フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

ひさびさに予定のない日曜日

004
 昨日から続く休みだが、今日は、まったく義務的な予定はない。

 ただ来週日曜日が演奏の予定なので、それなりに練習はノルマだ。

 

 そういう意味では時間があるのは今日だけ。

 朝9時から練習に励む。

 問題は演奏曲ではなく、みんなで歌う曲の前奏をきっちりしたいので完璧をめざす。

 

 小一時間が過ぎ、地下収納庫から地上へ。

 妻は約束で出かけていった。

 

 ちょっと思い立って、スーパー銭湯にでもいくかと思いついたが、まだ洗濯物があり、出ようすると、玄関でチャイム。近所の人から思って、イヤホーンに出ず、戸を開けると、日経リサーチとかいうことで、女性がなんと1時間ほど時間がほしいといきなりいうので、「これは任意ですね」と、断る。

 「厚労省の調査であなたが、抜擢されたので、一人でも抜けるとデータにならない」とかいう始末。

 そんなことは知らない。あくまでの拒否しますとつっぱえねる。

 それはまさに家を出ようとしたときだったのだ。

 あとその女性はうちが抜擢されたといいながら、向かいの家のチャイムを押していた。

 

 006

 すぐランドナーに乗って家を出る。すでに11時を過ぎていた。

 どこのスーパー銭湯がいいか出る前考えたが、ちょっと足を伸ばして、築地の「戎湯」にした。

 

 やまとの湯コースで走り、さらに南に庄下川を下る。

 

 約20分ほどで着いた。

 さっそく露天風呂に浸かる。

来てよかったと思う瞬間だ。

 体だけを洗い、そそくさと湯から出る。なにせ380円で温泉を味わえるのだから、リーズナブルだ。

 

 009
もと来た道を走る。

 

 ほとんど車と共存しない道を通っていけるがいい。

 昼食のために途中いつも行くコープ立花に立ち寄り、冷凍お好み焼きを買い、ビールを6本セット買った。

 家に帰って、冷凍お好みを温め、チキンラーメンを出し、買ってきたスーパードライを飲む。

 あとしばしパソコンでランドナーショッピングでブレーキシューを探したり、京都グランドボアで問い合わせをしたりした。

 そんなこんなで午後3時から1時間昼寝タイムになってしまった。

 だいたいちょっと今日は頭がくらくらするので、どうも睡眠不足があるような気がしていた。

 4時に目が覚めて、突然ランドナーのフリーギアを外そうと考えた。

  たしか、10年ほど前、自転車整備士試験をうけるとき、このランドナーのフリーを外して、しかもスポークを分解するところまでしたはずなのだ。

 しかし今はその外し方がわからない。

 メーカー011_3は今はもうないサンツアーと文字が記載されている。

 どうしようもないので、チェーンガードのプラスチックだけペンチで割ってはずした。

 ついでに綺麗に掃除し、油をさした。ハブ全体もきれいに拭いた。

 

 やっぱり自転車を分解したり、整備したりするのは楽しい。

 だいたいそれで2時間かかったが、満足感ありだ。

 すでに6時前だった。

 妻は食事の用意。ぼくは風呂と炊飯の用意をした。

 

 夕食は、しっかり冷凍庫で冷やしたコップでスーパードライを飲む。

 もう明日からは8月だ。庭の木々にとまるセミの声を季節を知らせてくれているようだ。





2011年7月30日 (土)

サイモン式コーヒーメーカー本体修理されてもどってきた!

001
先週突然沸騰しなくなったサイモン式コーヒーメーカーが修理を終えて戻ってきた。

 修理に出したのはツインバード本社がある新潟県だが、宅配便の普及恐るべしだ。

 

 輸送にはトラブルもなく、指定された日どおりにもどってきた。

 しかも修理代は宅配料こみで3650円だった。

 故障個所は、加熱する部品がダメになっていたようだが、簡単に治ることに今回感激してしまった。

 さっそく午前中、コーヒー豆を挽いて作ってみた。

 ただ、ちょっと浮き足立っていて、その間2時間もピアノを弾いていて、2回もコーヒーを前後させてしまっていて、実際苦い味になってしまった。

 しかしちゃんと稼働してくれたので安心だ。

 なんでもあきらめずにまず修理可能かどうか試すべだろう。

 そんなこんなで昼になってしまったが、とにかく来週日曜日に介護に演奏と歌う会をしに行くので、10曲ほどにみんなで歌う曲の前奏をできるだけ完成度高くするため、必至だ。

 昼食後、2時から、8月27日に開催する野外映画会のポスター作り作業がある。その前に念願だったサンワサイクルへのビアンキBB修理依頼で、車にそれを積んで、持っていくことにした。

 

 ただ、一番若い修理担当者に再度内容を伝えたのだが、「大将が無理と言ったのなら、私も難しいと思う」と言われた。前に持っていったときは、一度やりましょうと言われたのだが、ちょっと弱気の回答で、不安になるが、とりあえずあずけて帰った。

 とにかくわがビアンキロードは、9年ぐらい通勤で使用し、いまリタイヤしているわけだが、他人に譲ったり、廃棄する気持にはなれないので、すでホイールを2010年製、マビックエアロタイプに替えた。

 

 だから9年前の購入時の部品は、ブレーキレバーとハンドル、ボトルブラケット(クランクの軸セット)だけだ。中でも回転し続け酷使しているのはそのBBだ。

 

 ここを交換できれば、フレームに致命的損傷がないかぎり走りつづけれる。

 とにかく運を天に、まかせる思いで帰ってきた。

 008


それで家に帰るとすでに午後2時前、数人関係者がやってきた。

 妻もなんとか帰ってきて、自分も作業に入らざるを得なくなってしまった。

 

 風通しよく、エントランスというより1階の通路だが、そこを占拠した状態で作業した。

 

 これを尼崎、南武庫之荘地地域に60枚設置する。

 

 去年を思い出すとちょっと焦ったのだが、あまりの夏の暑さが続き、当日もそうで、映画に使用したプロジェクターが過熱のため、停止した。

 

 ちょっと悪い思い出があるのだが、今年はすでに第1回から数えると16回目だ。

すでに16年映画会を続けてきたことになる。最初4歳で見てくれた子どもがいたとしたら、すでに20歳になっているのだ。

 野外映画は、独特の雰囲気があり、子どもたちにとってはきっと記憶の中に強い印象を残すと確信している。

 それで今年もなんとか成功したい。

 作業が終ったらすでに午後4時半ごろだった。

 それなりに疲れ、今日やるべきことは終わったような感じになった。

003
 夕食は妻が作ってくれることになった。

 

 小松菜?とタマネギを和えて、生姜味にした一皿。なかなかうまい 。

 それに鶏肉を焼いたもの。

  あとシシトウとなすびを焼いて鰹節を上からまずした一皿。

 今日は蒸し暑いので、ビールとこのおかずは食欲をそそる。

 ニュースでは004、新潟と福島で大雨による被害が写されたいた。

 福島は、大震災と原発でうちのめされているのにその上、大雨とは自然は非常だ。

 

 以前はちょっと遠い地域のことと思っていたが、今はその地域の人たちのことは他人ごとではない。

 被害が小さいことを祈りたい。




2011年7月29日 (金)

ビアンキで行ってみるか! 帰りは雨を浴びながら

003


 週末はちょっと気分を変えてみたくなる。

 それで、自転車は、ビアンキで、

ウェアはピンクジャージを着る。

 

 朝は結構陽がさしていて、暑そうだ。

 

 自転車を替えてみると、ちょっと緊張感もあるが、気分も変わる。

 今日もできるだけ負荷を感じない走り方に徹した。そのうち日差しが弱まってきて、交差点で止まっても気にならなくなってきた。

 しかし水浴びボトルはしっかり使う。

 腕や首筋にかけた後の、気持ちよさはない。

 おかげで、職場まで疲れることもなく、ゴールした。

 

 しかし時間は50分を過ぎていた。

 

 仕事は今日は特に会議などもなく、ただ一件訪問があるだけだ。

 

 しかし課題を進めないと気が焦る。

 まあ、おもな課題も一歩進んだ。

 

 帰りは、やや余裕を見て5時半になる。

 やや小雨と思いきや、自転車を進めるうちに雨は強くなってきた。正味最高の雨状態で、目に雨が入って辛い。

 

 それでも進むしかない。

 そのうち尼崎に入ると、すべて雨がやんでいる。おまけに雨の後で涼しくなったのがいい。

 今日は妻が休みなので、夕食を気にしなくていい。

 

 それでコープで買いたいものをたくさん買ってくることにした。

 ビールのストックに妻用糖質0の発泡酒、洗髪用クリーム、入浴剤、くだもの各種などなど。

 1階と2階を渡り歩く。

 家に帰ると7時前だったが、ゆっくり風呂に入り、あがって食事を3人でする。

 今日はなすびとひき肉などを和えて、カタクリのようなもので味付けした料理だが、これがうまかった。

 食事はやはり毎回楽しく食べるのが一番だ。

 今日は晩酌でアサヒスーパードライを飲む。これが何故か特別うまく感じる。

 明日が休日だからか。休みの前日はやはり好きだ!

 

2011年7月28日 (木)

暑さ凌げれば、まだ走れる

001


 日差しはいよいよ強くなった。

 

 どうするか、まず日差しを避けるしかない。

 

 それによけいに負荷をかけない。

 そのことを心にとめて、走りだす。

 最初の信号停止は家からすぐそばの山幹線の信号だった。

 信号の前では止まらずずっと手前の日陰で待機した。

 

 後は、軽いペダリングで走る。

 

 水ボトルも頻繁に体にかけた。

 

 おかげで、疲れなく職場についた。

 

 ただ今日の仕事は全員の会議の運営で一日を費やする。

 

 002_2


帰りの走行が始まる。

夕方はやや曇り空。もったいないので、水浴び用のボトルを腕に何度もかける。

 

 そのうち本当の雨が降ってきた。

 

 すかさず信号待ちで、デイパックの防水カバーをバッグの下から取り出し、覆う。

 これで、中身は安心。

 体は濡れてもどうということはない。逆に涼しくなっていい。

 

 途中ヘルメットなしのロードバイカーに抜かれる。思いギアーで走っていたが、結構速い。

 しかし尼崎繁華街手前で止まっていた。2段階右折するらしい。

 

 今日は直接家に帰った。

 

 体は濡れているので、先に風呂に入った。

 

 その後食事つくりは、黒ビールを飲みながらやった。

 冷凍手羽先をオーブンで焼き、今日職場のHさんからヒントをもらったレシピ風だが、豚肉ときゅうりとトマトを同時に炒める。

 

 003


その同じ皿にたまねぎとハムときゅうりを混ぜ、ドレッシングをかけて、乗せた。

 そのれトウモロコシをゆでたものを載せる。

 みそしるはうす揚げに玉ねぎ。

 

 今日もプレミアムビールを飲む。

 

 この瞬間が一番幸せかもだ!

