フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 職員が少ない週末の職場 | トップページ | 梅雨のログハウスもまたよし »

2012年6月30日 (土)

明日のログ行きにむけて

 一応週末は毎週ほとんどログハウスに滞在しているが、今週は。今日朝から休みをとっているが、マイションの消火器点検に立ち会わないといけない。 

 それで、月曜日に休みをとって、日月で行くことにした。もちろん妻も同伴だ。

 朝からは、予備に自分の家の配管清掃をしてもらうことにして、そのために家中を片付けまくる。

 それに配管清掃か所の風呂や、洗濯機の排水口をきれいにする。 

 9時にはやってくるので大慌てでやった。

 あと代表として駐車場の中に設置されている排水ポンプの状態を聞く。

 そんなこんなで10時ごろになってしまったが、かならずやってみようと思っていたこと、神戸新聞お問い合わせセンターで電話した。

003 というのは、昨日首相官邸前では20万人の人たちが「大飯原発再稼働反対」で集まったというのに、神戸新聞は掲載はされたものの、32面に見落としそうな大きさで載っていた。

 それと比較すると、赤旗新聞は一面トップで大事件扱いというか、大きく紙面を使っている。

 なにが公平か一概には言えないが、しかし数十年さかのぼってもこれだけの集会はないし、今日本の行く末を左右する大きな問題であるのだが、それに反対する市民が20万人集まったということは、歴史的事件だ。
002 赤旗をひいきしているのではないが、これが当たり前だろうという感じだ。

 しかも神戸新聞は、あの阪神淡路大震災のとき、その現地新聞社として、壊滅的打撃を印刷所がうけながらも、翌日だったか、京都新聞の協力でたいへんな思いをして新聞を発行した気骨のある新聞社だと思って購読してきたので、あまりのも期待はずれだった。

 ただ救われるのは、その現場で取材した記者の記事は、参加者によりそった国民が感じるべき表現の記事だったのだ。

 神戸新聞お問い合わせセンターに電話すると男性の職員が応対してくれたが、「必ず伝えます」と返事をもらった。

 ぼくのできるこの問題についての行動は今日はこれぐらいだ。

 しかしぼくが思っている以上に沢山の人が野田首相のこの間の姿勢に疑問をもっていることを知った。

 そして新しい媒体、ツイッター、フェースブックは底辺の市民の発言の、そして行動の手段になりつつある。

 ちょっと満足して、気をとりなおし、明日の準備も含んでいるがホームセンターに買い物に行くことにした。

 目的は、ログの風呂のパテの補修の材料を買うことと、家のベランダで緑のカーテンを作るため、ゴーヤときゅうりの苗をたくさん買うことだ。

 11時をだいぶ過ぎていたが、出かけた。もちろん自転車で。

 家にもどってくると12時手前。

 昼食は昨日のカレーとごはんが残っている。

 それでただちに緑のカーテンつくりにかかった。

 台所外の露地に使われずに置いていたカーテン用網を代用した。

 なんとか4つのプランナーを代用し、苗を植えた。

 そして昼食。

 その後は読書に取り組む。

 読んでいる途中の中村哲、澤地久枝さんの「人は愛するに足り、真心は信ずるに足るーアフガンとの約束」を2時間かけて固め読みで読み終えた。

 ちょうど外は雨が強くなってきたせいで、本を読むしかなく集中した。

 午後4時半ごろ読み終え、すぐ次の本「孫正義のエネルギー革命」のプロローグだけ目を通した。これも面白そうだ。

 5時を過ぎて、夕食の食材買い物で出ることにしたが、今日のレシピは、毎日新聞無料別冊「毎日夫人」に載っていたものをそのまま使うことにした。

 レシピは「鶏のトマト煮込み」。001

 おまけにサザエも焼いた。

 まあ手さぐりで作ったが、味はまあまあ、ただ雑誌の写真とちょっとイメージがちがった。

 しかイタリア風調理ができあがた。

 今日のするべき課題はこれで終わりも。
 


« 職員が少ない週末の職場 | トップページ | 梅雨のログハウスもまたよし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 職員が少ない週末の職場 | トップページ | 梅雨のログハウスもまたよし »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30