フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

交通警官のおじさんに励まされた

001
 今週まだ自転車通勤では3日目、しかし週末に近い。

 歌島交差点は神崎川南詰信号から一機に通過できそうな雰囲気だったが、その前の信号で左折車にスピードを抑えられた。

 残念ながらあきらめた。

 今日は何か新味なことがあるかといえば、昨日帰りにボトルを大阪本町のトレック専門店で買ったので、今日それをデビューさせたことだ。

 製造元はなんとモンベル社だ。

 価格は1260円。

 展示していた中では一番安かったので買った。

 ちょっとそれだけでフレッシュな気分になるからふしぎだ。

 しばらく走って淀川大橋を越え、野田阪神交差点で停止。

 左右の横断歩道を通りこしてその前で待機した。

 ちょうど交通警官の方(だいぶ年配)が立っていてこちらに近づいてくる。

 また「自転車は横断歩道の方で待機してください」と注意されるのかと思ったら、「安全にはくれぐれも注意してね」と切り出し、「ぼくの上司もそんな自転車乗ってますねん」

 「息子もレース出てるしね」

 と興味ありそうで陽気な景観だ。

 「ご苦労さんです。大変ですね」と交わす。

 すると「通勤がんばってね」とか言ったか言わなかったか。遠くの地点で話していた。

 そして信号がまだ青矢印も出ていないときから、どうぞというように手で合図してくれている。

 その後油断していたが、左からさっき追い抜いたノーヘルのロードバイカーが抜き去っていったが、ちょっとこちらもいい気になって、ギアーを一つ上げ、40kmで抜き返した。

 その後そのままのスピードで船津橋交差点までリードした。

 「まだまだ行けるぜ!」てか?

 ちょっと優越感で走っていた。

 あみだ池筋の信号で待機しているとき、二人の幼稚園児らしい姉弟の弟が左右横断歩道でうろうろしていた。

 タクシーがそこを左折で渡ろうとしてきていたので「危ないで右にもどっときや」と声をかけた。

 まわりの人も「そうそう」という感じの顔をしていたが、左折するタクシーの運転手も僕にtyちょっと頭をさげて通過していった。

 こんなときもちょっとうれしい。

 職場に行くと今日は全員の会議を運営するので、緊張する日だが、朝のできごとは、それを忘れさせる。

 職場には8時45分ごろ到着した。

 今いったようにデスクに座るとほとんど午後からの会議資料の作成、コピー、配布。

 それに午後からは会議本番とあっと言う間の一日だ。

002
 夕食は、昨日解凍しておきながら使わなかった豚肉のスライスをまた解凍し、卵と小麦粉で和えて、フライパンで焼いた。

 後はキャベツざく切り、トマトを乗せ、枝豆も湯がいて乗せた。

 結構恰好がついた。

 今日の発泡酒は「のどごし〈生〉」。ただ味はソーダに近く感じる。ビールの味はしない。

 まあ贅沢はいっていられない。

 食事後イタリアの3男に電話を掛ける。

 とうとう卒業ということだが、そろそろお金の送金の時期なので、月曜日でもいいか聞いておいた。

 明日はまあ週末。今週はログに行けるチャンスがないのが残念だ。

2012年5月30日 (水)

やっぱり自転車通勤はやめられない

001
 

 天気もいい。

 なにも躊躇する必要がない。

 サイクリングウェアに着替え家を出る。

 水曜日はだいたい自動車は少ないのだが、尼崎を走るかぎりはそうだった。

 しかしなぜか歌島橋手前はやけにクルマが渋滞している。

 とにかく一機に通過する機会をうかがったが、安全第一。無理はしない。

 最近は朝洗濯物を干す日が多いので、どうしても家を出るのがやや遅れる。

 サッシーにも最近遭遇しなくなった。

 野田阪神の交差点からは、競走しそうなローダーもなく、ただ一人35kmで走る。

 今日もなにわ筋の信号を越えるとき、信号無視の自転車が入ってきた。

 「信号まもらんかい」と叫ぶ。それは近辺に響きわたった。

 しかし、交通ルールの基本だし、大げさに言うと命の問題でもある。

 もっと他の人も注意してほしい。

 そんな姿は見たことがない。

 

 仕事は明日の会議の資料づくりに追われ、午後からはキャノン大阪本社ショールームに新しい複合機〈コピー機)の機能を見るために行った。

 とにかく進化しているのにびっくりした。

 ただこんなんがあったらいいなというものばかりではある。

 パソコン上で簡単の違う種類のデータをすべて編集できて、ページ設定も簡単だ。

 とにかくリコーとのライバル争いがはげしいようだ。

 説明を終えるとすでに4時半になっていた。

 あわててSくんと西梅田駅に急ぐ。

 今日はノー残業デーだ。

 職場に帰って慌てて帰る用意に。

 体調はだんだんよくなっているのだが、喉の違和感は直っていない。

 帰りの走行では、あの異色のクロスバイクの女性にはやい段階で遭遇。

 しかしかなりゆっくり走っている様子で途中でいないくなったと思ったら、油断している間に淀川大橋で一度追い抜かれた。

 「やばい。やられた」

 という感じだが、すぐに追い抜いた。

 そのまま直進するが、姫島交差点で信号が黄色に変わり、停止すると、なんと後ろからやってきて赤信号の中を直進するではないか。

 「最低~~~?」と失望した。

 まあいつか事故に合うだろう。

 ちょっといやな気分であとのルートを走るが、やはり独走がいい。

002

 家には6時20分ごろ着いて、早めの食事作りができた。

 シャケのアラをバター焼きし、一匹の残っていた冷凍イカを焼いた。

 キャベツと豆苗とチーズを和え、たっぷり乗せた。

 風呂に入って、あがってからひさしぶりにピアノに向かう。

 精神的にはピアノはいい。

 ほっと安心し、心が安定する。

 マンションの理事長になったせいでその後2件との電話でのやり取りに追われる。

 まあ1年の期限つきだ。なんとか誠実にやりぬこう。

2012年5月29日 (火)

健康診断はエネルギーを使う

 一年に一回は健康診断を受ける。

 今日がその日だ。

 ただ前日の夜8時以降は何も口にできないというのは辛い。

 当日は、水も飲めないので自転車通勤も無理だ。

 電車で通勤したが、風邪をひいているせいもあって、かなり辛い。

 一応職場に行ってから、その診療所に行くのだが、自転車で行った。

 検査は身長、体重からはじまり、視力・聴力、血圧・血液を進む。

 その後、超音波エコー、心電図、問診で一段落。

 終わったと思ったらまだしていなかったなと思っていたレントゲン、その後山場の胃のレントゲンでバリウムを飲み、機械の上でのた打ち回る。

 それですべて終了だった。

 しかし要した時間は約1時間。

 オプションで前立腺がんの血液検査もしてくれる。

 ところで今のバリウムは、すぐれもので空き腹には満腹になるが、下痢の薬も入っているらしい。

 検査を済まして職場に帰る。11時を過ぎていたら、その辺の食堂で食事もできるが、まだ10時45分ぐらいなので、帰るしかない。

 バリウムは早く体外に出した方がいいらしく、水を500ml飲んで昼前にトイレで出した。

 しかし1年に1度ぐらいは、これぐらいのエネルギーを使わないといけないのだろう。

 昼食がやけに味に敏感になり、その後のコーヒーも飛びぬけてうまく感じた。

 しかしそう感じたのはそれまでで、疲労感は夕方にかけて増してきた。

 それは風邪が治っていないせいだろう。

 とにかく健康を保つのも結構エネルギーを使うのだ。

2012年5月28日 (月)

考えてみたら5日ぶりの通勤自転車だった

001
 月曜日になり、自然な形で通勤自転車は始まった。 

 ただ考えてみるとなんと5日ぶりの自転車だった。

 というのは先週木曜日、午後から休暇をとって、電車で滋賀に向かうため通勤は電車だった。

 翌日から職員旅行のため、新大阪駅に直行した。当然翌日も電車で家に帰った。

 日曜日は当然自転車にならないが、西宮にクルマで移動した。

 その折西宮からの帰りにロードバイカーが一人いたが、どうも年齢は自分より上に見える。

 ただ信号はきれいに止まっていて、走り方もかっこいいというか、若い。

「おれもまだまだやれるのかな」とちょっと勇気をもらった。

 そんなこんなで何も考えず、今日は走りだしたが、5日のブランクはまったく感じない。 

 本来の持ち場についたという感じか。

 逆にスムーズに走っているような気がした。

 後ろからついてくる人が一人いた。が追い抜かれるでもなく、ちょっと離しつつ走っていたようだが、野田阪神手前の信号停止で自分の前に出た。

 

