フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

道路温度は7℃ それでも自転車でしょう!

001  今日の仕事は、予定がまったく空白。こういった日はめったにない。

 それで朝は、ちょっと気楽に自転車を転がす。 

 昨日の朝の遅れはなんだったんだろう。体調は最悪だったせいだ。

 今日は、朝の準備は順調で、8時45分に家の玄関を出る。

 外は寒い。

 ところが、進むところすべて信号が黄色に変わる直前に交差点を通過した。

 ただ指はいままでにない痛さで、体全体も寒い。

 そのうち体の熱で暑さを感じてくる。しかし稲川橋道路温度は7℃だった。

 そのまま誰にも会わず、職場には8時39分に到着した。

 今日は仕事のあとちょっと楽しみがあって一昨日買ったIphoneをソフトバンクショップに行って、住所録データをハメなおしてもらうのだ。

 というのは自分は一度マックのサーバーに保管された自分の住所録データを取り出すソフトをダウンロードするのに失敗したからだが。

 仕事は面談などの予定がゼロなので、会議のレジメ作成に集中できた。

 午後5時の合図に慌ただしく片付をして、服を着替えて帰路を走る。

 すでに5時を過ぎると外は真っ暗だ。

 それにしても走っている自転車、歩行者は道路上での危機意識ゼロの人が多すぎる。場所によっては無法地帯だ。無灯火も多い。

 尼崎武庫之荘について、まずコープ立花で食材とリカーショップでビールを買い、武庫之荘駅前のソフトバンウショップに行く。

 いとも簡単にソフトのダウンロードを完了し、前の携帯に入っていた住所録データがすべりこんだ。

 ただ2日前に説明は不十分だと思った。もう少し丁寧な取扱説明書を作ってほしい。

 まあこれでIhone4使用の入り口に入った。

003  夜は一人でハンバーグ料理を食べ、待ちに待っていたアサヒ「世界のビール」シリーズのベルギー版を飲んだ。

2010年11月29日 (月)

体調不良の自転車通勤だった

001  このところ体調はどうもよくない。

 お腹にガスがたまる感じだ。 

 やはり近い日程で3回も酒を飲む夜の機会があったが、これがよくなかったかもしれない。

 最近不調になることは少ないので、緊迫感がなかった。

 今日の朝は、家を出る前、二回目のトイレに入ったが、10分以上かかってしまい、家を出たのが、8時過ぎだった。

 走行中も力が入らない。

 ところでそんな時間のため、走行中、知らないクロスバイクやロードバイクの青年を見たが、ほとんどヘルメットをかぶっていない。

 自転車を販売しているところはちゃんと指導しているのか。

 まあ自己責任ではあるが、道路を走るのであれば、ヘルメットはつけてほしい。

 信号無視も多い。走っているうちに学んでくれればいいが。

 しかし体調が悪いまま、はっきりいつもより疲れが早い。

 職場は、8時59分すれすれに着いた。

 仕事はそこそこ忙しいし、午後からは外での会議で外出した。

 5時を過ぎると今日は、職場の臨時バンドの練習だ。

 楽器を弾いているときは不調は忘れているが、帰りは8時30分になってしまい、夕食もまだなので、結構つらい帰りの走りだった。

 なるべく無理せず走る。

 まあしかし自転車で移動している分には、サドルに座ったまま移動しているわけだから、歩くより楽かもしれない。

 まあしかし今日は辛い通勤だった。

2010年11月28日 (日)

娘シンガポールへ帰る 父はIponeを買う

008 25日から帰郷していた娘は、昨日の友達の結婚式出席を済ませ、今日シンガポールに帰る。

 その友達の新婦さんは、タスマニア大学での友達らしいが、その時の知り合いも何人か来ていたらしい。

 今世界に旅立つ日本人が少なくなったというが、それなりに大志をいだいて旅立つ若者に日本の社会がうまくフォローしていくべきだと思う。

 伊丹空港は、結構洗練されてきて、それなりに時間を過ごしやすいのがいい。

 005_2 それに地の利が問題だが、我が家から車で30分でいける。

 3階では、モダンなグッズの店と、展望デッキは依然と様変わりし、ウッド床で埋め尽くしている。

 娘は、12時発の全日空羽田行きに乗る。そのあと成田に移動し、それからシンガポール直行で帰る。

 搭乗手続き入口で彼女を見送った後、展望レストランで食事しながら、その飛行機が飛び立つのを見送ったというか、実際どの飛行機か実際のところわかりにくかった。

 010 駐車場に戻り、空港を出ようとしたが、車の中に置いたはずの駐車券がみあたらない。

 まさか取られたはずもなく、社内からドアを開けた瞬間に、外に飛び散ったかもしれない。

 対応しようがなく、とりあえず出口まで言ってみて係の人を探した。

 ちょうど事務所から出てきた人がいて、聞くと清算機自身に紛失ボタンがあるという。

 どうも入場のとき、ナンバープレートを感知しているらしい。

 それで紛失ボタンを押すと、、そのデータを感知して値段を割り出した。

 これにはちょっと感動した。

 一時は倍の値段を払わされるのかと思った。

 冷静に考えると、たくさん利用している中でこういった紛失のケースが多々あるのだろうと納得した。

 あと妻が西宮職員会館に行く用事があるので、そのまま送っていった。

 家に帰ったのは、午後1時半だった。

 娘がいなくなった寂しさはあとから出てくるもので、ちょっと虚無感に襲われた。

 それで、10枚以上のCDをウークマンに入れこんだりしたが、まだ物足りなくて、郵便通帳の入金の用事もあったことに合わせて、Iponeの購入契約い踏み切ることにした。

 財布と通帳とハンコと運転免許証を持って、ソフトバンクの駅前店に行った。

 行ってわかったが、今使っているau携帯の予約番号を知る必要があるという。それで電話番号をそのまま使える。

 ごく近くのauショップに行き、それも簡単に教えてもらえて、あとソフトバンク店で手続きを続け、あっという間に電話の契約はauからIponeに変わった。

 今日はちょっと思い切ってしまった。

2010年11月27日 (土)

ウオッシュレット自分で交換、工事の一日

001  今日はひさびさの2日連続休みなので、六甲ヒルクライム挑戦しようかと本気で思ったが、昨日の懇親会がたたった。

 朝は、7時30分を超えないと起きられない。なぜか吐きそうな具合。

 ヒルクライムは中止だ。 

 それに洗濯物が手つかずになっている。それに昨日ホームセンターから電話で、頼んでおいたウオッシュレットのシステムが入荷したという連絡があったので、それを取り換える必要があった。

 それに土曜日なので、10時半ごろコープの共同購入のトラックが来る。

 まあ家にいるとそれなりにすることが多い。

 それで今日の計画は、トイレウオシュレット取り換え工事を第一とした。

 コープの注文受け取りをすませ、ロイヤルホームセンターにクルマで向かう。

005  受け取りと支払いを済ませ、次いでにそのまま築地の「戎湯」へ入泉しに行った。

 浴槽に体全体をつけた瞬間は、もっとも幸せを感じてしまう。

 ちょっとうれしい。

 湯から出て、帰りは2号線に入るが、道路ぞいにあるM銀行で入金。住宅ローンの支払いだ。

 まだ湯の温もりが残ったまま、家に帰って食事。

 その後はしばしテレビの「十津川警部ブルートレインはやぶさ殺人事件」を見る。

 ちょっと悲しい医療過誤と悪徳病院長の話だ。

 あと妻がまもなく帰ってくると電話が入った。

 ということは、ウオシュレットの工事は、妻が返ってからにしないと、工事が長引いたまずい。

 しばしピアノに向かい、時間をつぶす。

 なかなか帰ってこないので、Cメールを入れる。

 結局4時まえに帰ってきた。

 緊張感をもって、説明書に目をとおしながら、工事にかかる。とかく取扱説明書は、理解しがたいことが多い。

 ウオシュレットの大きさはまちがっていないと思うが、部品がそれぞれあり、対応まちがいか慎重に作業する。

 まず今使っていて壊れた方を取りはずす。

 15年のよごれがこびりついていた。

 010 新品の方を取り付ける。一度パッキングのゴムのハメる個所を間違っていて、水の栓を開くと少し水がもれてきたが、なんとか正しいと思う個所につけかえて、無事水漏れがなくなった。

 そのあと電気のコンセントをつける。ただアース線をつけるのに結構場所が奥にあるので、戸惑った。

 しかしなんとか1時間以内で完成。

 みごとに終了した。工事代3,000円得した。

 1時間の作業だが、あと結構疲れが出てきた。

 六甲ヒルクライムはできなかったが、休養と生活改善ができたことはうれしい。

 明日は4日だけ帰郷していた娘がシンガポールに帰る日だ。

 彼女を見送るのが一大イベントだろう。

 