2011年7月27日 (水)

行きも帰りもローダーに出会う

001


 昨日は、ポルトガルワイン「マテウス」を飲みすぎた。

 朝は、ちょっと6時半に起き上がるのが辛い。

 しかしその時間に起きないと後が慌てるので、いきおいで起きた。

 昨日に引き続いて蒸し暑いではないか。

 いつものように朝を支度をすませ、7時45分すぎに庭に入り、出かける用意をする。

 走り出すと風をうけるので、不快感は解消する。

 JR立花バイパスを超え、まっすぐ2号線曲り角まで進み、信号が青になって左折する。

 途中からロードバイカー1人に抜かれた。

 みたことがない人だ。

 尼崎十間交差点で後ろについたが、後ろから今度はターミネーターさんが近づいてきた。

 しばらく会わなかったので、元気に走っていることを確認してうれしくなる。

 002


そのまま、3列で道路を連なって走る。

 ぼくはぴったりそのロードマンの後ろについたが、追いぬくことはしなかった。

 彼は走りっぷりでは、まだ数年に経験に見える。

 ビンディングペダルのハメ方がぎこちない。

 そのうち神崎橋で左折していった。

あとは、歌島橋交差点をいっきにクリアすること。

 運よく信号に引っかからず前に進んだ。

 淀川大橋最終の信号で、なんと今度は、右からゆっちさんが走っていくではないか。

 信号の関係で、100mは距離が開いていた。

 なんとか合流しようとしたが、野田阪神交差点で、おそらく黄色信号で直進したのだろう。

 ぼくはすでに赤信号に変わってしまったので、おいつけなかった。

  そんなこんなで職場までの今日の走行時間は、48分06秒だった。

 仕事は、今日も忙しい。明日の会議のための資料つくりで集中する。

 なんとか昼休憩をはさんで、午後4時ごろほとんどの作業は終えることができた。

 ただその間に3時ごろややこしい電話で時間を取られた。

 今日はノー残業デー。

 5時の合図に、更衣室に向かう。

 帰り道では、野田阪神から、結構本格的に見えるロードマンが信号で前に出た。

 手も足もよく日焼けして、ユニホームの決まっている。

 淀川大橋を登るときは、ぴっ004たり後ろについたが、その先からそのスピードに負けた。

 かなり離されて、もう会わないと思ったら、なんと稲川橋手前で、後ろから抜かしてきた。

「あれ?ずっと先を走っていたはずなのに」

 ちょっと頭が混乱する。抜かした覚えもない。

 要は、コンビニかなにかに立ち寄っていたのだろう。

 その後はさらに間を離されていった。

 一人走りになって、マイペースにもどる。

 ところで、今日は、コープ立花に立ち寄る必要性がある。キャベツと自家製パン用小麦などを買う。

 家に帰ると、3男が風呂とごはんを先に用意してくれているので助かる。

 さっそく夕食の準備に006かかる。

 一昨日買った豚ステーキが4つ残っているので、とんかつに挑戦。

 パン粉はないので、自家製パンのかけらを使う。

 あとは昨日失敗した生ハムを細く切って、キャベツと和えた。

 自家製ゴーヤを切って、冷凍グリンピースとなすびを混ぜて炒めた。

 後はきゅうりとわかめを酢で和えた1品を添えた。

 味噌汁は、残っていた別の豚肉と玉ねぎを具にした。トンカツで使った卵の残りをそこに入れた。

 まあこんなものか。

 用意ができたら、腹筋31回して、風呂に入る。

 きょうのプレミアムビールは、コップを昨日から冷凍庫に入れていたので、おもいっきり冷たい。この冷たさは今だからうまい!





2011年7月26日 (火)

今朝、走行時間自己記録に!

001_2
 今日からいよいよまた暑さが増すだろうと思って、水浴び用ボトルをまた用意した。

 できるだけ力を消耗しない走りを心がけたが、それなりにスピードは出ていたのか。

 最近よく見る一見男性かと思ったら若い女性だったというクロスバイクの人が今日も見た。どこまで行くのか知らない。

 いつも途中で追いぬいていくので、どこで曲がったりいているのか知らない。

 せっかくだから野田阪神手前で水浴び用ボトルを取り出し、首の後ろにかける。

 夏だけの対策だが、走りだすとこれほど気持ちのいいことはない。

 しかし今日はよく考えてみると主要な交差点はすべて、止まらずクリアし、最後のなにわ筋横断もタイミングよくクリアし、職場について、ジョグラガーをストップさせて計測を見てびっくり。

 44分06秒!!!

 信じがたい数字だ。

 平均時速も信号停止を入れて20.8kmになっている。

 それほどスピードを出した覚えはない。

 まあしかしいいタイムだ。

 そのノリでか、始業のチャイム、ミーティングの後、今日の課題と考えていた金曜日の会議の報告を作ることに専念する。

 そうすると普通5時間ぐらいかかるのだが、昼を前にして完了した。

 ちょっと充実感を感じてしまった。

 午後からは会議で5時ちょうどまであった。

003 帰りはやや涼しい。空は曇っている。

 はじめは追い風、途中から向かい風になり、今日もペダルの回転だけで力をいれず、30km走行で、尼崎の商店街を過ぎていく。

 今日は、コープ立花には寄らず、直接家に直行した。

 3男が風呂とごはんを用意してくれていたので助かる。

 彼がイタリアから持って帰ってきた肉の固まりを今日は夕食の主役にしようと塊を切って焼いた。

 ところが彼がリビングにやってきて「これ生ハムやねん」と言われて、後のまつり。

004


 しっかり塩辛い塊になってしまった。

 もういちどお湯で煮込んでみた。まあ食べれないことはない。

 煮込んで残った汁は明日ラーメンのスープにできる。

 ただプレミアムビールとこの塩辛い豚のハムはよくあう。

 満足!満足!

2011年7月25日 (月)

ツールド・フランスも終わる

002


昨日の夜は、ツールド・フランスの最終日、パリまでのルートは、最終日にふさわしい。

 しかしその前日は、最後までタイムトライアルを見ていなかったが、昨日見るとエバンスがマイヨジュンヌを着ていたからびっくりした。

 

てっきりアンディー・シュレクが昨日もマイヨ・ジュンヌを着ているものと思っていた。

 ただフランク・シュレクと兄弟で2位、3位を占めたこともすばらしい。

 オーストラリア選手が総合優勝を手にしたのは、はじめてらしいが、オーストラリアの選手の活躍は近年めざましい。

 そんなこんなで昨日は12時半まで起きていたが、翌日は週初めなので、けじめをつけた。

 コンタドールもなぜか気になっていたが、やはり彼も人間だ。ジロ・デ・イタリアの疲れが尾を引いたらしい。

 ただ最後までへこたれず、全力を尽くしている姿はえらい。

 さて今日は朝起きるのが、ちょっと辛かったが、なんとか6時半には起き上がり、出勤の支度をした。

 003

 今日はトレックで行ったが、昨日買ったビアンキ製のリアライトをつけていった。ちょっとうれしい。

 しかし今日は日差しは強くはないが、蒸し暑い。ちょっと閉口した。

 それに月曜日はところどころで車の渋滞がおこり、あおりでスピードを落とさざるを得ない。

 それでも職場には8時45分ごろ着いた。

 仕事は、午後から京橋での会議のため、朝からもタイムリミットがあり、いそがしい。

 それにしても移動の間も、職場に帰る途中も異常に暑く感じる。

 

 夕方は、終了のチャイムを待ち、比較的早く帰る支度をした。

 

 今日は給料日なので、M銀行ATMに向かう。着くと行員が盛んに宝くじを宣伝をしていた。

 自分的には気に入らない。

 しかしその用事を済ませ、家に向かう。

 走っている見ると風の冷気が気持ちがいい。なぜか帰りにボトルに入れた自販機の「オレンジティー」が疲れに効く。

  だんだん元気が回復してきた。

005 向い風の中、30kmキープで走った。

 

 家には今日はめずらしく妻が帰っているはずだ。

 ちょっと気持ち的に楽になり、まずコープのリカーショップに行き、ビールとワインを買った。

 そのあと、なぜか近所のナンバサイクルに寄り道し、とくに用事はなかったが、、油を売りに行った。

 ただ、ランドナーのフリーハブの整備の件を相談したが、ちょっとアドバイスをもらった。

 顔見知りの店があるという006のは、心強い。

 

 しばし、いろいろ雑談し、家に帰る。

 

 しかし、あと一週間でもう8月だ。

 関電は一般市民に節電を訴えているが、ぼくに言わせると、コマーシャルで冷蔵庫の開け閉めだめ、小姑のように助言してくると、まるで戦時中の「贅沢は敵だ」という標語を連想する。

 

 だいたい原発の電力供給率を50%近くまで高め、あたかもそれを止めれば大変ですよということを関節的に主張しているようだ。

 しかしもし若狭湾の原発が故障でもして、放射能が流出すると、琵琶湖があぶない。大阪、尼崎の水の供給までに影響する。

 この脱原発の抵抗勢力たちへの告発を日本国中から起こすべきだ。今や日本に原発は必要ないし、地震メッカの国にはふさわしくない。






2011年7月24日 (日)

昨日、今日と出ずっぱりだが、有意義な日々

001
 昨日はNさんを偲ぶ会があり、今日は原発の学習会がある。

 しかしそれも昼からなので、朝はゆっくりすることにした。

 なぜか今日に限って朝8時まで寝ていた。

 ちょっと涼しいせいかもしれない。

 家の用事は、多々あるが、妻が仕事を済ませて、散歩に行こうとさそうので、すでに9時半だったが、出かけることにした。

玄関の壁になんとセミが片手を穴にひっかけたまま寿命を終えていた。

 とにかく地中に6年ほど暮らして、地上に出てきたと思ったら、2週間ほど鳴いて死んでいくのだから切ない。

 今やセミの声はなざかりだが、近くの大きな公園に行くと、いっそうその声が集団で鳴いていた。

 002


小さな子供と若いお父さんがセミを網で取っていた。

 これが平和のいうのかなとふと思ってしまった。たわいのない光景だが、今どこで不幸が襲ってくるかわからない。

 ただこの公園(大井戸)ももうちょっと管理をしっかりしてほしいなと思うところが多々ある。

 

