フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 明日いよいよ娘はシンガポールに帰る | トップページ | 朝の2号線はついに10℃を示す »

2010年10月26日 (火)

娘は風のように去っていった

101026  今日は娘がシンガポールへ帰る日だ。日本へ帰ってきた理由は、同級生の結婚式への出席のためだった。 

 それにしても娘はこの尼崎の地で生まれたのだが、結構同級生は、同じ地に残っている。

 さて、今日は娘を空港まで送っていくことはあきらめたので、そのため出勤で家を出るとき、後ろ髪をひかれるような思いだった。

 一週間の帰郷だったが、夜はほとんど友達との懇親が続いて、家にいないので、じっくり顔を合わせて会話する時間は少ない。

 まあしかし元気にいてくれているだけで安心だ。

 一週間はあっというまで、、娘は風のように去っていったという感じだ。

 仕事は今日も展示会事後処理作業の渦中だが、今日は「仕事した!」という実感があった。

 夜はおやじーずの練習があるので、5時を過ぎて早めに帰るしたくにかかる。

 帰りは面倒くさくなり、朝はいてきたフットウオーマーははかずに外へ出たが、朝より寒い。

 それでもそのうち温まってくるだろうと、我慢の走りだった。

 しかし最悪の条件というか、強い向かい風が続く。それの風のいきおいが強い。

 無理せずじっくり走る。

 そのうち悪環境になれてくるのか、気持ちがよくなってくる。これはなんなんだろう。

 我慢して走っていてだんだん体が温もってきて、ちょっと追い風に変わったりすると、最大のここちよさになる。

 これは相対的な感覚だろう。

 それでなぜか最後まで体の疲れをまったく感じることなく家に着いた。

 2男がさきに帰ってきていて、おかずを作ってくれていた。ぼくは寿司を買ってきていたので、ダブってしまったが、よくやってくれている。

 お風呂に入り、早めに食事し、8時になると我が家のおやじーずの2人のメンバーがやってくる。

 練習は、あうんの呼吸で一通りこなす。本番は11月3日だが、前日もう一度練習することにした。

 いろいろある一日だった。

« 明日いよいよ娘はシンガポールに帰る | トップページ | 朝の2号線はついに10℃を示す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日いよいよ娘はシンガポールに帰る | トップページ | 朝の2号線はついに10℃を示す »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30