのが見えたのだ。その虫がたくさん道に落ちてきた。

 これは一度刺されると針をさされたように痛い。

 なんとか刺されることなく、切った枝を全部ゴミ袋に入れて終了した。

 それからすぐ地下にこもって、読書にふける。あとちょっとというところまで読み終えたが、時間切れで終了した。

 夜は開票速報に注目した。

2010年7月10日 (土)

週末土曜日は会議のみ

001 毎月第一土曜日は会議の日だが、今月は第一が全国規模の会議があったため、第二土曜日、つまり今日になってしまった。

 しかし朝は出勤する必要はないので、ゆっくり寝ようと思ったが、朝は妻が仕事で5ごろから起き始じめるので、自然とめが覚める。

 時計を見ると5時45分。もう一度布団の横たわり、無理やり寝る。

 しかし半分寝ている状態で、6時半になった。

 それでいつもの時間に起き上がり、朝の支度をする。

 妻と2男はそのまま仕事に出かけた。

 僕はそのあと、尼崎医療生協の機関紙をいつもたのまれている近所に15件ほど配る。

 その後室内のいくつかの場所を掃除する。

 10時過ぎかは、あと配送に来るコープこうべの担当者から先週注文した品物を受け取り、今日の注文用紙を渡す。

 それを終えて、ピアノに向かう。

 デスペラードはつねに弾いていないと暗譜は鈍る。

 しかしピアノの鍵盤をさわっているのは好きだ。まあ素人の特権だ。

 昼になり、いよいよ職場に出かける。今日は帰りに阪神姫島駅近くの医院に出掛ける用事があるため、行きは突然閃いて、阪神尼崎までマウンテンで行くことにした。というのは帰りが楽だと思ったからだ。

 会議は、午後4時20分ごろ終わり、帰るこになったが、阪神桜川駅まで行ってみると、なんば線は、姫島には止まらないことが分かってがっくり。

 近くの地下鉄桜川駅に入り、野田阪神を経由して姫島に着いた。

 この駅は何かしら思い出がある場所なのだが、というのは生まれ故郷がこの西淀川区であり、仕事も営業でこの付近によく来ていたし、青年時代 合唱団にいて、この地域を活動の場所にしたこともあるのだ。

 用事を済ませると、その医院の先生が感じがいいこともあって、気持よくやっと解放的気分になり、また阪神電車に乗って、尼崎をめざした。

 駐輪場でマウンテンを受けとり、ちょっと通ったことのない通りを西に向かってゆっくり走ったが、サプライズがあった。

 というのは、尼崎から先の出屋敷という地域にいまでも体を売る女性が店の前で座っている場所があると友人に弁護士から聞いていたのだが、その現場を見つめたのだ。

 実際間口2mぐらいの入口が何軒も並んでいて、女の人が座っていた。

「ああ、ここだ」と思い、またタイムスリップしたような錯覚を感じた。

 発見してうれしいのか、現実の売春営業をみて憤りを感じたのと複雑な気持ちだ。

 その間の移動は自家製マウンテンだが、自転車のなせるわざだ。いろんなものが、すーっと見れる。

 あと藻川河川敷の公園のどろ道を走ったりしたが、少年の感覚になる。

「ああ、こける」と思いながら、でこぼこ道を走るのはひさしぶりだ。

 家に近づき、夕食の仕入れは、近所の「王子スーパー」で済ませた。

2010年7月 9日 (金)