005



人口の川が流れているんだが、その流れのもとの水槽は、藻がたまったままだ。

 妻は定年後「そんな仕事させてもらったら、やるのにな」とつぶやく。

 ただ市にまかせておくだけじゃなく、今やどんなことでも地域の住民から行動をおこすことが、重要なことなのかなと、宮城のボランティアに行って学んだ。

 あとスーパーに行って買い物。いろんな商品をゆっくり見るのも気が休まることを知った。

 006


 街を散策するとところどころ残っている田んぼがとてもいとおしく思える。

 なんとか残してほしい。かってな願いだが、そう思う。

 まあ小一時間散歩するということも、たわいのないことかもしれないが、貴重な時間を過ごせた。

 家に帰るとすでに11時前だった。

 あと1時間は余裕があるので、地下収納庫に入って、キーボードに向かう。

 今練習に取り組んでいるのは、松任谷由美「春よ来い」、ビートルズ「レット・イット・ビー」

 ピアノに向かってしまうと何時間でもいれるので、適当に終わる。

 昼食を食べ、しばし時間を待ち、いよいよ出かける準備にかかる。

 あまり暑さは感じない。

 今日はなぜかビアンキに乗っていくことにした。

 走るうちにやっぱり暑さは増してくる。

 ビアンキに乗車すると、なぜかハンドルの感覚が完全に違う。ちょっとバランスをくずしそうになった。

 しかし走っているうちにこの前変えたマビックのホイールが心地いい。

 
 

 1時間弱で職場に着く。今日は着替える場所がないので、上着だけを駐車場で着替えた。

010
 2時から始まった講演会は「核のない未来へ、原発抜きの日本はいかにして可能か」という表題で共産党の衆議院議員、吉井英勝さんが講演した。

 今やネットでも時の人になっている。

 なにせ2004年からじっと国会で、原発の欠陥を指摘してきて、その指摘どおりに今回の大震災で福島原発が甚大な被害をおこした。

 今日の話も専門用語もあったが、話の筋は当を得ていた。

 原爆と原発の普及はしっかりつながっていたという。アメリカは原爆、水爆の資金を生み出すために世界に原発を売りまくったという。初めて聞く話だが、よく考えると理解できる。

 

 また原子力の平和利用の研究がはじまる前に原発が先行し、まず潜水艦に使われ、検証もないまま、日本に発電所に強引に売り込んだ。

 戦争で負けた国は悲しい。原爆で人体実験され、その調査までされたうえ、原発という未開発の道具をさらに売り込まれた。

 それに乗ってしまった日本の当時の政府、官僚、マスコミは結果的には犯罪に手をそめたようなものだ。

 そんなことは福島原発事故がおこるまでまったくわからなかった政治構造だが、今や知ってしまった以上、その体質を克服することが、今日本人も使命かもしれない。

  しかし今の事実を隠ぺいし、さらに原発を推進しようとする勢力が力を持っているという。

 しかし国民すべてにとって世界から見てもその国の品格が問われる時期だし、それを乗り越え、原発から脱却し、新しい電力による社会構造を構築できるなら、いい意味で注目されることになるかもしれない。

 2時間はあっという間にすぎた。ひさしびりにいい話を聞いた。吉井さんもそのまじえな正確がにじみ出ている。

 何人かの質問にもよどみなく、あいまいさもなく答えていたのが、さすがだなと思った。

012
さわやかな気分で家路を走る。

帰りに途中、ホームセンターへ、それからサンワサイクルに寄った。

 なにせ魔法瓶ボトルが漏れるし、トレック用のリアライトが点灯しないし、一気に今日買うことにした。

 サンワサイクルの若手整備士さんに今度ボトルブラケットの取り換えに挑戦してもらう約束をした。

 「満足、満足」

 家に帰って、夕食は妻と二人分だけでいいということなので、今日買った豚肉ステーキをベースにおかずを作ることにした。

013
 ちょっと食べた途中で撮影してしまったので、きれいではないが、もやしとピーマンとなすびを肉を焼いたフライパンで炒め、残っていたカレーを水で少し薄め、豆腐を入れた。

 

 これは新しい試みだ。

 あとは朝に食べるはずの玉ねぎの生にかつおぶしをまずした皿を加えた。

 プレミアムビールとそのグラスを冷凍庫で休息で冷やし、飲む。

 これがうまい。何とも言えない。350ml2缶飲んでしまった。

2011年7月23日 (土)

先輩の偲ぶ会に参加 その前に銭湯へ

013


今日は夕方5時から同じ職場ですでに10年前に職場を退職し闘病生活の末、今年亡くなられたNさんの偲ぶ会がある。

 夕方までは、自由だが、夕食ユは作っておこうと思って、朝からコープに買い物に行った。

 朝おなじコープの配達で10時半ごろやってくるので、慌てていった。

 今日は結構空気が涼しい。

 夕食メニューはカレーだ。

 家に帰ってくると間一髪、直後に配達にコープの職員がやってきた。

 そんなこんなで昼食もそのカレーを食べ、しばしまどろんだ。

 偲ぶ会は、午後5時からなんばであるが、その前にできればスーパー銭湯に行くか、と考え、センタープール前の蓬莱湯にいくために、尼崎市バスの時刻表と路線をネットで調べた。

 午後3時21分の便がある。

 ただバスは日頃あまり慣れていないので、なぜか苦手意識がある。

 しかし時刻表どおりにもよりのバス停で待つ。

 ちょっと早く行きすぎて15分ほど待つことになってしまったが、その間「リアル英語」の問題に挑戦していた。

 時刻どおり30系統のバスは来た。

 016_2


ちょうどいい時間に風呂を楽しみ、阪神電車に乗り、なんばに着いた。

  Nさんの偲ぶ会はゆかりの人がたくさん出席されていた。

 志半ばで亡くなられたが、たくさんの貴重な活動が次々話された。

 苑が終ると、すでに外は夜だった。

 土曜日のなんばは、喧騒に中いあった。

 自分の人生も考えさせられる集まりだった。

2011年7月22日 (金)

会議3連発! 頭はふらふら

001


一日の休みを終えて、今日は金曜日。

 行く前から会議が午前、午後あることは分かっているので、ちょっと気が重い。

 そのまま朝の通勤に入る。

 今日はジョグラガーのアプリを設定し忘れた。 

 ただその分何も気にせず走る。

 野田阪神からの直線は、かなり手前で青信号に変わってしまたっが、あとはぶっちぎりで前に出た。

 しかしこの辺002にとまるダンプは本当にあぶない。

 今日はいきなり駐車状態から指示器は出したが、ぼくの信号の前を進入しようとした。

 おもわず加速して逃げたが、あぶない。あぶない。警察は何をしているのだ。

 まあいつもどおり8時45分ぐらいには職場についた。

 しかし自分のデスクに腰を下ろすなり忙しいことがわかる。

 ただ、自分の予定表を見て驚いたが、夜もOM]9条の会世話人会もある。

 つまり3連発ということになる。

 3つとも内容が違うが、夕方までの2つはどちらも議長ということで、いっぱいっぱいという感じだ。

 しかしなんとか時間が過ぎていく。

 昨日休んで003いたことは結果的にはよかった。

 夕方の会議の前に、同席するYくんと地下鉄と自転車別々に移動して堺筋本町駅で待ち合わせた。

 というのはその地下街に食堂がたくさんあるので、食事をするためだ。

 ほどなく出会い、食事をし、会議に参加する。

 

6時半からはじまり8時に終わった。

 ようやく帰りの道路に出る。

 なぜかマウンテンの一度抜いたらムキになったおじさんに抜かれ、野田阪神でもカジュアルルックのロードバイク青年に抜かれた。

 ただぼくはあくまでも通勤の帰りで安全に徹し、その動きにはのらない。

 005


 それで今日も無事家に着いた。

 今、ツールド・フランスを見ながらこのブログをうっている。

 今や、アンディー・シュレックかオグレイルかエバンスの総合優勝争いになっているようだ。

 コンタドールは、いくら抜きんでているといっても、今回はやはりジロ・デ・イタリアの疲れが抜けていないらしい。

 

今年も終盤、おもしろくなってきた。





2011年7月21日 (木)

休暇はあくまでの体を休めるために

002


 今日は代休を取ったが、休みでしかできない用事と言えば、2,3日前に故障したサイホン式コーヒーメーカーの本体を宅配で新潟のメーカーに送る手はずをすることぐらいだ。

 その会社はツインサーバー工業という。

 まあ2年で故障したが、空焚きなどが原因と予想すると、しかたがないかもしれない。

 ただ買換えても1万円だから結構安い。

 梱包して、コンビニに持っていって家に帰ると抜け殻のようになってしまった。

 まだ朝10時だというのにどうしよう。

007


 それで庭に出て、ロードバイク2台を洗車することにした。

 するといろんな部品の整備もついでにすることになる。

 しかしなぜかこの瞬間が妙に落ち着く。

 実はとなりの土地がいままで広い駐車場だったが、今日から大和ハウスの集合住宅建築工事がはじまり、やたらボーリングの音がうるさい。

004
 2台のロードバイクを比べてみると、いまさらながら最初のビアンキの色と形はまさっているような気がする。

 というか10年乗り続けてきたバイクというひいき目なのかもしれないが、どうみてもいい。

 2台ともこれからにそなえて、ボトルケースを2つつけた。

 なんといっても水浴びは、ぼくにとって必修だ。

 洗車を終えて、リアル英語に挑戦。

 レベル3は手ごわい。005英語を聞いて日本語5択の中から5秒内で答えを選ぶというゲーム的訓練だが、65点になかなか到達できない。

 そのうち昼になった。

 一気に六甲ヒルクライム、またはスーパー銭湯ということも考えたが、なぜか止めた。

 そのうちソファーで居眠ってしまった。

 それで目が覚め、やることを思い出した。

8月に介護施設に演奏に行くので、みんなでうたう曲の楽譜を整理し、冊子にする必要がある。

 それは簡単にできた。ただ10曲以上あるので、その場でピアノに向かい、練習にかかる。

 今日はとなりの工事で大きな音を出してもだいじょうぶだ。

 だいたいいきおいで2時間弾いていた。

 まあ休みを満喫するということはこういうことかもだ。

 夕方になるのは早い。

 今日は「土用の丑」とテレビでも盛んにいっているので、ちょっとまどわされて、夕食はウナギ丼とおまけにざるそばということにした。

 010
 
 しかし今日に限って、コープでも棚ごとうなぎ特集という感じだったが、値段がいつもより上がっているは「なんでだろう?」だ。

1匹1680円から1900円もする。

 1匹で2人分しかとれない。

 今日は3人なので、別の一皿800円のものを3つ買った。

 

 それにしてもとなりの工事の音がうるさい一日だった。

 

 

 



2011年7月20日 (水)

台風一過 ひさしぶりの青空

001
 考えてみるとひさびさの自転車通勤だ。

 

