フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

明日のログ行きにむけて

 一応週末は毎週ほとんどログハウスに滞在しているが、今週は。今日朝から休みをとっているが、マイションの消火器点検に立ち会わないといけない。 

 それで、月曜日に休みをとって、日月で行くことにした。もちろん妻も同伴だ。

 朝からは、予備に自分の家の配管清掃をしてもらうことにして、そのために家中を片付けまくる。

 それに配管清掃か所の風呂や、洗濯機の排水口をきれいにする。 

 9時にはやってくるので大慌てでやった。

 あと代表として駐車場の中に設置されている排水ポンプの状態を聞く。

 そんなこんなで10時ごろになってしまったが、かならずやってみようと思っていたこと、神戸新聞お問い合わせセンターで電話した。

003 というのは、昨日首相官邸前では20万人の人たちが「大飯原発再稼働反対」で集まったというのに、神戸新聞は掲載はされたものの、32面に見落としそうな大きさで載っていた。

 それと比較すると、赤旗新聞は一面トップで大事件扱いというか、大きく紙面を使っている。

 なにが公平か一概には言えないが、しかし数十年さかのぼってもこれだけの集会はないし、今日本の行く末を左右する大きな問題であるのだが、それに反対する市民が20万人集まったということは、歴史的事件だ。
002 赤旗をひいきしているのではないが、これが当たり前だろうという感じだ。

 しかも神戸新聞は、あの阪神淡路大震災のとき、その現地新聞社として、壊滅的打撃を印刷所がうけながらも、翌日だったか、京都新聞の協力でたいへんな思いをして新聞を発行した気骨のある新聞社だと思って購読してきたので、あまりのも期待はずれだった。

 ただ救われるのは、その現場で取材した記者の記事は、参加者によりそった国民が感じるべき表現の記事だったのだ。

 神戸新聞お問い合わせセンターに電話すると男性の職員が応対してくれたが、「必ず伝えます」と返事をもらった。

 ぼくのできるこの問題についての行動は今日はこれぐらいだ。

 しかしぼくが思っている以上に沢山の人が野田首相のこの間の姿勢に疑問をもっていることを知った。

 そして新しい媒体、ツイッター、フェースブックは底辺の市民の発言の、そして行動の手段になりつつある。

 ちょっと満足して、気をとりなおし、明日の準備も含んでいるがホームセンターに買い物に行くことにした。

 目的は、ログの風呂のパテの補修の材料を買うことと、家のベランダで緑のカーテンを作るため、ゴーヤときゅうりの苗をたくさん買うことだ。

 11時をだいぶ過ぎていたが、出かけた。もちろん自転車で。

 家にもどってくると12時手前。

 昼食は昨日のカレーとごはんが残っている。

 それでただちに緑のカーテンつくりにかかった。

 台所外の露地に使われずに置いていたカーテン用網を代用した。

 なんとか4つのプランナーを代用し、苗を植えた。

 そして昼食。

 その後は読書に取り組む。

 読んでいる途中の中村哲、澤地久枝さんの「人は愛するに足り、真心は信ずるに足るーアフガンとの約束」を2時間かけて固め読みで読み終えた。

 ちょうど外は雨が強くなってきたせいで、本を読むしかなく集中した。

 午後4時半ごろ読み終え、すぐ次の本「孫正義のエネルギー革命」のプロローグだけ目を通した。これも面白そうだ。

 5時を過ぎて、夕食の食材買い物で出ることにしたが、今日のレシピは、毎日新聞無料別冊「毎日夫人」に載っていたものをそのまま使うことにした。

 レシピは「鶏のトマト煮込み」。001

 おまけにサザエも焼いた。

 まあ手さぐりで作ったが、味はまあまあ、ただ雑誌の写真とちょっとイメージがちがった。

 しかイタリア風調理ができあがた。

 今日のするべき課題はこれで終わりも。
 


2012年6月29日 (金)

職員が少ない週末の職場

005_2
 今日は職場では半数弱が職員旅行で台湾に飛び立ったため、残っている職員は少ない。

 まあそれでも週末ということで気分はいい。

 もちろん自転車での通勤だが、金曜日の定番ピンクジャージウェアで出発。 

 念のため、後輪のタイヤの空気いを入れなおした。もちろん7気圧に。

 空は晴れ、やや暑い感じだ。

 ただできるだけへんな負荷をかけず、軽いペダリングに心がける。

 職場にはなぜか8時50分だった。

 こんな時は意外とハプニングが待っているもので、一つは、以前理事長をしていた先生の突然の訃報が。

 担当がいないため、かわりに弔電の申し込みをする。

 しかし今やインタネットから申し込みができるので、文例の乗った冊子はいらない。

 なんとか処理できた。

 午後からは、なんと駐車場に子猫が死んでいるという発見者の通報。

 ちょっと途方のくれたが、保健所に連絡し、そこから環境事業局を紹介してもらい、結局自分で遺体を段ボール箱に置かんのように丁寧に入れて、会館の入り口に置いた。

 どうも駐車場で車に引かれたらしい。

 なんだかんだの一日だった。

 まあ帰りは、少ない職員の状態でみんな帰ってしまったので、気楽に帰れた。

 帰りの走行は、ほとんど強い向い風だ。28km/hぐらいしかでない。

 今日はなぜか週末の解放感が少ない。

 というのは明日は、マンションの消火器点検で業者が来るので、理事長として対応しないといけないのかという感じだ。

 しかしとにかく週末定番のカレーを作るため、コープ立花に到着したときは、「よし今日は週末だ」と自覚するようになってきた。

006 それでカレーレシピの中にリンゴ、なすび、トマトなどなど入れ込み完成させた。

 うまい!! うまい!!

 最高の味になった。

 野菜皿にはこれまたなすび、キャベツ、キュウリ、もうひとつ名前が出ない。

 ビールは麦とホップがよく似合う。

 テレビでは、NHHKのニュースで大飯原発再稼働反対の行動を正しく映していた。

 もう覆う隠すことはできないのだろう。

 それにしてもツイッターでの呼びかけで今日も1万2000人の一般市民が集まったらしい。

 日本もとうとうツイッターなどの媒体が威力を発揮する時代になってきた。

 これは希望が持てることだ。

 マスコミも無視できなくなるだろう。

 嘘で固めた紙面は書けなくなればいい。

2012年6月28日 (木)

雨かと思ってランドナーで しかし天気は夕焼け空に

001

 天気予報を見ると今日は完全雨模様のはずだった。

 それで朝家を出る前、レインウェアをデイパックのしまい、ランドナー用チューブも入れて、重たいディパックを背負って、ランドナーにまたがる。

 雨の様子はまったくない。ただ空は曇っていた。

 前向きライトをつけるべきかまよったが、つけずに移動した。

 ランドナーの変速装置はまだ完全ではなく、一段ギアを上げるとき、すぐ変速しない。

 それで信号待ちごとにリアディレイラーのワイヤとの接続部の調節レバーをやや閉める。

 ちょっとずつマシになった。

 しかしさすがにロードバイクとはスピード性能が違うので、職場には8時50分に到着した。

 まあでもランドナーはかなり使いやすくなった。

 仕事は今日は午後からの全員の会議につきる。

 その前にも結構打ち合わせが続く。

 一日はあっという間に終わったという感じだ。

 ただ夕方はちょっと別の会議があったので、帰りは7時前だった。

 空は夕方もすっきり晴れていた。

 帰りの走行はやや抑えた走りで走る。

 淀川大橋を渡るときは、ちょうど日が沈む手前だった。

002
 なにかr梅雨を通りこしたような空だ。

 暑くもなく、やや涼しい。

 だんだん日が沈んでいく。

 尼崎の繁華街交差点で信号待ちしていると、うしろから肩を突かれた。

 なんとサッシーがやってきた。

 帰りに出会うのはめずらしい。

 ちょっとうれしい。

 その後はおたがいやや力をセーブして並走した。

 なぜかうれしい。

 しかし道意線交差点で別れた。

 やはりおたがい気心が知れているものどおしの走りは安心だ。

 後は道意線を北に進み、コープ立花横のスシマスで夕食用のすしを買う。

 スタックは少ないが適当に選ぶとなんと1160円と言われる。

 しかし後で見るとラベルの値段を計算すると2300円ほどになる。

 どうも店を閉める手前だったので、半額にしてくれているようだ。

 ラッキー!

