フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

大晦日は、雪の中で

1FB3838E-BB03-4DC9-9C2A-89D485741308
ログ2日目の朝、外はまだ雪だらけ。
家の屋根の角度によって溜まった雪の落ちる度合いが違うのをここに来てよくわかる。
今日の最大のノルマは、年賀状を書きあげることだが、肝心のペンがない。
19AD8ADC-0C99-4041-A42B-1B2A82F24B1B

それで買いに行かないといけないのだが、5km先の平和堂スーパーが最短なのだ。
それならと、折りたたみ自転車での移動に挑戦した。
道路は、もともとせまい歩道は雪で走るわけにはいかず、車道を走るのだが、ちょっと怖い。
ペンだけ買いに行くというのも、笑い話みたいなものだから、ついでに食料や生活用日で足らないものをひととおり買うことになった。
そのおかげで、今津浜の雪国だらけの湖畔のすばらしい眺めを発見することができた。

その後ログに戻ると昼間だったが、気持ちよかった。
それで、昼食後さっそく年賀状50枚ぐらいにすべてコメントをしたためる。
「やった!」と気持ちになる。
それを郷の外側にある郵便局に投函しに出かけ、ついでに今日も周辺を探索に行ったか、ほとんど除雪されていない道をラッセルで歩いた。

今日は大晦日。
ログに帰ってしばし休憩と睡眠に。
風呂に入り、夕食に。
EF1EE561-A051-4C0C-AF8D-24A15EAE52F7

紅白を見ながら、年越しそばを食する。
そうだ。その前にNHKで、建築家、伊藤孝雄さんが、岩手県釜石市の復興に協力して、町の再建の企画作りする番組を見たが、涙が止まらなかった。

いい番組に出会った。

大晦日は、暮れていく。

2011年12月30日 (金)

奥滋賀は、今日も雪だった

6039DF89-8779-42BC-9945-BC8E2B04BD50
昨日は、ログに来て、本当に雪の深さにびっくりしたが、一夜明けても50cmは下らない。
仕方がないので、クルマは、森の外の道路に駐車せざる終えない。
しかし今日から3日間は、ここで暮らすのだ。

近くの竹林では、竹がしなって先端が垂れ、道を塞いでいる。
それを引っばってみると、その先端が抜けて、もと通り背筋を伸ばすのが、生きているようで面白い。

ログの郷内は、全管連というちょっと疑惑ありげな管理会社が運営しているが、郷内の道路の除雪作業を利害関係で差別しているらしいねだ。
その影響で、自分のログまでは、全く除雪されずじまいだ。
つまり管理費を払わない住居が多い道は、除外すると、近所の居住者から聞いた。
「馬鹿野郎!」だ。

うちの家は、その全管連の請求どおり名義変更料だけで、105000円も払っているのだ。
年が明けたら、家に帰って早速苦情を言おう。

まあそれはそれとして、雪深い道を歩くのは、面白い。
誰も通っていない雪道を足を何回もとられながら、周辺を探索するのは、ワクワクする。
60431A65-70B4-4648-87D0-DB471F27A499
少し足を伸ばして酒波寺という寺に行ったが、雪深く境内まで入れなかった。

しかし、帰り道琵琶湖に向かって歩く形で進んで行くと、180度シュチュエイションが感動ものだった。
竹生島がくっきり湖に浮かんでいる。その右後ろは、雪国を被った伊吹山が聳えているではないか。

こんな贅沢な体験をさせてもらっていいのだろうか。

そんな気持ちになってしまった。

ただ思うのは、世界中すべての人々が、幸せを実感できる社会がやってくるべきだということだ。

ちょっと飛躍しすぎた話だと自分でも思うが、日頃考えないことが浮んで来そうだ。

42951316-0299-4124-8A05-0F96EBD12016
2日目の夕食後は、妻の手料理と、平和堂で思わず買った冷凍で、ちょっと大ぶりのエビのオーブン焼き。
雪に冷やした缶ビールが最高にうまかった。

2011年12月29日 (木)

年末年始はログハウスで

5B7B3D13-E868-4818-8B1D-DA0C0C8176D0
いよいよ年末がやってきた。

しかし、あいにく午前中は、臨時出勤当番で職場に出かけた。

それなりに重要案件がいくつか発生したが、3人のチームワークですべてこなし、午後1時終了した。
さわやかな気持ちで職場を後にしたが、やや疲れを感じてきた。

しかし今日の予定は、間断なく家に帰ると、荷物を積み込み、滋賀のわがログハウスに出発することになっている。

さすがに眠気があるので、10分間微睡み、いよいよ出発だ。

テレビ情報では、今日から道路が大渋滞するということなので、覚悟してスタートしたが、いつになく、名神高速道路は、ガラすきだ。
ちょっと拍子ぬけだが、非常に走りやすかった。
しかし滋賀に入って奥琵琶湖にはいると、雪はどんどん残っている。

ログのあるまほろばの郷は、まさに雪の中。
ちょっと予想外だった。

しかも、外周の農道でも、除雪が途中でおわっている。

しかたがないので、郷の内部道路に挑戦してみたが、あと10mというところで除雪が無くなっている。

ご近所の人が一人外にいたので、聞いてみると知らなかった道を教えてもらったか、なかなか理解できなかったが、とにかく行ってみると、そのとおり、最短の道に到達できた。

ただしログまでの道は、とても雪が深くはいれない。

結局そこにクルマを置いて、足を雪にはまり込みながら荷物を運び入れた。
C6A45809-8ECA-43F4-BEDE-25DF04B15C58

ほっとして、妻は夕食の用意、僕は休憩。

風呂にお湯を入れ、荷物を片付け、風呂にはいる。

そのあと夕食は、鍋。
87823AB4-737B-45D1-B5E8-9F828A5417B2

これ以上の幸せはない。
前に買っておいたワイン、ボージョレニューボを開ける。

雪の中のログハウスで年末を過ごす。

これ以上の幸せはない。

2011年12月28日 (水)

仕事納めな一日

81C4CB0E-F6D6-4676-9616-F3603AF27555
とうとう今年の仕事納めの日を向かえる日が来た。
長かったような、あっという間に過ぎたようなふしぎな感覚だ。

仕事の後は、忘年会に誘われているので、通勤は、電車ということにあいなった。

最後の日ということで、溜まった資料の廃棄、整頓に終始した。

それでも一日の過ぎるのが遅くかんじた。
5時前には、今年締めくくりの挨拶をし、しばし周りを片付け、いよいよ最後の忘年会に向かった。
それば、難波の高島屋からかなり裏通りにある。
iphoneの地図情報で行ってもわかりにくい場所だった。

しかしその大衆酒場に着いたのは、誰よりも早かった。
12人があつまった。

Oさん、U君、N くんとテーブルを同じくし、しばしたわいのない話でもりあがった。

その店は、開店して、間がないらしいが、結構高齢の料理人がおられたので、きっと高齢者雇用者雇用に貢献しているんだと話すと、うけた。
生ビール、菊正宗、ラム焼酎と酒は、進む。
ただ、しかし、明日は、午前中仕事が、待っているし、午後からは、長期ログ滞在となるので、ふとそのことが、頭にうかぶ。
まあしかし明日からは、しばし仕事を忘れて別世界に行くと思うと、わくわくしてしまう。


また、明日からは、滋賀県発で面白い情報を発信しよう。

こうご期待を。

2011年12月27日 (火)

今年最後の自転車通勤になりにけり

001
 とうとう朝の道路温度は2℃だった。

 さすがに貼るカイロを足に張っても効果があるのか、ないのかわからないぐらい温度は低い。

 もうこうなったら体が温まるまでひたすら走るしかない。

 昨日と打って変わって、今日はクルマは少ない。

 おかげでひさびさに歌島交差点は一気にクリアした。

 

 おまけに野田阪神交差点もかろうじてクリアー。

 少しでも日の光が有難く感じる。

 今日は、長袖ウェアの上からVセーターを着て、またその上にジャケットを着ているというのに、セーターを着るのを忘れたかと、交差点で停止中ふとジャケットの中を確認しようとしてしまったが、ちゃんと着ていた。