 先週金曜日から走っていない。

 それにしても、朝タイヤに空気アップ調整したせいで、転がりがいい。

 2号線で玉江橋を過ぎて直進していると、ずっと前に水色メッセンジャーバッグを背負っているバイカーが見えてきた。

 サッシーだ。

 この2週間ほど会っていなかった。

 なんとか追いつくかと先を急ぐ。

 彼も今日は少しゆっくり走っていたらしく、歌島橋交差点付近で、なんとか追いついた。

 ゆっちさんの最近のブログで彼にあったらしいことが書いてあったが、彼に聞いてみるとやっぱり偶然京都で会ったらしい。

 ゆっちさんは祇園祭りに、サッシーは京都の山に友達と2人でツーリングしていて会ったらしい。

 それにしても2人は感心する。 僕自身はその9日は、会議でエアコンの効く部屋にいた。

 阪神尼崎までは家からマウンテンで走ったが、モードがちがう。それでも暑かった。

 それを5時間以上と思われるが、炎天下をロードバイクで走っていたのだから、大したものだ。

 ぼくもかつて、8月の初めに淡路島を半周だったか、走っていた記憶があるが、とても

暑くてつらかったのを覚えている。

 ただ、よその家の水道を借りて頭から水をかぶったときの爽快感は頭にやきついている。

 そんな情報交換で淀川大橋を越え、野田阪神で彼と別れた。

 ただ、今日は足が調子いい。船津橋までは独断上のぶっちぎりだ。

 そんなに疲れることのなく職場に着いた。

 走行時間は47分56秒。

「よし、よし・・・」と自己満足に浸る。

 そんなノリで仕事も課題だったあさっての会議のレジュメと資料を1日かけてやりあげるはずだったが、大枠は午前中に終わってしまった。

 ただ明日は休暇を取ったので、いきなり次はあさっての朝の会議直前になる。

 ちょっとプレッシャーが多いので、午後も念入りに資料を作る。

 ところで昼休憩では、喫茶キャビンでリアル英語問題の挑戦と、スティーブ・ジャブスのことを書いた本にのめりこんでいるがおもしろい。

 彼が成功した根本的エネルギーは何かというと、やっていることがおもしろくて仕方がないということにつきるらしい。

 やっぱり人間は好きなことに打ち込むことが無理がなく、いいのだろう。

 ぼくはパソコンの仕事はきらいではないし、文書作成はすきなほうだ。これでかなり得をしているかもしれない。家に帰っても1時間はブログに向かえるのもそのせいかもしれない。

 夕方は基本的にノー残業デーなので、早く帰ろうと思ったが、なにせ明日休むので、やや心残りがあり、5時半までは帰れなかった。

002 帰りは、太陽がななめ前からまともだ。

 思わずサングラスをはずした。

 それにしても空はどんどん晴れ渡り、きれいな雲が浮かび上がってきた。

 まさに台風一過の天気ということだろう。

 昨日は、電車通勤してえらい目に朝あったが、やはり自分は自転車が性に合っている。

 だからゆっくり帰ろうとは最初004思って走っているが、ついつい加速してしまうので、ときにはハアハアいいながら走ってしまう、というのは冗談だが、ちょっと自分の歳を忘れてしまっている。

 ときどきビルの硝子に写る自分のスマートさを見て満足したりいているからナルシストか。

 しかし尼崎繁華街付近は、車が渋滞している。

 そのせいでスポーツカーに追い抜かれることもなかった。

 ところで今日の夕食は朝就業時間前に机でIPHONEの「3分クッキング」を見て、「これ」と目当てをつけていたので、コープ立花に行っても、IPHONEを見ながら、野菜などをカゴに入れていた。

 メニューは「なすとピーマンのみそ炒め」

 これはそんなに難しくない。005

 ただ3分ではできるわけがないが。

 唐辛子とニンニクとしゅうがをこまかく切って入れるのがなかなかいい。

 皿に盛りつけると、それなりに今風レストランのようになった。

 というのは言いすぎか。

 コープで買った198円のプレミアムビールがうまい!

006_2


 




2011年7月19日 (火)

台風6号ただ今接近中

001


 今日の朝から雨と風が目立つ。

 大事をとって通勤は電車を使うことにした。

 ところが、JR海老江から地下鉄に乗り換えて、プラットフォームに降りると、乗客が連なっている。

 しばし待っていると「ただ今申しわけありませんが、○○故障のため6分遅れになっております」

 しばらくすると「10遅れとなっております。しばらくお待ちください」

その後は「ただいま阿波座駅で車両故障のため全線運転停止しております」

 ???「なんやねん」

  気楽な気持ちが一転、遅刻するしかないと、緊張が走った。

 まだたくさんプラットホームで待機している人が圧倒的に多いが、条件反射的に地下鉄から払い戻しも断って、すぐ阪神電車の駅に移動した。

 そのあとすぐ復旧したかもしれないが、ベターな方をとった。

 結局延着証明もまらえず、9時10分に職場に着いた。

 だいたいたまに電車で通勤するときに限って、こういうハプニングが多い。

 ただニュースにもならないぐらいだから、現場にいた乗客は損なくじを引いただけという感じだ。

 ちょっと週明けから気持ちが転ぶが、なんとか気をとりなおして、仕事に入る。

 台風のために電車で来たが、なんと遅い進み方だろう。

 時速20kmというから、自転車の速度だ。

 結局大阪に接近するのは、明日の朝になりそうだ。

 やはり災害は来ないにこしたことはない。

それからある人は言っていたが、この台風で、東北いったいに散った放射能の分子がもっと日本全体に散らばることがないか、ちょっとそんなことも心配だ。

 002

 帰りもやや風が強い中、地下鉄に乗り、JRに乗り換え家に向かった。

 もちろんコープ立花に寄ったが、今日は魚料理で決めることにした。

 さんま、大根、きゃべつなどをカゴに入れ、2階に上がり、パン用の北海道小麦を買う。ついでに3男用にカップヌードルを3つ買った。

 レジに向かうと、一番会話するおばさんだった。

「今日はやぱり自転車じゃないんですか」と言われ

「大事をとって電車にしました」

と返す。

003 家に帰ると今帰国中の3男がごはんを炊いていてくれたので、助かった。

 バタバタと食事の用意をする。

 今日は余裕で腹筋30回できる時間ができた。

 そのあとはいつものように風呂に入る。

「しあわせだなあ」

 そんな気分だ。

 ただ明日やってくる台風が心配だ。


2011年7月18日 (月)

台風接近 しかし雨で気温は下がるのは助かる


004_2連休2日目。

 夜中は異常に暑く、寝言で「暑い、暑い」といっていたらしい。

 朝目を覚ますと、外は雨が降っていた。

 それで昨日までの炎天状況は免れそうだ。

 やりたいことは多々あって、朝は家を用事を早く済まそうとがんばる。

 ところで、実はとなりがもともと駐車場だったのだが、突然先週から建築がはじまり、賃貸マンションができるらしく、その説明会が午後からある。

 休みの用事はあまりうれしくない。

 しかし内容をよく聞いておかないとこれからが問題なので、出席した。

 2時間費やした。

 001


 いつかは建物が立つと思っていたが、それは急にやってきた。

 Dハウスが請け負うらしい。

 まあ、自分のいる住宅地域もみんなとなりが隣接しているので、ある程度共存を受け入れないといけない。

 説明会が終わって、すでに4時をだいぶ過ぎていた。

 

 家に帰って、読書に入る。

 今日から読んでいるの008

は、「スティーブ・ジョブスの脅威のイノベーション」。

地下収納庫に降りて、読書にしそしむ。

 まだ前半途中だが、スティーブ・ジョブスの偉大さが書かれている。夜も予定があって、8時からわが「鵜おやじーず」で8月7日ディサービスの施設での演奏と歌う会の練習をする。

 おやじーずはあうんの呼吸で練習するので、気を使うことはまったくない。

 夜でテレビで水谷 豊の探偵左門時がおもしろい。

 ちょっと明日接近するらしい台風が心配だが、とりあえず今日は涼しい夜になりそうだ。

 




2011年7月17日 (日)

この暑さをなんとか家で乗り切る

 003_2
 正真正銘の休みがやってきた。

 しかしこの暑さはきつい。

 朝は家に用事に明け暮れる。

 実際熱帯魚の寿命が心配になってきたというかエンジェルフィッシュの1匹の動きが悪いのだが、心配で水槽の水を入れ替え、活性炭も入れ替えた。

 それに最近帰ってきた3男の部屋に残していた布団のやぶれを縫い直した。

 したいことは多々あるのだが、とにかく食事をして、午後からの時間を考えた。

 しかしテレビを見ながら30分居眠りに。

 そのあとだいぶ暑くなってきたが、ベランダに出て、読書にいそしむ。

 集中して読むと「ピアノ弾き即興人生」山下洋は、おもしろい。

008





 とくに山下さんもパソコンを持ち歩いてて、文書と楽譜をそれで書いているという。

 案外普通の人だと思った。

 暑さは、徐々に変化するが、なんとか3時間読みふけって最後まで読み終えた。

 午後5時、妻はすでにさっき帰ってきていたが、夕食は、「ベランダでバーベキューするで」と自分が宣言していたので、その準備は自分がする。

 さっそくコープ立花に食材を調達しにいった。

 しかし途中の道路は昼の熱が残っているためか、結構蒸し暑い。

 久しぶりのバ-ベキューのため、食材の迷う。

 牛肉はいまや放射能の心配をしないといけない。

 気にせず半額の肉を買う。

 ホルモンを買う。魚の実を買う。

 コープでは暑いためかさすがに客は少ない。

 家に帰って、ベランダでバーベキューの準備のため、その容器を収納庫から取り出す。

 それから風呂に先には入り、出てきてから、炭をおこす。

 今や優れもので、カセットコンロ用カセットを接続するとバーナーになる道具があり、それを取り付けると強力な火が出る。010

 炭は備長炭で、火をおこすのに時間がかかるが、煙を出すわけにはいかないので、この優れもので火をおこす。

 この炭の燃える匂いを感じていると、以前よく家族でキャンプをしていたときを思い出す。

 子供たちは20代を遠にすぎたが、子供時代のことをはっきり覚えている。

 時の流れというものは、走馬灯のようだが、これからも人生まだまだやることはあるかもしれない。

 また家族でキャンプにいってもいいかなという気がしてきた。

2011年7月16日 (土)

ただひたすら蓬莱湯を楽しみにして出勤した

003 


今日も出勤が必要な土曜日だが、仕事は午後からの理事会出席のみ。

 

 出かけるためにはついでに楽しみが必要だ。

 土曜日の定番になっているが、阪神「センタープール前」近くの蓬莱湯に入ること。

 それでいつもなら、平日と同じように自転車通勤で職場までいくのだが、なにせ家を出るのは午後12時でいいので、そのまま自転車で行くにはあまりにも温度が高すぎる。

 