 家に帰ると続いて2男が帰ってきた。

 風呂はこれから用意なのだが、時間がないので、シャワーにした。

 風呂を洗いながら自分の体を洗う。

 これは一石二鳥だ。

 そんなこんなで8時半ぐらいから夕食となった。

 まあ明日は金曜日。またまたのログ行は近づいてきた。

2012年6月27日 (水)

トレックが似合う水曜日

Photo
 今日も仕事では面談が3件待っている。

 まあしかし今日はトレックを走るのを楽しんだ。

 風は追い風、向かい風の繰り返し。

 ハンドルは上と下とを繰り返し持ち替えて、効率いい走りに徹した。

 そんなとき尼崎東端、杭瀬交差点で信号を待っているとき、後ろからサッシーがきた。

 まあ3日に一回は会っているか。

 そのまま前を引かせてもらうが、2人走行は連携が必要だ。

 前を走るときはつねに信号停止、徐行など情報を後ろに手で伝える。

 まあ通勤そのものがスポーツという気持になってくる。

 野田阪神で別れて、一人走行。

 やや加速ぎみで長堀まで走る。

 昨日はちょっと無理したが、その後遺症はないようだ。

 仕事は予定どおり午前中の会議と午後から3件の面談をこなす。

 まあしかしそれなりに成果はあった。

 帰りはノー残業デーということで5時過ぎ退出をめざすが、4時からの打ち合わせが手間取り、やや遅れた。

 今日の帰りは、誰にも合わず、知らないロードバイカーにも合わず、ひたすらマイペースで走れた。

 今日の夕食は、家にある冷凍ホッケと合わせて、コープ立花であと2匹を買うつもりだった。

 ただあいにくそれはなかった。

 かわりに3匹398円のブリを手に入れて、それをメインディシュにした。

001 まあそれなりに出来上がった。

 ビールは麦とポップ黒がしたが、やはりうまい。

 精神的には癒される。

 ところで昨日BSプレミアムで山田洋次映画100選の「転校生」大林宣彦監督を見た。

 その中で主役の女性は小林聡美と表示されていたが「これは誰だ。今でも活躍しているんだろうか」とつい気になっていて、職場のインターネットで検索してみたら、なんと三谷幸喜の元奥さんで、コマーシャルでも有名な女優だった。

 しかし面影がない。ずばり別人だ。

 ただそれを知った瞬間鳥肌がたった。

 「ええ~~~~?」という驚きだ。

 ちょうど30年前の映画だ。

 しかしそのころ見ていて、男女の高校生が入れ替わるという内容で、印象ぶかかったし、最後尾実としのり?が遠くに引っ越しのためトラックで移動していくとき、見送りにその小林
聡美が走りながら「さよなら、きみ。さよならぼく」というシーンがいい。

 しかしなぜか切ない。映画はそういうものだろう。

2012年6月26日 (火)

ちょっと飛ばしてしまいました

001
 ひさびさに晴れ間ののぞく朝だった。

 今日は当然トレックを使う。

 しかし昨日ランドナーで走ったせいか、やや足が疲れ気味だ。

 姿勢の違いはいなめない。

 しかししばし走っているうちにハイになるというか、快調になってきた。

 それで職場には8時45分着だった。

  仕事は会議と面談連続4件。

 ぶっとうしの業務だった。

 帰りは5時半ぐらいに職場を出た。

 やや疲れを感じつつ、ペダルをまわす。

 野田阪神からマウンテンバイクの若者と鉢合わせになったが、ぼくが前を走ったままいつまでもついてくる。

 ただ決して信号まちでの抜いていこうとする気配はない。

 こちらがスピードダウンしてもそのままついてきていた。

 こちらも40kmで飛ばすときがあっても、それに必至でついてこようとする。

 ただぼくも不快な気持はない。

 体調もいい。

 ただ無理したかなと感じつつ、南警察西分室までたどりつき、2段階右折のため停止したが、あとからついてきたその彼は「お疲れさまです」と言って去って行った。

 結構無理していたのだろう。

 そんなこんなでまたまた還暦の至りということだ。

 まあしかし異常に疲れるということもない。

 家に帰る前今日もコープ立花にたちよる。

 今日のレシピは、Iphoneアプリから拝借し、「イカのコツジャン煮」にした。

 ちょうど冷凍イカが1匹残っていたので、1匹だけを買う。

 しめじと酒としょう油などを混ぜてイカと混ぜる。

002
 まあそれなりに出来上がった。

 コツジャンは以前に職場のHさんにもらっていたので、助かった。

 まあたまにはIphoneレシピに助けられる。

 今日のビールは金麦がうまい。

2012年6月25日 (月)

予想どおりの雨だった ランドナーの出番です

001
  昨日ランドナーを整備したことが今日役だった。

 ちょうど朝は雨が降っている。

 本当なら悩むところだが、想定どおりの天気だった。

 ランドナーのブレーキ性能を試す絶好のチャンスだった。

 レインウェアを着、防水靴カバーを履いていざ家を出る。

 走りはじめから後輪ブレーキ用レバーを試してみる。

 レバーが依然と比べて格段に軽い。しかもよく効いている。

 うれしい気持ちで先を走る。

 誰も走っていないだろうと思っていたが、案外ビアンキクロスバイク男性や、その他よく見かける自転車族もいた。

 ただだんだん変速レバーの調子が悪くなってきた。

 なかなか完璧にはならないようだ。

 職場には8時50分に到着した。

 

 とかく月曜日はモチバーションがまだあがらない。

 新聞の切りぬきをしながら気持ちを盛り上げる。

 午後から突然職場に自転車一台が大きくタイヤが破裂していると連絡があり、駐輪場に見に行く。

 まるでカッターで切られたようにタイやが避けていて、中のチューブは☆状に破裂していた。

 とにかく新しいタイヤとチューブを調達しないといけないので、JRなんば駅の横のダイキというホームセンターにそれを買いに行った。

 午後3時からは来客があったが、それをはさんでタイヤ修理にかかった。

 これは非常に勉強になる。

 だいたい自転車屋なら日常的にやりなれているし、その道具もそろっているだろうから朝飯まえだろうが、一般車に後輪のタイヤ交換は、大変だ。

 ハブのナットを外し、スタンド、荷台、泥除けの固定棒を外すまでは楽だが、後輪ブレーキ用の固定ねじとワイヤーをはずし、クランクからチェーンを外して、やっと後輪全体を取り除けることができる。

 ただ後はタイヤとチューブの交換は簡単だ。

 やはりロードバイクやマウンテンバイクのほうがこの点では簡単だ。

 しかしなんとか合計40分ぐらいで完成した。

 自分ながら道具が少ない中で、しかも仕事中という集中しがたい中でよくやれたかなと思った。

 ただ自分でやっても材料費はタイヤとチューブで1600円かかった。

 そんなこんなで夕方も過ぎていった。

 帰りはもう雨はない。

 レインウェアをしまって、デイパックに詰め込み、職場を出る。

 行きと同じでブレーキは完全に調子いい。

 ますます精度が上がってきた。

 梅雨よありがとう!という感じだ。

002
 夕方電話当番ということもあり、家についたのは7時を大きく超えていたが、急いでだしまきを作った。

 後は冷凍イカを焼き、大根おろしを用意し、キャベツを切り、なんとか形になった。

 ビールは、麦とホップの黒ビールで喉を潤した。

 あと雨がいくら続いてもOKという感じだ。

2012年6月24日 (日)

2日いても時間が足りないログ生活

016
 今回ログに来て、やることはたくさんあったが、昨日は別のログの草刈と自分のログのきゅうり棚作り、それに自動巻き器のホース延長を昨日やり終えた。

 それにランドナーで白谷温泉まで出かけた。

 しかし、まだやっていないことが十分あって今日に残していた。

 それは、畑のあなたな開墾、関連してホームセンターで土を買ったり、新しい苗を買ったりすること、それに空気がなくなっている自転車の修理、家から持ってきたランドナーの整備だ。

 ただ朝は6時過ぎに起きて、ちょっと最近旅に出るときなどはまっている散歩に出かけた。

011_2007008

 小一時間まわりを歩いた。

 しかしログに帰ってもまだ7時20分。

 一人で食事の用意をする。

 準備ができてコーヒを飲み、たくさんの野菜を食べ、食パンを食べる。

 そのあとさっそく新しい畑の畝作りに。

 スコップで砂利をのけていくが、結構疲れる。013


 それでも列だった畑が参列になった。

 それで9時半を過ぎていたので、ホームセンタ「アヤハティオ」にクルマで向かう。

 198円の腐葉土を5袋買い、衝動的にゴーヤと瓜とハーブなどの苗をひとしきり買った。

 そのため、帰ったらすぐ自転車の修理にかかろうと思ったが、

その苗を植える作業に費やした。

 まあ畑らしくなってきた。

 そんなこんなで11時になってしまい、自転車の整備と修理にかかる。

 26インチの一台のパンクは直した。ランドナーの後輪ブレーキのシューを一つ取り換えた。

 あれよあれよと昼になってしまった。

 食事を済ませ、帰る用意と掃除にかかる。

 しかし1時をとっくに過ぎてしまった。

015 ランドナーをプレーリーに据え付けるため、専用台をつけるのにやや時間を取られた。

 あわてて、車に乗り、まず道の駅安曇川に向かった。

 それはかならず毎回しているのだが、その日の卵を買うことなのだ。ついでに100円台で売っているダイコンや菜っ葉などの野菜を買う。 

 ここでやや眠気が襲ってきたので、買い終わってから車の中で10分仮眠。

 これでバッチリ。

 道は北小松でやや渋滞したが、道の駅安曇川から1時間半ぐらいで家に着いた。

 ちょうど4時だった。

 ただ荷物を片付けたで、5時前になり、今度はランドナーの整備で気が付いたブレーキワイヤーカバーを取り換えるため、サンバサイクルに行った。ついでに夕食の買い物でコープにも立ち寄った。

