フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« やっと今日春を感じました | トップページ | 春の滋賀は寒かった »

2012年4月 6日 (金)

大人の品格を問う

001
 今日は春の交通安全週間はじまりらしい。

 2号線の交差点ごとに市民と思われる人たちで、交通安全の腕章とそれらしいジャケットを着た人たちがたくさん立っていた。

 道路温度はまだ8℃。

 やや寒い状態で自転車を走らせた。

 2号線を走っているかぎりでは、信号無視の自転車、歩行者は見当たらない。

 しかし、大阪市西区に達すると、地域道路では、信号無視はあたりまえ。

 

 悪びれることもなく、若い女性から、おじさんから僕が信号で停止して中を通りすぎていく。

 こんなにも大人としてしてはいけないことが無視されていることに憤りを感じる。

 ぼくは子どものとき、大人とは「人に迷惑をかけない」「ルールを守る」「いつも冷静に行動する」など当たり前だと思っていた。

 実際はそのおとながどんどんルールを破っているではないか。

 これでは、子どもたちにすくなくとも道路上で悪いことしか継承しない。

 政治の世界でも、政権党が選挙で約束した「消費税の増税はしない」「子供手当を出す」「高速道路を無料化する」など、ことごとく裏切っている。

 そんなことに比べたら、信号の一つや二つ無視したところで、どうということはないと思っているのだろうか。

 ただそれは違う。

 道路は直接命の危険に直結している。

 すべてのことに大人は正しくあるべきだ。とぼくは思っている。

 自分のまちがいに開きなおるため「大人とはそんな純粋なことばっかり言っていられない」など、子どものときに聞き飽きた。

 歳をとるほど人間品格が上がっていくべきで、それだけ人間とは学習する能力を持っているのだ。

 ところで今日は週末。

 気持ちがうきうきしないはずはない。

 ただ今日は職場では全体の会議があるので、緊張の時間を過ごした。

 夕方は、開放的気分で自転車を走らせる。

 まさしく淀川大橋からの夕日はきれいだった。

 そのままコープ立花に。

 最近気づくのだが、その店内にはドラマがある。そんな映画ができそうだ。

 だいたい毎日6時30分前後に店に着くので、同じ人と出くわすが、杖を突いたおばあさんがレジを終えて、長い間品物を袋に入れている姿を毎日見る。

 またどういう理由か、少し年配のおかあさんと20歳前後の青年が毎日買い物に来る。

 ただその姿は普通では見ない光景で、しかも毎日見るので、忘れない。

 逆にぼくの姿のほうが普通ではないので、しっかりチャックされているのだろう。

 ところで今日は、レジの打ち間違いを発見した。

 去年までなら頓着しないのだが、今は毎日1,000円が予算限界と決めているので、今日は2,000円を超えて、「あれ?」と思ったことが疑問に思った原因だ。

 最近のレジは、光感知方式なので、間違えることはないが、同じ魚パックを2つ買うと、手打ちするのだろう。

 その数を多く打たれていた。

 たかが198円の違いだが、自分も主婦感覚になってきたののか、自分でもおどろきだ。

002
 それで今日の夕食は、その間違えられかけたブリの実を照り焼き風にした。

 明日はまた楽しみなログ行きだ。

 午後の会議を終えてそのまま琵琶湖に向けて電車に乗る。

« やっと今日春を感じました | トップページ | 春の滋賀は寒かった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと今日春を感じました | トップページ | 春の滋賀は寒かった »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30