フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

突然爽快な気分に?

003  朝は今日も家にいても汗が体を覆う。

 まあ、そんな状態で走り出したが、空は曇っていて暑さはそれほどでもない。

 

 今日来ていったウェアは、娘からのプレゼントだが、最近ジッパーが壊れてしまっていた。

 それを2男がすぐ直してくれた。

  2号線で早い段階というか十間という交差点で後ろからサッシーがやってきた。

 今日は自分が少しいつもより出発が遅れたので、まさか合わないだろうと思っていたが、会いだすと続くものだ。

 途中から先頭交代してもらったが、けっこう30km前後で走ってもらったので、十分着いていける。

 それで突然爽快な気分になってきた。

 自転車通勤の場合、停止中の車の間だが、ダンプの空間などかなりやばい狭さだが、その幅をいかに安全にすり抜けるかということも技の一種だ。 

 サッシーはさすがにメッセンジャーだけあって、通過するのがうまい。

 野田阪神手前で「気ーつけて」といいながら別れた。

 今日は、乗車姿勢がいいように思う。日によってその違いを感じるときがあるから不思議だ。

 仕事はエアコンが入ったせいか、とくに自分のデスクは寒い。

 ただひたすら今日はパソコン入力に集中する。パンフ一冊分の文章をすべて打った感じだ。 

 その間の明日の会議のレジュメと資料も作る。自分でいうのもなんだが、神業だ。

 毎日ブログのためにキーをたたいていることが、仕事でも役に立っているか。

 しかし夕方はクタクタだ。

 ところが不思議なことに自転車にまたがると、その部分の疲れがふっとんでしまう。

 これは大きなメリットだろう。

 走りながら今日も夕食メニューを考えている。

 いわしの梅干し合わせ煮、餃子の手づくり。

 よしこれで行こうとコープ立花店に入ったが、イワシがない。餃子の皮の場所がわからない。

 妥協としてすで煮ているイワシと冷凍餃子を買うことにした。

004 できた結果がこれ。

 キャベツのごま油和えと新婦人で定期的に頼んでいる便に今日入っていたプチトマトを足した。

 冷凍餃子は、野菜餃子、博多ラーメンの店餃子など3種類。

 ただ皿に移す段階でぐじゃぐじゃになってしまったのが心残り。しかし味はいい。

 きょうはサッポロシルクヱビスビール。

 チョットうまさは弱いが、喉の渇きに助けられた。

 いまやビールならなんでもいい。

 

2011年6月29日 (水)

どこまで揚がる6月の気温

001  暑さも3日続くといやになる。

 朝の道路温度は28℃だった。

 ひさしぶりでサッシーが後ろからやってきた。ちょうど歌島橋交差点で停止中のときだ。

 それにしても日陰がまったくない。いやなところで止まってしまった。

 「もうそろそろ水浴び用ボトル入りますね」

 そのとおりだ。

 明日はもう一つボトルケースをつけるか。

 今日は別れ際まで前を走らせてもらった。

 その後野田阪神をすぎ、高速下を走るが、前に書いたダンプの違法駐車は、なくなったと書いたが、この2,3日またもや列をなして止まっているではないか。 

 がっくりだ。

 はっきり言って危ない。

002  今日は走っている段階で、顔中汗が噴き出してきた。

 仕事は午前、午後会議の連ちゃんでちょっと行く前からプレッシャーがつきまとう。

 しかし思うのほか足はよくまわるように感じたが、歩道の宣伝用幟の風にあおられる方向お見ると、進行方向と同じだ。

 つまり追い風。

 その分力をあまり使わないんで助かった。

 とくに疲れもなく職場に着く。

 サッシー別れ際、信号を一つ見送ってしまったが、それだけで、職場についてから走行時間を見ると53分26秒。

 やはり3分以上遅れた。

 職場に着いたら、タオルを水道で水に浸す。これで体を拭くだけで、シャワーとまではいかないが、気持ちよくなれる。

 9時のチャイムの後は、あれよあえよの時間経過。

 午後からの会議も4時40分終了し、残務処理で5時を迎える。

 今日は水曜ンー残業デーということで、そのまま帰る支度にかかる。

 更衣室は3人一度にいると満員だ。

004  帰りの道路もまさに暑い。

 風がほしいので、自然スピードを出してしまう。

 まあそれで結構気持ちいい。今日は水筒のお茶も帰りの途中で底をついてきた。

 今日はまちがいなくコープ立花に行く。

 今日の夕食レシピはIPHONE

の3分クッキングアプリから「豚肉とにらのピリ辛炒め」をメインに試みた。

 わからないのが、4人分で豚肉は100gとなっている。???  

 心もとないので250gワンパック買う。

 それで実際試みてみたが、それでも3人で分けるにはちょっと少ない。

 作り終わってからもそこが謎だ。

005  ただ、さわらの味噌付けとトウモロコシを買ってあったので、つじつまがあった。

 この辺は臨機応変さが、必要だ。

  まあしかし作り終わって、腹筋30回こなし、風呂にはいり、

出てきてから2男に声をかけ、まずエビスビールを飲む。

 「グググググググ!!!」

 喉がなる。

 やっぱり暑さと夏バテは、これがピッタリか。

 暑さは暑さで楽しみを作ればいいさhappy01

2011年6月28日 (火)

今日も真夏! しかし体は絶好調!

003  朝の道路はすでに30℃を示している。

 たしかに暑い。

 しかし体には影響はない。 

 結構快調かもしれない。

 というのは、追い風が続いたということのためかもしれない。

 それにしても季節がおかしい。台風はこの月に発生するし、梅雨であるはずの今、空は快晴。しかもじめじめしさもない。

 20日以上季節が早く進んでいるのではないだろうか。

 まあ、そんなこんなで、どんどん快調に自転車は走る。

 職場には8時38分ごろ到着。走行時間50分57秒だ。

 昨日から職場について、タオルを水で浸している。

004  いっそ雨が降ってくれたほうが気温が下がっていいと思うのだが。

 このまま真夏まで、温度は上がり続けるのだろうか。

 節電がさかんに言われているわけだから、ちょっと気温は気になる。

 それにしてもスピードを上げて走っているときは、風で体の汗を吹き飛ばしてくれる。

 仕事は、午後からは会議が連発。

 時間はあっという間に夕方に。

  今日は早く帰ることにしていたが、5時20分ごろだった。

 西日をまともに受けて、帰り道を進む。

 淀川大橋を登るとき、ときどき会うというか、追い抜かれるロードバイカーに今日も出くわす。

 ぼくを抜いていくとき異常な加速をしていく。

 それでも一定の間隔を離れず、ついていく。

 ときどき何人のロードバイカーが信号まちのため減速しつつ、左足ペダルを外すのは同じだが、だいぶ手前からはずして足をぶらんとしているのがちょっと不思議だ。

 ぼくはシマノSPDペダルだが、停止直前にはずし、ペダルの上にのせたままだ。

 というのはいつ発進してもすぐ設置できる。

 これがちょっとうしろから見ていて不思議なのだ。

 その彼とは神崎大橋南詰で右折するらしく停止したので、左手をあげて挨拶したが、頭をさげてきた。 

 ちょっと不思議なコミュニケーションだ。

 005 あとはちょっと足が疲れてきたが、向かい風を無理せず走る。

 本当はコープに野菜を買いにいくつもりのところ勘違いして家に帰ってしまった。

 気づいて家で服を着替えて、近くの業務スーパーに買い出しにいった。

 買ったのはキャベツとトマトなどなど。

 今日は2男が帰らないんで2人分でいい。

006  ちょっといつになく質素料理になった。

 ちいさなハンバーグにキャベツとトマト、目玉焼きと玉ねぎだけだ。

 ただしビールだけはヱビスという落差。

 まあこれもいいか。

 妻は帰ってくるのが遅いので、一人で夕食を味わった。

 

2011年6月27日 (月)

