フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

突然思い立ってビアンキで通勤してみたのだ!

001  本当は昨日実行しようと思っていたのだが、この1カ月トレックに乗り続けて、はたしてビアンキでの通勤タイムは、やはり劣るのか試してみたかった。

 もちろんGPSジョグロガーアプリはONにした。

 コースは最近変更したJRバイパス通過をたどった。

 最初乗り初め、ハンドルの位置がやけに低く感じ(実際低い)、ブレーキの効きの反応が遅いと思った。

 ブレーキは整備不良もあって、前輪はやや片効きが原因だ。

 しかし徐々に進むほど体に合うように思えてきた。

 そのうち早いうちにサッシーがやってきた。

 このまま前を引けるかやや自信がなかったが、粘り強くついてきてくれた。

 だからだいぶ会話ができた。

 会話の中で思いついたが、このビアンキでもホイール、クランクの中心であるボトムブラケットの交換を本格的に考えてみようと思った。

 サッシーは「やはりビアンキのほうが大将キマッテしますね」という。

 まあ9年ほどずっと走ってきたのだから、体はこのビアンキを覚えてしまっている。 

 サッシーと別れ際「また明日会おう」なんとかっこよく言ったが得るかどうかはお互いの出勤時間のタイミングが合うかどうかだ。

 その後も快調に走り続けたが、移動タイムは、54分を過ぎていた。

「むむ、やはりトレックに負けたか」と愕然とする。

 仕事は業者との面談2件、その他もろもろ。もろもろが多い。

 夕方は5時半ごろ職場を出る。

 出る前にブレーキ調整と、ペダルビンディングのセッティングを固めに調整し、なぜかがむしゃらにペダルを踏んでいた。

 走りながら、ハンドル位置とサドル位置をややあげたくなった。

 今日走ってビアンキの課題ができた。ただもし部品を交換していくとすると費用はだいぶかかる。

 まあぼちぼちやるか。

 思い立って、モンベルのKくんにボトルブラケットの取りはずしを依頼しようと電話したが、かなり取り込んでいる模様。ひょっとすると大震災がらみの依頼が殺到しているのかもしれない。

 まあ自分は夏すぎてもいい。改めて電話しよう。003

 夕食は、最近メニューに悩む毎日だが、魚レシピとは決めていて、サバを焼いただけ、子イワシは料理ずみのもの。

 大根をおろし、ふとねぎとシイタケを焼き、ホウレン草を炊く。

 色合いはなかなかいい。

 テレビでは連日被災地域の状況を伝えている。

 関係のないお笑い番組か旅番組にしたいところだが、やはり目を離せないのも本音だ。

ただ、10時20分からNHKでタモリの「ブラタモリ」があるのがうれしい。004

2011年3月30日 (水)

なぜか53分かかった朝の通勤

003  今年はだいじゅうぶかと心配していた家で一番の大木、すもものすぼみが開いた。

 やっと春がやってきつつある。

 しかし今年の春は辛い。

 というかこの大災害はどの人にとっても人生の節目だろうと思う。

 さて朝は少し遅れ家を出る。

 しかしいつものコースをなぞって2号線に入る。

 どうも予感していたが、尼崎杭瀬付近で後ろからサッシーがやってきた。

 一応前を引かせてもらったが、ゆっくり走っているわけにはいかないので、やや加速ぎみで走ると35km巡航で走っていた。

 彼にも言ったが、自分が今乗っているトレックは、アルテグラというシマノの変速システムが付いていて、ただビアンキについているシマノ105の方がスムーズな変速をしているような気がする。

 9年ほど前にビアンキに初めて取り換えたときは、車体の軽さといい、変速機といい、その前に乗っていた自家製ロードより圧倒的に性能がいいので、比較したことがなかったが、今比較できる。

 そんなことを考えながら、2人で並走しつつ前を走っていた。

 職場に着いて計測を止めてみると、53分39秒もかかっている。

「ええ、なんで」

 これは不思議だ。時間をロスしたとすれば、歌島交差点で遮断されたぐらいだ。

 まあ職場に近づくファイナル1kmが信号のタイミングが悪くもたもたしたかもしれない。

 これならビアンキもそう性能が悪くないことがわかる。

 仕事は、特に予定空白の日だが、ノルマはたくさんあり、時間が予想以上に時間が費やされた。

 それに震災関連依頼が突然次々やってくる。

 005 帰りは5時半を過ぎていたが、やはり家に向かうコースはうれしい。

 今日コープ立花に寄ったが、目的は違う。被災地に送る水を探しにきた。

 かろうじてあった。たた1l以上の水はまったくなく、500mlのものが並んでいた。

 しかしまったくないことはない。3本だけ買って帰った。

 家に着いたのは、7時前だったが、ちょっとホッとする気持ちがあって、家の前に長椅子でポーズをとって写真をとったりした。

 007  

2011年3月29日 (火)

トレックはやっぱり速いのか

001  少しコースを以前と変えたこともあるが、今日も職場には、49分で到着してしまった。

 ビアンキで走っていたときより5分は早い。

 すでに3週間乗車したかもだ。

 それはいいのだが、なぜかスピードが出やすいせいで変にペダルを回しすぎるような感じだ。

 何が違うのだろう。

 車体の重さのちがいか。タイヤのスポークが平たくなっているし、本数が20本だったか、圧倒的にビアンキより少ない。

 他は何も変わらない。

  仕事は午前は会議で費やされたが、午後も目まぐるしく過ぎていった。

 電話をかけたり、メール送信する仕事が多い。

 震災の物資の依頼も突然連絡が入る。

 帰り着替えをしているとき、疲れがどっと出てきた。

 それに輪をかけて、外は北からの向い風がきつい。

 ハンドルの下段をしっかり持って姿勢を下げる。

 後からまたロードバイカーが付いてくる。

 また一般的には大きく離す自信はある。そのとおりになったが、交差点で赤信号で止まっていると、後ろから前に出て、赤信号を越えていった。

 朝の通勤でもなにわ筋を002青で横断しているとき、こともあろうに前を遮断するように右かから赤信号を進入してきた若い女性とおじさんの2人。

 なぜ青で渡っていて、そこまで気を使わないといけないのか。

 おもわず「赤やどどどど・・・」と叫ぶ。 

 女性はこちらを睨むように横断していった。

 ルールも何もない。

 信号は守ってほしい。

 話をもどしてロードバイカーにはまた追いついて、見事に抜きさった。

 信号無視なんてするなよ。と抜き去りながら心で語る。

 ただ向かい風は足に堪えた。

 家が近づいてくるとやはりうれしい。

 まあ今日はたっぷりの密度濃い仕事をしてしまった。

2011年3月28日 (月)

風が味方してくれるのか、行きも帰りも走りは快調

011  昨日は尼崎ボタリングを軽くしただけだが、足が痛い。

 それで今日の通勤も軽くいこうと力を抜いて走る。

 昨日のマウンテンバイクのかったるいクッションの感覚がまだ残っているが、やはりロードバイクの走りは道路からの返りがダイレクトでももろに震動を体にうけるが、この方がしゃきっとする。

 2号線を軽く走っていると、ときどき見かける最強白赤ユニホームのロードバイカーがあっという間に追い抜いていった。

 おまけに前のバイクまで抜いていくのだから、驚く。

 あっけにとられるが、マイペースを維持し走る。

 途中何人か抜いた。やはりトレックは軽い。

 野田阪神からの直線道路は、いっきにすべての自転車を抜き、船津橋北詰手前の信号を振り切ろうと試みたが、すでに3手前で信号は黄色に変わったのであきらめた。

 停止中の交差点をおかまいなしに後ろからどんどん自転車が信号無視していくのが、なんともいいがたい。

 そんなこんなで職場には8時41分タイムカード。

  新しくダウンロードしアプリ「ジャグロガー」で計測すると走行時間はなんと48分26秒。おそらく最高タイムだ。消費カロリー281kcal  脂肪燃焼率39gらしい。

 そんなに早く走った感覚はない。

 しかし職場についてから冷えたのかお腹の調子絶不調。トイレに急行した。

 そんなこんなで昼はうどんにしようといつもと反対の方向に歩き出したが、Bくんがいたので、彼の紹介でちょっと怪しい定食屋に入った。

 テレビが四方に3台も置いてある。ただ同じ番組を映していた。

 しかし職場にもどってまたトイレに入った。

 仕事は明日の会議のレジメ、資料つくり、それに震災地域とのやり取り、沖縄とのやりとり。

 なんとか夕方になり、一つやるべき作業をし、5時40分ごろ職場を出る。

 淀川大橋で夕日のシ013チュエーションを期待したが、すでに太陽はほとんど西の陸地に沈む寸前だった。

 そのあと風が止んだのか、足がよく回り、だんだん走りがいつになく過激になってくるのがわかる。

 015 ハンドルを握るのを下段に代えて、ひたすら前を進む。

 こういうときはなぜか楽しい気持になってくる。お腹の不調を払しょくしてくれる。 

 ただ今日も食材の調達が必要でコープ立花に寄った。

 ビールコーナーのプレミアムモルツが198円で売っていた。一番搾りは206円だ。

 ラッキーと思い4本買った。ちょっとうれしい。

 あとはクリームシチューに必要な野菜とルーを買う。

 レジではよく会話するおばさんがいた。

 「自転車は○○ですね」と言われた。なんと言ったか今思い出せないが、ようするに震災でも帰宅にこまらないという意味だ。

 「ええ、災害対応手段ですえね」とかわす。

 毎日のことだが、仕事を終えて家に帰るのがたのしみだ。

 家の中がすきだし、風呂が好きだ。団らんの食卓と一杯のビールが好きだ。

 とくに自転車をまず終うため、庭の入口の鍵を開ける瞬間がなんとも言えず、今日も無事帰ってきたという感じでもっともホっとする。

 トレックバイクも今日で9日目。やっと停止時から発進時、左ビンディングペダルを前を向いたまま一発でハメるコツがつかめた。

 やはり自転車通勤はますますやめられない。

 

