フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

ツーリング翌日、ありがたい休養の日

005
 一日が過ぎ、昨日の淡路島快速ツーリングのことがまだ頭に残っている。

 しかしゆっくり朝起きれるのがありがたい。

 家の庭では、あらゆる木々と草花に若葉が芽吹いている。

 今年は、ナシもブドウも夏ミカンまで実をつけそうだ。

 今日はとくにしておかなければならない宿題もなく、3男から頼まれているビールの空き缶を解体する作業を手掛けた。

 上と下の固い部分を取りさり、側面のアルミを平たくする。

 これをつなぎ合わせて服にするらしい。

 まあ日常で使うのじゃなく、ショーなどの作品だと思うが、ちょっと独走的ではある。

 午前中途中までし、昼食と昼寝の後また作業日かかった。

 なんとか午後4時ごろ50個ぐらいやりきった。

001 一目散にスーパー銭湯「蓬莱湯」に行く支度をする。

 何分昨日の疲れと筋肉痛はいなめない。

 温泉の湯がそれを癒してくれるに違いないと思い、家を出た。

 4時20分ごろ銭湯に到着した。

 客はきわめて少ない。

 ゆっくり真ん中の湯船に浸かり、体を癒す。ただ帰ったのかと思っていて玄関であったわんぱく坊主3人組が入ってきた。

 常とうどおりうるさい。湯の掛け合いは序の口だ。

 まわりの何人かの年配のおじさんにいさめられていた。

 さすが、下町の風景だ。

 満足し、蓬莱湯を出る。

 来しなもそうだったが、雨が落ちてきた。

002
 まあオーストラリア人などは決して雨でも傘をささないらしい。

 ご多分に漏れず、僕もそれを練る。

 というか傘もなにも持ってこなかった。

 そのままコープ立花まで走行。

 キャベツ、タマネギなど家になくなった野菜を買う。

 まだ雨はおさまらないが、そのまま家まで濡れて帰る。

 ゴールデンウイーク前半は今日で終わりだ。

 いよいよあさっての晩からログに行く。

 それを考えるとうれしくなる。



2012年4月29日 (日)

阪神自転車仲間淡路島ツーリング成功!

004
 長年の課題だった阪神自転車仲間4人組の淡路島サイクリングミーティングを実行した。

 淡路島まで車で行って、ツーリング中駐車するには、道の駅「東浦」が最適だ。

 一日駐車しても500円しかかからないし、注意されることもない。

 しかし岩屋「道の駅」では、サイクリングと釣りの客には冷たい。

 午前8時道の駅「東浦」集合。

 8時半過ぎ出発した。

 ツーリングでは4人で走ったのは初めてで、そのお互いのスキルは未知数だったが、やはりかなり早い平均時速(約30km)で進んだ。

 これでば自分は持たないと思ったが、なんとは前半洲本まではついていった。

 今回は正味一周ということではなく、洲本から迂回し、反対側の湊をめざした。

 そこには、おいしい焼肉屋があるという。

  しかし洲本には9時半に着いてしまった。

  それまでほとんどの自転車ツアーを追いぬいていったが、30分以上休憩し、しばしとりとめのない話で華が咲いた。

 おもむろに発進し、内陸を走る。

 やはり牛の糞と玉ねぎと線香の似合いがやたら匂う。

 焼き肉屋「平松」には、11時半ごろ到着した。

 ハードに走るとお腹がすく。

 ノンアルコールビールで乾杯し、焼肉に舌鼓となる。

 ゆっくり食事をし、また走り出す。

 後半はアップダウンの繰り返しで、ぼくは年齢的にちぎれた。

 しかしそのあとはマイペースを保ち、調子は逆にいい。

007 何回か休憩地点で合流する。

 そんなこんなで、コースの進み具合は早い。

 すでに明石の町並みが見えてくる。

 だから疲れはとくにない。

 後半バテることを心配していたが、それはなかった。

 ただ彼ら3人のペースにはついていけない。

 まあスキルの違いと、年齢の差はどうすることもないだろう。

 なにせ自分は還暦なのだ。

 まあしかし今後もこの仲間でツーリングできそうだ。

 明石の町がだんだん近づいてくるのがうれしい。

010_2 なんとか完走はできそうだ。

 まだ余力はある。

008_4
 明石大橋をバックに4日で撮影した。

 

 ここは道の駅「岩屋」。

 今日はさすがに人がいっぱいだった。

 撮影中反対側のベンチで若い女性2人がこちらを見ていた。

 どう写ったのだろう。

 僕的はひいき目で、ちょっと一味違う編成だと思う。

 もともと神戸、芦屋、西宮、尼崎から大阪まで通勤で走る仲間だ。

 そのうちの一人イケッチは、社長が通勤自転車禁令を出して、走れなくなったという。

 まったく理不尽で、真実を知らない無知だ。

 法令を守りつつ、自転車で車道を移動する人は素晴らしい人ばかりだ。

 普通事故などおこるはずがない。

 しかし解散前にまた夏に集まる約束をした。それは僕のログハウスでの焼肉パーティーだ。

 ぼく自身もまだまだ走れそうな手ごたえを感じた一日だった。

 

 

2012年4月28日 (土)

ひさびさの自宅での休み 10項目のするべき課題をやりあげる

001
 自分的にはひさびさの休みような気がして、貯めておいた用事も頭では記憶している。

 それで、思いだしながらメモ用意に書いてみた。

 自転車洗車・マイプレーリーへの自転車運搬機材の装着・ガソリン満タンに・ホームセンタへの買い物・熱帯魚水槽水かえ、カメ水槽掃除・スーパー銭湯入湯、Iphoneで演奏(Let it  be)録音・リビング片付けと掃除機での掃除などなど。

 ただやりながら一つひとつ消していった。

 重要課題から先にした。

 それは明日淡路島長距離サイクリングに行くので、その関連を優先した。ロードバイクを車に乗せるための機材はひさしぶりなので、要領を忘れていた。

 しかしなんとか15分ぐらいでできた。家に帰って熱帯魚の水槽水半分入れ替え。

 それでその後ガソリンスタンドに。今回も燃費を確認してみたが、リッター13kmぐらいあった。年代物としては優秀だ。

 リビングの掃除を一通りして、すぐホームセンターに自転車で行く。

 目的は、生ゴミから腐葉土を作るための促進剤を買うためのみだ。

 日差しはすでに初夏。長袖には暑い感じだ。

 無事目的の商品をゲット。すぐ家に帰った。

 その段階で4項目は達成。

 昼食は、昨日のカレーとラーメン。

 ちょっとそれで休憩し、今度はトレックロードバイクの洗車とカメの水槽入れ替え。

 カメくんは寝起きのようで庭に出しても動きが鈍い。

 そして時間は2時を過ぎた。

 ここで昼寝。

 3時から発奮して、地下収納庫からキーボードを出してきて、音響装置をセッティングし、レット・イット・ビーをIphoneで録画。練習ほとんどなしで2回目でOKを出す。

 ついでにもう1曲「イマジン」も歌った。

 あと残っている課題は、スーパー銭湯入湯のみ。

002004




 かたづけや何やらで5時前だったが、あきらめず支度をする。

 場所はやはり「蓬莱湯」。

 400円で、泉質もいい。

 番台のあばあさんとは顔みしりになりつつある。

 風呂から上がって外に出るとなぜか、2匹の猫が近づいてきた。

 まだ2匹とも子どもらしい。

 それから、帰りの道を走り、途中コープ立花による。

 店内で、同じ少年団のUさんと会い、立ち話に。

 ちょっと休みを満喫してしまった。

 あかげで昨日までちょっとお腹が不調だったのが治った。

 夕食は、またまた昨日のカレーを入れ、あとは餃子とサラダと味噌汁のみ。

 明日はいよいよ淡路島自転車仲間だけのツーリング。

 ちょっと初めての企画だ。

 もともと他人で朝の自転車通勤で顔を合わして他人ばかり4他人。

 しかし他の通勤自転車たちと違う仲間意識をそれぞれ感じる。

 すでにそのうち2人は朝は出会わなくなったが、つき合っている。

 年齢もぼくがだいぶ上だ。だから大将と言われている。

 できたらツーリングが続いていくことを期待している。

 今や高齢者活躍の時代かもだ。

2012年4月27日 (金)