ツールド・フランスももう5日目

006 7月に入って、あっという間に明日で10日。

 ツールの始まる季節ではないか。コンタドールにアンディーシュレック。新しいスターたちが期待されている。

 それにしても一昨日だったか、石畳を高速で走る集団は圧巻だったし、落車も多い。

 2.3日前は、空になったボトルを周辺にほかすことが問題になっているといことを解説者が話していた。

 あれは当たり前だと思っていたが、中にはコカコーラの缶をほかす時もあるというから、やはり問題だろう。

 今カンテェラーラがイエロージャージを確保しているし、彼はワンデーレースの王者らしい。

 ランス・アームストロングも力が落ちたといっても、オーラを放っているし、レースから目が離せない。

 自分自身の今日のできごとは、特にないが、夜パソコンセミナーのため梅田の教室に行くため、迷ったが電車で出勤することにした。

 カジュアルな服で行くと電車通勤も楽だ。気分も楽になるから不思議だ。

 ただ仕事は重要会議があり、その運営をしないといけない。一日はその準備と本番に費やした。 

 それで仕事を終えたら、5時半ごろ職場を出た。セミナーは梅田の阪急ターミナルビルの中にある。さすがにこの周辺は古くから人通りが多い。

 パソコンセミナーは、初めての体験だが、入館のシステムから退出までコンピュータ一色。かなり緊張した。

 セミナーを終えると一度に疲れと週末の解放感で放心状態だった。

 夜テレビでは、宮崎駿の『耳をすませば』を放映していた。

2010年7月 8日 (木)

ロードバイク日和! サッシーに会う

002 何故か最近、朝の出だしは、ゆっくり走っていこうと心に決めているのだが、足はなぜかケイデンスが上がってしまう。

 しばらく走ると、水色のメッセンジャーバッグを背負った自転車マンが見える。

 しかしかなり先を走っているので追いつくのは無理だろうと思いながら走っていたが、船津橋南詰で追いついた。

 それで会ったからには、おいていかれるのも味気ないので、ずっと後ろを走らせてもらった。

 案外ついていくことができたので、ちょっと自信になった。

 ただ海老江交差点の左折車が多い中を直進するとき、彼の後に急に車線変更して前を遮った車が入ってきて、かなり差がついてしまい、そのまま野田阪神で見失った。

 野田阪神交差点では、誰かが演説していると思ったが、共産党、清水ただし候補だった。今のままは当選ラインに入っていないという予想だ。

 演説はうまいし、誰にでもわかりやすい話で訴える。まだ41歳。ぜひ当選してほしい。

 交差点に入って大きく手を振ったが、気付かれなかった。もともと候補者の前から野田阪神で演説していたのを知っていただけに、この地は彼に合っている。

 今日の朝は、サッシーと清水ただしに会えてちょっとうれしい。

 職場には8時43分に着いた。

 仕事は明日の会議の準備と、午後は面談と会議。まあいそがしい。

 昼休みは、ウークマンでビーチボーイズのCDからのデータを聞く。

 夕方は秋の展示会の準備の会議を終え、タイムカードを押して、また別の会議に出る。

 帰りは、6時半を過ぎていた。

 夏至を過ぎ、暗くなるのは少し早くなったように思うが、ゆっくり走るように心掛ける。やたら信号無視するおじさんが何回か追い越していったが、何回も追い抜いた。

 歌島交差点手前の時計が6時55分をさしている。

 考えてみると、家に7時半までには着きたい。というのは「ゲゲゲの女房」を録音しないといけないのだ。

 そこからちょっと急ぐ。何人か追い抜いて立花商店街のスシマスで寿司を買い、また急いで家に向かう。

 それでなんと7時28分に家に到着した。

 「やったー!」

 と喜び、テレビをつけ、ビデオで録画する。

 そのあとから風呂を用意し、洗濯物を取り入れて、8時半ごろ食事する。

 2男、妻は順番に帰ってきた。

 科捜研スペシャルは面白かった。沢口靖子がんばれ!

2010年7月 7日 (水)

休みにしておきたい課題は多い

005  週の中日で休みを取ると気が楽だ。

 しかしせっかくの休みと思って、しておきたいことを考えるとノルマ山積だった。

 層中は昨日たのまれた選挙のビラ配布。それで6時まえに起き上がってしまった。

 朝はやくからだを動かすと気持がいい。

 家に帰るとまだ6時20分だった。

 仕事に行く日よりまだ早い。それでいうものように朝の行事にとりかかる。

 水曜日は、燃えるゴミ出しもある。

 それが終わると、まだ8時過ぎ。次の予定の銀行に行くまでは時間が開いている。

 それで時間つなぎで、庭の伸びほうだいの生け垣とすももの枝を手長はさみで剪定した。

 9時まえからいよいよ銀行と郵便局の用事に出かける。

 おもな用事は、マンションの管理費の引き落としの手続きが切れるのでその更新、それにお盆に家族で行くバリ旅行の航空運賃の支払い、ちょっと前から懸案の今は使っていない労金に残っている残金の払い戻し。そのあとは、楽しみが労金から近い尼崎築地の戎湯への入湯を考えていた。

