フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 10回目のログ滞在記 | トップページ | 週明けは辛い が自転車は楽しい »

2012年3月25日 (日)

少年団尼崎センター20周年祝賀会

001
 ログでの生活は昨日で切り上げ、今日は一度しかやらない地域の少年団の20周年を祝う会に参加した。

 まあ仕事も一つあって、正面に貼る題字を作ってくることになっていた。

 なにせ家のペリンターでの製作のため、一文字最大A4の大きさが最大だ。

 まあ何とかそれで間に合った。

 会はゆかりの人達から現役の指導員、父母まで75人が尼崎の各地から集まってきた。

 思い起こせば20年前、自分の地域にも少年団を作ることになり、それに微力ながら加わった。

 前に書いたが、もちろん自分の子どもたちの成長の場ではあるが、親である自分が成長させてもらった。

 もちろんいいことばっかりというわけではない。

 しかし自転車生活にはまるきっかけにも多いに関係があった。

 そのころは、100kmぐらいも自分が自転車で走れるとは思っていなかったし、六甲山など自転車で登るなんて夢の世界かと思っていた。

 ただもっと前の学生時代「サイクルスポーツ」という雑誌はすでに読んでいたから、走ることは続いていたのかもしれない。

 ただ機材に進化は、この10年劇的だ。最近はトレンドにもなってきた。

 まあアウトドア大好き生活にはまってきて、その途中に少年団活動に加わったという感じだ。

 そんなことを思いだしながらいろんな発表を聞いていた。

 しかし最近の若者には期待している。

 よく僕らの青年時代は、「革命」とか「革新」ということばにおぼれたり、アバウトな未来への期待をもっていたときだったが、ただその行動はかなり教条的というか、情報の数が今とは比べるべくもなく、真実を見抜くという作業は、いいかげんだった。

 今の若者は、意欲さえあればいろんな情報の入手することができるし、グローバルな人たちと交信もできる。

 だからきっと悪い政治が国民をだましても保たれるという時代はなくなっていくだろうと思う。

 人間真実を知ることほど強いことはない。

 だから若者たちには真実を知ろうとする貪欲さをもってほしい。

 ポディティブなモチベーションと知識欲を持ってほしい。

 そのことにやっと今自分が気づいている。

 会は3時半には終わり、家に帰ってしばしゆっくりしながらIpadを触ってみた。

 「動物、植物図鑑アプリ」は生かす価値ありだ。

 昨日収穫したふきのとうとつくしをその情報の横のメモにコメントを入れてみた。

 後は英会話アプリだが、すでにレベル8まで進んだIphoneだが、Ipadではレベル1からやり始めた。

 そのうち居眠りし、夜になり夕食は日曜日だが、ぼくが担当した。

 メインディッシュはサバの生姜煮だ。

003

 純粋の和食ができた。

 昼にビールを飲んだせいで、夕食は、酒を断った。

« 10回目のログ滞在記 | トップページ | 週明けは辛い が自転車は楽しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10回目のログ滞在記 | トップページ | 週明けは辛い が自転車は楽しい »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30