やっとゴールデンウィーク前日となりました

001
 昨日の仕事のピークを乗り切ったが、あと1日仕事だ。

 予定と課題は少ないと思いつつ、朝のペダルを踏む。

 毎日顔を合わすバイクのおじさんがいる。ナンバープレート「89・・・・」。

 もう覚えてしまった。

 写真では右端に写る人だ。

 バイクの方があきらかに早いはずだが、尼崎で出会って、この写真の大阪長堀通り手前でもまだいっしょにいる。

 つまり渋滞中など、前進できないらしい。

 ところで今日野田阪神の手前JR海老江出口の横の信号でとまっていると、僕と車の間を結構なスピードで赤のまま横断歩道をつきぬえたやからがいた。

 あまりのひどさに横断歩道を超えて、横に着いて注意した。

 最初ロングヘアで女性かと思って横についたらむさくるしい男性ではないか。

 ちょっとびっくり。

 彼はしかもイヤホーンを耳につけ自分世界に浸っているらしい。

 ただ僕の大声での怒りに反応し、軽く頭を下げた。

 彼だけではない。

 前は赤信号なのに歩行者が横断している前を危険な走行で超えていこうとする非人間的走行者は絶えない。

 見かけた一人ひとりに注意しるしかない。

 恐らく僕が注意しない以前は他人に注意されたこともないのだろう。

 それだけまわりも慢性化しているというか、見て見ぬふりをしている。

 世も末だ。

 もっとたくさんの人が不法運転を注意すればきっと状況は変わるだろう。

 職場についたのは、8時40分だった。

 ある程度力を抜いて仕事をしようと思ったが、案外やることが多く、昼は大正区の医院訪問。ほとんど昼食時休憩なし。午後も面談2回。印刷機の故障と取っ組み合い。

 夕方は休み中の留守電アナウンスの確認などなど。

 5時を過ぎたらふらふらだ。

 5時40分ごろやっと帰る準備。

 しかし自転車にまたがると元気が復活。疲れは忘れていた。

 走るのが楽しい。

 週末と長い休み前を仕事を終えたという安堵感と喜びが湧き上がってくる。

002
 そのままコープへ。

 ご存じ週末定番カレーの食材を買う。

 今回は正統派で行くために牛肉で勝負。もちろん半額パックに手がいった。

 ただ家に帰ると、また疲れと空腹が蘇ってきた。

 なんとか我慢の調理。

 風呂から上がって、カレーを喉に運び、ビールを喉に運ぶと元気が戻ってきた。

 とにかく今日はゆっくり休もう。

2012年4月26日 (木)

ちょっとペダルが重い今日この頃

001_2

 今日の朝は、洗濯物干しに加えてトイレに3回入ったおかげで、家を出るのはいつもより10分遅れた。

 しかし走りはじめて、JR立花を横切る道意線は信号停止なしで2号線に入った。

 ただその後は渋滞が続いた。

 どうしたことだろう。

 そのまま渋滞の中を淀川大橋まで引きずる。

 淀川大橋でも大型トラックに行く手を阻まれ、やや遅れぎみだった。

 しかし野田阪神から船津橋、阿波座まで調子よく進む。

 なにわ筋を横断するとき必ず信号無視の自転車が行く手に阻まれる。

 「信号無視やぞ」と大きな怒鳴り声で周囲をおどろかせる。

 しかし間違ったことは言っていない。

 いい大人が、母親が、父親が、年配の紳士がなどなど枚挙にいとまがない。

 職場にはなんと8時45分に着いた。

 トレックさまさまだ。

 仕事はとにかくみっちりスケジュールが詰まっていた。

 朝は資料の大量コピー。こんなときに限って、コピー機が誤作動する。

 なんとか1時間強でそれを済ませ、全体に配り、そして淀屋橋の中央公会堂に行く。

 点数説明会の集まりに受付手伝いに。

 それにしても中之島周辺は様変わりし、きれいだ。

 昼食は地下の中之島食堂でハンバーグ定食を食す。

 そして2時までいて、すぐ職場に帰る。

 3時半から5時まで会議。

 すかさず服を着替え、本町のカシオサービスセンターに行く。

 終了時間は午後6時だが、15分前に到着。

 デジカメを受け取った。

 さっそくその後撮影。

 帰りの自転車では、いまにも雨が降りそうな曇り空。風も乱れている。

 ひたすら体を前傾にたおし、重いペダルを踏む。

 昨日のような楽しさはない。

 しかし今日の仕事を終えた安堵感で心は軽い。

 2日ぶりにコープ立花で買いもの。メニューの親子丼のために玉ねぎ、人参、鶏の胸肉、野菜餃子など買って、1,002円。

 家に着いたらすでに7時過ぎ。なんとか30分で料理を仕上げる。

002_2
 いよいよ明日は金曜日。それにその後は連休だ。

 日曜日は、淡路島にいくぞ!という感じだ。

 今週は忙しかったのだ。

2012年4月25日 (水)

職場から帰りもスーツじゃなく自転車ウェアで帰りましょう

Photo
 暑くもなく寒くもないという状態になってきた。

 こんな時は自転車で走らないという手はない。

 実際今日の朝は、道路上での自転車通勤らしい人が多かった。

 一人は尼崎からずっと後ろについてきた。

 何回かは離したが、信号待ちで追いついてくる。

 後ろにつかれるのはいい気はしない。

 しかし、走っているときの風は最高だ。

 ちょっと遅い出発だったが、職場には8時41分に着いた。

 なんとなく走行中は、淡路島を走っている姿をイメージしていた。

 

 仕事は、結構忙しかった。自分で仕事を作っている感もある。

 昼3時からは会議の時間だったが、5時はすぐにやってきた。

 今日は給料日だ。

 急いで帰る支度をし、職場を出る。長堀のM銀行ATMは約10分で行ける。

 給料の出金とローンの支払いの入金。

 そこから今日は思い切って御堂筋本町のカシオサービスセンターに向かった。

 目的は、デジカメの修理だ。

 4か月前にレンズを入れ替えたのに、またおかしくなったのだ。

 窓口で調べてもらったらまたレンズ交換ということだった。

 ただ保証期間3か月にやや近いので無料修理としてれた。

「ラッキー!!」

 今日まではお金がないので、この日を待っていたのだが、無料ということで肩の荷が下りた。

 ルンルンの気分で家に向かう。

 帰りは当然自転車ウェアだが、まわりを歩いている人たちはスーツで帰宅していく姿をたくさん見る。

「 自転車ウェアに着替えて帰るのは幸せですよ」

 と呼びかけたいような気分でペダルを踏む。

 帰りはずっと強い追い風だった。

 まさに滑っていくように帰った。

Photo_2
 しかし今日はコープには寄らない。

 夕食は家の冷凍スタックを使う。

 カレイとさばをメインディッシュにキャベツとわかめを和えて乗せ、ごま豆腐を付け加えた。

 味噌汁は、サトイモとジャガイモとシイタケで作った。

 それに画面ではないが、ごはんは黒豆をまぜて炊いた。

 あと3日後には淡路島サイクリングがやってくる。

2012年4月24日 (火)

交通死亡事故は罪が軽すぎるだ

Photo
京都の亀岡でおこった事故は、あまりにも悲しい。

発生した因果関係はいろんなところにあると想像するが、とにかく加害者は責任をとらないといけない。

以前から無免許運転を繰り返し、この日も夜からその無免許で走り続けて朝をむかえて居眠り運転をしたというのだから、殺意はあるかないかは問題外だ。

 

 車自体が、スピードを出すし、金属の塊なのだから、一面凶器なのだ。

 それでもおそらく最高刑は懲役7年らしい。

 殺された若いおかあさんと赤ちゃん、もう一人の子どもはいったいどうなるのだ。

 それにだいたい彼の犯罪は裁かれるべきとして、もともとその道は危険道路といわれていたというから、他にも責をうけるべきものがいる。

 だいたい6m道路で、朝の8時ごろは通学路なのだから、自動車は乗り入れさせるべきではない。

 車はすぐ近くに国道9号線があるらしいのだから、そちらだけを走ればいいはずだ。 

 とにかく問題は多い。

 しかしはっきりしていることは、車の暴走で人が殺されていることだ。それはこの前の祇園近くの事故も同じだ。

 しかし話は飛躍すると言われるかもしれないが、自動車を製造する自動車会社は責任がないのか。間接ではあっても一定の社会貢献で事故をおこさない道路作りなどに援助するべきだ。

