フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« ワールドカップ日本代表に感謝 | トップページ | 今週は自転車限界 気分の変えて電車でGO »

2010年7月 1日 (木)

かっこよく生きるということ

003 とうとう7月がやってきた。しかしまだ梅雨の中日というところだろう。

 朝はやけに蒸し暑く、汗がのこる。

 朝走りだしてちょっと考えた。自分がモットーとしている「かっこよく生きること」って実際どういうことだろう。

 そんなことを考えながら、七松線を走っていると、横断歩道ではないところをおばあさんが横断しようとしている。

 ぼくはそのずっと前の信号が赤ということも頭において、右から左に渡ってもらおうと、最徐行し、左手を渡る方に出して、先渡ってくださいと合図した。

 おばあさんは、お礼のしごさをして、左に渡りきった。

 「そうだ。こういうことだ!」と納得須する。

 弱い人を守る。けっして自分の欲得だけで動かない。

 信号をしっかり守ることもそれに通じると思っている。「自分は大丈夫だから」「こんなところで止まっているなんてダサい」とかなんとか思っている人がかなりいる。

 公共の場所は、みんなが譲り合い、シェアーすべき空間だ。

 かっこいい人間は決して自分のためだけで行動しないのだ。

 そのかわりこれは自分の勝手な行動だが、無法な運転、行動には遠慮なく注意する。

 今日も交差点をこちらがあきらかに進入しているのに、対抗右折のオートバイクが

強引に入ってきた。

 思わず「ばかやろう」と周囲に聞こえる声でどなった。その運転手はどきっとしたみたいだが、悪いことは悪い!

 自転車であろうが、大型トラックであろうが、直進優先だ。無理な右折は進路妨害にひとしい。

 政治に対してもそうだろう。ただし自分の考えが絶対正しいと思ってしまうと宗教になるが、しっかりいろんな政治の動きに感心を持ち、おかしいと思う政策は、ブログであれ、新聞の投稿であれ、テレビ局への電話であれ、署名であれ、自分のとるべき行動をしっかり見つめる。

 それからもう一つ大切だと思うキーポイントは、感受性を豊かにすること。映画を見て、音楽を聞いて、人の話を聞いて、感動したり、ものたりなく思ったりする。

 家にコーヒーの木に花が咲いて感動し、夕方帰りに、淀川大橋から夕焼けのあざやかさに感動し、たくさんの人が信号無視して、赤信号を横断しているとき、自分の考えでしっかり青になるまで待っている人が一人いるのを見ただけで感動する。

 それは自分だけか。

 そして仕込んでおいた自家製パンが朝完璧に仕上がって、夕食で手さぐりでおかずを作ってそれがうまかったので、感動し、などなど。

 生活の中には、たくさん驚くことがある。それに無頓着になったら、「かっこいい生き方」はできないだろう。

 つまりかっこうよく生きるということは、何事も前向きに生きようとする姿かもしれない。

 だから「男はつらいよ」の寅さんはとりわけかっこいいと思う。

 

 002 まあそんなところで、話をまとめて、今日はとにかく蒸し暑い。

 復路の走行ではさすがにバテていた。足がまわらない。

 これからは暑さとの対決だ。

« ワールドカップ日本代表に感謝 | トップページ | 今週は自転車限界 気分の変えて電車でGO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワールドカップ日本代表に感謝 | トップページ | 今週は自転車限界 気分の変えて電車でGO »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30