フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 台風6号ただ今接近中 | トップページ | 休暇はあくまでの体を休めるために »

2011年7月20日 (水)

台風一過 ひさしぶりの青空

001
 考えてみるとひさびさの自転車通勤だ。

 

 先週金曜日から走っていない。

 それにしても、朝タイヤに空気アップ調整したせいで、転がりがいい。

 2号線で玉江橋を過ぎて直進していると、ずっと前に水色メッセンジャーバッグを背負っているバイカーが見えてきた。

 サッシーだ。

 この2週間ほど会っていなかった。

 なんとか追いつくかと先を急ぐ。

 彼も今日は少しゆっくり走っていたらしく、歌島橋交差点付近で、なんとか追いついた。

 ゆっちさんの最近のブログで彼にあったらしいことが書いてあったが、彼に聞いてみるとやっぱり偶然京都で会ったらしい。

 ゆっちさんは祇園祭りに、サッシーは京都の山に友達と2人でツーリングしていて会ったらしい。

 それにしても2人は感心する。 僕自身はその9日は、会議でエアコンの効く部屋にいた。

 阪神尼崎までは家からマウンテンで走ったが、モードがちがう。それでも暑かった。

 それを5時間以上と思われるが、炎天下をロードバイクで走っていたのだから、大したものだ。

 ぼくもかつて、8月の初めに淡路島を半周だったか、走っていた記憶があるが、とても

暑くてつらかったのを覚えている。

 ただ、よその家の水道を借りて頭から水をかぶったときの爽快感は頭にやきついている。

 そんな情報交換で淀川大橋を越え、野田阪神で彼と別れた。

 ただ、今日は足が調子いい。船津橋までは独断上のぶっちぎりだ。

 そんなに疲れることのなく職場に着いた。

 走行時間は47分56秒。

「よし、よし・・・」と自己満足に浸る。

 そんなノリで仕事も課題だったあさっての会議のレジュメと資料を1日かけてやりあげるはずだったが、大枠は午前中に終わってしまった。

 ただ明日は休暇を取ったので、いきなり次はあさっての朝の会議直前になる。

 ちょっとプレッシャーが多いので、午後も念入りに資料を作る。

 ところで昼休憩では、喫茶キャビンでリアル英語問題の挑戦と、スティーブ・ジャブスのことを書いた本にのめりこんでいるがおもしろい。

 彼が成功した根本的エネルギーは何かというと、やっていることがおもしろくて仕方がないということにつきるらしい。

 やっぱり人間は好きなことに打ち込むことが無理がなく、いいのだろう。

 ぼくはパソコンの仕事はきらいではないし、文書作成はすきなほうだ。これでかなり得をしているかもしれない。家に帰っても1時間はブログに向かえるのもそのせいかもしれない。

 夕方は基本的にノー残業デーなので、早く帰ろうと思ったが、なにせ明日休むので、やや心残りがあり、5時半までは帰れなかった。

002 帰りは、太陽がななめ前からまともだ。

 思わずサングラスをはずした。

 それにしても空はどんどん晴れ渡り、きれいな雲が浮かび上がってきた。

 まさに台風一過の天気ということだろう。

 昨日は、電車通勤してえらい目に朝あったが、やはり自分は自転車が性に合っている。

 だからゆっくり帰ろうとは最初004思って走っているが、ついつい加速してしまうので、ときにはハアハアいいながら走ってしまう、というのは冗談だが、ちょっと自分の歳を忘れてしまっている。

 ときどきビルの硝子に写る自分のスマートさを見て満足したりいているからナルシストか。

 しかし尼崎繁華街付近は、車が渋滞している。

 そのせいでスポーツカーに追い抜かれることもなかった。

 ところで今日の夕食は朝就業時間前に机でIPHONEの「3分クッキング」を見て、「これ」と目当てをつけていたので、コープ立花に行っても、IPHONEを見ながら、野菜などをカゴに入れていた。

 メニューは「なすとピーマンのみそ炒め」

 これはそんなに難しくない。005

 ただ3分ではできるわけがないが。

 唐辛子とニンニクとしゅうがをこまかく切って入れるのがなかなかいい。

 皿に盛りつけると、それなりに今風レストランのようになった。

 というのは言いすぎか。

 コープで買った198円のプレミアムビールがうまい!

006_2


 




« 台風6号ただ今接近中 | トップページ | 休暇はあくまでの体を休めるために »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風6号ただ今接近中 | トップページ | 休暇はあくまでの体を休めるために »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30