 職場には8時45分ぐらいについたようだ。

 結構机の上に物が貯まっていた。

 それの整理と新聞の切り抜きなどで午前を過ごした。

 それに明日が1年に一回の健康診断なので、職場で前日の検便をとった。

 さらに昼休みは読書もそこそこにコンビニで自分の家とログの固定資産税、自動車税を払った。期限は5月31日なのだ。

  午後からも、もろもろと木曜日の全体の会議のためのレジュメの作成が。

 これでだいたいこれで夕方になった。

 職場を出たのは5時半手前だ。

 帰りは結構暑い。

 ただ走りは軽快だ。

 尼崎の繁華街に入って、今日は夕方も途中用事が続く。

 まずM銀行でローンの入金に。そしてすぐちかくのA信金でこの前修理に出したプレーリーの修理代の支払いを振込みでした。

 さらに家から一番近い郵便局で月末引き落とされるプロパンガス代をアバウト10,000円で入金した。

 これで今日の用事は終わりだ。

 あとは夕食の用意。

 これも持ち場についたという感じだ。

002 冷蔵庫の食材を見て牛肉とその他の野菜を混ぜた炒め物にした。

 それにほうれん草をゆでた。

 明日は健康診断で今日は夜8時以降は水分しか補給できない。

 風呂に入る前に食事にした。

 ちょっと不便だが、まあそれが健康チェックの担保と思えばいいか。

 

 

2012年5月27日 (日)

西宮保育フェスティバル的一日

002
 夜中はまだ体調不良が続いて、寒気で震えていたが、朝はなんとかお腹も復調していた。

 念のため、昼食はおかゆで済ませた。

 今日の予定は西宮保育フェスティバルでの音響を担当することだ。

 西宮中の保育士たちが運営し、企画し、たくさんの父母や子どもたちがこの集まりにやってくる。

 とくに今年は、政府が今「一体改革」という名で、保育所と幼稚園を一体化し、施設を利用者がさがさないといけなくなる。

 それも所得次第という話らしい。

 なにが「改革」かということだ。

 それは厚労省であの無実の罪で一度犯人扱いされた村木さんもその提案の関係者ということだからそのことはいただけない。

 そんな中若い保育士たちは歌い、おどり、結構程度の高い芝居までする。

 ちょっとパワーをもらう感じだ。

 音響装置はREAVEY ELECTORONICS。

 4チャンネルしかないが、それなりの音質で野外会場に響き渡る。

 ただスピーカーは小さいし、やや不安定。

 午前11時から開始し、午後3時には会は終わった。

 たくさんの出演者からお礼の言葉をもらった。

 ただ裏方なんですけど。

 ちょっとこの3日間を思い出すと、半日のログ行きと翌日からの九州職員旅行に一泊2日。 夜はマンションの会議。

 そのあと体の調子の崩しての帰宅で今日を迎えた。

 ちょっと動きすぎたか。疲れが出たか。

 この後明後日はいいタイミングで1年ぶりの健康診断が待っている。

 とのかく目まぐるしい3日間だった。

 しかし体は運よく回復してきた。

  明日からはまた通勤自転車復活だ。

2012年5月26日 (土)

由布院を一人でまわり、2か所の共同浴場に通う

003
 今日は朝から晴天。由布岳がよく見える。

 職員旅行のバスの一行を朝9時

に見送って、一人になった。

 観光地図を片手に由布院の街を歩く。

 最大の課題は、朝地図上で確認した料金200円ぽっきりの共同場に入ることだ。

 街の中心にむけてメインルートをゆっくりと歩く。

 しかし突然のハプニングが?

 どうも朝から調子が悪かったのだが、お腹がもよおしてきた。

 ちょうど古びた寺を見つけ、綺麗な木造のトイレを発見。

 「ラッキー!」とさっそくトイレに入った。

 一応お腹は改善したが、その後もたびたびもよおしてきた。

004 冷えたせいもあるだろうとやがて見つけた「ゆのつぼ温泉」に入湯。

 かなり熱めの湯だったが、すこし長く入った。

 利用者は自分一人だ。

 ここは昨日入った「下ん湯」のような混浴ではない。

 男女区別されていt。

 しかし綺麗な建物だ。

 気持ちよくなって、服を着て、さらに川沿いを由布院駅の方に歩く。

 時刻はまだ午前10時。

 由布院駅出発の特急は午後0時3分だ。

 とりあえず次の温泉を探す。

005
 どちらも200円なんだが、今度の「乙丸温泉は、ちょっと街の中にあって、風呂屋という感じだ。

 おじさんも一人いる。

 街の人たちが4人ぐらい入っていた。

 中はややきたない。

 それにしても2件梯子して入湯すると疲れる。

 体はヘトヘト。服を着て駅前に向かい、土産物屋を探す。

 土産を買い、鶏入りおにぎりも頼んだ。

 006


もう駅の中の待合室に座ることでせいいっぱい。

 約1時間そこに座って居眠りしていた。

 そのうち特急が止まっていた。

 窓側の指定席なので気持ちがいい。

 ただ後から入ってきた中国人風子持ち夫婦の夫はなやまんと自分の席の上の棚が開いているのに、わざわざこちらの棚に大きな荷物を置いた。

 挨拶などなにもない。

 ちょっとびっくりした。気持ちいい気分が興ざめだ。

 そこからまあとにかく2時間博多に向けて進む。

 博多について、その夫婦の大きな荷物を下ろすとき、こちらがまたされたら困るので、早めにドアに向かった。

 そして新幹線に。今度も2列の窓側を取ってくれていたので気持ちいい。

 新山口駅から小柄な女性が横に座った。

 横に人がいるのをあまり気にしていない様子だ。

 そのうち新神戸を越え、新大阪に。

 お腹の調子がまたまた悪化してきた。

 これは食中毒かはたまた風邪と疲れか。なんとか家に着いてトイレに入る。

 夜はマンションの話し合いがある。

 今週も過密スケジュールだ。

 明日は妻の関係の保育フェスティバルで音響の仕事をする。

 

 



2012年5月25日 (金)

由布院に来ました!


職場の職員旅行で九州、由布院にやってきた。
新大阪駅から九州新幹線のぞみ午前9時36分発でいく。
となりの車両には、黄色い帽子をかぶった小学生の集団が集まってきた。
先頭の子どもに聞くと、広島への修学旅行ということだった。

1337939415356.jpg
新大阪から約2時間、流行る気持ちを抑えなから過ぎていく。
博多駅は大きかった。
そこからバスに乗り換えて2時間、由布院に着いた。
由布院は雨だった。
若者2人、Nくんともう一人のNくんと3人で共同浴場をめざす。

1337939444558.jpg
温泉は、金麟湖の側にあった。下ん温泉という。
200円を自主申告で缶に入れる。
なかなかいい。

その後近くの焙煎コーヒー店にはいったが、かなりサプライズだった。

エスプレッソとカプチーノの違いのうんちくを話してくれた。

由布院をちょっと見直した。

明日は、一人別れて由布院を散策する。

2012年5月24日 (木)

日帰りでもいい ログに行けるなら

001_2
 土日を使ってもここ2週間はログに行ける機会がない。

 それで知恵を働かせ、超離れ業で、平日午後から休暇を取って日帰りするという計画を今日決行した。

 それにはIPHONEアプリが非常に役に立った。

 事前に今日の日程を指定し、午後からの大阪から直行便で近江中庄までいける便を探すとちょうど午後1時15分にその便がありることがわかった。

 帰りも直行はないが、5時31分発近江中庄発の便でなんとか夜7時47分にJR立花に到着できる。

 ということは、ログにまる2時間滞在できる。

 「これだ!」と思って、はじめての経験だが、決行した。

 午前中はしっかり仕事に出て、重要会議をこなした。

 12時過ぎ、服をカジュアルに着替え、大阪駅をめざす。

 昼食は定番だが、地下鉄西梅田近くの地下街立ちテーブルの食堂で500円牛丼定食を食す。

 大阪駅の中に入って7番ホームに上がってもまだ12時45分ではないか。

 30分間椅子に座って、IPHONEをいじっていたら、時間になり、一番前に並び、到着後席を確保。そのまま近江今津まで座ったままいける。

 003
 田園風景がいい。

 2時47分時間どおり近江中庄駅に到着した。

 ログまで35分歩く。

 4日ぶりだが、うれしい。

 木々はそれぞれに葉をのばしていた。ただこの前持っていった006


タラの木がしぼんでいるので、影の場所に地植えした。

 それにムカデ退治の薬を持って行ったので、家のあちこちに撒いた。

 後は十分な水撒きをした。

 2時間はあっと言う間だが、それなりに楽しんだ。

 帰りは、折り畳み自転車を利用した。

 駅まで15分。これは早い。ただし今度来るときで、駐輪場に置いていくことになる。

 しかし結構楽しかった。

 近江中庄には時間どおり5時31分近江今津行き列車が入ってきた。たった一駅だ。

 近江今津からは京都行き各駅に乗り換える。

 今日は平日の夕方のせいで、異常な人数の学生が降りてくる。それから乗る客もほとんど高校生らしい若者ばかりだ。

 しかし読書中だった「睡眠の不思議」の本を読み終えた。

 睡眠とは体を休めているだけでなく、頭の中を最適化する仕事があるらしい。

 ただ海で生きる哺乳類は、寝てしまうと窒息するので、頭の片方づつ睡眠し、片方は覚醒したまま泳いでいるらしい。

 鳥たちも瞬間の眠りを繰り替えしているらしい。そんなことが書いてあった。

 騒々しいまま京都駅まで進む。

 京都駅では乗り換え2分。間一髪網干行き快速に乗り換える。

 電車の中ではずっとIPHONEを触っていて、明日からの職員旅行先の由布院の街を調べてみたり、ジロ・デ・イタリア(今戦っているロード国際レース)のことを調べたりした。