2010年11月26日 (金)

週末は今日も懇親会

001  週末だが、今日の一番の課題は、夜の懇親会だ。

 それで今日は電車通勤となる。

 朝の駅はやはり忙しい人が多い。

 今日は仕事上何人かが慰安旅行ということで、出勤者が少ないので何かと忙しい。

 あたふたと時間が過ぎ、5時になってしまった。

 今日の本命は、それからだ。

 梅田のヨドバシカメラの北側に弥生会館がある。

 昔、JRが国鉄と言われていたころから社交場として運営されていた会館だが、今もいろいろな団体が使用している。

 それにしても梅田北ヤード跡と大阪駅は見事に変わりつつある。

003  懇親会は住宅関係のメーカー業者の交流ということになったが、30人近く集まった。

 9時には会館の終了時間のため、そこで終了した。

 梅田には最近ほとんど来ない。

 どんな変わり方をするのか

楽しみでもある。

2010年11月25日 (木)

疲れているのにペダルは回る 娘がまた外国から帰ってきたせいか

001  今日は、今週まだ2日しか自転車で通勤していないというのに、なぜか疲れている。

 昨日夜やった「真向法」という柔軟体操をしたせいか、仕事で岸和田まで訪問したが、面談できなかったせいか、よくわからないが、とにかく疲れている。

 しかしペダルを回していると疲れは残ったままだが、「あれいけるやん?」という感じになってしまう。

 というか、今日の仕事が2つも会議があることが精神的に疲れていたのかもしれない。

 それで職場には、8時46分到着した。

 まあ仕事に入ってしまえば疲れも忘れてしまう。

 あれよあれよと時間は過ぎた。

 2つの会議を終えたとは、6時過ぎだった。

 疲れはやはり残っているのでセーブして走った。ところが淀川大橋を抜けるところからロードバイカーがついてきている。

 尼崎にはいるあたりでぬかしてきた。

 こちらも相手のスピードを図っていたが、なんとかついていけそうなので、ピッタリついてしまった。

 この走りかたは相手の立場ならいやだろう。

 しかし自分の脚も試してみた。

 途中左折車が間に入り、間があいた。

 途中で進路を変えたようだ。見えなくなった。

 ちょっと無理したが、今週はもう自転車に乗る機会がないのでいだろう。

 明日は、また宴会に参加しないといけない。

 それにしても今日迎えにいけなかったが、シンガポールから娘が戻ってきた。

 今度も友達の結婚式出席が目的だ。ただ28日にはまた旅立つ。 

 束の間の帰国だが、ちょっとうれしい。

2010年11月24日 (水)

2度あることは3度ある。 ビール缶を今日も袋から落としてしまった。

001  朝は思ったより寒くない。

 稲川橋温度表示は12℃だ。

 今日の出がけの時間を考えると、どうもサッシーが後ろからやってくるのではないかと想像していたが、ピッタリ当たった。

 歌島橋の次の交差点で待機中、彼が後ろから来たではないか。

「今日は出会うと思っとったわ」

 そのあとは礼儀上、一応淀川大橋を先行して走った。前にもよく出会うグリーンロードの青年がいたので、ちょっと追いかけていた。

 そのまま野田阪神交差点まで走り、サッシーと別れた。

 そこからグリーンロードの青年に接近するが、先の信号で先に行かれた。

 職場には8時46分だった。

 仕事では、午後から岸和田まで行く用事ができ、南海電車に乗ったが、途中「浜寺公園」駅が気になって、通り過ぎるときを待っていた。

 なにせ全国でも珍しい明治時代の木造駅舎で文化財になっているのだ。前に阪堺電車でここまで来て正面は見たが、中には入らなかった。

 その駅は通過するので、さっと瞬間駅舎の中が目に入った。意外とちいさかった。

 堺、岸和田あたりを電車で走ること自体興味がある。

 職場に帰ると4時半だった。

 しばし時を待って帰る用意。

002 帰りは、最近代えたコース、新なにわ筋直行で走る。

 帰りはちょっと寒い。

 それしても今日ひさしぶりに着たグレーのレーサータイツがなぜか走りやすい。

 買ったときは、かなり固い素材なので、履くのもたいへんだったが、適当な柔らかさになっている。004

 気分快適で帰りのルートを走る。

 そんなとき今日の夕食のメニューを思いついた。

 寒さの季節によく、作るのが単純。それが「 肉じゃが」だ!

 コープに到着し、じゃがいもなど食材を買い、次いでにプレミアムビール6本セットを給料日z前日だというのに買ってしまった。

 ハンドルに食材セットのビニール袋と、ビールの袋と二つをくくる。

 ところがである。

 しばらく走ったあと、小さい四つ角で右から車が来たので、ブレーキをかけた瞬間、ビールをくくっていた袋がほどけて道路に落ちた。

 「やばい! おまけのガラスコップが割れたか」と思ったが、コップは無事だった。

 もう一度袋を拾いおうとしたとき、近くを自転車で走っていた若い女性が、その袋から何故かこぼれた1缶を拾ってくれた。

 「ありがとう」とお礼を言う。

 拾ってもらわなかったら暗くてわからなかったところだ。

 何事も助け合い。きとくな人はたくさんいるのだ。 

 ちょっとうれしかった。

 しかし昨日から連続で、なぜかビール缶を落としている。 

 ただ食事のときのビールはうまかった。

2010年11月23日 (火)

待ちに待った休日を味わう

001  とにかく今日は、自分的にはひさびさの休日という感じで、朝時間を気にしなくていいし、夜までさしたる予定がない。

 これが精神的には完璧だ。

 ただ、いつも起き上がる6時半より前には目が覚めていた。

 しかしそのまま目を閉じる。

 次に目が覚めたのは、7時10分だった。 

 「まあ、いいか」という感じで、布団から出る。

 まずやることは水を飲み、コーヒー豆をミルで粉にする。それからサイホンコーヒーメーカーにセットする。そしてトイレに。

 しばらくして妻も起きてきた。

 そのことから昨日の酒の影響というか、どうも体の調子はいいとは言えない感覚になってきた。

 「てっぱん」(連続テレビ小説)を見て、歯を磨いたり、着替えたり、洗濯物をたたんだり、干したり結構することがある。

 一息ついて、妻とホームセンターに行くことにした。

 というのは、もう2週間ほどになるが、わが家のトイレのウオッシュレットが故障して、水が出ていない。それでやむなく新しいものを探そうということになった。

 すでに15年使ってきたので、まあ限界かという感じだ。

 量販店コジマも念のためたちより、次に家から自転車で20分ほどのロイヤルホームセンターに2人で行った。 

 便器語と替えると14万円ぐらいかかるらしいが、そのコーナーで値段を見ると、2万円台であった。しかも工事に来ておらうまでもなく、自分で水道の栓に取り付け、電気部分はコンセントにハメるだけらしい。

 種類はいくらかあったが、TOTO製で温風の付いているものを契約した。 

 ただ今日は在庫がないので、取り寄せ後連絡をもらい、その上でもって帰ることにした。

 まあしかし一件落着。

 ついでに庭の果樹用に油かすを買った。

 これで今日のやりたかった目的は終わった。

 家に帰ってうどん風パスタを妻が作って食べた。

 あとは惰性。テレビで殺人事件ヅラマをだらだら見たが、そのうち昼寝に。

 すでに床暖房スイッチをONにしているが、気持ちいい。

 夕方から発奮し、風呂を掃除し、予約設定した。そのあと、なぜかなくなりかけた石鹸洗剤とコーヒー豆のことが気になって、突然買い物に行くことにした。

 自分ご用達の豆珈房と洗剤などを買うコープ立花は逆コースだが、最短コースを考えて軽いサイクリングだ。自転車は3男の内装3段式一般車。

 空気を入れなおしたのでよく走る。

 コーヒー豆を買ったあと、まずコープの横にあるコープリカーショップによりビールを買った。 

 そのあとコープの駐輪場に自転車を止め、珈琲豆とビールの袋をもって店に入った。

 ところが、1階で野菜などを買って、エスカレーターで2階に乗ったとき、ビールが1缶ポロリと落ちた。

 すぐ袋に戻そうとしたら、なんと6本買ったはずなのにもう1本しか入っていない。

 ややパニックになり、エスカレーターを一階に戻り、落としていないか、荷物置き場もみたがどこにもない。

 ひょっとして自転車のかごに置き忘れていないかといったん店を出て、駐輪場にもどると籠にちゃんと4本残っていた。どうも買ったときもらったビニール袋が薄かったので、やぶれて籠に残ったらしい。 

