フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 体調不良だが、追い風が味方 自虐的走りで加速 | トップページ | 軽くペダリング 藻川周遊道 家から22km »

2011年3月26日 (土)

再び奥琵琶湖箱舘山へ

004  大震災から2週間。被災者への思いをもつつつ、今日しかないと奥琵琶湖、箱館山スキー場へ行った。

 朝8時過ぎ家を出る。

 名神高速は、救援トラックもあるのか、大津付近で渋滞していたので、自分が降りる「京都東出口」までだいぶ時間がかかった。

 湖西道路に入ると天候は一変して大雪で前も見えない。 

 ところが、高島市に入るとまた晴れて、奥琵琶湖からスキー場まではまた横殴りの雪だった。

 10時45分ようやくスキー場駐車場に。

 来場者の車に数はてきめんに減っている。駐車料金も半額だ。

 ゲレンデに着くとか安全に吹雪。しかし雪は1か月前より積もっている。

 013

014 リフトで上がり滑ってみたが、2回目新雪深いゲレンデの方ではバランスをくずし、何シーズンぶりかで転倒してしまった。スキー板はカービンでなく、古い板の改造した板を使ったこともある。

 ちょっと自信喪失。車で移動してきた疲れもあり、レストランにいったん休憩に入った。

 天気も回復し、もう一度よく踏まれたゲレンデの方でアタック。

 今度はスキルを取り戻した。それで10回滑る。 

 スキーの魅力をあらためて実感できる。

 そのうち耳が痛くなるほど天候が荒れて温度が下がってきたので、スキー場を降りる。

 すぐそこから5分の場所にあるログハウスに立ち寄る。

 立ち寄るというかしばらく休んだ。

 昼食を済ませ、そこの風呂に浸かる。ゆっくり浸かった。

「ooooo59.mp3」をダウンロード「白い恋人たちIN ログハウス」018 

 出てからそこの置いてあるエレクトーンを使って、弾き語り録音に挑もうしたが、ICレコーダーの電池が切れていた。

 しかしどうしても録音し、このブログにアップしようと思っていたので、ホームセンターにクルマで買に行くことにした。ちょうどダイニングの上の電球も切れていた。

 ホームセンターには車で10分のところにある。

 しかしこんなところにも震災の影響があって、電池コーナーでは大型懐中電灯に使うのだろうか、単一の電池だけ切れている。個数制限もしていた。

 センター入口では、主婦たちが震災救援募金を集めていた。

 すでに11,000円しているが、ここでも1,000円した。

 毎月するのもいいかもしれない。

 ログに着いて帰る時間も迫っていたので、一発録音で決めようと緊張して演奏した。

 満足してログの片付けをして、ここを後にし、家に向かう。

 正直帰りのドライブは疲れも伴って眠い。あぶない。あぶない。

 瞼を何度も開いて眠気と戦う。そのうちすっきりしてなんとも気持ちがいい状態になった。

 高速道路では、なぜか執拗に進路変更するやからがいるが、うっとうしい。

 ぼくはよほど遅意クルマが前に遭遇する以外追い越し、進路変更はしない。

 今日はしかし2回目のスキーで今シーズン滑り止めだが、満足だ。

 ちょっと心の洗濯ができた。 

« 体調不良だが、追い風が味方 自虐的走りで加速 | トップページ | 軽くペダリング 藻川周遊道 家から22km »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体調不良だが、追い風が味方 自虐的走りで加速 | トップページ | 軽くペダリング 藻川周遊道 家から22km »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30