 なにも苦行する必要はない。

 朝出勤とは道路温度がぜんぜん違う。

 それで、妥協策として、家から阪神「尼崎」駅まで自家製マウンテンで行った。

 こうすると、帰りに蓬莱湯に立ち寄るとしても、そのあとバスの時間など気にせず、そのまま自転車で帰れる。

 

 行きの移動では、道意線を南下して、2号線を過ぎて次の筋を左折して、阪神尼崎をめざしたが、2号線を南下したルートは本当に下町の雰囲気だ。

 ごちゃごちゃした通りに、大衆演劇の小屋もあり、実は昔の女郎屋に近い地域まである。

 

 入れ墨の男が歩いていても似合いそうな街だ。

 

 阪神尼崎について、有料自転車駐輪場に自転車を預け(150円)、電車に乗る。

 阪神なんば線ができてからこのコースが便利になった。

 電車の中では、ひたすらIPHONEでシャーロックホームズの冒険動画を見る。 

 英語のリスニングの訓練なのだが、電車の中ではアナウンスもあり、ちょっと聞き取りにくい。

 あっという間になんばに着いた。

 

 職場についてからはバタバタと時間は過ぎていき、4時45分ごろ会議は終わった。

 

 ただ、今日は妻が家にいるので夕食の支度の心配はいらない。

 

 すぐ着替え、職場を出て、阪神電車にまたがる。

 

 5時20分ごろ阪神尼崎に着く。

 

 駅を出て駐輪場へ。

 約2駅を自転車で移動する。途中女郎屋のような通りを隔日に見た。中に髪をとく若い女性が座っていた。

 不思議な街だ。

 ほどなく蓬莱湯駐輪場へ。

 400円払えば、実際の温泉に浸かることができる。番台はよく合うがおばあさんだった。

 この時間客は少ない。御年寄りが多い。地元の人だろう。

 400円でいつも本物の温泉を利用できるのは幸せと感じる。

 001
 風呂から上がり外の風をうけると気持ちいい。

 時間を気にせず、そっとマイマウンテンバイクにまたがる。

 藻川ぞいを北にすすみ、家をめざす。

 今日は夜も流れ星少年団父母会がある。

 来月27日には大井戸公園で野外映画会をする。

 その打ち合わせだ。

 しかし、事務的な会議とは程遠い、冗談や、よけいな会話が花が咲く。

 しかしその無駄に見える時間がいいのだろう。

 地域に仲間がいるというのも恵まれていると言えるかもしれない。地域情報に花が咲く。

 午後9時半ごろようやく今日もすべての日程を終えた。

 明日から2日は連休だ。

 ひさびさに予定のない2日だ。

2011年7月15日 (金)

週末はやはりうれしい

002  今日も暑いのを覚悟で家を出る。

 もちろん2本目のボトルはしっかり持ってきた。

 一昨日ためしてガッテンで熱中症の特集をしていたが、体を冷やすのに効果的な部位は、首筋と脇の下と股の間といっていた。

 それで、何度か首筋だけにボトルの水を何度かかけた。

 やっぱり言っていたように効果ありだ。

 前半は殻だと足がだるかったが、走るうちに調子がよくなってくるからどうしたことだろう。

 今日はサッシーにもターミネーターにも会わない。

 走行時間は49分53秒だった。

 明日は仕事があるとはいえ、やはり金曜日は週末という意識が気を楽にする。

 明日の会議のための資料作りは、午前中にやり終えた。

 昼休み、今IPHONEのリアル英会話にはまっている。レベル2をなんとか終了した。

 午後からは、かなり室内でエアコンが入っていても暑さを感じる。004

 夕方は刻々と過ぎていき、帰りの支度に。

 西からの日差しは、45度ぐらいに正面から照りつけるので、前が見えにくい。

 残っている水を首筋にかける。

  自転車通勤も智恵比べだ。

 そのままコープ立花に向かう。

 2階では、いつもレジにいるおばさんが仕事を終えて、買い物をしていた。

 従業員どおし冗談をいいあっているのが面白い。005

  食材は金曜日定番カレーを作るための牛肉580円の半額シール3皿買った。

 ついでに枝豆とトマトを買う。

 カレーは粛々とできた。

 それでも腹筋を30回して、風呂に入ると、出てきたら8時前になってしまった。

 3男と2人で食事にする。

 彼はイタリアで毎日パスタばかりしか食べていなかったらしい。

 せめて帰ってきたときはしっかりいろんな料理を食べてもらおう。

 すべての窓は網戸で風通し全開の中で、暑いカレーを食べるのもいい。

2011年7月14日 (木)

ターミネーターさんと再会!

002  今日も相変わらず、暑い朝だった。

 走るしかない。かぜが強いほど体温をうばってくれる。

 しかし信号待ちで止まると、その分体温が上がる。

 2号線のどこだったか、信号待ちしていると右から黄色いジャージのがっちりロードライダーが入ってきた。

 どうも過去の記憶のある人だ。

 なんと以前マウンテンで猛烈にペダルを踏むのが印象的なターミネーターさんではないか。

 2.3日前にもそれらしい人に抜いていかれたのだが、まちがいない。

 逆に今日は尼崎を出るあたりで抜いた。

 その後追いついてきて言葉を交わす。

 彼によると昨年中旬 膝を痛めて、自転車を止めていたという。だから最近復活したらしい。

 しかもありがたいことだが、ずっとぼくのブログを見ていたらしく、3月にトレックに乗り換えたので、そのトレックバイクを探していたという。

 そのうちその間に割って入った人がいて、なんと古い外装自転車にのって、ついてきたらしく、神崎橋北詰で「やっぱりロードバイクにはおいつけませんわ」と言って、後ろを走っていた。が前にロードに乗っていたらしい。

 いろんな人がいるものだ。

 とにかくターミネーターさんは今だ走る続けていることを知ってうれしい。

 今日はジョグロガーが正確に計測したらしく49分11秒の走行時間だった。まあ普通か?

 仕事は午後から会議。午前もその資料つくりでいそがしい。間に突発的依頼をうけたりする。

 昼休み、いつものように夕張屋でめしをいただき、喫茶キャビンにいくが、今日は近隣の神社のまつりで、行列を見た。

 今コーヒタイム前半にIPHONEで「リアル英会話」をいじっている。まあ英語を聞いて五択の中でただしい日本語を5秒の間にタッチスルーして回答する。

 何回も聞いているとたしかに覚えていく。しかもゲーム感覚だ。

 あとは、山下洋輔の本を読む。

 昼休憩をしっかり取ると、午後の仕事に1時のチャームとともに集中して仕事に迎える。

 会議は順調に終え、そのあとも印刷関係業者と1件の案件を決済する。

 夕方はま001わりの様子をみて、5時半ごろ帰る支度にかかる。

 今日は今週の夕食つくりにちょっと疲れてきて、楽をすることを考えた。

 帰りの走行ではなぜか、車の渋滞がいつもより多い。

 しかし車で通勤している人に対してかわいそうだと思ってしまう。

 だって、運動もなく、歩きも省略し、それを習慣化すると確実足は弱るはずだ。

 かぎりなく自然をダイレクトに受け、自分の体を使い、移動するということほどすばらしいことはない。

 たかが通勤、されど自転車通勤だ。

 夕食はいっそ握りずし4食分パックにした。

004  ただこれだけだと味気がないので、「そばだ!」と直感し、信州そば乾燥商品を買った。

 寿司は、ただ買った状態の容器で食べるのは味気ない。

 4人分を1皿に盛りつけた。

 そばも竹のざる風皿にのせた。

 ちょっとリッチな気分になる。

 今日の準備ができて、腹筋30回し、風呂に入って汗を落とす。

 

 2男、3男と自分。原発問題に会話が進む。年金問題に話が向かう。

 「いや年金は君たちがもらうことにはきっと大丈夫だ」と根拠のないことをいう。

 しかし高齢化社会というが、健康な60代、70代が増えれば、労働人口は増えるわけで、年金掛け金を払う人も増える。それに低年齢層が今後人口が増えれば鬼に金棒だ。

 生涯労働者を増やせばいい。医療費も削減される。

 それはきっと医学の進歩にかかっている。社会の健康意識とスポーツ人口の増大も関節的にそれにつながる。

 未来は決して暗いだけではない。

 エネルギーの改革もきっと劇的に進むだろう。

 問題は悪を見抜く国民一人ひとりの政治意識向上ができるかどうかと思っていると息子たちにも演説した。

 ながいものには巻かれろではダメだ。

 いまや好奇心と自分を向上させようという意識をたくさんの人が持てるかということだろう。

 そんなことを夕食の会話で気づいた。

2011年7月13日 (水)

暑さに耐える走行を模索しながら走る

001  昨日はやや涼しく快適だったが、今日は一転また暑い朝がやてきた。

 2本目のボトルの水をいっっぱい入れて、走りだした。

 体力の急激な低下だけを注意し、やや抑え気味に走った。

 今日は、いつもと違うローダーが追い抜いていった。加速すればおいつくスピードだが、ついてはいかず、マイペース30kmで走る。

 そのローダーは杭瀬手前で左折していったようだ。

 今日は、なぜか日陰のない交差点での停車のタイミングが多かった。

 とくに歌島橋交差点は最悪だ。あまりにも広いコンクリートの平地だ。

 この時とばかり首筋、腕にボトルの水をかける。

 走りだすとこのうえなく気持ちがいい。エアコンの風は比ではない。

 ただすぐ乾いて、その気持ちよさもほんの数分だ。

 しかしまた信号待ちでかける。その繰り返しだ。

 今日の走行時間はなんと48分。ゆっくり走ったはずなのだ。

 ただ走行距離が27.57kmとなっているから笑ってしまった。

 暑さでか、計測もくるっているようだ。

 しかも平均時速は信号停止を計算に入れて34.2km。ありえない。

 消費カロリーは、3519kcal.。本当なら倒れているはずだ。

 まあそんな狂いもあるだろう。

 仕事は、とくに会議もなく、明日の会議の準備などなど。

 今日はしかしノー残業デー。

 5時を過ぎて、すかさず帰りの準備に入る。

 帰りの水分補給のボトルを補給するのを忘れていた。途中高速道路下の酒屋の自販機でCCレモンを入れた。

003 風向きはやや向かい風ぎみ。

 淀川大橋を越え、尼崎に入って少し油断していたら、右から自転車の タイヤが見えてきて追い抜かれた。

 なんと2回ほど見たことのあるクロスバイクの女性だ。

 トレックで負けるわけにはいかない。

 すぐ追い抜いた。

 ちらっと見たが、普段着風に見える。しかしかなり早いのだ。

ちょっとびびった。

 しかし稲川橋で左折していくようで、その先は後ろにいない。 

 ところで昨日大きな虹が僕が帰っている最中か、帰った直後で東の空に出たらしい。

 感動的だったと見た人はいう。

 しかし残念ながら西に向かって帰るので、見える方向と逆だった。

 まあしかし今日の熱中症にもならず、そのまま家まで帰ることができた。

 コープ立花にも寄ったので、家には6時半に到着した。

 3男は、家にいたが、まだ時差ボケが抜けないようだ。

 夕食メニューは、簡素にしたつもりだが、結構時間を費やした。

 004 ブリの照り焼きのキャベツ千切りとダイコンおろし、後シシャモ一皿だ。枝豆豆腐も買ってきた。

 食卓はひさしぶりの4人での食事。

 やっぱりにぎやかな方がいい。

2011年7月12日 (火)