 それにしても誰かが取っていってもやむを得ない状態だったが、ちゃんと残っていた。

 まあまさか中身の埋まったビール缶4本も自転車かごに置きわすれているとは誰もきずかないかもしれない。

 005 ホッとしてまたコープに戻り、必要なものを買いそろえ、家に帰る。

 それにしても昼からは寒い日だった。

2010年11月22日 (月)

懇親会連発! まあいいか

001  昨日は日曜日の会合と懇親会で結構こたえたが、今日は出勤日なので、いつものように起きて支度にかかった。

 しかし今日も夕方からの会議のあと懇親会だ。

 まさに連発の酒の会となる。

 朝は、当然電車通勤となったが、駅までの経路では、ケヤキの並木の落ち葉が秋らしさを表していた。

 しかし昨日の飲みすぎが影響していて完全に二日酔いだろう。

 

 ただJR東西線に乗車して、いきなり坐れたのがめずらしいが、助かった。

 それでも下車駅の海老江の登り階段72段は行かざるを得ないしょう。

 職場について、やはり疲れがお腹に来て、調子が悪い。

 なんとか仕事をこなす。

 やはり人間土日はゆっくり休むべきだろう。

 兵庫から来てもらった事務局との会議を終えて、いよいよ懇親へ。

 やはり乾杯は難波界隈がいいか。

 明日休みなのが救われる。

 ただ今日の懇親は楽しかった。

 帰りはいつもの電車通勤の経路で地下鉄千日前線からJR東西線に乗り換える。

 仕事を終えた帰りはやはりウオークマンでミュージック。

 なぜか最近はビギンを聞く。

 気落ちのいい帰宅だった。002

2010年11月21日 (日)

日曜日の出勤は辛い

002  日曜日はサラリーマンにとってはとっておきの休日のはずだが、今日は自分にとっては、会議のため出勤の日だ。

 ただ午後4時からの会議なので、朝は十分休できる。

 ところでおとといの日経新聞の記事の中で「赤信号渡らせない」とい警察の信号対策のことが書いてあった。

 なにせこの9か月で信号無視による死亡事故で124人が死んでいるという。

 もっといそうな気がするが、しかしとにかく100人以上の人が信号無視によって命を落としているのだ。

 それで、その信号の待ち時間を表示したり、時間を短縮したりするらしい。

 しかしぼくの言わせればすべての信号のある交差点はすべてスクランブル信号にすべきだ。

 信号の左折車の巻き込み事故はきっと多いらしいし、信号が赤で進入する自転車、歩行者が多い。

 とにかく信号は100%守るべきだ。誰のためでもない。自分のためだ。

 ところで朝は、尼崎市長選挙投票日なので、先に近くの小学校に行き、あとはなにやかやで昼になる。

 午後からは少し時間があるので、ピアノを弾いたり、テレビで鈴鹿レースをみたりした。

 もちろん出勤は懇親会で酒が出るので、電車で行く。

 そんなこんなですべて終了するのが、夜9時20分。

 日曜日だというのに、ハードだ。

 まあ、明日はがんばって出勤するしかないでしょう。

2010年11月20日 (土)

忙しいときは、それを楽しみしかないでしょう!

001  先週の週末も職員旅行とサイクルモードなどそれなりにスケジュールが詰まっていたが、今週はさらに、今日は午後から職場の理事会と夜は地域、流れ星少年団父母会、それに明日はまた午後からだが、4時から会議と懇親会、ほっとする時間は午前中だけだ。

 まあそれでもその中で後ろ向きな気持ちいになるより、何か楽しいことを考えることも精神的には疲れかた違う。

 それで今日はその意味もあって、ウイークデーと違った気分で自転車に乗る。

 そうするとまた自転車の楽しさが湧いてくる。

 ただ、極めつけは、大阪後半の走りで長堀通りを通り過ぎるところで、左折車線と直線車線の間を入るが、うしろからかなり乱暴そうなトラックがクラクションを鳴らしてきた。

 恐れず条件反射て的に「うるさいぞーーー! ばかやろう!」と後ろのその車を睨んでどなった。

 こともあろうか、その車は左折せず、直進しきて、うしろからやや接近してきて、走っていった。

 挑発することはよくないが、威圧的な車の行動には容赦なく声をはりあげる。

 ただ逃げることもつねに頭に置いてのことだ。

 これは楽しいことをする話ではないが、すっきりはした。

002  職場について、ストレスも多いが、会議後、スーパー銭湯に行くこともあとの楽しみだ。

 会議は4時に終わり、躊躇なくそのまま尼崎、蓬莱湯をめざす。

 淀川大橋を超え、すぐ川ぞいを下流に進み、43号線に入る。

 今日はそのあとの信号のタイミングが調子よく、一気に出屋敷から次の運河に到着した。

 そこからいったん歩道にあがり、大回りして道路下のトンネルを北に横断する。004

 そこからあっという間に蓬莱湯に到着。

 4時50分だった。

 ここの湯はまだまだふんだんに湧き出ているようだ。

 地元の客が圧倒的だが、5時ごろでもそんなに込んでいないのが助かる。

 ゆったり浸かって家に向かう。

 007 ホカホカあたたまって、家に帰ると気持ちがいい。

 次は、7時半からの流れ星少年団の父母会。

 まあこちらは気心が知りえる人ばかりなので、気は楽だ。

 会議の流れは合理的ではなく、いったりきたりの話だが、それはそれでいいのだ。

 9時過ぎ、ようやく今日のスケジュールは終了。

 会議場所から家までは5分ほどだ。

 家に帰って、もう一度風呂で頭を洗い、風呂から上がってビールを飲む。

 ククー。 幸せの一瞬だ。

2010年11月19日 (金)

やっぱり自転車通勤命!

001  ついに稲川橋道路温度表示が8℃をしめした。

 今年後半の最低温度だ。

 しかし今日の朝のように日差しがまぶしいと、自転車通勤びよりだ。

 最近までどうしているんだろうとときどき思っていた、キルティング青年、いやビアンキクロス青年が走っているのを、今日はひさびさに見た。

 声をかけたこともないが、元気で走っているのでうれしい。

 もちろん抜かさせてもらった。

  淀川大橋を渡るときは一部トライアル的なところがあって、路肩すれすれにアスファルトが山になっている。その歩道との間すれすれを走るのだが、これがまたおもしろい。

 職場には8時48分ぐらいに着いた。

 仕事はほとんど明日の会議の資料つくりと印刷。

 今日はなぜかモチベーションが高い。朝はやくからその仕事に集中する。

 午後4時にはやるべき作業は終えた。それでなぜか一度に疲れが襲ってきた。

 5時の終業チャイムを聞いて、机の整理をし、更衣室へ。

 職場を出たのは5時25分ぐらいだろう。

 2,3日前から帰るコースをなにわ筋北上ではなく、新なにわ筋まで西を走る。

 003 つまり朝来るときのまったく同じコースを逆に走る。

 このほうが、ちょっとトータルのタイムが短縮できているようだ。

 6時20分ごろコープ立花に到着。今日も横の宝くじ売り場の西田敏行の声が自分としてはしらけて聞こえる。

 今日は定番カレーの日。その食材を探す。

 毎週同じ具ではおもしろくないので、その都度アレンジしている。

 今日は肉の代わりとして、鶏の胸肉と牛筋を買った。

 何かしらやはり金曜日は開放的な気分だ。明日も出勤ではあるが。

2010年11月18日 (木)

ジャズライブを満喫

002  今日は、自分たちの職場で取り組んだ「組合まつり」のイベントステージに出演していただいた加藤洋子先生(精神科医師)のジャズライブがあると先生から招待状をもらって、夜に出かけた。

 御堂筋なんばと心斎橋の間にあるビルのラグタイムというライブハウスが出演場所だ。

 ライブ開始は実際は午後8時開始だが、7時半からと招待チラシに書いてあったので、その前に近くのラーメン屋で腹ごしらえをした。

 それにしても難波近辺は、夜の店が乱立している。

 人通りもこの不況下、表面上は人通りが多い。

 001 その店は、入ったところに食券販売機があり、それで注文する。ちょっと軽い。

 それでラーメンと餃子を頼んだ。

 となりの席ではまっかな盛り付けの辛子ラーメンが来るのを見たが、「からー!!」という声が聞こえたが、「あたりまえやろ」と心の中で言っていた。

 まあこれが夕食になったわけだが、しばらくして、ライブ会場に入った。

 しかし誰も来ていない。

 1階には19:00から①と書いてあったのだが、これは間違いで、20:00からが①ステージらしい。

 「どれがほんまやねん」と思いつつ、じっとがまんして、誰もいない席で、白州のハイボールをちびりちびり飲んだ。

 003 時間を持て余してもつらいので、鞄の入れている本を読むころにした。

 今読んでいるのは、ディヴィット・ハルバースタムの「朝鮮戦争」。

 第二次大戦とベトナム戦争の間に隠れて、忘れさられつつあるが、この戦争はいまだアメリカ、韓国と中国、北朝鮮の間で休戦状態であり、戦争終結は宣言されていない。

 それにこの本に関わって不思議なのは、この本の作者が、ゲラの原稿を完成させて、印刷のかかる手前で交通事故で死んだということだ。

 殺人も考えてしまう。

 内容もアメリカが戦争初期に、今北挑戦の首都、平壌まで進入したが、突如中国が参戦してきて、ずっと南に撤退するという話から始まる。

 ちょっとはまってしまいそうだ。

 そんな本を会場で読んでいたら時間はあっという間に過ぎ、出演者も来場して、会場もうまってきた。

 1時間の①ステージを聞いた。やはりライブはいい。トークあり、演奏もリラックスしていて楽しい。ハオボールをなんとか2時間もたせて、午後9時に第一ステージが終わった。