 2つはスムーズに用事を済ませたが、労金での出金は、払い戻しのための印鑑が相当まえなのでわからない。

 やはり労金窓口の女性から印鑑が違うと言われ、「正しい印鑑があればすぐ出せますが、印鑑の変更の場合、また1,2週間後にお越しいただかないといけなくなります」と言われた。

 結局、この段階でまだ10時過ぎだったのだが、家に正しい印鑑を探しに戻ることにした。

「まあ、時間はあるし、いいか」と家に向かう。

 ざっと5kmの自転車での移動だ。

 家に帰って、心当たりのある場所を探すが、見つからない。30分は探したか。

 ただあせりはない。最後はあきらめて、印鑑の変更手続きに行こうと、支度をしていて、

もうひとつ隠し場所があるのに突然気付いた。そこを開けてみると「あった!!!」

 「やったhappy01」と思わず感嘆。

 再び労金に向かう。手続きが簡単だった。20万円以上で通帳は解約した。

 しかしすでに時間は11時半だった。

 すぐ戎湯に向かう。

003

 自転車置き場の壁にはさすがに選挙ポスターが張られていたが、公明党、共産党ならんで張ってあった。尼崎を象徴している。

 風呂場は利用者は少ない。刺青を人を2人見た。これも尼崎らしい。

 ここは石鹸、シャンプーは自持だが、380円。しかも湯は本物のかけ流しでナトリウム、炭酸水の温泉だ。

 体は汗をかいていたが、石鹸は使わず、頭も湯でながし、あとは浴槽につかるだけにした。

 それでも気分はのんびりする。

 ただまた家まで自転車で帰るわけだが、約5kmを2往復して風呂上がりで帰るので、いつになく体が疲れてきた。

 家に帰ってさっそく昨日のお好み焼の残りをたべる。喉が渇いてビールも飲んだ。

 そうすると自然に昼寝になった。

 3時過ぎに目が覚め、しばらくぼーとしていたが、しばらくしてランドナーの改造にかかる。その間外は大雨だったが、すぐ止んだ。

 ところがねぼけていたのか、課題のフロントキャリアの固定ねじを金のこぎりで切っていて、位置をまちがえて、切りすぎた。

 しかし後の祭りだ。据え付け不能になった。なんとか届かないかやってみたが、不可能。

 そのときなぜか後輪タイヤが急に空気が抜けていく。

 とりあえずそこで中断し、夕食その他の買い物にコープに向かった。

 帰ってきて、米と風呂の用意だけし、ランドナーのパンク修理というか、チューブの交換作業に取り掛かる。このときもショックだったことがおこる。

 だいぶ前に京都グランボアで買っていたランドナー用タイヤをこの際つけようと思ったのだが650サイズというのは、26インチ×1 3/8と違うらしい。「ショック」

 結局今のタイヤを使うしかなかった。

 ここで6時半。今日は読書も、ピアノ練習もできなかった。

 「まあ、こんなものか」

 気を取りなおして夕食づくりにかかる。

013  コープリカーショップで買ったプレミアムモルツをおまけについていたコップで飲んだ。

 竹内裕子のコマーシャルの入れ方で飲んでみたが、うまい!

2010年7月 6日 (火)