 家に帰って、すぐランドナー修理に。

 このブレーキー系統なかなり特殊なのだが、なんとか完璧な状態に整備できた。

 明日から雨が降ってもぜんぜん大丈夫という気分になってきた。

 夕食は妻と二人。

 たくさんログでのできごとを報告した。

017

 ちょこっとだけとってきたワラビも天ぷらにし、道の駅で買ったトマトも添えた。

 ビールはたった1本残っていたスーパードライを出してきた。

 いつもログで生活すると、なぜか気分が前向きになれる。

 生きることに貪欲になるという感じか。

 人間都会生活でなんでもお金を出せば手に入れる生活だけでは、見えないものがたくさんあるのかもしれない。

 手間がかかってもその中に充実感がある。

 しんどいことを避けず粛々とすることの大切さを実感できる。

 まあやや大げさがが、とにかく自分で作ったスイカやキュウリを早く食べてみたい。










2012年6月23日 (土)

サプライズの連続 ログ周辺

1340457550520.jpg
待ちに待ったログ行きだが、土曜日朝からの出発は、渋滞が多い。
9時半の出発だが、3時間かかってしまった。

着いてすぐ昼食にし、少し休んで畑のきゅうりの棚を作ることした。


近くの竹林で細い竹を切り出してきて、適度の長さに切り、棚を作った。

時間はすでに午後3時を過ぎていたが、もう一つ課題だったkさんログの草刈りに出かけた。
今のログから10分足らず。
しかし2週間で見ていられないぐらい草が伸びていた。
45分かかった。
汗がほとばしった。
終わってすぐログに帰って、今度はそうしようと家から持ってきたランドナーを使ってマキノの白谷温泉まで走ることにした。
地図で距離を計ると10kmぐらいだ。
まあ30分コースてとふんだ。

1340457617265.jpg
気持ちの良いコースだった。

自転車の楽しさをまた知った。
一度セコイヤ並木を自転車で走って見たかったのだ。
当然来た道を自転車で帰って、夕食だが、一人バーベキューを試みた。

小川の反対側でも7.8人で宴会をやっているようで、にぎやかだった。
一人でバーベキューもやってみるものだ。

空はすでに暗いが、野外の食事はやっぱりいい。北斗七星か、曇り空にかすかにみえる。
その時地上に目を移動すると、びっくりした。

何と蛍がいた。
体を輝かせている。

まさかと思っていたので、感動した。

見たのは4匹だったが、撮影はできなかった。

それにしても毎回感動がある。

夜は間もなく過ぎていく。

2012年6月22日 (金)

やっと週末 空は青空が

Photo
 なんとひさしぶりの青空を見た。

 朝起きて赤旗新聞天気予報を見て、神戸新聞天気予報を見ると、どちらも朝は雨になっている。

 しかし外を眺めても、ゴミをほかしにいっても雨は降っていない。

 それにしても2日ぶりのトレックは安心だ。

 ランドナーに比べてスピードが違うし、ブレーキは確実に好く効く。

 これは乗り換えてみないとわからない。

 何事も一つのことが当たり前になるとだめだなと思う。

 尼崎繁華街2号線をゆっくり走っていくと2人に抜かれたが、2人目はサッシーだった。

 なんとかついていきたい。

 それでちょっと加速して彼を目指す。

 なんとか神崎川南詰信号停止で追いついた。

 その後もなんとか食らいついて、淀川大橋を30km/hで越え、そのまま野田阪神まで何度か信号停止で会話しながら走った。

 60歳になっても少し進化はあるか。

 疲れていないときはなんとかついていける。

 今日はイエローのシャツに黒のパンツ。

Photo_2
 ところで話はかわっって昨日2男から聞いたが、イタリア・フィレンチェでアパレル専門学校に通っていた3男が、その卒業発表会で一位になったということだ。

 写真はその作品の一つだが、ビールのアルミ缶を集めてちるばめたジャケットを着るモデルだ。

 ちょっと驚きでもある。

 なにせ帰郷するたびにイタリア領事館に新しいビザ申請でなんくせを付けられ、そのたびに親の自分が直接担当職員に文句をいい、なんとかビザを発行してもらうということが2年続いた。

 しかし単独でイタリアに渡り、言葉もおぼつかない状態からよくぞ卒業までこぎつけたとほめてあげたい。

 2男、3男は双子で、それぞれものづくりで身をたてようと頑張っている。

 まあ普通のサラリーマンにならなかってよかったと思う。

 親もがんばらないといけない。

 まあ当面はログハウスを緑いっぱいの庭にし、野菜をいっぱい育てるのが目標だ。

 

 仕事は、埃をたたくようにどんどん出てくる。

 それに午後は会議だ。

 まあ粛々と過ぎていった。

 金曜日の仕事が終わる時間をこれほど待ち遠しかったことはない、てか?

 ちょっとふざけて、気分は浮き足立って自転車に乗る。

 帰りはあきらかに向かい風。だけどそんなことは気にならない。

 コープ立花に立ち寄ってカレーの食材数点を買う。

Photo_4
 家に帰って、さっそく食事の用意。

 最近は必ずどんな料理にも野菜を添えて、それを必ず先に食べる。

 これは血糖値を下げるのに効果があるらしい。

 ビールはひさしぶりに198円ヱビス白ビールを買った。

 リラックスしているせいか、ことのほかうまい。

 幸せな時間だ。

 明日は朝からログハウスに向かうのです。




2012年6月21日 (木)

台風5号の残像 雨は激しく降っていた

Photo
 ひさしぶりにランドナーを出してみた。

 やや心配は後輪ブレーキがやたら固く、効きがよくないことだ。

 まあしかし、乗り出すと案外快調だ。

 レインウェアはしっかり着て、モンベル靴カバーも履いた。

 頭は、鍔つき帽子の上から、ヘルメットは、ちょっと前のものをかぶった。

 まあ梅雨ということは、はっきりいていて、覚悟はしているが、ランドナー利用はもう一度しっかりその機能を再確認しておかないといけないだろう。

 

 スピードはロードバイクに比べてまちがいなく劣るが、今日職場についてみると、8時47分ごろだった。

Photo_2 昼休みは雨の中、夕張食堂で食事を済ませ、少し歩いて四ツ橋筋を超え、喫茶キャビンに行く。

 

 中村哲さんと澤地久枝さんの対談本はなかなかためになる。

 

 5月29日の健康診断の結果を見て、空腹時血糖値が少し高いということがわかり、朝と昼のコーヒーに入れる砂糖を0かスプーン一杯に変えた。

 それなりに飲めるものだ。

 

 やはり昼休憩をたっぷり取ると午後からの仕事は疲れが違う。

 それにしても今日は雨が午後からもしっかり降っている。

 仕事はデスクワークに終始する。

 やはり帰りの時間も雨だった。

 サイクルウェアに着替え、上からレインウェアを羽織り、シューズカバーを履いて、駐車場でヘルメットをかぶり、自転車にまたがる。

 やはり後輪ブレーキは固い。

 できるだけ早い目にブレーキを効かせ、スピードもやや抑える。

 決して楽しい走行ではない。

 しかし我慢の梅雨シーズンだろう。

 帰りぎわコープ立花に寄ったが、今日のメニューは三田屋冷凍ハンバーグと決めていた。

Photo_3
 ちょっと見栄えよくおかず完成。

 インゲンと玉ねぎを油で炒め、ゴマ油を和えた。

 風呂に入って、出てからテーブルに座った瞬間がなんとも幸福を感じる。

 まあ違った環境を走る走行もまたよしだ。



2012年6月20日 (水)

ちょっとうれしいことがありました

Photo

 昨日の台風はそんなに被害が大きくならずに日本列島から去っていったようだが、今日はまだ空は曇っている。

  それに風はやや残っていた。

 とらえずトレックのタイヤ空気を入れなおして家を出た。

 

 JR立花バイパスの登りは、19km/hで通過した。

 信号のタイミングよくいっきに2号線に入った。

 その後は空気圧を上げたせいで回転はいい。

 歌島交差点もなんなくクリアー。

 淀川大橋を超え、海老江先の信号でとまったが、信号が青に変わると野田阪神青矢印信号を超える。

 なんとそのとき超高速ロードマンが抜いてきた。

 まあ、スピードのランクが違うと思っているが、なんとか後ろを走ってみようとついていくと、案外40km/hでぴったりついて走れたし、やや追い抜くスピードもあった。

 がそのまま船津橋詰まで後ろを走った。

 しかしおそらく年齢20歳は差があると思われるし、実力もちがうが、それなりに走れたというのはちょっとうれしい。

 最近年齢ばかり気になるが、まだいけるという感じだ。

 今日の仕事は会議ではじめる。そのプレッシャーがあるだけにちょっといいことがあるような気になってきた。

 職場には8時40分には着いた。

 今日のスケジュールと課題は結構やりきった。

 夕方は、ノー残業デーを実践するため5時すぎに帰る用意に。

 帰りの走行は追い風と向かい風の繰り返し。

 ハンドル下段姿勢がかなり慣れてきた。

 そのまま家まで直行しようとも思ったが、家に果物が不足しているためコープ立花に立ち寄る。

 少年団父母仲間のU女医に出会う。来年2月で定年を迎えるという。ちょっとうらやましい。

 家には6時半ちょうどに着いた。

___15 夕食はほぼ冷蔵庫のストックで作りあげた。

 ただトウモロコシは今日コープで80円で買ったものだ。

 あと3日でログに行けるのがうれしい。

2012年6月19日 (火)