歴代の政府、国自体が、車社会を作り、どんどん高速道路、その他の道路を作り、安全政策をおこたってきた。

 この社会は本当に人の命を大事に考えているのか。一般の市民にもそれは言える。

 道路でのルール違反は堂々とする人が多すぎる。

 道路上での事故にある意味麻痺している。

 仕方がないことと思っていないか。

 そうだとしたらそんな社会は平和な社会ではない。殺伐とした社会だ。

 毎日思い知らされているので、いくらでも言いたいことが出てくる。

 明日はJR福知山線事故の7周年だ。

 本当に人の命が尊重される社会になってほしい。

 医学は人の命を救おうとするが、いろんな事故は人を殺し、障害者を生み出す。

 人間にはきっとそんなことを解決する力を持っていると信じたい。

 Photo_2

さて今日の夕食は昨日半額で買ったさばのみりん漬けをメインデッシュに後は感覚で料理する。

 かぶらの葉っぱとニンジンとこの前食堂でもらった自家製玉ねぎ、それぞれきざんで中華鍋で炒めた。ごま油をかけた。

 後はトマトを適当に切って乗せ、はたはたの冷凍を油で揚げた。

 味噌汁の代わりにはきのことたまねぎに豚肉のミンチを入れて粉末鳥ガラスープを入れた。

 するとおかずもスープも最高の味だった。 

 ちょっと偶然の産物だが、こんなこともあるものだ。

 とにかくおいしいものを食べることは体にも心にもいい。

 ちょっと今日はいやな事件のことを書いたが、夜は夕食で癒された。

 それに夜は、阪神自転車4人組のいよいよ初めての淡路島ツーリングの最終確認の連絡ができた。

 29日は実行する。

 ちょっと楽しみだ。

 甘口ビストロワインがうまい。

2012年4月23日 (月)

雨あがりのサンバ

Photo
 昨日までの激しい雨は一応止んだ。

 しかし路面はまだ濡れている。

 家を出る前たくさんの洗濯物があったが、できるだけ干した。

 やや遅れたようだが、そのまま家を出た。

 日差しはよく、体にはちょうどいい。

 前から受ける風は気持ちいい。

 ただ、相次いで2人のロードバイカーに追い抜かれた。

 一人はピンクロードの超高速マンなので仕方がないが、2人目はよく知らないローダーだった。

 ただ野田阪神手前で追いついた。

 まあこんなもんだ。

 その後も気持ちはいい。自転車走行には絶好の日和だ。

 職場には予想外に早く、8時45分に着いた。

 仕事では午後からの会議がメインになる。ただ午前中るべきことをやった。

 やはりログでの昨日の生活は自分を活性化させるかもしれない。

 頭はすっきりしている。お腹は調子いい。

 帰りはやや追い風。滑るように走る。ペダルはセーブしないと異常に回転するような感じだ。

 今日はコープでの買い物予定がたくさんある。

 ついでになぜかワインを買いたくなりリカーショップにも寄った。

Photo_2 夕食は先週からストックしていた冷凍ハンバーグを使った。

 まだ残っていたつくしも佃煮ふうにして調理した。

 ブログの更新はやや遅くなったが、398円のワインを飲みながら書いている。

 ゴールデンウィークが待ち遠しい。

2012年4月22日 (日)

ログ生活は発展する

Photo
 ログの前の大きな木の存在が気になっていて、先週はつぼみが膨らんでいたのだが、朝目を覚まし、窓のカーテンを開けると・・・・・・。

 あっけにとられた。

 濃いピンク色のさくらではないか。

 それに周りのログや周辺の木々の中にたくさん桜がある。

 一辺にシチュエーションがカラーになったような感動だ。

 今回はさらに、ゆず、すもも、みかんなどちょっと痛んでいたり、成長が遅く鉢を家からもってきた。

 それにしても、朝から雨がふりっぱなしだ。

 とりあえず今回のログに来た目的は、妻の職場で作っている池に使う石を持って帰ること。

 ひまわり、ネギの種などを植えることだ。

 それは済ませて、なお時間があったので、近くを傘をさいて散歩に出た。

 家の前の通称サイクリングロードを南に歩いた。それは小川にそった道だ。Photo_6

 すると先週かすかにあるのを発見していたコゴミの群生を見つけたのだ。

 

 雨も気にせず、川下に降りてたくさん採集した。

 そのあたりはスギナ(つくしの成長した状態)が一面に生えた畑がそこかしこにある。

 

 ここは最近読んだ「前略。農家はじめました。」の場所、軽井沢に匹敵する関西の自然の宝庫だと僕は思う。

 Photo_2まさに関西の軽井沢と言っても過言ではない。

 これは毎週来ない手はない。

 しかし時間の経つのは残酷なもので、午後過ぎには帰らないといけない。

 まあ今回は車で来たことは正解だった。

 ただハイオクガソリン代は164円だった。マイ日産プレーリーは、リッター12,5km。 

 1985年式という古い車にしては、燃費はいい。

 帰りは必ずと言っていいが、途中「道の駅、安曇川」で野菜とたまごを買う。

 大きなキャベツがまるごとで100円という安さ。

 今日は天候不順のせいか、観光客は少ないらしく、名神高速道路は帰りもガラ空きといったところだ。

 高速道路を最近しょっちゅう走っていると運転手のくせがよくわかる。

 そうじて下手な運転というか、YKな運手手が多い。

 盛んに進路変更する車があるが、まったく意味のない行為だ。

 左から湖西道路に進入してくる車と走っている車のタイミングの取りかたも下手な車が多い。

 一番うまいのはおたがいスピードを落とすことなく、合流することだ。

 まあ一定の距離を移動するといろんなことが見えてくる。

 西宮で降り、妻の職場に直行し、石を下ろす。

 都会では、雨は逆に車の量を増やすようだ。

 かなりの車で道路は動きにくい。

 都会でも車にたよらない社会になることを望みたい。



 

2012年4月21日 (土)

とうとう土曜日になりました

1335013770825.jpg
待ちに待った土曜日がやってきた。
文字通り自然生活にスイッチを切り替える日だ。

午前中はログに行く準備で追われる。

着替えの用意、車のガソリン注入、庭の鉢植えから持っていくものの選定、などなど。

あっという間に昼になり、職場に向かう。

年度末の理事会だ。

それを済ませて、家に帰ればすぐ車でログに出発することになっている。

しかし会議はことの他時間が超過し、職場を出たのは5時前だった。

それで6時過ぎ家を出発。
途中桂川パーキングで食事したが、客は少なかった。

その後名神高速をひた走り、京都東から湖西道路へ。

比良出口から、すぐ近くの温泉「比良トピア」に入湯した。

気分最高のまま、いよいよ本命のログへ向かう。

午後9時現地に到着。
天気予報では雨だったが、そうではなかった。

庭の植木がきになって、すぐ懐中電燈で照らしながら様子を見た。

みんな結構元気そうだ。

明日起きるのが楽しみだ。

2012年4月20日 (金)