2011年3月27日 (日)

軽くペダリング 藻川周遊道 家から22km

001  なんとなく外を走ってみたくなった。

 ただ、ロードバイクでハードに走るわけでもなく、ヘルメットをかぶらず、マウンテンバイクで外に出る。 

 まだちょっと寒いが、軽い服装で走る。

 尼崎には東の方面に藻川周遊サイクリングロードがある。全コース完成しているわけではないが、結構最近も整備が進んでいるようだ。

 途中農業公園があり、旧猪名川後の猪名川公園、園田競馬場が続く。

 途中河川敷で少年野球の楽しみ子どもたちと親たち、土手でつくしを採取している人たちも何人も見た。その横で停車してつくしを取りたいところだが、それはちょっとかっこ悪い気がして、他の場所に目をやりながら走る。

003 1周10kmほどの距離だが、尼崎でもっとものんびりしている場所かもしれない。

 通勤ロートばかり走っているので、たまには軽くちがうルートを探索するのも気分転換だ。

 ただ風は強かった。

 南端にこの中洲の先端があり、公園になっている。

 それから折り返し、周遊道にはいったところまで北に進む。

 そして周遊道を後にし、進路を西にむけ、家をめざす。

 途中狭い旧道を通っているとき、スピードをあげて走る車がうっとうしく感じることしきりだ。

 生活道路は遠慮して走ってほしいものだ。

 阪急塚口駅を通過したが、その近くにM銀行ATMがあるのを発見し、給与の出金とローンの入金ができた。

 その近く線路北側に最近家事で焼けた家屋周辺がそのまま焼け跡になっていて、痛々しい。

 004 家に帰って、カップラーメンと年末餅つきでストックしている餅を消化するため、餅を七輪で3つ焼いた。

 庭のすももやナシのつぼみが開いてきて、それを見ながら座っているとのんびりした気分になる。

 しかし少し寒くなってきたので家に中に入り、コープの共同購入の案内を見ていたが、眠気に襲われ、しばし昼寝に入る。

 目が覚めたら、3時だった。

 

016  起き上がって、この前スマートホーンセミナーで教わって挫折した開発プログラム入力に挑戦しようと、いつもブログを打っているパソコンでそのためのソフトダウンロード作業をした。

 なんとかダウンロードは成功した。

 作業中、IPHONEでコミニュケーションFMで逗子市の放送を流した

そのあとの作業は、6時前になり、時間切れ。

 もう一度よくマニュアルを確認して試してみることにした。

 そのうち妻が仕事に一人で行っていた職場から帰ってきた。

 昨日はスキーでひさびさに疲れたが、今日も20kmたらず入っただけだが、軽い疲れを感じた。

 そのあと自宅の風呂に入ったが、ぼくはスーパー銭湯にしろ、家に風呂にしろ入浴この上なく好きだ。

 夕食はひさしぶりに妻が作ってくれた。013

 庭でふと角に保管しているビアンキとトレックを見つめていたが、やはりビアンキの姿はすてがたい。

 デザイン、カラーリングはトレックの比ではない。

 まあ、休みの日でもぼちぼちビンアキでボタリングしてみよう。

 

2011年3月26日 (土)

再び奥琵琶湖箱舘山へ

004  大震災から2週間。被災者への思いをもつつつ、今日しかないと奥琵琶湖、箱館山スキー場へ行った。

 朝8時過ぎ家を出る。

 名神高速は、救援トラックもあるのか、大津付近で渋滞していたので、自分が降りる「京都東出口」までだいぶ時間がかかった。

 湖西道路に入ると天候は一変して大雪で前も見えない。 

 ところが、高島市に入るとまた晴れて、奥琵琶湖からスキー場まではまた横殴りの雪だった。

 10時45分ようやくスキー場駐車場に。

 来場者の車に数はてきめんに減っている。駐車料金も半額だ。

 ゲレンデに着くとか安全に吹雪。しかし雪は1か月前より積もっている。

 013

014 リフトで上がり滑ってみたが、2回目新雪深いゲレンデの方ではバランスをくずし、何シーズンぶりかで転倒してしまった。スキー板はカービンでなく、古い板の改造した板を使ったこともある。

 ちょっと自信喪失。車で移動してきた疲れもあり、レストランにいったん休憩に入った。

 天気も回復し、もう一度よく踏まれたゲレンデの方でアタック。

 今度はスキルを取り戻した。それで10回滑る。 

 スキーの魅力をあらためて実感できる。

 そのうち耳が痛くなるほど天候が荒れて温度が下がってきたので、スキー場を降りる。

 すぐそこから5分の場所にあるログハウスに立ち寄る。

 立ち寄るというかしばらく休んだ。

 昼食を済ませ、そこの風呂に浸かる。ゆっくり浸かった。

「ooooo59.mp3」をダウンロード「白い恋人たちIN ログハウス」018 

 出てからそこの置いてあるエレクトーンを使って、弾き語り録音に挑もうしたが、ICレコーダーの電池が切れていた。

 しかしどうしても録音し、このブログにアップしようと思っていたので、ホームセンターにクルマで買に行くことにした。ちょうどダイニングの上の電球も切れていた。

 ホームセンターには車で10分のところにある。

 しかしこんなところにも震災の影響があって、電池コーナーでは大型懐中電灯に使うのだろうか、単一の電池だけ切れている。個数制限もしていた。

 センター入口では、主婦たちが震災救援募金を集めていた。

 すでに11,000円しているが、ここでも1,000円した。

 毎月するのもいいかもしれない。

 ログに着いて帰る時間も迫っていたので、一発録音で決めようと緊張して演奏した。

 満足してログの片付けをして、ここを後にし、家に向かう。

 正直帰りのドライブは疲れも伴って眠い。あぶない。あぶない。

 瞼を何度も開いて眠気と戦う。そのうちすっきりしてなんとも気持ちがいい状態になった。

 高速道路では、なぜか執拗に進路変更するやからがいるが、うっとうしい。

 ぼくはよほど遅意クルマが前に遭遇する以外追い越し、進路変更はしない。

 今日はしかし2回目のスキーで今シーズン滑り止めだが、満足だ。

 ちょっと心の洗濯ができた。 

2011年3月25日 (金)

体調不良だが、追い風が味方 自虐的走りで加速

  • 001 体調はいいかなと思ったが、朝腹痛があり、トイレでは下痢だった。
  •  しかし出勤時間は迫ってくる。
  •  とにかくそのまま家を出た。

 自転車のメリットはずっとサドルに座っていること。結構楽だ。

 それで逆に錯覚におちいるというか、「あれ体調わるくないぞ」とい思ってしまうのだ。

 幸い今日の朝は進行方向に追い風。調子がいいように思ってしまう。

 あとは自虐的というかしんどい分それを打ち消そうとペダルをよけい回してしまう。

 しかしなんとか疲れを自覚せず職場に着いた。

 ただすぐお腹が痛くなり、30分デスクに座ったあと、トイレに急行。下痢だった。

 まあしかし今日は週末。明日の土曜日は休める。

 ひたすらパソコンでやるべき長文の文書作成。

 夕方はさすがに疲れた。

 それから今日は午後に東京から電話があり、岩手、宮崎、福島各県の関係団体に医療関係の物品を送るように依頼があった。

 職場の関係メンバーで急いで今日夕方の宅配の便に間に合わせた。

 おかげで、帰る時間は午後6時を過ぎてしまった。

 帰りの走行時、歌島交差点でロードバイカーが団子になってスタート。

 そんなこんなで競争状態。

 なんとなく追い抜ける気がして3人を一機においぬいた。 

 その後必要についてくる一人を駐車している車をやり過ごす時後ろを振り返って発見。 

 加速する。

 だからかなり自虐的。行きも帰りも自虐的。ちょっと自分自身遊んでいる。

 それで誰にも追い抜かれることはなかった。

002 帰りながらコープに向かったが、夕食メニューが思い浮かんだ

 それは豚汁。それに刺身。

 「よしこれでいこう」

 食材を買い、家に帰ったが、7時を大きく過ぎていた。

 「まあいいか!」

 今日は週末だ。何事も許せるのだ。

2011年3月24日 (木)

