フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 雨あがりのサンバ | トップページ | 職場から帰りもスーツじゃなく自転車ウェアで帰りましょう »

2012年4月24日 (火)

交通死亡事故は罪が軽すぎるだ

Photo
京都の亀岡でおこった事故は、あまりにも悲しい。

発生した因果関係はいろんなところにあると想像するが、とにかく加害者は責任をとらないといけない。

以前から無免許運転を繰り返し、この日も夜からその無免許で走り続けて朝をむかえて居眠り運転をしたというのだから、殺意はあるかないかは問題外だ。

 

 車自体が、スピードを出すし、金属の塊なのだから、一面凶器なのだ。

 それでもおそらく最高刑は懲役7年らしい。

 殺された若いおかあさんと赤ちゃん、もう一人の子どもはいったいどうなるのだ。

 それにだいたい彼の犯罪は裁かれるべきとして、もともとその道は危険道路といわれていたというから、他にも責をうけるべきものがいる。

 だいたい6m道路で、朝の8時ごろは通学路なのだから、自動車は乗り入れさせるべきではない。

 車はすぐ近くに国道9号線があるらしいのだから、そちらだけを走ればいいはずだ。 

 とにかく問題は多い。

 しかしはっきりしていることは、車の暴走で人が殺されていることだ。それはこの前の祇園近くの事故も同じだ。

 しかし話は飛躍すると言われるかもしれないが、自動車を製造する自動車会社は責任がないのか。間接ではあっても一定の社会貢献で事故をおこさない道路作りなどに援助するべきだ。

歴代の政府、国自体が、車社会を作り、どんどん高速道路、その他の道路を作り、安全政策をおこたってきた。

 この社会は本当に人の命を大事に考えているのか。一般の市民にもそれは言える。

 道路でのルール違反は堂々とする人が多すぎる。

 道路上での事故にある意味麻痺している。

 仕方がないことと思っていないか。

 そうだとしたらそんな社会は平和な社会ではない。殺伐とした社会だ。

 毎日思い知らされているので、いくらでも言いたいことが出てくる。

 明日はJR福知山線事故の7周年だ。

 本当に人の命が尊重される社会になってほしい。

 医学は人の命を救おうとするが、いろんな事故は人を殺し、障害者を生み出す。

 人間にはきっとそんなことを解決する力を持っていると信じたい。

 Photo_2

さて今日の夕食は昨日半額で買ったさばのみりん漬けをメインデッシュに後は感覚で料理する。

 かぶらの葉っぱとニンジンとこの前食堂でもらった自家製玉ねぎ、それぞれきざんで中華鍋で炒めた。ごま油をかけた。

 後はトマトを適当に切って乗せ、はたはたの冷凍を油で揚げた。

 味噌汁の代わりにはきのことたまねぎに豚肉のミンチを入れて粉末鳥ガラスープを入れた。

 するとおかずもスープも最高の味だった。 

 ちょっと偶然の産物だが、こんなこともあるものだ。

 とにかくおいしいものを食べることは体にも心にもいい。

 ちょっと今日はいやな事件のことを書いたが、夜は夕食で癒された。

 それに夜は、阪神自転車4人組のいよいよ初めての淡路島ツーリングの最終確認の連絡ができた。

 29日は実行する。

 ちょっと楽しみだ。

 甘口ビストロワインがうまい。

« 雨あがりのサンバ | トップページ | 職場から帰りもスーツじゃなく自転車ウェアで帰りましょう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨あがりのサンバ | トップページ | 職場から帰りもスーツじゃなく自転車ウェアで帰りましょう »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30