自然の中の生活に思いをはせる

Photo
 11月から滋賀のログを購入して、週末ごとに滞在してきた。

 ただその前からもっと長いサイクルで同じ郷のもう一つの会員制ログハウスにはずっと10年ほど利用してきた。

 そんな中で年によっては、時期を逸してしまったが、山菜を見て感動ひとしきりのときがあった。

 ぼくみたいな田舎暮らしを子どものときに体験していない人間には逆にそんな自然の中の新しい息吹が新鮮なのだ。

 そしてさらに自分のすみかを持って、頻繁にその自然の豊かな環境に身を置くと、年を取ったせいもあるかもしれないが、一つひとつの山菜の発見がさらに感動を拡大していく。

 そんな体験が医学的には、免疫効果があるという。

 それはわからないが、正直あきない。

 以前はそれを山登りで感じていたかもしれない。

 考えてみるとずっと以前社会主義国では、労働者でも別荘をみんな持っていたといううわさ話を聞いて、あこがれた記憶がある。

 別荘など夢のまた夢と思っていた。

 ひゃんなことから思い切ってこういう結果になってしまったが、後悔はない。

 ただ経済的にかなりシビヤーになったことはいなめない。

 今思うことは、すべての国民が別荘ぐらい持てる社会になることが理想の社会なんじゃないかということだ。

 今そんな社会ではない。金持ち以外は、生活することにきゅうきゅうさせられている。

 病気でもすれば最悪だ。

 貧困根絶は国と社会の責任でやるべきだろう。

 そんなことが頭に浮かんでしまった。

 それに原発などが全国各地で事故を起こして放射能汚染がおこったら、自然をめでる生活など破壊される。今実際に福島県の被災地では、そうなっているのだ。

 今日は夜OM九条の会世話人会があって、そんなことばかりが頭に浮かんでくる。

 夜8時30分会議が終わって、帰りの自転車は心地よい。

 明日はまたログに行く。

 また何かを感じて帰ってこようと思う。

2012年4月19日 (木)

やっぱり自転車通勤が最高なのです

___8

 今日は暖かい。

 それで自転車通勤する人が多いような気がする。

 ぼくも蛍光ウインドブレーカーは、デイパックに終いこんで赤ウェアで走る。

 やはり体は軽い。空気抵抗も減った。

 昨日の憂鬱感覚はなんだったのだろう。

 翌日にしてそう状態になっている。

 天気もいい。風もやや追い風。

 当然気持ちが明るくならざるを得ない。

 それに一週間の後半という自覚が体をうきうきさせる。

 自然ペダルは、意識していないのによく回る。

 槍でもなんでももってこいだ。

 職場には8時41分に着いた。

 

 Photo

 仕事は昼からの会議に集約されている。

 それにしても決算の佳境。しめくくりの会議だ。

 今や大阪の大方の事業所は、経営状態が悪いところが多いのだろう。

 これで消費税が増税されたら大変なことになる。

 そんなこんなでお一日はあっという間に過ぎた。

 帰りはやや向かい風。体の前傾姿勢をしっかり保ち、帰りの道を走る。

 デイパックには、いつもブログを読んでくれているHさんが同乗してくれて、野菜ずくしのようなパックをもらって入っている。

 それでコープでは、肉だけを買って、家に着いた。

Photo_2 さっそく風呂の用意と、ごはん炊飯の準備を先にして、料理に入る。

 もらった野菜一式がうれしい。

 時間短縮できた。

 肉をフライパンで焼き、その上から野菜を入れるだけ。その間20分。

 腹筋30回をして、風呂に入ってもまだ7時45分だった。

 この余裕はうれしい。

 数日ぶりでピアノに向かう。

 いまだレット・イット・ビーは完成できていない。

 しかしふさびさにしては、指はよく覚えていて、後は録音環境を準備するだけでアップできそうだ。

 それにしてもピアノに向かうと精神が安定する。これは誰でもそういう効果があるのではないだろうか。

 今読書は、立川志らくの「落語進化論」を読んでいる。

 それによると落語の語りは、感情移入ではなく、語るリズムがすべてという。

 だから名人の落語を音だけで聞くと、必ず眠たくなるらしい。

 そんなことが書いてあった。

 本と音楽はぼくにとっては栄養剤だ。

 それで今日は充実感ありだ。

 それにいよいよ楽しみのログハウス行きまであと1日だ。

2012年4月18日 (水)

なぜか気分が冴えない水曜日

1334755347616.jpg
今デジカメ故障のため、Iphoneで代用しているが、セルフタイマー撮影はかなり難しい。
今日も2合線走行時挑戦したが、うまく固定できず失敗した。
そんなときサッシーが、通り過ぎていった。
追いつこうとガンバッたが、歌島橋交差点の次の信号でなんとか追いついた。

走っている時だけは、モチベーションは上がる。

しかし仕事にはいると不安感が襲ってきた。

ちょっと春の感動を味わって、次の楽しみが見えていないことが原因か。

それでも根を詰めて仕事してしまった。

夕方になり帰りの走行時は追い風。

やや楽しみの感覚を取り戻した。

夕食は新聞レシピから「とりのしょうが焼き」。

ネタ切れからなんとか救われた。
1334755350508.jpg

2012年4月17日 (火)

やっぱりまだ風邪はなおっていないが

1334668926025.jpg
ほぼ風邪は直っていると思っていたが、朝はやっぱり調子が悪い。

1334668931601.jpg
それでも自転車で行くしかない。
気温は最高に気持ちいい。

やはり自転車通勤の特権だ。多少の体調不良は回復する。
後半は、一気に土佐堀から長堀の信号を超えた。

それで職場には8時41分に到着した。

1334668933300.jpg
パソコンでメールをチェックしていると、どんどん仕事が舞い込んできた。

そんなこんなで体調を気にする暇もなかったが、夕方になって仕事が一段落すると、お腹の調子が急に悪くなってきて、トイレに駆け込み、たいちょうは回復した。

夕方帰る段になって気持ちよい風がふきぬける。
体調は完全に回復した。

今日の夕食は、日経新聞の料理ネタから「さわらとネギの竜田揚げ」。

コープでは半額のオンパレード。さわらはなかったので、半額ぶり2パックを買った。

しかし料理中なぜか玄関で来客が頻繁にやってくる。電話も数本。
揚げていたブリが焦げかけた。


1334668935144.jpg
なんとか調理終了。

ほっとひといきの瞬間だ。

今日も日が暮れていく。

2012年4月16日 (月)

風邪をひいても自転車走行は正常なのです

___8
 金曜日の雨の走行が悪かったのか、その夜のログ行きが悪かったのか、風邪をひいてしまったらしい。

 しかし今日月曜日は休みわけにはいかない。

 何とか騙し騙し朝家を出る。

 きわめて調子は悪い状態で走る。

 ただペダルを漕ぐにつれ、体が温まってくるのがいいのか、まだ疲れはあるが、それほど辛くはない。

 これも自転車走行の効能かもしれない。

 途中サッシーにもあって、前をずっと走らせてもらった。

 職場には8時45分に着くことができた。

 仕事中はほとんど風邪の影響は感じなかった。

 昨日10時半に床についたのがよかったかもしれない。

 仕事はいろいろ新しい発見あり。文章作成の課題もやり終えた。

 ところで、昼に今月の生活費に限界がきたので、カードで3万円予定どおり出したが、明細の残高を見ておどろいた。

 なんと2万3千円しか残っていない。

 これは一大事だ。

 とにかく家に帰ったら、通帳記帳することにした。

Photo それで5時を合図に着替えを済ませ、すぐ帰路に向かった。

 帰りは、やや雨。やばい。

 風邪をひいているのに雨は輪をかけてしまう。

 しかしなんとか小雨のまま尼崎につき、コープ立花に着いた。

 とにかく急いで買い物をし、家に帰り、荷物を下ろして阪急駅前のA信金のATMに向かう。

 結果は出た。何も異常はなく、出費されている。

 ただ毎月赤字という事実だけが残った。

 まあ結果を知ったので、やけくそというか「まあなんとかなるか」という気持で、少なくなりかかっている珈琲豆をすぐ近くの豆珈房で買った。

 ひさしぶりだった。

 ちょっとリッチな気分になった。

Ipad
 家に帰って、食事つくりはネタが切れたため、Ipadで「3分間クッキング」の虎の巻からレシピを選んだ。

 料理はポークソテー ケチャップソース」

 豚肉のロースは調達できなかったので、肉の塊で買った。

 しかしレシピの写真に近い料理が完成した。

 味もまあまあ。

 明日は何にしようか。
Photo_2

 夜はすでに風邪はほとんどどこかへ行ってしまった。


2012年4月15日 (日)

ゆっくり家で休みました

朝目が覚めると、まだ休みだということがうれしい。

1334493897531.jpg
あれこれと、やりたいことを布団の中で考える。
いろんな苗作り、鳥小屋の工作、自転車洗車、白髪染めなとなど。

まあしかし決して義務的なものでもなく、たんたんと、やっていた。
あっと言う間に、昼になった。

昼食は、パスタ。残り物の食材を探しまわった。
食後しばしIpadを触ってユーチュウブで、震災の津波映像にハマっていた。

それから思い立って白髪染めから自転車洗車を一気にこなそうと立ち上がった。

その後にスーパー銭湯に行くのを考えたのだ。
銭湯「蓬莱」は、午後3時が開店だ。

自転車は、ロードと妻のマウンテンの2台だ。
当然不良箇所を発見、しばし時間を超過した。

その間、髪は染めたままだ。
慌てて洗面で頭を洗う。


1334493899567.jpg

外は、暖かい。
当然自転車で銭湯に向かう。

1334493900522.jpg
藻川沿いは、花見宴会真っ盛りだった。

やっぱり温泉の湯は最高!

