フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 週末はピンクジャージがよく似合う | トップページ | 西宮市 保育所だいすきフェスタ »

2011年6月 4日 (土)

緑のカーテン

002  今年の夏は原発の賛否両論は横に置いても節電は至上命令になりそうだが、我が家は、緑のカーテンをすることにした。

 もともとエアコンなど建築上温度の上がる2男の部屋を別にして、我が家二は基本的にエアコンを装備していない。

 例年、庭には、すだれをいっぱいに垂らして暑さをしのぐ。それに玄関には、網の扉を去年設置した。

 大震災がおこったからというのではあまりにもお粗末だ。

 

 もともと日本にはエアコンというものもない時代があったはずだ。いちからそうなったのだろう。どこの家にもエアコンは当たり前という社会になってしまった。

 だから電気はピーク時たくさんいるようになったわけだが、それを使わないいろんな智恵がうしろにおいやられてきてしまったのではないだろうか。

 ある意味原発を認めてきたのも、そんな社会の変化がもとになっているのではないだろうか。

 ただ電気会社などの売り込みがそうさせたのだろが、あまりにもエアコンに慣れすぎてしまった。

 夜の明るい生活に慣れすぎてしまった。

 だから原発はあとに置いておいても、生活のあり方を再点検するときかもしれない。

 まえにも書いたがあまりのも他人にいろんなことを頼りすぎていないか。

 スーパーにたくさんの野菜があるのはあたりまえ。通勤電車が時間どおりに動くのはあたりまえ。ライフラインがととのっているのがあたりまえ。

 しかしそれは永遠に保持されるものといえない。

 だから自給自足の生活をしている人はある意味強い。

 そんなことを最近よく考える。 

 ところで今日は朝から、夜までのびっちりのスケジュールだった。

 005 夕方梅田ヨドバシカメラに行くため、大阪駅を通ったが、あまりの人の多さにびっくりした。

 新好きの人が多いだろう。

 ただ僕は冷えた目で見ている。これが大阪と言えるのかどうか非常に疑問だ。

 いわば大阪らしさはどこにもない。

 むしろ南の今日訪問活動で行った堺市の方がよっぽど大阪の色を残している。

 ちょっとややすると、梅田は東京資本のやりたい放題になりつつある。

 文化はやはり地元の住民と商店が作るべきだ。

 同じことは東日本の復興の仕方にも言える。大資本が介入して再開発するなら、今までの地域文化は崩壊してしまう。

 なぜそんなことがわからないのだろう。

 今や日本の進むべき道は、本当に問われている。

 

« 週末はピンクジャージがよく似合う | トップページ | 西宮市 保育所だいすきフェスタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末はピンクジャージがよく似合う | トップページ | 西宮市 保育所だいすきフェスタ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30