  職場には8時40分だった。

 002
 それにしても西区にはいってからも自然に信号無視する普通人が多いから、ちょっと閉口した。

 後からわかったことだが、今日の走りは今年最後の自転車通勤になってしまった。

 というのは、明日は夜忘年会に出ることになったのだ。

 当然明日は電車通勤ということになる。

 明後日も通勤するが、物を運ぶ関係で、車で職場に行く。

 だから今日が今年最後の自転車通勤ということになる。

 12月も27日まで走ってきたのだからまあいいか。

 仕事は淡々と流れた。

 夕方は電話当番ということで、帰りは6時過ぎになった。

 とにかく寒い。尋常ではない。なんといっても強い向か風だ。

 熱を貯める暇がない。

 今年最大の寒さだった。

 まあしかし今年も事故もケガもなく一年通勤できただけありがたいことだろう。

 しばしロードバイクとは離れないといけないが、また来年もがんばります。

2011年12月26日 (月)

寒さ全開  貼るカイロを初めて使用

001_2
 朝燃えるゴミを出しにいくとき、今までにない寒さだなと感じた。

 それで、グローブは完全冬仕様で、靴下は夏から同じだが、貼るカイロを使った。

 これで完璧。

 去年の真冬を思い出そうとする。

 2号線に入ってすぐ、超高速ロードバイカーが追い抜いていった。

 まあしかし、自分はマイペースで行こうと言い聞かせる。

 その後も普通のズボンスタイルのロードバイカーに抜かれたが、彼にはついていけるとぴったりついて走ったら、杭瀬付近で歩道に上がっていった。

 やはり自転車で通勤するのは性に合っている。

 ただ今日は思ったより車が多い。渋滞の中を何度もすり抜けた。

 それで職場には8時50分を超えていた。

 仕事は気になることもあったが、無事解決し、あとは比較的マイペースでこなした。

 「あと2日か」と思いをめぐらす。

 年末年始休みの留守電もきっちり確認した。

 夕方ややみぞれが降ってきたが、帰る時間にはやんでいた。

 帰りも日がないぶんだけ結構寒い。

 また知らないロードバイカーに抜かれた。ただためしについていってみたが、十分いける。

 ただ来年60だというのに自分でも”ようやるな”と思ってしまう。

 気持ちは20代から変わっていないと思いたい。体の故障もなにもない。

 昨日は雪のログで、雪かきのため、スコップを握りしめ、ひたすら作業したが、軸足の右足が少し筋肉通というだけだ。

 まあ、40代のときより体力は向上しているかもしれない。

002
 今日の夕食は一人きりということになっていた。

 どうしょうかと朝からか悩んでいたが、結局一人鍋を楽しみことにした。

 なぜなら結構食材がたくさん冷蔵庫に残っている。

 一人もまたよしだ。

003

 何事も健康第一。

 今はそれを桜花している。

2011年12月25日 (日)

しばし雪国の人になってしまった

005
 昨日到着した折は、「なんだ。こんなもんか」と、ちょっとうまく行き過ぎて軽く考えていたが、雪の来襲はこんなものではなかった。

 011


 夜中は、何回も屋根の雪が滑り落ちる音で目が覚める。

 朝起きてみると、パレーリーは屋根に20cmほど雪がたまり、フロントガラスも同じような状況だ。

 そのうち吹雪もような状況が何度も繰り返したかと思うと、晴れ間が見える。

 それの繰り返しだった。

 そのうち40cmほどに雪が堆積している。

 こんなクリスマスイブとクリスマスは、初めてだ。

 しかし不思議と、家の中は寒くない。

 雪が積もっている方が保温と太陽の照り返しで一定の温度を保つのか、昨日の夜もまったく寒くなかった。

 さてこの雪の中を脱出できるのか。ちょっと不安になる。

 まあ、そのうち昼を過ぎたら天気も改善されるだろうと思ったが、まったくその兆候はない。

 やむなく、この雪を脱出するため、駐車場所から森を抜け、除雪された道路に出るまで、積雪いっぱいの約30mをスコップでタイヤ両輪分だけ雪を取り除いていった。

 いよいよ道路手前まで来て、反対側から地元の農家の人の車が通り過ぎる様子だったが、自分のダウンと毛糸の帽子、釣り用長靴にスコップで作業する姿に地元の人と見間えたかもしれない。

 通過のとき会釈すると、同じようにクルマの中から会釈してくれた。

 自分もしばしこんなときは雪国の人になったような錯覚を感じた。

009 妻と道路のごこを通った方が危険でないか、林を抜けて歩いて探索しに出た。

 そのときの寒さといったらない。

 ぼくは軍手をハメていたが、ちょっと濡れていたせいで、がまんできない手の痛さを味わった。

 それにしても12月25日としては、異常な雪だ。

 といってもここは日本海から30kmもないところだから、仕方がない。

 竹林の竹の木も地面までしなる具合だからすごい。

 まあしかし今回タイヤチェーンの威力を知ったし、ちょっと安心感があった。

 じっさい雪道は、怖い体験を何回かしているため、トラウマになっていて、ちょっとの雪でも不安を感じていた。

 ログに置いている折り畳み自転車で昨日雪の上を走れるか試してみたが、歯が立たない。

 今度は、雪のときを狙って、マウンテンバイクを持ってこよう。

 そんなこんなで昼食をログで済ませ、午後1時20分ごろ、一気にバックでログ前をスタートし、林を抜け、道路に出た。

 しかししばし161号線を進み、安曇川道の駅に着くと、見間違うほど雪がない。

 それで駐車場でタイヤチェーンを外し、買い物とトイレを済ませ、ノーマルタイヤ状態で、あとの道を走る。

 まるで、嵐の現場がうそだったように晴れ間が見えて、雪のひとかけらもない。

 ただ、橋の両サイドから出る水の噴射は帰ってスリップの危険を感じるほどふんだんに出ていた。

 家には3時40分無事到着した。

 また29日の出発が待ち遠しい。

2011年12月24日 (土)

雪のログにやって来た

22CBDCF0-165F-4D9F-94A6-6E26DD5BCAFD
  今日は、前々からログハウスに来る予定にしていたが、そんな時に限って大雪予報だ。
  タイヤチェーン装着は、間違いないと覚悟して 新しいチェーンを買い、事前に練習もして、朝9時38分家を出た。
  天気は、我に味方したか、名神高速を通過中は、晴天だった。
    それで、近江今津のコンビニまでは、順調に進んだ。
   そのコンビニで、停止し、タイヤチェーンをはめる。
   なんと両輪合わせて10分で完了した。
   ただチェーンをはめている車は、見かけない、
   タイヤチェーンの場合、50km/h以上は、普通出してはいけないということで、そこからは、地道を走った。
   ログハウスに入る村内の道は、除雪皆無。
   タイヤチェーンが正解だった。
   しかしまだ時間は、午前11時半だ。
   周りは、雪景色だ。
9F2A7B1D-74E5-459F-A16B-FA1B966CF95E
   昼食を済ませ、無事到着後出来たことにあらためて感謝だ。
  妻は、横浜の叔母さんの葬儀で、昨日から出かけたので、今日電車で、近江今津駅に来ることになっている。

  メイルが入って、到着は5時を過ぎるようなので。それまでの時間自由に過ごすことにした。
  0CFC6A98-F9A1-4943-977D-717220571CE5
   それで周辺の雪の積もり具合を確かめに長靴を履いて出かけた。
   AEBD0812-A1EA-4940-86C9-E174AD69EA19
   本格的雪だ。ちょっとわくわくする。
  地元の神社と寺を探訪し、ログに帰る道にもどった。
   EDF716CB-E7F8-48B3-B448-955CBE09AB7E
   トンネルを抜けるとき、琵琶湖と竹生島が、くっきり見えた。
   ちょっと自分的には、近年になく至極の時だ。

    しかしここの眺めは、感動的だ。
    ログに帰って、すぐスーパー平和堂に夕食の食材を買いに車で出掛けた。

   ログハウスに戻ってしばし時間を持て余し、5時過ぎに近江今津に妻を迎えに行った。

  何と言っても今日は、クリスマスイブだ。

   雪のクリスマスイブを体験するのは、正直生まれて初めてかも知れない。

    夜の鍋は、建物が温まってうれしい。
   
     誰にも会わず、気を使わなくていいこの空間は、本当に癒される。

2011年12月23日 (金)