まるで真夏 猛暑の中を走る

031  季節が一か月早まっているのではないかと思うくらい梅雨というのにすでに気温は真夏だ。

 家の緑のカーテンにしている一つ、キュウリがいち早く実をつけた。 

 朝出がけに思わずシャッター。

 今年は本当に節電が切実なものになりそうだが、うちの家は節電といわれる前から、エアコンを設置せず、扇風機でがんばってきた。

 だからすだれや網戸は必需品だ。

 自転車通勤も結果的にはその一つになっている。

032  3日間の休みは休養十分だ。人間休みなしで働くといいことはない。

 六甲挑戦したせいか、平地走りは楽に感じる。

 2号線に入って今日も謎の渋滞が見える。

 いい加減乗用車での通勤などという贅沢は根絶してほしい。

 だいたい2畳以上の広さの物体を一人で移動するなど贅沢の極みだ。ドイツの自転車推進の活動家の言葉が頭にやきついている。

 健康の推進という意味でも自動車通勤と自転車通勤は対局にあるように思う。

 というのはクルマは座りっぱなしだが、自転車は体を終始動かしっぱなしで毎日を過ごす。 

 自転車がいいに決まっている。ただ現代人は楽をすることに慣れすぎているのではないだろうか。

 「健康よりも楽を」という安易な発想を脱しえない人が多いのではないだろうか。

 今日の行きの走りでは、セルフ撮影のため、しばし停止していると、あのピンクロードの男性がひさびさに抜いていった。 

 そのあともっという間に引き離された。 

 まあ引き離されつつ気持ちがいい。

 それにしても追い風が続く。歌島橋はあわや停止かと思いつつ、クリア。

 体の調子は悪くない。ただしかし暑い。

 これ以後の水浴び用ボトルの必要性を思い出す。

 そんなこんなで8時40分ごろ職場に到着した。

 今日は体を拭くタオルをついに水で濡らした。

 仕事は、今日絶対やっておくべき課題が二つあって、午前中の澄ませようとあせっていた。

 なんとか午前中に遣り上げた。

 午後からは机の上の資料を整理しつつ、文書作成。ただし資料の整理というのは、一日の仕事の中で一定の時間を費やするが、後のスムーズな流れに役立つ。

 だいたい資料を探すのに時間をかけるほど無駄なことはない。 

 033 夕方5時を過ぎ、アフターファイブは、同じ会館ホールで7月7日チャリティーコンサートにむけた練習に入る。

 すでにレーサーウェアに着替えている。

 会議で残るのと比べるとストレスは皆無だ。

 音楽ほど楽しいものはない。

 今日も自分的にはそれなりに収穫はあった。

 それで帰りの走行に入るのは、8時50分を過ぎていた。

 夜に近づくほど自転車もクルマも交通マナーは悪くなるので、走行も要注意だ。

 緩急をつけた運転が必要だ。

 夕食は、事前に冷凍お好み焼きを買ってある。

 朝そのことを告げたつもりだが、家に着く間際、妻から携帯がかかる。 

 何かを買って帰ると思ったらしい。

 家族はあうんの会話にことたりると思っていたが、親しきなりにも礼儀ありか。

 やはり口頭では勘違いや、意思の疎通まちがいもある。

 結局メモを残し手置くことが最善と気づいた。 

 まあしかし冷凍お好み焼きと恵比寿ビールの組み合わせはいい。

 家ではくつろぐにかぎる。

2011年6月26日 (日)

休み最終日 ちょっと暑さに慣れてきた

001  今年は季節の進行が速いように思う。

  7月をまたずに34℃くらいの温度になるし、暑さ対策は、今日せざるをえない。

 それでベアンダの半分はすでに緑のカーテンでゴーヤきゅうりを成長させているが、左半分は例年のようにスダレをする。

 今日は縁の下に保管しているスダレを出してきて設置した。西側の3か所の窓にもスダレをつけた。

 それと今日はちょうどマンションの配管点検と掃除の業者が各家庭に入ってくる。

 亀くんの水槽も水替えをした。

 自転車の中のランドナーとトレックがとくに汚れているので、ぼろぼろになったスポンジで洗濯石鹸をしみこまして洗った。

 ところで家には路地側にくりの木があるのだが、今日暑さで木のかべのドアをあけてたまたまその木を見ていたが、根元の大部分にシロアリらしい小さな虫がたくさん動き割ってる。

 緊急にあと残り少ないアリ退治スプレーを振りかけた。

 しかしいてもたってもいられず、妻とほかの買い物も含め、ホームセンターに出かけた。

 街中の家々にはアジサイの花がきれいだ。

 ホームセンターでは緑のカーテンコーナーというものがあった。

 家に帰って妻の作った冷麺を食べた。スダレの効果は精神的にもいい。

 004 午後からは、妻は倒れるように昼寝。ぼくもうとうとしながら、ちょっと目がさめて、テレビのチャンネルを変えていたが、NHKBSプレミアムで、ベストテレビ2011という番組で、テレビ賞作品に目は釘づけになった。

 民放秋田放送で「夢は刈られて」を発表していた。 

 八郎潟干拓にまつわる40年を追っていた。まさに国家的詐欺としか思えない農民への仕打ちをみた思いだ。 

 大規模農業を掲げて全国から10倍の難関をとっぱした入植者が、希望を持って米を作りははじめたが、数年で減反政策という仕打ちをうけ、3分の1ぐらいの収穫を制限させられる。2人の農民はそれを拒否し、米を作り続けるが、強制的に国家が土地を買い取ってしまい、ついに離職せざるおえなくしてしまった。

 ただ減反政策を生み出した理由の根本は、過剰生産のアメリカの小麦を日本に売りつけてきたことであるらしい。

 今もそんな中米を作りつづけている人も描いていた。

 日本の農業、林業は国のそのときどの勝手な方策で翻弄されてきた歴史が見えてくる。

 そんなこんなで今や食料自給率は40%台というから、政治を預かる議員を選ぶのは一人ひとりの国民だから、選ぶ側にも責任はあるのだが、もっと賢くならないといけない。

 原発事故はまさにその典型だ。

 ちょっと憤りを感じつつ、地下にもぐってキーボードに向かう。

 小一時間して002、1階にもどり、IPONEでシャーロックホームズの冒険の続きを視聴する。

  あと何回見ればリスニングの力がつくだろう。

  しかし便利な道具ができたものだ。本当にIPHONEを購入して半年になるが、毎日毎日感謝している。

 その間妻は起きだして、仕事でパソコンと格闘中。 

 夕食は自分が作らざるをえない。

 それでその後すぐコープ立花にでかける。

 今日はなぜかゴーヤが頭に浮かぶ。シシャモが浮かぶ。

 その材料を買いに行く。

010

豚肉、タマネギ、なすび、それにゴーヤと豆腐を合わせる。

 ししゃもは子持ちだ

 7時になっても外はまだ明るい。

 休み3日目もふけてきた。

 夜はJINを見るしかないでしょう。

休暇連続3日目 

2011年6月25日 (土)

ノンビリ過ごした休み2日目

002  ぼくにとっては、休み2日目。昨日の夜は焼酎をロックで飲んだ。

 昨日の足の疲れは消えている。

 まだもう一日休みがあると思うとうれしい。

 6月に入ってまったく手をつけられなかったジャングル状態の庭をとにかく綺麗にしようと思った。

 朝9時からいきなり長竿はさみですもも伸びきった枝をすべて刈る。

 生垣のカシとアカメモチの頭を揃える。

 すでにだいぶ温度が上がってきたが、長袖を着て、帽子をかぶり刈り続ける。

 汗がこぼれてくる。

 約2時間ぶっ通しだ。妻がカルピスソーダを作ってくれた。何とも言えなくうまい。

 作業を終えて、すぐスーパー銭湯に行く用意をする。

 ランドナーにまたがり、今日はつかしん「湯の華廊」に向かう。というのは、給料日の作業としてM銀行に住宅ローンの月支払分をその口座に入金するのだが、M銀行は近くになく、ちょうど銭湯に行く途中の阪急「塚口」駅前にあるのだ。

 それをさきに済ませ、風呂へ。

 今日の昼前は客が少ない。

 それにしても気分が落ち着く。700円は高くない。

 003 ランドナーで移動したが、ちょっと後輪ブレーキにやはり問題がある。

 帰ってきてそれを見ると明らかに片効きになってしまっている。

 サイクルグランド・モア特性だが、どうもうまくいかない。

 食事後すぐに作業にとりかかる。

006 カンチボレーキのワイヤーを左右変えてみた。

 そしてブレーキシューの幅を修正してみた。

 なんとか改善されたように思う。ただレバーの固さはあまり変わらないかもしれない。

 本当は洗車もすればいいのだが、暑い。あまりのも暑い。

 家の中に入って、気分を変えて、Ipodに入っているシャーロックホームズの冒険を見ることにした。

 目的は英語の勉強のためだが、部分的しか字幕なしでは理解できない。しかし内容はほぼ理解できた。

 やっぱりこれを100回見よう。明日も挑戦だ。

 あとあまりにも暑いことのあって、地下収納庫に避難する。というか、地下にもう一台キーボードがあるのを思いだしたのだ。

 それでその箱を開けて、スイッチを入れてみた。それにしても地下収納庫はいまや涼しい。冷房はいらない。ただ窓がないのが難点だ。

 キーボードはキーレスポンスというスイッチがあって、アッチはどうしても強弱がないものと思っていたが、すれがあることを発見した。 

 「グー!!!」

 自分のキーボードは職場に持っていったが、こレで家でもストレングスモードにし練習できる。

 それに長男のエレキギターも職場に持って行ったが、家に残っていた器具で、ズームプレーヤーというものがあることを思いだし、これを試してみたが、ジョージハリスンの第二ギターの音色にぴったりの音が出せることを発見した。 

 「よしこれで行こう」

 ちょっと今日は収穫ありだ。

 しかし収納庫から1階にもどると実際暑い。

 それでちょっと早いが5時まえにコープ立花に夕食の買い物に行くことにした。

 008今日のメニューはそうめんと鶏肉の料理。しかも3人で申し合わせて、ベランダで食べることにしている。

 すでに6時過ぎには料理完成。腹筋をして風呂に入る。 

 風呂から上がって、なかなか2人は帰ってこない。 

 8時まえ3人が揃って仕込んでおいた材料を庭のテーブルに置く。

 妻は帰ってきてすぐ風呂に入る。

 その間に、このブログを書ける009まで書いていた。しかし途中でストップし、料理をベランダのテーブルに出す。

 ひさしぶりの庭での夕食だ。 

 ちょうど今日はコープこうべの共同購入の納品日だが、前に頼んでおいたベルギービール6本セットが入ってきた。

 さっそく夕食にそれを飲み

 やっぱりベルギービールは一味違う。

 妻は「泡の残り方がながいね」と驚いていたが、その通りだ。

日本のビールは貧弱だ。

 日本人は薄いビールに舌がならされていることが怖いような気がする。

 エビスビールにしてもそのあと飲んだが薄く感じる。

 そのあとポ010ルトガルワイン、マテウスも飲んだ。

 会話ははずむ。

 テレビではヨーロッパでテストとして一人男性を道端に立たせて、まわりの反応を見る場面だった。

 僕も妻も日常的におせっかいな性格で、かならず声をわけてしまうという話になり、日本人にそういった場面でどう対応していいかわからない人が多いという話になったが、ぼくは思う。