台風4号に翻弄された一日

Photo
 来るとは思っていたが、それほど本格的に台風が来るとは思わなかった。

 朝の段階で台風が大阪近辺を通過するのはまちがいないと思って、通勤は電車にした。

 なんといっても帰りのタイムがあぶないようだったのだ。

 電車はそれほど乱れていることもなく、JR東西線から地下鉄千日前線を利用した。

 しかしちょっと発見したのは、連絡通路を歩いているとき、若い女性たちのいでたちで、長靴風防水ブールのオンパレードだったことだ。

 まあきわめて実用的だし、ある意味ファッショナブルなのだろう。

 それに対して男性の場合は、釣り用長靴くらいしかないだろう。

 スーツのそれは似合わない。

 天候悪化でも男性はいつもと同じ服装しかないのだろう。

 まあそんなことを考えていた。

  ただ僕はラフスタイルで体を覆う。

 靴は、白のラフシューズだ。

 いつもサイクルウェアなため、仕事着そのままでは通勤したくない。

 職場について気象庁の台風情報とにらめっこ。

 こればっかりは、台風にまかせるしかない。

 ということで、自分の仕事はあわてて午前中に仕上げ、昼時点で全体に指示を出す。

 午後3時以降は、帰宅自由にした。

 ただし僕は責任上、夕方電話当番が残る6時まで一人で残った。

 さて帰りは無事電車に乗れるのかまったく不安ではあったが、最悪車を借りるという方法もある。

 じっくりデスクで電話がなるのを待つのみ。

 あまり時間があまるので、ちょっと自分のブログを見返す。

 それも3年ほど前の一部始終だ。

 今張り合いになっているログハウスはなく、どういった生活を週末送っていたのか、今考えると不思議だ。

 ただ節々でコンサートあり、行事ありと楽しんでいることはわかる。

 そんなことを感じている間に、また台風情報を確認し、窓の外を覗くとどうも台風はやや大阪をそれたようなのがわかる。

 つまり午後6時で業務を終えて、帰るときもトラブルなく帰れそうだということがわかった。

 念のためよく停止するJR東西線はさけ、大阪駅を経由してみた。

 それで安全にJR立花まで帰ることができた。

 そのとき妻から電話が入り、すでに家に帰っていて、食事の用意を終えているという。

 珍しく早く帰ってきていた。

 まあ台風はいろんな意味で非日常を作ってくれる。

 しかし今回の4号が日本国中で人的被害が出ないことを祈りたい。

2012年6月18日 (月)

娘はシンガポールへ帰っていった

___15
 先週の事故のあと初めての自転車通勤なので少し緊張していた。

 左折する車には最大限注意を払った。

 ただレーサーパンツを新調し、グローブを新調したことで気持ちが新たになって走れた。

 まあ何事もマンネリな気持は危険だ。

 結局は事故もなく無事職場に着いた。

 その途中あの超高速ローダーが抜いていったが、後ろから見ると僕的には危なっかしい走りに見える。

 仕事は午後からの京橋での会議が最重点だった。

 とにかくその会議で話し合われる情勢報告はこのご時世もりだくさんだ。

 会議を終えて職場にもどり、その会議報告をパソコンで打つ。

 そんなこんなで5時はすぐやってきた。

 今日は夕方から重要な用事がある。

 それは2週間滞在していた娘がシンガポールに帰るため、伊丹空港に送りに行くのだ。

 5時すぎにはあわてて着替え、職場を出る。

 途中ロードバイカーの男女2人づれに遭遇。

 まああまりスピードは出さないだろうとタカをくくって走っていたが、途中追い抜かれ、なんと37km平均で走っていく。

 「あれ、あれ???」

 という感じで出鼻をとられた。

 それで一応自分もプライドがあるので、ぴったりついていくが、かなりレベルが高い。

 なんどか追いぬけそうな場面はあるが、あとで抜かれることまちがいないので、そんな不況なことはしなく、さきを譲った。

 荷物をもっていなかったから、練習だろう。

 しかし後ろから見ていると、やはり左折車のこなしかた、駐車している車の抜け方は、自分のほうがうまいだろう。

 それで超ハードで家に着いた。

 すぐ着替え、急いで車を駐車場から出してきて、娘のトランクを車に積んで、娘を乗せ、伊丹空港をめざす。

 家からは30分で伊丹空港に着いた。

 娘は搭乗手続きをし、一緒に2階のレストランに入った。

 しっかり娘に話しておくべきことをすべて語った。

 それは母親の彼女への思い、ログハウスを買ったいきさつなどだ。

 Photo


これで8時になり、お互いハグし、娘はチェックインに向っていった。

 おもいっきり手を振った。

 寂しさはあるが、今回は大人になった娘と対等に話ができて満足だ。

 また会えるのを楽しみに。

2012年6月17日 (日)

ひさびさの自宅での休日でした

Photo
 昨日はログ行きだったが、いつも一つ何か忘れてくる。

 今回は、デジカメを忘れてきたようだ。

 どのカバンにもない。

 今度ログへ行くときまでは、Iphoneで撮影するしかないのです。

 今日は、まる一日休みだ。

 それでやりたいことを箇条書きに紙に書いてみた。

 一番優先度で高いのは、トレックのブレーキシュー交換と洗車だ。

 しかしその前に朝9時ごろからは、娘のパソコンの調整を試みた。

 そのあと庭に出て、トレックの洗車にかかった。

 後輪のブレーキの位置が悪いのがわかった。

 ついでにビアンキと妻のヨセミテマウンテンもやった。

 するとマウンテンの前輪Vブレーキが完全にヘタっていた。

 考えることはタダ一つ。サンワサイクルまで買いに行くことだ。

 すでに3台整備して昼直前だったので、とりあえず昼食にした。

 12時45分ごろ出かける。

 Giosマウンテンバイクに乗った。約20分ほどかかる。

 一般道も自転車どうし、車と自転車など危険を感じることが多い。

 サンワサイクルは2号線余藻川から東にすぐだ。

 ボーナスをもらった後ということもあり、今日はおもいきってお金を使うことにした。

 サイクルパンツを一つとグローブ2個を買った。

 家に帰ってからまた庭に。

 ブレーキシューは規定のサイズになっているが、微妙にハメにくいことが多い。

 今日も片方そうだった。

 作業を終えると3時ごろだった。読書に移る。

 しかし睡魔に負けて、1時間寝てしまった。

Photo_2 その後夕食の食材を買いにコープヘ。

 娘が明日シンガポールへ帰るので今日が最後の晩餐になる。

 それで一緒に作って、しかも日本の味を感じれる手巻き寿司にした。

 今度は、ランドナーで移動する。

 最近なぜか乗っていなかったが、ひさびさに乗ると、走りやすい。ブレーキが固いと思っていたが、それほどでもない。

 ちょっと見直した。

 またまた家に帰って食事の用意。

 前後して妻が帰ってきたので、ごはんは炊いていてくれた。

12617
 なんとか豪華な食卓になった。

 半額で買ったさざえ4匹が得をした。

 いよいよ娘は、明日帰ってしまうが、また会う日を楽しみにしよう。

 ちょうど今日は父の日だということで、娘からオーストラリアワインをプレゼントしてくれた。

 そんなこんなで日は暮れていった。

 また明日から自転車通勤で走っていこう。

2012年6月16日 (土)

時間が少なくてもログに行ってきました

Photo 

 朝目が覚めると、雨の音と小鳥のさえずりで目が覚める。 

 とても心地よい。

 本来なら、土曜日に用事があるときは、その後からログに向かうのがオーソドックスなスタイルだが、今回は、妻が日曜日保育の用事がある。

  それなら金曜日の仕事の後出かけて、僕が早く帰ればいいということで結構した。

 朝目覚ましで、6時20分に起きあがり、トイレ、洗面に向かう。

 そのうち妻が起きてきた。

 朝食の用意を妻にまかせ、2人の子どもたちがまだ起きない中、庭に出て、児童水撒き器の延長ホースを取り付けようとしたが、雨が降っているしで、安直な方法で、ホースを接続しようと機械に繋がっている方の先をはずそうと、その部分のねじを緩めてみると、中のパッキンゴムがはずれて、玄関前の床の隙間から下に落ちた。