 これがなかなか楽しい。

005
 家に帰ったのは8時すぎだった。

 しかし今日の経験で日帰りもありだと思った。

 なにせ畑の水撒きは、あまり間をあけていられない。

 せめて毎週一回は行くことを目標にしている。

 この何か月かの経験でそれなら経費はなんとかなりそうだ。

 今日の経験は非常に役に立ったし、疲れないことがわかった。

2012年5月23日 (水)

体は完璧かと思っていたら夕方に疲れが

001
 天気はいい。

 今日もたくさんの洗濯物が朝あって、その作業したが、あとなぜかまたトイレに入り、やや出足が遅れた。

 ただ初めの信号がタイミングよく時間をとりもどした。

 車は水曜日ということでか、ことのほか少ない。

 歌島橋交差点はなんなく通過した。

 ただ長堀手前の高速合流信号は停止せざるをえなかった。

 それにしてもどこもかしこも信号無視の自転車が多い。

 気になるのは、そこに遭遇した自動車もなにないかのように徐行してやり過ごす姿だ。

 ただあきらかに目の前に自転車が信号無視で入ってきているのを見ると「どうなの」という感じだ。

 クラクションを鳴らして注意しろよ!と思う。

 もう道路での信号無視は少なくとも大阪、尼崎では慢性化してしまっている。

 職場には8時45分だった。

 体は絶好調という感じに思った。

 その分仕事でパソコンに集中しすぎて夕方が近づくにつれて疲れ全開になってきた。

002
 それでも力をやや抜いて帰りを走る。

 野田阪神からちょっと見たことにあるローダーが歩道で待機していた。

 「むむ、こいつははやいぞ」と緊張しつつ走りだすと、案の定淀川大橋手前から追い抜かれた。

 かなり早い。

 しかしまた歌島橋交差点で追いついて、また発進で話された。

 どうもときどき会うローダーかもしれない。

 やはりその通りで、神崎川信号で停止していた。

 「いつもの彼か」

 ちょっと笑ってしまって、通過するとき挨拶した。

 その後は疲れも消えて、今度はヘルメットなしだが、結構32km/hぐらいで走っているクロスバイクの青年を抜いてしまった。

 そんなことでときどき自分でもセーブできない行動にでてしまうのだ。

 今日はその後家に直行。

003 昨日あく抜きのため妻が準備してくれていたワラビと冷凍ハタハタを天ぷらにした。

 これがなかなか美味だ。

 料理は季節のものを食べるのが一番だろう。

 明日は昼から日帰りでログに行く。

 

2012年5月22日 (火)

自転車にまたがって疲れ取る

001
 朝起きると昨日までの疲れがまだ取れていない感じだ。

 しかし行くしかない。

 気を取り直して家を出る。

 ただペダルをこぎだすとなぜか調子がいいというか、体が思い出す。

 家を出た時間は、8時50分ぐらいか。

 なるべくパワーを抑えて走ろうと心がけるが、軽いペダルでもJR立花バイパスを軽く19km/hで上がっていた。

 とくにアブナイ場面もなく職場に着いた。

 今日はなにわ筋を超えて、南にさがろうと交差点赤で停止しているとき、反対側の青年もこちらの若者もきれいに止まっていたので「それでよい」とうれしくなる。

 職場には8時45分に着いた。

 土曜日総代会を終えた後だけに午前中やることはいっぱいだ。

 それでまたちょっと疲れが見えた。

 昼休憩でデイパックから本を出そうとしたが、別の鞄に入ったままだったことに気づく。

 ちょっと手持ぶさただ。

  喫茶キャビンではIphoneの英語ニュースを聞いていた。 

 ある程度聞き取れるのがうれしい。

 午後は3時から5時まで会議のため、あっと言う間に夕方になった。

 昨日ログから帰るとき、クーラーボックッスを持って帰るのを忘れ、今後の予定では2週間は現地へ行けないので、中に入っている肉とニラなどが腐ることまちがいなく、2週間もほっておけない、

 それで明後日木曜日、午後から休みをとって、日帰りでログを往復することに決めた。

 これもアプリの「乗り換え案内」でダイヤを調べたら、午後1時15分発大阪に乗れば、現地で2時間滞在しても午後7時40分にはJR立花に戻ってこれることがわかった。

 こうなったら2時間の滞在でも楽しみだ。

 第一野菜に水を補給できる。

 ちょっと安心だ。

 今日の夕食は、帰りにコープとコジマでトイレットペーパーとマンションの駐輪場で切れてしまった蛍光灯を買ってから作ることになる。

002 苦肉の策で、冷蔵庫にストックしていた魚のあらを煮込み、キャベツときゅうりを切り、レタスも足し、トマトも足しで出来上がった。

 それにタイミングよく鳥取に旅行されていたお隣のYさんがシジミの真空パックをおみやげに持ってきてくれた。

 これで味噌汁は決まった。

 何事も偶然の幸運はありがたい。

 今日も一日やり終えたって感じだ。

2012年5月21日 (月)