 観客はほとんど第二ステージを視聴するのか、動こうとはしない。

 ぼくはもう9時を過ぎているので、出ることにした。

 会場を出て、外を見ると夜を楽しみ若者がひしめいていた。

 また明日は自転車生活をしよう。

2010年11月17日 (水)

行きも帰りもスピードアップ

002  この数日誰にも合わないが、サッシーが2号線を走っているのを昨日、一昨日と見送って、そのままだったので、今日はひょっとすると後ろから落ち着いてくるだろうなと予想できる時間に家を出た。

 その通り、尼崎で玉江橋を過ぎてしばらくしたところでだっ彼が後ろから来た。

 サイクルロードに行ったことは報告しておきたかった。

 そのあと前を引いたが、すぐ先頭を変わってもらって、後をついたが、彼もややヒートアップ。

追いつけない状態だが、スピードアップせざるを得ない。

 なんとか離れないようについていく。野田阪神では別れの挨拶もしたい。

 一人で走っているときよりモチバーションが上がってしまう。

 そのまま野田阪神で別れの言葉を言って前を走る。

 途中知らないローダも付いてきていたが、目に入らない。

 職場が近づいて、ちょっと信号のタイミングを逸し、タイムカードは8時46分ごろだった。

Photo  ところで、昨日書いたマイデジカメ、カシオEXILIMが復活した。夜ずっと除湿機で水分をとっていて、朝もさらに除湿したが、ほとんど元の状態だ。

 これは奇跡的かもしれない。それともカシオのデジカメの性能がすぐれているのか。

 ただ、このカメラも実際工場で手をかけたのは、派遣社員の待遇の人たちではないかと思ったりする。

 それにしても復活したことはありがたい。

 

 ちょうど同じタイミングで職場のキャノン製デジカメもディスプレイが液もれで修理に出した。

 それも今日修理完了の連絡が入り、午後からすぐ梅田のキャノンサポートセンターに出かけた。

 そこで窓口の人に、自分のデジカメが洗濯機に浸かって、しばらくその中で回転し、そのあと除湿機で乾燥させて元通りに復活したというと、驚いていた。

 夕方はもろもろで、帰りが5時半になってしまった。

 急いで着替えて、自転車の場所に行き、帰路へ。

 昨日から帰路のコースをなにわ筋から新なにわ筋に変更した。

 どうもこの方が途中までは早いようだ。

 そのあと野田阪神で一人クロスバイクの男性を抜いたが、そのあと尼崎まで着いてこられた。その期間はどうしてもスピードアップしていた。

 003 それから玉江橋を過ぎたあたりで、後ろに「日本一周」と書いたのぼりをつけて走っている青年発見。

 「がんばってや」と激励のあいさつをして先を走る。

 次の交差点で追いついてきて、会話したが、富山から新潟に進み、本州を一周して大阪から尼崎にやってきたらしい。大学を休学して走っているという。

 動機は聞けなかったが、21歳と言っていた。

 そのあと別れてからそんな青年と出会ったことで鳥肌がたった。

 ちょっとうらやましい。

 そんな人が走っているのを見ただけで元気をもらえる。

 自転車ならではの出会いであり、感動だろう。

 

2010年11月16日 (火)

デジカメを洗濯機で洗ってしまった!!

006  日に日に寒さが堪えてくる。

 ところで昨日はお風呂に入る

前にいつもウェアの後ろポケットに入れているデジタルカメラを取り出すのを忘れてしまい、そのまま洗濯機の中に入れてしまった。

 それはあとのまつりで、風呂から上がって、気づかないまま、スイッチを入れてしまった。

 食事のあと、ブログを更新するため、カメラを手にしようと思ったが、ない!

 しばらく探していたが、見つからない。

 そのとき洗濯機は、ギー、ギーと異音を発していたが、まさかその中に入っているとは思わない。

 しかしそうとしか考えられない。

 洗濯機からその日来たウェアを取り出し、後ろポケットを探すがない。

 やはり別の場所かと、一度否定したが、もう一度洗濯機の中全体に手を伸ばすと「あった!!!!」

 かなりおどろきというか、ショック。

 リビングに戻って、水をカメラから出そうと、ふったり綿棒で拭いたりしてみた。

 スイッチはまったく作動しない。

 あきらめきれず除湿機の上にじかに置いて除湿してみる。

 ちょっと効果あり。後ろのディスプレイの曇りが消えた。

 しかしまだ画面は画像が出ない。

 そんなこんなで今日を迎える。

 とにかく朝は撮影をあきらめているが、とにかくウェアのポケットに入れた。

 今日の道路温度は10℃。決して最低ではない。しかし寒い。

 2号線に入る前、サッシーが通り過ぎるのを見たが、だいぶ先を走っている。

 それで追いつくのは不可能だとあきらめ、マイペースで走る。

 ロングタイツはやはり足の抵抗があって、回転をそがれる。おまけにあきらかに向かい風なのだ。

 結構つらい走りだった。バナナを今日は食べなかったので、後半の回復がないまま職場に着いた。

 話は飛んで夜帰りの走行を終え、家について、デジカメをすぐ除湿機に乗せる。

 それでまたちょっとよくなって、撮影モードでモニターに画像が写る。

 001 それで写したのがこの自画像。

 まだ少しぼけている。

 ただ、だんだん回復してきた。

 ちょっとうれしい。

 やはりデジカメは自分の生活には必需品だ。 

2010年11月15日 (月)

バナナパワーを知る朝の通勤だった

 考えてみると昨日のサイクルモードへの自転車移動は、旅行がえりの朝ということを頭に入れていなかった。

 今日の朝もまだ疲れは残っている。足の筋肉通もある。

 しかし仕事の日は、行かねばならない。自転車で行かねばならない。

 朝自分で作ったが、昨コープで買ったバナナを入れたヨーグルトを食べた。これが幸いしたのか、出発時はまだ疲れをひきづったまま走っていたが、距離をかせぐうちに調子がよくなってきた。 

 最近のテレビでバナナを毎日食べているというアスリートを記憶しているが、これはたしかに運動エネルギーを作り出すような気がする。

 そんなこんなで、出発は少し遅れたが、8時47分ごろ職場タイムカードを押した。

 4階までの階段も苦にならない。

 今日の仕事は、金曜日から職員旅行で職場に来ていないので、新聞の切り抜き、情報収集に明け暮れる。

 夕方からは、特設音楽バンドで練習。まあ初めて集まる職場のメンバーだが、それなりに一緒に演奏してみると楽しい。

 ひとしきり練習し、午後7時に終了。

 それから帰りの走行に。しかし今日の夜は寒い。

 それにしても信号無視の自転車、歩行者があまりにも多い。

 ただもっと悪質なのは、あきらかに赤信号の中を堂々と進入した10代の男性が運転するバイクがいたことだ。

 「こら、こら、こら、何してねん。ばかやろう」と大きな声でどなる。

 彼は少し後ろを振り向いた。まさかどなる人がいるとは思わなかったのだろう。

 ただその注意はきっと彼の記憶の中に残るだろう。 

 道路では、やはり悪いことをすれば怒られることがあるんだ。とそう認識してほしい。

 誰も注視しない状態の方が怖い。

 まあこんな道路の状態で、死亡事故者数が毎年減っているというのだから、不思議で仕方がない。

 警察はむしろ重度の怪我をした人の人数の比較。せめて一週間たった時点での死亡者を発表するほうが事実にもとづているといえるだろう。

 とにかくみなさん。もっと悪質、危険運転は注意しよう。

2010年11月14日 (日)

サイクルモードイベントに出かけてしまった

001 昨日までの白浜旅行の残照を頭に残しつつ、朝起きて思い出したことがある。

 今日はサイクルモード開催2日目だった。

 どうしようかちょっと迷ったが、ナンバサイクルでチケットをもらっているし、昨日夜体重計に乗ったらなんと64kg手前になっている。

 基本は最近体重が増えきても61kg前後だからやばい。

 それでとにかく体重を落とす目的でサイクルモード会場、インテックスおおさかまでビアンキロードで行くことにした。

 盗難の危険もなくはないが、すでに8年乗り続けた長老自転車? 