 まずい。これなまずい。

 しかし智恵を働かせ、枝と針金でなんとか釣り上げた。

 そのあと延長は来週にもちこすことにした。

 それにしてもトウモロコシはみるみる成長している。

 きゅうりの苗も30cmぐらいの大きくなっていた。

 ただどういうわけかジャガイモ苗がしぼんでいる。

 妻曰く水撒き器で水をやりすぎたのではという見解だ。

 まあなにごとも模索だ。

 木々の方は、3本のビワのうち2本が枯れてみえる。カリンも格闘しているように見えて、なかなか葉が大きくなっていないが、枯れてはいない。

 雨はずっと降り続いていた。

 4日人でゆっくり食事をした後、雨の中を散歩する。

 みどり一色のロケーションがいい。

 今回4人いっしょにクルマで移動し、いっしょに寝泊まりしたが、これは親子であってもコミュニケーションとしては有意義だった。

 散歩から帰り10時になっていたが、まもなく僕が先に帰ることにした。

 近江中庄まで2男に運転してもらい、4人で出かけた。

 後は、10時54分の新快速に乗り、そのまま大阪駅まで一直線だ。

 頭を切り変えて、午後からは理事会、それにHPの2社プレゼン。

 ちょっと緊張した。

 それから家に帰ったら6時半。

 夜も流れ星少年団の父母会に参加した。

 

 ところで大飯原発の再稼働を正式に決定したという報道。

 ぼくのログは、その原発から40km圏内だ。

 僕の反対声明は、自分の切実な問題から発している。

 何事も自分の生活と直接かかわっていることは、大義名分の問題意識ではない。

 「問題ない」とする首相はどこまで責任を取れるのか。まったく信用できない。

 それなら自分が東京の家を売り払って、その近くで生活してから言ってほしい。

 誰も責任を取らない傾向は社会全体に悪い影響を与える。

 福島原発が最たるものだが、日航御巣鷹山事故しかり、JR福知山事故しかりだ。

 とにかく決定されても、ぼくも原発ゼロに向け、大飯の稼働停止のためなんらかの行動をしたい。

 中村哲(ペシャワール会代表)医師もいうように、原発を前提にしたぼくたちの一見便利な生活を見直すときでもあるかもしれない。

2012年6月15日 (金)

変速ログ旅行

1339768510735.jpg
今日は、とにかくログハウスに行くことで、仕事に行っても朝からそわそわしていた。
今回のログへの移動は、シンガポールから帰国している娘をそこに連れていきたかったのだ。
そうすると18日に帰ることを考えて、また嫁さんの都合も兼ね合わせると金土曜日しかない。
但し僕のほうは、明日昼から理事会があるので、午前11時ちょっと前に帰阪することにした。

仕事を終えて、すぐ電車で家に向かった。
ところが、こんなときに限ってJR海老江駅で沿線でのトラブルでダイヤが乱れているとのアナウンス。
まあそれはいいが、そのアナウンスをこれでもか、これでもかと流すだけで、いったいどれぐらい待てばいいのか言わない。
まったく不親切な対応だ。

堪忍袋の尾が切れて、北新地に逆もどりして、大阪駅まで歩いた。

これで210円損した。

まあそんなこんなで、なんとかJR立花に辿りついた。
コープ立花で食材を買って家に着いた。

それでみんなが揃ったのは、午後8時前。

2時間かからずにログハウスに着いた。

何回来てもここはいい。
特に気兼ねない家族の旅はいい。

2012年6月14日 (木)

自転車通勤はじめての接触事故遭遇しました

001
 朝出発するときブドウ棚に目をやると、ブドウの実は飛躍的に大きくなっていた。

 ちょっとうれしくなって家を出る。

 今日は特別晴れていて、暑さを感じた。

 まあしかし曇り空より晴のほうがいい。

 予期しなかったが、神崎橋南詰でサッシーがやってきた。

 赤のシャツと黒半ズボンがかっこいいではないか。

 そのまま野田阪神まで並走した。

 そのあとも順調に走り、職場に着いたのは8時46分だった。

 職場につくと駐輪場の自転車がパンクしていると連絡が入り、自分の引出の虫ゴムつき

虫に付け替えた。それで解決したと思ったが、再び空気が抜けているという連絡だった。

 ストックしている虫ゴムも劣化していたらしい。

 それでホームセンターに行き、新品を買ってきてつけるとなんとか解決した。

 そんなこんなで今日は何故か落ち着かない。

 午後の会議を終え、あと一仕事をし、帰りとなる。

 なにもかわったことはなかったが、やけに救急車が多い。

 順調に走っていて、尼崎に入り、稲川橋を下ったあたりで、前方の信号が青に変わったと思うが、ぼくはずっと前をはしるロードバイカーに目がいっていたのだろう。

 交差点を抜けかけた直前、ちょっと前の車がウインカーを出さず、左折してきた。

 おたがいある程度低速だったことがわざわいして車の左側面に接触し、サイドミラーとぶつかり、いきおいで左側に落車してしまった。

「ばかやろう。うしろようみんかー」と思わずどなる。

「ばいじょうぶですか」と聞かれ、「大丈夫なわけないやろ」と怒る。

 しかししばらくして起き上がってみると左足の擦り傷と右手の打撲のみ。

 そんなに痛みはない。

 002


003


われながら骨は上部なんだなと感心する。

 車の中は労働者らしい若者2人で、誠実そうな感じだったので、あとどうこうするつもりもなく、別れた。

 ただしロードバイクは、前輪が5mmほど動いた。

 ハンドルステムのねじを緩め、調整した。

 それにしてもこの11年間で自動車と接触したのは、初体験なのだ。

 反省しかりだ。若気の至りではなく、還暦の至りという感じだ。

 まあ職場で一つ心配ごとがあったことも影響しているかもしれない。

 ただよく聞くはずのアルテグラブレーキがそのときはするっと前に行ってしまったことが気になる。

 それで家に帰って調整した。

 まあ事故の後も正常に家に帰れたから問題はないようだ。

 自分の体に感謝しよう。

 そんなこんなで夕食は既成の寿司にした。

 明日は夜からログに行くというのに、ちょっとハプニングだった。

2012年6月13日 (水)

週も中日、週末が待ち遠しいのです

001
 最近は朝起きるのが辛いということはなくなった。

 休息したい!ということも弱まってきた。

 やはり、ロゴハウスに週末行けるということが張り合いになっているかもしれない。

 今日も家を出るまえ、洗濯物干しがあるので、家を出たのは7時50分ごろだっただろう。

 しかし職場には8時42分だった。

 水曜日はだいたい車が少ない。

 歌島橋交差点は軽くクリアーした。

 おまけに長堀までの連続信号も一機にクリアー。

 よく考えるとタイミングよかったんだ。

 ワイシャツに着替えて、結構シビアな面談の仕事もあったが、なんとかクリアー。

 あとは取引銀行2件の営業と面談。

 その間を縫って、明日の会議の資料作成をする。

 天気はなんとか雨なしで過ぎていった。

 まあ梅雨という季節がやってきたわけだが、樹木、野菜にはいい季節だ。

 

 帰りの自転車は、最初追い風。途中風向きは目まぐるしく変わる。

 それでもただペダルを回転させているだけで気持は充実する。

 今日は完璧にコープで買い物する。

 夕食のメニューにやや迷ったが、アジの味付けしたものを4匹買った。

 トウモロコシが目に入って、思わず買ってしまった。

 あとは不足していそうな野菜と納豆を買う。

 

 家に着いて、庭にトレックを入れるとき、ブドウ棚がすぐ上に見えるが、実が4房実っている。

 これはちょっとうれしい。

002_2 今日も調理はうまくいった。

 というか見た目もいい、味もいい。

 ビールは金麦。壇れいがいい。

 あと一日過ぎたらログに行く。

 ちょっと野菜の成長がたのしみだ。

2012年6月12日 (火)

雨にもまけず 風にはふられ

001
家を出る前、風の強さが気になった。

 ただ雨はふりそうだが、なんとかもっている。

 

 ちょっとモチベーションが低い状態で道路を走っていた。

 風は向かい風、姿勢を前に落としてハンドル下を持つ。

 もう梅雨に入ったようだが、ログの畑のことを考えると雨のほうがいい。

 特にハプニングもサプライズもなく、職場に着いた。

 時刻は8時47分ぐらいだった。

 今日も仕事はスムーズに運ぶ。

 昼は食事の後、いつものように喫茶キャビンで英語と読書に集中するが、何故か睡魔が頻繁のおこる。

 午後からはパソコンに向かい文書作成とその他。

 そのうち夕方になり、帰る用意に。天候は未だ定まらない。

 やや雨の中職場を出る。

 003風は前半東風。

 淀川大橋の狭い路肩を走行中、何度も強い東風で、歩道側にぶつかりそうになった。

 方向が変わる尼崎進入付近からほとんど追い風、しかし方向がさだまらない風も吹く。

 帰りは、家にビールがすでに1本しかないことを思い出し、コープ立花リカーショップに立ち寄る。

 家自分の通帳は、定期の解約とボーナスで潤沢な状態に変化したが、しかし未だにビールは、発泡酒購入癖が治らなくなった。それでキリン「麦のごちそう」を6本セットで買った。

 今日の夕食は妻と二人だけなので、気楽に調理をした。

 メインディッシュは、冷凍で残っていた鶏の胸肉を使って、親子丼とあいなった。

004
 小皿には、ほうれん草のお浸しとキャベツのごま油和え。

 健康にはいい。

 テレビでは、サッカーの日本×オーストラリア戦を放映していた。

 試合場所はまさにAweyのブリスベン。

 手に汗握る試合だった。

 日本の選手はたしかに実力が上がっているし、ザッケローニ監督の采配もいい。

 ちょっと面白くなってきた。


2012年6月11日 (月)