金環日食の日は歴史的か

006
 日本の広域で金環日食が見られるのは、今後200年後だと言われて、ぼくも妻が買ってきた特殊メガネで見た。

 場所はたままたま休みで移動していた滋賀県ログハウス付近。

  残念ながらリングを見ることはできなかったが、だんだん月が太陽を隠していく瞬間を見た。

 しかし「それだけ?」という感じで身ぶるいするような感動はなかった。

 それは、畑ばかりの農道で感動を共有する人がひとりもいなかったことも影響しているだろう。

 また天文学に特別の関心をもっているわけではないからかもしれない。

 ただし野生の動物と011いうか、野鳥たちは、その間鳴き声がとまったような気がする。

 それほど自然の変化に敏感に反応するのだろう。

 実際、まわりの朝のかがやきは、やや夕方に向かうような暗さがあった。

 まあしかし15分ぐらいでそんな孤独な観察に疲れてきて、ログにもふどった。

 感動は誰かと共有することが大事なんだなとかみしめた。

 さてそのあと、すでに食事も早い目に済ませていたわけだが、今日の最大の課題、草刈り機でのログ前の草刈をはじめた。

 012

 それは、自分のログハウスではなく、以前から使ってきたKさんのログだ。

 あまりにもほったらかしという感じに荒れ果てて見えた。

 50mプール一面ぐらいあるスペースを刈るのは覚悟がいる。

 だから半分ぐらいにするつもりだったが、遣り出すとはまりこむ性格で、全部やってしまった。

 ただこれにもコツがあることが分かった。

 円盤の歯の振り下ろす位置、からだの使い方はコツがある。

 まあしかしなんとか1時間ぐらいかけて刈ったせいできれいになった。

 そのいきおいで自分のログに帰り、いったん休憩したのち、まわりを刈り初めた。

 11時にやり終えたが、やっと昨日までの疲れが取れてきたのに、また疲れが盛り返してきた。

 30分半ば茫然としていた。

 その間、ワークマンで、この間亡くなったMさんの入っている我が「おやじーず」の演奏を逐一聞いた。

 手前味噌だが、結構完成度は、いままで思っていたより高いと確信した。まあただ自己満足かもしれないが。

 そしてMさんがソロを歌っている「イマジン」彼訳詞バージョンを聞いて涙が出そうになる。

 もう彼と二度といっしょに歌えないということが、これほ寂しいとは思わなかった。

 再度に一緒に演奏した昨年秋の医療生協まつりでの「遠く故郷離れても」は、鮮明な録音をしておくべきだったと後悔する。

 それだけただ舞台の床に置いた状態でも録音なので、ボーカルがよく聞こえない。

 Mさんがずっとメロディーを歌っている。ぼくとTさんはそれをカバーする合唱だ。

 まあしかしログに一人でいる状態でないとなかなか聞けない貴重な時間だった。

 帰りは後ろ髪をひかれる思いで、ログを出た。

 午後2時前だったが、20分後に通過する道の駅「安曇川」でいつものようにたまご12個ワンセットと野菜を買って、すぐそこを出発した。

 しかし月曜日だというのに国道161号線はスムーズとしても、名神高速はほとんどのルートで工事のためということで1車線を規制されていて、渋滞の連続だ。

 「ばかやろう。こんなときに」と叫びたい気持ちだが、ぐっと堪えて、とにかく渋滞でも4時過ぎまでには尼崎に着くように祈った。

 実際は家には4時15分だった。

 すぐイタリアの3男から頼まれていた生地に使うアルミ缶の工作品を海外郵便を利用するためご近所の郵便局に行った。

 なんとか5時前には完了した。

 家に帰ると疲れはまたまた出てきた。

 それで夕食の買い物はしたが、その後すぐ風呂に入った。なぜかコカコーラを買ってきて、ひょっとして疲れが取れるかと思いつつ飲んだ。

 やや疲れを鈍感にする作用があるようだ。

 夕食は昼ログで作ったチジミをもう一度作った。

 やっぱり疲れたときは休憩するにかぎる。

 

2012年5月20日 (日)

またログへ行く日

1337515158642.jpg 昨日は、心底疲れた。 その疲れを残したまま朝を迎えた。 今日は、とりあえず青空学校の閉会での校長挨拶だけだと気を抜いていたが、朝一番にブルーシートを持ってくるように要請があった。 慌てて収納箱から2枚取り出し、会場に持っていった。 ただ3時半の閉会が待ち遠しい。 なんとか時間が経過し、10分遅れで任務を終え、待ちに待ったログ行きだ。 1337515178105.jpg 尼崎インターから名神に入ると移動は早い。 しかも日曜日の上りルートは、抜群に空いている。 ただそんな時でも変に減速する区間が生まれるから、日本人の道路での連携プレーの不器さがめだつ。 しかし4時過ぎに家を出て、5時50分には現地到着。

庭の野菜は心配していたこともなく、成長している。 先週買って水瓶にいれた10匹のメダカは元気だった。 この瞬間を待っていた。 ところで、昨日の総代会の講師、京大の高橋千太郎教授と話す機会があり、「放射能廃棄物を宇宙にほかすことなんてできないんでしょうか」と唐突に質問してみたら、本当に検討がされていると返答されて驚いた。 ただ、第一位の案ではないらしい。 しかしこの方法が地球の将来にとってはベストだと思う。 さてログに着いて夕食は、焼き飯にした。 1337515184819.jpg ただサラダははずかしいがコンビニ発だ。 夕食を食べて、この2.3日の疲れたが、肉体的にも精神的にも取れたような気がする瞬間だた。

2012年5月19日 (土)

悲しいこともあり 楽しいこともある1日

 

 今日はとにかく朝の段階から疲れていた。

 それは昨日からの疲れなのだが、しかし、8時過ぎには近くの小学校で開かれる「青空学校」の看板をすえつけにいく。

 

 しかしみんな関係者が来ない。

 ちょっと閉口したが、そのうちなんとか形になった。

 そこで校長としての挨拶をする。そろそろ大役を変わってほしいのだが、9年続いている。

 それから慌てて家に帰り、喪服に着替え、葬儀に向かう。

 出席だけではなく、おやじーず残党で演奏を頼まれた。これは光栄なことだ。

 なにせ亡くなられたMさんは我々の一員なのだから。

 それも1時間ぐらいで終わったが、読経の間目を閉じて、できたら眠りたかった。

 演奏はまあまあこの大事な場であるが、成功か。

 それから家に帰り、すでに12時手前だったが、服を普通のスーツに着替え、職場に向かう。

 電車の中ではほとんど眠っていた。

 職場につくと慌ただしい。

 いろんな場面でダメ押しとスタートの合図をしないといけない。

 それが講演会、総代会、懇親会と夜まで続く。 

 しかしなんとか7時半に懇親会も円滑に終了した。

 これでホッとしたという感じだ。

 とにかく1年間でもイチニを争う忙しさだ。

 しかし夜家に帰る段には、緊張感がとけ、ただ惰性で帰る。

 明日はいよいよ青空学校の閉会をあいさつを夕方済ませば、すぐログに向けて車で向う。

 待ちに待った移動だ。

 それに現地で月曜日の朝、金環日食を見るのだ。

2012年5月18日 (金)

忙しさで疲れ全開か?

001
 今日は仕事では総代会を目前にしてこまかいことを考える日だ。

 通勤では、これ以上いい気候はないと思うくらい気持ちがいい。

 しかし体の疲れはいろんなことが重なって全開だ。

 やけに眠たいのだ。

 朝はやや遅れて家を出たが、職場には8時45分に着いた。

 疲れを残したまま大阪平野区に用事でプリウスに乗って出かけた。

 やはりこの車のデザインはすきではない。第一恰好が悪い。車内は天井が低く、圧迫感がある。

 つよがりかも知れないが、運転しやすさ、快適さはマイプレーリーの方がいい。

 アクセルワークもやや深めだ。

 てなことを思いつつ、ただインパネのディスプレイーにモーターとエンジンの稼働状況が見えるのは面白い。

 職場に戻ると昼になり、しっかり休憩した。

 午後からは明日の開場の準備で忙しい。

 しかし夕方4時には早退した。

 後はMさんのお通夜だ。

 受付をするつもりだったが、ことたりていて、とにかく前の方に座って、お坊さんの読経を聞いていた。

 しかしたくさんの来場者が通夜に参列した。

 人間の生と死ということを考えさせられる。

 回復が難しい病気の場合、延命のためいろんな苦痛に耐えるか、それとも自然治癒にまかせるか、彼は自然治癒を望んだ。

 考えてみるとりっぱな態度だと思う。

 明日は、奥さんの依頼で、おやじーず残党2人で演奏する。

 ただ明日は青空学校の校長挨拶、葬儀出席と演奏、総代会の運営と3本立てだ。

 しかし明後日は、ログへ行くぞ!!

2012年5月17日 (木)

おやじーず 我が友Mさんの冥福を祈る

018_2
 朝出がけに突然の電話がおなじマンションのTさんから入ってきた。

 なんと闘病生活は送っていたが、最近めっきり回復してきたと思っていたわがおやじーずのメンバーで同じマンションの住人Mさんが亡くなられたという連絡だ。

 茫然んとしてしまった。

 不幸は突然やってくる。

 とりあえずマンションの新しい役員に連絡を入れた。

 朝の自転車通勤が安全にいけるかちょっと不安だった。

 しかしこんなところで事故でもしたら不幸に輪をかける。

 安全にはくれぐれも注意しているつもりでペダルを進める。

 なんとか職場に近づいてホっとする心境だ。

 それぐらいダメージがあった。

 とにかくMさんは、地域の歌声喫茶がきっかけでいっしょに演奏を続けてきた。

 最初はおたがい遠慮もあり、すこしよそよそしかったが、次第に息があってきて、今や演奏ではMさんのギターに僕のキーボードでぴったりバランスがあってきた。

 そんなときに彼は病気になった。

 まさか40代で癌をわずらうとは信じがたかったので、本気にしていなかったかもしれない。

 本人も飄々としていて、不安をおくびにも出さなかった。それに抗がん剤をできるだけ拒否し、自然治癒をめざしていたという。

 若いだけに転移も早いのだろう。

 去年も見るからに痩せたのが気になっていた。

 3人で最後の満足のいく演奏を終えたのは、2年前の「塚口子どもまつり」だっただろう。

 考えれば1年半以上が過ぎている。

 その前に8月には写真のようにピースコンサートでは彼の訳ししたイマジンが光っていた。

 もっと一緒に続けていたら、すばらしいおやじバンドになっていたのに。

 そのピースコンサートのたった4枚製作したCDが遺作になってしまった。

 そんなことを考えるとちょっと寂しい。

 まあ今はそのCDを聞き返そう。

 天国できっと千の風のように見守っているだろう。







2012年5月16日 (水)

