フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« ログハウスにやってきた | トップページ | 隣との不可思議な話し合いの一日 »

2011年10月22日 (土)

琵琶湖近辺の別荘を見学に行く

 Photo_3


今日は、ログハウスで目をさます。

 しかし未だに風邪の後遺症は残っていて、咳が出てくるので、早くに目が覚めた。

 今日の目的は、田舎暮らし紹介会社CLの担当者と待ち合わせして、滋賀県高島県近辺の家の物件を実際に見に行くことだ。

 事前にネットで内容を調べていたところと、CL社から紹介の数件を見学する。

 一件目は、普通の家。物件をみた瞬間「ダメ!」と思った。

 2件目は、車で安曇川ぞいに走り、その後も山の中に入っている。

 物件はこじんまりした一軒家。なかなかいいが、アクセスに難ありだ。

 3件目は、今のログに近い。ちょっと急こう配の丘の上にある。

 ただ謎なのは、作りかけのまま、内装はされていない。工事途中の基材、建築道具もすべて放置したまま10年ほど経っているのだ。ただ見晴しがよく琵琶湖と函館山と竹生島がくっきりみえる。

 最後は、なんと今使っているログハウス内のリゾート地内の物件。 やや値段は高い。

 しかし地の利がよく、内部は気に入った。

 そんなこんなで朝10時から午後2時半ごろまで、見学と商談などで費やした。

 まあしかし、リゾート地をバブルの時に買ったものの、維持できなくなったり、体を悪くしたり、夜逃げしたりで、売り渡された物件が一定の数であるらしい。

 まあわが家では、そんな物件を今から買おうとしているわけだが、ちょっと考えるところがあって、その行動に出た。

 まあ結末はまた今度ということだ。

 しかしとことん琵琶湖、滋賀県とは縁がある。

 ただもう一つ気になるのは、若狭湾一帯にある関西電力の電子力発電所だ。

 物件を買ってもよろこべない面もある。そんな原発銀座から50km圏内に入るだろう。

 しかし逆に尼崎の我が家で津波にあえば、新しい物件に避難できる。

 だからもう一軒あってもいいだろう。

 とかなんとか悩みながら考えている。

« ログハウスにやってきた | トップページ | 隣との不可思議な話し合いの一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ログハウスにやってきた | トップページ | 隣との不可思議な話し合いの一日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30