トレックもまたいいのです

001
 先週から今週自転車をビアンキからトレックにもどって乗った初日が今日だった。

 ややぺダルまでの足に距離が遠い。

 ただハンドルの位置が高い。

 かなりデリケートな単位だと思うが、数ミリの差が走りやすさにつながるかもしれない。

 しかし今それをするわけにはいかない。

 今の乗車姿勢で走った。

 歌島交差点は信号のタイミングで完全にクリアーし、職場に近づく長堀通りまでの信号も一機に進行できた。

 まあこれは自転車の性能ではなく、今日もタイミングでしかない。

 今日は月曜日。仕事に向かう体制は朝はやや鈍化していた。

 ただ、やるべき課題は加速度的に進んだ。

 昼の間に挑戦するリアル英語では一段階一機にステップアップできた。

 ちょっと月曜日にしては前のめりという感じだ。

 ようやく夕方を迎え、ぎりぎりまで課題に取り組んだ。

 考えてみると、昨日体験したログ生活が頭を再起動してくれているのか、ポディティブになりやすい。

002

 5時20分ごろ職場を出る。

 途中なんと一般用自転車で競走しようとするやからがいるからゆっくりできない。

 ただただ気負わず、やや力を残して走ることに心がける。

 やはり今更だが、自転車で走ることは気持ちがいい。走っているときは、無の世界だ。

 昨日の中村哲さんの講演で行っていたアフガンの人たちのもっとも望むことが、3度の食事を取れる暮らしと、家族がなかよく暮らすことと言われていた。
003

 それを当てはめてみると、自分は毎日自転車で通勤できることかもしれない。

 ただその他の荷物はまちがいなく自分の中に抱えている。

 けれども贅沢を許してもらえるなら、去年からのログ生活は、自然と向き合い、新しい発見をいっぱいできる機会をもったことは幸せとしかいえない。

 人間まず自分が充実した精神生活にならないと他人を思いやる気持ちにはなれないというのが持論だ。

 昨日心斎橋で発生した殺人は、あまりにも身勝手な犯人の思いと行動だ。

 自分が死にたいのなら、他人をまきぞいにして何で凶器をふるう必要があるのだろう。

 自分で死ぬ勇気もない。他人を殺害して、他人に死刑を決定してもらって、その上で処刑っしてくれとは理屈が通らない。

 殺害されたお二人もなんとも不幸な運命というか、ちょっと別の場所からここに遭遇する時間が違っていたら死んでいなかっただろう。

 まさに事故に合う飛行機にハプニングで乗らなかった場合に似ている。

 ただこんなことを想定して、そんな危険人物に遭遇したら、自分の服を一枚脱いで、その包丁を包む訓練も必要かもしれない。はたまた回りを見渡し、武器になるもので対決する。そんなこともつねに頭に入れておくことも命を守ることになるし、誰かを助けることになるかもしれない。

 ぼくも恥ずかし話だが、学生時代、竹竿で武装して集団と素手の状態で対決したことがある。

 実際相手が降り下ろした竹竹竿を奪い取って、相手をうちのめいたりした。

 普通素人なら武器を自分が持っていること自体不安でしからがないらしい。

 そんなことをそのとき学んだ。

 とにかく危険な状況はこんな平和と言われている時代でも頭に入れておかないといけないだろう。

トレックもまたいいのです

001
 先週から今週自転車をビアンキからトレックにもどって乗った初日が今日だった。

 ややぺダルまでの足に距離が遠い。

 ただハンドルの位置が高い。

 かなりデリケートな単位だと思うが、数ミリの差が走りやすさにつながるかもしれない。

 しかし今それをするわけにはいかない。

 今の乗車姿勢で走った。

 歌島交差点は信号のタイミングで完全にクリアーし、職場に近づく長堀通りまでの信号も一機に進行できた。

 まあこれは自転車の性能ではなく、今日もタイミングでしかない。

 今日は月曜日。仕事に向かう体制は朝はやや鈍化していた。

 ただ、やるべき課題は加速度的に進んだ。

 昼の間に挑戦するリアル英語では一段階一機にステップアップできた。

 ちょっと月曜日にしては前のめりという感じだ。

 ようやく夕方を迎え、ぎりぎりまで課題に取り組んだ。

 考えてみると、昨日体験したログ生活が頭を再起動してくれているのか、ポディティブになりやすい。

002

 5時20分ごろ職場を出る。

 途中なんと一般用自転車で競走しようとするやからがいるからゆっくりできない。

 ただただ気負わず、やや力を残して走ることに心がける。

 やはり今更だが、自転車で走ることは気持ちがいい。走っているときは、無の世界だ。

 昨日の中村哲さんの講演で行っていたアフガンの人たちのもっとも望むことが、3度の食事を取れる暮らしと、家族がなかよく暮らすことと言われていた。
003

 それを当てはめてみると、自分は毎日自転車で通勤できることかもしれない。

 ただその他の荷物はまちがいなく自分の中に抱えている。

 けれども贅沢を許してもらえるなら、去年からのログ生活は、自然と向き合い、新しい発見をいっぱいできる機会をもったことは幸せとしかいえない。

 人間まず自分が充実した精神生活にならないと他人を思いやる気持ちにはなれないというのが持論だ。

 昨日心斎橋で発生した殺人は、あまりにも身勝手な犯人の思いと行動だ。

 自分が死にたいのなら、他人をまきぞいにして何で凶器をふるう必要があるのだろう。

 自分で死ぬ勇気もない。他人を殺害して、他人に死刑を決定してもらって、その上で処刑っしてくれとは理屈が通らない。

 殺害されたお二人もなんとも不幸な運命というか、ちょっと別の場所からここに遭遇する時間が違っていたら死んでいなかっただろう。

 まさに事故に合う飛行機にハプニングで乗らなかった場合に似ている。

 ただこんなことを想定して、そんな危険人物に遭遇したら、自分の服を一枚脱いで、その包丁を包む訓練も必要かもしれない。はたまた回りを見渡し、武器になるもので対決する。そんなこともつねに頭に入れておくことも命を守ることになるし、誰かを助けることになるかもしれない。

 ぼくも恥ずかし話だが、学生時代、竹竿で武装して集団と素手の状態で対決したことがある。

 実際相手が降り下ろした竹竹竿を奪い取って、相手をうちのめいたりした。

 普通素人なら武器を自分が持っていること自体不安でしからがないらしい。

 そんなことをそのとき学んだ。

 とにかく危険な状況はこんな平和と言われている時代でも頭に入れておかないといけないだろう。

2012年6月10日 (日)

3週間ぶりの夫婦ログ体験

001
 一人では2週間前に日帰りで来たが、夫婦でやっとで帰ることができた。

 ただし9日会議を終えて、夕方5時出発という制限付きだ。

 それで今日は6時に目が覚め、さっそく洗面とトイレに直行。

 それから今日しておくべきノルマは多いので、まず自転車のタイヤ交換を一番にはじめる。 

 

 ナットがさびていてなかなかオイールを外すのに手間取ったが、なんとか完了した。

 それから朝食を済ませ、ログ回りの草刈にかかる。

 45坪ぐらいではあるが、結構時間がかかる。

 ところでサプライズだったのは、畑にしている部分の苗が結構育っていることだ。

 トウモロコシはだいぶ大きくなっている。 スカイの苗も生きていた。

 玉ねぎは去年からの作物だが、なんとか形になってきた。きゅうりも育っている。

 ちょっとうれしいが、今回来た本命の仕事は、自動水やり機を設置することだ。

 ネットで買ったがいいが、本当に現場で使えるか不安だった。

005
 やや手間取ったが、買ったものだけで結構今の畑全部をまかなえそうだ。

 テストをしてみたが、「うん、よし、よし」という気持fだ。

 そして毎日のタイムをセットしたので、自動的に毎日朝と夕方水撒きしてくれる。

 これで不安はなくなった。

 ただその他の木々の生育は千差万別で、ビワの3本の木のうち2本は致命的だ。

 カリンの木もかなり微妙だ。

 今日は帰る時間がかなりタイトで、11時過ぎには帰らないといけない。

 夫婦で協力してなんとかすべての作業を終えた。

 戸締りと電気、プロパンのOFFを確認し、帰路に向かう。

003
 いつものように途中、道の駅「安曇川」で卵と野菜を買い、昼ごはんを済ませる。

 まだ12時だったので、帰りの名神高速は空いていた。

 なんとか2時に家に着いた。

 そのまま服を着替えて、中之島公会堂の中村哲さん〈ペシャワール会代表)の講演に行く。

 講演は期待以上だった。

 アフガニスタンで水利工事を続け、医師である前に、トラクターなどを運転し、100万人以上の現地人を救ってきたという話であり、実際砂漠が緑の畑や田んぼに変わっていく映像を紹介してもらって、驚いた。