交通ルールもなにもない今日この頃

004
 昨日の雨天気から一転、今日はよく晴れている。

 しかし月曜日走っただけなのに足はだるい。

 軽い調子でペダルをこぐ。

 昨日トレックを整備したせいで、ブレーキは安心だし、後輪空気も調整したので、やたら走りやすい。

 今頃になって、淡路で4人組で走った感覚が体に蘇ってきて、ちょっとペダルをいつもより早く回しているようだ。

 職場には8時40分に着いた。

 それにしてもいつも感じていることであらためていうのも新味がないが、道路逆走自転車は多いし、信号無視の自転車も多い。

 

 信号を渡るときも安心してわたっていられない。

 仕事は、午前中会議。午後も土曜日の総代会に向けて、なぜか気ぜわしい。

 5時の後も電話当番で1時間仕事をした。

 それでそのあいだ夕食のメニューをアプリで考えてみた。

 ちょうどいいいのがあった。

 「韓国風かつお丼」

 6時を過ぎて慌てて、着替え職場を出る。

 帰りも軽いモードで走ろうと自分にいいきかせたが、やっぱり加速していた。

 向い風も関係ない。

 コープ立花には7時15分ごろ到着した。

 食材は630円ぐらいで収まった。001
 これは思ったより早くできた。ガスレンジをほとんど使わない。

 ごはんも昨日の分が残っていた。

 それで腹筋30回をこなし、風呂に入った。

 やはり疲れが残っている。

 湯船の端に頭をもたせかけ、しばし音楽を聴く。

 風呂から上がって妻もまだ帰っていないので一人で食事をした。

自分で作っていうのもなんだが、うまい!

 カツオについた味つけと白キムチのコラボがいい。

 たまにはアプリネタにたよるのもいい。

 なにせ一年は365日にあって、その間に夕食を考えていかないといけないのだから。

 しかし食事は生活の原点だ。 

 自分で作らせてもらえる喜びに感謝しよう。

2012年5月15日 (火)

今日は娘の誕生日 同時に沖縄返還40周年

001
 この間ログに行ったあと、どうもわがプレーリーのタイヤに異常音を発見し、今日午後から休暇をとって、ご用達の勝本モーターに持っていった。

 その折、今日が雨のせいで異常音が消えていたが、整備士さんの話ではタイヤのホイールとブレーキの板の間に小石が入って音を出す場合があるということだった。

 まだ特定できていないが、そんなことなら問題はないのだが。

 

 しかし用事はこんなときは一度に済まそうと多々思い浮かんだ。

 マンションの理事長を今年仰せつかった関係で、緊急に集まらないといけない問題があって、その集まりの開場を予約し、その会議の招集状を作ってくばった。

 その後はわがトレックロードのブレーキも音がしてきて、どうもブレーキシュー〈ゴム)がだいぶすり減ってるせいだろうと、作業してみたが、そんなこともなく、ただ調整は必要だったので、作業した。

 時間の経ちのは早いもので、そんなこんなで4時半になってしまった。

 その後はパソコンを開けていろいろいじっていたら、6時半ごろになってしまい、夕食の準備しないといけない時間になってしまった。

002


 ところで庭の鉢植えの果実はいろいろ花をつけていたが、ナシはついに実が大きくなりかえていながら、それが落ちてしまった。まだ育ちが悪いのだろう。

 しかしジャンボレモンは、異常に花が密集して開いている。

 これが全部実になるわけはないが、楽しみだ。

003
 夕食は、日曜日妻が東京で買ってきたシュウマイを温めて、カツオをたたきを横に乗せ、自分で買ったフキを佃煮風にし、大根をすってのせる。

 味噌汁の代わりにコーンスープにした。

 ビールは金麦ホワイト。

 やっぱりビールはうまい。

 まあ今日もやるべきことはやり終えた。

 ウイッー!

2012年5月14日 (月)

ただ普通の通勤月曜日

___17

 

 昨日体験したログ生活から一転仕事に日にモードを切り替えるのはちょっと辛い。

 洗濯物の干し作業があり、やや出足遅れで家を出た。

 しかしひたすら自転車にまたがればそんなことは忘れてしまう。

 気候はちょうどいい。

 ひたすらペダルを踏む。

 昨日ログでしていた自転車の修理作業を思い出す。

 自転車はどんなタイプでも自分にとっては、すきなアイテムだ。

 歌島交差点は渋滞の影響で一気には進めなかったが、土佐堀から長堀交差点までずっと停止なしに渡れた。

 それで職場には8時50分だった。

 仕事に入って体は調子いい。

 ふしぎだが、課題の仕事はトラブルなく、スムーズに何個も終わっていくからうれしい。

 時間もあっという間に過ぎていく。

 帰りは5時20分ごろ。

 天気予報では、夕方から雨だと聞いていたが、それはなかった。ただ風はやや向かい風だ。

 ハンドル下段をもって前傾姿勢のまましばらく走る。

 ふと後ろのブレーキが見えて、停止中作動しているとき、片効きになっているのを発見。

 しかし家まではそのまま行く。

___14 杭瀬近くの表示版に「信号無視の事故多発「という表示。

 やっぱり信号無視の事故は発生しているんだとへんな納得をしてしまった。

 だいたい自分が見るかぎり信号無視の自転車、歩行者、最悪は自動車が多すぎる。

 まあしかしこんな表示はよく言ってくれたという感じだ。

 そのまままた走りだす。

 ただ今日はサプライズもなく、ただもくもくとペダルを踏む。

 ところで今日の夕食を考えたのは朝のトイレの中で、壁に張っているカレンダーにふと目が行くと、「牛乳カレーうどん」のレシピが見えた。

 ちょうど一昨日のカレーがまだ残っている。牛乳もかなりあまっている。

 これだ!!と思い、朝からメニューが決まった。

 帰り道コープに寄る。

 だいたいの感で今日のレシピに必要な食材を買った。

001_2
 ついでにタケノコご飯のもとを買った。

 うどんだからと軽く考えて作ってみたが、ちょっと本格的で、フライパンで食材を炒めることから始める。

 まあしかし味はいい。

 調理は惰性ではなく、挑戦ありきだ。

 なにごとも前向きにか?


 

2012年5月13日 (日)

ログから帰ってまいりました

___15
 昨日は夜ワインを飲みながらうたたねした。

 朝は5時半に目が覚める。

 もうちょっとゆっくり寝ていたらいいので、もう少しまどろんだ。

 しかし6時過ぎ起き上がって現実にもどると結構忙しいことが想像できる。

 朝食前に散歩というか、山菜いの発掘にいく。

 近くの林にワラビとタラの芽を収穫した。

 そのあとは一人の朝食。

 その後、8時半までは、テレビで「ルソンの壺」と「さわやか自然百景」をじっくり朝食をいただきながら見た。

___18


 それからは忙しい洗面を済ませ、トイレを済ませ、まず24インチ自転車の修理にかかる。

 かなり古い自転車でネジと言うネジがさびまくっている。

 今回の修理は、後輪スポークの取り換え。2本が手で折れてしまったから最悪だ。

 タイヤを一度はずさないといけないが、タイヤ外し工具を持ってこなかったことに気付く。

 あと後輪ブレーキ固定ねじが破壊した。

 それでそんなものを手に入れるべく、ホームセンター「アヤハディオ」に行く。

 ついでに培養土20kgを3袋買った。

 それから戻ってさらに自転車修理再開。買い物を含め3時間ぐらいかかってしまった。

 しかしなんとかついでにスタンドも取り換えて、リニュアルした。

 それで時間はすでに12時前だった。

 家に入ってごはんをたく準備をし、再度外に出て、草刈り機の歯の交換に挑戦。職場で借りてきた工具はサイズがちがった。

 しかしやぶれかぶれで、自転車のボトムブラケット外し用の工具(13サイズ)がぴっ足り合うことがわかる。

 なんとかナットを外し終え、新しい歯をつけた。

 さっそく家の周りの伸びきった草を刈る。

 みるみる草は刈り取られていった。

 それを終え、買ってきた土を入れ、家から持ってきたトマトときゅうりの苗を植えた。

 それを終えるとすでに1時前だった。

 食事をし、しばし休憩タイム。

___17
 家からもってきた内職、空き缶を切った切れ端で編む作業をした。

 そのうち眠たくなってきて、しばし安眠。
 

 目が覚めたら、2時40分になっていた。

 もう帰るしかない。

 あわてて、片付けをし、掃除機で掃除をし、忘れ物がないように荷物を整理し、カギを閉め、自動車にまたがる。

 まあいそがしい2日だった。

 しかしやっておこうと思うことはだいたいやった。

___14 昨日買って水ガメにいれたメダカは元気に泳いでいる。

 すでに3時20分だったか。

 この時間は鬼門だったが、しかたがない。

 予想どおり道はところどころ渋滞していた。

 しかし慌てる必要もなく、雄大な琵琶湖を左にみながら、車がとまったときは、道の駅「安曇川」で買ったヨモギ餅をほうばる。

 しかし苦情だが、日本人は車の連携運転がへただ。渋滞しなくてもいいところでも渋滞はおこる。 

 つまり、車間距離を詰めすぎる。合流時のおたがいの間をとりかたがわかっていない。 できたら左から入ってくる車を無視しようと強引に進む。そこでスピードが極端に落ちるのだ。

