フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 信号遵守をトレンドに | トップページ | かりんの木を抜き取ることで一日費やす »

2011年11月 2日 (水)

連日交通事故処理を目撃

002
 なぜか最近通勤している最中交通事故の処理をしている現場に遭遇する。

 昨日は書いたように自動車が歩道に乗り上げた事故だったが、ヘリコプターが上空で舞っていた。

 今日は、朝野田阪神交差点左側で車とバイクの接触らしい事故処理がおこなわれていた。

 ある意味必然的とも感じる。

 だいたい交通ルールのタガがはずれてきているように思うのだ。

 信号を色が変わることをとことん破ろうとする車が増えているのだ。

 そうすると自転車通勤も危ないのではないかということを思わせることになるが、そういった状況を踏まえた通行をしていれば、99%安全だ。

 必至アイテムは、手信号と手の表現だろう。

 右に車線を変えるときは、大きく右手を横下向きに大きく出す。

 左の駐車場や路地から出てこようとする車に「先にいきます」と表現するときは、左手で待ての表現。手のひらを大きくそちらにむける。

 中途半端なパフォーマンスは危険だ。

 それに早いうちの危険察知とブレーキ操作準備の体制をすばやくできるようにする。

 そして決して無理は禁物だ。

 それとl交差点に進入するときは、ぜったい車の横になってはいけない。いきなり左折してきて、巻き込まれる危険がある。

 加速して前に先に出るか、減速して車の後ろに移動する。

 これはっぜったい重要だ。

 ダンプなどのそばには近よっていはいけない。

 などなど、それなりに安全運転通勤もスポーツ的要素がある。

 とにかくこの10年間それがだんだんわかってきて、事故に会ったこともない。ケガも皆無だ。 

 むしろ交差点赤信号で止まっているときも危険だ。

 だから止まるときは最大限左の歩道すれすれに止める。

 いまや交差点で歩行者も安全とはいえない。

 だから歩行者として止まっているときは道路すれすれには立たない。また車の進路から障害物があるように待機する。 信号等の柱や、歩道との柵などの近くだ。

 

 これだけ自動車の性能がよくなって安全対策もされてきたのに、肝心の人間が壊れている人が増えるとどうにもならない。まさに自動車は狂気だ。

 抜本的には自動車というものが道路から大幅に減ることだ。

003

道路はクルマだけのものではない。

 マラソンランナーが走り、自転車が走り、車椅子レーサーが走る。

 公的交通機関は、路面電車だけでいい。

 そんな世の中を夢に見る。



« 信号遵守をトレンドに | トップページ | かりんの木を抜き取ることで一日費やす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信号遵守をトレンドに | トップページ | かりんの木を抜き取ることで一日費やす »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30