フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 人生でもっとも充実を感じた元旦だった | トップページ | »

2012年1月 2日 (月)

雪国をぬけ、無事家に帰る

Photo

 昨日の感動を残したまま、今日の朝を迎える。

 しかし今日は天候不順。ややふぶいていた。

 まあ家に帰るには、潮時だ。

 

 すでにログの前まで車を持ってこれない状態で4日が過ぎた。

 

 世間の正月休みも、今日が帰りのピーク初日というので、やや焦る。

 雪はまったく溶ける様子はなく、帰りの荷物の運搬も林を抜けた道路まで持っていかないのだが、少し雪もとけているので、バックでログ近くまで移動することにした。

 しかし何台か通ったタイヤの踏み跡に合わせてバックで動くのは結構大変で途中で踏み跡からはみ出て、タイヤが空回りする状態に一時なってしまった。

 心を落ち着け、前進とバックを繰り返し、なんとかさらに近づく。

 ただ大事をとって、途中で車を止めた。

 しかしこれでもログまで10mもないのでかなりマシだ。

 荷物をすべて積み込んで今度は前進を試みがが、空回りで前進しない。

 ちょっとあせりつつ、冷静になり、ギアを1にして、ゆっくりアクセルを踏む。

 それでもだめだ。万事休すかとあきらめかけ、タイヤチェーンをハメようと思ったが、車のインパネをよく見ると、サイドブレーキを引いたままだった。

 笑ってしまった。

 サイドブレーキを緩めると、咳を切ったように前に進み、一気に10m先の道路に脱出した。

 これで安心。

 あとはすべて除雪された道路ばかりだ。

 約20分走って、道の駅「安曇川」で一時滞在する。

 ちょうど野菜などの販売場所近くで「ぜんざい」の無料サービスがあった。

 こんな配慮はありがたい。

 あまいぜんざいをいただき、野菜と地元ワインを買い、いざ家に向けて走る。

 交通情報では、名神高速道路、茨木付近でやや渋滞ということだったのである程度覚悟していた。

 しかし、湖西道路「坂本」降り口付近でかなりの渋滞があっただけで、後はうそのように順調に走り、安曇川を10時に出て、家には12時過ぎに着くことができた。

 ただ途中反対車線は大渋滞だった。

「よしよし」と優越感で走っていた。

 家に帰ってただ一つ心配だった水槽の熱帯魚は、3日ぶりの餌にもかかわらず元気だったので安心した。

 わが愛車ニッサンプレーリーは今回もよくやってくれた。

 妻も雪の中での楽しみを感じたようで、次回はスノーシューで雪の中を歩くことを楽しみにしている。

 まあいい正月を体験できたのだ。

« 人生でもっとも充実を感じた元旦だった | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生でもっとも充実を感じた元旦だった | トップページ | »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30