 そういったときは条件反射的に違うモードに頭が切り替わらないといけない。

 でないと自分が火事の被害者に遭遇しても、まわりの動きを見てからしか行動できないことになる。自分に対しても死の危険に対応できない。

 あまりも自分の世界でしかものが見えない人が増えているのではないかと思う。

 実際数年前バスと自転車の事故で、決して自分は第一発見者とは言えない場面で、それをひきうけた経験があるが、前にしたクルマやバイクの人たちはすべて消えてしまッ田の中で、第一発見者になったが、やっぱりモードを切り替えられない人が増えているのではないかと思う。

 学校でモンスターペアレントが増えているというのも、その自己中ではないかと思う。

 ぼくはしかし毎日の道路で叫び続けたい。

 交通ルールを守らない人に対して。危険行為をする人に対して。

 警察も「しっかりせよ!」と励ましたい。

 もっとおせっかいな人を増やそう。倒れている人には声をかけよう。危険運転には迷わず起ころう。

 そんな社会になれば、寅さんのような人間的な人が増えるだろう。

 

 

   

2011年6月24日 (金)

六甲ヒルクライム挑戦 あまりの暑さに途中リタイヤ

001  今月は6月第一土曜日から、震災支援ボランティアも入れるとまったく一日休みを取っていない。

 それで今日はその代休をやっと取った。

 どうせなら前々から挑戦しようと思っていた六甲山頂なで足をつかず到達するヒルクライムを試みることにした。

 まだ真夏ではないし、バテることはないだろうタカをくくって臨んだが、ちょっとまちがっていた。

 朝9時13分に家を出て、武庫川に向かい、サイクリングロードを北に進む。

 阪急宝塚線「仁川駅」を超え、水道橋から劇坂住宅地へ。

 トレックのギアをはじめて試したが、変だ。後半の坂を前にして休憩せざるをえなった。

「あれ?」 車体はビアンキより1kgほど軽いはずだし、ギア比も最大では軽いはずだ。

 なんとか登りきったが、ちょっと自信喪失。

 ただ今日は異常に暑くなってきたことはわかる。

 その後も甲山ふもとを通り、神呪寺に到着。

 その駐車場でしばし自転車に乗ったまま5分ほど休む。

 この段階で今日は無理だなと思った。

 休んでいる間2人が走っていった。

 今日は金曜日だが、同じような人がいるんだなと思った。

 いざ、再開。北山貯水池までの坂をダンシングで登る。

 鷲林寺交差点について、なんとか甲寿橋までは行こうと、さらに坂を登る。

 そこからはすぐだった。さっき先を走っていったクロスバイクの若者は、歩いて自転車を伸していた。

 甲寿橋から002次の交差点まで行ってみようとさらに登って、ここから1時間家のローラー台で練習したように走ればなんとか山頂まで行けるか?とも考えたが、ただすでに一番軽いギア比なのに余裕がない。

 そこで決断した。

 ここで降りよう。

 次の交差点があるかないかわからないが、逆の道路が出てきたところで、Uターンした。

 さすがに下りは気持ちいい。

 まあ得意の走行だ。

 そのまま西宮植物園方面に進み、夙川まで移動。

 ほとんど車のスピードで後ろを走っていた。

 ただ手のひらが痙攣しそうだ。

 下りながら考えたが、今日の気温は異常だ。

 体調がついていけない。まあこういうときはリタイヤもありだ。

 だいたい仁川の激坂は、休まずに登っていたはずだ。

 家に帰る途中、山手幹線を走っていて途中銀行に行く用事と、スーパー銭湯をどうするか、考えていた。

 しかし帰る途中にスーパー銭湯はない。暑さで疲れがたまっている。

 それで阪急武庫之荘近くの銀行2件と、郵便局だけには行った。

 そのまま家に帰ったが、計測していたログジョガーをそこで停止した。

 走行時間2:05 走行距離29.66km 平均時速は14.2km 消費カロリーは564Kcalだった。

 家に帰った後は、続けて白髪染め、その後風呂に入り、昼食に。

 やっぱり疲れはあった。テレビを見ながらだが、4時ごろまで居眠りしていた。

 家の中でも異常に暑い。

 ちょっと暑さに負けた。やはりリタイヤしていてよかったかもしれない。

 5時から気を取り直して、買い物に行く。 まだ外は真夏なみだ。

 コープ立花の店内の冷房でよみがえる感じだ。007

 家に帰ってカレー作りに取りかかり体調はもとに戻ってきた。

 それでカレーの具を全部鍋に入れてから、掃除機で家中を掃除する。

 とにかくべたべただ。

 気持ちよくなって、風呂にまた入る。

 夕食は誰を帰ってこないので、一人で食べるが、今日もまだ残っていたエビスビールに舌鼓を打つ。

010  そして疲れは取れた。

 ひさびさの代休は、自分のためだけに使ったが、まあまあ満足だった。

 

2011年6月23日 (木)

一昨日書いた異常駐車の列が突然消えた?

001  それにしても異常な暑さだ。走っているときは風によって気持ちいいのだが、信号待ちでとまっているときは顔から汗が吹きだす。

 おもわずサングラスを外した。 

 今日は走りは調子いい。

 歌島交差点も起点をきかえてちょっとタイミング的にはぎりぎりかと思った、余裕で超えた。

 左折車が固まる海老江交差点では、早い目の進路変更を試みた。

 野田阪神では、直進矢印信号が出るやいなや、加速する。

 やや下方前方を見ながら走っていたが、思わぬことに気がついた。

 毎日10台以上止まっていたダンプが一台もない。一車線がきれいに開いている。 

 自分が書いた告発文が通じたのか。

 このブログにそんな力があるとは思えないが、しかし無くなっているではないか。

 偶然目的の工事が終ったのか、ちょっとこのブログの思いが届いたのか。

 ちょっとびっくりだ。

 ただ車の運転手にまわりを真剣に配慮しながら移動している人は本当に少ないように見える。

 2号線で左車線に堂々と駐車していて、しかも運転席のドアを大きく開けていても、平気。

バス停の駐車してはいけない空間に気にせず駐車する。

 ちょっと狂っているとしか言えない。

 そんなこんなで、船津橋南詰から信号に引っかからずに一機に長堀通りまで越えれた。

 ちょっと気持ちいい~~~。

 走行タイムは47分45秒。職場近くの信号のタイミングがうまく合っていれば45分を切っていたかもしれない。

 一人でほくそ笑む。

002 仕事は明日休みを取るため必死でノルマを果たす。

 バタバタと時間が流れていく。

 5時を過ぎても、メールの確認と今日開催している企画を今日中にホームページに記事にするというアクロバット的作業。

 みんななんとか終えたが、6時手前になってしまった。

 帰りは何人かロードイカーを前にしたが、かかんに追い越しに挑戦。

 気持ちがちょっと踊っている。

 ただ最後に追い抜いた赤のローダーはプライドにさわったのか、必要に後ろにひっついいてくる。

 まあしかし南警察署西分室前の交差点で左により一旦停止したら、すぐ後ろから先に走っていった。

 今日はそこから直進でコープ立場による。

 朝メモしておいたものを買う。

004  今日は豚肉を炊いて、あとキャベツのごま油和え、きゅうりとわかめ和えを添えた。さらにアジの開きを焼いて添えた。

 暑い今日にはちょうどいい。

 エビスビールで締めくくった。

2011年6月22日 (水)

週半ば 特にサプライズもなし

001 雨も上がり、ただ自然にトレックにまたがり、通勤を開始。

 しかし今日床から起きだすのがなぜか辛かった。

 それで、今日は2号線を走るとき、できるだけ足が赴くままにそれ以上は負荷をかけないように走った。

 ビイクとは道路路肩をシェアーしているわけだが、ときどきじゃまに感じることがある。

 それは自転車より武骨で、1m以下の隙間ではとまってしまって、自転車からすれば障害だ。

 自転車の優位性を感じる場面だ。

 そんなこんなで今日は走行タイムは50分04秒だった。

 今日も決まった予定はなかったが、雑用は山のようだ。

 本命は、会員訪問データの整理だ。これがなかなか苦難の技、昼の電話当番などなど、結構忙しくなってしまった。 

 帰りも電話当番で6時を過ぎないと職場を出られない。

 6時を過ぎてすぐ帰る支度。

 自転車のある駐輪場に降りると、雨のしずくが落ちてくる。

 「まあ、いいさ」という気持でスタートした。

 もうトレックの乗車位置は、完全に自分のものだ。

 ただ、変に興奮せず、冷静沈着にスピードを抑えて走る。003

 家に着いたのは、7時10分だった。

 それにしても今日は暑い。

 家に入って、網戸という網戸はすべて窓を開いて風を通す。

 食事の用意、風呂の用意、休む暇もなかなかない。

 夕食は、昨日に続きざるそばがメイン。それになぜかオムレルを作って並べた。

すべて買い物なしのストックだけの工夫だ。

 ただ2男は今日は帰ってこないので、妻が帰ってくるまで完成すればいい。

 005 オムレツは卵に牛乳を入れすぎたせいで、固まらいまま包み、ひっくり返したので、くずれてしまった。

 オムレツは難しい。

 しかしざるそばとオムレツっていうのも結構マッチしている。

 何事も実験だ。

 夜イタリアの3男から電話が入り、7月に帰ってくるという。

 まあうれしいたよりだ。

2011年6月21日 (火)

