フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« またログハウスに来てしまいました | トップページ | 自転車運転はやっぱり楽しいのだ »

2012年1月16日 (月)

明日は阪神・淡路大震災から17周年

002
 明日は阪神・淡路大震災から17年目を迎える。

 当時も雪が多い時期だったと思う。

 ちょうど前日までそんなことがおこるなどまったく予想もせず、兵庫県の温泉町に2家族でスキーに行っていた。

 その明けの月曜日がその日だったのだ。

 5時46分。突然の大きな揺れだった。

毎年そのことを思い出すのだが、

 ちょうど今日まで雪の中のログで過ごしていただけに、そのことを違った形で思い出した。

 東日本大震災と合わせて犠牲者の方々にはご冥福をお祈りしたい。

 さて昨日はログの中で過ごしていたが、スノーシューというアイテムがこれからの楽しみになりそうだ。

 今日は朝から帰路に向かったが、161号線はことの他車が少ない。

 ところで昨日書くのを忘れていたが、朝8時半ごろ名神京都東出口で、降りすぐそばのトイレに入るため、停止したが、先にホットドッグのイエローの車止まっていて、運転手はさきにトイレに入っていた。

 そこまでは普通の話だが、それから連なるようにスタートし、前にその車がずっといた。

 「まあ近くの駅で降りて商売するんだろう」と思っていたが、ずっと湖西道路を先に進んでいく。

 どうも遠距離を走るらしい。

 ただピンと来て、うがわというところで、いつも停車してホットドッグを販売している車にそっくりなので、まさかと思うが、そこまでいくのかなと思った。

 予想どおり、きっちりうがわのローソン近くの空き地に入っていった。

 偶然のトイレでの出会いだったが、おもいろい展開だった。

 家には、さっき道路がすいているといったように12時に家に着いた。

 午後からは読書。ついに「仮面の騎士・橋下徹」を読み終えた。

 続いてすぐ0062.3日前に買った「あんぽん 孫正義伝」佐野槇一著、を読み始めた。

 作者は、ステーブ・ジョブス伝を書いたウオールター・アイザックソンを意識して書いたと述べている。

 まさに和製ステーブ・ジョブス伝という感じか。

 ただ育ちは、九州の烏栖市駅前の朝鮮人部落でのまずしい暮らしからはじまるから、だいぶ趣が違う。

 ただ強い生き方の家族ということがうかがえる。

 ちょっと面白そうだ。最初の部分を読んだだけでそう感じる。

 夕食は昨日コープから配達されたシャケをベースに組み立てた。005

 昨日ログでは米を持っていくのを忘れたため、ごはんを食べていなかったので、今日はお米がうまく感じる。

 またしばらくログでの生活はおあずけだ。

« またログハウスに来てしまいました | トップページ | 自転車運転はやっぱり楽しいのだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またログハウスに来てしまいました | トップページ | 自転車運転はやっぱり楽しいのだ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30