なんとか雨を潜りぬけた自転車通勤

001  2号線に入り、アルカイックホールを通り過ぎた交差点の花壇には、きれいな花が植えられていた。

 今日も行きは力を抜いて走る。最近ターミネーターさんを見かけないのが気になる。

 9年間走っているといろんな人と顔を合わせ、また消えていった。

 みんなどうしているんだろう。続けていないのだろうか。

 歌島交差点は軽くクリアした。

 結構早いロードバイカーに今日も出会ったが、海老江交差点で左折していった。

 今日も8時43分には職場についていた。

 002

 明日は休みを取る予定なので気持ちは軽い。

 仕事は相手まちのことが多く、午後からは、資料の点検にあけくれた。

 帰りは、5時15分。

 この数日の挨拶は「暑いですね」となる。

 帰りも始めは結構蒸し暑い。

 しかしだんだん空が曇ってきて、なぜか冷たい風がほほをなでる。

 最近職場からなにわ筋に出て、長堀交差点が青に変わった後、結構スピードを出すと、本町まで一機に進み、次も福島まで信号で止まらなくていい。

 それでペダルを結構回す。そのあと福祉を左折した後は力を抜く。

 この暑さの中だとそんなに負荷をかけていないのに、信号で停止すると脈拍は結構強くうっている。それだけ体力を使っているかもしれない。

 004

 ただ最近ビアンキがいっそうなじんできたというか体にぴったりあっている感覚がある。

 それだけ楽しいわけだが、通勤で楽しい感覚を味わえるというのは幸せかもしれない。

 ときどき交差点で、左折するのか、直進するのか躊躇して、徐行している車をみかけた。これはこまる。後ろで控えていざるをえない。

 もうちょっとYKであってほしい。

 今日の夕食はキャベツが異常に冷蔵庫に残っているので、お好み焼きにした。

 ただ普通ではおもしろくないので、焼そばも買って、広島焼風にした。

 009

たまには気分を変えていいだろう。

誰もまだ帰っていなかったので、ビールを飲みながら、材料をプレートの入れ、料理にかかる。

 明日は休みだ。

2010年7月 5日 (月)

中3日、朝は気持のいい走りだった

003  3日間の休憩をはさんで、今日は週開けの自転車通勤だ。

 できるだけ無理せず走ったせいか、快適な走りに感じた。

 それにしてもやはりロード系の通勤自転車族が増えたような気がする。

 今日はちょっと力を緩めたすきに一人に抜かれた。

 しかし合わせて走る気はない。

 ただペダルを自然に回すことに心がける。

 月曜日だというのに歌島橋交差点を一発でクリアした。

 まだ前を追い抜いていったローダーが止まっていたが、そのうち赤信号で走っていったからがっかりだ。

 野田阪神からの直進を体を前に傾けて、腕をハンドルにつけてスピードを上げる。しかし37kmが最高だったか。

 それで次の信号で捕まった。

 しかし職場には、8時43分ごろ着いた。

 昨日まで山口に行っていたせいか、気分が変わって仕事は新鮮に感じる。

 それなりにやることは多く、まあ充実していた。

 004

 帰りは向かい風。暑さもある。

 行きとはかなり条件が変わっていた。

 それに尼崎に入ってまた知らないローダーがぴったりついてきているようだ。ちょっとやめてほしい。

 追い抜いてもらってこちらがぴったりつくという手もあるが、そんな嫌味なことはしない。

 まあそれは無視して向かい風の中を前傾姿勢を保ってがまんの走りでいく。

 結構離していたかもしれない。

 しかし南警察西出張所交差点でぼくは右折する。

 今日はコープに立ちよなければよかったが、自家製パンの小麦のストックがない。

 やはり今日も立ち寄った。魚売り場ではシャケの半額表示がたくさんあって、思わず買った。賞味期限は短いので、今日食べることにする。

 家に帰っていつものように風呂の準備と炊飯の用意。シャケをバター焼きし、野菜も盛る。

 風呂に入り、髪を洗ってしばし浴槽に頭をもたげて目を瞑る。至極の瞬間だ。

 風呂から上がって今日はサントリー金麦で晩酌。

 そのうち2男が食卓に。ワールドサッカーの話を肴に食は進む。

 テレビで9時からBS-TBSで吉田類の酒場放浪記がおもしろい。 

2010年7月 4日 (日)

山口県出張の2日間

001  昨日から今日にかけて、「全国保険医協同組合連絡会」という会議のため、山口県に向かった。

 3日は天気予報バッチリ当って朝から強い雨が降り続いていた。

 JR立花には10時過ぎに着かないとまずいので、それまでの時間ランドナーの新しいブレーキの設置を試みようとしたが、結構時間が迫ってきて、だいたいのイメージだけ確認した。