束の間の祝日 貴重な休息日だった

006_2
 年末をまじかにして、つかの間の休みは助かる。

 ただ勘違いで今日がマンションの大掃除と忘年会がある日と思ってしまっていて、実際は違っていたので、予定のエアポケットになった。

 それで、実際25日の大掃除の前に、11月に路地で抜いたビワとコナラの木の根っこの穴を整地し、切ったままのたくさんの枝を撤去することにした。

001


 ただ午前中いっぱいかかってしまった。

 午後からは、どうしようかと頭で思いめぐらしたが、やりたいことは目白押しだった。

 送られてきた米の支払いなどなどで郵便局に行くこと。

 明日また出かけるログへむけて、新しく購入できたタイヤチェーンの装着テストをすること。

 医療生協の機関誌のご近所の組合員への配布。

 蓬莱湯への入湯。

 思いめぐらすと他にも、レンジとトイレ換気扇の掃除、窓拭き、障子張り替え、破れている網戸の張り替えなどなど浮かんでくる。

 しかし緊急性のあるものだけをすることにした。最初の3つがそうだった。スーパー銭湯はただ行きたいだけだ。

 郵便局から行ったが、たくさん並んでいた。あきらめ機関誌配布に切り替える。

 もどってくると牛乳屋さんが集金に来ていた。

 次はタイヤチャーンの装着。

 これは案外うまくいった。もともとの製品と同じものだし、イメージトレーニングしていたので、片輪10分でできそうだ。ちょっとコツもわかった。

 それを終えて、そのまま車で、郵便局へ。今度は誰も客がいなかった。3か所への送金は並ばれると気をつかう。

 送金を済ませて、すっきりし、そのまま車で、蓬莱湯に。

 この段階で気持は軽くなってきた。

 銭湯に行くと、まだ3時過ぎなので、祝日ではあっても、先に入っていた人は一人だけだった。

 ゆったりと湯船に浸かる。

 風呂から帰って、後は課題はなにもしないことにした。

 ただパソコンで天気予報を見てみた。雪はまちがいないようだ。問題はどこでチャーンが必要かだ。

 そのあとは温泉に入ったせいか、急に眠くなり、床暖の上でうとうとした。

 目が覚めると窓の外は暗い。もう5時だった。

 もう買い物に行く気もなく、冷蔵庫のストックで料理を始めることにした。008

 風呂の準備をし、米を精米し、洗い、炊飯器も用意。

 そのあとこれも念願の毛染め。塗ってから20分置いていくので、その間に料理の支度をした。

 サニーレタスとトマトはそのまま皿に盛り、冷凍の鳥肉と豚肉を照り焼き風に。

 あと大根がたくさんあるので、ふろふきだいこんに。

 冷凍イカも焼いた。

作ってみるとちょっと出しすぎという感じだ。

 風呂から上がって2男が帰ってきたので、2人で食事に。

 夜NHKスペシャルでスティーブ・ジョブズの特集があるので、楽しみだ。

 明日はいよいよ雪で大荒れの滋賀に向けて走る。

2011年12月22日 (木)

一足早い週末 しかし今週は長かった

004
 今日は事実上週末。来週はもう年末の休みになるというのに、その前の3連休は、うれしい。

 しかし今週は、一日一日が長く感じてやっと今日を迎えたという感覚だ。

 先週もログに向かったが、金曜日夜出発で、朝8時半にはもう現地発ということで慌ただしすぎた。

 しかも今年冬初めての雪路面。

 ちょっと雪道に過敏になっている。

 ただ、今週も滋賀に向かう予定だが、結構天気が荒れて、雪はまちがいないらしいのでちょっと不安だ。

 朝の走行では、昨日より寒さはやや緩んだような気がした。

 しかし足はだるい。やっぱり昨日の帰りの無理走行がたたったかも知れない。

 それに誰にも会わなかった。

 ただ僕のようなロードで道路を走るのではないが、歩道をひたすら走る通勤自転車で毎日見かける人たちは元気に走っているのが見える。

 それぞれの思いで自転車通勤しているのだろう。

 職場には8時45分に到着した。

 今日のメインの仕事は、午後からの全体の会議。

 まあ一日の経過は早く感じた。

 ただ定時を過ぎて何故か明日が休みと言う感覚がわいてこない。

 ふと思い出して「ああ、明日から三連休や」とうれしくもなる。

 今日はそれから給料日だった。

 が帰りにいつも行く四ツ橋筋のM銀行ATMに向かうのを忘れてしまった。

 尼崎に入って、途中2号線ぞいにそのM銀行があるのを思い出し、その近くに到着。

 銀行の前では行員らしい人たちが、宝くじ最終日とかで、叫んでいた。

 まあ、ここでよく思い出せたので、給料日にやるべきことができた。

 今日の夕食はカレーだ。

 コープ立花に寄り、1階だけで買い物を済ませた。

002 家に帰って、やはり明日が休みだと思い、ちょっと安心してしまう。

 約30分で準備完成。

 風呂から上がって、2男と食事に。

 プレミアムビールは止められない。

2011年12月21日 (水)

カメラが治った

003
 今日はノー残業デー。早く帰る準備をし、更衣室を出ようとしたとき、携帯にカシオサービスセンターから電話が入った。

「依頼のカメラの修理が完了しましたので、いつでもお引き取りにお越しください。午後7時まで営業しております」と。

 明日でもいいかと思ったが、今日行っちゃえと、すぐその足で本町へ自転車を走らせた。

 御堂筋のイルミネーションは今日も輝いていた。

 ちょっと幻想的でもある。

 カシオのあるビルの前にトレックを停車し、カメラを取りに行った。

 9000円以上かかったが、ボディーのはがれも補修してくれていた。

 帰りの走行は面白いハプニングがあった。淀川大橋を登るとき、先にロードバイカーが一人いて、いつもの快速青年かと思ったが、そうでもない。橋を降りる信号待ちでは前にいて、なぜかこちらをじろじろ見る。

 話をすると尼崎に帰るという。

 その後は、追いぬかしてもらった。

 しかしそのあと別のロードバイカーが追い抜いてきた。

 ちょっと年配にも見えるが、そうでもないらしい。ただ荷物を持っていないので、練習走行らしい。

 かなり速い様子だが、どうも走り方に難あり、バスが発車しだした横をむりやり通り過ぎた。

 そのあと急接近し、ずっと後ろに付いた。

 しかし、次の信号停止では交差点角の前に待機している。ぼくは停止線で待機する。

 まあそんな快速でもこちらも本気を出せば、まだまだ追いぬけると思った。

 繁華街運転では、ノウハウはこちらの方が上だ。

 いつになく加速した分、爽快だった。

 コープに着いたのはまだ6時25分だった。

 今日のレシピは、肉じゃがではなく、「鳥じゃが」にした。

 鶏の胸肉を肉じゃがの肉の代わりに入れた。

006
  いよいよ明後日は、ログに向かおうと思う。

 しかし雪のぐらいがちょっと不安だ。

2011年12月20日 (火)

寒さにも負けず

1637E9A3-6F5B-48B8-8B46-75E16E8927B6 段々寒くなるのを肌で感じる。
しかし道路温度は、朝7℃だった。

サッシーには、会わなかったが、大阪に入ってから、自称元実業団選手の男性が、また重たい自転車でついてくる。
ついついスピードを上げてしまう。

のんびりと走ることは、なかなかむつかしい。
寒さは、まず手の指にくるが、走っているうちに忘れてしまう。

ただデジカメがないので心もとない。
職場には、8時40分に着いた。

今日の仕事は、朝は1台のパソコンの設定、午後は、会議と決まっている。
その間にもろもろのことをする。

昼休憩で、リアル英語アプリで、レベル8に達しているが、なぜか一機に後2点で合格というところになってしまった。

帰りの走行は、なお寒い。
この寒さでは、今度の週末のログ行きでちょっと雪のことがきになる。

今日の帰りのルートは、直接家に直行だ。
072C3C8F-97BE-4760-A8BB-E1CDA8F5A3A7 夕食レシピは、なぜかオムレツ。タマネギと卵のストックが多いのを思い出した。

