フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 真冬グッズはちょっと熱い | トップページ | 今日は節句、巻きずしにかぶりつく »

2011年2月 2日 (水)

交通ルートは油断も隙もない

001  毎日のことだが、走りはじめて名神高速下を走り、七松線という一般道を通る。

 、前をはしっている一般自転車の人が後ろを振り向かず右車線に移動しようとする。

 高校生が臆面もなく道路を逆走してくる。

 交差点を青で渡ろうとするとき、突然信号無視して右側から自転車が入ってこようとする。

 できることならゆったりと走りたいと思うが、そんな状態ではない。

 油断していると危ない場面に直面する。

 むしろ2号線に入って自動車が走る中を路肩付近をスピードを出して走るほうが安心だ。

 それにしても今日は温度が上がった。手の指の痛みはほとんどない。

 顔から汗が出る。

 これぐらいになってくると、寒さに飽きたということはない。

 一昨日が-2℃だったのだからおどろく。

 仕事は午後からの職員全体の会議のための準備と本番で時間は過ぎる。

 午後5時過ぎ、ノー残業デーのため、早くに帰る用意。 

 しかし着替えですぐには退社できない。

 外は、だいぶ日が長くなってきた。

002 しかし尼崎に入る頃は、夜になっている。

 帰りに気になるのは、交差点で赤信号でとまっているとき、あと数秒で信号が変わるというときにすでに発進した自動車や、バイクを何か所かで見た。

 自転車はもっとえげつない。赤信号をよっぽど大きな交差点でないかぎり堂々を無視して発進する。

 これでいいのだろうか?

 僕自身信号のある交差点も油断できない。

 まして信号のない交差点は要注意だ。

 家にちかづいた小学校の交差点でも、ゆっくり右折しようとしたとき、かなりのスピードで若者が左から無灯火で右折してきた。

 「何を考えているねん」

003  公共の場での気遣いというものがない。

 まあ今日は、実際のルート上での実態と文句を書いてしまったが、誰でもお互い安心して気遣いながら走れる時代が来ることを望む。

 

 

« 真冬グッズはちょっと熱い | トップページ | 今日は節句、巻きずしにかぶりつく »

コメント

本当に毎日緊張の連続です。
信号を守る、それだけのことなんですけどね。
子供の前で大人が無視するのを普通に見かけるのは
嘆かわしい限りです。
自動車も強引に抜きさって、無理矢理左折とか
非常に多いです。
こちらが減速しないと巻き込み必至です。
少しの思いやりで解決できるのですが・・

ボードマンさん いつのありがとう。
誰でも緊張しながら走っているんですね。
ぼくも朝小学校の通学路の小さな交差点で、子供たちが青でわたっている中を赤で交差した自転車を何回かみたが、場合によっていはおいかけて言って「信号守らんか―」と注意したこともある。
ただだめだとわかっていて、こどもたちが渡り終えてから、その赤信号を渡る人も多い。
しかし信号を待つ勇気をもってほしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真冬グッズはちょっと熱い | トップページ | 今日は節句、巻きずしにかぶりつく »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30