トレック走行8日目 240km経過

001  体調の不調はぶり返しということがあるが、今日がそうだった。

 昨日の夜から調子が悪かった。完全に復調した胃腸ではないのに、出来あいの天ぷらのおかずを食べたせいか、お腹がもたれた。

 朝のそれがひきずったまま起きたという感じ。

 当然ふらふらした状態でペダルを漕いでいる。

 道路は、2号線に入ってしばらくまで空いたいた。

 しかしサンワ商店街付近から急に渋滞状態。

 自転車はそのなかを路肩付近だからスイスイ走る。

 その原因は事故だった。三菱東京UFJ銀行付近だったか。事故を知らせる警察の車が3台ぐらいとまっている。

 左レーンを一つこえて、停止する。

 そのとき緑KEILNのローダーと、その後ろにサッシーが連なってやってきた。

 信号が変わって発進したが、スピードが出ている。

 ぼくは無理せず、セーブ気味で走る。

 神崎橋南詰めで追いつきかけたが、すぐ信号が変わって、追いかける。

 そのまま歌島橋一機通過をめざすが、間一髪サッシーは前を走っていて信号が黄色に変わった。

 ぼくは信号手前で取り残された。まあこれは仕方がない。

 その後は追いつくことはできなかった。

 職場には8時47分ごろタイムカードを押した。

 仕事はやはり詰まっている。

 午後からは秋の展示会に向けて、試飲会の会場として中央区「シティープラザおおさか」に行った。

 ここにも震災の影響があって、近々のレセプションなどは自粛が多く、キャンセルが増えているという。

 職場にもどって夜はOM9条の会の世話人会に出席。

 医薬品関係、その他医療関係の世話人ばかり、会議の話題は震災の状況と支援の報告、震災についての考えなど情報交換した。

 昼食も夕食もうどんやそばに特化して食べたせいでおなかの具合は回復。気温も低くないし、追い風。

 こんなときは走るのが楽しい。GPS計測では52分で家に着いた。

 これを更新している最中、テレビではカンブリア宮殿で宇宙から帰ってきたはやぶさの責任者、川口淳一郎さんだった。

 いいことを言っていた。

 村上龍が「普通科学の進歩は、戦争の中で軍事技術として発展しましたよね」と質問したことに対し川口さんは「日本の宇宙開発は唯一被爆国として、平和の中で世界に誇れる科学技術を発展させてきている。これは誇るべきこと」と発言していた。 

 ちょっと感動してしまった。

 ジョン・レノンではないが、世界が手を結び、戦争という破壊の論理の中で科学が進むことだけが真実ではない。これからは世界が平和の中でも科学は発展することができるのだ。

 きっと未曾有の災害に対しても必ず人間の科学の力がそれを克服することができるかもしれない。そんなことを考えさせられる今回の大災害でもある。

2011年3月23日 (水)

体調よければ通勤自転車は楽し!

003  昨日は体調やや不良だったが、今日の朝は出すものもすっきり出て納得の出発だった。

 体がよく動くような気がする。

 しかしなんと道路温度はいまだに5℃ではないか。

 ウェアはだいぶ薄着にしているが、そんなにダメージはない。

 誰彼と自転車走行者を抜いていった。

 GPS自転車アプリを「GPSBikeMate」に変更した。

 最高時速41.57km、経過時間50分。停止時間と駆動時間をわけれないのがちょっと不満。

 それでも職場には8時42分着だった。

 ペダルが軽く感じると心も軽い。

 こんな日は通勤が楽しい。

 仕事もそれなりに新しい展開がいくつかあってやる気が出る。

 夕方はノー残業デーということを意識して、震災関連の急な依頼がないことをメールの中で確認し、着替えにかかる。

 なんとか5時20分ごろ職場を出る。

 朝と違って帰りは最悪だった。寒さも感じるがそれ以上に強い風が行くてをさえぎる。 

 足の負荷は最高。それでも早く走ろうとしている自分がいる。

 ただ辛いなと思うことはない。

 思うように進まないなという感じだ。

005  なんとか6時15分ごろコープ立花に到着。

 新しい自転車だけに気を使う。

 専用駐輪場の中のポールの横に車体をもたせかけ、ポールと車体を鍵でしっかりくくる。

 ヘルメットもハンドルのひっかけて離れたが、ヘルメットはちょっと汗臭くて取るものはいないだろう。

 自転車は危ない。まだ買ったばかりだ。

 買い物を済ませ、駐輪場にもどるが、ちゃんとすべてある。

 今日の買い物は手を抜いた。できあいのおかずばかり買ってしまった。

 まあ力を抜く日があってもいいだろう。

2011年3月22日 (火)

GPS走行データアプリ故障

002  朝はよくわからない気温。暑いのか寒いのか、体感ではよくわからない。

 それに朝はどうも体がだるい。朝の目覚めの感覚も疲れが残る感じだ。

 昨日と3日前と2回温泉に入ったせいか。

 とにかくいつものように家を出発する。やはりちょっと寒さがある。JR立花バイパスを今日も登る。

 2号線に入って道路音温度は10℃だった。

 今日も念のためGPS走行アプリをスタートにして走る。

 土曜日は本当にトレックはよく走ると思ったが、今日のように向かい風だとやはりそんなに性能がいいとは思えない。

 それでも職場には8時42分ぐらい。GPSアプリをストップにしようとしたら、いきなり走行グラフが出て、もとの画面にもどらない。

 結局IPHONEの中で動きつづけていて、制御不能に陥った。電池残量はなにもしていないのにどんどん%がさがっている。夕方にあやむを得ずアプリを消去した。

 ところで今日は午前中役員のM医師の手術入院の見舞いにいったが、結果は悪性腫瘍ではなかったということで、安心した。ご本人は結果がわかるまでたいそう不安があっただろう。

 とにかくよかった。

 午後からは会議。その間も東日本大地震関連の対策をもとめる東京からの突然のメール、電話が入り、慌ただしい。

 夕方5時すぎ会議が終わり、その他の段取りが終り、やっと帰る支度ができた。 

 帰りは朝より寒い。風も強い。

 結構走りにくいが、なんとか家路に。ただ今日もコープ立花に立ち寄る。004

 昨日本当は、ピアノで「白い恋人たち」の演奏をICレコーダーに 録音したが、データにしたら1MBをややうわまわったため、このブログに張りつけできなかた。

 それで今日すべての用事を済ませ、地下収納庫で録音に挑戦したが、思うように演奏できず、あきらめた。

 再度明日も挑戦するつもりだ。こうご期待。

 今日は体の調子のせいもあるが、ちょっと疲れた。

2011年3月21日 (月)

熊野の郷から白島クラシックヘ 午後は速読挑戦!

001  今月は誕生月なのだが、先日「湯の華廊」から無料入浴のハガキが来て、利用した。

 今日はどこかへ行く予定もなく、もう一つのスーパー銭湯からもらっていた入浴+VIPコースの無料のハガキがコルクボードに張ってあるのを発見し、行くことにした。

 場所は西宮鳴尾の「熊野の郷」。 

 軽率だが、車で行った。

 武庫川にかかる山幹線をわたるとき、空はどんより曇っているというか雨がやや降りつづけている。

 行き方を間違えて、浜甲子園あたりをうろうろしてしまった。

 なんとか11時20分ごろ現地について、受付へ。

  ここは岩盤浴やなにやの契約で女性が多く、受付はかならず待たされるのに閉口する。

 今日も5分002ほどまたされた。

 まあ、しかしかけ流し源泉にしっかり浸かった。塩サウナにも入ったが、中にあるテレビが故障していた。

 満足して12時を過ぎていたが、次いでに酒蔵通りにある白鹿クラシックのしぼりたて酒を買いに行った。

 今度は結構はやく着いた。

 そのまま43号線に合流006し、一目散で家に帰る。 

 とにかくお腹がすいて、残っていたカレーをかけこむ。

 あとは放心状態だが、昨日意識した本の速読に挑戦。今読み続けている「ゲバラの夢」を読む。

 しかし結果は130ページ読むのに2時間かかってしまった。

 ちょっとシャック。

 速読者は1分で200ページ読むという。

 本当か?と驚く。

 まあしかしゲバラの夢は読み終えた。

 ところで今日は、4日遅れで、自分の誕生会を家族でしてもらえる予定だった。

 しかし年齢はいよいよ50代最後だ。

 今年の誕生月、3月はたいへんな災害の月になってしまった。

 2男からはチリワイン「LAJOYA」をプレゼントしてくれた。

 17日の誕生日011はシンガポールの娘から誕生日の電話をもらった。

 家族全員元気なのが、本当に幸せだが、東北の家族010を失った人のことを思うと胸が痛い。

 午後から本を読んでいるあいだ中、IPHONEのアプリでダウンロードした「コミュニテイーFM」で仙台市の放送を聞いていた。

 lきわめて平常な感覚でディスジョッキーを進めていたが、本当にその地方のガソリンスタンドのあきはじめたところ、交通機関の復興状況を知らせていた。

 ただ、現地では、倒壊した家の商品が盗まれたり、犯罪が発生してきているらしい。

 ラジオの放送は本当に貴重だ。

 とにかく原発の放射能が押えられ、ライフラインと交通網の復旧、商品の供給の復旧だけが希望だ。

 しかし2011年3月は大変な誕生月だ。

 

 

2011年3月20日 (日)

