フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 週末はやはりうれしい | トップページ | この暑さをなんとか家で乗り切る »

2011年7月16日 (土)

ただひたすら蓬莱湯を楽しみにして出勤した

003 


今日も出勤が必要な土曜日だが、仕事は午後からの理事会出席のみ。

 

 出かけるためにはついでに楽しみが必要だ。

 土曜日の定番になっているが、阪神「センタープール前」近くの蓬莱湯に入ること。

 それでいつもなら、平日と同じように自転車通勤で職場までいくのだが、なにせ家を出るのは午後12時でいいので、そのまま自転車で行くにはあまりにも温度が高すぎる。

 

 なにも苦行する必要はない。

 朝出勤とは道路温度がぜんぜん違う。

 それで、妥協策として、家から阪神「尼崎」駅まで自家製マウンテンで行った。

 こうすると、帰りに蓬莱湯に立ち寄るとしても、そのあとバスの時間など気にせず、そのまま自転車で帰れる。

 

 行きの移動では、道意線を南下して、2号線を過ぎて次の筋を左折して、阪神尼崎をめざしたが、2号線を南下したルートは本当に下町の雰囲気だ。

 ごちゃごちゃした通りに、大衆演劇の小屋もあり、実は昔の女郎屋に近い地域まである。

 

 入れ墨の男が歩いていても似合いそうな街だ。

 

 阪神尼崎について、有料自転車駐輪場に自転車を預け(150円)、電車に乗る。

 阪神なんば線ができてからこのコースが便利になった。

 電車の中では、ひたすらIPHONEでシャーロックホームズの冒険動画を見る。 

 英語のリスニングの訓練なのだが、電車の中ではアナウンスもあり、ちょっと聞き取りにくい。

 あっという間になんばに着いた。

 

 職場についてからはバタバタと時間は過ぎていき、4時45分ごろ会議は終わった。

 

 ただ、今日は妻が家にいるので夕食の支度の心配はいらない。

 

 すぐ着替え、職場を出て、阪神電車にまたがる。

 

 5時20分ごろ阪神尼崎に着く。

 

 駅を出て駐輪場へ。

 約2駅を自転車で移動する。途中女郎屋のような通りを隔日に見た。中に髪をとく若い女性が座っていた。

 不思議な街だ。

 ほどなく蓬莱湯駐輪場へ。

 400円払えば、実際の温泉に浸かることができる。番台はよく合うがおばあさんだった。

 この時間客は少ない。御年寄りが多い。地元の人だろう。

 400円でいつも本物の温泉を利用できるのは幸せと感じる。

 001
 風呂から上がり外の風をうけると気持ちいい。

 時間を気にせず、そっとマイマウンテンバイクにまたがる。

 藻川ぞいを北にすすみ、家をめざす。

 今日は夜も流れ星少年団父母会がある。

 来月27日には大井戸公園で野外映画会をする。

 その打ち合わせだ。

 しかし、事務的な会議とは程遠い、冗談や、よけいな会話が花が咲く。

 しかしその無駄に見える時間がいいのだろう。

 地域に仲間がいるというのも恵まれていると言えるかもしれない。地域情報に花が咲く。

 午後9時半ごろようやく今日もすべての日程を終えた。

 明日から2日は連休だ。

 ひさびさに予定のない2日だ。

« 週末はやはりうれしい | トップページ | この暑さをなんとか家で乗り切る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末はやはりうれしい | トップページ | この暑さをなんとか家で乗り切る »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30