 それから大雨の中を駅に向かった。

新大阪から2時間弱。

 新幹線は遅れはなかったが、新山口駅についても大雨だった。

 002

 新山口駅からは、在来線に乗り換える。利用したのは、「スーパーあき」という特急列車だが、2両編成だ。

 あっと言う間だったが、目的の「湯田温泉駅」でも雨。

 今回の集まりは、夕方のホテルでの懇親会からはじまるので、それまでの時間Uさん、Y女史とタクシーをチャーターして山口市内を観光することにした。

 五重の塔のある瑠璃光寺、雪舟ゆかりの常光寺、フランシスコ・ザビエル記念館、山口県は戦後8人の首相を排出したらしいが、その歴代総理が会合を開いた料亭「菜香亭」。

 タクシー運転士さんも結構よく知っているが、瑠璃光寺でのボランティアおじさんの山口県の歴史の解説は、かなり勉強になった。

 室町時代の大内家から下剋上で毛利家に移り、中国地方を制圧していた時期があるが、反映の根拠は、中国貿易にあるらしい。

 しかし関ヶ原の戦いで西軍の総大将を務め、実際は参戦しなかったが、萩地域に追いやられた。また250年の歴史を経て、明治維新では薩摩と歴史の表舞台に出る。

 結構浮き沈みの歴史がある。

 今の首相の菅直人氏はここ山口出身で、ボタンティアのおじさんも高校が同窓だと聞いておどろく。005

 すべて回って、3時間だったが、そろそろこの日宿泊する「松田屋ホテル」に行く。ここも300年の歴史がある旅館らしい。

 ホテルにチェックインし、まだ4時だったので、Yさんとこの旅館からすぐ近くにある「中原中也記念館」に立ち寄った。

 たしか戦前の左翼運動にかかわっていたという認識があって興味があったのだが、入館してみてそういった記録は説明されていなかった。

ただ「山羊の歌」が生涯唯一の生前発行した詩集で、その中身を少し読んだが、かなり青年時の苦悩がうたわれていた。

 ホテルの戻って、風呂に入り、懇親会に参加し、あとが長い。二字会というか、近辺唯一の本格的クラブ「くらぶ奈加」に出かけた。

 ゆかたのまま雪駄で移動できるのでうれしい。持って行った着替えは何も使わずに済んだ。

 結構本格的マダムも紹介されたが、ウクアイナから働きにきているライブ担当の女性が気になった。演奏はかなりうまい。

 そこから提携のラウンジ「春秋」に移動。しとしきりカラオケの応酬になった。面白い常連のおじさんがいるのも味があっていい一つは歌はうまくないがほかの人の歌をほめちぎり、「グッド、グッド」と連発する。まあ楽しいことはいいことだ。

 そんなこんなでそこを出たのは午前1時40分ごろだった。

 旅館の裏口から中に入ったが、ちゃんと旅館の人がまだ対応していたので驚いた。

 部屋にもどって爆睡した。

 日が代わって、朝から会議が本命。ただし朝食後チェックアウトし、会議場所は、山口県保険医会館に移動した。

 ちょっと酒の影響が残っている。

 しかしまあ有意義な会議を終え、昼食を新山口駅近くのホテルでよばれて、午後1時51分ののぞみで大阪に向かった。

 家に帰って、5時前だったが、誰も居ず、しばし昨日の宿題だったランドナーのブレーキの取り替えにかかった。ただこれは頭ではイメージできたと思っていたが、向きや、バネの付け方に悩んだ。

 このままあきらめると明日からの雨の日に乗っていけなくなるので、なんとか悪戦苦闘して取りつけ完了。

 しかしもうひとつ宿題のフロントキャリアの取りつけは、一部先端を金ノコで切断する人用があることがわかり、今日は止めることにした。

 まあそれでも満足だ。やはり自転車を触っているだけで気分が落ち着く。

 そのあとは手をきれいに洗って食事の用意をする。

 なんでもあるものでできるものだ。冷凍ハモと冷凍スライス豚肉と冷凍ホタテを利用する。

 昨日かなり多量に酒類を飲んだのだが、今日は金麦350缶1本にした。

2010年7月 2日 (金)

今週は自転車限界 気分の変えて電車でGO

001  昨日は何故か今考えてみても、

足の限界を感じた。体の疲れも月曜日からはじまっていたのだろう。

 それで今日は気分を変えて電車で行くことにした。

 それで移動中、ウオークマンで音楽が聞ける。本が読める。

 まあそれもあるか。と気分を変える。

 家を出て、JR立花まで15分歩いているが、ポツポツと雨が落ちてきた。まあ小雨だろうと、歩いていくと本格的な雨になった。

 自前の傘は職場に置いているので、もってきていない。

 濡れるに任せるしかない。

 駅に着いたときにはかなり濡れていた。

 まあしかし結構涼しくなって快適だ。

 ただ電車を降りて、地下鉄桜川を上がったときも「雨だ!!」という感じでまた濡れる。

 さすがに信号のタイミングをみて走った。

 まあ職場では、ワイシャツとズボンに着替えるのでちょうどいい。

 仕事は差し迫ったノルマはなく、朝方気楽にデスクに座っていたが、それなりに難問を相談に来る人がいて、それに集中する。またパソコンの中身を整理する時間も結構あり、役に立った。

