フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« クルマがなくても結構暮らせる | トップページ | 今週はビアンキで行こう »

2012年2月13日 (月)

名残惜しいがログを後に

008
 土曜日から来ていたログだが、今日は朝に帰ることにした。

 それにしても便利なのはIphoneの乗り換えアプリで近江中庄からの時刻表が簡単にわかる。

 そして、湖西線は、結構便利になっていて、1時間おきに神戸方面までの新快速が近江中庄に停車する。

 朝ゆっくりでもよかったが、午前9時54分発の電車に乗ることを考えて、朝はやや慌てて、洗面、食事、掃除にかかった。

 一人でいるというのも結構大変で、使った食器の洗いとかたづけ、家全部の掃除機での清掃などなど慌ただしい。

 最後は忘れ物がないように、慎重に持ってきたものをチェックし、リュックに入れる。

 がんばったせいで、8時20分には、すべて終えた。

010それでダイヤを一つ早い9時7分を目指すことにした。

 だいたいこの地から駅までは歩いて30分だ。

 都会ならなんでそんなに歩くは辛く感じるが、この地では、それしか方法がない。

 バスも1時間に1本あるかないかだ。

 時間の流れからが違う。

 長靴のままで、雪の中を歩き、村を抜け、道路を歩く。

それにしても寒い。

 指の痛さを最初感じた。

 しかし30分近く歩くことには体も指も温まってきた。

 駅には8時55分ごろ着いた。

 結構プラットホームには乗客がいる。

011
 9時7分、時間どおり播州赤穂行き新快速が入ってきた。

 乗っている客はほどんどいない。

 すきな座席を選んで、リュックを網棚に乗せた。

 ここから大阪まで直行だ。

 湖西線も南になるほど客はいっぱいになってきた。

 約1時間半で大阪駅に着き、普通電車に乗り換える。

 それにしても電車を降りて、普通電車が車での間も結構寒い。

 しかし無事立花駅に11時45分ごろ到着した。

 今回は、近江中庄の周辺と駅そのものの機能を知ったことによって、ログまで行く方法の幅がぐんと広がった。

 それにしても、ちょっと前テレビ番組の医学番組で行ったいたが、がんへの免疫力を増す一つにまったく日常のちがった場所、とくに自然のゆたかな場所で景色を眺め、その地域を体感するだけでもそうなると言っていた。

 奥琵琶湖の地域はそんな地域だと思う。

 ログを買ったことによる経済的きびしさは間違いなく今あるのだが、それはまた節約の智恵が働く。いつまで続くかは自信はないが、こまかい支出に敏感になり、それはそれである意味楽しい。

 そしてなんといっても、ログの場所に来ることが、楽しみである。

 雪のきびしさなんて今まで他人事だったし、スキーは体験するが、それはあくまでも自動車でのアクセスを気にするだけだし、スキー場だけでは、そのきびしさは分からない。

 週末だけだが雪の中で生活してみて、雪が路肩に積み上げだれた道を歩くことによって、そのきびしさを少し実感できる。

 018
 家に帰って、2時間昼寝した後、電車の中でもずっと読んでいた高橋千太郎京都大学教授が辛坊次郎との対談「放射能の真実」を読み続けた。

 後半になるほど面白くなってきた。

 
 夜は、雨だった。

 コープ立花まで買い物に行き、「3分間クッキング」アプリで見つけた豚しゃぶのおろし煮」に挑戦するため、材料を買ってきた。

019
 それでもその支出金額を気になる。

 まあしかしうまくいった。

 いつもの適当なごった煮ではない味をあじわった。

 まあたまにはいいか。

 それにしてもIphoneにはあらゆるところで助けられている。

 


« クルマがなくても結構暮らせる | トップページ | 今週はビアンキで行こう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クルマがなくても結構暮らせる | トップページ | 今週はビアンキで行こう »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30