やや曇り空は体によい

005  昨日は本当に朝に通勤のあと気分が悪くなった。48分で職場についたが、ちょっと負荷がかかっていたようだ。

 それで今日はできるだけ力を出し切らないように心掛ける。

 信号での停止でも、日陰がなければ、無理やり歩道に移動して、日陰で待機した。

 そのおかげで、けっこう楽に走ることができた。

 それに空が曇ってきたことも幸いした。

ただ、走行時間は52分を過ぎていた。

 まあしかし明日からの走行での手ごたえを感じた。

 腹筋をすでに6か月ぐらい続けているが、これはペダルの回転にいい影響をあたえているように思う。

 ところで今日は、イタリアから3男が帰ってくることになっている。

 それで家をカギをある場所に隠しておくということを言い伝えていた。

 職場について昼休憩で、ただちに家に着いているか、携帯から家の固定電話に電話をかけた。

 しかし反応がない。飛行機の遅れでまだ帰っていないのか?

 ちょっと不安になりつつ、5時すぎて電話。それでも返事がない。

 また不安なまま仕事を終えて、帰りの走行に入った。

 006 やや雨がぱらつく。

 しかし涼しくなっていい。

 やや加速しつつ家をめざす。

 家に着くが明かりがついていない。

「あれ、まだ帰っていないのかな」と思いつつ、玄関のドアを触ると、カギはかかっていない。

 帰っているらしい。

 一番奥の子どもの部屋に行くと、いた!いた!

かなりの時間の移動で疲れていて寝ていたらしい。

 まずは一安心だ。

 安心して食事の支度にかかる。

 ただ、冷蔵庫の状況を確認していなかったので、やや不安。

 しかし、なんとかコープで配送された小あじを油であげ、讃岐うどんをゆで、きゅうりとトマトでサラダを作り、かつおの燻製を切り、もりつける。007

  3男にとってはひさびさの日本料理もどきだろう。

 イタリアでは最近国民投票で圧倒的に脱原発が支持されたが、やはり福島後遺症が影響しているという。

 日本すべてに放射能の影響があるという印象を持っているだろう。

 そういう意味では3男も若干の不安があったと思う。

 該当の中にいると逆に緊張感は薄らいでいっているのかもしれない。

 外食産業では秘密裡に放射能の測定なしに、福島県内の野菜や肉が流れているといううわさがある。

 それは表示がないので、客は無防備だ。

 それに対する規制をなんとかしてほしい。

 とにかく家庭料理が一つの防衛策かもしれない。

 えらい時代になったものだ。

2011年7月11日 (月)

大震災からちょうど4か月、 原発の影響は終わりがわからない

001  朝もやはり暑い。

 今年初めて、2本目のボトルを装着。何のためかと言えば、水分補給というよりも、水浴び用だ。

 異常に暑さを感じたら、頭にそれをかける。

 そのまま走ると、この上なく幸せになる。

 ただそれはほんのい一瞬だ。

 歌島橋交差点をクリアーし、次の停止交差点でとまっていると、某自転車メーカー勤務の男性といっておこう、彼が通りすぎて、信号の前に出た。

 しかもいただけないのは、信号を無視して、前進したから、いただけない。

 そのままかなり差をつけられたが、彼はかなり意識して負荷をかけて走っているようだ。

 しかし2,3回話を交わしているのだから、接近したときに向こうから挨拶するのが礼儀だろう。

 最近コミュニケーションができないローダーが増えているのか。

 それに比べ、この路上で知り合いになったサッシー、イケッチ、ZUZIEくんは、正常だ。みんな気さくだし、お互いを尊重する意識がある。

 そんなことを思いながら、先を進んだが、船津橋北詰でついにその某氏をとらえた。

 彼はやはり負荷をかけすぎたらしくペースダウンしている。

 ぼくは反対に走るほど調子が上がってきた。 

 阿波座手前でとうとう彼を抜いた。42kmは出ていただろう。

 信号無視しても走っていくローダーにでも追いぬいてしまうのは我ながら満足だ。

 そんなこんなで職場についたが、48分4秒で着いてしまった。

 ただ、職場の階段を上がるとき、ちょっと熱中症的疲れを感じた。

 やばい!倒れたりしないでおくれ!

 と自分に言い聞かせ、事務所に入る。タオルを水に浸し、頭に付けた。

 ちょっと反省。競争はやめよう。

 なんとか正常に戻って仕事に入った。月曜日午前中は忙しい。

 午後からはペースを落として仕事をする。

 ただ重要なことも2、3ある。5時から来客あり。

 いよいよ帰りの走行に。

 ちょっと涼しさは出てきたが、まだ暑い。003

帰りは職場の自販機で入れた天然水ソーダーが効果あり。 

 炭酸がここちいい。

 向かい風でも31kmは出ていた。

 やはり帰りは気持ちが開放される。長い自分の影がついてくる。

 今日は、コープ立花に必ずいく。買うものも仕事中からメモしていた。

 とにかくイタリア留学中の3男が明日帰ってくるので、風呂のタオルを買い替えた。その他食材を買う。

 今日の夕食は妻が人間ドッグで神戸に1泊するので、2男と2人。ウナギ丼にした。

004 暑い夏はメニューに悩む。 

 しかし栄養を大切に考えていこう。

 それにしてもビールはますますうまい。

2011年7月10日 (日)

節電、省エネというけれど?

001  今関西電力管内でも節電15%が家庭電力でもお願いされているが、わが屋は、すでにエアコンののない生活をして久しく、庭の緑もますます豊富、何を今更という感じだ。

 今になって、そういったことが見直され、注目されていることにやはり3,11の大震災とそれに連動した福島原発の被害の影響の大きさを考えざるをえない。

 朝のNHKでは「サキとり」という番組で、省エネの実践家庭が紹介されていた。

 緑のカーテンも、自然を利用した省エネ住宅も、ずっと以前からおこなわれていて、今再認識されてきたということだ。

 ぼく自身は、通勤を自転車でしていることでそれを実践しているわけだが、ある意味時代をさきどりしているということも言える。

 さて今日は、用事といえば、8月後半に地域で開催する星空映画会の宣伝チラシを印刷しに、妻の所属するN市の職員会館に行った。

 移動はクルマだが、これもエアコンはできるだけさけたいので、窓を全開にして走った。

 やはり人口の冷えた空気はよくない。梅雨明けの野外の空気を味わいたい。

 暑くても気持ちいいのだ。恐らくそういった感じを敏感に感じている人は少ないだろう。

 一仕事して帰ってくると昼だった。一昨日作ったカレーを温め直し、食事した。

 あとはIPHONRをいじったり、メイルをみたりしながら、2時半をすぎていたが、余りの暑さに耐えきれず、別の日陰の部屋に避難というか、昼寝に入る。

 ちょうど3時半に目が覚めた。

 予定していたテレビの映画「君が躍る、夏」を妻と見ることに。

 高知よさこい祭りをテーマに東京へ出ていく青年(溝端淳平)が、誤解から5年間別れていた彼女とその小さな妹の小児がんを通して、5年ぶりのチーム作りと2人の関係の復活へつながっていくという物語。

 小児がんの少女は実話が元になっているらしい。

 とにかく人間関係がきれいだ。さいごまで暖かい流れで映画が進んでいく。すきなタイプの映画だ。

 歳のせいか、涙涙でみてしまった。

 いい映画を見た後は後味がいい。

 夕食にむけて妻と2人3脚で支度をした。

 メニューはそうめんと手巻き寿司。写真を撮り忘れた。

 ところで、この2日で新しい本を2冊買ってしまった。

 今読んでいるのは、「ピアノ弾き即興人生」。面白いのだが、人物のそれぞれを論評しているのだが、知らない人が多く、イメージできない。

 その後は「3.11その日を忘れない」「スティーブン・ショブス 驚異のイノベーション」が待っている。

 早く今の本を読んでしまおう。

2011年7月 9日 (土)

ようやく土曜日 午後の会議を終え、温泉へ

001  なんと昨日夜、妻が帰ってきて庭でまだ殻から出たばかりのセミを発見した。

 まだ羽が乾ききっていないので、家のベンジャメンの木に置いた。

 朝見るとかなり乾いていて、セミらしくなっていたが、そこに置いたまま家を出て行った。

 今日は朝は家でゆっくりしたわけだが、正午を合図にクルマで職場に向かった。

 というのは、職場にチャリティーコンサートで使った楽器を置いたままなので、今日クルマで持って帰ることにした。

 たしかに今日は梅雨開け宣言2日目で、真夏の装いだが、マイカー、プレーリーは、エアコンをかけず、助手席側、運転席側の両方の窓を全開した。

 すると以外と風002が気持ちいいし、室内は異常に暑くならないことを発見した。

 道路から見る空は、なぜか南の島を連想した。

 土曜日の湊町リバープレイス付近はなぜかにぎやかだ。若者が多い。

 職場について服を着替え、会議に臨む。ここから仕事ムードに頭が切り替わっている。

 約2時間で会議は終了。

 帰りの走行も窓を開けて走る。

 途中京セラドームの前を通るが、ユニクロができているのが目立つ。

 あと43号線に合流し一路阪神「センタープール前」近くに進路を替え、めざす蓬莱湯へ。

 土曜日の会議の後はかかさずここに来ている。それにしても4時26分ごろなんばを出て、なんと5時丁度に現地到着した。

 さいわい客が少なく、ゆったり湯船に浸かった。

004 クルマで来ることはめったにないが、これはこれでいいだろう。

 風呂から上がって、一路家に向かう。

 適当な疲れで、眠たくなってくる。家に帰るまでは居眠りはできない。

 ただここ近くに道意線があり、そのまま北向きにまっすぐ進むと家だ。

 家に帰って楽器を地下収納庫に仕舞い、食事の支度にかかる。

 家もすべての窓を全開にする。入ってくる風が気持ちいい。

 例のセミが扉の溝で羽をばたばたしていたので、外に出してあげた。これから彼の寿命は2週間程度だから一日一日が貴重だ。家に庭の下で眠っていたことはまちがいないのでいとおしくもある。

 005 夕食は、材料がたくさんあり、イワシとサバをごったににしてしょう油、酒、砂糖などで煮込んだ。ジャガイモとビンに保存していた筍を煮込んだ。まあメインはこんなものだ。

 誘惑に勝てず、食事の準備中から缶ビールを開けてしまった。

 夜の番組では、NHKで原発特集をやっていて、ぼくが尊敬する自然エネルギー研究家、飯田哲也(いいだ てつなり)さんが出ていたが、朝もNHKのはやよニュースの番組でも出ていた。

 今や自然エネルギー推進の論客第一人者だ。

 この土曜日の解放感を満喫したい。「ああ、今日はいい日だ」とか勝手に感動したりしていた。

 

2011年7月 8日 (金)

やっぱり自転車通勤がいい!

