フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« まるで真夏 猛暑の中を走る | トップページ | どこまで揚がる6月の気温 »

2011年6月28日 (火)

今日も真夏! しかし体は絶好調!

003  朝の道路はすでに30℃を示している。

 たしかに暑い。

 しかし体には影響はない。 

 結構快調かもしれない。

 というのは、追い風が続いたということのためかもしれない。

 それにしても季節がおかしい。台風はこの月に発生するし、梅雨であるはずの今、空は快晴。しかもじめじめしさもない。

 20日以上季節が早く進んでいるのではないだろうか。

 まあ、そんなこんなで、どんどん快調に自転車は走る。

 職場には8時38分ごろ到着。走行時間50分57秒だ。

 昨日から職場について、タオルを水で浸している。

004  いっそ雨が降ってくれたほうが気温が下がっていいと思うのだが。

 このまま真夏まで、温度は上がり続けるのだろうか。

 節電がさかんに言われているわけだから、ちょっと気温は気になる。

 それにしてもスピードを上げて走っているときは、風で体の汗を吹き飛ばしてくれる。

 仕事は、午後からは会議が連発。

 時間はあっという間に夕方に。

  今日は早く帰ることにしていたが、5時20分ごろだった。

 西日をまともに受けて、帰り道を進む。

 淀川大橋を登るとき、ときどき会うというか、追い抜かれるロードバイカーに今日も出くわす。

 ぼくを抜いていくとき異常な加速をしていく。

 それでも一定の間隔を離れず、ついていく。

 ときどき何人のロードバイカーが信号まちのため減速しつつ、左足ペダルを外すのは同じだが、だいぶ手前からはずして足をぶらんとしているのがちょっと不思議だ。

 ぼくはシマノSPDペダルだが、停止直前にはずし、ペダルの上にのせたままだ。

 というのはいつ発進してもすぐ設置できる。

 これがちょっとうしろから見ていて不思議なのだ。

 その彼とは神崎大橋南詰で右折するらしく停止したので、左手をあげて挨拶したが、頭をさげてきた。 

 ちょっと不思議なコミュニケーションだ。

 005 あとはちょっと足が疲れてきたが、向かい風を無理せず走る。

 本当はコープに野菜を買いにいくつもりのところ勘違いして家に帰ってしまった。

 気づいて家で服を着替えて、近くの業務スーパーに買い出しにいった。

 買ったのはキャベツとトマトなどなど。

 今日は2男が帰らないんで2人分でいい。

006  ちょっといつになく質素料理になった。

 ちいさなハンバーグにキャベツとトマト、目玉焼きと玉ねぎだけだ。

 ただしビールだけはヱビスという落差。

 まあこれもいいか。

 妻は帰ってくるのが遅いので、一人で夕食を味わった。

 

« まるで真夏 猛暑の中を走る | トップページ | どこまで揚がる6月の気温 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まるで真夏 猛暑の中を走る | トップページ | どこまで揚がる6月の気温 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30