 車に乗るとゆずりあおうという気持が薄らぐのか。

 それに高速道路で、追い越し車線から走行車線に移動するとき、すぐ後ろに車がいるのにそれに合わせたように至近距離から進入してくる。
 
 

 そんなことを考えながら運転していたが、午後6時すぎ家に着いた。

 しかし毎週のようにログハウスに行っているのに、やることは万とある。

 また来週も宿題を残してきた。

2012年5月12日 (土)

週末はログがいい

1336830749039.jpghttp://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/133137/0/79357878
今日はうれしい日なのです。

今回ひとりぼっちだが、わがログハウスに行くことがてきるのだ。

ただし午後からの会議をこなし、その後だ。
そのため、職場にわがプレーリーで行った。

会議はほどなく終わり、今回は新御堂筋を走り、茨木インターから名神高速に入るつもりだったが、なぜか一般道路に出てしまい、やや遅れた。

しかし今日の名神は空いていた。

ただしログに着く前に寄りたい場所が2箇所あった。
一つは、温泉、湖西道路終点近く比良トピアで入湯した。

それまで疲れがらたまっていたので、ちょっと回復した。
もう一つは、ホームセンター安曇川を探してメダカを買うこと。
これは、案外スムーズに行けた。

そのあといよいよログハウスをめざす。
すでにあたりは暗くなってきていた。

夕食は、家で仕込んてきたカレーを温めた。

やっはりログがいい。

2012年5月11日 (金)

週末の帰り 通勤は劇寒!

001
 やっぱり週末はいい。なんといっても明日は土曜日だし、日曜日が翌日ある。

 ただ今日は4月下旬の気候になると天気予報では言っていたが、まるで3月下旬だ。

 アームウォーマーはまだ離せない。

 とにかくいつものように走る。

 明日は、会議の後車でログに直行する。

 ちょっと非日常の日だ。

 しかし来週土曜日自分の職場としては一大イベントの総代会があるので、今日もその出席の掌握で一日費やする。

 昼は毎日通う夕張食堂の若奥さんのお父さんのご逝去のため、食堂は臨時休業。

 それで川ぞいの若者むけのレストランに入ったが、若鳥のメインディッシュは、塩を使いすぎだ。音楽もやたらうるさい。

 口直しに向かいにあるいつもいく喫茶キャビンに入る。

 ここは船内の雰囲気になれているので落ち着く。ご主人、奥さんも顔なじみだ。

 いつものようにコーヒーをすすりながら読書。一番落ち着くひとときかもしれない。

 午後からは、またまた資料作成と出席チェック。あとはもろもろ。

 やっと夕方になり、帰りの支度。ただ5月終わりにいく九州旅行の説明会に出席した。

 そのあと外に出ると劇寒!

 アームウォーマーをつけ、足もスパッツを履いているのにだ。

 いつか体が温まるだろうと思いながらペダルをこぐ。

 途中いつかのようにやたら後ろからついてくるクロスバイクの男がいた。

 だいぶ何回も距離を離していても信号停止で後ろにいる。

 尼崎繁華街で今度は抜いてくれたので、それでいいかと思ったが、うしろに着くと、ちょっとスピードが出ていない。

 それですぐ追い抜いて、一応面目を保つ。

 しかしムキになってるついてくるのはやめてほしい。

 ただずっと前を走っていて、強い向い風が今日も続いたので、足は負荷全開だった。

 コープに入ると、じゃがいもの前の店員さんが話かけてくる。

 自分元ライスロンをしていて、自転車はチューブラのDHバイクを持っているという。

 それに前から目についていて、一度声をかけたかったという。

 ちょっと鼻が高い。

 ただ通勤では走っていないというので、片道7kmらしく、「通勤しましょう」と言っておいた。

 まあどこにマニアがいるかわからない。002

 夕食は、野菜炒めと水餃子の変形。

 われながら味は最高!

 ビールはうまい。

 明日はまたまたログに行ける。

 先週植えてきた野菜たちの成長が楽しみだ。

2012年5月10日 (木)

道路利用者の品格は

001
 道路を移動する人に品格というものが問われるとしたら、やはり交通ルールをいかに守っているかということだろう。

 公道は決して、自分のためだけのものではないし、おたがい他の人を思いやる気持ちがないと命にかかわる。

 しかしそんなことなど気にもせず自分勝手の自転車、歩行者が頻発する。

 それを見るとその地域の人たちの品格をうたがう。

 本当に今深刻に心を痛める。

 とくに大阪市内の西区は最悪だ。

 車がこないとみると、四ツ橋筋であろうが、信号無視を平気でする。

 人が横断歩道を歩いていてもおかまいなしに、自分は赤とわかっていながらすり抜けていいく。

 確信犯だ。

 なにも事故になるわけではなくいいではないか。という感じか。

 それに、自分の前の信号がまだ青になっていない1秒ほど前から待ちきれず、横断を始める。

 まあそれは自分の責任ではあるが、ぼくから言わせるとまるで馬鹿だ。

 なんとかそれなりの品格が育たないものだろうか。

 僕自身、警察でもないのに10年間いったい何人の違法者に注意してきたことだろうか。

 しかし諦めず、模範運転し、まちがった人には注意しよう。

 今日日経新聞の切り抜きをしていて、いい記事があった。

 田舎ぐらしをはじめて、畑の草刈を鍬でするのに、地元の人がまだ刈っていない方を見るのでなく、刈っていった結果の方を見ながらさらに刈っていくという。

 つまり先のしんどさを見て落胆するより、今やりあげてきた結果を見ていくことで、先を進めることも苦ではなくなるということだ。

 だからぼくも結果を性急にもとめず、その日注意したことに意義を感じよう。

 たしかに少数でも、信号をかたくなに守っている人もなかにはいる。

 信号のない交差点でも、出会いがしらにゆずりあい、挨拶をかわしたり、礼を言う人はたしかにいる。

 そんなことを考えた今日だった。

 自分の生活では、連休を開けて、続けて3日働くと、その労働と通勤による疲れが、今日4日目の朝もろに感じる。

 だから惰性の走行であり、ちょっとセーブした仕事ぶりだった。

 おかげで家に帰ってからは風呂に入り、食事をしてなんとか疲れが回復したように思う。

002
 夕食は基本冷蔵庫から出してきた食材で料理した。

 きのう「ためしてガッテン」で知ったパセリを使って、それをミルでくだき、天ぷらのこもろに混ぜて、しゃけとさわらにつけて、フライパンで揚げた。

 ちょっとレストラン風になった。

 何事も食事は生きるための基本だし、喜びを感じる文化だ。

 手を抜かず作りつづけたい。

2012年5月 9日 (水)

変わりやすい天候に翻弄される

001
 昨日と比べてやや温度は低いようでアームウォーマーを装着した。

 ただ走るだけ。されど気持ちは楽しんでいる。

 しかし月曜日から仕事と通勤疲れか、朝起きたとき疲れを感じている。

 しかし走りながらストレッチできるから余裕はある。

 朝は誰にも合わず、ただ職場には8時41分到着した。

 パソコンを開けてまずメールのチェックをする。

 その段階からこまかい仕事が見えてくる。

 いまやパソコンなくして仕事にならない。

 水曜日というは週中日、あと2日がんばらないといけない。

 ただ今週末土曜日は、またまたログに行くつもりだ。

003


 夕方まではそれなりに忙しく、来客もあり、5時を過ぎてしまったが、そのころ突然雷が鳴りだし、雨が本格的に降りだした。

 

 今日はノー残業デーだ。

 急いで服を着替え、帰り支度をする。

 雨の中を帰らざるを得ない。

 まあ濡れても、家に帰れば体を洗えばいい。

 ただそれまで御尻がびちゃびちゃになることだけは辛い。

 水たまりでは、御尻をあげて走行する。

 そのうち尼崎方向の空はあきらかに明るく見える。

 そのとおり、淀川大橋を過ぎるころには雨は上がっていた。

 雨あがりの自転車走行は、濡れた体を風で乾かしてくれる。

004
 今日も帰りにはコープへ寄らず、家に直行することにした。

 家について自転車を保管する庭のカギを開ける瞬間はうれしい。

 今日も帰ってきたという感じだ。

 それにしてもジャンボレモンの花が今にも開きそうだ。

 みかんの木を例年になく、花のつぼみがまるで星空のようにたくさん出てきている。

 夕食は余裕だ。

 まだ6時20分ではないか。

 冷蔵庫を明け、思いだしたのが、タケノコのパック。

 タケノコの天ぷらが頭に浮かび、味噌汁は玉ねぎとうすあげとカットわかめだ。

005

 それにヒラメを焼いた。

 その他白菜のごま油和え。

 きゅうりとわかめの酢づけ。

 ちょっと皿数が多かった。

 ただタケノコは予想外にうまい。

 ビールもうまい。

 あと3日がんばろう。

2012年5月 8日 (火)