中3日の走行は気持ちがいい 梅雨もまた楽し

006  今日は完全に梅雨モードだ。

 朝起きても湿気がすごい。 

 こんなときは、自転車通勤は有利だ。

 それはなぜかというと、走っているとき風を確実にうけて汗を吹き飛ばしてくれる。 

 それに職場につけば、着替えるので、気持ちがいい。 

 なんといっても、レーサーウェアは、もともとべたつきが少ないのだ。 

 それにしても、道路では、自転車の信号無視が何故こんなに多いのか、なぜ減らないのか困惑する毎日だ。

「おまえ007ら馬鹿か!!!」とどなりたくなる。

 それと最近走っていて気になることがある。野田阪神をすぎて、阪神高速の下を走るとき、ダンプが左車線をずっと駐車して、とまっている。

 これは許されるのか、自転車で走っていて、左から車が進入してきても見えにくい。

 どこの工事のための車両か知らないが、取り締まってほしい。

 それにしても今日朝の走りは気持ちいい。

 職場までの走行時間は52分かかっていた。しかし気持ちいい原因はもう一つあって、やはりトレックの乗車位置が変わったというか、体に合ってきたことがある。

 トレックを買ったときから比べるとハンドルの高さは輪3つ、だいたい1cmから2cmはさがっている。サドルは5mmほど上がっている。

 仕事は当面の課題が結構あるが、とくに会議もなく、夕方の用事もない。それで気は楽だ。

 ただ午後からはパソコンとの格闘。かけているメガネの耳の部分が痛くなった。

  そんなときも帰りの走行はリハビリになる。

 走りだすと気分も開放的になるし、目はずっと先の方を見る。

008数分で完全に疲れが009 回復する。

 これがなんともいえなく気持がいい。

 それにしても道路標示温度は28℃。

 オーオー?とびっくりしてしまった。

 風はだんだん向かい風になってきた。ハンドルの下を持ち、風をかわす。

 今日はあまりに暑いので、走りながら考えたが、夕食は「刺身とざるそば」と頭にひらめいた。

 実際食べてみて、うまい。

 コープ立花では今日はプレミアムビールはなかったが、ヱビスビールがなんと6本セットで

1本198円。

 これ買うしかないでしょう。

 早く帰れて、今日はちょっと休息気分になれた。

2011年6月20日 (月)

力を抜いて職場出かける

001  今週を見渡すと週中日まで代休は取れそうにない。

 やはり日曜日に出勤したなら、2,3日中に休みを取るのがベターだろう。

 それで出勤はするが、できるだけリラクッス気分で出掛けることにした。

 雨も一日降る見込みだし、夜は音楽の練習で遅くなるので、電車通勤することにした。

 昨日ウォークマンソフトからダウンロードした上原ひろみの音楽を朝聞きながら、駅まで行き、電車の中でも、それを聞きながら、山下洋輔の本を読む。

 これがなかなかおもしろい。はちゃめちゃもあり、読みやすい。

 ちょっと職場に着くまえからリラックスできる。

 まあたまにはこういう通勤もいいだろう。

 仕事は昼から定例の京橋での会議があるので、朝は忙しい。

 午後からは会議のために京橋まで移動。

 そのうちに夕方になってしまった。

 仕事の後、アフターファイブは、7月のチャリティーコンサートにむけた演奏の練習がある。

 今回は初めて練習に加わったが、結構いけそうだ。

 自分の持ち分、キーボードとエレキギターは大筋把握できた。

 002 家に帰ったのは、なんと9時を過ぎていたが、今日は二男が食事を作ってくれていた。

 我が家は自慢でではないが、すべての家族がそれなりの食事つくりができる。

 子どもの頃からアウトドアでキャンプを体験してきたことと、父親(自分)が、食事を作ってきた姿が子どもたちに自然に写っている。

 風呂に入って、すでに10時近かったが、食事し、洗濯物を畳んで、今ブログを打っている。

 最近はまってきたNHKBS毎日11時からのエル・ムンド(世界の紹介と話題の人のトークとカクテルの紹介)がおもしろい。

 

2011年6月19日 (日)

日曜日もなかなか休めない6月だった

2011618  6月に入ってなぜか、土曜日、日曜日と予定が入る。

 今日も職場の年に一回の行事

「日常診療経験交流集会」が開催され、その要員に抜擢された。

 空模様は不安定だ。

 午後からは、職場ゆかりの84歳になられたH先生の納骨式があり、そちらに行く。 

 まず朝は、駐車場の係だったが、特に仕事はなく、集会の分科会の一つ、「震災支援報告」に参加した。

 2人の先生から報告があったが、医療の役割は大変求められていることがくわかった。

 震災から助かった人たちであっても、避難所生活の中で、病気が発生したり、十分な医療が受けられないため、病気が悪化する例がいくらもあるようだ。

 自分も現地には1日ボランテイアで入っただけだが、報告の内容は前よりよく理解できるような気がする。

 昼にはランチョンセミンーといって昼の休憩タイムに講演が企画されたが、原発問題の専門家によるもので、いっぱいの参加者が集まった。

 今や原発問題は、日本国中最大の関心事だ。

 それが聞けなかったのは、残念だったが、次の予定H先生の納骨式に参列するため、職場を後にした。

 H先生は、大阪の保険医協会の副理事長をした人だが、かなり以前娘さんが、森永ヒ素ミルクの被害者で、その救済をもとめる「光協会」の責任者をした人だ。

 式場では、送られるH先生は84歳という高齢にかかわらず、医師という仕事の性格もあることはあるが、その見識と仕事から300人以上の参列者が出席されていたと思われる。

 式を終え、帰路に向かったが、大阪平野区の喜連瓜破駅から地下鉄に乗る。

 たしかに遠い。しかし電車に乗車中、IPHONEで動画「シャーロックホームズの冒険」を見る。まあ英語の勉強のつもりだ。

 それにしてもIPONEはすぐれものだ。手放せないものになってきた。

 家に着いて、妻も先に帰ってきていて、夕食はまかせたので、ピアノに向かい、7月7日のチャリティーコンサートのための練習に励んだ。

 さすがにちょっと疲れてしまった。

 風呂に入り疲れを取る。

 残念ながら来週ウイークディは代休を取れそうにない。

 まあ頭をリセットして金曜日までがんばるか。

2011年6月18日 (土)

次の課題は大震災チャリエィーコンサート

002  束の間の午前中の休暇だったか、それなりに忙しかった。

 外は雨模様だ。 

 東日本大震災の人的支援は自分的には先週はじめて参加したが、今度は職場でとりくみ音楽イベント「東日本大震災チャリティーコンサート」に向けて準備にかかる。

 自分としては3曲の伴奏だが、キーボードが結構難曲か?

 まあしかしなんとか完成に近づいきて、今日朝もその練習にはげんだ。

 それに今日は午後だけ理事会の仕事だったが、その機会に楽器、アンプを車でもっていくことにした。

 そんなこんなで、テレビでは朝日放送「旅サラダ」をなんとなく見ただけで、あとはバタバタしていた。

 車での出勤というのは、めったにないが、しかたがない。43号線まで、下がって弁天町で地道に降り、職場に向かった。

 午後1時まで10分残したころで着いた。

 後はあっという間に会議に突入し、ただ4時40分ごろ終了した。

 今日唯一の楽しみはやリ会議を終わった後にスーパー銭湯。場所は定番「阪神センタープール」近くの蓬莱湯だ。

 夜も少年団の父母会があるので、時間は押しているが、「まあ、いいか」と時間を気にせず浴槽に入っていた。

 やはり満足感ありだ。

 夕食は自分がやはり用意するが、夜7時半から会議に間に合うには、料理を作っていられない。

 それで風呂の帰りにクルマのままコープ立花によりこの前から目をつけていた冷凍お好み焼きに挑戦。

 時間短縮には役だった。それに立花の店で売っているジャンボお好み焼き店のものよりうまい!

 冷凍お好み恐るべし。

 夜は会議に参加し8月毎年おこなっている野外映画会の話をする。

 しかし連続の会議はさすがに疲れた。

 雨はいっそう強くなっていた。

 まあしかし会議を終えて、これで今日の予定は終了した。

2011年6月17日 (金)

やっぱり週末はいい

001  今日は雨の心配はない。

 躊躇なく、トレックを下ろす。

 とにかく、ハンドルを5mm下げ、サドルを水平に調整しただけだが、別の自転車に乗っていると思ってもいいような変化がある。

 ますますトレックも楽しくなってきたのだ。

 今日の行き走行も気持ちがいい。

 ただ名神高速の下を走っていたとき、同じ日に起こった事故だと思うが白い子猫が血を流して死んでいる姿を見てしまった。

 処理してあげたいところだが、通勤途上であり、近隣の人の処理にまかせるしかない。

 そのままそのことは忘れて走っていた。

 やはり車という物体ほど危険なものはない。その間を走りながら通勤するわけだから、危険はつきものだが、ただ今や歩道にいても、家や店の中にいても安全とは言えなくなってきている。

 ある意味車の特性と道路で起こりうるハプニングに精通していることの方が安全なのかもしれない。

 それは走っていてよく感じる。

 運転者のスキルは、ピンからキリまである。年齢も千差万別だ。

 そのことはよく覚悟してはしる必要があるかもしれない。

 まあしかし今日も無事に職場に着いた。 時刻は8時40分だった。

 明日も明後日も仕事に日程ではあるあるが、とにかく金曜日は特別の解放感がある。

 やはり一週間働いてきて後半を迎えたという気持がそうさせるのだろう。

 仕事は結構つまってい003るが、なんとかやり終えた。

 帰りは、5時半すぎ。新なにわ筋まで移動して、一路尼崎にむけ、まっすぐに走る。

 今日のユニホームはバネストウェア。

 ときどき視線が自分を刺す。

 悪い気はしない。

 とにかくロードバイクとレーサーウェアで走れることに幸せを感じてしまう。

 家に帰って、今日の料理はなにも考えず、カレー作りに集中する。

 004 今日はなぜか食事の支度が終って、慌てて風呂に入り、出てきたところで妻も帰ってきて、3人揃って食事できた。

 とにかく明日は仕事だが、午後からの会議のみなので、午前中はゆっくりできるのが、ほっとする。

 カレーはやっぱりうまかった。

  