そんな折、数日前ネットで注文したタイヤチェーンが届いた。これは、うれしい。

ログ行きには、心強い。

夕食は、一人っきりだったが、198円のプレミアムビールがうまい。

2011年12月19日 (月)

カシオサービスセンターへ

036CE72B-A53B-4E71-809A-D140A56301F8 月曜日は、やはり足が重い。
しかし年末に近づくとともに、楽しみもある。
というのは、仕事納めの翌日から長期にログハウスに滞在できる。

朝の通勤は、ちょっと寒いが、耐えられない温度ではない。
今日は、誰にも会わず、走った。

職場に着くころは、体は暑い。

仕事は、午後から京橋での会議があって、それを予定して、朝は、忙しい。

午後からの会議の後の職場までの移動は、寒かった。

仕事が終われば、デジカメの修理依頼で、カシオサービスセンターに行かないといけない。

その後も、コープ立花での買物に行かないといけないので、職場を出るときは焦った。

しかし職員から本町までの移動は、案外はやかった。15分ぐらいで着いた。

4C7E0276-B000-4190-AE44-35F9915D3455 センターのある御堂筋沿いは、今イルミネーションが施されている。
夜の電飾は、たしかにきれいだ。

デジカメの修理の手続きを済ませ、こんな形でイルミネーションを観賞できるのも何かの縁か。

観賞と撮影を済ませ、家に向け、走る。
それでコープ立花には、6時20分に着いた。

自転車の成せる技だ。

後3日働いたら、ログに行く。雪でないことを願いたい。

2011年12月18日 (日)

カメラが壊れた

D5D8118C-5524-4646-8B4B-70A749ABE9D8 まだ1年も経っていないはずだが、カメラのレンズが、最初ピントがおかしくなって、次には、レンズが出なくなった。
何せ毎日形見離さず持ち歩いているので、使いすぎかも知れない。

さて今日は、日曜日としては、家で目を覚ますのがひさしぶりだ。
やっぱり落ち着いて飲むサイホンコーヒーは、たまらない。
今日はあえて予定を作らないでおこうと思ったが、性分かつい「あれを今日やっておこう」とか、「これなら今日できるかも」とか考えてしまう。

実際この間のみかんの集金の計算と仕入れ先への振り込む仕事があるし、掃除機の回収袋を買いにいく用事もある。
しかし結果的に一番時間がかかったのは、タイヤチェーンの購入だ。

以前買ったことがある自動車部品専門店では、カーメイト株式会社の非金属のチェーンを今は扱っていないという。

その会社は、なくなったのかと思ったら、ネットでは、一番ヒットするメーカーではないか。

まあ自動車部品点では、スタッドレスタイヤが、主流になってきているので、利用が減ってきたタイヤチェーンに力が入っていないようだ。

しかし値段的には、スタッドレスタイヤを買うと7万円以上する。
それにカーメイトのHPでの比較動画で確信したが、タイヤチェーンの方が、深い雪には、力を発揮する。
ただ脱着の手間が問題なのだ。
しかし自分的判断では、タイヤチェーンを買うことの迷いは、消えた。それもカーメイトのバイアスロンという製品が、やはり一番いい。

ところが、まず自分の車に適合する製品を探すのに手間がかかり、探し出したと思ったら、それは楽天市場だが、自分の登録していたパスワードを忘れてしまい、また一からやりなおしたりして、午後から2時間掛かりっきりだった。

まあ最終的には目的の商品を申しこんだ。
自分はいつもは、アバウトな性格だが、さすがにこの商品にかぎっては、雪で何度も苦い経験をしているので、慎重にならざるを得ない。

そんなこんなで、夕方になってしまったが、まあミカンの清算を済ませたことと、通販だがタイヤチェーンを手に入れたことは満足だ。

とか自分に納得しながら今「南極大陸」をみている。

2011年12月17日 (土)

ひやひやものの雪道帰還

006

 夜中もまだ雪が降り続いただろう。

 ときどきうつらうつらしていると、「どさー!」という音がした。

 屋根に積もった雪が落ちる音らしい。

 朝起きると、マイカーの屋根の上からボディーにかけてみごとに雪が覆っている。

 「むむ、これはもうチェーン装着しかないでしょう」と覚悟を決める。

 
003 

 しかし2年ぶりのチェーン装着だ。

 イメージとしては、一応頭でトレーニングしたつもりだが、ひさしぶりの装着は、記憶をたどるのと、ゴムチェーン自体がちじんでいて、なかなかゆうことを聞かない。

 それに軍手の作業は雪が水になって手にしみこんでくるので、指がかじかんでいったん家に入ってあたためなおさないと、やってられない。

 まあしかしなんとか30分ほどで、前輪2つ装着完成した。

 それにしてもこの先、道路まで脱出できるか、以前チェーンをつけていても、動かなかった経験があるので、安心はできない。

 しかし今日は、職場で午後から会議があり、その前に12時半からも打合わせの約束がある。

 敷地から出るまではスコップで雪をさらう。

 それでなんとか家を脱出し、道路に出た。

 しかしまだ雪は降り続いている。

 行けるところまでチェーンをはめたまま走ろうと覚悟を決める。

 なにせ今のタイヤチェーンは5年ぐらい使っているので、耐用年数限度ぎりぎりといったところだ。

 まあしかしなんとか、小松というところのローソン駐車場まで走りきれた。

 ただ今度は外すのも一苦労だ。

 「やっぱりスタッドレスタイヤがいいかな」と弱気になる。

 まあそれでもなんとか15分で脱着終了。

 コンビニ付近でもまだ雪は降り続いていた。

 そのあとどんどん雪からは遠ざかり、琵琶湖南部はさっきの吹雪がうそのように見事に晴れていた。

 そんなこんなで家に着いたのは、そこから職場に向かいたかった時間15分までだった、。

 あとは職場に行ってスケジュールをこなす。

 なんとか咸宜は4時前に終わり、今度は地域流れ星少年団クリスマス会での演奏がまっている。

 家には5時過ぎについて、そこから会場にキーボードを運び、しばらくしrて演奏の出番となり、本番になった。

 内容はまあまあか。

 あとは父母の忘年会。

 缶ビール3本飲み干してしまった。

 「本当に年末なんだな」とふと感じる夜だった。

2011年12月16日 (金)

ログに来たら雪だった

E8B4B789-854A-4DFF-AA5A-90101E4967AE   今日は、またまたログに行くため、休みをとった。
   というの、来週知り合いがやってくるため、布団をたくさん運んでおかないといけないのだ。

  ただ妻は、仕事を終えてからということになるので、それを待って、夕方6時の出発になった。

    それで朝からは、ひさしぶりに家にいた。
   ただ結構やることは、いっぱいある。
   001


まあ、スーパー銭湯にいくことは、最重視課題だった。
  軟弱だが、車で行った。

  午後からは、明日の演奏のため、みっちり練習した。

   さて、出発にむけて待ち合わせ、西宮入口から出発した。
   最初は、空も晴れ、快調な滑り出しだった。

   ところが奥びわ湖に近づいてくると、なんと雪模様だ。
   ログに近づくにしたがって、道路は、本格的に雪道になりつつあった。

   しかしこんなところでチェーンを捲くのは、大変だ。いちかばちか、そのままのタイヤでログに近づいて、間一髪敷地にクルマを到着できた。AAAB87A7-B998-4A9E-A684-0172536CC39B

  ただし内心ひやひやものだった。

2011年12月15日 (木)