001  今日は中一日、自転車通勤の日だ。

 いつものようにジャグロガーを開始して走る。

 それがなんと走行時間43分49秒と脅威的タイムで終わった。

 ただし、家をスタートしたときではなく、しばらく走ってから設定開始なので、ちょっと違反だ。

 しかし3分ほどの省力だと思われるので、どちらにしても早い。平均速度も信号停止を反映しても19.5km。

 これもいままで記録されたことのない数字だ。

 それにしても今日は昨日と打って変わって、晴天になった。

 その分暑い。

 002 あとから聞いたが、今日は近畿地方も梅雨あけ宣言されたらしい。

 それは風の具合でわかった。

 いよいよ夏か?

 仕事も週末だし、昨日までのコンサートにむけた練習、準備、本番などの重荷がなくなった感じだ。

 これからは8月、9月をめざして仕事やいろいろな行事が近づいてくることがわかる。

 まあ仕事も無難に夕方まで進み、うまく5時過ぎに退出できそうだった003

 今日のジャージはピンク。

 なぜか目立つことがわかる。

 しかし帰りはほとんど向かい風。さすがに調子いいとはいえない。

 風とのたたかい。30kmだせたらいいところだ。

 それでも見た目カッコよく走ろう。

 今日の夕食はひさびさの週末定番、カレーライス。

 そんなに何も考えず作れるのがいい。

 うちの家は息子の部屋(夏はもろに太陽を受ける)以外、どこにもエアコンは設置していない。リビングもすべての窓、玄関も網戸だけにする。

 今なら十分涼しい。快適だ。省エネだし、健康にもいいずだ。

 ときどき気持いい風が入ってくる。

 この感覚は最高だ、エアコンのように人口的ではない。

 気持ちよく料理作りに集中する。

 008 約1時間で完了。ついでに掃除機もかけた。

 風呂に入る前、昨日できなかった腹筋30回をする。

 テレビではNHKで坂本竜馬の暗殺の真相という番組をやっていた。

 しかし期待していた列強からの画策ということは一切出ていなかった。フリーメイソンもまったく言われない。 

 会津藩の上級武士が黒幕という。ちょっと期待外れだった。

 

 誰も帰ってこない中一人で、一番搾りを飲みながら、カレーに舌鼓をうつ。

 最高の気分か~~~~?

  

東日本チャリティーコンサート開催

007  職場3つの団体で、企画してきた東日本大震災チャリティーコンサートが幕を開けた。

 時間は夕方5時半からなので、仕事はきっちりしてから頭を切り替えて夕方に臨まないといけない。

 朝からあいにくの雨模様だった。

 今日はそのコンサートで酒が入るので、通勤は電車にした。ただラフな恰好で出かけたので、結構気分も楽だった。

 いよいよ夕方になり、服を着替えて、コンサートに臨む。

 今回の参加費は全額震災地域の募金にする。 

 曲目も、なるべく震災につなんだ「負けないで」や「ずっと好きだった(替え歌、ずっと嘘だった)」「涙そうそう」「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」などだ。

 まあ、みんな職場の仲間だが、それなりに音楽をたしなむ人も一定いるので、なんとか様になったようだ。

 僕自身は涙そうそうの間奏のライミングをまちがってしまった。途中まではごまかしだ。

 まあ、しかし音楽で集まるということも大切な関係を生み出すものだろう。

 日頃は、地域で「おやじーず」というバンドをやっていて、それはあうんの呼吸で気が合うが、そういったわけにはいかないだけに緊張も大きい。 

 長いあいだ地下に眠っていた長男のエレキギターが息を吹き返したのはうれしい。

 明日はまた普通の生活にもどって、自転車通勤でスタートしよう。

2011年7月 6日 (水)

信号は単なる目安? 夜のライトは自分だけのため?

001  今日は明日に迫った東日本大震災チャリティーコンサートがあり、その練習が5時以後の課題だった。

 朝から予想はしていたが、天気予報どおり夜は雨だった。

 練習は本番前日ということで、それなりの気持ちでみんな気持ちが入っていて、終わったのは8時過ぎだった。

 夜の雨の中を帰る。

 ある意味、夜の車道は無法地帯だ。どこから信号無視で歩行者、自転車が飛び出してくるかわからない。

 今日は同じ進行方向で、オートバイクが、あきらかに信号が赤のうちに直進していった。

 「なにかそれで得することあるのん?」と言いたい。

 昨日の産経新聞によると、大阪では交通事故による死者が去年よりペースが早く、数も増えているらしい。

 自分として毎日走っていてそれは納得できる。

 信号は決して目安でついているものではない。それは100%守るものだ。

 それは生命保険以上に担保のなる。

 それがわかっていない人が多すぎる。

 それは日本人に限ったことではないかもしれない。白人も日本では信号無視をするのを何度も見た。

 まあ僕自身は今日の帰りも問題なく走ることができた。

 今や大阪の道路004は、雨だから危険ということよりも、交通ルールをいかも守るかの方が危険との境目だとぼくは思っている。 

 だから信号を守るということは基本中の基本だ。

 それができないロードバイカーには失望する。

 ただぼくは未来を信じたい。

 いつかみんなが当たり前のように信号では100%止まる。

 おたがいに気をつかい、こまっている人が道路に入れば、迷わず助ける。そんな道路環境にいつかなると思っている。

 そのためにも僕は危険運転に対して声を出して注意し、信号は100%守りながら走ろうと確信している。

2011年7月 5日 (火)

超調子いい行きと帰りの自転車走行

002  今日は仕事では、朝から会議、ちょっと気が重いが、とにかくよく晴れた朝だ。

 ひたすら昨日の大雨で濡れたデイパックと手袋と靴を乾かすように走る。

 だから今日は信号待ちで日なた停車でもむしろありがたい。

 昨日から不思議と足が軽い。疲れがない。

 だから今日は歌島橋交差点でつかまり、西区新町でつかまっても、職場について走行時間を見ると、48分46秒。

 結構速い。

 これはいったいどうしたことだろう。

 まあそれを考えるよりとにかくこの体調のいい状態を楽しむほうがいいだろう。

 うれしい気持ちで職場に入る。

 昨日はチャリティーコンサートの練習でだいぶ遅くなったので、今日は早く帰ることを目標にした。

 なにやかやと午後も過ぎていき、今日やりあげなくてもいい業務をして、午後5時を迎える。

 帰りの走行も、向かい風にも関わらず、後輪ギアを一つあげたまま、36km巡航で走っていた。

 「なんでだろう」という感じだ。

 一つは、帰りの自販機で買ったアップルティーをボトルに入れて、飲み続けたが、これが結構の人間ガソリンになる。

 50分あまりでコープ立花に着いた。

 今日はたくさん買い物をする必要がある。

 ビールはない! 魚がない! 小麦粉がない!ゴミ袋が残り少ない!

 以上を悩みを解消するため、今日対策を講じた。

004 それにしてもやはり暑い。汗臭い。デイパックも雨に濡れてくさい。 

 家に入って、まず手を洗って、うがいをして、風呂の用意をして、米を炊いて、庭の水撒きをしてなどなど、かなり忙しい。

 思いつきでとにかくデイパックを洗濯機に入れて洗った。

 食事つくりはちょっと懸案だった、アプリレシピのいわしの梅干し煮を試みた。

 たまたまコープでもいわしの生を売っていたのだ。

 それに緑のカーテンにしているゴーヤの木にみごとにゴーヤの実006 ができている。

 すぐもいで、キャベツと和えて、ゴマ油と塩で味付けをした。

 あとサトイモをおろし器ですりつぶして、海苔を添えた。

 しかしちょっと完成に時間がかかった。

 レシピは3分間クッキングとあるが、実際は煮込むのに1時間半かかる。

 それで実際食事に入るのは8時15分ぐらいになってしまった。

 

 今日はサントリープレミアムビールを1本198円の6本セットで買い、さっそく飲んだ。

 やはり暑い夜は本物のビールに限る。

 

2011年7月 4日 (月)

今日は超快調  ピンクローダーのまじかに迫る

002  今日はてっきり朝から雨だと思っていたが、その兆しはない。

 ただ一日の間にかならず雨が来るようなので、レインウェアはデイパックの中に入れていった。

 さすがにスポーツバイクで道路を走っている人は少ない。

 ただ、ひさしぶりに淀川大橋の登りだったか、ピンクロードの超特急のバイカーが抜かしていった。

 そのまま大きく離れるだろうと思ったが、今日はそうでもない。

 彼も普通の人間かと安心しつつ後を着いていく。

 そうすると差がちじまってきた。

003 ただ、信号が青になる前から直進するので、「君もか」と思いつつ、後を追う。

 船津橋手前では42km出していた。

 追いつくかと思ったが、その彼は中欧大通りを左折していった。

 「うん、今日は調子いいぞ!疲れもない」

 やはり昨日、下駄箱の補強と妻の自転車リニューアルをやりあげたせいで、満足感がある。

 ポディテブな気持ちになっている。

 職場に着いて走行時間を確認すると49分32秒だった。

 まあこんなもんかと自己満足する。

 仕事は、何個か課題はあるが、それを終えて、午後からは1時間単位の会議、面談、会議と立てつづけにあった。

 ちょっと疲れる。

 アフターファイブは、まじかに迫った東日本震災チャリテーコンサートの練習に向かう。

 向かうといっても事務所の1階上のホールだが。

 004 僕の持ち分は、エレキギターとキーボード。

 最近ギターは手にしていなかたが、軽く考えていて、ちょっと苦労した。

 ただ息子がだいぶ前まで使っていたギターが役に立っている。

 まあ、職場のメンバーで入れ替わりグループを編成し、演奏するというのはいいことだ。

 まあなんとか形ができてきた。

 練習を終えて、午後8時を過ぎていたが、なんと外はすっかり雨模様だ。

 ちょうどレインウェアは用意してきていたので、問題はないが、夜の大雨走行はかなり危険だ。

 わけのわからない走行をするクルマも目立つ。

 しかし危ない場面には合わない。

005  しかしタイヤの細さを気にしなければ、わがトレックロードは危険はない。

 それにブレーキシステムは、アルテグラという名で信頼性は高い。

 夜は10時からCSJスポーツでツール・ド・フランス生中継が行われる。

 