とくに出かけず、じっと家にいる

003 004   大震災を予期もしていないときは、この連休再び琵琶湖箱館山へスキーにいくつもりだったが、今や行って、そのことをブログに書く気持ちにはなれない。

 まあ今年はスキーはあきらめよう。

 それで朝は時間を気にせず寝れることに感謝しつつ、起きた。

 結構午前中は温い。 

 妻は、今日も仕事を持ち帰っていて、リビングのパソコンに向かっている。

 すぐそばにあるピアノを弾くこともままならず、この際ベランダに移動して読書することにした。

 先月作った木の塀が風よけになる。

 今読んでいるのは朝日新聞記者出身の伊藤 千尋著「ゲバラの夢」。

 伊藤さんは憲法9条「活憲」論者。世界60数か国を訪問し、その体験がライフワークになっている。

 とにかくキューバに学生時代ボランティアで働きにいったというらしい。

 朝2時間読んだ。

 午後になり、しばしウトウトと横になった。

 そのあとさらに読み続けるつもりだったが、うわきして栗田博士の速読法という紹介パンフに読みふけった。

 この先生の講習をうけるだけで、1分間に1冊本が読めるようになると書いてある。 

 まあ意味がつかめるかどうかを度外視して、早読みするとかなり早くはなるらしい。

002 ただ脳のいつもと違う部分を訓練してよみがえらせるらしい。

 ベランダから木々を眺めると、スモモの枝には花のつぼみがたくさん膨らんできた。

 今年はたくさん実がみのるのを期待したい。

 今日の東日本大震災のニュースが報道されつづけているが、80歳のおばあさんと16歳の孫か?が救出されたという出来事はうれしいニュースだ。

 また陸前高田だったか、危機管理担当の若い女性が津波が来ている瞬間まで必至で町のスピーカーで逃げるように呼びかけ、彼女は水に飲み込またというドラマも報道されていた。

 こんなに平和になれきった現在、24歳の若者が他人を助けるために自分の命を顧みず呼びかけ続けたという事実、昨日聞いた30歳の警察官が津波の来る方向に、人を救出のため向かってなくなったという話に続いて、悲しいが暖かい出来事だ。

 ぼくもその行動を深く受け止めたい。

 くそまじめでいいではないか。不器用でもいいではないか。ただ自分を大事に生き、もちろんその気持ちが他人に心を向ける気持ちにつながると信じる。

 ぼくもあらためてくそまじめで行こう。

 まだまだきっと大震災の中でいっぱいドラマがあるのだろう。涙も語りつくせないぐらいあるだろう。

 とにかく今は自分だけ楽しい思いをする気にはちょっとなれない。

 IPHONEをあけてITUNEから赤十字へのネット上からの募金申し込みがあったので1万円にクリックした。

2011年3月19日 (土)

ハンドルのワッカ2つ外して快調な走りに

006  今日は土曜日、仕事は午後からの会議である。それまでは朝はゆっくりできる。

 昨日酒場に行って遅かったので、洗濯物を取り入れていなかった。

 朝は時間を気にすることなく、そんな作業をゆっくりする。

 それから日差しが増してきたが、トレックのサドルとハンドル設定をもともとのビアンキとメジャーで比較してみた。

 サドル位置はビアンキがクランク軸から64センチで、トレックは67センチ。3センチ高い。

 今度は前輪車軸からハンドル最上部までを測る。

 ビアンキは54センチ、トレック56.5センチ。おとといサンワサイクルでワッカ一つ下げてもらたから、57センチはあったことになる。

 それでさらにワッカ一つを自分で外した。

 いよいよ走ってみると抜群の走行位置!というか、走りがぜんぜん変わった。

 1センチの違いでぜんぜん変わる。ただし自分のオーダーを作るなら、トップとダウンチューブをつなぐ個所がもう少し短い方がいい。

 まあそれは買ってしまったので仕方がない。

 とにかく走りがまったく変わった感覚だ。

 今日も45分ぐらいで着いたようだ。

 職場について予想はしていたが、資料のコピーをその後から始めたせいでバタバタの繰り返した。

 まあしかし会議はなんとか終わったが、今どこでも議題になるだろが、東日本大震災の救援の話で長引いた。

 会議が終わってもちろん今日もスーパー銭湯に直行する予定だ。

 最近土曜日の帰りによくいく「蓬莱湯」に向かった。

 それにしても今日は劇的に暖かい。

 ウェアは下半身はロングタイツだが、上半身は、冬用ジャケットを着ずにデイパックに収納したまま、ダウンウェアの上は、レーサーウェア一枚だ。

 これも快適感と解放感を生んだ。

008  風呂についたのは、信号のタイミングが悪かったのか、50分ほどかかってしまい、午後6時だった。

 しかし400円で本物の風呂が満喫できるのはうれしい。

 東日本の東北地方では被災者が風呂にも入れず暮らしていると思うと気が引けるが、ささやかな楽しみだ。

 ほかほかした体で、やはり2枚だけの服装で帰る。

 家は自分が一番先に着くということを予想して、コープ立花による。

 車椅子の客がやけに従業員にえらそうに商品の手配をさせているのが、いやな感じだ。

 またビニール袋は持参が原則だが、それも知らず有料袋も買わず、裸で1Lのペットボトルお茶を4本手にもっていく男性が、ちょっと感じ悪い。

 ビニール袋はいつも余分にもっているので提供しようかと思ったが、やめた。

 尼崎の下町は気さくな人が多いが、逆にがさつというかまわりの空気をみない人がよく目につきだしていやな街にみえるときがある。

 世の中自体がすさんでいるんだろうか。

 ただネットの記事で東北の警察官が殉職しているが、津波が発生したときに自分は逃げずに、逆に海岸に向かってパトカーを走らせ、津波にのみ込まれた巡査のことを紹介していた。 

 年齢は30歳だ。津波は関係なしに、駐在所勤務で、彼は地元の人間ではないが、祭りで若者が裸になって海に入っていくン場面があるが、突然制服を脱いで海に走っていったという。

 だから当然地元の評判になっていたらしい。

 そんな素敵な人ほど先に死んでしまう。

 神がいるといたら、神は非情だ。

 010 家に帰って週末定番カレーつくり。

 食事にありつけたのは8時を過ぎていた。

 コープ協同購入で今日届いたエイストラロゼ「おたる」がうまい!

 

2011年3月18日 (金)

あまりもひどい震災被害

 001 東日本大震災からちょうど1週間がすぎた。

 職場では救援の話と午後から近畿ブロックでのj無局長会議で大半が震災の現状と救援の話で終始した。

 すでに先発隊が福島、宮城、岩手に医薬品、義捐金を渡しに行っている。

 しかし今後それ以後何ができるのだろう。

 ある会員の医師は、1000万円を現金で事務所に持ってきたという。 

 やはりそこ力はあるのだろう。 

 今日本人のすべての連帯がためされている。

 阪神大震災の経験をいかして、医療費の免除、生命保険の支給など超法規的対応が必要だ。 

 そんな話が会議で出た。

  

2011年3月17日 (木)

寒さきびしい今日の通勤

「Z0000053.mp3」をダウンロード

001  今日は昨日よりさらに寒くなると天気予報では言われていたので、グローブは完全冬用ででかけた。

 しかし稲川橋温度計はなんと2℃だ。

 真冬逆戻りではないか。

 震災地域の避難所や電気のきていない家庭では、なおさらの寒さにちがいない

 そう考えれば2℃など寒いと言っていられない。

 ふいにサッシーが、どこからだったか、神崎橋南詰めだったか、後ろにやってきた。

 トレックを見てもらった。

 あと先導させてもらって、淀川大橋を超え、海老江を過ぎ。野田阪神で別れた。

 そのときもハンドル位置が高いことを言った。

 あとはまた一人で玉川、船津橋へと走る。

 そこらへんではもう寒さなど忘れてしまった。

 職場には8時45分にタイムカードを押した。

 仕事は午後からの会議の準備と本番。

 会議のために東日本大震災の記事を集めるが、だんだん悲しくなってくる。

 意気消沈した感じになった。

 疲れを感じて、帰る支度をする。

 今日はコープで買い物があるが、その前にサンワサイクルに行って、トレックのハンドルステム(ハンドルの支え)の輪を一個取り外してもらうつもりだった。

 ただこの作業が結構時間がかかるかもと思っていたが、案外簡単にはずしてもらった。

 走り出したが、ビアンキ姿勢に近い感覚を感じ、まずまずだ。

 夕食の食材は、今002日の日経新聞の料理記事「かんたん美味」に載っていた鳥のモモ肉で作る「とりのショウガ焼」を作ってみた。まあこんなものか。

 NHKBS2にスイッチを入れると今日も安否情報をやっていた。

 まあビールでも飲んで心を癒そう。

 今日は本当は自分の誕生日だろいうのに家族は気づいてくれない。ちょっとさびしい。

2011年3月16日 (水)