ただ家に帰るとどうも疲れを自覚してきた。
どうも風邪らしい。

しばしテレビを見ながら休憩だ。
6時を合図に夕食の準備。

今日も終盤に近づいた。
早くも来週末のことが気になって来る。

夕食では、ログで摘んてきた「カンゾウ」のおひたしがおいしい。

2012年4月14日 (土)

つかの間のログハウス行き

1334411304371.jpg
昨日は、深夜10時を待って滋賀に向けて車を走らせたが、11時40分現地当直し、ワイン1杯飲んですぐ寝た。
朝は、目覚めが気持ちいい。
ログの木目の天井が、目に入る。
帰りは、スケジュールの関係で午前11時半と決めていたので、あまり時間はない。
しかし今回来た目的は、持ってきた種とじょがいもを植えること。

それで畑をさらに耕した。
といっても大したことはないが、14kgの堆肥を4袋ホームセンター「アヤカ」を買いに行った。
こんな時は、やはり車は早いし、荷物を沢山積める。
なにせ先週は、折りたたみ自転車で堆肥を3袋積んで帰ってきた。
今回は、あっという間に帰ってきてトマトやエンドウなんかを植えた。
ついでに椅子とテーブルを出してきて、お茶をのんだりした。

ついでにすぐ側の小川でカンゾウとつくしを摘みとった。
1334411306766.jpg


時間は残酷に過ぎて行く。

午前11時30分がやって来た。
あわてて家の中を片付け帰路に。
帰りに寄り道もしながら家には、午後3時到着。
しばし昼寝となった。


1334411308217.jpg
夕方からは、マンションの総会。
途中見事な桜並木がきになってシャッターを押した。
総会では、会長を仰せつかった。
今年は、家のことでも忙しくなりそうだ。

2012年4月13日 (金)

夜中にログに行くのです

1334319460538.jpg
今日は今週走り止め。
もともと仕事を終わってから1人でログのある滋賀まで電車で行こうと思っていたが、妻を説得し、車で一緒に行くことにした。
それで、仕事は、いつもどおり自転車を使った。
朝はなんと17℃という高い気温ではないか。
ビアンキは、捨てがたい。
ひょっとするとトレックよりよく走るかも知れない。
ただし朝は、ずっと追い風だった。

最近交差点でまっている時、まちがいなく信号無視するやからに「赤やぞ。信号まもらんかあ」と条件反射的に口走ってしまう。
そうすると周辺の人たちから視線を受ける。
「よく言ってくれた」と思うか、「なんやあの人、こわいなあ」とか思っているかも知れない。
しかしだまっていられないのだ。
今日も言ってしまった。

まあそんなおじさんがいてもいいじゃないか。

職場には、8時45分だった。

今日の仕事は、メモしておかないとわからないぐらいたくさんあるので、インデックスに書き留めておいた。
時間は、粛々と過ぎていく。
そして帰る時間になると予想だにしなかった雨ではないか。
しかしレインワェアがない。
覚悟を決めて、雨の中を防水アイテムなしで走った。
まあなんとかなるものだ。
ただ家に帰ると手の指がしびれていた。

夜中からログには行くのだが、夕食を家でとって、風呂にも入っておく。
今それを終えて、ブログを打っている。
1334319461854.jpg
妻は、まだ帰ってこない。

まあしかしブログを打てただけ気は楽だ。

2012年4月12日 (木)

マイビアンキ 桜満開の中を走る

Photo 

 昨日雨が降ったとはいえ、今日は桜はそれに逆らうようにけなげに花をつけている。

 今日もまさっしくビアンキでしょう!とちょっと気持ちがのってしまった。

 それにしても2号線から行くところ行くところ桜並木が目につく。

 それに日差しは春本番。

 ウェアはすでに長袖ではあるが、上着ジャケットはいらない。


___8Photo_2
 下半身もハーレーサーパンツだ。

 これが気持ちがよくないはずはない。

 いつまで春でいてくれるのだろう。

 しかし今日は春を楽しもう。

 自然通勤らしいクロスバイク、ロードバイクが目に入る。

 ただ、北朝鮮ではこんな時期に怪しい人口衛星用ロケットを打ち上げるというのだから、ちょっと水をさされる。

 春ぐらい国際関係も楽しくいこうやという感じだ。

 春はまた入学の季節だし、なにやかやと変わりはじめる時期かもしれない。

 わが娘もシンガポールから仕事を辞めて帰ってくるらしい。

 僕自信は、今年の春は60歳の誕生日を過ぎて自分を考えるときだが、ただログ生活は、たしかに新たな生きがいになっている。

Photo_3
 しかし歳をとったという自覚は一部をのぞいてほとんどない。

 好奇心はますます高まる。したいことは山ほどある。

 ただ寿命はどうしようもない。

 物事がわかってくるのは、つい最近なのだが、寿命はどんどん残りが少なくなっていくのだから皮肉なものだ。

 まあとにかく今日は春を満喫した。

 

Photo_4
 花見ができなくてもいいではないか。通勤しながらそれが見れたらぜいたくだろう。

 それにやや暖かい風をうけながら。

Photo_5




2012年4月11日 (水)

桜満開になったでしょう

Photo
 天気予報どおり朝から雨という結果になった。

 それでロードバイクは制動能力が高いトレックに変更した。

 とにかくシマノ・アルデグラ(ブレキ)はよく効く。

 レインウェアの下は暑いので、今年初めてショートのサイクルパンツを履く。

 足は昨日の高速走行がたたってやや足が重い。それに雨模様。

 できるだけ減速して走ることにした。

 ただ雨の日は競争してくる相手もいない。

 と思ったらマウンテンでかなり早い青年が抜いていった。もう追いかけることはしない。

 そんなこんなで職場には8時50分に到着した。

 今日は水曜日。今週は日が経ちのが速いように思う。

 いろいろと先の予定を押えたり、連絡したりとそれなりに楽しみも出てきた。

 何事の準備しているときが楽しいのかもしれない。

 どこを見ても大阪、尼崎では桜は今日が絶好調の開花という感じがする。

 花見はできずに済んでしまいそうだな。

 しかし滋賀のログ近くではこれからかもしれない。

 わがログの近くの小川に2本桜の木があった。

 今週末に行って、嫁さんと2人で、その下で花見でもしよう。

 仕事では決まった予定は朝の会議だけだったが、職務柄突然の用事が常に入ってくる。

 その方がありがたい。

 午後3時以降もそういう案件が2件入った。

 今日はノー残業デー。なんとか5時までに課題は終えた。

 外はかなりの雨が4時半ごろまで降っていた。

 覚悟して5時過ぎレインウェアに着替えたが、外は何故か雨が止んでいた。

 むしろ太陽が顔を出してきた。

 しかしレインウェアのまま、ルートを進む。

Photo_2 尼崎に入って、稲川跡の遊歩道ぞいの桜がきれいだ。そこにはSLのD51も野外に保存されている。

 春は恐らく一瞬で過ぎていくのだろう。もうすく初夏に近づく。

 さくらではないが、家の庭の鉢植え「なしの木」が見事に花を開いている。

 新しい生命は、つねに生まれてくる。

 なぜかわくわくする季節ではある。

2012年4月10日 (火)

