フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 六甲山ヒルクライム 再挑戦! | トップページ | 夕日がきれいな帰りの空だった »

2011年10月 3日 (月)

ヒルクライム翌日ダメージはない 帰りサプライズでイケッチに会う

001
 予想どおりやや寒い。

 昨日の六甲への挑戦のせいだが、腰が痛い。

 しかし自転車にまたがってしまうと何もダメージはないのだ。

 ところで今日ひさびさにピンクジャージの超高速ロードマンにあったが、先の信号では赤を無視して入っていったから幻滅だ。

 やめてほしい。模範運転をするべきだ。

 それにしても信号無視が多すぎる。

 いい大人が子どもに示しがつくのかといいたい。

 信号を守ることは公的な場での通行の約束ごとだ。

 ただぼく自身も自転車通勤をはじめたころは、「まあいいか」程度で、ちいさな信号は赤での通過していた。

 しかし通勤を続けるうち、これは自分本位の考えでやぶるものではないと思うようになった。

 それぞれ道路を使用するものどおしのスムーズな運転の試金石だ。

 しかしなげかわしい。青信号を渡るときも安心して通過できない。

 まあそれが現実なので、気をつけて道路を走る。

 歌島橋交差点では、交差点からまだだいぶ遠い付近で前にオートバイクが止まっていて、前を遮断され、通過は無理だった。

 結局職場までは53分かかってしまった。

 仕事は今週はいよいよ佳境だが、かなりイベントにむけフィニッシュの押え、あるいはハプニング対応に追われる。

 あっと言う間に夕方になってしまった。

 しかし5時を30分超えてもやや不安。

 40分ごろ帰る用意に。

 それにしても外は寒そうだ。 アームウオーマー一つがとっても役立っている。

 快調に走る続けたとき、信号まちでサプライズが?」

 なんとイケッチが後ろにいる。

「大将」と呼ばれた。

 002


まだ毎日走れないとブログに書かれていたので、前をややゆっくり走って引いたが、なんと先頭交代してがんがん走っていくではないか。

 はやく阪神通勤4人衆でツアーをしたい。

 しかしこんなところで会えただけでうれしい。 もともとそんなに知り合いでもないのに。

 ただ朝の通勤で出会った他人がだ。

 しかし3回も飲む会をやった。

 まあ走っていればまた会えるだろう。

 そのまま続いて走り、道意線交差点で別れた。

 そのまま家まで一直線とはいかず、コープリカーショップに立ち寄る。なにせ家のビール系が皆無なのだ。

 妻の糖質0を2本入れて全部で8本買って帰った。

004
 夕食は、特にあてもなく、冷蔵庫にあるものを見て、適当にかなり冒険だが、豚肉となすびを焼き、白菜と枝豆と玉ねぎを少し塩をまずして炒めた。

 作ったこともないレシピだ。

 しかし見た目もいい! うん、いいではないか。味も悪くない。

 それに昨日作ったおでんの残りに冷蔵庫のこんにゃくとごぼうを足しさらに煮た。

 まあこれでいいか。という感じだ。

 妻の誕生日について別で暮らしている3人の子どもたちにメールを送ってお祝いのメールか電話くれるように依頼した。

 それで今シンガポールの末っ子の娘から電話が入った。

 

 

« 六甲山ヒルクライム 再挑戦! | トップページ | 夕日がきれいな帰りの空だった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六甲山ヒルクライム 再挑戦! | トップページ | 夕日がきれいな帰りの空だった »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30