 いよいよツールの季節がやってきた。

 

2011年7月 3日 (日)

休みないとできない課題に挑戦

002  昨日の夜、大きな音とともに玄関に設置している裸の靴箱が前に倒れた。

 玄関は、ばらまかれた靴の山と、倒れたその靴箱が痛々しい。

 事はこれは初めてではない。 

 やはり安物は問題が多い。

 だいたい30足ぐらい載せていたのだが、プラスチック製の両サイドの枠だけだから、下段の方がまがってきたのだ。

 それで、今日はこれをどうするか、トイレに入りながら頭の悩ます。

 こういうときは、頭の中で考えられる案が映像で浮かんでくる。これが僕の特技だ。

 それで決まったのが、新しく作ることも考えたが、一番お金もかからず手間もかからないと思ったことにした。

 外側に、前にベランダの壁作りで使った木の残りを使って補強枠を作った。プラスチック部分との間をねじ釘で固定する。底部分も不安なので、木をつけた。

 一番上は木が長くあまるので、切らずに横に木を通して固定した。

013  それに後ろの壁にもねじ釘で2か所固定したので完璧だ。

 ただ、朝9時からやりだしたが、汗びっしょりだし、2時間かかった。

 しかし欠陥品であっても智恵を使えば、復活できるものだと、われながら満足。

 それにあと一つ課題がある。

 実は妻ヨセミテ製マウンテンバイク(メーカーはすでにない)

が、木曜日に突然、後輪ハブが空回り状態になり、そのまま市役所駐輪場に置いてきたということで、とにかく直すために、取りに行った。

 想像どおり後輪ハブは完全に遊んでいる。

 それで考えたのは、とりあえずもう一台手製改造マウンテンがあるので、その後輪ホイールごと取りかけること。

 ただ、それはフリーギアは9段、妻のは8段と差異がある。それでそれは取り換えることにした。これはうまく言った。

 しかし根本的には正常なハブを付け直し必要がある。

 すでに昼になり、賞味期限を過ぎた信州ざるそばをゆでて食べた。

 昼からはネットで妻の自転車に使うハブを探すつもりだったが、これもなかなか厄介だ。

 だいたいハブの長さは今は135mm標準らしいが、妻のは130mm(と思っていた)。

 突然思いついたのは、だいたいその自転車は15年通勤に使っているが、朝見たとき思ったのが、リムもかなりすり減っている。前輪ハブも当然寿命かもしれない。

 それで思いついたのが、前、後輪をホイールごと買い替えること。

 「よし!」と思う間もなく、クルマでサンワサイクルに直行した。

 店は予想通り客が多く、店員さんは大忙しらしい。

 間断をついて、やさしそうな店員さん(恐らく僕の顔は知られているだろう)を呼んで、そこに展示されていた現品かかぎりの22,000円前後輪セットを買うことにした。

 そこで教えてもらったのだが、今はすべて135mmしかないという。

 買った商品メーアーは、マビック。これは信頼できる。しかもエアロスポークだ。2010年製らしい。

 さっそく家に帰って、タイヤの取り替え、フリーギアの取り換え、手製マウンテンをもとの状態に回復するなどなど、実際すでて適合するかどうかひやひやしながらつけていった。

 タイヤ大丈夫!、フリー部分大丈夫!あとは、後輪をフレームに取り付けること。

 しかし以外とこれはすぐ適合した。

 010 後、前輪のブレーキシューが減りきっていたので、それも取りえた。これが結構よけいな時間になった。

 そして試運転。

「うんうん!いい!軽い! よすぎる! 通勤だけにはもったいないかも」

とか思いながら家にもどった。

 まあ妻は喜ぶだろう。

 タイヤホイールの違いは機能にとって格段の差が出るというのが、最近学んだことだ。

 夕方妻が講習から帰ってきて、さっそく2つに改造を知らせる。

 夕食は、僕が作った。

011  食材は妻から電話がかかってきたとき、魚を頼んだが、生さばだったので、煮ることにした。ついでにじゃがいもとニンジンも煮る。

 あとキャベツと家でとれたキューリとピーマンを、ゴマ油と塩を

で和える。後ゴマを上からまぶしてまぜる。

 それに妻が、サトイモを切って海苔を載せて1品足してくれた。

 晩酌は、ベルギービール。フルーティーな味がたまらない。ただ300mlぐらいしかない。

 しか今日は、今日しかできないことをやりあげた感じだ。

2011年7月 2日 (土)

土曜日も快走! 帰りはスーパー銭湯へ

001  土曜日とはいえ、今日は全員出勤し、会員訪問に行くことになっている。

 ぼくはみんなより早く、いつもの9時に出勤するため、平日と同じように朝6時25分に起き上がった。

 妻は一応休みなのでいつものようにコーヒーとヨーグルトの準備をしてもらえない。

 今日ももちろん自転車通勤に決めていた。

 週末は、ピンクジャージが定番だ。

 朝の準備は、パ、パ、とすませ、食事をし、なんとか7時50分より少し前に家を出た。

 それにしても土曜日はさすがにクルマが激減する。

 神崎橋北詰から、先を眺めて、クルマの量をみるなら軽く歌島交差点はいっきにいけそうだった。

 ところがそんな日でも、信号10mぐらい止まっている一台の軽自動車。

 前を遮断された。

 「こんなときになんやね」

 と思いつつ、なんとかその車をクリアしたが、わずかな時間切れで、なんと歌島交差点で停止せざれるをえなかった。

 まったくいい迷惑だ。

003  まあ気をとりなおして先を眺めた。

 そんなこんなで職場には8時45分着だ。すでに一人職員が来ていた。

 今日はとにかく午前中に全員が所定の医院を回る。

 ぼくは、吹田市千里丘ニュータウンに行った。

 場所がわからず、南千里の近くの池がある公園のまわりを探しあるいた。

 ニュータウンはそれなりにユニークな町だし、緑がかなり育っていて自然が多い。 

 ただ自分としては住みたい街ではない。

 ちょっと人工的なのが生に合わないような気がする。

 なんとか探し歩いて、2件を訪問。すでに12時45分ぐらいになってしまった。

 あと一件、北大阪急行に乗って江坂で降り、1件を訪問。すでに1時近く、医院はしまっていた。

 とにかくこの3件だけでかなり歩いた。おまけに蒸し暑い。

 喉の渇きは一日続いた。

 なんとか職場には午後2時前に着いた。

 コンビニ弁当をたべ、最後を確認し、帰りの走行へ。

 こういうときは004定番の「蓬莱湯」入湯に向かった。

 これ以上に癒しはない。

 3時からの開店だが、3時過ぎについたので、少し空いていた。

 湯量豊富な湯船に入り、疲れをとる。

 帰り際、コーヒー牛乳を頼む。

 受付のおばあさんに「汗びっしょりやね」と言われた。

 帰りはロードバイクなら15分ほどだが、ついでに家を越え、阪急武庫之荘駅近くの豆珈房にコーヒー豆を買いにいった。

 ここの主人とは、世間話する中だ。

 のんびりした気分になって家に向かう。

 家ではすでに妻が帰っていたが、昼寝タイムらしい。

 その間8月に行く娘のいるシンガポールにANAのネットで航空券を予約したが、3男もイタリアから帰ってきて、いっしょにいくことになったので、追加予約を行った。

 ANAは親切に対応してくれる。

 しかし喉の渇きは夜まで続く。

 ヱビスボール2本を飲んでしまった。

 夜食事のあとこのブログ更新しているが、なんと9時からの「世界ふしぎ発見」でジロ・デ・イタリアを特集していた。結構Jスポーツでは見れないレース前の会場の様子や別府史之選手のインタビューなどあって面白い。

 意外な番組だった。

 

 

2011年7月 1日 (金)

雨でもいいさ! 走れるのなら!

002  ひさしぶりの雨が朝あら降っている。 

  しかし今のところは、ブレーキが不安なミヤタランドナーよりトレックのアルテグラブレーキのほうが断然安心だ。

 それでレインウェアはしっかり着て出発した。

 歩道を傘をさして走る自転車の人以外道路を走る自転車は見なかった。

 かえって昨日までの強い日差しがない分快適だ。

003  それにしても雨になるとなぜこんなに車が増えるのか。

 今、運動をすることが健康につながるとさかんに言われ、大都市でのマラソン大会が今や花盛りだが、生活の中で意識的に体を動かそうとする気配がこの車の列を見ると感じられない。

 やはり楽ができる移動手段がみじかにあることが人間を堕落させている。

 それは車だ。

 人間楽をしたがるのは、現代人になって加速してると思う。

 じゃあ自転車通勤か、マラソン通勤でもみんながすればいいということになるが、これも長く続けれるかどうかが課題だ。

 ぼくはもうまもなく10年同じコースを走っていることになるが、なぜ続けてこれたか。

 やはり他の移動手段に迷う条件を自ら断つというか、電車の定期代を請求しなくなった。

 だから1日だけでも電車に乗ると800円かかり、月4回分まではもらっているが、なまじ電車に心がわりできない。

 それにすでに自転車通勤中毒というか、2日も走っていないと気持ちが悪い。

 それから自転車での全身運動が、スポーツクラブなど行かなくても、ただで精神的にも開放感をもてる。気持ちもつねにポディティブになれる。

 だからたしかに生半可な気持だけで自転車通勤を始めてみようとしても、リタイヤする人も多いだろう。

 まあしかし朝起きたら無条件で自転車通勤の準備を無意識にするようになったら本物だ。

 004今日も帰りの走行では、雨も上がレインウェアなしで走ったが、同じ道を歩いていくしかしかたがないと想像してみると、まるで空を飛んでいるような気分になった。

  ただ、走りながら夕食のメニューを考えてもさだまらない。

 コープに行ってから、イワシがあれば、昨日のリベンジ、なければ豚肉を買って、野菜炒めと決めた。

 なぜかイワシはなかった。

 文句なく野菜炒めに決定。

 あとバナナを買い、チョコレートを買い、ごぼうを買い、シシャモを買った。

 明日も出勤ではあるが、訪問活動のみ。とにかく今日は週末だ。

 家に帰ってすぐ風呂と食事の準備に。

005 野菜炒めは適当にできるから楽だ。

 ししゃもは子持ちがいい。

 味噌汁は半額あさり。

 おまけにレジで精算したとき500円券をもらったのがうれいい。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30