フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 雨の前の間断をぬって「やまとの湯」へ | トップページ | 娘は風のように去っていった »

2010年10月25日 (月)

明日いよいよ娘はシンガポールに帰る

002  今日の天気は怪しい。

 どの自転車で行くべきか、ちょっと躊躇するが、ランドナーで行くには、準備が十分でなく、やはりロードバイク、ビアンキで出発した。

 雨が予想される日は自転車も少ない。

 それで気楽にペダルを回しながら前進するのみだ。

 ただ、2日間休んで入っているのだが、足の筋肉は、まだ完全に回復していない。

 やはり立ちっぱなしの仕事も影響しているのだろうか。 

 まあ、とにかくあまり加速せずに、ペダルの回転に逆らわず走る。

 それで職場には、8時45分に到着した。

 仕事での作業はやはり体に負担を掛かっているようで、朝から疲れていた。

 ただ午後からは、デスクワークと会議で時間が過ぎる。

 天気は予報どおり雨になってきた。

 5時を過ぎ、しばしデスク資料など片付けしたあと、帰り支度に。

 今日は帰る途中、M銀行ATMで給料の出金とローン引きおとし口座への入金をする。

 雨はかすかに降っている。レインウェアは、デイパックに入れたまま走る。

 しかしスピードは落とした。路肩近くの白線の上にタイヤを乗せないように心掛ける。

 なんとか、雨が小雨のまま家に着いた。

 いよいよ娘M子は、明日昼の便でシンガポールに帰る。004

 それで今日はやっと今家にいる家族4人でひさしぶりに一緒に鍋料理を楽しんだ。

 彼女が帰ってきた目的は、今回は、友達の結婚式出席だが、昨日その目的を果たした。

 カキを入れ、鴨肉を入れ、ぶたをいれ、野菜を入れ、なかなか楽しい夕食になった。

 会話に花が咲く。やはり気の置けない家族だ。

 今若者が外国に行きたがらないという。

 しかし我が家の子どもたち4人は、すべて西欧文化を体験してきた。娘は、高校を卒業してすぐオーストラリアのタスマニアに留学し、4年を過ごした。その後のシンガポール就職だ。

 日本語と英語を使い分けて仕事している。

 まあ寂しさもあるが、頼もしい。

 食事に花が咲き1時間以上費やした。

 妻が昨日丹波で、バター作り体験をしてきたことから、彼らが子どもの時、少年団の親と子で、淡路島を自転車で半周し、淡路牧場に行ったときの話になった。やはり楽しい思い出として残っているのは、うれしい。

 自分自身はまだまだ元気でいないといけないなとあらためて考えてしまった。

« 雨の前の間断をぬって「やまとの湯」へ | トップページ | 娘は風のように去っていった »

コメント

何か身近にありそうな話だなぁと思ってたら自分の妹の事でした。

高校出てすぐにアメリカに行ってしまい帰ってこず、この10年で顔を合わせたのは10回無い程で日本に帰ってきても「仕事をしに日本に来てる」状態でゆっくりメシも食えずって感じです。

僕と違って頭も切れるし根性もあるので一人前になるまでは日本に帰らないと頼もしいことを言ってます。


あ、それと阪堺電車うちもたまに乗りに行きますよ。
子供が電車好きなんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の前の間断をぬって「やまとの湯」へ | トップページ | 娘は風のように去っていった »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30