フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« ひさびさの自宅での休日でした | トップページ | 台風4号に翻弄された一日 »

2012年6月18日 (月)

娘はシンガポールへ帰っていった

___15
 先週の事故のあと初めての自転車通勤なので少し緊張していた。

 左折する車には最大限注意を払った。

 ただレーサーパンツを新調し、グローブを新調したことで気持ちが新たになって走れた。

 まあ何事もマンネリな気持は危険だ。

 結局は事故もなく無事職場に着いた。

 その途中あの超高速ローダーが抜いていったが、後ろから見ると僕的には危なっかしい走りに見える。

 仕事は午後からの京橋での会議が最重点だった。

 とにかくその会議で話し合われる情勢報告はこのご時世もりだくさんだ。

 会議を終えて職場にもどり、その会議報告をパソコンで打つ。

 そんなこんなで5時はすぐやってきた。

 今日は夕方から重要な用事がある。

 それは2週間滞在していた娘がシンガポールに帰るため、伊丹空港に送りに行くのだ。

 5時すぎにはあわてて着替え、職場を出る。

 途中ロードバイカーの男女2人づれに遭遇。

 まああまりスピードは出さないだろうとタカをくくって走っていたが、途中追い抜かれ、なんと37km平均で走っていく。

 「あれ、あれ???」

 という感じで出鼻をとられた。

 それで一応自分もプライドがあるので、ぴったりついていくが、かなりレベルが高い。

 なんどか追いぬけそうな場面はあるが、あとで抜かれることまちがいないので、そんな不況なことはしなく、さきを譲った。

 荷物をもっていなかったから、練習だろう。

 しかし後ろから見ていると、やはり左折車のこなしかた、駐車している車の抜け方は、自分のほうがうまいだろう。

 それで超ハードで家に着いた。

 すぐ着替え、急いで車を駐車場から出してきて、娘のトランクを車に積んで、娘を乗せ、伊丹空港をめざす。

 家からは30分で伊丹空港に着いた。

 娘は搭乗手続きをし、一緒に2階のレストランに入った。

 しっかり娘に話しておくべきことをすべて語った。

 それは母親の彼女への思い、ログハウスを買ったいきさつなどだ。

 Photo


これで8時になり、お互いハグし、娘はチェックインに向っていった。

 おもいっきり手を振った。

 寂しさはあるが、今回は大人になった娘と対等に話ができて満足だ。

 また会えるのを楽しみに。

« ひさびさの自宅での休日でした | トップページ | 台風4号に翻弄された一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひさびさの自宅での休日でした | トップページ | 台風4号に翻弄された一日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30