 逆に今の日本人の生活が問われている感じだ。

 アフガニスタン人大多数の願いは、ただただ家族で一緒に暮らせて、3食の食事を不安なく食べられるこだという。

 日本人はすべての人がいろんな便利という荷物をもたされ、原子力発電をなんと疑問もなく享受してきた。しかし人間疎外と人間不信、家族崩壊などが起こっている。

 逆にアフガニスタンの人々の人間性のすばらしさと、アフガニスタンの状況についての無知識を恥じた。001_3


 また中村さんは客席からの質問にこれからの世界は地産地消、ローカリズムが発展しないといけないと主張された。

 最近スローイズムということばを忘れていたが、そのことを強く語られた。

 それにひどく共感できた。

 ぼくのライフワークもそれをめざしていたことをあらためて思い出した。

 自転車通勤も今の社会への抵抗ということも言えなくはない。

 大阪市内で唯一落ち着いた中之島の地を後にして、さわやかな気持ちで家に向かった。

 

2012年6月 9日 (土)

待ちに待ったログにやって来た

1339244246441.jpg
今日は完全休みではなく、午後から会議がある。
しかし夕方からでいい。
ログハウスに行けるなら。
という感じで、妻とログ行きを約束した。

朝は、そのための準備で結構ばたばたした。

その第一は、ガソリンスタンドに車の⛽を満タンにすること。
ついでに前回からの距離を確認して、計算してみると、12.6km,

優秀だ。

時間が過ぎるのは、早い。

昼には、職場に行く支度をし、JRに向かう。
まあ会議も3時40分ごろ終わり、ラッキーと思い、すぐ帰り道に向かう。

この段階で気分は開放的になっている。

それで家に着いて、ログに向けてプレーリーを走らせたのは、5時丁度。

やや鬱陶しい天気の中、7時にはログに着いた。

まだ外は暗くはなっていなかったので畑の状態を見る。

思ったより育っている。
ただびわの木は、3本の内2本はダメなようだ。
2週間のブランクは大きい。

しかしログの風呂に入り、家から持ってきた食材を料理し、ビールに舌鼓をうつ。

やはり人間は1週間に一度は心を開放しないといけないことを痛感する。

2012年6月 8日 (金)

週末は会議の連続なのだ

001
 週末ではあるが、仕事、その他の会議が連発なのだ。

 朝は自然にビアンキに乗って、始動した。

 天候は午後から雨という予報。

 しかしいつものように普通の準備で2号線を走っていると、後ろから声がかかる。

「おはようございます」

 先日追い抜いてそのまま会えなかったサッシーだった。

 「あの日は追い風で調子よかったんで」とはにかむ。

 今日は雨対策で、自転車はシングルギアー、ウェアは長袖だ。

 さすがメッセンジャープロなので、気持ちが違う。

 そのまま野田阪神まで一緒に走る。

 職場には8時40分よりやや早いぐらい到着した。

 朝は打ち合わせ、午後は正味会議2連発。家に帰ってマンションの役員会。

 ちょっと辛い。

 仕事の会議は粛々とこなし、服を着替えて家路を急ぐ。

 外は雨だった。

 覚悟を決めてその中を走る。

 濡れてはいるが、寒さはない。

 他人は危険でしょうというが、それは考えすぎだ。

 ややスピードを落とし、感度を研ぎ澄ませればすべてのことに対応できる。

 帰りにナンバサイクルに寄って、ログに置いている24インチ普通自転車用のタイヤを一つかった。

 それから家に帰って、夜の会議の前に風呂に入り、買ってきた寿司を食べた。

 8時から会議をし、9時半すぎそれは終わった。

 この段階でほっとする。

 テレビでは野田首相の大飯原発再稼働のいいわけ会見のニュースが出ていた。

 まさに再稼働ありきを前提にした決意でしかない。国民を説得するものではない。

 なんとも頼りにならない財務省にしか目をむけていない人材だ。

 これが首相かと思うと失望する。というか危険だ。

 なにが福島のようにはならないだ。そんなことになれば関西は生活できなくなる。

 関西電力も一番信用できない企業だ。

 なにが15%電力不足だ。電気代の値上げだ。

 東京電力も関西電力も利用者、国民を食い物にして、高い電気代をいままで取っておきながら、さらに値上げだという脅しをしている。

 江戸時代の悪代代官の域を出ていない。

 日本は本当に民主主義国家なのかと疑ってしまう。

もっと怒ろう。態度に出そう。

 国を滅ぼす一番の可能性があるのは、今や原子力発電所と原子力村だということが今はっきりした。

 危険な考えの人たちはみんなやめてもらおう。そんな危険な手段はみんな廃棄してもらおう。

 人間はもっと賢いということを信じたい。

2012年6月 7日 (木)

時間にはいらだち、はたまた交通ルールには無頓着な人たち

001
 今日もビアンキで朝家を出る。

 自転車通勤はそれなりに楽しいのだが、走りはじめ感じることは、、まわりを気にせずおちおち走っていることはできないことだ。

 2号線に出るまでも、逆走自転車はよくある。

 左から飛びだしてくる自転車も注意していないと危ない。

 2号線に入っても、急に自分を追い越してすぐ左折しようとする車でスピードを落とさされる。

 しかしなんといっても交差点ごとにそれを無視する自転車が多いことだ。

 「たかが信号こときで止まっていられるかあ。時間の無駄だ」とか思っているかのようだ。

 そのくせ、すべての人を同一に見るわけにはいかないが、歩道を走っている自転車が後ろも確認せず、ぼくの前を進入してくる恐怖。

 まさにそんなことは無頓着なのだ。

 ちょっと交通ルールに対して低レベルすぎる。

 もっとすべての人のレベルが上がるとどんなに走りやすいだろうと思ってしまう。

 まあしかしそんな中この9月で通勤自転車継続11年になる。

 今のところ事故も皆無。接触も皆無。倒れたのは2回のみ。

 奇跡的というべきか、安全に注意すれば、これは可能なのだというべきか。

002 ただ人よりまさっていると言えるのは、遠くが見えること。両目ほぼ視力1,5だ。

 それでだいたいの状況は予測可能だし、対応が速くできる。

 ただしっかり前、後ろの状況を把握する目の動きは必要だ。

 そんなこんなで今日も危険な場に遭遇せず、往復することができた。

 しかし今日は仕事でパソコンとにらめっこしていたせいで、右手はやや腱鞘炎だ。

 運転中もハンドルにもたせかける右手が痛い。

 今日先週の健康診断の結果が届いていた。悪玉コレステロールがやや高いのと、空腹時血糖が4ポイン003ト高い。検査の前日8時前ビールを飲んでしまったので、影響したかもしれない。

 その他はすべてクリアーだ。

 とくに気にしていたオプションの前立腺がん検査PSAは4以下が正常だが、0.49だった。

 自分としてはやはり毎日通勤自転車がよい方向にかなり影響していると思われるが、ただ食事は気をつける必要があると痛感する。



005 夕食は、2日よくにはパターンが続いたので、今日は野菜炒めにした。

 これが結構いい味になった。

材料は、キャベツ、ピーマン、人参、たまねぎ、もやし、たまご、ニンニク、それに豚肉だ。

 コープ立花で、こんにゃくの刺身を見つけそれも添えた。

 きゅうりをただ切っただけ。それに味噌をそえて皿にもった。

 結構これだけでリッチになる。

 明後日はいよいよログに行くぞ!




2012年6月 6日 (水)

金星の不思議を見損なった

001
 たしか6月6日は金星が太陽の前に現れる日だと認識しつつ、特性メガネをディパックに入れて家を出た。

 空はひさしぶりに晴れている。

 やっぱり晴は気持ちがいい。

 2号線を走りはじめ、前に車が左折するため、停止に近い状態になった。

 その瞬間後ろからサッシーが追い越していった。

 今日は本気で走っているようだ。

 あと一度は接近したが、信号のタイミングの違いなどで見失ってしまった。

 その他にも今日はロードバイカーをよく見かける。

 晴れの日がたくさん道路に出てくるのだろう。

 水曜日は概して車も少ない。

 やや向い風の中、ビアンキはよく進んでくれる。

 今日も職場には8時45分だった。

 今日は重要課題の相談の日なので、緊張と疲れを感じた。

 昼は電話当番の後、食事に出た。

 そんなときは定番の洋食レストラン「南風」に行く。ちょうどそのとき金星接近の太陽を見ることを思いだし、空に特性メガネを向ける。

 知らない女性から「まだ見えますか」と聞かれる。

 「いいえ、太陽しか見えません」と返す。

 まあはっきり言って見損なった。

 食後は喫茶「キャビン」ヘ。

 今読んでいる本は「ダイヤモンド号地底旅行」

 買ってから2年ほど読む気になれなかったが、東日本大震災後のこともあり、地球の内部の動きやプレートのメカニズムに興味が出てきて、読むことにした。

 午後は会議で終わる。

 会議を終えてすでに5時をとっくに過ぎていたので、慌てて帰る用意に。

 帰りはずっと向か風だ。

 まるで山に登っているような負荷が足にかかる。

 今日はそのまま家に直帰することにした。

002
 夕食はまさしくサバと野菜。

 豆腐とわかめの味噌汁だ。

 今日は夕食時誰も帰ってこない。

 たった一人の食事をテレビで「ためしてガッテン」を見ながら食べる。

 今週末はログに行く。

 あと3日が待ち遠しい。

2012年6月 5日 (火)

