フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 次の課題は大震災チャリエィーコンサート | トップページ | 力を抜いて職場出かける »

2011年6月19日 (日)

日曜日もなかなか休めない6月だった

2011618  6月に入ってなぜか、土曜日、日曜日と予定が入る。

 今日も職場の年に一回の行事

「日常診療経験交流集会」が開催され、その要員に抜擢された。

 空模様は不安定だ。

 午後からは、職場ゆかりの84歳になられたH先生の納骨式があり、そちらに行く。 

 まず朝は、駐車場の係だったが、特に仕事はなく、集会の分科会の一つ、「震災支援報告」に参加した。

 2人の先生から報告があったが、医療の役割は大変求められていることがくわかった。

 震災から助かった人たちであっても、避難所生活の中で、病気が発生したり、十分な医療が受けられないため、病気が悪化する例がいくらもあるようだ。

 自分も現地には1日ボランテイアで入っただけだが、報告の内容は前よりよく理解できるような気がする。

 昼にはランチョンセミンーといって昼の休憩タイムに講演が企画されたが、原発問題の専門家によるもので、いっぱいの参加者が集まった。

 今や原発問題は、日本国中最大の関心事だ。

 それが聞けなかったのは、残念だったが、次の予定H先生の納骨式に参列するため、職場を後にした。

 H先生は、大阪の保険医協会の副理事長をした人だが、かなり以前娘さんが、森永ヒ素ミルクの被害者で、その救済をもとめる「光協会」の責任者をした人だ。

 式場では、送られるH先生は84歳という高齢にかかわらず、医師という仕事の性格もあることはあるが、その見識と仕事から300人以上の参列者が出席されていたと思われる。

 式を終え、帰路に向かったが、大阪平野区の喜連瓜破駅から地下鉄に乗る。

 たしかに遠い。しかし電車に乗車中、IPHONEで動画「シャーロックホームズの冒険」を見る。まあ英語の勉強のつもりだ。

 それにしてもIPONEはすぐれものだ。手放せないものになってきた。

 家に着いて、妻も先に帰ってきていて、夕食はまかせたので、ピアノに向かい、7月7日のチャリティーコンサートのための練習に励んだ。

 さすがにちょっと疲れてしまった。

 風呂に入り疲れを取る。

 残念ながら来週ウイークディは代休を取れそうにない。

 まあ頭をリセットして金曜日までがんばるか。

« 次の課題は大震災チャリエィーコンサート | トップページ | 力を抜いて職場出かける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の課題は大震災チャリエィーコンサート | トップページ | 力を抜いて職場出かける »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30