 帰りも来たラフな服装に着替え、職場を出る。

 JR立花について、家の方向に歩き、スーパー王子に行く。ここは家のすぐそばだ。

 今日の夕食は定番カレー。食材とワインを1本買い、家に帰る。

003 今日の具は、アボガドもトマトも入れ、水で煮て、カレールーを入れ、冷凍している前のカレーの残りも混ぜる。

 副食材は、枝豆とりんご。

 圧力なべで煮て、蒸気で煮ている間、火を止め、風呂に入る。

 009 008

 風呂からあがって、皿をそろえ、ビールを出し、食事につく。

 やはり金曜日はカレーに限る。

 明日は山口県に出張だ。

 一応パソコンを持っていこうと思う。

2010年7月 1日 (木)

かっこよく生きるということ

003 とうとう7月がやってきた。しかしまだ梅雨の中日というところだろう。

 朝はやけに蒸し暑く、汗がのこる。

 朝走りだしてちょっと考えた。自分がモットーとしている「かっこよく生きること」って実際どういうことだろう。

 そんなことを考えながら、七松線を走っていると、横断歩道ではないところをおばあさんが横断しようとしている。

 ぼくはそのずっと前の信号が赤ということも頭において、右から左に渡ってもらおうと、最徐行し、左手を渡る方に出して、先渡ってくださいと合図した。

 おばあさんは、お礼のしごさをして、左に渡りきった。

 「そうだ。こういうことだ!」と納得須する。

 弱い人を守る。けっして自分の欲得だけで動かない。

 信号をしっかり守ることもそれに通じると思っている。「自分は大丈夫だから」「こんなところで止まっているなんてダサい」とかなんとか思っている人がかなりいる。

 公共の場所は、みんなが譲り合い、シェアーすべき空間だ。

 かっこいい人間は決して自分のためだけで行動しないのだ。

 そのかわりこれは自分の勝手な行動だが、無法な運転、行動には遠慮なく注意する。

 今日も交差点をこちらがあきらかに進入しているのに、対抗右折のオートバイクが

強引に入ってきた。

 思わず「ばかやろう」と周囲に聞こえる声でどなった。その運転手はどきっとしたみたいだが、悪いことは悪い!

 自転車であろうが、大型トラックであろうが、直進優先だ。無理な右折は進路妨害にひとしい。

 政治に対してもそうだろう。ただし自分の考えが絶対正しいと思ってしまうと宗教になるが、しっかりいろんな政治の動きに感心を持ち、おかしいと思う政策は、ブログであれ、新聞の投稿であれ、テレビ局への電話であれ、署名であれ、自分のとるべき行動をしっかり見つめる。

 それからもう一つ大切だと思うキーポイントは、感受性を豊かにすること。映画を見て、音楽を聞いて、人の話を聞いて、感動したり、ものたりなく思ったりする。

 家にコーヒーの木に花が咲いて感動し、夕方帰りに、淀川大橋から夕焼けのあざやかさに感動し、たくさんの人が信号無視して、赤信号を横断しているとき、自分の考えでしっかり青になるまで待っている人が一人いるのを見ただけで感動する。

 それは自分だけか。

 そして仕込んでおいた自家製パンが朝完璧に仕上がって、夕食で手さぐりでおかずを作ってそれがうまかったので、感動し、などなど。

 生活の中には、たくさん驚くことがある。それに無頓着になったら、「かっこいい生き方」はできないだろう。

 つまりかっこうよく生きるということは、何事も前向きに生きようとする姿かもしれない。

 だから「男はつらいよ」の寅さんはとりわけかっこいいと思う。

 

 002 まあそんなところで、話をまとめて、今日はとにかく蒸し暑い。

 復路の走行ではさすがにバテていた。足がまわらない。

 これからは暑さとの対決だ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30