フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 淡路サイクリングから通勤自転車に切り替えて | トップページ | 連休2日目 朝は作業、午後は出かける »

2011年5月 3日 (火)

連休初日、神戸新聞で紹介された家を見に行く

001  この連休3日間は何も予定は作っていない。

 朝は自然に目が覚めるにまかせる。

 購読している神戸新聞に「緑の建築家」というシリーズがあって、故石井 修(建築家)のことが載っていたのを妻が見つけ、その作品というか、現在も居住者がいるb場所に行こうと行った。

 場所は西宮市甲陽園目神山町12番坂。

 よく阪急甲陽園駅から甲山へハイキングするコースに近いことがわかる。

 朝11時過ぎさっそく2人で阪急電車へ。

 夙川から乗り換えて、終点甲陽園で降りる。

 004 駅を改札を出たところの屋根の下に燕がとまっていた。

 近づいて写真を撮っても逃げなかった。

 のどかな気分になる。そのまま坂を甲山方向に上る。

 しばらく歩くと、甲山に続く道に出たが、この近辺らしいとは思いつつ、近所の地域図表示を発見。

 いろんな坂番号があったが、12番坂という通りもあった。

 その方向に坂をのぼる。

 それにしてもこの付近は大きな家ばかりだ。ようするに金持ち族の地域らしい。

 建物を見ているだけでも飽きない。

008  新聞に出ていて写真の家はそのとおりあった。

 妻はどきどきすると言っていたが、僕も何度もこの付近を通っていたが、ちょっとコースを変えるとこんな素敵な家が立ち並んでいるというは、ちょっとサプランズで感動だ。

 新聞l記事によると自然をいかに生かして家を建てるかということを石井修さんは考えていたという。

 家の中にはいるわけにはいかないので、そのまま帰る。

 ただどこかへ抜ける進路を探していたが、よく見ると前方の高台に人が歩いていく

「あっ。これ北山貯水池や!」と驚く。

 そのまま住宅街を進んでもいいのだが、すぐ横に林があり、どうもシングル道らしいものがある。009_5

 思い切って入っていくとすぐに貯水池の道に出た。

 いままでなんで気づかなかったのだろう。ちょっと新しいルートの発見だ。

 すでに時間は12時を過ぎていた。

 この付近に食事できるところはなさそうだ。

 それで貯水池をまっすぐ進み、鷲林寺交差点に出た。

 近所の人に尋ね、六甲へ続く道をしばらく登ると、カフェ・レストランがあった。

 しかしその店に入るとあっと驚いた。

 たくさんのロードバイクが止まっていて、中にはレーサーウェアの人たちが食事に来ていた。

 このルートでのロードバイカーのメッカなのかもしれない。

013 店の名はセ・ワットという。

 店から見た下界は、黄砂でぼやけている。

 ローダーたちを観察すると、結構年配から若者、一人女性とさまざまだ。どこかの自転車店で主催するグループだろうか。

 その力量はよくわからない。しかしこの店は下界からはだいぶ坂を登ってきたところにあるから、ある程度坂をクリアしてきたのだろう。

 ぼくたち夫婦は食事を終えて、すぐ近くにあったバス停「甲山高校前」に移動する。

 間一髪 数秒後にバスは来た。

 家に帰り、しばし休憩。その昼寝。

 午後4時ごろ目が覚め、思い立ってランドナーの改造に。

 とりあえず、後輪ブレーキをランドナー特性部品に取り換える作業に。これを第一段階とした。

 あと余裕があれば、後輪泥除け(マッドガード)の取り換え。 

 ブレーキは特殊だが、30分ぐらいで終了。

 次の第二段階に移ることにした。今日は妻が食事を作ってくれるので、心起きなく作業にかかる。 

 ただ未経験の作業で、電動ドリルでアルミのマッドガードに穴を開けるのが大変だ。

 結構手さぐりで作業する。

 結果的には成功した。 

 見た目もよく、重さも少し軽くなった。

 試験運転してみたが、ブレーキの調子よく、マッドガードもしっかりしている。

 ここて今日の目標は完了。

 明日は前輪マッドガード挑戦だ。

 

« 淡路サイクリングから通勤自転車に切り替えて | トップページ | 連休2日目 朝は作業、午後は出かける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淡路サイクリングから通勤自転車に切り替えて | トップページ | 連休2日目 朝は作業、午後は出かける »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30