2011年6月16日 (木)

トレックバイクで雨の中を走る

001  天気予報では、午後から雨というこだったが、朝からすでに雨だった。

 本当はこんなときはランドナーが定番だが、今日はトレックで行った。

 ブレーキの性能を重視した。

 さすがに自転車で通勤しているらしい人は見ない。

 しかし杭瀬で、下半身をビニールカバーしたおじさんがいた。

 雨は雨として完全装備で行くべきでしょう。

 ところで、昨日トレックのハンドルを50cm下げ、サドルを正確に地面に水平になるように補正したのだが、「んん、これでいい。いい感じだ」という声を発してしまいそうなぐらい変化した。

 昨日ビアンキで走ったことがよかったかもしれない。 

 慎重に走るが、自転車が少ないので、独走状態だ。タイムトライヤル状態だ。

 職場には8時50分ぐらいに着いたか。

 仕事は午後からの会議で集約される。

 結構会議資料つくりで追われた。

 夕方は、また会議があり、それを終えて、外に出たら十分雨が降っていた。

 レインウェアをすべて纏い、いざ家に向かって走る。

 002 なぜか以前使っていたなにわ筋を北に走っていた。

 走ってみると危険地帯が多いのをあらためて感じる。

 野田阪神でいつものルートに合流する。

 ここでまさにロードの通勤らしい男性をみつけた。見たことはない顔だ。

 どうもレインウェアを着ていないらしく、走り辛そうだった。

 ぼくはある程度突っ走る。

 

 だんだん楽しく感じてくるからサゾか。

 いや童心にもどった感じでうれしいのだ。

 雨は危険という人も結構いるが、決して操縦をまちがわなければ、危険はない。ただ白線の上だけはブレーキ禁物だ。

 立花道意線まで来て、ひたすら北をめざす。

 今日はスシマスで握り寿司、海鮮寿司を買う。

 あっという間に一日は過ぎていく。

2011年6月15日 (水)

なぜか今日 ビアンキに心変わりの通勤

002  なぜか3か月走り続けているトレックバイクだが、走るのに飽きてきた。

 「なんでだろう?なんでだろう?」という感じだが、やはり自分にはフレームサイズが少し大きく、しかもハンドル位置はワッカを2つ外したのにまだ高い。

 フレームは心臓部で変えることは不可能なので、ハンドル位置ヲ変えるしかない。

 ステムの長さと角度を代えてみるのも一策だ。

 まあ、とにかく今日の朝はそんなことで、ビアンキに乗り換えてみた。

 跨ってみるとハンドル位置が違うのがはっきりわかる。それにフレームサイドがぴったりあている。

 今回購入で不満だったのは、ビアンキを買うとき測ってもらった固定台を通っていない。ただ展示品の現物を渡されただけだ。ちょっと販売も雑になったのか。

 しかしさすがにビアンキは約9年乗り続けたこともあるし、最近ホイール(車輪)もエアロタイプに替えたこと、しかもトレックより上位ランク商品のせいか、加速がしやすく、ペダルも回しやすく感じる。

 今日はログジョガーで計測していなかったのが惜しまれるが、かなり早い走行タイムだったと思う。

005 仕事に入って、この土日にかなり高い緊張とはりきりで震災支援活動に参加したせいで、その後の虚脱感はまだ脱していないように思う。

 しかし次の課題が山積していて、そうも言っていられない。

 午後からは秋の展示会の会議だった。

 5時をちょっと過ぎて、会議が終り、実際職場を出たのは、5時半を過ぎていた。

 しばらく走った後、「おいおい、きょうもかよ」ということでまたずっと後ろからロードバイカー風の青年がついてくる。

 ただこのビアンキだと張り切れる感じがして、結構加速していた。

 ビアンキ恐るべし!

 帰りは今日もコープ立花に買い物に。しかし最低のものしか買わない。

 今日はステーキを!と考えたが、ない。 それでまた1200円の肉を半額ラベル付きで買った。

 006 まあ肉は焼くだけだ。ただ今食中毒が心配で、慎重に焼いた。

 ちょっと手間なのは、ジャガイモをゆでて、柔らかくなってからつぶす。つまりマッシュルームだったか。

 その間に腹筋をし、風呂に入る。

 まあ色合いのバランスはまあまあ。

 ただ淡麗発泡酒は、最近プレミアムを飲みつづけてきたのでまずい。

 まあそんな贅沢をいうと怒られそうだが、やはりビールはできるだけ本物を飲もう。

2011年6月14日 (火)

快調な走りがもどってきた!ただ朝の風は追い風だ!

001  雨はないが、空は曇っていた。

 しかし風はずっと追い風。むしろいつものギアだとペダルで足がついていかない。

 一段ギアを上げる。

 なぜか昨日のような自転車と体の不具合はなく、体が自転車に密着する感じだ。

 船津橋北詰からは、いっきに長堀交差点まで通過できてしまった。

 そんなこんなで職場には時計をしっかり確認していなかったが、おそらく8時38分ぐらいだったのではないだろうか。

 震災支援体験とともに体の調子がもとに戻ってきた。これは不思議な現象だ。

 行きかえりのバスでの移動泊は、傍目では辛いと思われているようだが、震災地域に行くという興奮が疲れを忘れさせてくれていたのだろう。

 またいつもの日常に戻ってみるとまたそれが新鮮に思えてくる。

 しかしなんといっても通勤は自転車が最高だ。

 仕事は、多々あって、メモ用紙に書きだしながら仕事をした。

 夕方は面談で時間が過ぎてしまった。

002 帰りの走行では、早い段階でなんどか見たことのあるロードバイカーが追い抜いてきた。

 「たしか佃で右折する人か」

 まえにはそこで通り過ぎるとき挨拶した覚えがある。

 それにしてもかなり加速して走っている。やはり意識されているのか。

 完全に引き去れたと思いつつ走っていると、歌島交差点で追いついた。

  できるだけ早い段階で、顔を合わすように神崎川までついていこう、としっかり加速していた。

 それでその交差点で、左手をあげて挨拶すると、頭の下げて挨拶してくれた。

 これでやはり同志という気になる。

 するともう一人後ろをついてきているようだ。

 なぜか僕のヘルメットと同じものらしく、デイパックも同じ色。

 何本かの交差点で前に出た。そのままついていくと十分おいぬけるスピードだったが、ひたすら後ろを走る。

 するとその人の走り方がよく見える。

 ちょっとバスの横を強引に走っていった。ちょっと危険な運転だ。

 経験はぼくの方が多いことが見て取れる。

 そのうちどこかで左折したのだろう。

 それにしても今日の帰りは、ハアハアいいながら走っていた。

 コープに立ち寄り、イワシを買うつもりだったが、売っていなかったので、代わりにブリを買った。今だいぶ値段が下がっているようで1匹240円ぐらいだった。

003  ちょっと変わった料理だが、ブリ丼とあいなった。

 プレミアムビールがことのほかうまい。きゅうりとワカメの酢和えがビールに合う。

 

2011年6月13日 (月)

震災支援の体験を頭に焼き付けて

001  梅雨まっただ中、我が家の庭は、ジャングル状態になりつつある。

 昨日までの震災支援ボランティアの体験が頭にやきついていて、次のステップに気持が切り替わっていないまま、週明けの通勤ペダルを踏んだ。

 まあ、次は震災チャリティーコンサートのための練習があるわけだが、今日はまだ不安も多い。

 ひさびさの自転車通勤で走り初めは、やはり10年も走っていても毎回、体がぴったりこない。

 2人スポーツバイクの若者に出会ったが、やはりというか、信号をさかんに無視するから「おまえもか」というように冷ややかな目でみてしまう。

  職場には8時42分に到着。なぜか何人からも「ご苦労様」と声をかけられる。

 支援活動に行っていたことをねぎらってくれる言葉はうれしくもあり、はずかしくもある。 

  デスクに座って、今週休みが取れないか探ってみたが、平日6日とも予定がつまっている。

 それで急きょ今日の朝の仕事を済ませて、午後だけ半日の休暇を今日取るころにした。

 ただ昼は電話当番をやり終えてからだから、1時を過ぎていて、ごはん抜きで職場を飛び出した。

 西長堀手前で、カレー丼と書いた幟のある店発見。躊躇なく自転車を止めた。

 カウンターだけの店。客はいない。

 かやくごはんとうどんを頼む。

 002 食事を終えて、休憩なしで走り出したが、最初は辛い。 

 しかし長距離ツーリングをイメージすると一つの訓練とも考えられる。 

 走り続けるうちに食べたものが消化されるせいか、普通の状態になる。

 しかし昼帰るときは、のんびりな気分になれるのがうれしい。

 家に帰ってからは疲れはないと思っていたが、やはりそれなりに疲労は蓄積されているようで、本を読みながら居眠りが続く。

 また今度のコンサートの自分のパート「涙そうそう」のキーボードの演習を試みたが、効果的にするためにまずギターで歌をうたい、それを録音した。

 その後それに合わせてキーボードを弾いてみたが、ほとんどできないことがわかる。

 課題が大きい。まあしかし今週しあげてしまおう。

 また眠りに入り、6時になってしまった。

006  今日もありあわせの冷蔵庫の材料で、おかずを作る。

 シャケの冷凍と玉ねぎを焼き、別のさわら、しゃけをオーブンで焼く。キャベツはやや傷みかけていたが、みじんぎりにした。

 手作りこんにゃくは賞味期限がこの15日だったので、開けた。

 やはりビールがうまい。

 また明日からがんばろう!