今日もパワー以上に走っていた

001_2



 人間いくらポディテブに動いていても、年齢的、体力てな限界はある。

 自分的に反省してみて、土曜日のみかん配達は、10kgのみかんの何個も納品作業をこなした。

 そしてその作業を終えて、すぐ夕方から滋賀のログハウスにむけて車を走らせた。

 月曜日からは、ちょっと過激な通勤をしてしまった。それが4日続くとさすがに疲れた。

 通勤はなにせ4日とも出発時間が違っているのに、それに合わせてサッシーと毎日遭遇する。

 当然意識しなくても、足が荷重にペダルを踏んでいるのだ。

 まあしかし走っているときは、彼の前を先行してなんとか野田阪神まで引っ張った。

 そこから知らないローダーが前に出たが、追い越すだけのパワーが残っていない。

 しかし長堀橋手前から追い抜いちょった。

 職場には8時41分タイムカードを押した。

 仕事は、午前、午後と会議2連ちゃん。

 あっとい間に時間が過ぎる感じだ。

 明日は休暇を取ったが、またまたログハウスに行く。

 その楽しみがあるから今日はやりこなせたかもしれない。

 夕食は、今日も直感だが、「おでん!」と決めた。

 こんな日の帰り道は楽しいはずだが、向かい風と、疲れでそれどころではない。

 なんとかコープ立花にたどり着いた。

 アーケードの商店街は今日も自転車は降りて通行するように注意されているのに、いいおとながそれを守らない。

 コープの前の宝くじ売り場は人だかりだ。

 他人のことだが、いい気はしない。

 そんな金を使うなら、他人のために使えといいたい。ただ公営ギャンブルには人々は寛大だ。

 おでんはやや不本意だが、おで002んセットパックを2つ買ってしまった。

 しかししゃくだが、だしがうまい。

 テレビでは科捜研をやっていた。

2011年12月14日 (水)

またまたサッシーと出会う

003
 今日は出発が早かった。

 だからまずサッシーとは会わないだろうと思って走っていた。

 尼崎繁華街をややペースを落として走っていると、十間で信号停止のとき、またまたサッシーがやってきた。

 「ふしぎやなあ?」と言うと、「ぼくも今日は朝j早かったんで」と言う。

 先週からずっと毎日会っている。

 一時は、まったく出会わなかったが、これお偶然ということなのだろうか。

 その後、間に入ってきたツーキストが後ろで話かけてきた。

 前にも会った特殊自転車の男性だった。

 前にも聞いたかもしれなkが、以前その彼は実業団で10年走っていたという。

 面影はないが、結構ついてくるから、その理由がわかった。

 まあいろんな人がいるものだ。

 しかしトレックロードを抜くのは無理のようだ。

 その後またサッシーと2列になり、野田阪神で別れた。

 それで職場には、8時41分に着いた。

 今日も仕事は、スケジュールにないことばかり。

 ただ明日の2連ちゃんの会議のための資料作成は決まっていた。昼は電話当番もある。

 いかし午後の日が沈むのが速い、。4時を過ぎると日が陰ってくる。

 もう少しで冬至がやってくるはずだ。

 それを過ぎるとだんだん日が長くなっていく。

 夕方帰りは、四ツ橋筋を通って、一件資料を渡すため走った。

 やはり逆走自転車がいた。もちろん注意した。

 用事を済ませ、さらに四ツ橋筋を大阪駅方面に走る。

 ちょっとこの辺を走るのは怖い。

 2号線に合流し、西に進路を変える。

 そして野田阪神交差点に来るとやっと安心だ。

 2段階右折していつもの帰り道に入る。

 ここからは時々出会うかなり早いロードバイカーに出会い、追いぬかれた。

 ただ今日はあえて、ついていかない。

 その彼は神崎橋南詰交差点で右折するらしく、止まっていたが、手であいさつを交わすと返してくれる。

 寄り道はしたが、今日は5時過ぎに職場を出たせいでまだ早い時間だった。

 コープ立花に今日も寄る。

 今日は魚料理と決めていて、コープに入ってブリと決めた。

004
 できりだけ短い時間で料理することを狙って、作業にかかった。

 ただ体の疲れを今日は感じる。

 2男も妻も7時半までに帰ってきた。

 そのことには調理は済んだ。

 今日はシルクヱビスで晩酌だ。

2011年12月13日 (火)

寒さは緩んだが、足がだるい

002

 昨日よりは、寒さはゆるんだ。

 しかし昨日の朝のスピードアップがたたった。

 足がだるい。

 しかし今日もサッシーに会った。

 この偶然はすごい。

 ぼくがやや遅めに家を出たと思ったら、彼も遅かったりでうまく遭遇するのだからおもしろい。

 ただ少し気を使って、自分のスキル以上のパワーを出そうと無意識にしていて、やや疲れる。

 ただ走っているときはまったくわからない。トレックはよく転がる。

 いつものことだが、大型トラックが渋滞の中を停止している横をすり抜けるのはちょっとスリルだ。

 ただぜったい事故はご法度だ。

 歌島交差点で赤信号。

 停止中、前に車は左折のウインカーを出していないが、直感で「右折するかもしれない」と予測したが、思ったとおり走りだす段になって左ウインカーを出した。

「ばかやろう」。もっと先に出しておけ!!

と心のなかでつぶやく。

 とにかくY.Kの車、自転車が多すぎる。

 まわりの状況に気を使いながら走れよといいたい。

 まあそんなことで職場には8時45分に無事ついた。

 仕事は今日もライブで起こる。予定にないが次々と仕事はある。

 しかし仕事中もログハウス行きたいという気持がちらちらする。

  昼休みついに英会話アプリのレベル7を達成した。ただ復讐問題というのがあってまだそれはクリアできていない。

 夕方はあっという間にやってくる。

 5時すぎには帰る準備に。 

 帰りはゆっくり走っていこうと心に決める。


003 夕食メニューが頭に浮かび、「豆乳鍋が食べたーーーーい!」と思う。

 それでコープ立花に行って豆乳と魚と団子を買う。

 
 家に帰ってほっとするが、食事の用意は容赦がない。

 いつものように風呂の準備、ごはんはまだ残っていた。

 鍋の用意をする。

 間断をぬってピアノの練習をしようと思ったが、風呂に入り、出てくるとすでに2男が帰ってきているので無理だった。

 食事に入ると落ち着いてしまって、時間が流れていく。

 まあしかしこの時間が一番ほっとする時間だから仕方がない。 

 そのうち妻が帰ってくる。

 次rとログに行く日程を調整する。

 テレビではBSプレミアムでチリ・アルマ?電波望遠鏡観測基地のことが放映されていた。

 まさに夢の世界だ。そこで観測、研究している研究者たちは目が輝いている。

 ぼくもちょっと未知なる世界には興味をそそられた。

 

2011年12月12日 (月)

朝の通勤はちょっとパワーアップしすぎたかも

001
 ますます寒くなってくる気配だし、朝ゴミ出しするときも、その体感だった。

 しかしとくに防寒アイテムを増やすわけでもなく、やや分厚いアンダーを着ただけだった。

 最初の道路温度表示が藻川近くいあるが、なんと5℃を示していた。

 いよいよ来るものが来たかという感じだ。

 しかしまだ我慢できる。

 その温度計を撮影している最中、サッシーやその他のロードバイカーがとおりすぎていった。

「あれ、今日もサッシーと車列を組めそうだ。

 やや遅れて出発したが、信号のタイミングで、追いついた。

 阪神通勤ロード4人衆の忘年会は新年会に切り替えることを伝えた。

 その後成り行きで前に出てしまったが、前を引っ張るためやや加速して走った。

 それで何人も抜いてずっと先頭を維持した。

 おかげで、月曜日の朝だというのに過剰パワー運転してしまった。

 ただ、昨日トレックバイクをパンク修理し、洗車し、整備した関係で走りは快調だったことはたしかだ。

002 やはり職場には8時45分ごろ着いた。

 仕事に入るともう疲れは忘れている。

 今日のスケジュールをチェックすると空白だ。

 しかしそれでも仕事はいくらでもあるもので、ボッとするような余裕もなかった。

 昼は3男に送金する。

 なにせ昨日電話したとき所持する現金が0と言っていたからやや慌てた。

 午後からはパソコンとの格闘。これははっきり言って目が疲れる。

 温度は朝と対象的に温い。

003帰りの走行では驚くべき現場をみてしまった。

 尼崎に入り、十間という交差点手前で前の信号が黄色に変わったとき、横にパトカーがいたが、なんとそのl黄色信号を無理に入っていったのだ、すでに交差点を出るときは赤になっている。