大震災の心配と話題は消えない

001 002  トレック通勤2日目。やっぱりハンドルが高いのが気になる。

 家を出たのは7時48分ぐらいか。そこでGPSをスタートさせるのを忘れていて、5分ぐらい走ってからか、スタートさせる。

 今日もJRバイパスヲの坂を上り下りして、進んだ。

 2号線に出るのはたしかに速い。

 そのあとは道路を東に進める。

 まだ最適なギアー設定がわかっていない。

 今日は結構寒い。

 しかし加速しだすとビアンキよりスピードが出る感じだ。

「時々抜かれるバイクはあるが、やはり性能の違いが大きいか」と自分を納得させる。

 そんなとき、淀川クライム中、知らないロードバイクの若者に抜かれた。

 自通仲間なら追いかけてついていくのだが、ほっておいた。

 野田阪神手前の信号で追いついた。

 ここからは最高速度出す自信がある。

 信号が変わってついていったが、野田阪神交差点をすぎるとき、もう一人のロードバイカーと3人でバトル状態。 

 しかしそんなにスピードを出していないようなので、いっきに2人をお射抜き、42km走行で直進した。

 その後は独走状態だった。

 しかし自分の歳を考えよう。

 ちょっと無理しちゃった。

 ただトレックはたしかにビアンキより直進性がいい。タイヤの違いもあるだろう。トレックのタイヤはしなりがない。その分よく転がるのだろう。

 職場には今世紀最短の時間、8時35分だった。だいたい家から47分ぐらいで着いたのか。

 職場につくと、大震災の話がつきない。とくに福島原発の新たな予想もしない爆発のニュースが不安を高める。

 しかし人的にはまだ救援のしかたがない。物資の補給をいかにやるか、救援募金を集めることが先決だろう。

 いろんな団体の募金活動がはじまっているが、勇気づけられる。

 ユニクロの社長は個人マネーで10億円寄付したという。。売名行為とも揶揄されやすいが、ただなかなかできることではない。だいた金持ちほどケチだというから。

 ランドセル現象のように高額所得者を誘発したらいいと思う。

 ただいろんな責任あるべき組織の数値に対003し、疑い目でみられている。震源地のマグニチュードも昨日ぐらいに9.0に引き上げられた。

 必要な1日の電力供給量を引き下げられた。

 どうもあやしい。「9.0のマグニチュード値は、原発の責任をこれぐらい歴史的地震だったから原発のトラブルは想定外で東電には責任がない 」という理由が成立する。 

 1日に電力生産能力をさげれば、他の火力や水力の役割が低いように見えるし、計画停電の理由になる。

 誰か内部告発してくれないか。

 どうも胡散臭く感じるが、自分だけか。

 とにかくそんなことを考えながら明日の会議のために資料作りと新聞切り抜きをしていた。

 帰りの時間になり、ちょっと腰が思いが、5時20分ぐらいに事務所をでた。

 寒い。朝よりさらに寒い。おまけに向かい風。

 神は今日苦行を強いるのか。ちょっと考えすぎ。(東京都、石原知事は大震災を天罰と発言して大ブーイング)

 トレックは軽い分、向かい風に弱いような気がする。時速25kmでフウフウ言って走った。

 家に帰ると家族2人とも夕食はいらないこと004になっている。

 一人でそばを作り、風呂に入り、上がって温まって、シルビエビスを飲む。

 テレビをつけると今日も福島原発についての番組が多い。

2011年3月15日 (火)

新型トレックで初出勤

001  今週はじめての自転車通勤だが、いよいよトレックのデビューだ。

 走りはじめるとスピード加速がいいように思う。

 今日もJR立花のバイパスの登りをいきなり走る。

 まだビアンキでの前53、後ろ20ぐらいの間隔が残っていて、トレックの10段変速の一番いい値がよくわからない。

 温度はだいぶ高い。

 乗っている感覚は一昨年サイクルモードで試乗したキャノンデールに似ている。新しい自転車の感覚があるのだろう。

 昨日から気になっていたが、どうもハンドルステムの長さが長い。ゆえにハンドルの高さがビアンキより高い。それと逆にブレーキ変速装置の握りの角度が低い。

 違和感があるまま走った。

 しかし唯一直進性がよく、35km/Hはすぐに出る.。

 おかげで誰にも抜かれず、普通信号停止になるタイミングの交差点を通過できた。

 やはり車体の軽さとタイやの軽さが違うのだろう。

 006 しかしまだ体が自転車に合わし切れていないし、自転車も僕に合わせてくれていないようだ。

 とにかく職場には無事に8時45分に到着した。

 昨日は仕事を休んでいたので、東日本大震災の職場での対応が気になっていたが、いろいろ動きがあったようだ。

 僕自身も対応する仕事が発生し、それに集中する。

 それにしても福島原発の被害は計り知れない。

 あるブログでは、東電は計画停電を指示しているが、他の発電施設を全開にしているかあやしいと書いてある。東電は原子力がとまるといかに困るかを演出するために停電を実行しているが、水力、火力を全開すれば停止しなくてもいいかもしれないという。

 これは信じられる話だ。どうも東電は信用できない。だから今後の事態にはたして責任を持って対処できるのか、きわめて怪しい。

 最初の会見で、できるだけ事態を小さく報告していて、だいじょうぶのように言っていたから、まあ事実を隠している節がある。

 まあしかし被災地以外の国民の支援が今大事で、それは募金が一番有効な手段だろう。

 この前滋賀へ行ったとき、坂本も日吉大社に参拝したとき、震災募金箱を祠の横で設置していたので、おみくじより募金と1,000円入れたが、これでは足りないだろう。せめて1万円を赤十字か共産党に振り込もうと思う。

 とにかく仕事中も大震災と原発事故の話がつきない。

 話は飛ぶが、自転車の役割をエコだけでなく、災害時の交通手段としてもっと評価されてもいいのではないか。一人の移動だけなら遠距離でも自転車にすれば、道路の大渋滞はきっとなくなるだろう。

 そんなことを深く考える。

 そしてまた帰りもトレックで突っ走る。誰も追いついてこない。

 ただまだ体と十分フィットしていないせいか、疲れも感じる。

 帰りにサンワサイクルでハンドル調整を聞いてみようと通りかかったら、今日は休みだった。まあ2,3日はこのまま走ろう。

002

2011年3月14日 (月)

トレック 2.5CEH2 サンワサイクルに取りにいく

Photo  ついに今日は申し込んでいたトレックのロードバイクを引き取りに行く日だ。

 たまたま代休を取っていたので、引き取りを今日にした。

 その前に朝済ませることが一つあった。

 昨日NHKを名乗る女性から家に「平成16年に受信料の契約書を交わしてその後昨日が続いているので電話をほしい」と連絡があったらしい。

 だいたい集金人が最近を来たが、はっきり「NHKは報道とニュースが偏っている。受信料は払いません」とずっと言い続けている。

 おかしいのは、H16年のいつか息子が未成年のとき間違って1回分払ってしまった日から請求書のスタートにしているというありえない手段をとっている。

 頭にきて、ネットでも下調べでいかに職員の不祥事が多いかもデータを取り寄せ、電話をかけた。

 先方は「NHK阪神営業所」と名乗る。しかし電話をかけてきた女性はいない。

 所長という森と名乗る人は、「返答できないのでご意見として聞いておきます」という返事だ。

 それで意見として思いのたけを思いっきり言った。

 だいたいテレビを設置すれば、だれでも見れる状態をそのままにして、法律でしばり、受信料を払う義務があるということ自体矛盾のきわみだ。ウォークマンでワンセグテレビを開けてもNHKは見れるのだ。

 おもいっきってWOWOWとおなじように契約制にすればいいではないか。おそらくそれをやる自身はないだろう。ということはほとんどNHKを見ていなくても、そんなものかと納得して受信料を払っている人がたくさんいるのではないか。

 ただ余りにも不祥事が多い。

 まあ、そんなことで電話を切った。

 それを済ませて、家を出た。

 3kmぐらい歩いてサンワサイクルに到着。途中のどかな気候の中、JR立花を過ぎ、下町を通り、川べりを通った。

 店に行ったら、それから005ペダルをはめ、指定のサイクルメーターを付けだすので、時間がかかる。

 ついでにボトルケースと前後ライトを追加した。

 全部つけてもらって、持ってきたヘルメットとサイクルシューズに履き替えて、サンワサイクルを後にした。

 走り始めて、やはり違和感はある。サドルが少し高く、ペダルが遠い。ハンドルを支えるアジャストステムの輪っかが多すぎて、少しハンドルが高い。

 まあ3日ぐらい乗って、また調整してもらおう。

 ただシマノアグテグラ?のブレーキは確かに効く。

 なんとか家まで試運転しながら、JR立花バイパスをダンシングしてみる。

 明日はトレックで行こう。

 それから文句の多く日なのだが、東北関東大震災の東京電力に異議ありだ。

 だいたい福島原発の存在自体が危険と思うが、もし原発が6号棟すべて止まったときのことを想定していないのが見え見えだ。

 計画停電についても異議がある。今日も9時20分から第1回を実行するかと思えばしなくて済んだと直前に記者会見するわ、夕方は静岡で実施するわ、信号を止めるわ。大丈夫か。

 本当に停電する必要があるのか疑う。大量に消費しているのは、生活部分なのか、生産現場なのか、東京電力でしかわからない。

 菅首相もお題目のように「計画停電を認めます」としか言わない。

 本当に国の危機管理は抜け穴だらけではないのか。

 東京では今生活物資の購入にパニックになっているようだが、だいたい懐中電灯を今さら買いあさるとは、いままで何をしていたのか、市民の危機管理もうたがう。

 あまりにも日常にならされすぎていないか。物を手に入れるのはお金さえあれば、すぐ買えるということが当たり前になってしまっている。

 もっと自分の体は自分で守るという自覚を持とう。

 いまさら交通が遮断されているから、自転車をその場しのぎで買いあさるのでなく、日頃から自転車で通勤していればなんのことはない。

 懐中電灯、電池をストックするのは常識ではないのか。

 アメリカでの報道は、日本人が冷静で対応しているし、地震や津波対策がしっかりしているから1万人ぐらいで死者はすんでいるとかなんとか言っているらしいが、そうだろうか。

