フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 正真正銘の寒さだった | トップページ | ついに出会った0℃の世界 »

2012年1月25日 (水)

とうとう1℃の世界に突入

001
 昨日とおなじように朝は覚悟の出発だったが、最初は「あれ、寒くないな?」

と感じて走っていたが、それは気休めで徐々に手の指の痛みが増してきた。

 後は我慢の走行だ。

 痛みが緩和されたのは、杭瀬の交差点を超えてからだ。

 その前に稲川橋の手前の道路温度表示は、いつもと違って赤字になっていたのだが、「1℃ 凍結」となっている。

 「ええ、1℃ですか」とその表示に話す。

 まあしかしがまんしていれば寒さはどうということはない。

 むしろシャキッとして頭は冴えているかもしれない。

 職場には8時40分到着した。

 なにわ筋に入って、そこを超える早いルートを開拓できた。

 仕事に入ると課題山積。

 明日から会議が立て込んでいるので、その資料、データづくりで余裕もない。

 しかしそのおかげで、一日はあっという間に過ぎてしまった。

 帰りの時間は、ノー残業デーを実践するため、5時を合図に帰りの支度をした。

 ただ今日は夕食その他でコープ立花にどうしても行かないといけない。

 その前にも給料日のためM銀行ATMで入出金をする。

 帰りの走行は、なすがままに任せたというか、気張りもせず、ただ足のおもむくままに走った。

 ただ向い風のときは、うまく対応できないというか、足が回らない。

 コープ立花には6時20分だった。

 今日の夕食メニューは「これしかないでしょう」と思って、おでんにした。

 1階でその材料を買ったが、ただ「からし」が家にない。

 それでそれだけが必要なため、2階に上がった。

 「もう時間は過ぎてもいいか」と、その後も別棟のリカーショップによって菊正宗とビールを買った。

002
 これだけの寒さには、おでんが役に立つ。

 家のリビングは、その熱で暖かい。

 菊正宗がうまい。

 外の寒さと、室内のあたたかさ、その落差がきらいではない。

 あと2日経てば、また雪の中のログに今度は電車で行く。それを考えるとうれしい。003



« 正真正銘の寒さだった | トップページ | ついに出会った0℃の世界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正真正銘の寒さだった | トップページ | ついに出会った0℃の世界 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30