フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 今日の40km走行は辛かった | トップページ | あまりも幸運だった信号のタイミング »

2010年7月27日 (火)

尼子騒兵衛の家発見!

006  今日は休みを取った。

  昨日朝の通勤と会議への移動でかなりバテていたので、ちょうどよかったような気がする。

 それで朝は、イタリアから帰ってきた3男に尼崎築地の温泉、戎湯を体験させようと一緒に車で行った。

 マイカー・日産プレーリーは、すでに年式が23年を超えている。エアコンは今日のような異常な暑さになると、エアコンが限界を超えて効かなくなる。

 それもいいもののようでなかなかおもしろい。

 道路はいたるところで工事が多く、渋滞しきりだ。

 それでも30分ぐらいで風呂に着いた。10時の開始時間に入っていた人が多いようで、脱衣場に人が多い。

 しかし浴場は2,3人だった。

 地方の温泉に来たような錯覚を感じる。

 004

 風呂から上がって、番台の奥さんに、思い切ってこの近所とわかっていた漫画家、尼子騒兵衛の家が近くにあるかどうか聞いてみた。

 やはり地元の情報ほどたしかなものはない。

「ええ、この先の保育所のとなりにありますよ」と教えてくれた。

 案外近いところにその家があった。ただその漫画家名の表札は確認できないので、100%の確証はないが、どうもこの家しか考えられない。

 ちょっと子供っぽく納得した。

 007

 ところでこの築地という土地は江戸時代に廓があった場所と記憶している。ちょうど尼崎城(現在は中央図書館)からまっすぐ南の埋め立て地になっている。

 それが阪神大震災のとき災いし、地域は液状化にあっって、大変だった。

 今は住居、店すべてそれ以後建てられたものばかりだ。

 満足して、家に向かう。さっき書いたように、帰りの暑さでエアコンは稼働しない。

 窓を開けると、涼しい気分になった。

 家では、今日はずっと中にいるので、熱中症対策を意識する。

 それで朝8時前に、前の道路に水を撒き、庭の木々に思いっきり水を撒き、家の中はエアコン設備がないので、すべての開口部は開け放ち、こないだ工事した玄関と台所勝手口の網戸が役に立っている。 

 午後は、しばらく読書。すぐ眠気が来るかと思ったが、読んでいる青柳いじみこ著「ピアニストが見たピアニスト」が面白い。

 今紹介されているピアニストは女性でアルゲリッチ。まったく知らなかったが、多くのコンテストに優勝していて、それも課題曲を数日前に初めてみて、演奏してしまうという超人。

 それでも異常なぐらい演奏前のプレッシャーがあって、キャンセルも数多くあるという。

 4時になり、やはり昼寝時間に入った。

 そのあと目が覚めて、夕食のメニューを考えるのが、何故か今日は億劫になる。

 しかし作らざるを得ない。

 それで、昼に開封してしまったつけ麺をまた準備し、ゴーヤと冷凍豚肉が冷蔵庫にあるのを思い出し、ゴーヤチャンプルを作ることにした。

 ただ、是非ほしい豆腐だけがない。今日は近くのオウジスーパが休みなので、JR立花近くのコープ立花までそれだけを買いに行った。

 まあ、それも気分転換だし、よしとしよう。

 買い物を済まして、夕方また道路に水を撒いた。はたして温度は下がるのか?

 まあ、しかし今日を振り返ってみるとそんなに異常な暑さの不快感はない。

 夏もまたよしか!

« 今日の40km走行は辛かった | トップページ | あまりも幸運だった信号のタイミング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の40km走行は辛かった | トップページ | あまりも幸運だった信号のタイミング »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30