フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 今日も自転車で行きました! | トップページ | after fiveは音楽練習で »

2010年11月 7日 (日)

音楽の練習と自転車整備とホームセンター通い

001  ひさしぶりに何処へも出かける予定のない日曜日だ。

 それで朝は、12月に職場で楽器が弾ける仲間で、演奏をする場を設けるということで、その選曲の練習をする。

 ジャンルというか、選曲がほとんどビートルスの曲がほとんどだ。

 「涙の乗車券」という曲はギター担当だが、エレキ特有の間奏があるので、ちょっと発体験だ。

 昼前妻が思い立ったように部屋の資料を整理するため、ホームセンターへ行って、本棚を買いたいというので、車で出かけた。

 帰ってきて、昼食もそこそこに組み立て。

 まあ30分もかからなかったが、説明書は解読しにくい。だいたいなんでもそうだが。

 地下収納庫で、またギターに向かったが、妻が上から「ベニシアやってるよ」とお呼びの声が。

 ベニシアとは、ときどきNHKハイビジョンで放映されるが、日本に30年住んでいて、京都の大原に古民家と広い土地を購入して、癒される生活を送っているイギリス人の女性のことで、番組のタイトルは「猫のしっぽ」という。

 今日は、イギリスの母が4年前に亡くなっているが、その墓があり、晩年暮らしていた町を訪問する話だ。もともと家系は貴族なのだが、お母さんは再婚を何度も繰り返し、自由奔放な生き方だったという。だからベニシアさん自身も何度も家と父親が変わってきた。

 そんなことが描かれていた。

 それを見たあと、しばらく昼寝した。

 目が覚めて、3時半を過ぎていたが、ちょっと思い出してマイ自転車ビアンキのタイヤ、ブレーキシューの交換、妻のマウンテンを合わせての洗車をした。

 整備エリアはいつも庭なので、もういないと思っていた蚊がまだ飛んでいて、何回か刺された。 

 003今使っているタイヤは車輪との相性がちょっと悪いというか、少し小さい。だから片側からハメる場合から難しい。

 だからタイヤをもう片方はめ込んでいく場合、手だけでは絶対不可能。邪道だが、タイヤ外しの道具をてこにして、はめ込む。 

 ただこれでは、もしかするとチューブを損傷して空気を入れるとき、すでに穴が開くという経験がある。

 しかしこうしないと埒が明かないので、決行した。

 まあ無事成功した。

005 あとは、後輪のブレーキシューの取り換えと洗車。

 このごろは日が暮れるのが早い。すでに5時を過ぎようとしていて、スポークの汚れも見えない。

 妻のマウンテンもある。

 ぼくの洗車のやり方は、ポリバケツに洗濯せっけん粉を入れ、水をいれ、よく混ぜて、それを浸したスポンジで車体いたるところの泥や汚れを取るだけ。

 あとはさっとホースでそれを洗い流す。

 これで終わり。本当は、ここから乾いた布で拭いていくのがいいのだが、時間がないと自然乾燥する。

 まあしかし、明日はきれいになっていると思うと、気持ちがいい。

 すっきりして、そのまま手も洗わず衝動的に突然リビングのピアノに向かった。

 イマジンとデスペラード、この前の3日演奏しにいった曲をもう一度おさらいする。

 ときどき引いていないと演奏精度が確実に落ちる。

 それで気がすんで、風呂へ。

 一日家にいても、時間が過ぎるのは早い。

 子どものころはなぜ時間が長く感じていたのかな、と不思議に思う。

 ちょっとわかるのは、一日体験している一つひとつが子どもほど新鮮なものでなく、その行為が頭にやきつかなく、さらっと流れていくからではないかと分析する。それに考えることが多い。

 だから無になる時間がほしい。

 自転車に乗っているときに限っては、そういう時間かもしれない。

« 今日も自転車で行きました! | トップページ | after fiveは音楽練習で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日も自転車で行きました! | トップページ | after fiveは音楽練習で »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30