上着をウインドブレーカーに着替えて

001
 今日の朝は異様に暖かい。

 昨日は、フリースの上着で結構暑かったのだが、今日は思い切って薄めのウインドブレーカーに着替えた。

 もちろんグローブは、今年はじめて指だし手袋をはめた。

 完全は春だ。

 2号線では、尼崎も大阪も検察官が交差点で控えている。

 今日の最後のなにわ筋では、信号で、みんなきちんと青になるのを待っていたから「よしよしそれでなくちゃ」とほくそ笑み、気持ちがよかった。

 道路温度はなんと15℃だった。

 ところで、今日もうまくサッシーと出会えた。

 昨日阪神自転車通勤友達2人に4月29日実行の淡路島ツーリングの相談ができていたので、それをサッシーに伝えたかったのだ。

 彼にも事の次第を連絡した。

 これで計画は実行できることになった。

 職場には8時45分到着。汗だくだくだった。

 002
 仕事は予定の面談は少ないが、それなりに難問もあり、時間は過ぎていく。

 しかしすっきり晴れないのが気になる。

 帰りの走行では、誰から後ろからついてきていたが、野田で一気に抜かれた。

 何時もの神崎川あいさつロードマンだった。

 それにもう一人前にいたが、結構速ローダーがいた。

 つられて走ったが、結構苦しい。

  しかしビアンキはミシュランホイールに替えてから、よくスピードが出るように思う。

 それに直進走行が安定している。

 全体のデザインもいい。

 前のローダーを見失ったが、その後のスピードを出して走っていた。

 もちろんコープ立花に行く。

 今日の399円で半額ラベルのぶり2匹の2パック買った。今日は入力はまちがっていなかった。

 家に帰って、この前作ったブリの照り焼きをまたやるのも能がないので、Iphoneアプリでぶり料理を探した。

 ぶりの香味ソースというレシピを習った。照り焼きに煮ているが、ごま油としょうがが汁に加わっているのがちょっと違う。

 しかし味は自分で作ったことのない新鮮さがあった。

 やはりIphoneさま様だ。

 夕食のときが一日で一番落ち着く。

 次の給料日まであと15日だ。残金は29000円となった。

2012年4月 9日 (月)

今週はビアンキで走るのだ

001
 めっきり暖かくなった朝、ジャケットは、自転車用ビアンキユニホームからフリースウェアに着替えた。

 それでも暑い。

 グローブは途中で脱いでしまった。

 もうロングパンツはいらないかもしれない。

 自転車は、トレックをかなり酷使し、洗車もしていないので、少し休みを与え、ピカピカのビアンキで行くことにした。

ただ、乗車姿勢は少し変わる。

 トレックに比べると、ビアンキは、ハンドル位置が2cmぐらい低い。

 普通でもやや前傾姿勢だ。

 25km/hを過ぎてからの加速がいい。

 今日はやっとサッシーに会った。

 彼はやや機嫌がよくないように見えたが、先を走りながらかなりペースが速い。

 途中僕の方が信号につかまって、そのまま離れてしまった。

 ただ途中会話したが、4月29日通勤仲間の淡路ミーティングのことが話題になった。

「楽しみです」と彼は嬉しそうだ。

 あと2人の仲間に今日連絡を取ることにした。

003 あとは離れたまま職場まで走る。

 8時40分到着した。

 今週は仕事もやや余裕がある。

 電話回線の見直しの資料を作ったり、もろもろでパソコンに向かう。

 昼休みは、昨日のログ生活を思いだしつつ、「前略。農家、はじめました。」を読む。

 それに最近アップしたIphoneアプリ「寝てる間!」のログで寝ている間の自分の音声を確認した。

 ほとんど声なく寝ているようだ。

 とにかくIphoneさま様だ。

 夕方はあっと言う間に過ぎて行った。

 
 帰りはやはりうれしい。

 温度は結構高い。またグローブを脱いで走った。

 平日もこの時間は楽しい。

 とくに今日思ったが、信号待ちでしばし何も考えずぼーっとしている瞬間はなんともいえない。

 不安もなく、考えることはなにもない。

 人間自分だけの時間を作らないといけないと思う。

 自分勝手とはちがう自分だけの世界だ。

 そしてまた人の中のストレスで揉まれる。

 帰りはコープ立花に寄った。

 今日の夕食レシピは赤旗日曜版「うれしい一品」本谷恵津子さん指導のイタリアン牛丼に挑戦した。

 ズッキーニ、ピーマンを買い、肉は家の豚肉を使う。

004 何でも料理はレシピどうりする必要はない。あるもので代用すればいい。

 フライパンで焼いていると何ともいえない風味が出てきた。

 小皿は、山芋とわかめの酢の物ではなく、サトイモとニンジンの煮っ転がしになった。

 味噌汁は、豆腐、うすあげ、わかめを具にした。

 これはなかなか美味だった。

 あとちょっとうれしいサプライズの電話があった。

 ちょっと楽しい月曜日になった。



2012年4月 8日 (日)

春がやってきたのです 山菜が絶好調

004
 朝目が覚めると天窓に霜がはっていた。

 昨日夜はよっぽど寒かったのか。

 しかし日が昇るにしたがって、天気は晴天だ。

 朝の洗面、食事を済ませて、さっそく外へ出てみた。

 とりあえず近所を自転車で散策にいく。

 雪で覆われたときはまったくわからなかったが、空き地の分譲地にみごとに「つくしが」が群生していた。

 今や山菜はポイントを見つけることが重要ではなく、この時期にこの地に来ているかどうかの時間の問題らしい。

 というのは先週から今週は、つくしなどありとあらゆる場所に群生している。

 点々と伸びている場所もある。

 取りきれないほどある。

 新鮮な感動は消えてしまった。

 ふきのとうも大きく開きかけてきたが、今週が旬ということだろう。

 ひとしきり摘み取った山菜をビニール袋に入れて、そこから近江今津のホームセンター「アヤカ」に自転車で向かったのだが、最短コース、それも車とほとんど遭遇しない道を通っていけたので、ちょっとうれしい。

010
 それで、20Lの腐葉土を3袋自転車に乗せて帰った。

 そのときも川沿いにも「つくし」「ふきのとう」「かんぞう」「よもぎ」などなどたくさん生えている。

 まさにここ高島町は早春だ。

 ただ、さすがに桜はまだ花を開いていない。

012
 ログにもどって、すでに11時前だったが、土をすべて中身を出した。

 ただ種を持ってくるのを忘れたので、ホームセンターできゅうりを買った。

 それを本当は先に鉢で苗をつくらないといけないらしいが、大胆にもそのまま撒いた。

007 本当にやっと晴天を体験したという感じだ。

 とにかく最近の土日は、すべて悪天候だったのだ。

 3月からその土日は毎週ここにきている。

 これからは、庭の木や、まわりの草花が成長するのを見るのがたのしみだ。

 

009 昼を過ぎて、慌てて食事し、干していた布団を取り入れ、室内を掃除し、荷物を片付け、後を確認し、午後1時15分ごろログを出る。

 駅までの歩きは30分。

 途中見える北の山々はいまだ雪をかぶっている。

 近江中庄駅13時54分到着の新快速姫路行きを待つ。

 少し遅れてその電車はやってきた。

 ただ結構客が乗っている。

 なんとか2人用席の空いていたところを確保。

 約1時間30分の乗車でそのまま尼崎まで乗り換えなしで進んだ。

 家には午後4時だった。

 さっそく山菜「ふきうのとう」「つくし」「おおばこ」「かんぞう」「よもぎ」をリュックから出し、整理した。

 夜は妻が料理担当で、この食材をほとんど天ぷらにし、つくしは佃煮風に炊いた。

 春のいぶきをその食材から強く感じようだ。015
 尼崎はすでの桜満開だった。










2012年4月 7日 (土)

春の滋賀は寒かった

1333803513060.jpg
やっと週末に突入した。
いてもたってもいられず、妻に許しを得て昼からの会議後、直接滋賀に向かった。

会議は、4時過ぎ終わったが、実は気がきでなかった。
しかし、慌てて、大阪駅に着くと、なんと4時30分の新快速敦賀行きに乗ることができた。
しかも、座ってだ。
これは、かなり早い時間に近江中庄に行けるのではないかと、少しほくそ笑んだ。
しかし、実際は、近江今津で20分待ちて、京都駅を後15分後の便でも着くのは同じだった。