 とられることはないだろうと高をくくって出かけた。

 いつも通る道で職場のある難波を通り過ぎ、住之江目指し南下した。

 さすがにロードで行くと早い。1時間半ぐらいで着いた。

 インテックス1から3号館までに展示されていた。着いてすぐ通勤仲間、イケッチとZUZIE君に電話。しかし2人とも昨日来ていたらしい。

 とにかく中に入ってみた。003

 イケッチ君と通勤でしゃべっていたとき、何か出展メーカーが減ったと聞いていたので、ちょっと先入観をもってきてしまった。

 ちょっと気がついたのは、今若者に普及しているバンク用シングルギアー自転車の出展メーカーが増えていることだ。

 それと来場者のファッションは多種多様というか、いろんな着方があるんだなと思ってしまう。

 010 それから去年みたBMXのトライアルのパフォーマンスや出展をみなかった。

 1号館に最後に回ったが、去年と同じ舞台があって、ちょうど11時半になりかけていたが、疋田智さんのトークがあり、もうそろそろ帰るろうか思っていたときだったが、最後まできいてしまった。012

 自転車の道路環境はちょっとずつだが、前進しているという話と、その速度はまだまだ遅く、矛盾の多い自転車専用道路が逆にあるらしい。

 僕の住んでいる尼崎の自転車専用レーンを甚くほめていたが、まだ6kmのエリアだ。

 それとちょっと観客の反応が気になった。十分共感したのか、「はあ、そんな考えもあるのか」と思っているのかわからない。

 左側通行遵守、自転車は本来道路を走るのが基本ということなどはじめて聞いた人もういるような雰囲気だ。

 ぼくは大いに共感した。とくに歩道を走る自転車と車の事故が車道を走る自転車との事故よりずっと多いという話はその通りだ。ぼくもたまたま歩道に入ったときにクルマが車庫か何かに入るために、歩道に強引に進入してきて、ひやっとしたことがある。

 つまり車からは歩道を走る自転車の動きはわかりにくいのだ。

 30分あっというまに過ぎて話は終わった。

 ぼく自身は、指摘すべきこととして、交差点に多い一枚板でわずかに湾曲しているガードレールのことを言ってほしい。 

 実際あのガードレールにぶつかって片足を切断した人のことをテレビで聞いてことがあるが、おの上を並行に飛ばされたら確実に体が切断される。危険極まりない。

 さてそのあとすぐ駐輪場にもどり、帰ることにした。駐輪場ではおいてある多くのロードバイクを品定めしている人たちがいた。

「ははあ、そういった楽しみかたもあるんだ」と感心する。009

 帰りは住之江公園の方に戻るのに右往左往し、南港を出るのにだいぶ時間がかかった。

 それに朝走った道にもどろうとしたのだが、曲がり方を間違え、とにかく大正区にはたどり着いたが、そのあと此花区の地下通路の方に向かっていた。

 まあ、サイクリングと思ってしまえば楽しいのだが、家に着く時間は遅くなる。

 それに昼に出発したので、昼食のタイミングが遅れる。

 やむなく途中のコンビニでおにぎりを二つ買ってたべた。

013_2 家には2時半に着いた。

そんなこんなで、現地で見学していた時間を除いて3時間半以上走っった勘定になる。

 淀川大橋を通り、いつもの通勤経路を走っているときは、ほっとする。

 家に帰って遅い昼食。

 そのあとはしばしうたたねしてしまった。

 まあしかし来年もロードに乗っていこう。今度は新しい自転車を買っているかもしれない。

 ただまたビアンキになるか、それとも心変わりしてトレックにするか、できたら両方ほしい。

 ナンバサイクル息子さん。いつもいろいろありがとう。

2010年11月13日 (土)

和歌山再発見! 職員旅行で白浜へ行く

028  毎年職員旅行は、その1コースに北海道などスキー旅行だったが、今年はそれがボツになって、白浜へ行くことになった。

 和歌山はもともと自分にとってゆかりが深い。

 というのは、僕の両親の出身が和歌山だし、苗字につながる土地は、高野山のふもとに集中している。

 それになぜか長男が田辺市で釣りのルアー製造などのカリスマ社長のもとで働いている。

 今や大阪なんばから3時間もかからず白浜まで到着する。

 初日の観光目的は、白浜アドベンチャーワールド。その場所は地の利が悪く、年々来客が減っていたらしいが、近年いろいろ工夫しているのと、パンダの双子の赤ちゃんが有名になっていて、客数は上向いているらしい。

 014 マリンライブはよかった。たしか最近土曜日朝10時、朝日テレビの番組で、新人インストラクターの試験挑戦の姿を放映していた。

 その女性がどの人かわからなかったが、さしかに単なる調教ではなく、インストラクターたちがイルカと一緒に演技し、解説などいらない。

 それを堪能し、すべての会場を見て回った。

 自動車で見て回るサファリワードや、双子のパンダを見た。

022 あとびっくりしたのが、そんなに目立つところではなかったがカバのエリアにいた大人のカバだが、 027 見たことのない大暴れをしていて、口を大きく開きながら、動きまわり、挙句の経てに、池の中をひっくり返ったりしているではないか。

 これはサプライズだった。

 ふたごパンダ、海浜(かいひん)、陽浜(ようひん)のエリアは、さすがに公開の時間が限られているので、長い列ができていた。

 たしかにかわいい。

 「たちどまらないように」と言われるので、ワンチャンスでシャッターを押してその場を出た。

 そんなこんなで動物との出会いを堪能し、夕方ホテルにむかう。

 白良浜グランドホテルはかなり古くから営業しているようだが、建物は何回かの建て替えをしているのだろう。新しい雰囲気がある。

 従業員の客に対する接し方もかなり教育されているようで感じがいい。

 場所の白良浜の北端ですぐ前が砂浜だ。

031 ただ、白浜は観光地としては、ピークを過ぎたというか、今注目されるところではない。

 ただ大阪湾一帯の中では一番砂浜がきれいかもしれない。

 それだけ堺の浜寺の砂浜を破壊したのはもったいなすぎる。

 ここはいつまでの保存してほしい。

 翌日朝食のあと、同室のNくんと砂浜周辺をみて回ったが、

無料の温泉施設があるし、300円で入れる外湯が2か所あった。

 朝の出発まで時間がそんなに残っていなかったので、利用できなかったが、今度来たときはぜひ入ってみたい。029

 2日目の企画は、梅干し工場での体験と中野酒造見学。

 梅干工場は、テレビのスマスマでも登場したところらしいが、たくさん梅干し製品を見せてもらい、試食した。

 口が梅づくしになって、昼食に中華料理を食べ、リセットし、午後は、道路が渋滞の中を海南市にある中野酒造を見学し、今度はたくさんの試飲をし、酒つけになった。

 ただこの酒造会社は、杜氏を雇わなくなったとか、酒のタンクがかなり機械化されているし、会社設立が昭和30年代と聞き、こういったところでは老舗とはいいにくい。

 037 まあしかしそうは言ってもせっかくだから、はちみつうめ酒を買った。

 前後したが、ホテルから一番先には、同じ白浜にあるとれとれ市場に行った。

 かなり広い売り場が並んでいて、試食できる梅干しからお菓子からたくさんある。

 ただ僕は土産に選んだのは、湯浅醤油だ。

 ありきたりなお菓子はやめて、ここでしかないものを選んだ。これはご近所と自分の家ようだ。

 みやげではないが、その場で買って、バスのなかで飲んだしぼりたてみかんジュースはなかなか気にいった。032

 まあ2日間比較的オーソドックスな旅程には見えるが、それぞれになかなか悪くない場所だった。

 和歌山、白浜はなかなか侮れない。無視できない。

 もう一度近いうちに来てみたい。

2010年11月11日 (木)

尖閣列島映像映像流出問題に一言

005  昨日から報道機関で尖閣列島漁船衝突映像の流出についてのニュースがにぎやかだ。

 自分の考えを端的に言えば、「よくやった」と言いたい。

 中国を刺激するからとか、何やかやで隠そうとしてきた民主党政権の態度が腑に落ちない。

 領土問題に拡大することを恐れる前に航海上で他の船にぶつかってきたという事実、しかも外国の警察機関に対して作為的にやった行為は、領土問題以前の問題だ。

 中国に船長を帰すのをよしと譲歩しても、あの映像を一緒に渡せばいいではないか。それで中国国家の方でその船長をさばくように要求すればいい。

 だから秘密データにすること自体がおかしい。

 それに実際は一部の国会議員に対して公開しているのだから、守秘義務をすでに離れている。

 それに今回の海保の当事者がその行為をしなければ、僕たちも実際の映像はこの先見れなかったかもしれない。

 だいたいNHKやその他の民間テレビ局は、映像が出たことを理由に自分がさも正統な立場だというように、流された同じ映像を流しているではないか。それjは許されて、最初の映像は許されないのか。