「なにしとんねん。パトカーがそんなしてええんか」とあきれる。

 世も末だ。

 警察教育をうたがう。

 公務員の中で、警察と教師は、一番多いらしい。

 いまや公務員すべてをひとくくりにして、高所得者としてやりだまに上がっているが、警察官はたしか賃金は低いと聞いている。。おもけに残業手当もないらしい。

 それでjはプライドをもった警察官は育たないだろう。

 また民間もひとくくりにして公務員に比べてきびしい職場環境で給料も低いという。

 給料が低すぎるのだ。

 マスコミの主張に騙されてかいけない。

 経済が疲弊している原因の大きい部分は国民の圧倒的多数の所得が低すぎるのだ。

 そこに消費税を上げる話が出てているが、それこそバカだ。

 蓄えをもたなくても高齢まで安心して暮らせる社会をつくらないと、物を買おうと思わないだろう。

 家に帰って、すぐ食事の用意。もちろんコープ立花には買い物でよっている。

004 できるだけ手間をかけずに作ろうと思い至ったのが、ハンバーグ。これは冷凍だ。

 味噌汁の変わりに昨日の鍋の残りに豆腐の残りを入れた。

 後は野菜でまわりを覆い、食堂風目玉焼きを添える。

 妻が帰ってくるまで風呂に入り、出てからピアノに向かう。

 今週土曜日のクリスマス会が本番だ。

  こんな生活がうれしい。今ブログを書いているが、毎日予定満載だ。







2011年12月11日 (日)

パンクは突然やってくる

008
 今週も日曜日の朝はログで目覚めた。

 昨日から今週は天気がよい。その分夜は寒かった。

006
 しかし昨日の夜は感動的だった。何が感動的かというと、皆既月食そのまのなんだが、月のまわりの星々が欠ける前の満月とマッチしてきれいな夜空だった。

 オリオン座も月も下のくっきり見えた。

 それから時間の経過の中で、月は欠けていったが、それを見続けるのは辛い。

007 そのまま家に入って寝入ってしまった。

 今日の朝は、琵琶湖方面東の空が朝焼けだった。

 

 この貴重な時間を毎週経験できるなんていままで経験したことがないことだ。

 朝食をとったあと、昨日成功したアナログテレビのチューナー設置でのデジタル化をさらに、ビデオデッキを経由して移るよう試してみた。

 みごとに写った。このチューナーは、IO-DATEという会社だが、もとのアンテナが使えるというすぐれものだ。

 後は掃除と、ピアノ弾き語りの練習。

 なんの雑音もなく、ただピアノに向かえるのはうれしい。

 ついでにユーチューブにアップした。曲は桑田圭介の「白い恋人たち」。

 今度地域流れ星少年団のクリスマス会で演奏する予定だ。

 そんなこんなで、時間が過ぎるのは早い。

 後ろ髪をひかれる思いで、戸締りと、ブレーカーのスイッチのoffとプロパンガスのバルブの栓閉めなどをして、午後1時25分ログを後にした。

 この時間なら、帰りの道は順調だった。

 ただ、どこかのトラックが、巡行運転で前にいたので、そのままずっとその後ろを走っていたが、だいたい80kmから90kmの安全運転だ。

 どこかで、別れると思っていたが、そのまま尼崎出口まで一緒だった。笑ってしまった。

 それでも2時間かからず家に着いた。

 ところで、昨日家を出る前気づいたのだが、マイトレックロードバイクの後輪がパンクしていることは分かっていたが、なんと前輪も同時にパンクしているのだ。

 それで家に返ってから、少しの休憩だけで、すぐパンクの修理を始めた。

 前輪jは普通のパンクというか、中のチューブの一か所に小さな穴が開いていた。

 パンクのときはかならずタイヤの内側を指で破片か何かがないか確認する。

012


 それで後輪も数日前に確認した破片のダメージでチューブに穴が開いたのだろうと思ったが、タイヤを手で探っていくと、いままで経験したことのない小さな金属がささっていたのを発見した。 

 前後輪同時期にパンクするのも偶然だが、後輪はこの前の破片と別の破片がささっていた。

 なんと不思議なことだろう。

 このトレックを買ってからすでに10カ月になろうとするが、一回もパンクしなかったのにだ。

 ただ今回通勤途上でパンクしなかったことは幸運だった。

 まあこんなこともあるさ。

2011年12月10日 (土)

またまたログハウスに来てしまいました

FD864248-B754-402E-966F-CE17832941FB
今日のスケジュールは、はっきり言ってあまり楽しくはない。
というのは、もう20年も続けているのだが、有田有機みかんの配送。
60以上の10kgみかんを直接配送と宅配配送、それに尼崎医療生協病院職員への配送などだ。
これが結構ハードなのだ。
今年は、ただその作業をおえたら、ログハウスにいこうと思っていたので、ある意味苦ではない。
ただ朝からは、なんとなくイライラしていた。
実際も大変だったが、午後4時に作業は終わった。
但し、マイマンションのメンバーへの配送が残っていたりして、全作業が終わったのは、5時を大分過ぎていた。
そんなこんなで、ログハウスにむけて出発したのは、6時20分だった。
しかしすべてのしがらみを終えて開放的な気分で、スタートした。
AD762D31-EF5C-44D7-A292-0AAE9D99861B
今日は、現地に着く前に比良トピアの温泉に行くことにした。
比良トピアには、7時45分ぐらいに着いた。
入湯するとさすがに気持ちいい。
昼の疲れは吹き飛んでいた。
ログハウスに着いて、今日はサプライズがある。
というのは、皆既月食が今日あるということだ。6D1B5605-A566-4F21-91B3-10B92FE89800
実際の空を見てちょっと感動した。
空は、くっきり晴れている。
やはりログの空は、ちょっと違う。

2011年12月 9日 (金)

会議な一日

 いよいよ週末。

 しかし、今日は午後から会議と忘年会の連続だ。近畿中から事務局長が集まってくる。

 それで、通勤は当然電車ということになった。

 それにしても今日は特段寒い。

 スーツにコートという服装で家を出掛けたが、むしろ自転車のほうがよほど寒さを感じないとと思う。

 ステーブ・ジョブズ自伝Ⅱも佳境に入ってきた。

 電車通勤のメリットは本を読めることだろう。

 明日はまたログハウスに行けるのがたのしみではあるが、その前に尼崎中に有田有機みかんの配送作業をすることが課題だ。 

 おそらく夕方までかかるだろう。

 ところで、忘年会では、ログハウスのことをしゃべってしまった。

 自分的にも口が軽い。

 まあしかしなんとか明日は夕方に尼崎を出発できることを願う。

2011年12月 8日 (木)

とうとうパンク! 夜は蟹なべ

001 今週はふしぎなことにサッシーにすべての通勤日に出会った。

 今日は、朝新聞の天気予報では曇りということが表示されていたが、実際は雨が降ってきた。

 それで2号線に入ってしばらく走ったところで、デイパックに防水カバーを取り付けるため、一度歩道に避難した。

 そこでサッシーが通っていったのが見えたのだ。

 すぐ道路にもどり、走行を開始した。

 落ち着くのは無理かと思ったが、なんとか尼崎繁華街を過ぎたあたりで追いついた。

 彼は今日は、雨のせいでシングルギアーバイクに乗っていた。

 彼の先行で走る。

 雨はずっと続いていた。

 なんとか淀川の登りもついていくことができた。

 ただしこのときから異変がおこっていたと後で考えるのと思われる。

 つまり昨日後輪に金属破片がささっていたのを発見して抜いたのだが、結局帰理の走行で、空気が極端に減っていたのだ。

 ただこのときはわからなかった。

 サッシーとは野田阪神で別れて、何も異常を感ぜず職場まで走った。

 8時43分ぐらいに着いた。

 仕事は今日は会議、梅田の店訪問、午後から会議等々とまったく息つく暇がなかった。

 しかしなんとか5時すぎ最後の会議が終り、帰る準備に。

 職場を出発するときは何も感じなかった。

 しかし淀川大橋を走るときか、どうもペダルが重い。バランスがとりにくい。

 ただそのときは空気が減っているとはまったく思わなかった。

 2号線を右折し、北向きに走るときますますバランスがおかしい。

 体の調子が悪いのかと思ってしまった。

 ただJR立花のバイパスは、ダンシングでずっと登ったが、極端に疲れた。

 おそらく回転が重くなっていたのだろう。

 しかしまだパンクはきずかなかった。

 そのままコープ立花に入る。

 夜か蟹なべだ。いろいろ買い物をし、駐輪しているところに戻る。

 偶然後輪タイヤを触ってみると、異常にへっこむ。

 「あれ、パンクやんか」

 とびっくり。

 思い当たるのは昨日の金属破片。

002
 とにかくコープの店からは、トレックを押して帰った。

 夜は蟹鍋。

 なんともいえない心地よさ。

 2男と2人会話に花がさく。

 たまには蟹もいいだろう。

2011年12月 7日 (水)