しかし北に進むほど、気分は開放されて来る。

ダイヤの遅れもあり、近江中庄には、6時55分ごろ着いた。

それにしても寒い。

すでに夜空になっていた。

1333803528228.jpg
35分歩いてログに着いた。
すぐ、風呂に湯を入れ、食事の用意。
現地で材料を調達するのは無理なので、家から焼き飯用の野菜をリュックに入れて来た。

すぐ調理にかかる。

一人だけの食事だ。

1333803532897.jpg

今はログに来ただけで満足している。

2012年4月 6日 (金)

大人の品格を問う

001
 今日は春の交通安全週間はじまりらしい。

 2号線の交差点ごとに市民と思われる人たちで、交通安全の腕章とそれらしいジャケットを着た人たちがたくさん立っていた。

 道路温度はまだ8℃。

 やや寒い状態で自転車を走らせた。

 2号線を走っているかぎりでは、信号無視の自転車、歩行者は見当たらない。

 しかし、大阪市西区に達すると、地域道路では、信号無視はあたりまえ。

 

 悪びれることもなく、若い女性から、おじさんから僕が信号で停止して中を通りすぎていく。

 こんなにも大人としてしてはいけないことが無視されていることに憤りを感じる。

 ぼくは子どものとき、大人とは「人に迷惑をかけない」「ルールを守る」「いつも冷静に行動する」など当たり前だと思っていた。

 実際はそのおとながどんどんルールを破っているではないか。

 これでは、子どもたちにすくなくとも道路上で悪いことしか継承しない。

 政治の世界でも、政権党が選挙で約束した「消費税の増税はしない」「子供手当を出す」「高速道路を無料化する」など、ことごとく裏切っている。

 そんなことに比べたら、信号の一つや二つ無視したところで、どうということはないと思っているのだろうか。

 ただそれは違う。

 道路は直接命の危険に直結している。

 すべてのことに大人は正しくあるべきだ。とぼくは思っている。

 自分のまちがいに開きなおるため「大人とはそんな純粋なことばっかり言っていられない」など、子どものときに聞き飽きた。

 歳をとるほど人間品格が上がっていくべきで、それだけ人間とは学習する能力を持っているのだ。

 ところで今日は週末。

 気持ちがうきうきしないはずはない。

 ただ今日は職場では全体の会議があるので、緊張の時間を過ごした。

 夕方は、開放的気分で自転車を走らせる。

 まさしく淀川大橋からの夕日はきれいだった。

 そのままコープ立花に。

 最近気づくのだが、その店内にはドラマがある。そんな映画ができそうだ。

 だいたい毎日6時30分前後に店に着くので、同じ人と出くわすが、杖を突いたおばあさんがレジを終えて、長い間品物を袋に入れている姿を毎日見る。

 またどういう理由か、少し年配のおかあさんと20歳前後の青年が毎日買い物に来る。

 ただその姿は普通では見ない光景で、しかも毎日見るので、忘れない。

 逆にぼくの姿のほうが普通ではないので、しっかりチャックされているのだろう。

 ところで今日は、レジの打ち間違いを発見した。

 去年までなら頓着しないのだが、今は毎日1,000円が予算限界と決めているので、今日は2,000円を超えて、「あれ?」と思ったことが疑問に思った原因だ。

 最近のレジは、光感知方式なので、間違えることはないが、同じ魚パックを2つ買うと、手打ちするのだろう。

 その数を多く打たれていた。

 たかが198円の違いだが、自分も主婦感覚になってきたののか、自分でもおどろきだ。

002
 それで今日の夕食は、その間違えられかけたブリの実を照り焼き風にした。

 明日はまた楽しみなログ行きだ。

 午後の会議を終えてそのまま琵琶湖に向けて電車に乗る。

2012年4月 5日 (木)

やっと今日春を感じました

001
 もう今日は寒くない。

 庭のなしの木を花が開きそうだ。

 自転車を走らせて高速下にさしかかると、近くの公園のみごとな桜の木々は、もうちょっとで花が開きそうだ。

 いつもの年なら、また春が来るかぐらいしか喜びはなかったが、もう一つのベースの家を所持したことによって、春がこれほど待ち遠しいと思ったことはない。

 なぜからログの木々がどう開くかがとても気になるのだ。

 それに本当の雪の冬を週末ごとに経験したし、苦労も経験した。

 北で暮らす人たちの春への喜びの100分の1でも感じれたような気がする。

 朝の走りはほぼ追い風。足は軽い。

 今日の仕事は昨日に比べて余裕があるだろうと思いながら職場に着いた。

 現実は超ハードというか、精神的にハードだった。

 それはなぜかというと、面談が3回、財務の点検でのやり取りが一つなどなど、落ち着く暇はなかった。

 まあそれでもいろんな業者の方の話が聞けたことは勉強になった。

 昼休みは、昨日まで読んでいた「曽根崎心中」を終了したので、今日から斉藤 融、周子著書「前略。農家、はじめました。」を読み始めた。

 軽井沢が舞台だが、東京生まれの斉藤さんが初めて農業に取り組む6年間の話をちりばめている。

 ちょっと面白そうだ。

 その後も考える暇もなく夕方になり、帰り始めた。

 まだ外は明るい。003

 尼崎に入って、曇った空に夕日がくっきり月のように浮かび上がっていた。

 

 そのままコープ立花をめざす。

 未だにこの通勤があきないから、しあわせかもしれない。

 夕食は、だしまきたまごに挑戦しようと意気込んだが、帰ってみるとたまごは3個しか残っていなかった。

途方にくれたが、ミニだしまきにして残りはまだまだストックがある豚肉を焼き、大根おろしとほうれん草の炊いたものでちりばめた。

004 小皿は昨日とおなじわかめとじゃこの和えた酢の物にした。

 今日は妻も2男も7時半ごろ帰ったきた。

 明日は週末。気持ちは軽い。

 そしてあと1日自転車に乗れる。

 なぜかうきうきするのだ。




2012年4月 4日 (水)

やっぱり自転車の通勤が一番

003
 昨日は帰りのみ電車で帰ったが、今日は帰りは自転車だった。

 

 やはり昨日のような電車のダイヤの乱れを体験すると、自転車の気楽さが再認識できる。

 ただ昨日の風だけはどうすることもできなかった。

 今日も帰りの走行では、それなりの風が吹いている。おまけに向い風だ。

 体を充分前に倒して、その状態でずっと走った。

 こんな状態が楽しいのだ。

 004


 それにしても夜が深けるのが遅くなった。

 尼崎、稲川橋あたりでは西の方向に夕日がきれいだった。

 今日の仕事では、午前会議、昼プレゼン風説明会主催など気の抜けない一日だったので疲れがたまっていた。

 しかし自転車でコープ立花に着いたときは疲れはとんでいた。

 コープ立花で野菜いためを作るための食材を買う。

 今日は週半ば、週末までもう少しだ。

005
 Iphoneアプリからヒントを得た野菜炒めがことのほかうまかった。

 今日買ったカットわかめを水つけ、水を切ってちりめんじゃこで和えた。

 食堂でもらった釘煮も添えた。

 ビールは金麦糖質70%をはじめて飲んだ。

2012年4月 3日 (火)