 ちょっと矛盾を感じる。

 とにかくあの海上保安庁職員を罰するべきではない。

 ということがぼくの意見だ。

 明日は職員慰安旅行で白浜に行く。

 土曜日は、サイクルモードのネタではなく、白浜の体験をブログに乗せることになるだろう。

 

2010年11月10日 (水)

がむしゃらな走りが目立つ朝の通勤

005  今日の朝は、はじめてロングレーサータイツで出かけた。

 走りはゆったり進んだが、まわりは何故か気ぜわしい走りの自転車が目立つ。

 それでそんな一般自転車に2回抜かれた。

 淀川大橋では、シングルギアーの男性を登りで抜いたが、意外にも歩道側から追いかえてくる。

 よっぽど注意しようと思ったが、そのうち後ろになってしまった。

 「今日は水曜日やで?」という感じだが、10日五・十日でもある。

 職場には、8時45分に着いた。朝はやく出たわりには、早くなかった。

 仕事は午前中会議と、歯の検診などばたばたと時間が過ぎる。

 午後から職場のデジカメの修理のため、梅田のキャノンサポートセンターに出かけた。

 カシオのサポートセンタは椅子に座って対面するが、キャノンは立ち飲みやのように立ったままカウンターごしに手続きする。

 「それがどうした」ということだが、企業の考えの一部を見た感じだ。

 そのあとJR大阪駅周辺を見て回ったが、北ヤードは道路のありようから変わっている。ちょっと驚いた。

 終業は、今日ノー残業デーなので、5時過ぎ更衣室に入る。

 帰りは、コープで食パンを買うことがノルマだ。

 走っている最中006、今日の夕食メニューが突然思い浮かび、イカと魚の天ぷらにキャベツの千切り。これを基本に考えた。

 それで、コープ立花について、天ぷら油を買い、その材料は商品棚を見て、カニのはさみの衣を買った。

 やはり帰りは気が楽だ。

 ほっとして家に着き、庭のカギを開け、ビアンキを格納する。

 

 食事つくりはやはり40分はかかる。011

 しかし結構見た目いい感じに仕上がった。

 風呂に入り、よく温もって、リビングの椅子に座る。

 今日もサントリー「余韻の贅沢」がうまい。

2010年11月 9日 (火)

出発後替ズボンを忘れたことを思い出し・・・

001  朝時間的にはスムーズに行き、玄関を8時45分に出た。

 軽い感じで名神高速下を走っていた。

 何かの拍子にドキっとしたが、デイパックに替えのズボンを入れていないことに気づいた。

 「やばい!!」

 一度忘れたまま職場に行ったことがある。それで一日上半身はワイシャツだが、下はレーサータイツという姿で過ごしたことがある。

 しかし、気づいたのが、家から10分ほどのところだったので、助かった。 

 勇気を出してUターンし、なるべく慌てず、家に戻る。

 ズボンを積んで再びスタート。

 計算上は10分も遅れていないと思う。

 しかし2号線に入ると、見たころがない通勤らしいロードバイカーが3人いた。

 ただ信号は無視していく。

 最後に大阪土佐堀を超えてから女性ロードバイカー発見。ゆっちさんでもなく、この間みた右レーン通行無謀走行女性でもない。

 ロングヘアーを束ねず、後ろに流してヘルメットをかぶっていた。赤い片持ちのバッグをせおっている。

 追い抜こうとしたが、彼女も一つ信号を無視して直進していったので追い越せない。

 やはり女性通勤ロードバイカーが増えているのか。

 そういえば数年前はよくロードバイカーではな一般車でのスタイルのいい女性通勤者によく会っていたが、めっきり見なくなった。

 職場には、8時53分着。やはり10分遅い。

 仕事は今日必ずやらないといけないことは手こずったが、午前中やり終えたので、あとは片付けや、データの分析に集中できた。

 帰りは、5時半ぐらい。

 外は寒い。ウインドブレーカーを4階踊り場に干していたが、なくなっていた。

 強い風で飛んだことはまちがいない。下に降りて隣のビルの間を捜索したら落ちていた。

 しかしちょっと濡れていた。それでも何もないよりましだ。

 そのまま出発。手袋は指だしだが、指さきが寒い。

 最後まで体は温まらなかった。それに強風がときどき吹く。

 しかしこれしきは体験ずみだ。

 やはり帰りの通勤はうれしい。

 リラックスできるのは電車じゃなく、やはり自転車だ。周りを気にする必要はなにもない。

 逆にうらやましそうな目でこちらを見る視線を交差点ごとに感じる。

 自転車通勤に限るのだ!

2010年11月 8日 (月)

after fiveは音楽練習で

002 今日は、12月本番の職場仲間での演奏会にむけて、仕事の後から練習がある。

 それで、結構手間だが、オーベションのマイギターをビニールケースに入れて持っていくため、当然電車通勤にした。

 ところでJR立花まで15分ほど歩くわけだが、8時14分松井山手行きだったか、に間に合うため急いだ。

 駅に着くとまだ3分あったんで、間に合うだろうときっぷを買って構内に入ると、電車が到着している。

 てっきり前の電車が延着で来たのかと思いつつ、階段を下りていったが、14分発の便らしい。

 しかしまだ13分なのにもう「ドアが閉まります」というアナウンスを流しているが、あとで冷静に考えてみると14分になっていなかった。

 ただもう強引な乗車はだめだろうとあきらめてしまって、ドアがしまった。

 ちょっとこんなこともあるんだ。それで4分あとの電車に乗らざるをえなかった。

 それにしてもギターをもって鞄を抱えて、地下鉄への連絡口に移動するのも疲れるものだ。

 職場には8時55分だった。

 仕事は、3つの団体との面談。さすがに疲れた。そして最後の面談は3時半から5時15分ごろまでレクチャーを受けた。

 へとへとで業務を終え、ロッカーに置いていたギターを持って練習場所に。

 6人ほど集まったが、音楽で接するのは初めてなので、それぞれのスキルと感じもわからない。とにかく指定の曲目を流してみる。

 まあ、しかし同じ曲を繰り返すうちにだんだんわかってきたので、そのうち意気があってくるだろう。

 帰りはギターを置いて帰ったが、結構今日は気持ち的に着かれた。それにすでに7時を過ぎていたので、お腹がペコペコだ。

 電車の中ではウオークマンでbiginの曲を聞く。

 まあ音楽は聞くときも練習するときも楽しいものだ。001

2010年11月 7日 (日)

音楽の練習と自転車整備とホームセンター通い

001  ひさしぶりに何処へも出かける予定のない日曜日だ。

 それで朝は、12月に職場で楽器が弾ける仲間で、演奏をする場を設けるということで、その選曲の練習をする。

 ジャンルというか、選曲がほとんどビートルスの曲がほとんどだ。

 「涙の乗車券」という曲はギター担当だが、エレキ特有の間奏があるので、ちょっと発体験だ。

 昼前妻が思い立ったように部屋の資料を整理するため、ホームセンターへ行って、本棚を買いたいというので、車で出かけた。

 帰ってきて、昼食もそこそこに組み立て。

 まあ30分もかからなかったが、説明書は解読しにくい。だいたいなんでもそうだが。

 地下収納庫で、またギターに向かったが、妻が上から「ベニシアやってるよ」とお呼びの声が。

 ベニシアとは、ときどきNHKハイビジョンで放映されるが、日本に30年住んでいて、京都の大原に古民家と広い土地を購入して、癒される生活を送っているイギリス人の女性のことで、番組のタイトルは「猫のしっぽ」という。

 今日は、イギリスの母が4年前に亡くなっているが、その墓があり、晩年暮らしていた町を訪問する話だ。もともと家系は貴族なのだが、お母さんは再婚を何度も繰り返し、自由奔放な生き方だったという。だからベニシアさん自身も何度も家と父親が変わってきた。