今日はラッキーなことがあった

003
 今日は普通に自転車通勤していた。

 道路温度は体感温度とは違い、7℃ではじまった。

 温度表示は走っていくほど上がっているようで、次の場所では8℃、その次は9℃となっていた。

 歌島交差点手前からターミネーターさんが近づいてきた。

 彼はまだ薄着だ。

 まさにターミネーターだ。

ぼくはすでに冬モード。これで丁度いい。野田阪神で彼と別れ、職場には8時42分ほどに着いた。

 そのとき後輪にカギをかけるのだが、丁度タイヤの最上部に金属片らしいものがついていた。

 いったん職場に入って服を着替え、もう一度自転車のある場所に針をもって降りた。

001
 約5mmの金属辺だった。

 まっすぐ刺さっていなかったのでタイヤを貫通していなかったようだ。

 それに自転車を止めたときまったく偶然に最上部にそれが現れた。

 もしそれを発見していなかったら、数日のうちにタイヤはパンクするだろう。

 昨日からラッキーなことが続く。

 昨日は、帰りにコープへ行って買い物するときそのメモをなくしてしまったが、それも偶然思い出した。

 それは今度の土曜日みかん販売に使う手書き納品書綴りだ。

 それは、コープに入ってすぐのところにみかんを売っていたので、思い出したのだ。

 ところで今日は、その土曜日のみかん配達の地図落としと納品書作成などのため、家に帰ってからやるには結構大変なので、午後から休みを取った。

002 

 昼間のなにわ筋を走るのはめったにない。

 イチョウ並木がいまがみごろだ。

 道路の路肩もその葉のじゅうたんがきれいた。

 食事の後すぐ走ったわけだが、どうも問題はなかった。

 ただ昨日調整したはずのトレックのリアディレーラーの調整が十分でない。

 向い風の中kを家に向かう。

 約1時間で家に到着し、シャワーを浴び、さっそくみかんの納品の準備にかかった。

 約50個の箱を配ることになる。結構複雑だ。

 まあ配達分の地図落としと納品書作成で2時間かかった。

008
 しかしまだ午後4時。

 前からの課題だったビアンキのスピードメーターの電池交換と調整をし、トレックのリアディレーラーの調整もした。

 これでやるべきことはまずできた。

 今度の土曜日の課題を終えればまたログに行くつもりだ。

 たまにはちょっとゆっくりできるのもうれしい。




2011年12月 6日 (火)

朝スタートが遅れたのにサッシーに会った

001
 朝は洗濯物干しが残されていて、かなりの量のため、それに時間がとられ、いちもより約5分遅れた。

 まあしかし自分に「慌てるな」と言い聞かし、いつもも調子で走り始めた。

 いつも会ったことのない通勤自転車走者に会うかと思ったが、ママチャリのいつも出会うおじさんに出会う。

 そしてしばらく走って後ろから誰かがきた。

 サッシーだ。

 昨日会ったばかりだが、2日連続での2人走行だ。

 それでちょっと力が入ってしまったが、今日はやや調子がいい。

 というか追い風気味だ。

 結局職場は8時48分ごろ着いた。

 仕事は、とくに面談等1回だけなので、資料づくり等パソコンに向かう日々となった。

 しかし昨日IPHONEのカレンダーがグーグルカレンダーと同期に成功したので、ちょっとうれしい。

 周りの職員に言いふらしたりしてしまった。

 しかしこれは便利になりそうだ。

 昼はあいかわらず、喫茶キャビンに入って、リアル英会話レベル7に挑戦するが、なかなか点数がアップしない。地道な挑戦だ。

 夕方帰る準備。今日は帰り道でサンワサイクルへまず行く。

003
 目的はわがトレックのブレーキシュー〈ゴム)がどうも摩耗しているようなので、その交換品を買うことだ。

 それはすぐ終わった。002



 もうひとつはコープ立花による予定だが、買わないといけないものは朝メモ用紙に書いてみた。

 ただコープに入るときそれを紛失。

 なんだったかな? と頭を働かせる。 シャンプー入れ替え品は分かっていたが、あとはビールともう一つがわからない。

 ただ一階でみかんをみたとき、ふと思い出した。

 今度の土曜日実行するみかんの配達のための納品書を買うことだった。

 しかしよく思い出せたと自分に感心した。

 家に帰って食事の用意。

004

 昨日煮物を作った残り汁を使い、こんにゃくなどを足してまた煮た。

 それをメインにしようと思ったが量は知れている。

 それでイワシを一人2匹づつ焼いて、たまごをレストラン風に目玉焼きにし、トマトを直感でおしりを十字に切り、ドレッシングをたらしたりした。

 するとなかなか見栄えのよいレシピができた。

 これで完成。

 腹筋30回して、すぐ風呂に入った。

 その後の食事の時間がもっとも一日でホッとする瞬間だ。

 まあこれは幸せなことかもしれない。

 

2011年12月 5日 (月)

ちょっと寒くなってきました

001
 最近走ってみないと寒いのか、そうでもないのかわからない。

 今日は寒い。

 道路温度は9℃。いよいよ正常な冬になりつつある。

 しかしまだ耐寒まではいかないグローブで十分だ。

 服もアンダーと長袖サイクルウェアの上にジャケットで十分だ。

 

 今日も、やや早い目に家を出たが、サッシーが後ろからやってきた。

 ところで今日は、仕事の一環で葬式に出席しないといけないので、デイパックには、礼服上下を入れたが、黒シューズは入らない。

 「やはり葬式では黒でしょう」ということで、買い物用ビニール袋にそれを入れて、ハンドルに括り付けた。

 しかしそれでやや走りにくい。

 

 野田阪神でサッシーと別れ、そのまま職場まで走った。

 8時44分にはタイムカード前に着いた。

  仕事の中心はやはり自分的には葬儀出席だった。

 53歳という働きざかりの医師がなくなられた。

 参列して本当に悲しみを味わった。

 そんなこんなで他の仕事は中途半端にならざるを得なかった。

 

 帰りは真剣に寒かった。

002 それでも走っている間にグローブの中は暑く感じてくる。

 しかし寒さも後半感じた。

 今日は夕方の電話当番ということもあって、やや帰りの時間は遅くなった。

 自転車の走行がよしにつけ悪しきつけ、注目されている。

 ただ今ごろになって、慌ててて警察も取り締まりを始めたが、もっと前からやるべきだった。

 ぼくは、かなり以前からボランティアで道路での交通ルール違反の自転車、歩行者、自動車に対し、注意を投げかけている。

 日経新聞の意見でも、警察官自体が正しい自転車運転についての認識がないことがいままで注意を躊躇してきいた要因だと書いてあった。

 しかし、信号無視なんて、認識のなさの問題ではない。

 だめなことははっきりしている。

 そんなことまで躊躇していること自体警察の失態だ。

 ただ依然一人の交差点監督中の婦人交通警官が、信号無視の車を笛を吹いて走っておいかけた光景は忘れならない。

 その婦人警官ぐらいの気概のすべての交通警官に持ってほしい。

 とにかく帰りの走行は寒かった。

2011年12月 4日 (日)