レッグウォーマーはすでに無用

001
 ゴールデンウィークも通り過ぎると、さすがに気候は夏に向かっている。

 というか梅雨に向かっているのだろう。

 今日は朝レッグウォーマーをつけて家を出たが、暑い。

 ただ走行は快調だ。

 1年の中でこれだけ快適な走行をできる期間は、今と秋だろう。

 庭のプランターに植えたイチゴは実をつけ、赤みが出てきた。

 職場には8時45分だった。

 仕事はなぜかのめりすぎる傾向にあり、パソコンと向いながら、3時までに4つの課題をやりあげてしまった。

 あと一つも電話面談の上、文章化して夕方になった。

002


 それにしても自分の腕は、シャツを半袖にしたせいで、よけいに目立つのだが、日焼けで皮が剥けてきた。

 どこで焼けたのだろう。

 一番はやはり29日に行った淡路島だろう。

 それにログでの野外での山菜採集が輪をかけたのかもしれない。

 まあいいか!

 とか思いながら帰りの走行を楽しむ。

 今日は買い物せず、家に直行することにした。

 それで6時20分には家に到着した。

 ところで今日仕事中、K診療所のKさんから、ずっと昔作曲して歌ったらしい「橋を」という曲の楽譜をFAXで送ってほしいという依頼の電話が来た。

 そういえば当時地域フェスタを開催し、歌ったらしい。

 ところで、その曲の歌詞を紹介してみよう。

 

  橋を

 

1 橋をかけよう僕たちの 心をつなぐ銀の橋

  歩いた道は違っても心を結ぶ道がある

 ※歩いてきたさ青春の道 渡ってみたい大地にしっかりと築いた橋を

  富や力で渡れない  みんなで築く夢の橋

2 君が渡ってくるときは 僕の姿をよく見ておくれ

  心を交わしたその橋は やがて仲間を結ぶのさ

 ※

  築いた橋はこわせない たとえ嵐がこようとも

 

 今あらためて見直すとはずかしいが、大切な曲ではある。

 家に帰るとさっそく食事の用意。しかし気分は落ち着く。

003
 すべて冷蔵庫にストックしてある冷凍イカなどなどで作る。

 その後は腹筋30回をし、風呂に入る。

 食事のときのビールはこれからの季節、喉が渇いているせいで、だんだん味わいやすくなる。

 食事の後、楽譜を探した。

 思い通りそのころの楽譜集があった。

 ちょっとうれしい。

 さっそく明日職場からFAXしよう。

 

2012年5月 7日 (月)

やや都会にもどって、ロード走行を楽しむ

001
 気候の変化というのは、ふしぎなものだ。

 確実に草花が変化する。

 

 今日も朝出がけに、庭のぶどう棚をみると、ぶどうの葉は大きく広がり、ぶどうの赤ちょんのような房が芽生えている。

 

 それを見届けて家を出る。

 道路は意外と空いていた。

 まだ休暇を取っている人も多くだろう。

 しかしちょっと都会の道路も見る目を変えるとなかなか近代的だ。

 どこまでもまっすぐしかも整備されて続いている。

 こんなふうに見えるのも意外だった。

003

 やや温度は低いのか、アームウォーマーを着てちょうどいい。

 歌島橋交差点も長堀交差点も一気に進んだ。

 やはり自転車通勤が性に合っている。

 なにせもう10年以上同じロードを走っているのだ。

 社会にも貢献しているのではないか。

 外的エネルギーは一切使わない。迷惑なものも排出しない。

 そんなに場所を取らない。

 今日はフランスでは19年ぶりに社会党政権が勝利したという。

 世界も脱原発にどんどん進むのでないかと思ってうれしい。しかも持続可能エネルギーが支配する世界になれば、エネルギー問題は改善する。

 そんな一躍になるなら自転車通勤も意義があるのだ。

 何事も前向きに考えよう。そのほうが楽しいし、夢を見れる。

 そして60代は社会貢献的位置づけが増している。それなら60代もいいだろう。

 なにせ社会のこと、その他のことに相当の体験をしている。

 ただ自信過剰というか、自然をあなどるとこの間の北アルプスの遭難死亡事故になる。

 みんな70代、60代の方ばかりだ。それがあまりにも軽率な装備で自らの命を失った。

 60代は見識深く、思慮深い人間に成長するように努力しよう。

 なにか支離滅裂な話になってしまった。

 今ワインを飲んでるのがよくない。

 仕事はかなり休んだ後の再開だが、充実していた。

 やるべきことはほとんどできたような気がして職場を出た。

 

 帰りのロード走行も気持ちがいい。

 ただログでの生活が頭から離れない。それで自分のパソコンも壁紙もわがログハウスの写真にしてしまった。

 これはモチベーションを高めてくれる。

 また明日で通勤で走るのが楽しみなのだ。 

2012年5月 6日 (日)

家に帰る日 いと寂し

001
 本当はログでの滞在も昨日で済ますつもりだったが、あまりの天気によさに帰りは今日に延長した。

 それで朝は、バスの時刻を確認し、朝8時29分 現地「平ケ崎」バス停発とした。

 そうなると朝早く目が覚めるもので、5時過ぎに目が覚めた。

 そのままトイレに向かった。

 しかししばし布団に戻って目をつむり、実際には6時過ぎに起きた。

 やや曇っている。

 食事をし、家全体の片付けをし、掃除をする。

 ままごと的わが畑に植えたなすびはやや心配なので、それなりの水の補給セットを設置しておいた。

 しかし正味3日も今回は滞在したのだが、まだ宿題が残った。

 草刈り機の歯を交換する時のナットを外す道具を持ってくること、そして草刈実行することだ。それに水瓶用のさかなを手にいれること。

 そして普通自転車もスポーク交換。

 来週も来たい。その後は5月はなかなか予定が立たないもだ。

 そんなこんなでカギを閉め、家を出る。

 バス停まで約10分。

 まだどこの家も人を見かけない。

 さわやかな朝の空気を感じながらバス停に。

 10分ほどで湖国バスがやってきた。

 しかしルートを確認していなかったので、果たして9時11分近江今津発の新快速に間に合うか、少し不安だった。

 不安的中。近江今津とは逆の方向に回っていく。

 なんと箱館山スキー場まで上がっていった。

 もはや間に合わないかと思ったが、それなりに後は駅方向に進んでいったので、8時50分ごろ近江今津駅に到着した。

 その間そのバスは貸切状態だった。

 間に合って安心した。

 15分前に到着した列車はガラガラ。そのまま尼崎駅まで乗り換えなしなので楽だ。

 それにしても湖西線でも南と北では、客の数や客層が大きく変わる。

 まして京都に到着すると満員になってきた。

 その後高槻、新大阪、大阪駅に留まる。

 大阪駅ではすでに10時を過ぎていたので、たしかに客は多い。

 しかしIphoneの乗り換えアプリでは、尼崎で普通電車に乗り換えれるはずだったが、その西明石行きは、行ってしまった。

 まあ電車での移動は不安、緊張はあるが、スリルもある。

 そんなこんなで家には11時に着いた。

 3日も家を空けていると、新聞はたまっているわ、置きっぱなしだった味噌汁はカビが生えているわで大変だ。

 家というのは毎日済んでいないとダメだなとあらためて感じた。

 今月はやや、支出過剰ぎみだ。

 ただお米券というすぐれものを2男がもらってきたので、当分米代はタダだ。

 さっそく夕方コープ立花にそれを使いに行った。 こしひかり10kgがタダで手に入れれた。

 夕食は、またまたコゴミの山菜天ぷら。

002
 この4日間で山菜のいぶきをいっぱい体にしみこませた。

 しかし自宅もそれなりに楽しいのだ。

 庭の果実たちは、ナシが実をつけ、ジャンボレモンが花を開きそうだ。

 ブドウも今年は房をつけそうだ。

2012年5月 5日 (土)

ログ滞在1日増やしました

1336209486094.jpg
本当は、今日昼に帰るはずだったが、あまりにもいい天気にほだされてもう一泊することにした。
晴天の霹靂とは今日のようなことをいうような気がする。