 そんなことが描かれていた。

 それを見たあと、しばらく昼寝した。

 目が覚めて、3時半を過ぎていたが、ちょっと思い出してマイ自転車ビアンキのタイヤ、ブレーキシューの交換、妻のマウンテンを合わせての洗車をした。

 整備エリアはいつも庭なので、もういないと思っていた蚊がまだ飛んでいて、何回か刺された。 

 003今使っているタイヤは車輪との相性がちょっと悪いというか、少し小さい。だから片側からハメる場合から難しい。

 だからタイヤをもう片方はめ込んでいく場合、手だけでは絶対不可能。邪道だが、タイヤ外しの道具をてこにして、はめ込む。 

 ただこれでは、もしかするとチューブを損傷して空気を入れるとき、すでに穴が開くという経験がある。

 しかしこうしないと埒が明かないので、決行した。

 まあ無事成功した。

005 あとは、後輪のブレーキシューの取り換えと洗車。

 このごろは日が暮れるのが早い。すでに5時を過ぎようとしていて、スポークの汚れも見えない。

 妻のマウンテンもある。

 ぼくの洗車のやり方は、ポリバケツに洗濯せっけん粉を入れ、水をいれ、よく混ぜて、それを浸したスポンジで車体いたるところの泥や汚れを取るだけ。

 あとはさっとホースでそれを洗い流す。

 これで終わり。本当は、ここから乾いた布で拭いていくのがいいのだが、時間がないと自然乾燥する。

 まあしかし、明日はきれいになっていると思うと、気持ちがいい。

 すっきりして、そのまま手も洗わず衝動的に突然リビングのピアノに向かった。

 イマジンとデスペラード、この前の3日演奏しにいった曲をもう一度おさらいする。

 ときどき引いていないと演奏精度が確実に落ちる。

 それで気がすんで、風呂へ。

 一日家にいても、時間が過ぎるのは早い。

 子どものころはなぜ時間が長く感じていたのかな、と不思議に思う。

 ちょっとわかるのは、一日体験している一つひとつが子どもほど新鮮なものでなく、その行為が頭にやきつかなく、さらっと流れていくからではないかと分析する。それに考えることが多い。

 だから無になる時間がほしい。

 自転車に乗っているときに限っては、そういう時間かもしれない。

2010年11月 6日 (土)

今日も自転車で行きました!

002  今日は仕事だが、午後からの会議のみなので、午前中は一応ゆっくりできた。

 家を出発は、午後12時。

 2号線を走っていると尼崎付近はやけに工事で片側車線を遮断されているところが多い。

 ちょっとスムーズな走行が遮断される。

 今日から長袖のレーサーウェアを着たが、なにせ道路温度は20

℃をしめしているのを知って、よけい暑い。

 まあなんとかがまんして走る。

 まあ大方の道路は車が少なく走りやすい。

 ただ胃に食料が消化中の感じだ。

 4月に琵琶湖一周に挑戦したとき、昼ごはんをしっかり食べ、あとかなり辛かったのを覚えているが、そのことを思い出してしまった。

 あとは平常心を取り戻し余裕で到着。

 職場に着くとあたふたと準備をし、会議は2時過ぎからスタートした。

 重要な議事も無事承認され、午後4時すぎ会議が終わった。

 003 いちもくさんで帰る準備。しかし帰る支度はハンディーがあって、結局事務所を閉める役目に。

 4時25分ぐらいになってしまった。 

 一路尼崎「蓬莱湯」をめざす。

 淀川大橋まではいつもの道で。

 淀川大橋を渡りきるところで、北側の土手を左折して走る。

 車は少なく走りやすい。

 

 しかし43号線に入るとやたらダンプが多く、ちょっと怖い。

 ただ駐車中の車など皆無なのがいい。

 地下道を横断し、蓬莱湯はもうすぐだ。

 現地に到着し、駐輪場に自転車を止める。

 風呂は今日空いていた。ゆったり浴槽に浸かり、時間を忘れる。

 今日は帰りのアクセスはバスではないので時間を気にする必要がない。

 しかし400円はリーズナブルだ。

007 今週はこの風呂に3回入った。

 家に帰ると妻が焼肉の準備をしてくれていた。

 2男を含めて、ひさびさ家族3人で食卓を囲む。

 2男から聞いたが、イタリアのファッション専門学校に通っている3男の作品が、その学校のホームページを飾っているという。 

 さっそくネッで検索してみると本当らしい。学校名はPolimodaという。

 ちょっと驚いた。

 イタリアに戻るためのビザ取得で一悶着あっただけに、ちょッと安心した。

 しかし週一回やってくる土曜日はやはりうれしい。まあそんな日はおもいっきりラックスさせてもらってもいいだとう。そんな気分の夜だ。 

2010年11月 5日 (金)

2号線逆走自転車は何を考えているのか?

005  昨日の疲れはだいぶましになったが、しかしまだ残っている。 

 そんなとき2号線に入っていきなり前にサッシーがいた。

 「おはよう」といいつつ、やばいと思ってしまう。

 おなじペースで走ってしまうのはやばい。

 彼はフロントギアーをインナーにして高速回転で走る。それに調子よさそうだ。

 それでであったところからついていったが、徐々に離される。

 ただ淀川大橋では、ずっと引いてもらうのは悪いので、前に遅い自転車がいて、減速していたとき、前をひかせてもらった。なんとか30kmぐらいで巡航できた。

 海老江交差点手前では、左折車でつまりかける中、早めに車線を右に移動し、加速しだしたとき、急に車線変更する小型車一台ぼくの直進を妨害した。ちょっと危ないタイミングだ。減速がゆるいとぶつかるところだった。若い女性ドライバーだった。

 そのうち前の信号が赤に変わった。 

 サッシーは一番左で先に進んでいた。

 2人で信号待ちしていると、後ろからなんとイケッチがやってきた。

 何日ぶりの再会だろう。これで3人になった。

 あとの走行は短距離だが、3人の列車が実現できたか。しかしすぐサッシーは左折する。

 まあしかし3人揃ったのは楽しい。

 今日仕事は職員全員の会議と朝は自分の団体について上部団体のレクチャーと行く前から緊張しているので、そのことが頭にあって、十分喜んいる余裕はなかったが、また会いたい。

 ただ高速巡航は今日は辛い。

 仕事は、段取りが理想的にできて、あっという間に5時になった。

 帰りは結構寒い。そしてすでに暗い。今日サングラスを忘れた。

 ただ風は追い風ぎみ。軽いペダリングで走れる。

 尼崎に入って2号線を直進中、あろうことかそに道路を逆走してくる自転車発見。危険なことこの上ない。

 楽しい走行が一度にそがれる。

 「こら逆走やぞannoy ばかやろうpout」 おもいっきりどなる。

 ちいさな逆走はもう一台大阪付近でも遭遇した。

 何を考えているんだろう。ばかとしかいいようがない。しかも無灯火だ。

 こんなときは徹底010的に注意する。

 まあ、過ぎてしまえば走馬灯のように忘れることにし、今日は週末だったと楽しいことに頭を切り替える。

 それで今日は夕食定番のカレー作りだということを思い出し、近所のスーパーオウジに行くことを考えた。

 家に着くとホっとして手を洗い、うがいし、食事作りに取りかかる。

 そのうち2男が帰ってきた。

テレビの連続小説「てっぱん」までには完成しなかった。

 それでそれをビデオして風呂に入る。

 まあ家の風呂も浴槽に浸かった瞬間天国だと思うspa

 2男と2だけで食事中、ニュースでは尖閣列島での中国漁船体当たりビデオがユーチューブで流れた件でおおさわぎしていた。

 どうも海上保安庁か、関係者の仕業がとりだたされているが、事実を公開しなかったこと自体異常ではなかったのか。公務員の決行だとしても、やむに已まれず出したことも想像できる。

 むしろ自分の処分を顧みずおこなった行為をたたえたい。

 事実をもとにして中国と話し合うべきだ。中国人の人たちもそのことを注視すべきだろう。不法行為は理由はどうあれ、裁かれるべきだ。領土がどちらのものかという話以前の問題だろう。

 まあちょっとセンセーショナルなことがおこった。

011  しかし週末のカレーとビールはうまかった。

2010年11月 4日 (木)

なぜか朝から疲れていた?

001  今日は起きたとたん疲れていた。

 昨日寝る前、炭酸入りワインを飲んでしまったせいか、はたまた夕方からスーパー銭湯に行ったのが逆効果だったのか?