 今日のいろんな現象は、それを疑う。

 

2011年3月13日 (日)

震災情報を聞きながらログを過ごす

51A26D50-4841-4336-BC6E-36DE0A5F250821人の大所帯が車4台に便乗してやって来たが、夜組4人が加わって、夜は餃子三昧と、酒で盛りあがった。
そんな状態で、雑魚寝で一夜を過ごしたので、当然熟睡できなかった。
朝6時にトイレを済ませ、洗面し、巻きストーブに火を入れた。CB2A062A-003E-40EE-8AEA-3D73A15B8401
今日の予定は、大津市坂本の日吉神社付近の観光だ。AE0C91B3-0CDA-41F1-9D96-DB5081624481
この地域は、以前湖西道路がまだ有料の時に、そこを回避し、坂本を通過していたので、よく知っていた。
参加者uさんの親戚の方の案内で、初めて坂本一体を見学した。
明智光秀、豊臣秀吉ゆかりの地であり、織田信長の比叡山焼き討ちにも影響を受けた地域だ。
見学を終えて、昼になつたので、近くの日吉そはという店に入った。、6743D0F3-8B0C-43E3-89AC-6BA856B1D1D0
大正ロマンの時代を想像させる店内のつくりだ。窓のガラスはかすかに歪んでいる。
蕎麦麺は、もちろん手打ちだ。ちょっと感動してしまった。

今日朝ログで、ウオーグマンのワンセグで震災情報を見ていたが、福島原発の爆発は、驚いた、
日本では、原発自体の存在かいかに危険か、あらためて検証された思いだ。
大げさに言えば、日本沈没の危険を抱えて電力を生み出している。
こんな災害が起こらないと、そのことがわからないというのは、あまりにも代償がおおきすぎる。
とにかくやりきれない。

2011年3月12日 (土)

ログハウス来ています

やっと休み。
少年団の仲間と一緒に琵琶湖ログハウスに来ています。
しかしFMでも東北地方の大地震の最新情報をずっと流し続けている。
ログハウスに向かう名神高速道路では、消防車の隊列が東に向かっていた。
恐らく宮城あたりに救援に向かっていると思われる。
桂川バーキングでは自衛隊も見た。
しかし名神から湖西道路、そして161号線まで異常に空いている。
誰もテレビに釘付けになっているのだろうか。
今年の年賀状に今年は不幸なことがありませんようにと書いたが、そうはいかなかった。
亡くなられた人たちも、神社で拝んでいたのだろう。1B6C20FD-DF41-4B13-9E42-0E424D9C463B

2011年3月11日 (金)

突然の大地震 予想もしなかった

001  突然午後2時46分、職場で会議を始める直前、机に手をもたせかけていると、なぜかゆれを感じた。

 小さな地震ならそれで終わっているだろうが、何度も大きくなったり、ちいさくなったり、5分ぐらい続いたのではないだろうか。

 つい最近までNZの地震を、日本人の学生の死亡を痛恨の思いで見ていたところなのに、今日突然の、それも観測史上最大マグニチュード8.8の地震が発生ししまった。

 震源地を知るのはそんなに時間はかからなかったが、実際の被害状況を知るのは日を追わないとわからないだろう。

 本当に不意を突かれたという感じだ。

 僕自身は、今週の自分的にはハードな日程をこなして、あと一つの会議に臨み、それを終えてようやく週末を楽しみにしていたときだったから、週末は悲しみに暮れるしかない。

 ふと和歌山にいるはずの長男に電話した。それにシンガポールの娘のことも気になった。

 帰りの自転車にまたがったときも空が何故か不安定で地震のせいかと思ってしまった。

 とにかく家に帰って、ニュースを見るとどんどん被害の大きさに目を見張る。

 とくに原子力発電所は本当にだいじょうぶか。

 亡くなられた方にはお悔み申し上げるしかない。

 やはり自然災害への備えはしすぎるということはないだろう。

 ただこのネット時代、もっとすばやい利用ができるように考えるべきだろう。

2011年3月10日 (木)

気分を変えて、コースを変えて

002  今日も気分を変える必要があった。

 それで、GPSを作動して、途中までは同じコースだが、尼崎道意線をすぐ南下してJRバイパスを登り、2号線を左折した。

 途中で短い疎水があったが、これはいつものコースにはあったかどうか、考えていると、後ろからロードバイカーが追い抜いていった。

 おちつけるスピードだったが、じっと後ろをついていった。

 途中信号を無視して前に進んでので、「ばかやろう」だ。

 そのままがむしゃらにペダルを回し続ける。

 今日も向い風のところが多い。

 朝出る前、タイヤの空気を前6気圧、後ろ7気圧に設定した。

 それでタイヤはよく転がる。

 職場にはなんとタイムカードで8時38分に着いた。

 仕事は午前、午後と会議の連続。

 夕方職場を出ると、まだまだ寒い。

 しかし帰りも風が舞い、ほとんど向い風だ。

 ただペダルはよく回る。そのままコープ立花に直行。メモしたとおり買い物をする。

 ビアンキもいよいよ交003代のときがきたが、なおさらいとおしい。

 明日までは、ビアンキを走りきろう。

2011年3月 9日 (水)

行きも帰りも向い風 モチベーションが逆に上がる

001  仕事と家に家事とちょっと疲れがたまってきた。

 それでもとにかく通勤はいつものように慌ただしく出かけた。

 ウキウキした気分ではない。

 しかも風向きは向かい風。

 途中で最近よく合うシングン青年、雨の日もかっぱも用意せず走っていたから、アクティブだ。もう一人も白のクロスバイク青年。

 彼もよく見る。

 しかし2人とも歌島橋に次の交差点を信号無視で走りだしたので、ちょっと失望だ。

 しかしだんだん気分は前向きになってきた。向かい風で楽でないが、この負荷が気持ちを盛り上げたのかもしれない。

 職場には8時46分ごと着いた。意外と速かった。

 仕事もそのノリで前向きに次から次へ仕事ができた。

 一度プレッシャーをいっぱい受けたほうがいいのかもしれない。

 昨日は、家に帰って食事の支度も「しんどいな」とだけ感じていた。

 昼は通勤自転車仲間4人衆の中の2人に4月後半のツアー提案の電話とメールをしたが、一人は4月に嫁さんが出産、もう一人はおめでたいことだが、7月に結婚式。

 おめでたいことばかりだ。

 まあツアーはこれからも行けるときはある。

 それでもう一人のサッシーにお願いして2人でいくかだ。

 まあ連絡した2人は元気そうでよかった。しかし最近通勤途上ではまったく会わないのが残念だ。

 今日はノー残業デー。いち早く帰る支度に。

003  外はまだ明るい。しかし「なんでなの??」という感じだが、またまた向か風。それもかなり強い風だ。

 体の前掲姿勢をさらに下げて、がまんの走りだ。

 しかしこれはこれで楽しい。

 家に帰ってただちに風呂の用意と米の炊飯とおかず作りにとりかかったが、昨日のちょっと鬱的感覚はない。

 何事もしんどいことだけ考えてしまうと、うつうつとなる。楽しいことをし、楽しいことを考えよう。ツアー計画はうまくいかなかったが、その話で連絡をとったりすることは、気持が前向きになる。

005 そのノリで夕食を作ってみたら、鮭のムニエルにチーズをのせて野菜で飾った独特の料理ができた。

 明日も楽しいことを考えよう。

 

 

2011年3月 8日 (火)

自転車は歩道でスピードを出すものではない  信号を無視するものではない

001  朝ちょっとトイレで長くなり、出遅れてしまった。

 まあしかし慌てることもない。

 同じ調子で走る。

 しかしなぜか、走り出そうとするたびに、左折車が前を遮断する。

 「いい加減にしてくれ」という感じだ。

 だいたい歩道から交差点を進む自転車が強引に左折車を遮断し、そのあおりで、道路を走る自転車やバイクが影響を受ける。

それに歩道を25km以上も出して走る自転車が多い。無謀だ。非常識だ。

 信号無視する自転車もまた多い。なんとかならないものか。

今日はそういう場面が多かった。

 それに思いの他風は向かい風だ。

 サイクルメーターアプリでは平均時速はいつもより低かった。それに疲れが昨日より感じた。

 仕事は、会議等はないが、課題は次々あり、時間はどんどん過ぎていく。おまけに昼時間は電話当番だった。

 夕方はあっという間にやってきた。

 帰る支度はするが、果たして外はどれほど寒いのか予想が難しいが、なるべく防寒してよく場を出た。

 やはり思ったとおり寒い。今日は帰りのサイクルメーターアプリの精度をためすため、コースを変えて、中央市場を横切る旧道を通った。

002  野田阪神でいつもの道に入り、淀川をまざす。

 帰りもなぜか、向かい風。しかし足は不思議とよく回る。

 尼崎繁華街を走るとき、路肩への駐車する車がやけに多く、迷惑この上ない。

 そのあたりは路肩部分の幅が結構広いのだから、自転車専用道路に早くしてほしい。

 できるはずだ。

 そうすると不法駐車もしにくいはずだ。

 これはよくない考えだが、新しいロードビイクのことを想像すると、それと比較してビアンキが走りながらだが、古く見えてきた。

 ちょっとビアンキに悪い。9年お世話になっている。

 そう思いながら家に近づいてきた。

005  途中家にビールがなくなっていることを思い出し、家に一番近いローソンでビアンキを停車。

 一番搾りとスーパードライ、フリーと2本づつ買う。

 そんなとき気分がよくなる。

 しかし家に帰ると疲れが増す。

 まあしかし自転車を保管するため、庭のカギを開けるとき、

 帰ってきたという実感があってホっとする。

 006 今週はじっくりビアンキを乗り続けたい。

2011年3月 7日 (月)

ついにトレックロードバイク買ってしまった!