 

 

2011年6月12日 (日)

宮城より夜明けの帰阪 さわやかな気分だ

__2  車中泊2日の大震災救援ボランティア参加の活動は、無事終了し、今日朝6時30分、大阪梅田駅に帰阪した。

 いつかは、支援活動に参加したいと思っていながら、もんもんとしてものがあったことはまちがいなく、今回の企画は、渡りに船だった。

 人によっては、12時間もバスで移動と車中泊、帰りも同じ、そんな強行軍はたいへんだという意見をいただいたが、やはりこの3か月、ずっとマスメディアの情報しか与えられてこなかったことに、こんな歴史的事実に対して、これでいいのかともんもんしたものがあっただけに、苦に感じるより行ってみたいということの気持が上回っていた。

 実際行動してきて、同じバスの参加者も同じ思いであることが、自己紹介の中で知り、こんなに目的がはっきりした旅行というか、長距離移動は、またとない機会だとあらためて思った。

 __1 みんな純粋な気持ちで参加している。

 支援に入ったWさん宅は、老夫婦が暮らす家だが、かなり広い土地をもっている。

 しかし震災当日の話を体験した人から聞くというのは、貴重な情報だ。

 南三陸町ほど津波の高さは、高くはなかったが、それでも3mぐらいはあったらしい。

 ある意味ご夫婦は逃げ遅れ、津波にのみこまれそうになっのだが、間一髪あそびにきていた孫たちと巻き込まれるのを免れた。

 しかしその現場を見ていたらしく、線路を通して、反対側から家が浮いてきて、Wさんの家まで浮いてきて通りすぎ、近くの空き地でとまったという。  

 そんなことで、W{さんの家のまわりはうずたかく積もったがれきが2mmもあったらしいが、ぼくたちが来る2日前、個人的支援に入ったAさんがトラクター持参でWさん宅のがれきを無償で撤去してくれたと話していた。

 ただその中に遺体が2人発見されたという。

 人口15,000人の町で、死亡者672人。ほとんど津波に飲み込まれたと思われる。

 今もJR常磐線東側は水道、電気が復旧されていないし、その常磐線も不通のままだ。駅の線路が痛々しくさびきっている。

 まさにマスコミがまったくやってきてない地域だ。

 今回の行動は、地元社会福祉協議会が現地窓口で、大阪社会福祉協議会との連携で、大阪の民医連がそれに登録する形で地域が指定されたという仕組みだ。

 個人で行くには、途方に暮れる。

 やはり「百聞は一見にしかり」だ。やはりどんな形でも被災地に入り、被災地に手助けをし、その話を現地の人の声で、聞くべきだろう。

 朝7時まえに電車に乗って、JR立花で降りた。

 そんなに疲れはないと思ったが、やはりじわじわとやってきた。

 しかしまだ休みの1日は十分ある。

 __ かなり終盤まで読み続けている「江戸に学ぶエコ生活術」を読み続ける。

 ただ何回も居眠りでとまってしまった。しかし昼過ぎ読み終えた。作者アズビー・ブラウンは外国人であるが、詳細に江戸時代の江戸にの都市の街づくりが調べられている。

 本当に無駄のない糞尿まで使い切るエコ生活だ。

 というか、ほんの100年前まで、人間は分相応のエネルギーと物の使い方をしてきたのだ。

 いつから自然を無視する考えが主流になってきたのか。いつから歩くことをさぼろうとするようになったのか。

 本当にいろんなことを考えさせられる3.11以後の2011年という年だ。

 夕食は、妻との相談で自分が作__3ることにした。

 ごく質素な魚とじゃがいも、イカの煮ものにみずなを湯にとおしたものでまとめた。

 外は雨が降っている。

 今日はやっと3日ぶりで、ふとんで足を伸ばして寝れる。

 できることなら、1年後か2年後支援に入った山元町とWさん宅を訪れてみたい。

2011年6月11日 (土)

東日本大震災ボランティア終える

53EFACE0-003B-4B30-9C12-29428A525A4D 多少の不安を持ちつつ、宮城県
亘理郡山元町までのバスでの移動にのぞんだ。
凡そ12時間の旅であったが、目的も特別だけになんとか疲労なく目的地に着いた。
B8E2E36E-5A24-4AA8-9AFA-3FAAE046A82A 内容は、社会福祉協議会への登録 によりwさん宅の畑のゴミ掃除、側溝の泥出しだったが、13人のメンバーで、朝10時から午後4時までがむしゃらに体を動かした。
ゴミの中身は、ビニール袋から、子どものおもちゃから、値札の付いたセーターなど、どこから漂流してきたかわからないものばかりだ。
こんなことがなければ、この地に来ることはなかったと考えると不思議な感じがする。

主催者は民主医療機関連合会。関連の署員ばかりだが、みんな知り合いになれて、有意義な一日を過ごすことができた。

2011年6月10日 (金)

宮城県震災救援に向う!

23BACA67-C37C-48AE-8AD4-A947BDFA5204 体調の異常をなんとか治して、今夕方6時45分、宮城県に向うバスの中でブログを更新している。
雨はまだしとしと降り続き、はやる心を沈めてくれる。
集合場所の大阪駅に到着する前に電車をうまく乗りついで、福島区の栄湯という銭湯にはいってきた。
今のところ気分は最高か!
12時間の旅は始まった。

2011年6月 9日 (木)

体調半分もどってきたぞ!

001  今週は、日曜日に体調を崩して、悪戦苦闘の日々だったが、今日ようやく苦しさから抜け出せそうだ。

 なんと言っても明日夜から宮城県南部への支援ボランティアに行くことになっているので、いよいよタイムリミットだった。

 体調を崩したままいくわけにはいかない。

 ただし下痢はおさまっていない。

 しかし昨日に引き続き自転車通勤にもどったが、時速24kmということはない。

 それに今日は、サッシーに早い段階で出会い、前を引いてもらったが、彼はあまりに高速で走るので、35kmで走るのが限界で、ちぎれてしまった。

 しかし大阪に入り、土佐堀から本町に下る直線は、左車線をジーンズで走るロードバイカーが気になって、42kmも出していた。

 当然職場についてから疲れが顕著だ。

 ややだるい。ただ朝もってきたホットの麦茶に助けられた。

 昼は今日もきつねうどんにしたが、カヤクごはんも追加した。

 その後は、喫茶キャビンに行ったが、ホットコー茶が最高にうまかった。小野リサのボサノバをウオークンで聞いていた。

 たった6分の時間だったが癒しの瞬間だ。 

 午後からも午前中から続けているパソコンでの表作成に集中していたが、やはり疲れるので、気分を変えて明日夜集合する前に行ける銭湯はないか、グーグル地図で調べたりした。 

 ふたたびデータ作成。喉が乾くのがどうしようもない。

 昨日はポカリスィットの飲みすぎて失敗したので、台所で熱い日本茶を急須で作って、マイ水筒に入れ、あまりを飲んだ。

003 仕事は完了しないまま、5時を過ぎ、途中で打ち切り、明日の支度もあるので、早いうちに帰る用意にかかった。

 帰りはやや向かい風。

 体を前傾にして前に進む。交差点は、今日も信号無視の自転車が多い。

 尼崎2号線を走っていて、バス停近くで駐車しだした車で、「ばかやろう。こんなとこ止めるな!」と怒鳴ってた。

 しかし相手には聞こえていないかも。

 不法駐車、危険駐車も危ない。

 民間駐車摘発隊は夕方はいないのか。チェックに来る時間は、あらゆる場所で見透かされている。

 自転車にとっても路肩にやたら止められている車は危険の連続だ。

 向い風、がまんの走りでなんとかJR立花付近までやってきた。

 夕食は、もううどんは卒業しようと思い、魚、野菜の煮込み料理を食べることにした。

 比較的値段の安く量のあるさわらにダイコン、じゃがいもを買った。

004  結果はきわめて質素な和風料理になった。

 あまりに喉が渇くので、思い切ってプレミアムビールを食事の支度中に飲んだ。

 うまい!しかもお腹はどうもない。 

 よし明日は大丈夫だと確信した。

2011年6月 8日 (水)

なんとか騙し騙し走っていた5日ぶりの走行

001  だいぶ体は復調してきた。

 しかしちょっと躊躇しつつ、朝自転車にまたがった。

 走りはじめは、まったくスピードが出ない。JR立花バイパスはなんと15kmで登っていた。

 2号線は26kmで走っていた。

 そのうちいつもの調子にもどりつつあったが、力は出ない。

 やはり体のダメージは、なかなか取れないものだ。

 それでもなんとか職場には8時50分タイムカード前に到着した。

 仕事では昨日よりはましだった。

 ただ朝のヤクルトジョワは、他人にあげ、昼休みはJRなんばのオーキャット5回レストラン街で梅昆布うどんを食べた。店員さんは「これだけでよろしいですか?」と聞かれる始末。

 まあしかしこのうどんはうまかった。

 喫茶キャビンにはいつもどおり行ったが、紅茶にした。

 3時を過ぎると異常に喉がかわく。

 たまらず、1階の大塚自販機でポカリスィット大ビンを買う。

 かなり急激に一瓶あけた。これもいつになくうまかった。

 ただこの温度が悪かったか、たくさん飲みすぎたためか、気分が悪くなってきた。

 夕方5時を過ぎ、あさってから行く宮城県南部支援ボランティアに5人で行くため、そのうちわせをしたが、体は最悪。お腹はもよおしてきた。

 打ち合わせの後、トイレに入らずそのまま自転車にまたがる。

 また最初は24kmぐらいしか出ない。

 しかしこの際がむしゃらに走る。ごまかしごまかしJR立花までやってきた。

 コープ立花に入る。自分の食事とあと2人のメニューは変えた。

 ぼくはふたたぶうどん。家族はさんまの開きと野菜、みそしる。

 ただ、ごはんも3日ぶりかでおかゆでなく普通に食べてみた。 

 あともろもろ食べれないのが辛い。

 ちょっと薬の効き目が少ない。それにおしっこが薬のせいか濃い黄色だ。 

 それで薬は、今日の夕食からストップすることにした。

 明日はさらに前進して自転車通勤しよう。

2011年6月 7日 (火)