突風が吹きました

002
 朝は普通の家を出た。

 ただ曇っていて、雨が今にも降りそうだった。 

 それでレインウェア上下は、デイパックに入れていた。

 予想通り尼崎を超えたあたりから、雨が降り始めた。

 しかしレインウェアをあえて着るのはおっくうなので、そのままデイパックのみカバーをつけて走った。

003


 なんとか小雨のまま職場に着いた。

 今週はスケジュールがつまっている。

 服を着替えて仕事にすぐかかる。

 昼までは天候はいたって普通だった。

 ところが2時を過ぎたあたりから、会議をしていたが、外の様子が普通でない。

 異様な風の音と何かが倒れる音などが聞こえてくる。

 天気予報でもたしかに強風が吹くとは言っていたように思うが、本格的な嵐と風がやってきた。

 夕方帰る段になって、自転車ではどうも危険で帰れないような感じになってきた。

 といって、強風が吹いているということは、電車の運行もどうかわかならい。

 しかしここは自転車をあきらめるしかない。

 それでブレザーを来て、デイパックはもったまま地下鉄桜川に向かった。

 そのまま地下鉄千日前線に乗り、終点野田阪神からJRに乗り換えようと移動したが、悪い予想はあたっていた。

 JR東西線は、ほとんど動いていない。

 一か八か、そこから阪神電車駅に移動。

 切符を買って、プラットホームまではスムーズに上がれたが、ダイヤが乱れているというアナウンスだ。

 しかし5分ぐらい待って、特急姫路行きが臨時にこの駅に停車した。

 ラッキーだった。

 なんとかそのまま尼崎駅まで行くことができた。

 まだ時間は6時前。

 歩いて帰ることも覚悟していたが、市バス駅でダイヤを確認。

 午後6時7分のバスが来る。

 予定どおりやってきて、なんとかJR立花駅に6時25分に着いた。

 結果的には本当にラッキーだった。

 JR立花駅改札を横切ってコープに行くのだが、駅前ではたくさんの人で立ち往生していた。

 コープに着くと客は本当に少ない。

 買い物をして家に向いて歩くが、強い風の音とじっさい揺れる看板などちょっと危機感を感じた。

 まあしかしなんとか家に13分ぐらいで到着した。

 しかしまわりにやたら警察官が待機している。

 後でわかったことだが、わがマンション5階の上の傾斜した屋根がはがれたということだ。

 それで危険なので警察を呼んだということだ。

 地域の何軒かでそんな状況があったようだ。

 小規模の竜巻が発生したらしい。

 ただわがマンションは、まだ築17年なのにそんなことで屋根がはがれるということはやばい。

004 夕食は、鶏肉とふきのとうの天ぷら。後はレタス、ブロッコリーとトマト。

 スープも作った。

 ただ食事中、もし妻から車で迎えにくるように依頼されるといけないので、1缶だ毛残っていたノンアルコールビールを飲むことにした。

 しかし妻は自分の自転車で無事9時ごろ帰ってきた。

 2男も阪急電車で帰ってきた。

 まあ今日は天候に左右された1日だった。

 

2012年4月 2日 (月)

春はいろんな植物が芽吹くのです

昨日花開いてきたスモモはさらに数多く花が開いてきた。

朝はいつものように、同じ時間に家を出た。

向い風のせいか、体の調子がなぜかよくないような感じになる。

というか、やけにペダルが重い。

野田阪神の手前でまず信号クリアーは無理と判断し、惰性で走っていたが、うしろからときどき会う超高速ピンクロードの男性に抜かれた。

しばらく追いかけたが、ちょうど野田阪神交差点では間一髪黄色信号になった。

そんなこんなで職場には8時40分だった。

4月事実上スタートの今日は、おもいっきり忙しい。

会議の準備に、電話対応、おまけにクレーム対応が2件あった。

夕方も5時から電話当番だが、立て続けの電話対応だった。

Photo
 6時をすぎただちに帰る用意をし、職場を出る。

 途中阿波座の郵便局に入金のため立ち寄った。

 するとふと目に映る石碑を発見した。

「阿波堀川跡」とある。

 こんなところに堀川があったのだ。

 立札の説明では1600年開削し、西横堀川から分流し、百閒堀川に通じると書いてある。

 やはりここらあたりは堀がはり巡らされていたのだ。

 そんなことを想像するとわくわくする。

 東京を回る「ブラタモリ」のように、大阪も「ブラ鶴瓶」とかんとかで番組を作ったらぜったい視聴率はとれるのにと思ったりする。

 それもこれも自転車での移動が役に立つ。

だいたいどこでも駐車できるのがいい。

きょうは週末をログで過ごしたせいだろう、自分のモチベーションが高い。

帰りの自転車のペダルの回転は軽かった。

2012年4月 1日 (日)

空がたくさん見え、鳥の声が聞こえるのがいい!

001
 目が覚めるとログだった。

 ちょっと曇っている。しかし天窓から空がよく見える。

 昨日は暗くなってから到着したので、見ることができなかったが、家に植えた木々の様子が気になる。

 2週間前植えたふきのとうが気になる。

 それにしても昨日は書いていなかったが、移動の間に利用した温泉「比良とぴあ」(湖西道路終点から161号線に移動する途中にある)が天国だった。

 もちろん精神的にも仕事を終えた週末の解放感で高ぶっていたが、あんがい客が少なかった温泉の露天風呂は本当に気持ちがよかった。

 そしてログに着いてすぐ食べた駅弁が最高だった。

 朝洗面、トイレを済まして食事を済ませ、庭に出てみた。

 カリン、ビワ、クリ、などあまり変化がなかったが、カリンがなんとか目を出そうと小さな枝からもがいているような様子がいじらしい。

 なんとか定着してほしい。

 それに今日は、家からかなり弱ってきたもみじの鉢植えを持ってきた。

 そして地植えした。もし成長したら秋はきれいだろう。

 あと妻は仕事をもってきていて、パソコンとの格闘。

 その間にぼくは今回持ってきた元娘のキーボードで練習にいそしんだ。

 レット・イット・ビーは、もうまもなく動画配信できるだろう。

 かなり練習できた。さえぎるものは何もない。環境はベストだ。

 002

 そして11時をすでに過ぎていたが、2人で自転車にまたがって山菜ポイントにまたまたふきのとうなどを発見と採集に出掛けた。

 それから話は前後するが、その前に折り畳み自転車の1台の前輪が破れていて、そのかわりをネットで購入していたので、交換を試みた。

 ただタイヤはずしの道具をもっていくのを忘れていて、代用品えタイヤを外したが、心配していた通り、チューブを破ってしまった。

 すぐパンク修理にかかる。003

 なんとか補修して空気を入れ、完成した。

 そして妻と2台で出かけた。

 期待どおり2週間前から採取した場所に今でもふきのとうは目を出していた。

 しかもつくしもたくさん出現している。

 ラッキー!

 たくさん取れた。

 ヨモギも見落としそうだが、赤ちゃんの葉がたくさん育っている。

 これからは山菜ラッシュだ。

 やはり今年から毎週のように来ていることが発見につながっている。

 まあ自分の家とは別世界だ。

 しかしすぐログに戻り、昼食の準備と食事をし、帰る作業にかかった。

 1泊2日で昼すぎ帰らないといけないのが、惜しい。

 帰りの走行で気づいたが、湖西道路は比良の現在の終点からかなり延長の工事が進んでいるのを見つめた。もうすぐ安曇川近くまで延伸しそうだ。

 これもまたうれしい出来事だ。

 なにせ161号線は比良を過ぎると地元の村を通るので、生活している人たちに本当に申し訳ないと思う。

 だから車が山川の高架道路を移動するのは、いいことだ。

 高速道路、湖西道路を走っていて思うことは、日本のドライバーはまわりの動きを察知したり、流れを止めたいハンドルワークが下手な人が多いということだ。

 だから変なところで後の車が低速せざるをえなくなったり、わけのわからないところで渋滞したりする。 

 左側から走路に進入してくる車とのタイミングをとりながら運転することなど最悪だ。

 入ってくる車に対して入れさせないような動きをするものもいる。 

 まあ自転車走行にも通じるが自分勝手な人が目立つのだ。

 ぼくは高速道路では、ほとんど車線変更しない。前の車がよっぽど遅くないかぎり、その後を車間距離を保って走る。

 これは精神的にも、安全性からもいい。

 まあそんなことを感じている。

 家には、4時丁度に着いた。実質奥滋賀のログから1時間半で帰ってきたことになる。

004 家に帰って木のなるのは、スモモの木の開花。

 しかし予想以上に花が開いている。

 ちょっとうれしい。

 これがそのまま秋に実をつけるといいのだが。

 

 5時過ぎからさすがに疲れが出てきて、昼寝。

 6時に起き上がって、食事の用意をかってでる。

 なんといっても持って帰ってきたふきのとうとつくしの調理がある。005_2

 結局ふきのとうは天ぷらにし、豚肉の生姜焼きとあわせてさらに盛った。

 つくしは蒸して、ベランダの網にいれ、天日干しにすることにした。

 まあ昨日、今日は満足できる2日間だった。

 また明日から自転車通勤生活にもどるのだ。





« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30