001  昨日ランドナーの新しいタイヤ650A35mの購入と付け替えに成功したと書いたが、今日は朝なんと雨だ。

 文句なくランドナーで行くことにした。

 昨日試運転しておいてよかった。

 さっそく家を出る。

 昨日の試運転でも感じたが、タイヤが軽い。

 「これはいい!」という感じだ。

やっぱりランドナーをもっと大事に乗って改造もしよう。

 課題は泥除け(マッドガード)だ。購入はしたものの、フレームとの接続部品がない。

 これはなんとかしよう。それにしても購入してから15年は経っている。

 とかなんとか考えながら朝の2号線を走る。

 道路温度は6℃。しかしそんなに寒くない。

 前のタイヤより早く着いたようだ。8時50分に職場に着いた。

 職場について、アイホーンのメールを見ていると昨日書いた返事でゆっちさんから入っていた。

 リニューアルした尼崎サンワサイクルに一昨日も昨日も行ったという。

 それでぼくも今日帰りに行こうと思った。

 その分仕事は、なぜか力が入っていろいろやりあげた。

 5時のチャイムを聞いて机のまわりを整理し、帰る用意をする。

 そわそわして着替え、レインウェアを羽織って、駐輪場に向かう。

 帰りもペダルはよく回る。

 今日は先週、週末の疲れはない。

 6時ぐらいには、サンワサイクル前に着いた。

003 ちょうどオーナーがおられて、シャッターを押させてもらった。

 「ロードバイク新しいもの買おうと思っているんです」と告げ、若い店員をつけてくれた。

 その彼はどうも最後に残ったキャノンデールバイクを勧めてきたが、ぼくは目に留まったというか、やはりビビっときたトレック定価240,000円のバイクを直感でいいなと思った。

 コンパクトクランクだし、変速コンポはシマノのアルテグラ。

 色のコーディネートは白とシルバー。ちょっと自分的には地味だが、これも運命の出会いかもしれない。

 あっさり決めてしまった。

 これが正解かどうかわからないが、まあ決めたからはしかたがない。

 予約金を払い、店を出た。

 ただ、サイクルモードで見たり、このサンワサイクルで何回か展示物は見ている。ビアンキをもういちど買えないのは残念だが、ブランドの意味が変わっているというか、ビアンキ名を売って中国で品物が作られているというから仕方がない。 

 今日はしかしミヤタランドナーが気に入っている。

 これでちょっと贅沢だが、3台のロードトとランドナーで通勤を使いわけそうだ。

 005 ビバ!ミヤタ・グランプレミオ!

 

2011年3月 6日 (日)

ついに解決!ランドナーのタイやサイズ。さっそく試運転

001  フランスの単位とイギリスの自転車のタイヤの単位が別々ということがあって、ちょっと悩まされてlきたが、650Aというタイヤサイズが26×1.3/8が同じということがわかった。

 実際ランドナー専門店グラン・ボアでネット注文し、今日午前中作業し、うまくはまることがわかって、ちょっと感動した。

 おまけにタイヤが結構軽い。

 もともとランドナーという自転車はフランスでタ旅用の専用自転車として発展してきたものらしいが、今や扱っているメーカー、専門店が少ない。

 スムーズに前後を取り換えた。

003 ただまだまだミヤタグラスミア・ランドナーは、改良する個所が残っていて、これで終わりではない。

 今日は実はその前に、先週完成させたベランダの塀にニスを塗る課題があって、それを朝9時半から取りかかった。

 なんとか30分ぐらいで塗り終えた。ただついでにベランダそのものも塗り直しが必要な個所が多いので、ついでに塗った。

 午前中で作業したのは、午後から職場のホールで、医科・歯科九条の会の講演会に行くためだ。

 昼ごはんを食べて、ゆっくりしてから家を出る。

 職場までビアンキで行くつもりだったが、事務所で着替えるのも面倒なので、折衷案として、今日タイヤ交換したランドナーで、阪神尼崎まで行き、そこで自転車は駐輪場に入れて、阪神電車に乗りかえ、職場をめざした。

 しかし職場には、1時間はびっちりかかった。阪神電車普通電車で行くと、駅が多く時間がかかる。

 講演会は、現役朝日新聞記者 伊藤 千尋さん。「激動の世界から見た日本国憲法九条」というテーマで話された。  

 九条という憲法の内容は実際生かされていないという。だから内容と違う自衛隊という事実上の軍隊がある。

 政権の代表は、マニフェストをつぎつぎあいまいにしている。

 しかし外国の例、コスタリカ、ベネズエラ、フィリピンなどは大統領、首相がきっちり約束を実行する。アフリカのカナリア諸島では、日本の憲法九条の碑が作られたりしているということを紹介していた。

 質問の後イギリスのBBC放送が国営でありながら、政権の主張とちがうことを堂々と発言しているという理由を紹介し、国民が悪い番組への批判はもちろんだが、いい番組への賞賛の声がたくさん帰っているという。

 そこが日本と違うらしい。

 講演会を終えて、来た方向と同じように阪神電車に乗って、尼崎で自転車に乗り換えた。007

 しかし雨が本格的に降ってきたではないか。

 しかし防ぎようがないので、そのまま帰った。

 しかしやはりランドナーの新しいタイヤはすぐれものだ。

 転がりがいいし、軽い感じでぺダルも踏みやすい。

 まあ、有意義な一日か。

2011年3月 5日 (土)

やっと土曜日 しかし会議で出勤、あとはスーパー銭湯へ

003  今週は本当に精神的にハードだった。

 ただ今日も出勤日。ほとんど自転車で行こうと思っていたが、スーパー銭湯へ仕事を終えてから行くことを楽しみに予定を立ててみると、電車通勤がいい。

 というのは、今月誕生月なんだが、スーパー銭湯「湯の華廊」から誕生月を祝って、無料入浴券が送られてきたのだ。

 それでこの銭湯に行くことにしたら、自転車でも行けることはいけるが、JR東西線でいけば、もよりの駅から歩いていける。

 帰りは阪急で乗り換えあるが、2駅だ。

 まあ電車通勤もメリットがある。 

 アイホーンを使って、英語学習のアプリで勉強できる。

 家はPBSNEWSというアプリでアメリカのニュースラジオ放送を聞く。なんとなくエジプトの革命のことが離されているのは、解読できる。しかしこまかいところはわからない。

 そんなことをしているあいだに職場の近くの駅についた。

 職場についてバタバタと動き回り、じっくり昼休みを隣のレストラン〝モジュール”でじっくり取って午後を向かえる。

 会議は午後4時まえに終わる。

 迷わず地下鉄千日前線を乗り継いで、JR東西線で稲野駅に。

 アミューズメントシティー「つかしん」を通り、湯の花廊へ。

 温泉内は込んでいた。入り口の送迎バス乗り場も人がたくさん並んでいた。

 それにしても今日は若い青年が多い。

 銭湯というと老人がいつもは多いのだが、今日は若者が多い。 

 露天風呂で頭を岩にもたせかけ、じっくり浸かった。今日は招待券で来たので、うれしい。

 僕的には、この週末のスタイルがすきだ。

 明日も九条の会の講演会が職場のホールであるのだが、明日は自転車で行こう。 

2011年3月 4日 (金)

今日も寒い自転車通勤でありました

001_2  今日も朝の通勤は3℃だった。

 こんな時は、あまりスポーツ自転車の通勤はないだろうと思っていtが、結構走っている。

 ときどき会うKEBINだったか、緑のフレームのロードに乗る男性が杭瀬の信号待ちでやってきて、前に出た。 

 そのまま後ろから前を走るのを追いながらペダルを漕いだ。

 今日も自分の体調は、今一つ。

 

 ただ走るしかない。

003 海老江交差点では、いろいろの自転車が後ろからやってきた。

 ただ、一気に前に出て、野田阪神までかっ飛ばす。

 このタイミングでハプニングがなければ軽く、野田阪神交差点をクリアーできるが、車の状態で影響される。

 今日はなんとかすれすれで黄信号に変わったので、一機に交差点を渡った。

 よくみるとKEBINロードが前をはしっていた。

 なんとか追いついて、彼もややスピードが落ちたので、土佐堀を下るとき、抜いてしまった。

 すみません。

 だが、41kmぐらい出ていた。

 そのまま新中町をクリアーしようと加速するが、ここでストップ。

 信号が代わって、一機に職場まで暖気運転?で移動する。

 仕事は精神的は超ハード。難問山積だった。

 