病み上がり なんとか仕事をこなす

001  なんとか下痢がとまって、仕事に行くことにした。

 しかしさすがに自転車で行く自信がなかった。

 それで当然電車通勤にした。

 ただ電車の中で読書する元気もない。

 やはり健康とはいかにハードルが高く、貴重なものかと再認識する。

 海老江駅の72段の階段さえ、エスケープし、エスカレーターに乗った。

 しかし案外階段を上がっている人が多いではないか。ちょっと惨めだった。

 病気中の人や、老人の生活がいかに大変か考えさせられる。 

 ちょっと大げさだが、今の実感だ。

 仕事はほとんどデスクワークを心がけたが、こんなときに限って突然の来客が多い。

 普通の健康状態ならWELL COME だが、なんでこんな時に!という感じだ。

 だいたい声まで出しにくくなっている。

 しかしがまんの就業時間は5時のチャイムで救われた。

 電車で帰るので、着替えはなしでかばんを背負って、ウオークマンを聞きながら駅までの道、電車から電車へ、コープから家へ移動する。

 ところで恥ずかしい話だが、あることを今日はじめて気づいた。2つ気づいた。

 ただその一つを今忘れてしまった。 

 わかっているのは、よく電車の中で優先座席の前や、最前、最後方の車両では「携帯電話の電源をお切りください」と案内が出ている。

 しかしアイホーンの電源の切り方をまったく知らなかった。というか気づいていなかった。

 それが尼崎駅で連絡車両が来る間、ひょっとしたらこうかと、下段のスイッチを長押しする。しかしこれは音声コントロールだ。それで再起動で使う上段右のスイッチを長押ししたら、あるではないか。電源オフ表示が出てきた。

 やはり長押しだったのだ。

 ちょっとうれしくなる。ただこれは他人から見たら「そんなこと知らなかったの」という感じだが、自分的には解決していなかったことなのでうれしくなった。

 これも体調を崩して電車通勤にしたおかげだ。まあ「不幸転じて」と思っておこう。

 コープで買い物してレジに回ったとき、よく会話するおばさんだったが、最初のぼくのことを気づいていない様子で

 「こんいちわ」とあいさつすると気づいてくれて

 「今日はきっちりした服装ですね」と言われるので、

 「食あたりで電車通勤なんですよ」というと

 「そういえばほっぺたがこけてますよ」と言われた。

 職場でも妻からもそう言われた。

 家に帰って風呂に入るとき体重をはかると58.7kgしかない。通常60.8kgぐらいだから2kgもこの2日間で減っている。

 下痢の影響は怖い。

 004 しかし家に帰ったあと、疲れを忘れて、バナナの木とコーヒーの木をベランダに出した。

 明日は自転車で行くぞ!

2011年6月 6日 (月)

体調不良か、食あたりか、完全ダウンした1日

 昨日の夕方から下痢がはじまったが、完全な水溶便がどんどん出る。

 このままトイレに行き続けると体の水分が半分以上なくなるのではないかと心配になる。

 夜布団に入ってからももよおしてくる。

 そしてトイレに入ると、以前オーストラリアへの飛行機の中で、ワインを飲みすぎたからか、やはり下痢でトイレに入ったが、座り込んでいるのに、地面に倒れこみたいような異変がおこったのと似ている。

 そのときは時間が経てばなおったが、昨日のよるは、やはり目の前が真っ白になるり、トイレを出てから、すぐ外に倒れ込んだ。

 夕方から朝にかけて10回はトイレに行っている。

 朝起きて、もうこれはダメだと思った。仕事を休むしかない。

 いろいろ原因を考えてみたが、よくわからない。

 それで職場には8時40分ごろ電話をして、その後一番近くにある診療所の槇林医院に出かけた。

 大先生が対応していただいたが、なんとカルテの記録では、5年前に来たきりらしい。

 ただその時も風邪だと思うが、お腹を壊した。

 この5年間はけっこう健康なまま過ごしてきたのだが、体を壊すということは本当に辛い。

 自転車で走りすぎて疲れが出るときとはまったく違うのだ。

 医院から帰って、午前2時間、午後3時間寝っぱなしだった。

 昼間に家で寝てしまったのは何年ぶりだろう。

 しかしよく眠れる。やはり疲労がたまっているのだろうか。

 夕方になり、買い物をせざるを得ないので外に出た。ついでに近くのコジマで洗濯機の風呂からくみ上げるホースを依頼した。

 しかし、先週鬼門の日々かとちょっと警戒していた。パンクして、自転車屋がみんな休みという不幸を味わった。職場につくと近くの道頓堀川で他殺死体が浮かんだ。

 それが今週も続いているような、ちょっと考えてしまった。

 まあしかしたまには休憩もありだろう。

2011年6月 5日 (日)

西宮市 保育所だいすきフェスタ

003  昨日はちょっと飲みすぎた。

 しかし今週ホリデーは妻の関係で西宮 保育だいすきフェスタの舞台にセッティングする音響の担当で参加した。

 というのは、我が家に預かっているPERVEY社のコンパクト音響セットが毎年役だっているので、今年も頼まれた。

 まあボランティア参加だ。

 おもに西宮中の保育所の保育士と子どもたつが舞台でおもにおどりを披露する。

 その他、腹話術あり、エイサー、南中ソーランあり極め付けは男性保育士10人ぐらいで、バイキンマンや忍者ものがたりなどの劇をする。

 それにしても男性保育士が年々増えているようだ。004

 それに結構演技がうまい。楽しみながらアドリブを連発するのがいい。

 観客は子どもたちが劇の中にはまっている。

 「バイキインマンをやっつけろ」とかなんとか、一斉にコールが飛ぶ。

 午前11時にスタートし、午後2時までのスケジュールだが、若い父母、保育士、子供たちの熱気が伝わってくる。

 

 まあすべての音響とBGMはスムーズに行った。ただBGMの媒体をCDではなく、カセットテープを持ってきた団体がいて、ちょっと不安。

 不安どおり音がでなかった。長い間使っていないからか。

 今や、CDも古いが、もってくるものはそれだ。

 すべてのスケジュールが終了したのは、30分オーバーで2時半。音響の基材を片付けて家に帰る。

 家では路地のビワの3本の木にたくさんの実がみのっているが、すでにオレンジ色になってきた。そのまま対策をこうじないとカラスに一日で襲撃されてしまう。

 疲れはあったが、2男を呼んで、去年買ったナイロン網を取り付ける。

 30分で作業は終わった。

 それで、この際とピアノに向かう。舞台の裏方をしていて欲求不満が心理的にはあったかもしれない。

 そんなとき急に腹の中止が悪化してきた。まあ下痢だ。朝も実は胃が痛んでいた。

 その後トイレに入ったのが5回。やばい!食あたりか。単なる疲れか。

 まあどちらにしても今日はノーアルコールにした。

 005 バナナが身になってその花の成長を見てみると、赤のつぼみか花弁かが開いてきて、中から本当に花が見えてきた。

 これがバナナの実に発展するのだろうか。ちょっと楽しみだ。

2011年6月 4日 (土)

緑のカーテン

002  今年の夏は原発の賛否両論は横に置いても節電は至上命令になりそうだが、我が家は、緑のカーテンをすることにした。

 もともとエアコンなど建築上温度の上がる2男の部屋を別にして、我が家二は基本的にエアコンを装備していない。

 例年、庭には、すだれをいっぱいに垂らして暑さをしのぐ。それに玄関には、網の扉を去年設置した。

 大震災がおこったからというのではあまりにもお粗末だ。

 

 もともと日本にはエアコンというものもない時代があったはずだ。いちからそうなったのだろう。どこの家にもエアコンは当たり前という社会になってしまった。

 だから電気はピーク時たくさんいるようになったわけだが、それを使わないいろんな智恵がうしろにおいやられてきてしまったのではないだろうか。

 ある意味原発を認めてきたのも、そんな社会の変化がもとになっているのではないだろうか。

 ただ電気会社などの売り込みがそうさせたのだろが、あまりにもエアコンに慣れすぎてしまった。

 夜の明るい生活に慣れすぎてしまった。

 だから原発はあとに置いておいても、生活のあり方を再点検するときかもしれない。

 まえにも書いたがあまりのも他人にいろんなことを頼りすぎていないか。

 スーパーにたくさんの野菜があるのはあたりまえ。通勤電車が時間どおりに動くのはあたりまえ。ライフラインがととのっているのがあたりまえ。

 しかしそれは永遠に保持されるものといえない。

 だから自給自足の生活をしている人はある意味強い。

 そんなことを最近よく考える。 

 ところで今日は朝から、夜までのびっちりのスケジュールだった。

 005 夕方梅田ヨドバシカメラに行くため、大阪駅を通ったが、あまりの人の多さにびっくりした。

 新好きの人が多いだろう。

 ただ僕は冷えた目で見ている。これが大阪と言えるのかどうか非常に疑問だ。

 いわば大阪らしさはどこにもない。

 むしろ南の今日訪問活動で行った堺市の方がよっぽど大阪の色を残している。

 ちょっとややすると、梅田は東京資本のやりたい放題になりつつある。

 文化はやはり地元の住民と商店が作るべきだ。

 同じことは東日本の復興の仕方にも言える。大資本が介入して再開発するなら、今までの地域文化は崩壊してしまう。

 なぜそんなことがわからないのだろう。

 今や日本の進むべき道は、本当に問われている。

 