ログハウスにはキーボードがよく似合う

006
 一人だけの夜明け。

 昨夜はかなりの嵐で、屋根には雨音がはげしく聞こえていた。

 特に今日は会えてする仕事はない。

 ゆっくり起きて、朝風呂に浸かった。

 しかし朝はまだ雨が降ったり止んだり。

 散歩もできそうにない。

 とりあえず、トイレのペーパー入れの場所をレジを外して変更した。

 昨日積んできたタイヤチェーンの中身を点検してきれいにしたりした。

 それからせっかくキーボードを持ってきたので、セッティングして練習にいそしんだ。

008
 今ビートルズの「レット・イット・ビー」に挑んでいる。

 やはり誰もいないところで雑事もなく、集中して練習できる。

 あっと言う間に11時を過ぎてしまった。

 時間の経つのは早い。

 午後12時にはここを発つことにしていたので、急いで昼食の準備に。

 昨日買っておいて冷凍ちゃんぽんを温める。それに昨日残っていたカレーも食べた。

 一人出来たのだが、それでも荷物が多い。

 なんとか15分遅れで、ログを後にした。

010 道路に出て、琵琶湖の方を眺めると、なんとも気持ちのいいロケーションが見えた。

 ここは柿の収穫地だが、先週運搬途中で一箱落としてしまって、畑にほかしている姿を見たが、ひょっとしてまだほかされたままではと、その付近を探してみると、ちょんとたくさん虫にも食べらず残っていた。

 それで6個ほどもらっていった。

 やはり午後すぐの帰路は、車がまだマシで、渋滞もなく家に着くことができた。

 それにしてもETCは買うものかと思っていたが、使ってみると、料金所でいちいち財布を出さないといけないことがないので、その分だけは便利だ。

 また来週やってきたい。


2011年12月 3日 (土)

4回目のログハウス滞在

039B2BAA-A6A6-4F8D-9CE7-D3ABD1A30CB4
今日は、待ちに待った土曜日だ。
と言うのは、ログハウスに行く予定の日だからだ。
ただし、朝から会員訪問があり、午後から会議だ。
朝は、訪問地域の大阪、西区を周って行ったわけだが、気分転換になる。
公園の木々は、赤く色ずいているのが、綺麗だ。
ラッキーにも気温は高かった。
午後からの会議もだいたい予定どおり4時に終わり、やっと開放された気分で、家へと急ぐ。
今から滋賀県まで行くというのは、やや気おくれする部分もあるが、たまには一人になる日もあってもいいかなとも思い、嬉しくもなる。
568885DB-2109-44C0-9407-82897CE6FB74
正味2時間弱の旅だ。
今日新しい試みとして、ETCで初めて高速入り口に入った。
正直言って不安だった。
もし反応しなかったらどうしようと、ドキドキだった。

しかし、見事に遮断機が上がった。
あたり前のことだろうが、自分的には、感動した。

出口では、料金表示がちゃんと出て、1250円と知らされた。

奥滋賀付近は、結構嵐だった。

しかしなんとか7時50分ぐらいにログに着いた。
ほっとして、夕食の用意をした。778443A3-0D34-47BB-A193-67982782850C

家から持ってきた冷凍カレーだ。ただしご飯は、現地で炊いた。
その間に風呂に入る。
一人なのでなんの気兼ねもいらず、いつになくゆっくり浸かった。

こんな日もあっていいだろう。

2011年12月 2日 (金)

雨覚悟の通勤だったが、かろうじて免れた

001
 レインウェアはしっかりデイパックに入れて、家を出る。

 しかしすぐ雨模様。

 とりあえず2号線までそのまま走る。2号線に入って、信号が結構長く停止するところがあるので、そこでデイパックに赤のカバーをかける。

 体は、あえてレインウェアを着るのははっきり言って面倒くさいので、そのまま走っていた。

 やや腕あたりに雨がしみこむのが見える。

 まあしかし気にしないうちに、そのままの状態だった。

 そんな折うしろから誰の自転車がやってくる。

 次の信号停止で後ろを振り返ると、サッシーだった。

 自分は今日のスタートがだいぶいつもより遅れていたように思うので、誰にも会わないと思っていたが、会えた。

 今日もそんなに急いでいない様子で、自分が先行させてもらう。

 次の信号で「ああ、しんどう」というと笑っていた。

「だいたい年が違うしな」

「でも同じ世代の人より元気でしょう」

「まあね」

とかいいながら、野田阪神交差点だ。

 

 今日もそこで別れる。

 彼はこれからが自転車の本番だ、なにせメッセンジャーなのだから。

 しかしその後もやや足に疲れを感じる。

 職場にはそのまま8時48分到着。まあまあ早く着いた。

 仕事はそこそこ、だいぶ楽な日かもしれない。

 その分ずっとデスクに座る時間が多かったせいで、逆に疲れた。

 帰りはやや追い風。

 よしよし。足は軽い。

 車道を走る自転車は皆無だ。

 ただ、雨が降らなかったことは幸いだった。

 コープ立花に着いてふと発想した。

 というのは、すぐ横に宝くじ売り場があるのだが、そこで買っている人が見て、いつも無駄なことをしているなと卑下してしまうのだが、今回の大阪の選挙結果を思い出して、橋下軍団に投票した人は宝くじを買う行為と煮ているんじゃないかということだ。

 何もよくならないのに、ちょっと期待して買ったり、投票したりしてしまっている。

 もっと冷静に自分にとってどんな関係と結果があるか、よく勉強して行動するべきだ。

 日本にはまだまだ民主主義の試練をくぐっていない。真実を探求しようとする自覚が欠落している人が多すぎる。

 家に返って夜もNHKクローズアップ現代で松井新大阪府知事と知識人の対談があったが、松井氏は、これからの方法を語るだけで、あなたの府政に対する考え方はどうなのと聞きたいが何も語らない。

 つまりいきなり候補に祭り上げられて、府政をつかさどるうちわではないらしい。

 つまり知事不適格者だろう。

 彼らにノーの意思表示をした人たちのこれからの行動を期待したい。

 大阪の明日はそこにかかっている。

2011年12月 1日 (木)

マンホールになぜか再発見が!

002
 今日はかなり寒いと天気予報では言ったいたが、そうでもない。

 次回ロゴハウスに行けるまであと2日、今日は特に重要な仕事はない日なのでなぜか気は楽だった。

 今週月曜日、テレビの「釣瓶の家族に乾杯」で、道路のマンホールがカエルの絵だったことが記憶にあって、ちょっと自分が走っている道路のマンホールを観察してみた。

 すると興味がわく事実を発見した。

 まず尼崎の道路で見たマンホールがこれ

001


 とんぼと魚が描かれている。

 10年間この道路を走ってきてまったくきずかなかった。

  ちょっと感動ものだった。

 通勤は、天気予報が雨マークだったためか、通勤自転車は少ない。

 ただ、以前書いたロードでもクロスバイクでもない自転車で走っている男性に遭遇。

 彼は、歩道を走っていたが、ぼくを発見してか、後ろについてこようとしていたみたいだ。

 それでしばらく走ったあとの信号で停止していると、後ろに追いついてきて声をかけられた。

 「やっぱりついていくのは大変ですわ。でもいい運動になりますわ」

 と言われた。

 後はどこで離れたかわからないが、いなくなった。

 さて大阪に入り、道路の目をやると、やはりアートのマンホールがいっぱいある。

003
 大阪城とさくらだ。

 だいたい一般道の真ん中付近に集中してある。

 ただし、側道付近では別のマンホールで、アートはないが、大阪市のマークが入っていた。

 その他はNTTのマークのマンホールも見た。

 しかしちょっとした影の部分だが、アートというか遊心がこんなところにあるんだなとうれしくなった。

 それにしても帰りの走行は寒風吹きすさぶ向かい風。

 一気に寒くなった。

「これは鍋でしょう」と頭に浮かぶ。

 いちもくさんにコープ立花に走る。

 鍋の材料と、もう一つネライは、生活用品コーナーにひょっとして灯油ポリ容器があればと4階にあがってきたが、ぴったり予想はあたった。

 あるではないか。

 文句なしに買った。785円だった。

 ただロードバイクに乗せて帰るのが大変だった。

 しかしこれで土曜日灯油を入れてログに行ける。

004
 鍋はボンゴレ鍋のスープを入れて煮た。

 この寒さにはちょうどいい。

 一人で食べている間に妻が帰ってきた。


« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30