 とにかく自転車に乗ってしまえば座ったままオフィース・トウ・ハウスで移動できるからなんとかなる。

 ただ足をずっと回していないといけない。危険とつねに隣り合わせではある。

 ただ乗ってしまえば疲れは忘れてしまうのが常だ。 

 走行中よく晴れていたし、道路温度は12℃で走りやすい。

 淀川をゆっくり下っていたら、グリーンのロードの男性に抜かれた。軽快にペダルを回している。追いかける気はない。

 次の野田阪神からの直線は、よくぶっちぎりで走るのだが、今日は疲れているので、セーブした。

 職場には、8時47分着。

 仕事中も疲れていて、居眠りしそうになった。

 こんな疲れかたはめったにない。

 よく考えてみたら、やはり昨日の演奏にまつわり、朝の準備から本番まで気が入っていたせいかもしれない。

 やはり30分の演奏でもそれに消化するエネルギーは相当だ。

 ということで納得して仕事を終え、帰りの自転車となる。

002

 カロリーを消費しない走り方というものがあるだろうか。

 ただしかし今日はペダルをただ回すだけだ。あえていつも通過できるな にわ筋の交差点は赤信号で停止する。

 しかしその交差点を逆行してこちらの道路に入ってくる自転車には容赦なく「あぶないやろう!!!!!!!」とどなる。

 今日は夕食を2男に頼んだので、帰りは気が楽だ。

 JR立花にさしかかり、コープリカーショップに立ち寄る。004

 またもアサヒ世界のビールとサントリー・ザ・プレミアム〈黒〉を3本ずつ買う。

 レジの店員の人はこの前ベルギービールが11月末に入ると教えてくれた若者だ。

 こちらから同じことを質問してみた。

 「そうですよ。楽しみにしてください」と帰ってきた。

 よし楽しみになってきた。

 うれしいことが一つできた。

 買い物をしてうちに帰る瞬間がすきだ。

003

2010年11月 3日 (水)

地域、塚口こどもまつりに出演

002  今日は尼崎各地で、子どもの団体が中心にこどもまつりが開催されているのだが、塚口こどもまつり主催者から1かぐらい前に以来があり、今日30分ぐらいの出演をすることになった。

 ただ野外の公園で音響装置もなく、舞台もなくという悪条件なので、不安はあった。

 それで自前の音響装置を持参することにして、本番を迎えた。

 会場は店も出て、人がいっぱいだったが、その真ん中を舞台として、2時の出番だが、30分ぐらいの間で、まず車を駐車場に入れ、音響装置を設置し、キーボードとギターの装置をつけ、なんとか2時まで7分を残した。

006  小学校前の子どもとおとうさん、おかあさんがほとんどという観客だ。

 「手のひらを太陽に」「さんぽ」(宮崎駿 トトロの曲)で会場は盛り上がってくれた。

 ただ演奏する側は、結構集中しにくいが、なんとか自分たちも楽しむことにした。

 そのあとは「カントリーロード」(ジョン・デンバー)「折り鶴」(うたごえ運動の曲)「あの素晴らしい愛をもう一度」と続けて演奏し、「手と手と手と」(手振りつき歌)と自分で考えてもこの場ではバランスのとれた選曲か。

 これですべて持ち歌は終わった。

 ところが半分予想はしていたアンコールが起こった。

 「来たか」という感じ。

 用意してたのは「ルージュの伝言」(松任谷由美)。ちょっとおやじーずではハードルの高い曲目だ。一番年長のTさんはちょっといやがる。

 しかし観客が助けてくれた。たくさん一緒に歌っている。

 演奏はちょっと未完成だったが、なんとか終えた。

 さらにリクエストが出て、最後にまた「さんぽ」を演奏した。

 やはり歌の持つ力は予想を超える。ただ無様な演奏だとひかれるので、まあノッテもらえたということはまずまずだったのかもしれない。

 ただこの30分にかける準備は結構時間と労力が掛かっている。2日の練習日の設定。もちろん平日の夜だ。今日は午前中から機材の用意。演奏の自分なりのおさえ。

 今日は午前中に自転車で会場下見をした。

 まあそれぐらいしないと納得できるものにはならない。

 演奏後、車を取りに出かけ(実はコインパーキングが2個所あったが、すべて満員で、しかたんくコンビニに止めた)、発泡酒と抹茶オーレを買い、会場について、荷物を乗せ、3人で帰る。発泡酒は2人に飲んでもらった。

 演奏のあとの解放感はなんともいえない。

 家に帰って、アンプ、楽器などを地下収納庫などに仕舞う。結構手間はかかる。 

 すべて終えて4時過ぎになった。

 こんなときはスーパー銭湯に行くという手がある。

 日曜日は大慌てで、入浴したので、そのリベンジを兼ねて、「蓬莱湯」に今日は自転車で向かった。

008 最短コースで20分で着く。

 今日はゆっくり風呂に浸かった。この風呂が気に入っている。心も体も癒される。しかも値段は400円だ。

 帰りは自転車だからこ前のように時間を気にする必要がない。

 夕食は妻がすべてやってくれている。

 蓬莱湯を出るとちょっと寒くなっていた。

 

 011帰りも最短コースで、車の少ない道で帰る。

 

014 

 家に帰ると演奏の余韻が頭に残っている。

 ギターを抱えて、昔のPPM(ピーター・ポール・アンド・マリー)の曲を歌ってみる。

 こんな日もあっていい。

2010年11月 2日 (火)

仕事で神戸へ

002  今日は午後過ぎから神戸の元町の関係団体を訪問するので、通勤は、電車で行くことにした。

 服装は背広にした。

 電車で行くときのメリットは本が読めることと、音楽が聞けるころだろう。

 ただぼくは背広は好きではない。まあただ着るかぎりはもうちょっとかっこいいものを買うべきか。

 さいきんそんなことを考えている。

 ただ普通は自転車通勤だからそんなことはあまり考えない。 

 今日はそんなわけで、背広で電車通勤した。

 以前はこうだったことを不思議に思う。

 職場には8時50分到着。

 午後からは神戸に行くことになっているので、なんとなく落ち着かない。 

 始業そうそうそのルートをインタネットで確認する。

 阪神なんば線はあるのだが、なんばら元町までは52分かかる。阪神電車はとまる駅が多い。それで地下鉄で梅田に行き、JRの新幹線を使うことで、もう一人のYくんと確認した。

 いよいよ出発。3時前に職場を出て、3時2分の地下鉄でなんばを出発。3時16分の大阪発の新快速で元町へ。

 しかし庶民はすこしでも早い乗り物を好むのか、途中であった普通電車はがら空きなのに、新快速は十分混雑している。ただ元町まで15分も違わない。

 4時前に目的地に着いた。

 しばらく打ち合わせで時間を使い、5時半に話は終わる。

 ビルから外へ。

 神戸の街は大阪とちょと匂いがちがう。

 JR元町までの街路は、ちょっと感動したが、すべての交差点は、スクラ004 ンブルだ。

 自分のいつも主張していることが、ここだけ実現しているではないか。

 神戸大好きという感じだ!

 まあこんな姿はこの通りだけかもしれないが、うれしかった。

 大阪にはない姿だ。

 元町からは、JRで直接家に向かったが、30分ほどで、家へのもよりの駅「立花」に着いた。

 夜は、我が家でおやじーずの練習がある。

 本番はいよいよ明日だ。塚口こどもまつりで演奏する。

 まあしかし明日は文化の日。仕事は休みだ。

 ちょっとうれしい。 

2010年11月 1日 (月)

ちょっと左手をカッコよく上げて進む

001  今日から11月。かなり外は寒いかとかまえたが、そんなに寒くはなかった。

 それで走っている途中から、ウインドブレーカーを脱ぐ。

 2号線に入ったところで、目の前約100mぐらい先にサッシーの水色メッセンジャーバッグが見える。

 信号の具合で接近しかけたが、間一髪で、信号につかまった。

 それで一人走行に徹する。

 ちょっといつもより家を遅くでたせいで、職場には8時49分ぐらいに着いた。

 仕事の最中、昼に近づくにつれて寒い。結構温度が下がっている。

 今日はデスクワークでエクセルを駆使して、資料を作った。グラフも作った。

 帰りは、なぜかひやっとすることが数回あった。

 特に走行中左の駐車場から、路地から車が出てこようとする。

 一度はそういった状況で無理に進入してくるライトバンあり。

 かなりの危険ということはないが、こちらは徐行しないとぶつかる。

 「ばかやろう!後ろようみんかー!」

 思わず叫ぶ。

 そのあとも入ってこようとする車に出会う。

 今度その場を通過するとき左手をやや肩より下でその車を遮断するように表示する。

 かっこよく出した。

 「よし!」と気持ちよく通過できた。

 「今のん。かっこよかったかも?」と、ちょっと自己満足気味。

 しかし楽しく乗りたい。

 そんなことを考えながら、コープ立花に着いた。

 さんまとたまごと食パンなどを買う。そのあとリカーショップでビールを物色していたが、「アサヒ 世界のビール紀行(ドイツ)」が目に止まった。

 「これ!」という感じで、6本セットをもってレジに行く。若い男性だったが、つい「これおいしいわ」とつぶやいてしまった。

 005 するとリアクションがあり、「11月29日にベルギー版が出ますよ」と教えてくれた。

 これは楽しみだ。うれしい情報を教えてもらった。

 よけいな会話を知らない店員などに発して、場が悪くなるときもあるが、意外なリアクションが返ってくるときが多い。

 コミニュケーションは面白い。

 家に帰って、食事つくりに集中する。

 そのうち妻がいつもより早く帰ってきた。

 準備ができて、すぐ風呂に入る。

 006

 

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30