2011年6月 3日 (金)

週末はピンクジャージがよく似合う

002003   今週は、明日まで含めて予定がびっしりなので、ちょっと気が重いが、まあ一つひとつの行動を楽しもうと自分に暗示する。

 だから朝の通勤は、よくペダルを回してしまう。

 ジェージは定番のピンクで行く。

 2号線では、ヘルメットをかぶらずカジュアルウェアで走る若者がロードに乗って猪名川橋の信号で前に出た。

 結構意識しているのか、加速して走っていた。

 そのうち杭瀬の信号でぼくがひっかかって見えなくなった。

 しかしピンクジャージは目立つのだろう。ときどきチラっと振り替えられることがある。

 そんなこんなで歌島橋をクリアし、阿波座は最終信号で止められ、そのあとは結構スムーズに走る。

 職場について走行時間を確認すると47分4秒という驚異的タイムだった。

 仕事はとにかく会議の連続。

あっという間に5時になってしまった。

 帰りはやや力を抜いて走ろうとしたが、車とのタイミングで加速せざるを得ないことがきっかけで、やはりムキにペダルを回していた。

 途中1台のバイクと抜きつ抜かれつで走る。

 夕食は週末定番のカレーに決めていたので、コープ立花に立ち寄る。

 買い物の後結構量があったのだが、もっていったビニール袋が耐えられず、いっさいをエイパックに入れて一度は走ろうとした瞬間、中の卵を落としてしまいほとんど割れてしまった。

 まあしかし8個で280円だから卵は安い。

 004 たまねぎを剥き、じゃがいもの皮を剥き、人参はそのまま切って、冷蔵庫から豚肉を出す。

 隠し味には、トマト大1つと今日は根拠なくレモンを皮ごと切って入れた。

 圧力なべにバターを入れ、大胆だが、冷凍のままの豚肉を入れ、ちょっと間をおいて玉ねぎを入れ、ワインで味付けし、しばし炒め、あと一気に他の食材をまぜ、水800gを入れ、ふたをする。

 蓋の重りが音を出すまでの間、腹筋と真向法体操の一部を試みる。

 圧力鍋がうなるので、火をちいさくし、風呂に入る用意をし、火をとめる。

 風呂に入っている時間は至極のときだ。

 そのうち妻が帰ってきた。 

 風呂から上がり、ドライヤーをし、キッチンにもどり、鍋にカレールーを入れる。

 レモンは案外マッチした。酸っぱさがカレーにうまくとけあう。この前の「ためしてガッテン」のうけ入りだが、レモン恐るべしだ。

013 ただ、炊飯器のスイッチを入れるのを忘れていて、早炊きでも30分はかかるので、妻はルーだけを、ぼくはビールとチーズで炊き上がるのを待つ。

 やはり週末は、明日があるのを別にして、気持ちは弾む。

2011年6月 2日 (木)

ロードはこんなに早かったの?

003  きょうはトレックに跨ったが、結構速かった。

 走行時間48分39秒。それも歌島橋で停止し、阿波座で停止しての時間だ。

 昨日の後半歩きを思い出すと、なんと自転車って速いんだろうとあらためて感じてしまった。

 平均時速は信号停止を入れて18.3kmだった。

 海老江交差点まで来たときに今日もサッシーと会った。

 昨日のパンクの顛末を報告した。

 仕事は明日の会議の準備とかもろもろ。

 ただ会議や面談がないのがありがたい。

 昼休みジュージ・ガーシュインの音楽を聞きながら、喫茶キャビンに向かう。

 やはりコーヒーを飲みながらの読書は落ち着く。しかもキャビンの内装は船のなかにいるような錯覚を感じる。

 午後ももろもろをこなし、夕方がやってきた。

 004 5時を過ぎ、ちょっと会合があり、帰りは6時半を過ぎていた。

 なにわ筋を北上し、長堀を西に進路を変え、いつもの新なにわ筋に入る。

 やっぱりロードバイク・トレックはよく走る。

 いったん誰かが後ろに接近したようだが、引き離した。

 自動車と並走する場面もあった。

 何事も自分の肉体を使って移動するほどたしかなものはない。

 たよりになるのは自分の体と、パンクなどない状態の自転車のみ。自己完結型だ。

 自動車もそのうちすべてソーラーカーになればいい。

 鉄道会社も電力会社も石油会社もあてにする必要はない。

 いつかきっとそうなると思っている。

 できることなら、電気製品の修理もその他の修理もすべて自分でできる社会はすばらしいと思う。今はあまりにも他人任せだ。それだけそれぞれのものが複雑化し、特化しすぎて個人の手におえないものも多い。

 今いろんなところでクレイマーと言われる人種が増えている。

 そんな人は恐らく何事も他人まかせ。他人のせいにしたがる人間だろう。

 僕から言わせると勇気のない自分では何もできない人を想像する。

 そんな人が増えては社会は伸び悩むだろう。

 家に帰るのは、ちょっといつもより1時間ほど遅くなるのがわかるので、夕食は、寿司を買うことにした。

 今日はマーガリンも買いたかったので、コープ立花で買った。007

 一応できあいのものでも皿がビニールでは味気がないので、家の皿に入れ替えた。

 スープとして、昨日作ったトマトスープに冷蔵庫で冷凍している残り物カレーを解凍して混ぜたが、これがなかなかうまい。

 まあしかし寿司に赤だしが定番だろう。

 まあしかしそれなりに食べられるか。

 あとさすがに洗濯物が貯まっていた。

 

2011年6月 1日 (水)

2年ぶりのタイヤパンクが突然やってきた

001  今日はまた数日ぶりに本格的雨だった

 ランドナーの変速を先日調整していたので、待ってましたとばかりにそれで出発する。

 今日の出勤はなぜか気が重い。

 はげしく雨が降る中を出発した。

 2号線に入って、ゆっくり走る。

 そこへ早い段階でサッシーがやてきた。彼は独特の帽子でいつものウェア。レイン用ではない。

 しばらく先を走ってが、玉江橋を過ぎて先頭交代し、後を追う。

003  歌島橋まではついていく。

 言葉を交わし、いざスタートしたところで、加速まもなく後輪がぶれる。

「むむ、タイヤがズレタカ?」とそのタイヤをみるとだんだんへこんでくるではないか。

 交差点をなんとか横断したところで、ストップ。サッシーには言うまもない。

 しかしここでパンクとは?

 やはりランドナーに乗るときも専用チューブを持っておくべきだった。

 まず職場に連絡。9時半004には着くだろうとやや楽観的に告げたが、ちょっと考えて、進行方向で最短は海老江交差点の先の自転車だろうとそのまま歩く。

 淀川大橋は800m。自転車でしか見ていなかった風景が、違った形でみえてくる。

 西側に阪神高速がずっと続いている光景を初めてみた。

 ペダルと靴はSPDのビンディングでよかった。なぜなら靴の詰めは靴底に対してはみ出していない。

 ただ不運だったのは、ちょっと悪い予想はあったが、水曜日は定休日だということ。

 「ショック」!!

 近くの店屋のおばさんに「近くに自転車屋はないか」聞いてみた。

 野田阪神交差点で近くにやってきたツーキニストにも聞いてきた。

 しかし結局そのまま7km職場まで自転車を押して歩いていった。

 1時間の遅刻になってしまった。

 ただ唯一の面談の約束時間は11時だったのでよかった。

 ところで職場に入ろうとしたとき、ちかくのリバープレイスという道頓堀川筋に消防車がたくさん止まっている。うわさで聞くと、川に他殺死体があったという。

 今日は不吉や日に思う。

 まあそれはそれとして、昼休みJR難波横のホームセンター「ダイキ」でタイヤチューブを買う。ついでにスプレー式の緊急パンク修理すぐれものが350円ぐらいだったので買ってしまった。

 食事のあと職場に戻って、チューブ交換作業。なんとか復旧した。ただパンクの原因はタイヤに刺さっていた小さな破片。不運というか、確率的には、2年間として走行日が年250日とすると2年で500分の1ということになる。道路で破片がささる確率はもっと低い。

 しかしそれは突然やってきた。

 しかし仕事はなぜかモチベーションが高い。体調がいいせいか。

 夕方は、今日ノー残業デーなので、5時を合図に帰る用意に入る。

 雨が朝以上006に降っていた。

 慎重にペダルを進める。

 しかしこんな雨でもツーキニストらしい青年を2人みた。

 あまり一般的に推奨するわけにはいかないが、頼もしい。

 雨はそれなりの運転ノウハウというものがあるし、装備も違う。

 しかしどんな天候でも通勤自転車で走るということに腹を決めたら、どうということはないし、とぎれることもない。

 早く職場を出た分、家には6時20分ぐらいに到着した008

  009  ちょっとうれしい。

 今日は2男が帰ってこないと聞いていたので、食事の用意は2人分でよい。

 妻が帰ってくるのは、8時を過ぎるだろうから、慌てなくてもよい。

 間にピアノが弾けて、体操ができたらそれでいい。

 十分実行できた。

 週中日はこれであってほしい。

 夕食は、今日も冷蔵庫のなかみを見て頭で描く。

 冷凍イカと豚ステーキを使う。

 スープを作ったが、トマトに缶詰に白菜と豚肉の四角型を入れる。

 まあなんとでもなるものだ。

 この間からサプ012ライズを見せられたバナナの花はさらに大きくなっていて、やや外側が開いてきている。

 外国にいる3男と娘にも知らせたが、喜んでいる返事が返ってきた。

 これからも楽しみだ。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30