 夕方にはへとへと。

 帰る時間は6時を過ぎてしまった。

 004 足をひきずりながら帰りを走る。

 できるだけ力を抜いて動くがままに走っていた。

 ところが野田阪神を過ぎたころ、一人に抜かれ、「まあ、いいっか」とそのままのペースで走ると、手で合図して抜いていったロードマン? いやロードウーマンがいた。

 よく見るとゆっちさんではないか。帰りに出会うのは恐らくはじめてだ。

 なんとか追いつこうと歌島橋まで走ったが、彼女はハイペース。

 なんとか歌島橋信号待ちで話をかわせられた。

 その後も彼女は早い。今日はヘトヘトで追いつけない。

 「まあ、いいか」

 とそのままマイペースで走った。 

 さっき抜いたはずと男性に抜かれてしまった。

 相当疲れている。

 しかし毎日走っていると、それなりに何日かに一回は誰かに会ったらする。

 そうするとちょっと言葉をかわすのも楽しいものだ。

 家に帰って今日は妻が仕込んでくれていたが、お好み焼きを作る。

 しかし疲れた一日だった。

2011年3月 3日 (木)

行きは3℃、帰りは4℃ 冬逆戻りの雛祭り日

006  寒いとは朝資源ごみを出しにいくとき感じたが、家をいよいよ出発したときもあきらかに寒いと思った。

 今日はどちらかというと今週4日目、弱音をはけば、走るのに飽きてきたのが本音だ。

 ただひたすらペダルを踏むだけだ。

 誰にも会わないぞ!

 とか考えながらも、何かサプライズはないかと期待する。

 しかし何もないまま職場についてしまった。

 ただ途中サプライズといえば、稲川橋電光掲示温度計だ。

 「およよ! 見間違えたか」と、何度も見返したが、8℃ではなく、3℃だ。

 この温度は1月仕事はじめでー2℃でびっくりしてから2日後の温度だ。

 まさに冬逆戻りだ。

 そして仕事に入ったが、他の人のパソコンインストールや不具合調査など時間が過ぎる。

 昼食を食べるため外に出てみるとなんと雪が降ってきた。

 ちょっと笑ってしまった。

 午後3時半からは全員の会議。

 5時をオーバーして終わった。

 帰りの支度をしながら、「今日の夕食はお好み焼き」と心に決め、走りだしたが、またまた寒い。やはり冬なみだ。

 005 淀川大橋を越えたところから寒さは感じなくなる。おまけに会議のあれやこれやも完全に払しょくしている。

 そのまま立花コープへ。ここへ来るとホッとする。

 お好み焼きに必要な小麦粉やサトイモなど買ってかえる。

 家に帰ってみて、炊飯器の中身チェック。

 「あれ、ごはんいっぱい残っているやん」

 これは米を食べざるをえない。 

 それで急きょ鍋料理に頭を切り替えた。

 ただ正しい鍋の食材があまりない。

 やむなくありあわせで、トマト鍋風ごったににした。

 寒いときはちょうどいい。それなりにうまくなった。

 今日も一日が過ぎていった。

2011年3月 2日 (水)

ちょっと厚着で出かけてみtが、結果的には正解だった

001  ちょっと寒くはなると聞いていたが、家を出るまでセーターを着て、ちょっと厚着すぎたかなと思っておた。

 レーサージャケットを上から羽織って家を出て走ってみるとちょっどいい感じだ。

 そのうち暑さを感じてきた。

 その状態で稲川橋の温度計をたしかめると8℃だった。

 今日実は朝下痢ぎみだった。それでペダルにちょっと力が入らない。

 助かったのは追い風だったこと。なんとか風に乗って走った。

 しかし空は曇り空。

 昨日朝会ったシングルギアーの若者にまた会った。ただ信号を守らないのはいただけない。

「おい、信号守れよ」と心で語る。

 大阪市内に入ってまた寒さを感じる。これが不思議だが、高いビルが多い分道路は日陰が多い。

 それにしてもどこもかしこも取るに足りないような交差点は、「ばからしい」と言わんばかりに、こ綺麗なお姉さんから、若い母親から、おやじさんから、青年男性から信号無視が頻繁だ。

 職場に着いて、8時間たっぷり仕事があった。

 それで今日はノー残業デー。まだやりたかった仕事があったが、明日に回すことにした。

 帰りの走行でびっくりしたことがあった。

 職場を西に入り、新浪花筋で北向きに進路をかえて一つ目の交差点を通過しようとしたとき、左から猛スピードで横断歩道をすぎようとし車一台があった。

 結局意識的な信号無視でないと思いたいが、気づいたのか横断報道を超えてとまった。

 「ばかやろう。何しとんね~~!!!」

 今度は言葉に出た。

 自分がぶつかりそうになったわけではないが、その横断歩道にもし人がいたら、危ない状態だった。

 そのまま進んだが、怖い怖い。

 それにしてもこの件とは別に信号が赤に変わってからでも進入してくる車のいかに多いことか。これで事故が起こっていないのだろうか。

 警察は交差点での事故の実態をあきらかにするべきだと思う。死亡事故はないのか。

 それともっと交差点に人を出して取り締まるべきだ。

 ことは人の死につながる。

004  2号線を尼崎杭瀬に差し掛かったところで、空の雲が鮮やかなオレンジに輝いていた。ただこのあと雨が強くなるのだが。

 ぼくの自作曲に「おやじの願い」という作品があるが、その中の歌詞に

「虹の向こうに見えるライトブルーの輝きが、雨あがりの空を彩っていた」というフレーズがある。

 それに若いときときめいたということだが、そんな純粋さを保ちつづけたい。

 ちょっときざだった。

 ただ、今日の空もあざやかだった。

 みなさん。ときどき空を見上げよう。“上を向いて歩こう”てか?

 そのまま今日は家に直行した。 

 それにしても帰りのルートは、ぞっと寒かった。それに雨の水たまりを御尻のもろに滴をあびて冷たかった。 

 まあそれでもそれはそれで非日常で楽しい。少年的感覚になる。だから寒さなんて苦ではない。

 家で料理を作っているとき、シンガポールの娘から電話があった。

 イタリアの3男を訪ねる旅の計画があるが、その話をした。できればシンガポールと日本から出発して、向こうで合流する計画だ。ただ休みがうまくお互い取れるかどうかだ。

 ニュージーランドの地震の話もした。19歳の若者が多かったが、娘も高層住宅で生活しているので、「気をつけや」と言ったものの気の付けようがない。

 地震がないことを願う。

 ピアノを買うように忠告した。彼女は高校までかなりピアノを練習していたのだ。ヤマハですてきなキーボードが去年だったが、発売された。シンガポールのオーチャードという大きな町に高島屋もあるし、ヤマハの店もある。

 明日見に行くと言っていた。

 002 家族はみんな離れているが、みんな元気が一番だ。

 健康と若さにかなう財産はないと思っている。

 だから毎日楽しいことを考えて過ごすことをモットーにしよう。

2011年3月 1日 (火)

小雨模様、しかし走るしかないでしょう

001  朝起き上がると外は暗い。

 トイレで新聞の天気予報で見ると大阪地域は雨らしい。

 それでランドナーで行くべきか。しかし最近乗っていないので、ちょっと気が進まない。

 朝の習慣を済ませて庭に廻ってみると小雨が降っている。まるで霧状態にも見えるが「春雨じゃ、濡れていこう」ではないが「まあ、なんとかなるだろう」とたかをくくって、デイパックだけ防水カバーをして後は無防備で走り始める。 

 サングラスは滴がたまってきた。

 しかしそれ以上雨が強くなりそうもない。

 逆に希望的観測だが、風で濡れた雨は乾くのではと思ったりする。

 途中長距離通勤自転車は皆無かと思ったら、シングルギアーだが、若者ファッションの青年が一人いた。

 後半の長堀通りまでの5つほどの信号は一発でクリアー。

 今日はラッキーだった。

 仕事も自転車も4日ぶりだ。

 仕事では新しい輪転機が午後から入ってくるので立ち会うことが大きな仕事だ。

 それに5時が過ぎたら、半年に1回の歯科健診に行く。主治医は自分の団体の役員N先生。

 中央区まで四つ橋線を突っ走る。 

 なんとか5時半の5分前に医院到着。

 005 30分あまりのチャックと手入れ。歯は見違えるようになった。

 歯は健康の元。

 歯肉はとても健康状態がいいと言われた。

 やはり通勤自転車9年の効用はあるかもしれないと自分で勝手に思い込んだりしている。

 帰りは四ツ橋筋を北へ。2号線合流地点までまっすぐ走る。

003  職場から走るときもそうだが、四ツ橋筋を逆走してくる自転車が多い。

 4人ぐらいに注意した。おそらくみんな注意されたこともないのだろう。悪ぶれたふうでもない。

 無知とは恐ろしい。

 野田阪神に近づくと、この雨の日をロードバイクで走るバカがいた。ぼくもそのバカの一人。

 ちょっとうれしくなる。

 雨の日は走行を止めるのも安全の選択肢だろう。

 しかし僕的考えでは対策をもてば、雨でも走れる。

 大雨の帰りを走ったことある。

 他の人にそれを勧めるつもりはないが、ぼくは走る。

 歯をきれいにしてもらったので、ちょっと気分がいい。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30