ビアンキ恐るべし というか再評価

001
 先週サッシーから「ビアンキはもう乗らないんですか?」という質問を思い出し、今日は週明けだし、ビアンキで行くことにした。

 去年トレックを買うのと一緒にビアンキのホイールをMabicに替えたが、そのおかげで走りが格段によくなった。

 チリチリという後輪の音が心地いい。

 しかしひさしぶりに乗ってみて、トレックより性能がいいように感じるのだが、それはなぜか。

 これを買った店で当時は、体型いを図ってもらって、それにあわせたフレームとハンドルステムを設定してもらったが、それが関係しているか。

 エアロホイールの性能か。

 ビアンキのもともとの特徴か。

 自分のスキルが依然より向上したからか。

 はたまた今日の朝が追い風だったからか。

 謎は残る。

002


 しかしとにかく加速性能がいい。やはり体型にぴったり合っていることと関係があるのだろう。

 これはかなリデリケートな違いだ。

 しかしそれだけロードバイクという乗り物の面白さがある。

まあ自分はほとんど通勤のために使っているわけだが、そのメリットはとにかくなにも考えずに、スポーツを毎日やっていることだろう。

 気持を高めていざスポーツに取り組むわけでもない。まさに毎日の習慣だ。

 それで自然に適度の運動と心配機能の刺激をおこなっている。

 ただ新鮮さを味わうには、慣れすぎているのだが、ただ毎日いろんな出来事が道路上で発生するのがおもしろい。

 とにかく今日、ビアンキはよく走る。

 天気はあまりよくない。そんなこともビアンキのライトグリーンとイエローの車体がまわりの目立つ。

 仕事でも気持ちはハイモチベーションといった感じだった。

 まあ娘が帰ってきていることもうれしい要因かもしれない。

 仕事をひとしきり済ませ、帰りはやや気が焦るが、5時半ごろ職場を出る。

 やはりビアンキは調子いい。

 コープ立花に立ち寄っても家には6時35分ごろ着いた。

 ちょうど娘が炊飯と風呂の支度をしていてくれた。

 それで買ってきたブリをボールで照り焼き用にしょう油、みりん、酒、砂糖をまぜてそこに浸ける。

003 後はキャベツを切り、パプリカを添え、ほうれん草をゆで、味噌汁を作る。

 さらにきゅうりとわかめを酢で和えて、小皿に入れる。 

 これで出来上がりだ。

 明日はどんなメニューにするかな。

2012年6月 4日 (月)

娘が外国から帰ってきた

001
 朝関西空港にむけて車を走らせた。

 シンガポールで働いている娘が1年ぶりに帰ってくるのだ。

 シンガポールからは関空直行便はなく、羽田で降りて、国内便に乗り換えて帰ってくる。

 国内便出迎え場のため、国内から移動して帰ってくる人が多い中、やや遅れて出てきた。

 見つけて、無事についたのを安心し、荷物を車に積み込んで、とりあえず、3階のレストランで朝食を食べた。

 今日は空がかすんでいる。

 帰りは、視界が悪い中、わがプレーリーで家に向かう。

 尼崎から湾岸線で移動するには約1時間必要だ。帰りも同じだ。

 

002
 かれこれ子どもたちが海外に飛び立ってたり、帰りを迎えたりでこの10年間何度関空に来たかわからない。

 後まだ、3男がイタリアで頑張っている。

 ただこの6月に服飾のカレッジを卒業する。

 まあみんな病気やケガもせず、生活していることはありがたいことだ。

 家に着くと疲れがどどっと出てきた。

 しかしせっかくの休みだから、その間にしたい銀行関係の用事がある。

 というのはS中金で100万円の定期預金を解約したのだが、今日それがおりることになっている。

 それをイタリアに15万円送金するのだ。

 しかし午前中は他行への振り替えがされていなかった。

 ただ午後には無事入金を確認して、送金もできた。

004

 ちょっとこれでしばらくは日々の生活費でしっくはっくすることはなくなった。

 しかし毎月赤字になることはまちがいないので、さらに緊縮生活は続ける。

 まあ一応やるべきことが終了した。

2012年6月 3日 (日)

皆生温泉の歴史を知る

002
 昨日からの集まりで今日は午前中が本格的な会議の時間だ。

 朝9時から正午までのプログラムだが、朝食の前にN先生と一緒に海岸を散歩することにした。

 

 「皆生」の名前は依然から知っていたので、この温泉ときれいな砂浜はかなり以前からあったものと思っていた。

 しかし散歩途中の大きな表示にこの海岸の成り立ちのことが書いてあった。

それによると江戸時代から大正時代まで上流の山で砂鉄を採掘していて、その砂が大量に川を流れていったということだ。

 それがそれまでなかった砂浜を河口に作りだした。

003


 ただし砂鉄採掘も大正時代に終了し、砂浜はそれ以上広がることがなくなったわけだが、今度は幾多の大波でいったん作って、同時に発見された源泉ともども海に崩されてしまったとある。

 実際一度建築されていた旅館も海に飲み込まれ、今の砂浜から300mも沖合になってしまったということだ。

 ただ戦後はその砂浜保存のために努力が繰り返され、テトラポットや護岸工事でみごとに今の状態を保っている。

 その砂浜の距離は約2kmあるものと目算で見える。

 自然というものはかってにきれいな景観を生み出すものもあるが、人間の手が加わって綺麗な自然を保持しているということが勉強になった。

 散歩を済ませ、朝食会場にむかう。

 どこでもおきまりだが、豪華な食材の並ぶ朝食だ。だけどぜんぶ食べてしまった。

004
 会議は別棟の花水という旅館でおこなわれた。

 全国、青森から大分まで10府県からやってきた人たちだから、方言がとびかう。

 日本も一色ではない。

 ただし協同組合の共同の思想が活動をつなげている。

 ほどなく12時まえに会議は終わり、横のレストランでやや早い昼食を済ませ、すぐ大阪にむけて自動車を走らせた。

 グレード高い自動車を運転させてもらったが、尼崎まで2時間そこそこで走りきった。

 ただ風邪の症状の鼻水がなかなかなおらない。

 まあ3時半には家に着くことができたので、余裕で疲れをとることができた。

 明日は朝からシンガポールから帰ってくる娘を空港に迎えにいく。

2012年6月 2日 (土)

鳥取にて

1338641641622.jpg
全国の保険医協同組合の集会で鳥取の皆生温泉にやってきた。
その前に一度いったことのある三朝温泉に立ち寄った。
さすが外湯が二カ所あることを発見。
丸湯という温泉に入った。

夜は鳥取の先生の奥さんが組織するゴスペルのグループが宴会で演奏を披露して、いただいた。

あまりにも上手い演奏に感動してしまった。

先週からの旅行の連続だが、夜は過ぎていく。

2012年6月 1日 (金)

風邪がなおらない それでも通勤は自転車でしょう

001
 なぜか鼻水がとまらない。しかも喉がややいたい。

 まちがいなく風邪の症状だと思うが、職員旅行からずっと続いている。

 しかし通勤はやっぱり自転車でしょう。

 やや早い目に家を出て、ひょっとしてサッシーに出会うかとも期待したが、予想は的中。

 尼崎付近で後ろから声をかけてきた。

 

 今日はカジュアルスタイルだ。

 近況報告をしあったが、そのまま一緒に列車走行で、野田阪神まで走った。

 やっぱり気心の知れた人と走るのは楽しい。

 また来週会うことを約束して別れた。

 今日もここからは独壇場の走りになる。

 朝タイヤの空気を入れなおしたせいで、よく走るような気がする。

 職場には8時45分だった。

 明日は鳥取での会議があるのでその準備と、あと全員の訪問日程になっているので、その資料準備などだいたい午前中に作業を終わらせた。

 午後からは来客が2件、書類のコピーと配布など結構時間はいっぱいいっぱいだった。

 帰りの自転車では、3人のかなり若年らしいロードバイカーと遭遇。

 先行させてもらったが、途中から交差点の前に出て、先にスタートしたので後ろを走ったが、途中で彼らは2手に分かれたほうで、ただ直進の一人は、信号をあきらかに無視して先を走っていった。

 やはり経験年数が少ないことはよくわかり、ペダルの回し方も体が安定していない。

 やはり経験は合理的走りになることが反面教師としてよくわかった。

 ある意味週末という気持は気持を軽くしてくれる。

 今日の夕食はもちろん久しぶりなんだが、カレーライスということになる。

002 なんといっても作りやすいメニューだ。

 それにこのカラさがいい。

 勢い余って発泡酒を2缶飲んでしまった。

 テレビでは、7時半から「猫のしっぽ」でベニシアさんの家の庭の紹介が移されてた。

 とても参考になる。広さは40坪ということらしい。

 自分のログも70坪で庭は同じくらいなんだろうか。

 ちょっとうれしくなった。

 明日は鳥取に行ってきます。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30