布団の中で今日することが頭にうかんだが、たくさんあった。
すいかの苗を昨日買ったので、その土を買う。畑も広げる。
もう一つのログから持ってきた普通自転車のブレーキワイヤーを買う。そして修理。
ちょっとハードルの高い課題は、メダカを探しに行くこと。
この地域では、メダカや観賞用魚は、ニーズがなく、店がない。

1336209497022.jpg
ネットで調べると、比較的近くにそんな店がヒットした。
住所をひかえて、ネットのおもむくまま、移動した。
それは、丘の上の別荘地にあった。
しかしちょっとクロウした。

しかしご主人はとても親切な人で、魚は売っていなかったが、魚採取の網をタダでくれるわ、店の中のペット用ねずみなどを見せてくれたりした。
念のため、店の名前を紹介すると、Katafarmという。

ちょっとサプライズなできごとだった。

1336209501263.jpg
周辺はちょうど田植えの日。

箱館山周辺にいっせいにおこなわれる。

一日帰るのを伸ばしてよかった。

2012年5月 4日 (金)

小雨の朝に虹を見た

1336125240533.jpg    昨日は、宴会では、次男カップルも合流し、7人の大宴会で、楽しい夕べを過ごした。    影響で、就寝は,午後10時半だった。

 朝目が覚めたのはその分早かった。

 トイレに行き、洗面を済ませて、少し玄関先のベランダで椅子に座っていた。

 天気は霧雨、降っているのか、止んでいるのかもわからないぐらいの雨だ。

 その時、ふと空に目をやると、なんと大きな虹が小川を渡して森と森の間にできている。

 夢かまことか生まれて初めて見るサプライズだ。

 思わず誰かに知らせなければと、家の中に声をかける。

 これだけで今日の感動は終ってしまったような気分だ。

 あと朝食を済ませ、友人3人は午前中に帰るのだが、その前に竹林でタケノコ探しに行く。

 

 2男カップルもいっしょに探すことにした。

 これもはっきりいって生まれて初めての体験であり、発見だ。

 もっと難しい作業と思っていたが、探しに行くとあるわあるわ、スコップで深く掘り、もぎ取る。

 全部で10個以上収穫した。

Photo
 2男の彼女も案外目利きがいい。すぐにタケノコが出てきたのを発見していた。

 11時ごろ友人3人は帰っていった。

 2男カップルも車で観光と温泉利用で出かけていった。

 午後からはずっと雨。

 これではどこへもいけない。

 妻はずっと昼寝モードだった。

 夕食前、ログの風呂に浸かり、夕食はタケノコと山菜の天ぷら料理に華がさく。

 まだ雨は降り続いていた。

 

2012年5月 3日 (木)

ログ満喫の日々

1336052998043.jpg

1336053017305.jpg
昨夜は、12時前にログに着き、寝たのは、1時半を回っていた。
朝は、木々の成長がきになって目が覚めた。
それにしても、木々の成長は、目覚ましい。

自分も生きているという実感を感じる。
朝食前もその後も山菜取りはなざかりだ。

コゴミ、たんぼぼ、フキ、たんぽぽ、まさに花盛りだ、


中でも、タケノコの発見は、特筆すべきことた

人間、あたらしいことを 実行することは、こんなときだろう。

夜は、初めて体験する野外バーベキュウ。
1336053022531.jpg
リッチな気持ちが体中に伝わってくる。

やっはり野外体験は、都会人には、必須項目なのだ。

2012年5月 2日 (水)

連休谷間の出勤はいそがしい

001
 なんと連休後半はじまりは雨模様らしい。

 それを物語るように今日は、まるまる雨だった。

 ただ先日の淡路島ツーリングからロードバイクに乗っていないので、今日は通勤で走れるのはうれしい。

 レインウェアで完全装備の防水対策のまま、家を出る。

 たしかに道路上での通勤自転車はいない。

 しかし、計ったかのようにサッシーが尼崎で合流してきた。

 今日はシングルロードでの乗車だ。

 まだ3日前のツーリングの興奮が残っている。

 しかし今日は慎重に走らないといけない。彼もしっかり後ろについてきてくれる。

 まあ信号待ちごとに話ができるので楽しい。

 雨なんて・・・・だ。

 職場にはスピードをセーブした分ちょっと遅めに到着。8時49分だった。

 仕事のメインは午後からの会議。それも進行が僕なので、気を使う。

 その分一日はあっという間に過ぎるが、会議を終えた午後4時50分ごろぐったり疲れが出てきた。

 ややデスクを整理し、午後5時20分ごろ職場を出る。

 帰りはレインウェアは装着しなかった。

 しかしかなり荒れた強風が吹きつける。

 右に左に振られながらも、なんとか前には進む。

 家が近づくにつれて、あと4日休みだということと、今日の夜からログに行くといううれしさが湧き上がってくる。

 ただ、こんな時に交通事故にでもあったら元も子もない。

 慎重に進路を進む。

 やった!と思いつつ家に着いた。

 しかし帰ったのは午後7時前。

 ある程度急いで食事をし、慌てて食器をかたづけ、持っていく荷物を準備する。

 またログに行って何かサプライズがあるかもしれない。それが楽しみだ。

 とにかく4日間は仕事を忘れるのだ。

2012年5月 1日 (火)

メーデーな一日 去年行ったリバーサイドCafeは健在だった

001_2

 一年が過ぎるのは早いものだ。

 5月1日がやってきた。

 わが職場では、休みの日だが、メーデーに参加するのが前提だ。

 朝8時15分集合。

 やはりちょっと気分は高揚する。

 署名など集めるが、ほとんど署名集める人どうしで、Give and takeで協力しあう。

 それにしても集会が始まっても、ちょっと昔に比べると参加者が

減ったように思う。

 それにちょっと集会自体の進行が固い。流れる曲もたしかに労働歌は必須だが、それもださいように思う。

 ただ演説はたしかにその時々の大事なことが語られる。

 大飯原発再稼働反対、消費税増税反対などなど。

 ただ立ちっぱなしとデモで2時間半は体の弱い人はハードだろう。

002デモに移って約2kmを歩くのだが、火曜日の平日ということで車が多い。

 途中車の窓からカメラをむけている外人らしい女性がいて、Vサインを向けると手を振ってくれた。

 これは国際交流かも?

 また水陸両用の観光バスから手を振っていた。

 ひとしきり歩いて、デモは解散地点に着き、懇親会場に移動。

 天満橋の京阪モール21階の料理店だ。

 ビールで乾杯し、楽しい話で花が咲くとすでに1時45分になっていた。

 そのあと気の合う仲間Bくん、Mくんと去年入ったリバーサイドカフェをさがした。

003
 ちょっと迷ったが、到着。

 なかなか感じのいい店で、店の玄関はなく、オープン。ちょっど空港の待合場所のようなレイアウトだ。

 しかしカウンターを超えて中に入ると、大川の眺めがとてもいい。

 店の名前は「リバーカフェ タバス&ワイン」という。

 名前のとおりワインが得意らしい。

 サプライズだったのは、その店の店員の女性Yさんは、去年会話した人かも?と聞いてみたが、向こうは覚えているはずもなく、Iphoneで去年の今日のページを開けるとちゃんといた。

 それを見せると納得してくれた。

004 男性店員の人、長淵さんというが彼も会った覚えがある。

 彼も話を合わしてくれた。

 店の端にはフランスの写真が額に飾られている。

 僕的には5つ星の店だ。

 「また来年5月1日に来ます」と、告げて店を後にした。

 ちょっと楽しいひとときだった。

005 ついでに初めてあった店員Nさんも撮影させてもらった。

 単なる中年のおじさん3人ではあるが、ちょっとうれしい。

 そこから地下鉄谷町線で梅田に出て、阪急電車で武庫之荘に着いた。

 やることがある。

 銀行から入出金。その後近くの豆珈房でコーヒー豆を買う。それから郵便局でログハウス購入に絡む不動産取得税の振込み。

 そして60才からもらえる年金手続きで、住民票などがいるので、市役所支所に行った。

 親切に係の人は教えてくれて、住所、本人確認の番号があれば住民表はいらないらしい。

 それでそれを発行してくれた。

 用事を済ますと、すでに5時前だった。

 家でしばし安眠。

 30分で立ち上がって夕食の準備。

006 昨日買った399円半額のイワシ開きを元にイワシ丼に。

 しっぽを切るのをしくじった。

 しかしイワシは栄養価が高いのだ。

 アルコールは昼味わったので夜は止めた。

 しかし楽しい一日だった。

ついでに今日のうれしさと世界の平和を願って、自前演奏「イマジン」をアップします。

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30